乗り初め&故郷の氏神様の元へ初詣ツーリング(withお転婆ライダーさん)その2

  • 2018.02.19 Monday
  • 14:14

 

 

 

 

 

 

大将軍神社で 鉄の馬の 今年一年の無病息災(無故障、無転倒、無怪我)をお祈りした我々は

 

次なる目的地へ

 

 

 

 

 

庄内の、より深くへ入って行くのです。

 

人工物や 人の生活の痕跡が疎らになった頃に・・・。

 

 

 

 

苔むした山道に ポツンと鳥居が現われました。

 

 

 

 

 

これこそが、これから目指す 

秘境神社と言われる『熊牟礼神社』の入り口なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 鳥居から、さらにこの様な田舎道を進みます。

 

やはり 田舎の散策には 小型のバイクが適していますね。

 

 

 

 さあ、ここからは徒歩です。

 

隊長さんとキョンさんには、あらかじめ

『運動靴で来てくださいね』

 と伝えておきました。

 

バイクのジャケットを脱ぎ、ここからはトレッキングを楽しみます。

 

 

 

 

 

 

 森の中の空気が心地よいです。

 

 隊長は足の腱が本調子ではありませんので、トラッキングポールを使って貰いました。

 

 

 

 

 この辺りはまだ簡易舗装されており、オフ車のバイクなら余裕なのですが…。

 

 

 

 

 道はいよいよ未舗装の林道へと変貌します。

 

 

 

 

 

 

 つづら折れのシングルトラックの急登林道。

 

オフ車乗りの大好物

 

オフ車乗りでも、それなりの技術がないと苦戦を強いられます。

 

 

この時期は予想通り、落ち葉の絨毯状態で難易度もアップ。

 

 

 

倍率ドン さらに倍!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は 万が一、大切なゲストが転倒で怪我をされては大変!

(/ _ ; )

 

 

 

 初めから徒歩を選択しておいて正解でした。

 

 

 

 

 

ちなみに

2013の頃(5年前)は、この様に比較的フラットで石も無く、モタードでも何とか駆けあがれる程だったのですが…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 バイクを止めた場所から20分程の登り道トレッキングをクリアーすると、

 

勾配が終わります。

 

 

 

 すると…。

 

 

 

 

 

 

 

 この神社の象徴とも言える中割れの鳥居』が現れます。

 

 

 

 

 

 要(かなめ)の部分を失って、とても不安定に見えますが

 

もう何十年も前から、この姿のままここに建ち続けているのです。

 

3年前の熊本大震災で、この庄内でも震度5に見舞われましたが、それでもビクともしておりません。

 

 

 

 

 

 なんとも不思議な力を感じます。

 

 

 

そういった御仏の加護を感じられるのは、ここだけではありません。

 

 

 

 

 

 その割れた鳥居のすぐ先にも

 

 

 

 

 

 何と、巨石を支える木が。

 

決して太くなく、逆にか細い印象を受ける木。

 

その傍らには、数体のお地蔵様が鎮座しておられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

どういった謂れがあるのかは知りませんが・・・。

 

落ちそうで落ちない 転がらない 滑らない というあたり、

お受験等に大変効果がありそうですね!

 

 

 

 

 

 

まだまだあります。  秘境神社の不思議スポット

 

 

 

 

 

 

大岩からさらに少進んだ場所に

 

道の脇から 突如として湧き出る水

 

 

 

 

 

 

盛られた土の壁にブッ刺された塩ビのパイプ。

 

それだけでも若干シュールな絵ですが、そこからコンコンと湧き出る清水

 

 

 

 

 

以前は岩の間から染み出ていたのですが、 一昨年の九州を襲った豪雨の際に

 

土砂崩れで岩々が押し流されたにも関わらず、 流入した土砂をかき分けるかのように湧きだし続ける清水

 

 

 

困難を乗り越える系のご利益があることは間違いないと思われます。

 

 

 

 

 

 

 

さあ、辿りつきました。 ここがその秘境神社?

 

 

いえいえ。 ここはただの管理用の社務所。

 

その建物の裏手に目を向けると・・・。

 

 

 

 

 

隊長さん

『うっ!?』

 

キョンさん

『うわーーー!』

 

 

 

 

 

 

お二人とも期待通りのリアクション ありがとうございます。

 

 

これぞ熊牟礼神社の神髄  急登の石段である。

 

 

 

 

 

壁かと見まごう程の角度。

 

登るものの感覚を惑わす不規則な段差の高さ、

 

同じ形状は2個も無い、ランダムな形状の石

 

 

安全基準など どこ吹く風

 

 

 

そんな 来るものを返り打つかのような存在でありながら

 

登ってくださいと言わんばかりに 垂らされた一本のロープが

 

挑む者の心を打つ一品

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

恐る恐る登り始めるキョンさん

 

しかしキョンさんは思い知る事になる。

 

 

 

 

 

 

この階段の真の難しい所は、上記に記した登り難さではなく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

振り返れば 下に引き込まれる様な錯覚に陥る

 

高度感 なのである

 

 

 

 

 

 

高所恐怖症のものは、おそらく最初の10mで根を上げる事でしょう。

 

 

 

 

この不安定さと高度感の恐怖を克服したもののみが、真の社殿へ辿りつけるのである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この石段に至るまでの林道歩きで、隊長の靭帯のHP(ヒットポイント)は とっくに一桁

 

しかし、隊長  キョンさんにお手本を示すかのように先発して登って行きます。

 

これぞ 真の漢(おとこ)の姿である

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キョンさんも、秘儀 『絶対振り返らない!』で、これを克服!

 

 

私は過去 青春時代の女性への告白失敗時に 別な意味でこの技を発動したことがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この石段を登り終えると・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どっこい 待ってた、 もう一本。

 

 

 

 

 

先程の石段よりも長さは半分程ですが、勾配はこちらの方がきつい感じです。

 

 

 

 

ここから先、私も登る事に集中していたため、社殿に至るまでの写真はありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と言う事で、いきなり 神社を ドン !

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まさに秘境と呼ぶにふさわしい道のりや困難を経て辿りついた場所。

 

 

 

 

その社殿は、古いながらも 緻密な飾り彫りが施されており

 

この神社への信仰の厚さが伺えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで隊長さん、キョンさん一家  そして私の家族も

 

庄内でこの一年、平穏に家内安全で暮らせる様にお願いしてきました。

 

 

 

 

これで隊長さん一家も 改めて身も心も庄内人です!

 

ようこそ 安住と冒険の世界 庄内町へ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さあ、 ノッてきた所で 景気付けの運だめし!   

 

お金を入れて ご自由にお取りくださいなおみくじにチャレンジ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ノン『末吉』  隊長『小吉』  キョンさん『吉』

 

 

凶を除いて 下からの吉を総なめ!   

 

 

 

 

 

 

 

俺達 三人 吉くじ 三銃士 スパルタンX !    

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

慰め合う言葉も無く、無言でおみくじを気にくくり付ける一同。

 

 

 

 

 

 

きっと みんな 無かった事にしたかったのです・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな 庄内を見守る神様の ちょっとしょっぱい洗礼を喰らった

平成30年の成人の日・・・。  

 

 

そう。我々は

 

氏神様

『庄内人らしく、締まっていけよーー!』と、肩を叩かれ、晴れて庄内人としての成人の日を迎えたのだ。

 

 

 

 

 

 

 

登れば下るのが世の摂理。

 

 

下りでは、なんとキョンさん

『紐を使わず 前向いて降りる』という高等技術を発動!

 

 

 

キョンさん

『これが一番怖くないかも!!』

 

ノン

『降り方に正解はありません。 自分が降り易い方法が一番です』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一本目の石段、クリアー!

 

 

 

 

 

二本目の長い石段もクリアー!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

湧き出る清水でひと休憩。

 

 

 

 

 

すると 困難に打ち勝つ系の御利益があったのか

 

 

 

九十九折れのフカフカ林道を 颯爽と下ります。

 

 

 

 

 

 

 

ノン

『次は バイクで上がってみましょうか? ^^』

 

 

隊長さん・キョンさん

『ギャフン』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

秘境神社から無事下山です。

 

 

しかし、この日の庄内旅はまだ続くのである  

  (あと1話あるよ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本ブログ村全国ランキング参戦中!

 

 

『貴方が今、夢中になっているものを大切にしなさい。それは貴方が真に求めているものだから。』

    ーーー エマーソン −−−

 

 

 

クリック ↓

 

 


にほんブログ村

 

 

 

乗り初め&故郷の氏神様の元へ初詣ツーリング(with お転婆ライダーさん) その1

  • 2018.02.10 Saturday
  • 22:42

 

 

 

 平成30年度のバイク初乗り、乗り初めの記事でございます。

 

 

DSCF8618.JPG

 

 初乗りはなんと、バイク乗りの間では全国的に名の知れ渡ったバイクブロガー!

 

『お転婆ライダー』隊長サン&キョンさんのお二方が同行してくれました!

 

 

 

『お転婆ライダー』さん 公式ブログ 

http://otenba-rider.jugem.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この様なお方々が、我が家から信号1つ、

 

バイクで5分の場所にお引越しして来てくださったのです。

 

 

 

 

これからも、ちょくちょく絡ませて頂きたく思います

^_^

 

 

 

 

 

DSCF8622 - コピー.JPG

 

 

初乗りは、このお二人を 故郷の氏神様をご案内する 

 

『乗り初め&初詣ツーリング』 となりました。

 

 

 

まずは庄内の玄関口に位置する場所にある神社へ向かいます。  

 

あのラクダの背中の様な山『小倉山』が目印です。

 

 

 

 

IMG_1182.JPG

 

ノン

『あの目の前の山の中に神社があります^^』

 

隊長

『なるほど!』

 

 

 

 

 

普段は 夫婦で SUZUKIの大型メガスポーツ ハヤブサを駆りつつ

 

こりゃまた SUZUKIのビックアドベンチャー V−ストローム で全国を回り

 

近場は 小回り良くちょい乗り最適な Kawasakiの KLX125 & D-トラッカー125 

 

と、様々なバイクを乗り分ける まさにバイク夫婦!

 

 

 

 

この日は  庄内という故郷を駆け回るのに最適な 125ccのちっちゃいバイクで出撃。

 

私も足並み揃えてWR250で出撃です^^

 

 

 

 

 

 

 

DSCF8626.JPG

 

山の入り口に鳥居が設置されています。

 

 

ここから山頂まで1km位の九十九折れの簡易舗装の道を上がりますが、

 

 

 

 

私が先行して先に目的の神社に到着しても、お二人はなかなか上がってこず・・・。

 

『きっとブログの写真を撮ってるんだな〜』なんて思ってのんびり待っていると

 

 

 

 

 

DSCF8627.JPG

 

10分位して 上がって来まして

 

キョンさんが

『いや〜  こけちゃったー (笑)』  

 

サラッとおっしゃるじゃありませんかー!

 

 

ノン

『ギャフン』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さすが、全国を駆け巡った 百戦錬磨のお方。   

この程度取るに足らない事なのです。

 

 

という訳で、

年の初めに 怪我も車両の破損も無く 厄落としを速攻終わらせたキョンさん

 

 

 

DSCF8629.JPG

 

 

まずは こちら  『大将軍神社』へご案内。

 

白い鳥居が目を引きます。

 

ちょっと北の方やら、ミサイル的なものやら、某弁当屋さんやら、パチンコ的なものを想像してしまいそうなネーミングな神社。

 

 

大将軍とかいて ´だいじょうごん´ と読みます。

 

 

 

 

DSCF0200.JPG

 

 

鳥居には 神社の名前ではなく この山の名前である 小倉峰 と記されております。

 

 

庄内で数ある神社の中で、なぜこの神社を初詣にお勧めしたかと申しますと・・・。

 

 

 

 

DSCF0191.JPG

 

 

ここは 馬や牛の健康 無病息災に長けた神様が祭られているからなのです。

 

我々 鉄馬を駆る ライダーにとっては ぜひお参りしておきたい神社。

 

 

 

 

 

 

その御利益は折り紙つきで、 7年前に免許を取得して毎年お参りに来ている私ですが

 

初心者の状態から 林道やら モタード練習やら  雪の上走ったり  大型バイク買って長距離ツーリング行ったり

結構濃いバイクライフを送ってきましたが、車両に関する故障や大きな破損はまったく無し

 

オフロードでの転倒は何度もありましたが、大きな怪我も無く過ごせているのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF8633.JPG

 

 

 

小さいながらも 立派な楼門

 

 

 

DSCF8634.JPG

 

 

そして、さすがは 馬 牛の神様を祭る神社だけあり、

 

参道の両脇に鎮座するのは

 

 

DSCF8635.JPG

 

 

狛馬(こまうま)?

 

 

 

DSCF8636.JPG

 

 

狛牛(こまうし)  

 

 

さっそく 隊長さん、キョンさん、そして私のバイクの健康(マシントラブルがありませんように)と

 

バイクライフの無病息災 をお祈りしました。

 

 

 

 

 

 

 


 

 

そして お参りの後は こちらの神社の敷地の奥にある

 

ちょっと知る人ぞ知るスポットに

 

(と言っても地元の人なら皆知ってる)

 

 

DSCF0187.JPG

 

『あしなか石 展望広場』

 

 

 

ここの売りは 展望台だけでなく

 

 

 

 

DSCF8637.JPG

 

どっちが夫で、どっちが嫁かいまいち解りづらい 『夫婦岩』があったり

 

(せっかくなので、夫婦岩の前で  隊長さんキョンさん夫婦のバイクを並べてもらいました)

 

 

 

 

 

 

DSCF0188.JPG

 

 

もはや その意味を読み解くには 哲学を極める必要があると思われる 

『初恋岩』  

 

 

 

 

 

 

まあ、これらの岩は

 

人を寄せるために色々詰め込もうとして失敗した 典型的な例と思われます。

 

 

 

 

 

 

 

DSCF8641.JPG

 

 

しかし、 こちらの展望所の名前にもなっている 『あしなか石』は本物です!

 

隊長さん、キョンさんの載っている石こそ あしなか石 なのですが・・・。

 

その石のある場所は

 

 

 

DSCF0161.JPG

 

 

 

DSCF0162.JPG

 

 

断崖絶壁からせり出た 大変スリルと自己責任に溢れる 場所なのです。

 

 

しかし 味わえるのはスリルだけでなく

 

 

 

 

 

 

DSCF0163.JPG

 

故郷 庄内の平野部を一望できる 絶景を堪能できます

 

(写真は 去年の春頃撮ったもの)

 

 

 

 

 


DSCF8622.JPG

 

位置的には あの赤い矢印の先端辺りの山頂の断崖からせり出しています。

 

 

 

 

 

 

DSCF0167.JPG

 

ここから眺める風景は まるでミニチュアの玩具

 

大分市内から 湯布院方面に向かう際に必ず目に入る 赤い橋

 

 

 

 

 

DSCF0165.JPG

 

 

JR久大線は電化されてないので電柱が無く どこで見ても列車が引き立ちます

 

さらに『湯布院の森号』や 豪華客車『ななつ星』 スイーツ列車『或る列車』

 

季節によっては 解放感万点の トロッコ列車も運行される 

 

なかなか見ていて飽きない路線なんです。

 

 

 

 

DSCF0177.JPG

 

 

こちらは 篠原ダムのダム湖  地元の方は もっぱら檪木(いちぎ)ダム  と呼んでおります

 

 

さあ、次は あのダム湖の方へご案内。

 

 

 

 

 

 

DSCF8652.JPG

 

この あしなか石展望広場の手前には 若干の林道区間があります。

 

 

そんな不整地も カッコ良く走り抜ける 隊長さん&キョンさん

 

 

 

 

DSCF8654.JPG

 

 

ノン

『これなら 庄内の奥深い林道に誘いこめるな・・・。 ボソ』

 

 

 

 

 

DSCF8658.JPG

 

 

DSCF8661.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF8665.JPG

 

 

大将軍神社から10分程走ると・・・。

 

 

 

先ほどとはまた違った雰囲気の場所に出ます。

 

 

 

DSCF8668.JPG

 

 

補強されまくった 大変に古めかしい橋。

 

 

 

 

 

DSCF8671.JPG

 

先程 あしなか石から見た ダムに注ぎ込む川(芹川大分川系)

 

音も無く ヌルヌルとゆっくり水が流れ込む場所に架かる橋

 

 

DSCF0545.JPG

 

ここには季節によって 様々な水鳥の姿を見る事が出来ます。

 

隊長さん、キョンさんは大変 野鳥に詳しく

 

 

 

 

DSCF8672.JPG

 

隊長さん

『あそこ!  オシドリのコロニーじゃない?』

 

キョンさん

『オシドリはねー  凄く警戒心が強くて、なかなか見れないんだよ!』

 

『へえ!! あれがオシドリですか!!(カ、鴨と思ってた 汗)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お転婆ライダー さんの ブログには  野鳥の写真のカテゴリーがある位

 

とてもお詳しいのです ↓

 

カテゴリ『グァ〜グァ〜倶楽部』

 

http://otenba-rider.jugem.jp/?cid=8

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

色々と教えて頂きました。

 

 

 

 

 

IMG_1193.JPG

 

さあ、次はいよいよ 今回の初詣ツーのメイン会場へ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つづく

 

 

 

 

日本ブログ村 全国ランキング参戦中!

 

『チャイルドハートにリターン(童心に帰る)』

    −−− ルー大柴 −−−

 

 

 


にほんブログ村

 

 

庄内の林道遊び (WR250Rで雪山アタック)

  • 2018.02.03 Saturday
  • 22:27

 

遅れまして、今年の林道乗り初めの記事でございます。

 

 

 

 

IMG_1498.JPG

 

 

バイクでの乗り初めの一発目は プロブロガーお転婆ライダーさんとの地元で初詣ツーリングと、割と健全に済ませたのに対して・・・。

 

 

 

 

林道乗り初めは 我が故郷の誇る荒くれバイク軍団との林道ツーなのですから、

 

 

 

 

もう嫌な予感しかしません

 (もちろん 良い意味で)

 

 

 

 

G0089110.JPG

 

割とフレンドリーな シングトラックの林道をトコトコ・・・。

 

いや、 ガンガンにぶっ飛ばします

 

 

 

 

 すると・・・。   

 

 

 

IMG_1510.JPG

 

 

今年は冷え込み厳しい冬  前日に平野部でぱらついた雪は

 

山中では ご覧のようにカッチカチやでーー。  

 

 

 

モフモフに積もった雪ならまだマシ。 

 

ちょっと積もって、ちょっと溶けて  

 

んでもって 朝方の冷え込みで部分的に凍りましたぜ。   

 

 

という最も嫌な路面があちらこちらに。

 

 

 

G0078843.JPG

 

 

 

 

 

 

IMG_1503.JPG

 

 

しかし、みなさん この笑顔である。

 

 

 

 

IMG_1505.JPG

 

 

 隊長

「次は ここ抜けて ○〇方面の林道入ってみよう」

 

と、隊長はちょっとでも雪が積もってそうな場所へ誘導します。  

 

 

そして それを誰も止められない・・・。

 

 

 一同

 「えーーー!  そこまずいですよ! 」 (笑顔)

 

 

 

 

 なんという 予定調和  !

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

G0078951.JPG

 

 

ただでさえガレて 走りにくい林道

 

そこに雪が積もって、路面の状況がまったく見えません。

 

 

いつフロントが跳ね上げられるかわからない 

 

そんな ガラスのハイウェイを走ってるかの様な 38歳の冬

 

 

 

 

 

 

 

 

緊張の連続で疲れてくると、アクセルワーク ブレーキ操作が雑になってきます。 

 

 

そうしますと・・・。

 

 

 

 

 

G0079072.JPG

 

あっという間に ごらんの有様である。

 

 

 

 

G0079075.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1517.JPG

 

先程の半分積雪の林道を抜けて

 

今度は完全に積雪の林道へ

 

 

 

 

IMG_1523.JPG

 

 

積雪はそんなに深くないのですが、 雪の下の土は湿り気を帯び

 

ここ最近の冷え込みでバッチリ凍ってます。

 

 

 

 

 

 

G0099282.JPG

 

 

 

G0099291.JPG

 

 

 

 

IMG_1529.JPG

 

 

皆さんは  トラタイヤを履いてるのでガレ場やウッズは激速なんですが

 

この様な雪&凍土ではとても走り難そうでした。

 

 

 

 

エンデューロ系のタイヤを履いている私は、普段はおいてけぼりを食うのですが・・・。

 

今日は 私が本領発揮 !!

 

 

 

 

 

 

IMG_1533.JPG

 

 

 

やはりバイクはタイヤだなあ・・・。  と改めて痛感致しました。

 

 

 

IMG_1539.JPG

 

 

 

 

今回の雪山ツーリングの様子を動画にしてみました。

 

   ↓

 

https://youtu.be/ba_oUoSpyco

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それはそうと、雪を見ると 妙にテンションが上がるのが九州人。

 

我々とて例外ではなく

 

 

 

IMG_1540.JPG

 

 

 

 

 

 

IMG_1541.JPG

 

 

 

休憩時間は みなさん童心に帰って遊びました。

 

 

 

 

 

 

IMG_1546.JPG

 

ノン

『わーーい』

 

 

私も  魚拓  人拓 で遊びました。

 

 

 

 

 

IMG_1548.JPG

 

 

一年の計は元旦にあり 等と言いますが・・・。

 

今年一年の林道ツーリング、いったいどうなる事やら!?

 

 

 

 

そんな感じの 2018年 林道走り初めでした。

 

 

 

 

 

おしまい

 

 

 

 

 

 

 

 

日本ブログ村 全国ランキング参戦中!

 

『いい加減にホワイト!(いい加減にしろ)』

   −−− ルー大柴 −−−

 

 

 

クリック ↓

 

 


にほんブログ村

 

 

 

 

旧永慶寺跡散策と田北氏一族の痕跡を辿る

  • 2018.01.28 Sunday
  • 11:01

 

我が故郷、庄内町のご近所ツーリング

 

 

IMG_1428.JPG

 

今回ご一緒していただいたのは、大分県の中世の歴史に大変詳しい

 

歴史研究家の『SU−吉』先生

 

 

 

 

SU−吉さんは 歴史に詳しいだけでなく

 

 

 

 

豪邸のバイク専用ガレージには ごらんの様に

 

 

 

(SU−吉さんのブログ 『今日の仙道』 http://blog.goo.ne.jp/soranyan1453  より引用

 

 

ミニバイクのスクーター、 コレクターの多いゴリラ の他

 

汎用オフロードバイクの傑作機 セロー250

 

 

 

 

 

そしてメインの大型バイクとして

 

イタリアの元気娘

 

 

 

 

 

 

 

 

泣く子も黙る  ドカティ モンスター 1200R

 

を所有している、根っからのバイク乗りというお方なのです。

 

 

 

 

IMG_1435.JPG

 

そんなSU−吉さん。 

 

本日は散策用にセローで出撃。

 

まず向かったのは、由布市の有形指定文化財に登録されている

 

『旧永慶寺の跡地』

 

 

 

市道から逸れて、少し山中に分け入りますと

鬱蒼とした木々の合間に、少し開けた場所が見えてきました。

 

 

IMG_1443.JPG

 

建物の基礎らしき跡が見えます。

 

以前 私一人で来た時は 

 

ノン

『ああ。ここにお寺の建物があったんだなー。』

『今では寂しいもんだ』

 

と、この場所の栄枯盛衰の儚さを感じる位でしたが・・・。

 

 

 

IMG_1437.JPG

 

SU−吉さんは、さっそく調査を開始します。

 

SU−吉さん

『この基礎の周辺に散らばってる瓦の形状は、比較的新しいね』

『たかだか何十年か前 程度の古さだね』

 

 

 

 

IMG_1441.JPG

 

SU−吉さん

『それに対して、石垣の方は・・・。』

『野面積みといって、鎌倉・戦国時代に最も一般的だった手法だから・・・。』

 

 

 

IMG_1442.JPG

 

 

SU−吉さん

『敷地の広さからして、15〜16世紀にはとても栄えていたお寺だったんだね』

『社殿の瓦は比較的新しかったから、適宜補修がなされて大事に管理されていたんでしょう』

 

 

 

 

 

 

残された痕跡から、

その在りし日の姿だけでなく、社会背景までも推理していきます。

 

 

 

郷土研究部に 一騎当千の先生を迎え入れた気分です!

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1439.JPG

 

 

歴史探訪は続きます。

 

旧永慶寺跡地の見学の次は、その場所からすぐ近くにある

 

『松牟礼城跡』の調査に向かいました。

 

 

 

 

IMG_1444.JPG

 

 

こちらも、庄内の主要市道(農道)から一本脇道に逸れたルートを辿る事になるのですが

 

 

 

IMG_1447.JPG

 

 

そのルートは プチ林道!

 

距離にして1km程度のフラットな道のりですが、 

 

オフロードがあま得意でないSU−吉さんにとってはかなりの試練だったようです。

 

 

 

 

しかし

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1448.JPG

 

心配は要りませんでした。

 

 

汎用傑作機のセローを見事に操り

 

 

 

 

 

IMG_1449.JPG

 

 

 

IMG_1450.JPG

 

 

プチ林道を颯爽とクリアー!

 

これなら 今後さらに奥地の林道まで探索で入っていけそうですね!

 

 

 ぼそっ  (毎回 こうやってちょっとずつ林道に連れていけば・・・。  )

 

 

 

 

 

IMG_1451.JPG

 

 

 

IMG_1452.JPG

 

 

さあ、看板が見えてきました。

 

かなりマイナーなスポットにも関わらず、看板はきれいに保たれており

 

ここを管理する方の この場所に対する思い入れが感じられます

 

 

 

 

IMG_1453.JPG

 

 

 

城跡と言っても、この辺りにあるのは 

 

 

 

 

 

 

三箋山 の山頂である事を示す看板と(国土地理院の三角点もあり)

 

 

IMG_1460.JPG

 

 

この様な石碑が残っているだけです。

 

 

 

 

IMG_1461.JPG

 

石碑に彫られた 抱き杏葉の家紋

 

 

大友氏はこの紋を大いに愛好し、功績のある部下に与え「同紋衆」として特別扱いにしたことです。

 

 

 

 

 

石碑の裏からは、ここにあった松牟礼城に関する伝承が書かれておりました。

 

 

 

 

‖舁Щ畚藺綢舁能の子にあたる親秀。 

 この七男である´親泰´が父の 親秀から田北という地方を領土として貰い受け、

 田北氏を名乗るようになった。  そこでここに山城を築いたという。

∨修譴麕掘‥臘鼎侵攻してきた時も 断崖絶壁で防御されていたので 

 攻めずして去ったのだ

J枯州嫁 豊臣秀吉が大友氏をめっちゃ怒って領地を没収、それで大友氏から派生したこの城も一緒に廃れていきましたとさ

(ちなみに秀吉が大友氏を怒った理由は 文禄・慶長の役において、敵前逃亡したから)

 

 

 

という事がかかれており

この辺りまでは前回私一人で訪れた際にも読み解くことができ

 

大分の歴史を調べるにあたって、この松牟礼城が陥落したという説がかなり濃厚であった事まで辿りつきました

 

 

 


 

SU−吉さんの意見としても

 

この手のローカルな史実は、その祖先や地元の方により書き換えれたり 脚色されている部分が多く

 

一番確実なのは、せめて側(つまり島津側)の文献と照らし合わせる事が真実に辿りつく近道だという事でした。

 

 

 

陥落しなかった?  いや、陥落した?   防御が強固だったので攻められなかった?

 

 

SU−吉さん

『侵攻拠点として そんなに重要じゃなかったから無用な犠牲を出さない様に ただ攻めずに素通りしただけかもね』

 

 

 

なるほど、それならばどちらの意見にも受け取る事が出来ます。

 

 

 

SU−吉さんの見解を聞いて、この城の別の姿、見方を垣間見れました。

 

 

 

 

 

 

さらに前回来た時には、ただ鬱蒼とした藪にしか見えなかった場所も

 

Su−吉さんの心眼に掛れば

 

 

 

IMG_1462.JPG

 

 

SU−吉さん

『この一段低くなってる場所は、明らかに造成された後だね』

『反対側は谷だから、こちら側は防御する必要がある』

『つまりここに郭(くるわ)を造ってたのかもね』

 

 

 

 

 

IMG_1457.JPG

 

SU−吉さん

『この痩せ峰も、明らかに両岸を削られてるね。』

『防御のためか、峰の先端に狼煙台等を置いたのかもしれないね』

 

 

 

 

本当に素晴らしい!

 

Su−吉さんとならば、さらに深い場所にある真実まで到達できるかもしれない。

 

 

 

 

 

IMG_1463.JPG

 

松牟礼城探索を終えた我々は、 

 

 

IMG_1464.JPG

 

 

 

この場所から少し下った所にある『田北城』の痕跡の調査を開始。

 

 

田北城とは、その名の通り 先程の松牟礼城を根城としていた 田北氏一族が

 

普段の居城として使っていたとされる城(城というか屋敷)であります。

 

 

 

 

 

 

 

しかし、

 

聞き込みに熱中するあまり 写真をあまり撮っていないという痛恨のミス!

 

すいませんSU−吉さん。  ((+_+))

 

 

 

 

 

 

 

聞き込みの途中で色々な面白い事ありました。

 

 

 

・地図の上では記されていないが、昔からの地元では

 上田北(かみたきた) 下田北(しもたきた)  という地名の呼び方が残っている

 

・やはり田北性が多い

 

 

・昔はここの大きな規模の集落があった事を連想させる、

 大きな納屋・蔵が残っている家が多い

 

・村の中心部であったと思われる場所には 中村(なかむら) という地名が残っている

 

 

 

 

 

 

 

そして、その 中村 と言われる場所の辺りに 

地元の方からの情報を頼りに行ってみると

 

 

IMG_1470.JPG

 

 

畑のすみに、ポツンと残されたお墓を発見

 

これこそが 田北氏の始祖にあたる方のお墓だというのです!

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1465.JPG

 

お参りをした後、さっそく拝見・・・。

 

 

通常 お墓といえば 

 

 

 

 

元来インドにあった宇宙を構成する五大要素をもとにした思想で、日本において、その思想が塔の形として具現化・造立され始めたのが平安時代後半頃と考えられているそうです。

 

しかし このお墓は その五輪の要素は取り入れられて無く

 

その事から 平安時代の前期以前(西暦800〜900年)に造られた可能性が高いと思われます。  

 

 

 

 

しかし 大友氏の始祖である 大友能直が 豊前豊後の両国守護鎮西奉行となったのが建久7年(1196年)

 

田北氏の起こりはさらに そのあと と言う事を考えると

 

このお墓は 

 

田北氏の始祖にあたる方ではなく、もっと古くから土着していた豪族のものではないのか?

 

はたまた、この辺りでは仏教勢力が薄かったため、お墓を造るにあたって 昔の形式の墓石が用いられていたのではないか?

 

 

 

等など、様々な考察が沸いてきます。

 

 

 

 

 

 

IMG_1466.JPG

 

詳しく調べようにも、 阿蘇の火山石灰岩である白い石は大変に脆く(だが加工が容易)

 

表面に刻まれた文字は風化で判別が出来ず、 この模様の様なものがわずかに見える程度でした。

 

 

 

 

 

この後もさらに、この周辺の探索は続き

 

ついに田北城のあった痕跡を見つけるに至りました!

 

 

 

 

 

IMG_1472.JPG

 

山の中に不自然にポツンと残された鳥居。

 

その奥にあった神社

(探索が楽し過ぎて写真を撮ってないのが本当に悔やまれます::)

 

現在は城としての姿はありませんでしたが、神社として祀られたその場所は

地元の方々(田北氏の末裔の方々)に 今も大切にされていたのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

我が故郷 由布市 そしてその近辺。

 

まだまだ郷土の研究は続きます・・・。

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1455.JPG

 

 

そして、SU−吉さん&セローの 林道探索能力の高さを発見したツーリングでもありました^^

 

 

 

 

 

 

 

おしまい

 

 

 

日本ブログ村全国ランキング参戦中!

 

『A baited cat may grow as fierce as a lion(いじめられた猫はライオンぐらい獰猛になる)』

    −−− 西洋のことわざーーー

 

 

 

  クリック ↓

 

 


にほんブログ村

 

 

 

 

故郷を馳せる!

  • 2018.01.15 Monday
  • 13:03

 

東奔西走!

 

 

SU−吉さんと行く

 

大分県の中世の歴史探訪  大友の部下 田北氏の栄枯盛衰を辿る旅

 

 

IMG_1443.JPG

 

 

 

IMG_1452.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

南西北馬!


 

 

隊長、キョンさんと行く  

 

庄内の秘境探索!    秘境神社や洞窟の先に隠された秘境滝へ

 

 

 

 

IMG_1212.JPG

 

 

 

DSCF8709.JPG

 

 

 

 

IMG_1215.JPG

 

 

 

 

MQEtIRvXRAp3t4O_OzhBx_39.jpg

 

(完全に一致)

 

 

 

 

 

 

 

そして・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1526.JPG

 

 

新年度  林道初乗りツーリングは 雪中行軍となりました。

 

 

 

 

 

 

 

年末年始の バイクツーリングネタ3発!

 

これ全て、私の家から直線半径20km以内での出来事 ^^; 

庄内は奥深いぜよ

 

 

 

 

順次 Coming Soon  !

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当に  SOONにComingできるのか!?

 

 

 

 

 

 

平成30年開幕 初詣の巻

  • 2018.01.11 Thursday
  • 03:49

 

 

明けましておめでとうございます。

 

 

 

とっくに明けておりますが、今年度もノビノビなブログを宜しくお願い致します。

 

 

 

IMG_0827.JPG

 

 

という事で、さっそくですが まずは年明けの初詣の様子をご紹介。

 

 

職業柄 盆暮れ正月関係なく仕事をしておりますが、

今年の年末年始は 大晦日〜元旦の二日連休。 そして2日が日勤で3日が休み

 

若干飛び石休暇ながら、例年に比べ割とゆっくりした年越し&お正月を過ごす事が出来ました。

 

 

 

 

元旦の朝

一家を代表して、自宅の地区の山中にある氏神様へお参りに行って参りました。

 

 

 

IMG_0821.JPG

 

 

決して大きいとは言えないお社ですが、

 

生活の音が一切聞こえない山中にあるせいか、とても厳かで神秘的な雰囲気に満ちあふれております。

 

 

 

IMG_0822 (1).JPG

 

 

 

IMG_0823 (1).JPG

 

 

今年は戌年 と言う事もあり

 

狛犬様も、ちょっぴり誇らしげ!?

 

 

 

 

IMG_0825 (1).JPG

 

 

 

IMG_0828.JPG

 

 

普段人の訪れる事のないお社の周辺は、まだ秋の銀杏の黄色い絨毯が残っておりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0912.JPG

 

日を改めて 3日の日

 

今度は 奥さんの実家へ新年のご挨拶。

 

 

 

 

IMG_0866 (1).JPG

 

ご先祖様と 奥さんの御両親にご挨拶を済ませ

 

奥さんの実家のプライベートビーチで遊んだ後は

 

 

IMG_0869 (1).JPG

 

砂浜が参道 の 『奈多神宮』へお参り致しました。

 

 

 

 

IMG_0883 (1).JPG

 

 

 

IMG_0874 (1).JPG

 

3歳になったユーリは、最近カメラを向けると恥ずかしがったりします。

 

 

 

IMG_0879.JPG

 

昨年もこちらで 家族やユーリ健やかな成長をお祈りさせて頂きましたので

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0887.JPG

 

 

今回は まずは昨年の御加護のお礼を述べた後

 

本年度も同じお願いでよろしくお願い致しますと お参りしてきました。

 

 

 

 

IMG_0892.JPG

 

鳥居の向こうは海。    不思議な光景です。

 

 

木々の囲まれた我が家の氏神様のお社と対照的な感じがします。

 

 

 

 

 

IMG_0895.JPG

 

 

改めて、 『山の男と海の女がひっついたんだなー』なんて思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0914.JPG

 

 

帰路で見上げた空に 面白い雲が浮かんでいました。

 

 

 

空を分かつかのように、一本筋の通った雲   最初は 『地震雲か!?』と ビックリしましたが

 

 

よく考えたら ここは大分空港が近いので、 飛行機雲だったんでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あと、 毎年恒例 『櫓組レーシング』さんの 元旦キャンプへお邪魔しました。

 

 

 

 

IMG_0856.JPG

 

 

 

59A3C669-97B4-4588-BD6D-CFBC90280B4F.JPG

 

日が暮れる前は、広いキャンプサイトで ユーリのストライダーの練習をしたり・・・。

 

 

224ED2FF-F061-4B48-9612-4E4936238978.JPG

 

 

 

679B57FB-9EA3-4E05-A745-611634CAFCE4.JPG

 

(皆さんのお手伝いのお陰で、ずいぶん上手くなりました)

 

 

 

 

 

IMG_0849.JPG

 

キム兄さんの快適テントの中ではしゃいだり

 

(電源サイトの特権、 秘儀 テントの中電気毛布 の術!

 

  テントって秘密基地みたいだから ユーリも大喜び ^^ )

 

 

 

IMG_0847.JPG

 

 

 キャンプの焚き火で バームクーヘン作ってみたり

 (表面を火で炙って、乾燥したら またタネを塗って段々大きくしていくのですが

   ひたすら この単純作業を繰り返します)

 

 

 

 

 

IMG_0854.JPG

 

 Tさんが用意してくれていた 極上の牡蠣を炭火で焼いて食べたり

 

  (バームクーヘン作りの大変さを知りました)

 

 

我々は宿泊はしませんでしたが、最高に楽しくて 美味しいひとときを過ごせました。

 

 

 

 

 

IMG_0859.JPG

 

 

焚き火を見つめるユーリ・・・。

 

 

キャンプの焚き火の火って、ついついずっと見入っちゃいますよね。

 

 

 

 

 

 

IMG_0862.JPG

 

 

焚き火マジックか、それとも遊び疲れたのか  

 

最後は少しウトウトしていました。

 

 

 

 

 

 

IMG_0864.JPG

 

 

バームクーヘン、 見事に出来上がりました。

 

 

 

今年はそんな感じの ゆったりのんびりなお正月を 家族で堪能出来ました。

 

 

 

 

 

 

 

おしまい

 

 

 

 

日本ブログ村全国ランキング参戦中!

 

『一年の計は元旦にあり』

  −−− 故事ことわざ −−−

 

クリック ↓

 

 


にほんブログ村

 

 

2017年  年末の様子を、まとめてドーン

  • 2017.12.31 Sunday
  • 00:05

 

 

さあ、今年もいよいよ年末 元旦 突入となります。

 

 

まだまだ記事は溜まっておりますが、とりあえず年末の様子を一気に書き上げて

 

今年最後の更新とさせて頂こうと思います。

 

 

 

 

IMG_0572.jpg

 

奥さんのセルボ(最近はもっぱら、私が片道25Kmの通勤に使用) の冬支度

 

スタッドレスタイヤに履き替えまして、

 

 

そのまま車検へ・・・。

 

 

 

 

 

そして 代車が

 

 

 

IMG_0628.jpg

 

 

なんと、メルセデス!  

 

 

 

 

 

IMG_0630.jpg

 

2シーターのオープンスポーツ  SLK200です!

 

 

 

IMG_0629.jpg

 

 

 

IMG_0627.jpg

 

いつも車検や整備でお世話になっている車工場の社長さんの粋な計らいで

 

わすか一日ではありましたが、ベンツユーザー気分を味わったのでありました。

 

 

 

セルボ自体は 大きな整備箇所は無かったものの、フロントブレーキパット交換や 下回りスチーム洗浄をして頂き

約7万円の車検費用となりました。

 

(今回は交換しませんでしたが、ロアアームのゴムブッシュがヘタってきているのを指摘されました。

  近々交換予定です)

 

 

 

 

 

そんでもって、一気にクリスマス!

 

 

 

 

IMG_0709.jpg

 

 

 

 

 

 

IMG_0716.jpg

ユーリ、3回目のクリスマス。  誕生日が11月なので

 

二か月連続ケーキにありつけました。

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0718.jpg

 

 

ろうそくの火を消すのも お茶の子さいさい てなもんである。

 

 

 

 

 

 

 

クリスマスパーティーで、夕食を家族で済ませた頃に

 

 

IMG_0731.JPG

 

なんと、本物のサンタクロースが ユーリにプレゼントを持って来てくれました!!

 

 

これには、我々夫婦もビックリ!

 

 

 

どうやら私の両親が根回ししていてくれた様です。

 

 

公私ともに周囲の皆さんに支えられている事の有難さ

そして小さな我が子を支える事の喜びも知ったクリスマスとなりました。

 

 

 

 

IMG_0727.jpg

 

 

IMG_0737.jpg

 

ケーキも2カ月連続なら、プレゼントも2カ月連続    

 

幸せな年末のユーリでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後は、 今年の 乗り納めの儀  

 

DSCF8542.JPG

 

 

豊後富士 由布岳の山頂には雪が積もり まるで本物の富士山の様になってました。

 

お陰で 日中の最高気温が10度を下回る なかなかの悪条件での乗り納め

 

 

 

 

DSCF8546.JPG

 

 

まずは、お世話になっているバイク屋さんに寄って ご挨拶。

 

 

(ご挨拶のつもりが、せっかくなのでと わざわざピットに入れて頂き、タイヤの空気圧調整してくれました)

 

 

 

本当にいつもありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

DSCF8549.JPG

 

大分市〜別府市を経由して  九州横断道路へ。

 

まだ鶴見峠は バイク乗りの天敵 塩カルは撒かれてませんでした。 

 

 

 

セーフ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF8551.JPG

 

 

 

DSCF8566.JPG

 

毎年 乗り納めはここ!  志高湖 です。

 

 

 

 

DSCF8569.JPG

 

 

木々の葉は完全に散ってしまい

 

駐車場や湖畔の周囲は、冬らしい景色を作り上げておりました。

 

 

 

 

 

DSCF8580.JPG

 

 

 

DSCF8582.JPG

 

 

ボートも来年の春までお休み。

 

平日と言う事もあり、閑散とした志高湖。

 

白鳥やカモの水鳥たちの楽園となっておりました。

 

 

 

DSCF8586.JPG

 

 

ホットコーヒーを啜りながら 湖畔を散歩。

 

 

寂しい様な、それでいて懐かしい様な ・・・。  

 

いわゆるノスタルジックという気分に浸ります。

(私は割と こういう時間が好きです)

 

 

 

 

DSCF8588.JPG

 

 

 

DSCF8578.JPG

 

 

 

DSCF8573.JPG

 

 

 

 

あとは 走りなれたホームコースを経由して自宅へ向かいます。

 

 

今年最後のエンジンひと回し!

 

 

 

 

 

DSCF8601.JPG

 

 

 

DSCF8604.JPG

 

 

自宅の近くからも  雪化粧由布岳が見えました。

 

私は、この田園風景の向こうに見える由布岳の情景が一番好きです。

 

 

 

 

DSCF8597.JPG

 

 

 

DSCF8613.JPG

 

このZZRとの付き合いも もう6年目。  

 

 

今まで色んなものをこいつと一緒に見てきましたが・・・。

 

 

乗り納めの最後に、

また こいつと一緒に美しい風景が見れて良かったです・・・。

 

 

 

 

 

 

IMG_0788.jpg

 

 

乗り納めツーリングを少し早めに切り上げて、 明るいうちに帰宅。

 

今年一年、無事故無違反で怪我もする事無く バイクライフを楽しむことが出来ました。

 

ZZRとWRを綺麗に拭き上げてから 軽くメンテナンスして 彼らの一年の労を ねぎらいました。

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0787.jpg

 

 

 

こんな感じで バタバタと年末を駆け抜けました。

 

 

しばらくは寒いのでZZRは冬眠?  

 

WRは林道で初乗り計画しようかな・・・。

 


 

 

と言う事で、 皆さま 今年一年ありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

来年度も この ´チラシの裏にでも書いとけ´な自己満足ブログにお付き合い頂ければ幸いです。

 

(ユーリが生まれてから気楽にアップ出来るフェイスブックが中心で、こちらのブログの更新頻度はかなり落ちましたが、

 なんとか細々と続けていこうと思ってます。)

 

 

 

 

 

 

 

年末と年明けて、すぐにはアップ出来ないと思いますので

この場をお借りして  

 

 

 

『それでは皆さま、良いお年を!』

    

『明けましておめでとうございます!』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本ブログ村全国ランキング参戦中!

 

『別れによって傷付くことなど無い。 魂が磨かれるだけだ』

  

        

       ↓

 


にほんブログ村

 

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM