秋の 本庄の大楠(くす) 見学ツーリング

  • 2020.02.20 Thursday
  • 07:02

 

 

 

 

 

DSCF7152.JPG

 

 

こりゃまた、ちょっと前のお話。

 

冬の気配がしてきた とある平日のソロツーリング。

 

アフリカツインでひとっ走り。

 

 

DSCF7166.JPG

 

 

 

まずは玖珠の道の駅 『童話の里 玖珠』でひと休憩

 

 

 

 

 

DSCF7184.JPG

 

 

そこからは 前回英彦山へ行った時と同じルートで耶馬渓→山国へ

 

 

 

 

 

 

DSCF7187.JPG

 

 

こちら、道の駅山国でもひと休憩。

 

缶コーヒーを飲みながら、敷地内に飾られていた案山子たちを見て回りました。

 

 

 

DSCF7189.JPG

 

ここ山国で行われる案山子祭り。

 

毎年家族でお出掛けして案山子を見て回ったり、耶馬渓か小国で美味しいランチを食べていたのですが・・・。

 

去年は まだ長男のキヨが小さかったので中止していました。

 

 

 

 

DSCF7192.JPG

 

なので、今年度の案山子祭りは私一人。

 

ちょっと寂しいですが、毎年違うテーマで作られる案山子たちが楽しませてくれました。

 

 

 

 

DSCF7193.JPG

 

 

今年はヒト型だけでなく、イノシシの案山子もお目見え。

 

ウリ坊が可愛い^^

 

 

 

 

DSCF7195.JPG

 

道の駅に隣接する広場にも 

 

毎年 学校(寺子屋?)を模した案山子たちが飾られます。

 

 

 

 

 

DSCF7196.JPG

 

 

ユーリが一緒だったら、ここの隣に座らせるんだけどなー。  

 

なんて考えながら写真を撮ってました。

 

 

 

 

DSCF7199.JPG

 

自由気ままな一人旅。

 

道の駅のすぐ上にある小さな神社を覗いてみました。

 

 

 

 

DSCF7200.JPG

 

 

なんと、昔の名犬のお墓を祀った神社の様です。

 

害獣だけでなく、人間の悪党もやっつける名犬!

 

その名も 犬王丸! かっこいいじゃないか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7204.JPG

 

 

小ぶりな鳥居。

 

珍しい白い鳥居。

 

この時はひょっとして犬王丸の毛色に合わせたのかな?位にしか思っていませんでした。

 

跡で調べて分かったことなのですが、日本に古来よりある神社の鳥居は『神聖』『生命の力』などを現す白い色が標準であったそうですが、

 

のちに仏教が日本に伝わり、神仏習合の理念が生まれてからは赤い鳥居が急速に広まったという事です。

(諸説あります)

 

したがって、この犬王丸の神社は、古来より日本に土着して崇められた歴史がある神社という事なのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

と、ググって5分の知識で語ってみる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7205.JPG

 

 

 

 

DSCF7206.JPG

 

これがオリジナルの犬王丸のお墓だった石かな。

 

コンクリートの台座に立派に飾られていました。

 

 

犬なんか飼ったことありませんが、 

 

とりあえずペットの神様という事なので、実家に降ります老猫の健康をお祈りしておきました。

 

 

 

DSCF7218.JPG

 

 

先ほどの道の駅山国から、バイク(車)で10分程。

 

山国の中心部 コア山国の近くの公園へ到着。

 

こちらの案山子飾りも毎年気合が入っています。

 

 

 

 

 

DSCF7215.JPG

 

時事ネタを的確に取り込んだ案山子たち。

 

 

 

 

DSCF7216.JPG

 

髪型や服装、

 

再現度が非常に高い上に、洒落も効いています。

 

 

 

 

 

 

DSCF7210.JPG

 

そういえば年号変わったんだったなあ・・・。

 

 

 

 

DSCF7213.JPG

 

浮世離れの育休議員

 

 

 

 

 

DSCF7214.JPG

 

 

大分県民でありながら全くノータッチ。

 

ルールすら覚える気なかったラグビー

 

 

あれ?  そもそもラクビーだっけ? ラグビーだっけ?  

 

 

 

って どうでもいいレベル

 

 

 

 

DSCF7219.JPG

 

そんな事より、この渡辺商店さんの案山子が毎年すごいんですよ。

 

今年は屋台風。

 

 

 

 

 

DSCF7220.JPG

 

 

この案山子の 『耶馬美人』の前掛けかっこいいー。

 

ガレージの作業用に欲しいなあ。

 

 

 

DSCF7221.JPG

 

屋台のおでんの具まで 忠実に再現されていました。

 

 

 

 

 

DSCF7222.JPG

 

二階からのぞき込む子供たち。

 

小技も効いています。

 

 

案山子祭り期間中は山国の様々な地域でこの様な案山子が飾られているのですが、

 

この渡辺酒店の案山子は毎年高水準な作品を作って入り、個人的にはここが金賞です。

 

 

 

そしてなにより

 

 

 

 

DSCF7225.JPG

 

 

『耶馬美人』の取扱店でもあります♡  この日もしっかり補給。

 

 

 

 

さて、この日のツーリングは ここからが本番。

 


DSCF7229.JPG

 

 

山国から英彦山へ向かいます。

 

ルートは人里を離れ、ぐんぐん山の方へ。

 

 

 

DSCF7234.JPG

 

ここら辺の道は、前回英彦山ツーリングに行った時の記事を参照だぜ。

 

 

旅人の日記 過去記事

英彦山参拝ツーリング 前編  (動画もあるよ)

  ↓

 

http://kingxcat.jugem.jp/?eid=894

 

 

 

DSCF7239.JPG

 

 

 

DSCF7241.JPG

 

 

普段は嫌煙しがちな 三桁国道や険道でも

 

アドベンチャーなアフリカツインが 最も楽しい道。

 

 

 

 

 

 

DSCF7242.JPG

 

 

福岡県に入りました。

 

 

 

 

2202E081-4F12-4E36-8BDE-028422506782-4258-000003A6A3FD0490_01.JPG

 

 

『おらワクワクしてきたぞ。』

 

いわゆる、胸がパチパチするほど騒ぐ元気玉である。

 

 

 

 

DSCF7255.JPG

 

 

黄色く染まった木々の隙間から、木漏れ日のスポットライト。

 

 

 

1F4FADDA-F74F-49FB-BD6B-C757A46DF449-4258-000003A6AD5BADE1_01.JPG

 

 

 

そんな美しい風景を楽しみながら

 

落ち葉に足元すくわれない様に、チビチビ下っていきます。

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7261.JPG

 

 

築上町の農村まで下りてくると、間もなく見えてきます。

 

 

 

 

 

 

DSCF7263.JPG

 

 

到着!

 

『本庄の大楠』であります。

 

 

 

 

DSCF7267.JPG

 

 

 

DSCF7269.JPG

 

 

 

なるほど・・・。

 

 

合っているかどうかは分からないけど、歴史素人の解釈だと

 

宇佐神宮の建て替えに使うための木材にするために植えられたけど、

 

結局大規模な建て替えは無く、材料として切り倒されずに済んだ 

 

 

という事だったのかな。

 

 

 

 

 

 

知らねーけど

 

 

 

 


DSCF7271.JPG

 

 

説明看板では、かなり弱っていて 集中治療を要した。 みたいなこと書かれてたけど

 

遠目から見る限り、元気そうに見える。

 

 

 

 

DSCF7274.JPG

 

 

 

その名も 『大楠神社』

 

この木が植えられた直後は 『ただの楠神社』か『苗木神社』だったのかな?

 

 

 

DSCF7276.JPG

 

 

近くから見ると、かなり弱っていた事が分かります。

 

 

 

 

 

 

DSCF7278.JPG

 

 

風化や病気・虫の感染を防ぐため、切り口を保護している様です。

 

 

 

 

 

DSCF7279.JPG

 

 

大きな瘤

 

原因はバクテリアか虫の感染、木自体の成長ホルモンの分泌異常か、折れた傷を癒そうとした時に見られるそうです。

 

 

 

いずれにしても、大変な困難を乗り越えてきた証でしょう。

 

 

 

 


DSCF7284.JPG

 

 

空洞化した瘤もあります。

 

四方に延びた枝は、もはや自重に耐えきれないため、支柱で支えられております。

 

 

 

 

DSCF7288.JPG

 

 

すっかりめり込んでしまった支柱。もはや木の一部になっています。

 

長い歴史を感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7290.JPG

 

裏側に回ってみてびっくり!

 

なんと幹の大半が空洞化しているではありませんか!!

 

 

それにも関わらず、この生命力!

 

 

 

風に揺られる枝葉の奏でる音を聞いているだけで

 

なんだか力が貰えそうです。

 

 

 

英彦山越えルートで遠回りしたため、 片道に3時間程掛かりましたが

(休憩や途中観光時間含めると4時間以上)

 

そんな疲れが一気にぶっ飛びました。

 

 

DSCF7292.JPG

 

 

犠牲(神社の建て替え用) に成るべくして生まれたにも関わらず、

 

いつかその役目を果たそうと、傷付きながらも必死に生きる姿。

 

 

 

 

 

それでも生きなければ。  誰かのために、何かの為に頑張らなければ。

 

 

 

そんな気持ちを 厄年41歳の男の心に刻み付けてくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7297.JPG

 

 

ありがとう。 本庄の大楠。

 

会えてよかった。  

 

そして 厄年を無事乗り越えたら、また必ず会いに来るよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7305.JPG

 

 

でも帰りは、バビューンと 椎田から高速で。

 

 

大楠『ずるいよ!』

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2845.jpg

 

 

そんな感じの 本庄の大楠 ヒーリングぐっとツーリングでしたとさ。

 

 

 

 

おしまい

 

 

 

 

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

 

 

2019年 秋の家族で行楽

  • 2020.02.06 Thursday
  • 13:39

 

 

 

 

DSCF7004.JPG

 

 

これまた去年の秋のお話。

 

家族で行楽であります。  向かったのは、大分県玖珠町。

 

最寄りの湯布院インターから高速道路でビューン。

 

 

 

 

DSCF7007.JPG

 

童話の里として知られている玖珠ですが、

 

切株山や円形機関庫といった有名どころな観光地も各種取り揃えております。

 

 

 

 

そして、家族連れにうれしいのが

 

 

DSCF7049.JPG

 

こちらの公園。

 

切株山をバックに、カッコよく決まった男前な公園

 

円形機関庫をイメージしたSLを模した遊具や

 

切株山をかたどった屋根

 

竜門の滝の様なデザインの滑り台。

 

 

 

 

 

DSCF7039.JPG

 

 

この一か所に玖珠のすべてを凝縮したかのような公園なんです。

 

3歳児くらい〜6歳児くらい向けかな?

 

 

ユーリも大満足な遊び心地。

 

 

 

DSCF7045.JPG

 

ユーリ

『グネグネするう〜』

 

(大人が滑ったら腰をやられるパターンのやつです)

 

 

 

 

 

いっぱい遊んだらお腹が空きます。

 

いつもは道の駅玖珠で でっかいチキン南蛮定食を頂く所ですが

 

今回は こちら ↓

 

 

 

 

DSCF7008.JPG

 

 

 

以前、SU-吉さんの紹介で訪問したお店 『金太郎』さんへ。

 

過去記事参照 ↓

 

秘湯&林道経由 玖珠でランチツーリング

http://kingxcat.jugem.jp/?eid=878

 

 

 

 

 

 

その時の ふわっトロなオムライスの写真を奥さんに見せてからというもの

 

 

玖珠の話題が出るたびに 

『私は行っていない。』『いつになれば私はあのオムライスが食べられるのか!』

 

と叱責を受けていたので、

 

 

 

 

 

DSCF7009.JPG

 

 

 

この日こそはお連れし、馳走致し存じ上げ御座候。

 

 

 

 

DSCF7014.JPG

 

昭和レトロ感満点のお店。暖簾もかっこいいですね。

 

三本線の家紋の理由 

 

あの有名な水軍来島と久留島一族の繋がり。

 

SUー吉さんに聞いた時は驚きました。

 

 

 

 

 

DSCF7020.JPG

 

お座敷席で、赤ちゃん連れでも安心。

 

 

 

 

DSCF7021.JPG

 

 

とり天、団子汁定食。  ボリューム満点、お野菜たくさん^^

 

 

 

 

 

 

そして、奥さんお待ちかねの

 

 

 

 

 

 

 

とろとろオムライスでございます。

 

若者風に言わせてもらえれば

 

『バズり確定な映えメニューっしょ』てやつです。

 

 

 

味はもちろん 言うまでもなく超美味しい。  

 

奥さんにとっては、1年越しでようやくありつけたオムライス。

 

大満足の様子でした。

 

食欲の秋、無事クリアー!

 

 

 

DSCF7037.JPG

 

 

 

そして、別の日。

 

秋と言えば、お祭りの秋。

 

地元では11月毎週末、入れ替わりで様々なイベントが行われ、

 

我々も都合が合う限り参加してきました。

 

 

 

DSCF7071.JPG

 

地元の社会福祉施設を束ねる 『厚生館』の秋のお祭り。

 

職員の皆さん、入所者の皆さんが地域交流を目的に毎年様々な企画でお祭りを盛り上げてくれます。

 

 

 

 

DSCF7070.JPG

 

田舎のお祭りには付き物の振る舞い酒。

 

樽開きしたものを『ご自由にどうぞ』とそのままドスン。

 

豪快です。

 

 

 

DSCF7055.JPG

 

シャボン玉コーナーで大はしゃぎ!

 

 

 

 

DSCF7061.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7075.JPG

 

短大生が子供向けのミュージカル劇や 

 

おもちゃの手作りコーナーで盛り上げてくれます。

 

 

 

 

 

 

DSCF7068.JPG

 

ユーリは、このスーパーボールすくいが大好き。

 

 

 

 

 

 

DSCF7077.JPG

 

厚生館の女性職員によるアイドル総選挙を模したステージ!

 

子供たちは大喜び。

 

職員の皆さん、本当にお疲れ様です。

 

 

 

 

 

 

DSCF7072.JPG

 

 

このお祭りは、私が小学生の頃から毎年行われているお祭り。

 

 

ついに自分の子供と来ることになりました。

 

感慨深いものがあります。

 

 

 

DSCF7073.JPG

 

そして、これもまた 私が子供のころから続く 『山家ラーメン』

 

子供の頃にお小遣いを握りしめて買った、自分の家以外で初めて食べたラーメン。

 

友達と地べたに座って分け合って食べたラーメン。

 

 

30年変わらない味に、ホロリと来るものがありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7310.JPG

 

次の週末、

 

今度も地元のお祭り。  庄内町のふるさと祭り。

 

庄内の様々な神楽座が二日間にわたり、順番に舞を披露するという神楽の見本市の様なお祭り。

 

 

 

様々な神楽が一気に楽しめるため、コアな神楽ファンにとっては超有なお祭り。

 

県外からのお客さんも多いそうです。

 

 

 

DSCF7331.JPG

 

 

しかし、ユーリにとっては、神楽は二の次。

(後ろに見えるのが神楽の特設会場。たくさんの神楽座の旗が立っています)

 

 

 

 

 

DSCF7333.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7312.JPG

 

子供たちに大人気の、巨大トランポリン。

 

 

 

 

DSCF7311.JPG

 

内部はカオスの世界。   

 

響き渡る声、跳ね回る無邪気、

 

ここはもはや法の外の世界なのである。 

 

 

 

 

 

DSCF7315.JPG

 

一戦交えて帰還してきたユーリ。

 

宇宙の旅から帰還した宇宙飛行士の様な雄姿です。

 

 

 

DSCF7336.JPG

 

つい2年前までは、

泣き叫び逃げまどっていた着ぐるみにも引きつった笑顔で対応

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7328.JPG

 

ここでもスーパーボールすくいに興じるユーリ。

 

 

水圧であったり、タモの強度といった物理の法則は関係無し。

 

ほしいと思ったものをただただすくうスタンス。

 

しかし、それでも数個は取れちゃう。  

 

 

きっとこれから先、彼女はボールすくい職人としての才能を開花させていくに違いない。

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7335.JPG

 

 

そうそう、こちらのお祭りで3年前から出品されている

 

『朴の木蕎麦』地元の朴の木地区で造られたソバの実から手作りされたお蕎麦。

 

出汁の濃さはやや濃いですが、お祭りで歩き疲れた体には丁度良いナトリウム濃度。

 

麺も蕎麦の風味が強すぎず弱すぎず。

 

 

これがまた美味いんですよ。  来年も絶対食べよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

午前中はふるさと祭りで楽しんで、 昼からは大分市内の公園へ。

 

 

 

DSCF7338.JPG

 

 

案山子祭りを楽しんできました。

 

様々なテーマの手作り案山子が公園内に飾られています。

 

 

 

 

DSCF7341.JPG

 

東京オリンピック。

 

 

 

DSCF7343.JPG

 

ラグビーのワールドカップ。 等 時事ネタ満載。

 

 

 

 

 

 

DSCF7345.JPG

 

案山子より迷路!

 

 

 

 

 

DSCF7346.JPG

 

案山子より バランスバイクで走り回る!

 

 

 

 

DSCF7354.JPG

 

保護色ユーリ

 

 

 

 

 

 

 

そんな感じで、やや雑ですが秋の行楽まとめてドン!

 

でした。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 九州旅行へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

2019年 秋の紅葉ツーリング

  • 2020.01.30 Thursday
  • 02:58

 

 

秋のお話です。

 

 

 

去年のね!!    ( ;∀;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7095.JPG

 

 

ちょっと早いかな〜 なんて思いつつ

 

自宅からバイクで15分程。  男池湧水群近辺までひとっ走り。

 

 

 

 

DSCF7096.JPG

 

男池に至るまでの道は 我が故郷庄内町の阿蘇野地区を通り抜ける田舎道。

 

道中には『渓仙峡』と言われる阿蘇野川沿いに続く渓谷があります。

 

 

この様な看板があるにも関わらず、さして観光できる場所という訳ではありません。

 

グーグルマップでも情報が無かったので・・・。

 

 

 

 

 

 

 

私がスポット登録しときました^^

 

 

 

ちなみに、この天下のグーグルマップ。

県内には私が初登録した場所が何か所かあるんですよ

 

 

 

 

 

DSCF7103.JPG

 

 

男池に近づくと 黒岳が見えてきました。

 

 

 

DSCF7105.JPG

 

紅葉した時期になると、饅頭にカビが生えたみたいに

 

黄色とカラフルになるのですが、はやりこの日は早かったせいか

 

まったく紅葉が進んでいませんでした。

 

 

今思えば、すでにこの頃から 

 

今年の冬の冷え込みが弱い事が影響していたんでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7109.JPG

 

 

緑の葉が なんとなく黄色に変わりかけていました。

 

 

 

 

DSCF7120.JPG

 

黄葉のトンネル。

 

日の光を透過すると、色が際立ちます。

 

 

 

 

 

DSCF7132.JPG

 

 

トンネルの合間から見える黒岳の峰

 

かっこいいじゃないか!

 

 

 

 

DSCF7135.JPG

 

 

この日は男池には行かなかったけど、

 

男池の湧水からなる『名水の滝』を見てから帰りました。

 

 

 

この日の紅葉散策は不完全燃焼。

 

 

 

 

という事で

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7690.JPG

 

別の日、今度はアフリカツインで出直しツーリング

 

耶馬渓方面に向かいました。

 

 

 

 

 

DSCF7694.JPG

 

今回は事前にテレビで紅葉状況の情報収集をした上での計画。

 

紅葉はバッチリ!

 

 

 

 

 

DSCF7697.JPG

 

由布岳もご覧の様に見事な紅葉。

 

 

 

ルートは塚原から湯布院をかすめて、玖珠から耶馬渓にアプローチするコース。

 

日出生台演習場の横を通る快走路で

 

一気に玖珠に抜けます。

 

 

 

DSCF7706.JPG

 

ちょうど日出生台では、何かの演習をしていました。

 

 

 

DSCF7707.JPG

 

なにかレーダーの様な機材が見えますね

 

 

 

DSCF7711.JPG

 

演習場内のススキは、一面金色の絨毯状態。

 

そんな中では、オリーブグリーンの迷彩色はかえって目立っていました ('ω')

 

四季のある日本に合わせて、秋色迷彩を作らなきゃね。

 

 

 

DSCF7721.JPG

 

さて、玖珠に抜けてからは耶馬渓まであっという間。

 

県道沿いの木々の間からそびえたつ奇岩をチラチラ見えます

 

なんとも耶馬渓らしい風景です。

 

 

 

DSCF7733.JPG

 

前にタンクローリーが走っていました。

 

いつもは遅くてイライラするものですが、

 

おかげでゆっくり景色を楽しむ事が出来ました。

 

 

 

 

 

DSCF7734.JPG

 

 

耶馬渓で一番の紅葉スポット 『一目八景』に到着です。

 

紅葉シーズンど真ん中。

 

たくさんの人でにぎわっていました。

 

 

 

 

DSCF7736.JPG

 

 

それでも この日は平日だったから少ない方ですね。

 

 

 

 

DSCF7746.JPG

 

 

人がごった返しているのは嫌ですが、

 

あまりに人が少ないのも寂しいですね。  これくらいが丁度良く

 

観光地らしい活気が感じられて好きです。

 

 

 

そうですね・・・。 

 

目安としては、駐車場に入って、空いた場所を探さずにスッと駐車できたり

 

お店やトイレ、展望スペースなどに行列ができない程度の盛況加減が丁度良いです。

 

 

わがままなもんだ。

 

 

 

DSCF7739.JPG

 

 

 

群猿山、鳶ノ巣山、嘯猿山、夫婦岩、雄鹿長尾の峰、烏帽子岩、仙人岩、海望嶺の八つの岩峰群を、一目で眺める事ができる事から名づけられたとされています。

 

つい何年か前までは岩に自生する木々が大きく育ちすぎて、この奇岩群が見えなくなってしまっていたそうです。

 

木を切ろうにも、この場所は国定公園の一部の為、地元民や観光協会で勝手に切る訳にもいかず・・・。

 

このままではただの荒れた山になるところだったそうです。

 

 

 

DSCF7742.JPG

 

 

それから あーや、こーや すったもんだありまして・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とにかく まあ・・・。  きれいに整備されたっちゅう訳です。

 

 

おかげでこの様な美しい景色が 

 

再び楽しめるようになったんだからありがたい限りです。

 

 

 

 

 

DSCF7743.JPG

 

さて、どの岩がなんていう名前の岩なのかよくわかりませんが、

 

これは間違いなく 『夫婦岩』でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7744.JPG

 

 

もしこれが夫婦岩では無いというならば、何なのだろうか。

 

 

今 巷(ちまた)で有名な 東出唐田岩とでも言うのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7749.JPG

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7757.JPG

 

 

 

それから、久しぶりに青の洞門にも寄ってみました。

 

 

洞門周辺は駐車場や売店が綺麗に整備されており、

 

こちらも平日にも関わらず、たくさんの観光バスが立ち寄っていました。

 

 

DSCF7753.JPG

 

 

 

DSCF7756.JPG

 

 

 

 

 

DSCF7777.JPG

 

 

往路のルートがあまりに気持ち良かったので、

 

帰りも同じルートで('Д')

 

 

 

 

 

DSCF7791.JPG

 

 

すると、日出生台の演習場がなんか凄いことになってました。

 

 

大草刈り大会!  ご苦労様です!

 

 

DSCF7787.JPG

 

草刈り以外にも、

たくさんの隊員が演習場内の草原の中を、何かを探すように散開しておりました。

 

 

 

 

DSCF7794.JPG

 

 

上空にはヘリが低空飛行。

 

 

隊員たちの周辺をクルクル回ってました。

 

 

DSCF7797.JPG

 

 

 

低空だからすごい風圧。

 

ススキの野原が綺麗に波打っていました。

 

 

 

DSCF7800.JPG

 

 

 

 

 

 

 


DSCF7801.JPG

 

 

 

 

 

DSCF7809.JPG

 

UH-1という多目的ヘリらしいです。

 

コクピットの上に付いている 小さなトサカは ワイヤーカッターらしい。

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7822.JPG

 

 

 

こんなに近くでヘリコプターが飛んでいるのを見る事も中々無いので、

 

しばらくあんぐりと口を開けて、眺めていました。

 

 

 

 

 

いっぽう地上では

 

 

 

 

DSCF7817.JPG

 

今度は一列になって、草原を行軍していました。

 

 

きっと皆で 大規模コンタクトレンズ捜索をしてるんだな。

 

 

 

 

 

DSCF7770.JPG

 

 

以上、

 

そんな感じの 2019年の秋 紅葉ツーリングでしたとさ。

 

 

おしまい

 

 

 

 

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

 

 

 

別府 鶴見岳ロープウェイ

  • 2020.01.23 Thursday
  • 15:32

 

去年の年末、ユーリとお出掛けした時のお話。

 

 

 

 

DSCF7833.JPG

 

 

お出掛けと言っても、自宅から車でわずか20分程度の場所。

 

 

『あの山の上に行くんだよ』

 

 

 

ユーリ

『ほえーー。』

 

 

 

DSCF7836.JPG

 

(デジカメ 光学20倍ズーム)

 

『あの山の上に建物が見えるでしょ』

 

ユーリ

『うん。』

 

 

 

 

 

DSCF7837.JPG

 

『その隣に塔が建ってるでしょ』

 

ユーリ

『塔って何?』

 

『電波を送信する建物だよ』

 

ユーリ

『電波って何?』

 

『目に見えない力だよ』

 

 

 

 

ユーリ

『よくわからない。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子供に電波の概念を説明するのは難しいですね。

  

何か良い教え方知ってる人は教えて下さいませ。

 

 

 

 

 

 

 

ユーリ

『山に登るの?お弁当持ってないよ』

 

『ロープウェイだよ!』

 

 

ユーリ

『やったーーーー・・・。』

 

 

 

ユーリ

『ロープウェイって何?』

 

 

 

 

 

 

『お、おう』

 

 

 

 

 

 

 

という事で

 

 

 

 

DSCF7839.JPG

 

 

やってきました。 別府鶴見岳ロープウェイ。

 

ユーリにとって生まれて初めてのロープウェイ

 

私にとって10年ぶり位のロープウェイ。

 

 

 

 

DSCF7842.JPG

 

 

『ユーリ、ちょうどロープウェイが動いてるの見えるよ!』

 

 

 

 

 

 

DSCF7843.JPG

 

 

 

「ほら、すごいよ、見てごらんなさい!」

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7841.JPG

 

 

ユーリ

「そんな事より、早く松ぼっくり拾おうよー!」

 

「ぎゃふん」

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7846.JPG

 

 

記念撮影も済ませて、いよいよ乗り込みます。

 

 

 

 

 

 

DSCF7848.JPG

 

 

 

DSCF7850.JPG

 

 ユーリ

「うわー。高いねー。」

 

ユーリは思ったより怖がったりせず、景色を楽しんでおります。

 

 

 

DSCF7854.JPG

 

 

DSCF7856.JPG

 

 

おもちゃの様に見える別府の街並み。

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7859.JPG

 

「ほら、あそこにパパ達の乗ってきた青い車が見えるよー」

 

ユーリ

「ひやー。。小さいじゃないか!」

 

 

 

DSCF7909.JPG

 

10分程で山頂駅に到着です。

 

 

実は前々日のテレビのニュースで´今季初の霧氷を観測´とあったので

 

山頂は相当寒いと予想しておりましたが・・・。

 

 

 

 

 

 

DSCF7877.JPG

 

 

思ったより寒くなく、霧氷も完全に消失しておりました。

 

 

 

 

DSCF7864.JPG

 

 

日陰に残っていた僅かばかりの雪を集めて、小さな雪玉を作って大喜び。

 

 

 

 

DSCF7869.JPG

 

 

それから でっかい霜柱。

 

まるでガラス細工の様な美しい自然の芸術品を

 

片っ端から踏みつぶすユーリでした。

 

 

 

DSCF7873.JPG

 

 

山頂からの広大な景色。

 

『あっちの方がみんなの家がある方向だよ』

 

 

 

 

DSCF7874.JPG

 

 

ユーリ

『池があるよー!』

 

 

『前にみんなでボートで遊んだ所だ。』

 

 

ユーリ

『小さーーい』

 

 

 

 

 

 

DSCF7875.JPG

 

 

子供の成長と共に、たくさんの思い出の場所が増えていきます。

 

 

そんな我が子の成長

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7879.JPG

(撮影:カメラマン ユーリ)

 

上手に写真も撮れるようになりました。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7884.JPG

 

 

 

『わー。展望台だ! 見るぞ!町を!』

 

 

 

 

 

 

DSCF7885.JPG

 

我が懐かしの第二の故郷ともいえる場所を我が子が眺める。  

 

 

 

時が経つのは早いものです。

 

 

 

 

 

DSCF7887.JPG

 

 

DSCF7889.JPG

 

ユーリ

『あそこだけ木がいっぱいあるの何で?』

 

 

『あそこは南立石公園だよ。大きな公園なんだ。』

 

 

ユーリ

『でも、滑り台とか無いのかな』

 

 

 

『そう。大人向けの公園なんだよ。(大人向けの公園って何だ!?)』

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7891.JPG

 

ユーリ

『おっきい船があるねー』

 

 

『いつかあの船で、皆で旅をしたいね』

 

 

 

 

DSCF7892.JPG

 

ユーリ

『おっきい運動場もあるよ』

 

 

『実相寺グラウンドっていって、有名なサッカー選手も来るんだよ』

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7896.JPG

 

ユーリ

『それより早くてっぺんに行こうよー。』

 

 

『ぎゃふん』

 

 

 

 

 

この子供特有の移り気の速さと、行動力には着いていけない40歳の冬

 

 

 

 

 

DSCF7897.JPG

 

『まってくれーー。  ハアハア。  』

『高所で空気が薄いからーー。』

 

 

ユーリ

『高所ってなにーー  空気が薄いってどういう事ーー??』

 

『説明する余裕ないよーー。』

 

 

 

 

DSCF7906.JPG

 

ユーリ

『じゃあ、ユーリのお店でひと休憩。ジュースをどうぞ。』

 

 

 

 

 

そんなやり取りを経て、山頂ロープウェイ駅から20分程で鶴見岳山頂に到着。

 

 

 

DSCF7898.JPG

 

雲と同じ高さに来たことにユーリも感動

 

 

 

 

DSCF7901.JPG

 

 

ユーリ

『山のてっぺんに到着〜。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7911.JPG

 

ユーリ

『来るときはピンクだったけど、帰るときは青いやつだ』

 

 

 

 

 

霧氷は見れませんでしたが、しっかりロープウェイを楽しめましたとさ。

 

 

 

DSCF7915.JPG

 

 

 

ナイス、ロープウェイ!

 

 

 

 

 

 

おしまい

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 九州旅行へ
にほんブログ村

 

 

 

 

九州の最東端へ

  • 2020.01.16 Thursday
  • 04:43

 

 

アフリカツインでツーリングでござんす。

 

目的地は、九州の最東端

 

 

 

 

無題.jpg

 

自宅から、佐伯までは高速道路でバビューーン。

 

 

そして 海沿いのリアス式海岸のジグザグ道をひた走り・・・。

 

 

無題2.jpg

 

矢印の 飛び出た岬の端っこを目指します。

 

しかしこの日は夕方からユーリの保育園のお迎えがありましたので、時間に制約がある旅。

 

 

 

(それなのに、なぜ こんな遠い所をチョイスした!?)

 

 

 

そのため往路の写真は殆どありませんでした。(汗)

 

 

まずは岬の突端をいきなり目指すのではなく、

 

地図で見つけた『展望ブリッジ』とやらに寄ってみました。

 

 

 

無題3.jpg

 

 

正式には 『ミュージアムパーク鶴御崎 展望ブリッジ』というらしい

 

 

ミュージアムという位だから、なにか博物館のような要素があるのだろうか?

 

駐車場はありますが周囲に建物は見当たらず、ちょっと不安になる殺風景さ。

 

 

 

IMG_1995.JPG

 

ここからは写真を交えてご紹介(笑)

 

 

 

 

IMG_1997.JPG

 

駐車場には 最近作ったと思われる 新しい看板が設置されていました。

 

 

 

IMG_2001.JPG

 

なるほど、展望ブリッジ用の駐車場は2か所あって、他方の駐車場の方には

 

ちゃんと自販やトイレ、多目的グラウンドがあるのね。

 

私は何も無い、寂しい方の駐車場に停めちゃったみたいです。

 

 

 

どちらの駐車場からも 展望ブリッジには行ける様なので

 

早速向かってみます。

 

 

IMG_2002.JPG

 

閑散とした場所ではありましたが、歩道は割ときれいに整備されていました。

 

木々に囲まれた山の中の小道。傾斜も緩やかなので

 

里山トレッキング感覚でゆっくり歩きます。

 

 

 

IMG_2004.JPG

 

展望ブリッジに近づくほどに、昔の石垣や 谷側のコンクリート土留め舗装等

 

人の手の入った痕跡が見えてきます。

 

 

IMG_2006.JPG

 

展望ブリッジが見えてくると、散策路も一気にきれいになりました。

 

 

しかし ミュージアム(博物館)らしき建物の類は見えません。

 

 

IMG_2007.JPG

 

なるほど、 そういう事か。

 

この山、展望ブリッジ周辺に点在する戦争史跡が展示物であり、

 

つまりはこの展望ブリッジ一帯自体ががミュージアム!という事の様です。

 

 

 

 

IMG_2008.JPG

 

看板付きで紹介されています。

 

兵舎跡。  

 

残されているのはコンクリートの基礎の様な部分だけです。

 

 

IMG_2010.JPG

 

爆弾や砲弾に耐えられるとは思えない薄さ。

 

先ほどの看板に書かれていたように、

戦時中はコンクリートの材料も限られていたのでしょう。

 

 

 

IMG_2011.JPG

 

コンクリが薄い分、金網のようなもので補強されていた様です。

 

 

 

 

 

IMG_2009.JPG

 

窯かな?  この様な隔絶された辺境の地。

 

炊事場も完備されていて、長期的に滞在できるようになっていたのでしょうね。

 

 

 

 

 

IMG_2012.JPG

 

 

おや?やけに新しい・・・。  と思ったら

 

これは展望ブリッジへ登るための新設された階段でした。

 

 

IMG_2014.JPG

 

 

 

IMG_2017.JPG

 

新しい・・・。  といっても 28年前か。

 

 

発注者: 鶴見町  !  

小さな片田舎の漁村が 町単位の予算で作ったとは!

 

 

平成3年に完成という事は、それよりずいぶん前から計画して予算が動いていたことが考えられます。

 

 

 

 

つまり昭和の終わり際〜平成初期に掛けて。

 

 

 

まさにバブル時代のど真ん中。

 

 

 

 

 

 

(↑ 私の バブルのイメージ)

 

 

 

こんな田舎にもバブル景気の波は押し寄せてきていたのですね。  

 

さしずめ この展望ブリッジは戦争史跡を紹介するバブルの史跡(遺産) といった所でしょうか。 

 

 

 

 

まさかこの後 バブルが弾けたり、

 

平成の大統合(平成7年に地方分権一括法制定 市町村合併が始まる)なんてものが起こるとは想像できなかったのでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2016.JPG

 

さすがにバブルの遺産?  こんな辺境の山奥にも関わらず

 

まるで神殿の様な美しくて凝った作りです。 

 

 

 

IMG_2022.JPG

 

 

この展望ブリッジにも 戦争史跡が組み込まれていました。

 

 

IMG_2023.JPG

 

 

 

 

IMG_2029.JPG

 

大分県側の関崎と四国側の伊予に挟まれた 農予海峡を守るための拠点だった様です。

 

 

IMG_2030.JPG

 

間口の大きさからみて、ここに大砲があった訳ではなく、おそらく敵の距離や方位を観測する場所だったのではないでしょうか。

 

 

知らねーけど。

 

 

 

 

 

IMG_2033.JPG

 

 

見晴らしが良く、遠くまで見渡せます。

 

ここからこうして美しい風景を眺められるのは、この場所から敵を見張り、国を守る為に戦った人達の礎があったからこそでしょう。

 

 

改めて平和のありがたさを感じます。

 

 

 

 

IMG_2025.JPG

 

 

ここから九州最東端の岬を見下ろす事が出来ます。

 

 

 

IMG_2026.JPG

 

 岬には美しい白亜の灯台があります。

 

デジカメのズーム機能で観察してみます。

最近はスマートフォンのカメラの性能が良く、ついそちらばかり使いがちですが、ズーム機能はコンデジに軍配が上がりますね。

 

やはり旅やツーリングにはコンデジを同行させたいですね!

 

 

IMG_2027.JPG

 

 

あそこへは後で行きます。

 

 では、展望デッキからの展望を楽しむ事にしましょう。

 

 

 

 

IMG_2037.JPG

 

 デッキ…。という名称ではなく

 

「展望ブリッジ」でしたね。

 

なるほど ブリッジ=橋 の様に見えます。

 

 

 

 

IMG_2038.JPG

 

まるで天空に架かる橋。

 

平日と言うこともあり、周囲には誰も居ない上、聞こえるのは鳥の囀りだけ…。

 

とても神聖な雰囲気です。

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2041.JPG

 

 

 

 

IMG_2044.JPG

 

 

下には先程の戦争史跡

 

 

 

IMG_2036.JPG

 

 

上方を見渡せば、眼前一面に広がる豊予海峡。

 

ただ美しいだけの眺めではなく

 

なにか考えさせられるものがあります。

 

 

 

 

IMG_2035.JPG

 

 

 

IMG_2049.JPG

 

 

ブリッジの反対側からの展望は

 

大分県の県南地域の特徴でもある、リアス式海岸が広がります。

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2055.JPG

 

 

 

さあ、展望ブリッジを楽しんだ後は、いよいよ九州最東端。

 

岬の灯台へ。

 

 

 

IMG_2092.JPG

 

 

先ほどの展望ブリッジの駐車場から、わずか5分程で到着です。

 

 

IMG_2093.JPG

 

日豊海岸の国定公園内に位置する 鶴御崎 

 

そこには鶴御崎灯台が設置されています。

 

 

 

 

 

 

IMG_2073.JPG

 

おっと、ここから先ほどまでいた展望ブリッジが見えます。

 

こちらからもデジカメの望遠ズームで見てみましょう。

 

 

 

 

 

 

IMG_2074.JPG

 

おお! なるほど。

 

確かにこうやって見ると、 山の上に橋が架かっている様に見えますね。

 

 

 

 

IMG_2075.JPG

 

 

 

IMG_2076.JPG

 

戦争史跡である観測棟も見えます。

 

あそこから農予海峡を見張っていたのでしょうね。

 

 

 

IMG_2072.JPG

 

では、灯台の周辺を散策してみましょう。

 

 

 

 

IMG_2069.JPG

 

 

設備は古く、建物内に立ち入ることはできません。

 

 

 

IMG_2070.JPG

 

 

灯台と、周辺観光の案内板が設置されていました。

 

この灯台がある場所は、元々海峡を守るための海軍軍事施設『望楼』があったそうです。

 

 

 

IMG_2059.JPG

 

さらに詳しく調べてみると、

 

 

日清戦争開戦を機に明治27年に海軍望楼が設けられ、

 

そのあと昭和17年に15cmカノン砲4門からなる鶴見崎第一砲台が設置されたそうです。

 

 

展望ブリッジの高所にある偵察点から敵を観測して、

 

別の火点(この場所)から攻撃していた。という想像は正解だったようです。

 

 

IMG_2060.JPG

 

なるほど。さすがは元軍事施設。

 

建物は美しい白亜の灯台に似合わない、コンクリート製の重厚な造りになっています。

 

 

 

IMG_2064.JPG

 

 

ここだけ見ると、

何となく不気味さというか、戦争の恐ろしさの様なイメージを感じます。

 

 

 

 

 

IMG_2079.JPG

 

 

岬の突端には展望台が設けられていました。

 

 

 

 

 

IMG_2082.JPG

 

この日は天気もよく、絶好の展望が楽しめました。

 

 

 

 

IMG_2083.JPG

 

観光促進のため『恋人の聖地』として売り出しているようですが・・・。

 

他の場所と比べて願掛けの錠前が少ないように思えます。

 

 

何せ場所が場所ですし(最寄りの高速インターから車でも1時間以上掛かる)

 

戦争史跡という事も影響しているのかもしれません

 

 

 

IMG_2062.JPG

 

 

無人島が見えます。

 

暗礁の様になっているせいか、小さな灯台のようなものが設置されていますね。

 

 

 

IMG_2063.JPG

 

 

 

 

IMG_2088.JPG

 

 

小一時間滞在しましたが、私以外の訪れる人はいませんでした。

 

絶景一人占めでした。

 

 

 

波の音、 時々聞こえる船のトントントンというエンジン音

 

 

 

IMG_2086.JPG

 

 

私は『平日の県南地域の雰囲気』が大好きです。

 

私が住む山とは違う空気感

 

観光客は疎ら

 

この様な歴史的建物があったり

 

自分が日常から隔絶された様な

 

どこか時間の流れがゆっくりなような気がします。

 

 

 

上手く言えないのですが、寂しいような、どこか懐かしいような・・・。

 

 

そしてその後に訪れる 『ああ・・。やっぱり帰らなきゃな』という虚無感

 

 

そんな感覚が内混ぜになる場所。

 

 

IMG_2103.JPG

 

 

 

 

またいつかブラリと訪問してみたいと思います。

 

おしまい

 

 

 

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

 

 

 

家族四人で佐世保旅行 その2 (2019年 初秋)

  • 2019.12.16 Monday
  • 02:00

 

 

DSCF6573.JPG

 

ユーリ

『ヤッホーーー』

 

一日目の午後。 

 

まだまだ時間がありましたので二日目のプランを前倒しにしました。

 

 

 

 

 

 

DSCF6576.JPG

 

先ほどの展望台から見えていた水族館『海きらら』です。

 

 

 

 

DSCF6578.JPG

 

 

水族館を楽しみにしていたユーリ。

 

思わぬ予定変更に大喜び。

 

 

 

 

 

 

DSCF6581.JPG

 

水族館と言えば、薄暗いライティング。

 

2歳の頃はこの薄暗さがよほど怖かったのか

 

先ほどの動物園『山きらら』のペンギン館に次いで、この水族館にも苦い思い出のあるユーリでしたが

 

 

 

 

 

(二年前に訪れたさいのユーリ↓)

 

 

 

 

 

 

今回は違います。

 

 

DSCF6587.JPG

 

 

ご覧の様に、巨大な魚にも恐れることなく楽しめています。

 

 

 

 

 

 

DSCF6591.JPG

 

 

磯の生き物を観察するユーリ

 

 

 

DSCF6596.JPG

 

 

食欲旺盛なクロダイに餌を与えるユーリ

 

 

 

 

 

 

 

水槽の強度を確認するユーリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF6632.JPG

 

 

足元に現れた巨大なエイに 超驚くユーリ

 

 

 

 

 

 

 

DSCF6629.JPG

 

 

とまあ、今回はしっかり水族館を楽しむことができたユーリ。

 

改めてユーリの成長に驚くと共に・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私が今回の旅行で一番感動したのは

 

 

DSCF6615.JPG

 

 

このイルカプールでの出来事。

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2122.JPG

 

 

ブルーに輝くイルカの水槽の前でユーリとキヨが遊んでいると・・・。

 

 

 

DSCF6618.JPG

 

ユーリ

『イルカだぞーー。  食べちゃうぞーー』

 

キヨ

『あうーーーー。 』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF6612.JPG

 

なんと、イルカが赤ちゃんに興味深々の様子で

 

何度も何度も寄ってくるのです。

 

 

 

 

 

 

そして・・・。

 

 

 

 

IMG_2128.JPG

 

イルカ

『ねえねえ、これで遊んだら??』

 

 

 

 

 

IMG_2132.JPG

 

 

さっきまで水面で遊んでいたボールを、二人の前に何度も持ってきてくれるのです。

 

 

 

 

 

IMG_2140.JPG

 

 

偶然かもしれませんが、なんかもう・・・。 勝手に感動しました。

 

種を越えた、幼い命を慈しむ力。

 

そんなものを感じたんです。

 

 

 

 

 

 

IMG_2136.JPG

 

この狭い水槽の中で、彼らが幸せなのかどうかは分かりません・・・。

 

でも、そんな環境であっても

 

この他族を思う行動に、本当に心動かされました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2142.JPG

 

ユーリ

『きれいだなーー・・・。』

 

 

 

 

DSCF6648.JPG

 

そうそう、この海きらら  

 

クラゲの研究育成でも有名な場所なんです。

 

 

 


DSCF6649.JPG

 

 

卵の段階から生体までここで育てるようです。

 

これ程にクラゲの育成に力を入れているのは、ここ九十九島がクラゲにとって天国であるからだそうです。

 

 

 

DSCF6651.JPG

 

島々のおかげで波静かな入り江が多く、

沖合いからは対馬暖流の一部が流れ込みエサもたくさん。

 

このような環境は国内でもめずらしく、多くのクラゲたちを見ることができるそうです。

 

 

 

DSCF6640.JPG

 

 

この海きららでみられるクラゲたちは、この九十九島の海からやってきたり

 

この水族館で生まれて育った子達ばかりだそうです。

 

 

 

DSCF6645.JPG

 

 

 

DSCF6635.JPG

 

そんな楽しい海きらら観光も終わり・・・。

 

 

 

 

 

 

DSCF6661.JPG

 

 

夕暮れの佐世保。

 

宿にチェックインする前に、もう一か所の展望台へ寄ってみました。

 

 

 

 

 

 

IMG_2157.JPG

 

弓張岳展望台です。

 

本日の宿である 弓張の丘ホテルのすぐ近く 徒歩5分 車1分の場所にあります。

 

 

 

 

 

 

 

DSCF6662.JPG

 

 

佐世保の市内側の展望です。

 

 

市内側は石岳展望所よりも、こちらのほうが広く見渡せます。

 

 

DSCF6664.JPG

 

 

軍港には戦艦がたくさん停泊していますね。

 

 

 

 

DSCF6666.JPG

 

小型の空母に、手前は・・・。  

 

 

掃海艦?というやつでしょうか?

 

知らねーけど。

(↑最近ハマってる)

 

 

 

DSCF6670.JPG

 

真ん中のやつは イージス艦かな!  鉄砲がついてます。

 

ユーリ

『戦う船やー!!』

 

 

『専守防衛!』

 

 

 

 

DSCF6671.JPG

 

こちらは 造船の港。  

 

停泊しているのはできたばかりで納車前の船か、修理待ちの船なんでしょうね。

 

知らねーけど。

 

 

 

 

DSCF6677.JPG

 

こちらは九十九島側が見渡せるデッキ

 

 

 

 

DSCF6678.JPG

 

 

すぐ下に見える茶色い屋根が 本日のお宿 弓張りの丘ホテル

 

 

 

 

 

DSCF6682.JPG

 

残念ながら夕焼けの九十九島は見れませんでした。 

 

 

この頃にはさすがにユーリは遊び疲れてクタクタ。

 

キヨもお腹がすいてご機嫌斜め。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2231.JPG

 

↑ 見よ!

 

一気にミルクを飲み干し、すっかりオジサンの様な顔になったキヨ。

 

風呂上がりの一杯を飲んだおやじの顔と完全に一致しておりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お腹を満たした後は・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2236.JPG

 

↑ 見よ!

 

このユーリの寝ぐせを。  服装と言い、手に持ったホウキといい・・・。

 

ほぼサザエさんと一致しております。

 

 

 

 

 

 

昨晩のうちに何があったのかは計り知れぬが、

 

朝起きたら一人の女子が、すっかりサザエさんになっていたのだから驚きです。

 

 

 

 

 

 

 

DSCF6691.JPG

 

さて、大分に向かって出発前に、九十九島の遊覧船に乗るつもりだったのですが・・・。

 

シーパールリゾートがほぼ開園と同時に入ったにも関わらず、すでに団体様のバスが2〜3台。

 

 

某国の団体様が 3便先まで乗船チケットを買っていたため、なんと2時間待ち。

 

残念ながら今回は乗船を見送る事にしました。

 

 

DSCF6694.JPG

 

 

ちょっとショックなユーリでしたが、出航する船に手を振ったら

 

みんな振り返してくれたので、これにはユーリも上機嫌

 

 

 

 

 

 

 

2日目は、鳥栖のアウトレットで買い物をする予定もありましたので、

 

近場で寄り道できるところを急遽考えました。

 

佐世保と鳥栖の間にある 焼き物の里『波佐見』に寄ってみる事にしました。

 

 

 

 

DSCF6735.JPG

 

 

さらば佐世保  港に停泊する巨大な豪華客船。

 

 

 

 

 

 

 

DSCF6737.JPG

 

『ビルみたいな船だね!』

 

 

『たぶん名前はクイーン エリザベス なんとか。  知らねーけど』

 

 

 

 

 

 

DSCF6740.JPG

 

 

 

DSCF6744.JPG

 

 

おっと忘れてはいけない、もう一か所

 

佐世保で寄るべきところ。

 

 

 

DSCF6732.JPG

 

ホテルでしこたま朝食は食べていたんですが、

 

ちょっと早めのブランチ代わりに。

 

 

DSCF6760.JPG

 

言わずと知れた 佐世保バーガー

 

 

 

DSCF6761.JPG

 

 

ブランチというボリュームではありません。

 

 

さして腹も減ってないのに無理やり腹に詰め込む佐世保バーガーではございますが、

 

とっても美味しゅうございました。

 

 

 

 

 

 

 

DSCF6752.JPG

 

 

さて、佐世保を出て高速道路で30分程

 

波佐見に到着しました。

 

 

 

 

DSCF6756.JPG

 

さすが 焼き物の里  いたる所に磁器の焼きものがあります。

 

 

 

 

 

DSCF6757.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さあ、目的のポーセリンパークに到着です。

 

RPGゲームの世界に入り込んだ気分になります。

 

ここに訪れたのは、もう4年前の事

 

旅人の日記 過去記事 

ロマンシング・佐賀 その1(有田ポーセリンパーク編)

http://kingxcat.jugem.jp/?eid=727

 

 

 

ロマンシング・佐賀 その2(有田ポーセリンパーク&有田焼工房編)

http://kingxcat.jugem.jp/?eid=730

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF6784.JPG

 

そんなゴージャスなお城に

 

 

今回は小さなお姫様!?と一緒

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF6766.JPG

 

しかし、ユーリは そんなお城や宮殿なんかより

 

鉄のパイプと鎖だけで構成された、妙にパンチの利いた遊具に夢中です。

 

 

 

 

DSCF6767.JPG

 

 

が、ここで事件が起きました。

 

 

 

 

 

 

 

DSCF6786.JPG

 

ご覧の橋の形状の遊具で、なんと大泣き。  

 

大して高くもないのですが、上まで登って立ち往生

 

押すも引くもできなくなって、この態勢のまま・・・。  

 

面白いやら情けないやらで しばらく様子を見ていましたが、

 

あまりの泣きように心配したのか、

近くを通りかかった見知らぬおばちゃんに「助けてあげなさいな」と言われたので、助けました。

 

 

佐賀の見知らぬおばちゃんに 命を救われたユーリでしたとさ。

 

 

 

 

 

DSCF6769.JPG

 

この様な珍事で 若干不貞腐れたユーリを連れて、

 

施設内にある 焼き物の絵付け体験のできる工房に行きました。

 

 

 

 

 

こちらの施設は 4年前に

   ↓

 

 

  ↑

ユーリの誕生記念の足型のお皿を作りにいった場所でもあります。

 

今回は急遽ではありますが、ちょうどキヨ君の誕生記念の皿も作ろう。 

という事で訪れたという訳です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF6771.JPG

 

今回は 九十九島で遊覧船に乗れず、急遽思いついた案ではありましたが、

 

これでもしキヨが大きくなって

 

キヨ

『姉ちゃんの記念の皿だけあって、俺のはない!』

『グレてやるぜ、こんちくしょう』

 

などと誹り(そしり)を受けることは無くなったので

結果的に良かったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF6772.JPG

 

 

 

DSCF6775.JPG

 

 

 

DSCF6774.JPG

 

 

ユーリ画伯と奥さんの手により、素敵な誕生祝のお皿が描きあがりました。

 

 

 

DSCF6776.JPG

 

ちなみに・・・。

 

 

ユーリ画伯が単独で完成させた作品は

 

  ↓

 

 

DSCF6778.JPG

 

 

んと、ぐい呑みの内側に色を付け、

 

酒を注いだ時に、酒が色ついて見えるという効果を狙った面白い一品を作り上げました。

 

 

 

 

 

後は、帰りに鳥栖でプレミアムアウトレットでショッピングしてから

今回の旅はおしまいです。

 

 

 

 

DSCF6800.JPG

 

帰路も、奥さんはなぜかエコトレーの工場を写真に撮るの巻。

 

 

 

以上

 

エフピコに始まり、エフピコに終わった家族旅行でしたとさ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おしまい

 

 

 

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

 

 

家族四人で佐世保旅行 その1 (2019年 初秋)

  • 2019.12.03 Tuesday
  • 12:06

 

 

 

 

DSCF6373.JPG

 

 

 

家族旅行でござる。

 

目的地は佐世保。 水族館あり、動物園あり、遊覧船あり、グルメあり。

 

子供も大人もハッピーな観光地でございます。

 

 

 

この時ユーリはもうすぐ5歳、そして弟のキヨも9か月が過ぎた頃。

 

奥さんももうすぐ仕事に復帰予定という事で、1泊2日でゆっくり佐世保を回る行程で計画を立てました。

 

 

 

まずは九州自動車道を西進。

 

 

 

 

DSCF6368.JPG

 

 

 

DSCF6374.JPG

 

ユーリはあらかじめレンタルしておいたアニメのDVD(ドラえもん)に夢中。

 

そしてキヨは大変お利口さんに、こちらも夢中(夢の中)

 

 

 

 

DSCF6376.JPG

 

正確には9月26日だったかな?

 

自動車道は鳥栖近辺の朝倉市あたりから、この様な自衛隊の災害救助隊の車両を多く見かけました。

 

8月末の九州地方の集中豪雨に伴う大水害の影響が、一か月たったこの頃もまだ残っていたのです。

 

 

 

 

 

DSCF6382.JPG

 

奥さんに 何か珍しいものがあったら写真撮っておいてね と頼んでいたら・・・。

 

 

 

 

DSCF6384.JPG

 

なぜか、トレー工場のアップ。

 

『なぜこれを!?』

 

奥さん

『なんの建物かなーっと思って・・・。』

 

 

 

 

 

 

あとで調べたら、スーパーや食品店でおなじみの食品用トレーの工場だったようです。

 

 

 

 

DSCF6378.JPG

 

 

そうそう。  こういう写真を期待していたんです。

 

 

 

 

 

 

 

DSCF6385.JPG

 

ハイウェイオアシス 金立で小休止。

 

 

 

 

 

 

DSCF6389.JPG

 

 

ちょうど警察&高速の警備隊が合同で安全運転キャンペーンをしていました。

 

粗品を頂いて上機嫌なユーリ。

 

定番のウェットティッシュに、なぜかカラビナのついた立派な1Lのウォータージャグ(水袋)

 

ツーリングで有効利用させてもらう事にしました。

 

 

 

DSCF6390.JPG

 

別の車両の前でもニッコリ。

 

働く車に興味深々なユーリ

 

 

 

 

 

そうそう、赤ちゃんを連れての旅

 

これが大変役に立ちました!

 

 

 

DSCF6388.JPG

 

今話題の?液体ミルク  

 

お湯が準備できなかったり、プライバシー上授乳が難しい災害の避難所で大変重宝されるのですが、

 

車での移動が中心の今回の旅でも、大変便利でしたよ^^

 

 

赤ちゃんによっては味が気に入らず飲まないパターンもあるそうなので、有事に備えて

 

日頃からちょっと試しに飲ませてみておくのも良いかもしれません。

 

 

 

明治 ほほえみ らくらくミルク 240ml 常温で飲める液体ミルク ×24本 [0か月]

新品価格
¥5,089から
(2019/12/3 11:55時点)

 

 

 

 

 

アイクレオ赤ちゃんミルク お出かけセット 125ml×24本(哺乳瓶ポーチ付き) 常温で飲める液体ミルク [0か月]

新品価格
¥4,763から
(2019/12/3 11:56時点)

 

 

 

 

 

【訳あり】明治ほほえみ らくらくミルク 常温で飲める液体ミルク 0ヵ月から(240mL*15本セット)【meijiAU04】【meijiAU04b】【明治ほほえみ】

価格:3,375円
(2019/12/3 11:57時点)
感想(4件)

 

 

 

 

 

 

 

DSCF6399.JPG

 

 

さあ、目的地が案内標識に出てきました。

 

テンションが上がります

 

 

 

DSCF6415.JPG

 

SA休憩含めて、大分県から約3時間の高速道路の旅を終え

 

 

 

DSCF6419.JPG

 

 

ついに佐世保に到着です。

 

DSCF6421.JPG

 

坂に沿って並ぶ住宅街。

 

この風景を見ると佐世保、長崎に来たんだなーと感じます。

 

 

 

 

DSCF6427.JPG

 

そしてこちらも、佐世保らしい風景。

 

軍港があるので、この様な海上自衛隊の艦船がたくさん停泊しています。

 

 

 

DSCF6434.JPG

 

普通の漁船みたいなタイプの船もあるんですね。

 

詳しくないんですが、偵察・パトロール用とかかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF6436.JPG

 

 

山の上に、今日宿泊するホテルが見えてきました。

 

 

 

 

『あの山の上の建物で今日はみんなで泊まるんだよー』

 

 

ユーリ

『やったー!  お城みたいー!』

 

 

 

DSCF6437.JPG

 

確かにこうやって見るとお城に見えます。

 

子供の感性は素直でいいですね^^

 

 

 

 

 

 

 

DSCF6438.JPG

 

朝8時頃に家を出て、ちょうどお昼時。

 

佐世保中央ICで高速を降りまして、佐世保市街へ。

 

 

 

 

 

DSCF6442.JPG

 

グルメ担当は奥さん。

 

事前に佐世保グルメでしっかりした調べしておいてくれたお店に向かいます。

 

『蜂の家』という 元々はスイーツのお店ですが

 

喫茶・食事コーナーも備えている飲食店にお邪魔しました。

 

 

 

 

ここでは佐世保の定番メニューを頂きました。

 

 

 

DSCF6444.JPG

 

良く煮込まれた柔らか野菜がゴロゴロ入った

 

海軍さんのビーフシチュー

 

 

 

そして

 

 

 

DSCF6445.JPG

 

レモンステーキ

 

お昼からステーキか! と思う事勿れ。  

 

レモンステーキとは、すき焼き肉くらい薄めに切られたステーキ肉に

 

さっぱりレモン風味の味を付けたという 食べ応えよりも味を楽しむタイプの食事なのです。

 

ここ蜂の家さんでは、↑ ご覧の様な生焼けミディアムな状態で運んできてくれて、

 

目の前でステーキソースを掛けてくれます。

 

アツアツに熱せられた鉄板から ソースの煮えたぎるジュワーっという音が響き渡り、

 

自分の好きな焼け具合のタイミングで頂きます。 という訳です。

 

 

 

 

 

 

DSCF6451.JPG

 

さて、お腹を満たしたあとは、造船所の横を通過して・・・。

 

 

 

 

 

 

DSCF6455.JPG

 

倉庫や 台車

 

 

 

DSCF6457.JPG

 

船の部品にクレーン

 

 

 

DSCF6458.JPG

 

組み立てドッグ

 

ユーリ

『でっかーーーい』

 

何もかもが 巨人の国サイズの世界に驚きのユーリ

 

 

 

 

 

 

DSCF6460.JPG

 

今回の旅の観光のメイン

 

『九十九島パールシーリゾート』に到着しました。

 

 

 

水族館だーー!!  とはしゃぐユーリの反応を他所に、まずは素通り

 

この日は 曇り時々雨 降水確率40% という微妙なお天気。

 

雨が降ってない間に、順番を変更して野外の観光スポットを先に持っていく事にしました。

 

 

 

 

 

雨天でも楽しめる水族館・観光船の島めぐり  (ほかにも海軍資料館もあるよ)

 

そして動物園、近くに点在する展望台巡り 

 

佐世保バーガー レモンステーキ 海軍カレーといったグルメもたくさん

 

 

 

 

 

 

雨でも、晴れでも楽しめる。  本当に佐世保は良い所です。

 

 

 

 

 

 

 

DSCF6464.JPG

 

という事で、パールシーリゾートのすぐ近くにある

 

『森きらら』という動物園へ。

 

DSCF6466.JPG

 

ユーリ

『キリンの模様は全部違うんだよ!』

 

ユーリ

『キリンはあんなに首が長くても、首の骨は7個。人間の首の骨の数と同じなんだよ!』

『一つ一つがとても大きくて軽いんだって』

 

 

 

 

と博識を披露するユーリ

 

買ってあげた動物図鑑に付属しいいたDVDを登園時に毎日繰り返し見ているユーリ。

 

自己学習の成果が出ています(笑)

 

 

 

DVD付 新版 動物 (小学館の図鑑 NEO)

新品価格
¥1,874から
(2019/12/3 12:05時点)

 

 

 

 

 

他にも 『ジャコウネズミの行軍』の事や

 

『ピグニーマーモセット』が木の樹皮をはぎ取り、染み出る樹液をため、

 翌日の収穫の準備をするのは人間以外にこの種が唯一である という事など

 

かなりマニアックなことまで覚えていて 驚かされます。

 

 

 

 

DSCF6465.JPG

 

 

 

 

DSCF6469.JPG

 

5歳になりました。 身長も1mを越えました。

 

 

 

DSCF6472.JPG

 

さあ、因縁の『ペンギン館』へ向かいます。

 

同じ ´館´でも ユーリにとっては 『恐怖の館』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF4080.JPG

 

3年ほど前にココを訪れたときは、天井に水があったり

 

そこを得体のしれないペンギンという生物が飛び交う状況に 恐れおののいたユーリ

 

 

 

しかし3年の月日で 成長したのは身長だけではありません。

 

 

 

 

 

DSCF6477.JPG

 

5歳になったユーリはご覧の通り。

 

はしゃぎながらペンギン館を楽しんでおりました。

 

 

 

DSCF6474.JPG

 

 

DSCF6481.JPG

 

 

 

 

 

 

ユーリ

『すげーー あれなにー?』

 

『おお! 』

 

 

DSCF6486.JPG

 

スロープにスプリンクラーで水がまかれています。

 

ペンギン用の滑り台なんですが、 私のような40歳の世代にとっては・・・。

 

『あれは風雲たけし城のステージだよ』 『落ちたら池ポチャ脱落だよ』と 

 

思わずそう教えたくなりました。

 

 

 

 

 

念のためユーリに

 

『よくぞ生き残った、我が精鋭たちよ!』 と言って見ましたが

 

この親父は何を言っているんだ というような不思議そうな顔をされましたので無かったことにしました。

 

 

 

 

 

 

 

DSCF6491.JPG

 

ユーリ

『テナガザル。 時々木から落ちて、骨折するものもいるらしい』

 

 

 

DSCF6493.JPG

 

『あれは?』

 

 

 

DSCF6495.JPG

 

ユーリ

『亀は知らない』

 

『だって動物なんでもDVDに出てないから』

 

 

 

 

小学館の図鑑NEO〔新版〕 動物 DVDつき DVDつき (小学館の図鑑 NEO) [ 三浦 慎悟 ]

価格:2,200円
(2019/12/3 12:04時点)
感想(98件)

 

 

 

DVD付 新版 動物 (小学館の図鑑 NEO)

新品価格
¥1,874から
(2019/12/3 12:05時点)

 

 

 

 

 

いろんな動物を観察し、楽しむユーリ

 

 

 

DSCF6497.JPG

 

 

DSCF6504.JPG

 

 

ユーリ

『ミーヤキャットかわいいー。』

『日向ぼっこで体を温めたり、敵が来ないか見張るんだよ』

 

 

 

と、動物なんでもDVDに出ている動物に関しては、完璧な知識を発揮してくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは 『カエルの展示コーナー』

 

 

DSCF6506.JPG

 

 

 

DSCF6507.JPG

 

 

ここでは カエル大好きな私の方が楽しませてもらいました。

 

 

 

DSCF6509.JPG

 

 

 

 

DSCF6511.JPG

 

 

『ああーー! 』

『一番可愛くて好きなやつーー。』

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF6514.JPG

 

張り付いていて 顔を見せてくれませんでした。

 

 

 

 

 

 

DSCF6523.JPG

 

雨がやんでいる間に、 もう一か所先回り。

 

先ほどの動物園から車で5分の場所にある 『石岳展望台』

 

 

DSCF6525.JPG

 

 

駐車場から5分程 森林浴を楽しみながら向かいます。

 

 

 

 

DSCF6526.JPG

 

 

 

 

DSCF6528.JPG

 

DSCF6543.JPG

 

 

 

 

 

DSCF6530.JPG

 

 

数ある佐世保の展望台の中で一番有名な場所といえるでしょう。

 

映画『ラストサムライ』の冒頭シーンで登場した景観が楽しめます。

 

 

 

 

 

DSCF6531.JPG

 

 

 

西の方角に広がる 九十九島のしまなみ

 

 

 

 

DSCF6532.JPG

 

自然の作った雄大な景観はもちろんですが

 

 

DSCF6535.JPG

 

 

DSCF6536.JPG

 

島々の間を走る 船の姿も楽しめます。

 

 

DSCF6545.JPG

 

 

 

DSCF6546.JPG

 

 

 

 

 

 

次に北東へ目をやると・・・。

 

 

 

 

DSCF6539.JPG

 

 

先ほど通った、造船上と

 

 

DSCF6541.JPG

 

山の上に見える、今日の宿泊地 『弓張りの丘ホテル』

 

 

 

DSCF6562.JPG

 

 

 

ジオラマモードで楽しむ 造船所

 

 

 

 

DSCF6561.JPG

 

 

 

DSCF6552.JPG

 

 

 

お! あれは 

 

 

 

 

 

DSCF6554.JPG

 

 

つい先ほどまで楽しんでいた動物園も見えます。

 

 

 

DSCF6553.JPG

 

 

DSCF6570.JPG

 

ユーリ

『あー!変な船があるよー!』

 

奥さん

『明日はあそこにいくんだよー^^』

 

 

ユーリ

『うひょー』

 

 

 

 

 

 

つづく

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 九州旅行へ
にほんブログ村

 

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM