桜見物にお出掛け(道の駅きよかわ&庄内の隠れ桜の園)

  • 2017.04.24 Monday
  • 22:10

 

 

引き続き季節ネタを先に消化です。

 

前回の菜の花に引き続いて、今回も春の花を見物に。

 

 

 

DSCF4456.JPG

 

家から見える大将軍神社のお山の山肌は

 

カビた饅頭見たいに所々に白くてモワっとしたものが見えます

(表現が汚くてスイマセン)

 

 

 

DSCF4460.JPG

 

 

山桜が開花しております。

 

こんなに山桜が植わっていたのですね。

 

 

 

 

 

 

DSCF4459.JPG

 

 

この山が所々白く色ずく頃が、大分県の各地の桜も順次開花の目印。

 

ノン
『今年も大将軍の山桜が咲き始めたよ。 清川に桜を見に行ってみよう』

 

奥さん

『おお!』

 

 

さしずめ我が家の標本木ってなもんである。

 

 

 

 

 

 

DSCF4501.JPG

 

我が家から車を1時間程走らせ、 

豊後竹田市の『道の駅きよかわ』に到着。

 

 

 

DSCF4508.JPG

 

売店やお土産コーナーの他に、近くにある霊山『御嶽山』発祥とする 御嶽流神楽の神楽殿も併設されています。

 

 

ちなみに、去年の様子  ↓

 

『豊後大野〜竹田 花見ドライブ』

http://kingxcat.jugem.jp/?eid=769

 

  

去年は 道の駅グルメの紹介&近くにある御嶽山の桜並木へ行きました。

 

 

 

 

DSC_0101.JPG

 

今年はユーリも一緒^^

 

必然的にユーリと桜の撮影会になっちゃいました  (・o・)

 

 

DSCF4481.JPG

 

ところがどっこい、同敷地内の公園。  

 

遊具が目に入ったユーリは、桜なんぞお構い無しにそちらにまっしぐら!

 

 

 

 

DSC_0006.JPG

 

2歳半になりました。

 

わざと難しいルートに挑む。  

 

日に日に出来る事が増えて行き、成長を実感しますが

 

 

 

DSC_0009.JPG

 

まだまだ 手助けが必要。  

 

なまじ色んな事を自分でやろうとするため、益々目が離せません

 

 

 

 

DSC_0015.JPG

 

 

DSC_0024.JPG

 

 

 

DSC_0045.JPG

 

 

 

DSC_0071.JPG

 

 

 

 

DSC_0077.JPG

 

ノン

『ゆうちゃん、ピースは?』

 

ユーリ

『う・・・。』

 

 

一生懸命 ピースの二本指を立てようとします。

 

 

 

 

 

 

 

DSCF4511.JPG

 

さて、ここで昼食を済ませ  お次は原尻の滝・・・。

 

と言いたい所でしたが、そちらはチューリップフェスタの真っ最中。

 

滝の駐車場には自家用車の乗り入れが出来ず、近くの中学校の臨時駐車場からシャトルバスに乗る事を余儀なくされるため、今回はパス

 

 

 

 

DSCF4514.JPG

 

代わりに竹田市内の商店街を街ブラしてみる事にしました。

 

 

DSCF4515.JPG

 

とある商店の壁に、岡城址までの地図。  面白いアイディアです^^

 

 

 

DSCF4518.JPG

 

奥さんが見ている冊子は  ↓

 

『ぶらり ひとつま味(み)』という商店街活性化の取り組みのパンフレット

 

https://www.taketan.jp/spots/detail/741

 

“ちょこちょこつまんで、まち歩き”の合言葉とともにクーポン片手に楽しく町を散策していただけます。

 

 

 

 

食べもの屋さんの一口メニューだけでなく

 

 

 

DSCF4517.JPG

 

↑ このような押し花体験や、駄菓子屋さんの詰め合わせプレゼント等もあるのです。

 

 

 

DSCF4516.JPG

 

 

しかしながら、日曜日のも関わらず 私たち以外のお客さんは見当たらず・・・。

 

少し寂しい感じもしましたが

 

 

DSCF4519.JPG

 

 

老舗の和菓子屋さんで 竹田の銘菓 『荒城の月』を頂いたり

 

 

DSCF4521.JPG

 

 

 

DSCF4522.JPG

 

ミニソフトクリームを食べたりして楽しみました。

 

 

 

 

という感じで、春の豊後竹田を堪能した後は

 

 

 

 

DSC_0147.JPG

 

帰宅前に、家から車で10分の

 

庄内の隠れた桜の名所に寄ってみました。  今年も見事な桜並木!

 

 

 

 

DSC_0149.JPG

 

 

DSC_0117.JPG

 

 

毎年ここはハズレがありません。

 

見事な桜を鑑賞できます。

 

 

 

 

 

 

DSC_0120.JPG

 

 

DSC_0127.JPG

 

 

DSC_0165.JPG

 

 

 

DSC_0154.JPG

 

な、なんと  キョンさん夫妻に遭遇!

(人見知りユーリ、思いっきり隠れるの図)

 

 

『お転婆ライダー とり天さん』

 

ブログのプロによる 紹介です。 ↓

 

『ゆふの可愛い妖精さん』

http://otenba-rider.jugem.jp/?eid=1710

 

 

 

大型バイク『ハヤブサ』のライダー夫婦として、全国あらゆるところを駆け回り

そのブログの面白さ、写真の美しさ、仲間の多さ、

全国のバイク乗りのブロガーで知らない人はいないと言えるほどのお方です。

 

 

案の定、同じ公園を紹介している記事なのですが、

私とは比べ物にならない美しい写真、 そしてアングル。

 

この隠れ公園の魅力を 余すことなく伝えて頂いております。

 

 

そして、一家そろってキョンさんのブログに登場させて頂き大変光栄です。

 

 

そんなお方が、今年より我が一家のご近所さんになりました!

 

 

 

 

 

 

 

これからもちょくちょく絡ませて頂き、はやくユーリにもキョンさん&タイチョさんを覚えさせなければ

(^o^)

 

 

 

 

DSCF4545.JPG

 

 

桜を見上げるよりも、

 

 

DSCF4553.JPG

 

地面のお絵描きに夢中のユーリ。

 

『花より遊び』な2歳半でしたとさ。

 

 

 

 

DSCF4579.JPG

 

 

おしまい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PS:後日バイクでも訪れて記念撮影。

 

 

 

DSCF4591.JPG

 

 

 

DSCF4602.JPG

 

家族で出掛けた先に絶景を見つけて、後日愛車を入れて写真を撮りたくなる

 

´バイク乗りあるある´  ネタとなりました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本ブログ村全国ランキング参戦中!

 

 

チューリップは魂のない花であるが、バラとユリは魂をもっているように見える。』

    −−− ジューベル 「パンセ」 −−−

 

クリック  ↓

 

 


にほんブログ村

 

 

春の国東観光 (昭和の町&長崎鼻の菜の花)

  • 2017.04.17 Monday
  • 11:47

 

K君一家との佐世保旅行の途中ではありますが、

 

ここで割込み、季節ネタを先に消化。

 

 

 

4月初旬のとある日

 

生温かい降水確率10%の薄曇りの中、春を感じましょうと、家族でお出掛け。

 

 

 

 

初めて  最近新設された 由布岳スマートIC を利用してみる事にしました。

 

 

 

元々あった由布岳SAにETC専用出入り口を設置し、

それを既存の道路地形に無理やり接続したせいか、 IC出入り口は非常に混沌とした状態に。

 

 

DSCF4296.JPG

 

こうなればもう田舎から上京してきて 様々な会社の電車が相互乗り入れしている地下鉄にうろたえる若者状態。

 

我々以外も同じ様で、 

入り口周辺の道路でウロウロ徘徊している車や、入り口直前で路肩に寄せて駐車している車がちらほら・・・。

 

 

 

 

 

 

DSCF4297.JPG

 

最大の要因は たぶんこれ。

 

車両の進行方向は、大分→鳥栖方面に向かって 高速道路の上り車線に沿うように入口へ。  

 

しかし、行き先の看板は逆の →大分方面への下り車線方面を示しています

 

なまじ土地勘がある人間にとっては

『進行方向は上り方面なのに、本当に大丈夫なのか!?』と不安に陥ります

 

 

DSCF4299.JPG

 

看板はしつこいくらい 『こっちが大分・北九州方面ですぜ』と示しているので、

意を決してゲートを通過すると・・・。

 

 

ゲートをくぐってすぐに左に大きく転回させられ、

無事に由布岳SAの下り側に入る事ができたのです。

 

 

 

 

DSCF4301.JPG

 

由布岳SAでは高級外車がズラリ。  どうやら愛好家の集まりがあった様ですが・・・。

 

まさか雨が降るとは思っていなかったでしょう。

(だって雨マーク無しの降水確率10%だったから)

 

 

 

その後は高速道路で快適にドライブ

 

 

DSCF4307.JPG

 

あっという間に  

大分のユナイテッド・ステイツ 『宇佐(USA)』に到着しました。

 

 

 

まだ小雨がパラついていましたので、先に早めの昼食を。

 

宇佐に来た時はここと決めています。

 

 

クリックすると新しいウィンドウで開きます

 

天ぷらの専門店『天ぺい』さん

 

外観画像&詳細情報は ↓ グルメサイト ヒトサラさんより引用

『ヒトサラ』

http://hitosara.com/tlog_44000531/

 

 

 

 

 

DSCF4310.JPG

 

天ぺい定食を頼んだ奥さん

 

2品ずつ、揚げたてサクサクの天ぷらが、小さなバットに乗せられてやって来ます。

白身魚にエビ、かぼちゃや玉ねぎ、他季節の野菜など  計7〜8品程が運ばれてきます。

 

 

 

 

 

DSCF4313.JPG

 

いっぽう私は 手ぺい丼

 

エビはアレルギーなので、エビ天の代わりにイカ天をのせてもらいました^^

こちらももちろん揚げたてのサックリ衣に甘辛いタレ。

 

次回もこれにしようかな (^o^)

 

 

 

 

食後、まだ少し雨が降っていたので 屋内で楽しめる施設で時間つぶし

 

 

DSCF4315.JPG

 

宇佐の県立博物館

博物館内部は撮影禁止だったので、入り口で記念撮影。

 

ノン

『ゆうちゃん、気を付け!!』というと

 

帽子を取って、びしっと気を付けのポーズ。  なぜか顔も真顔になります(笑)

 

 

 

博物館内は薄暗く、案の定ユーリは怯えてしまいます。

 

あまりゆっくり展示物を見れませんでしたが、 15分程で雨が上がり

 

 

DSCF4323.JPG

 

早めに博物館を切り上げて、 当初の予定通り 『昭和の町』へ移動

 

途中で並走したバスも、何となくレトロチック

 

 

 

 

助手席の奥さんに

『なんか昭和らしい風景があったら、写真撮っておいてね』とお願いし

 

 

 

DSCF4327.JPG

 

こういった写真を期待していましたが、

 

『昭和レトロっぽいのが撮れたよ』という言葉を信じて

 

後で確認すると・・・。

 

 

 

DSCF4324.JPG

 

なぜか この一枚と・・・。

 

 

 

DSCF4325.JPG

 

さらに、この看板部分のズームを もう一枚・・・。

 

 

決して歴史があるという感じではなく、何となく 古い感じの店舗の景観

 

いったい何が 奥さんにとっての昭和レトロなのか、基準が良く解りません。

 

 

 

怖いのは 彼女の中ではこの程度の古さがレトロの部類に選別されている事です。

 

 

少し考察してみましたが、この様な風景は、庄内の商店街では日常茶飯事、当たり前の様な景観

 

 

つまり 彼女にとっては、庄内は 狙っている訳でもないのに昭和の町の様な 『レトロ感・古臭さ』を感じているのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF4334.JPG

 

昭和の町の商店街散策

 

女性陣はお買いものに夢中。  2歳でも心はレディー

 

 

 

DSCF4333.JPG

 

その姿は、 満足げな顔は   バーゲンの戦利品を抱えて店を出る女子


ユーリ

『ふーー  いいもの買えたわ』

 

DSCF4331.JPG

 

 

 

 

 

DSCF4338.JPG

 

買い物、散策に疲れは女子の足は、自然と甘いものを求め

 

吸い込まれる様に  オシャンティーなカフェへ。

 

 

 

 

DSCF4336.JPG

 

ギターの生演奏が響く店内で、ソフトクリームにむしゃぶり付いていました。

 

 

 

古風な外観の店舗の前で 記念にパシャリ

 

DSCF4340.JPG

 

カメラを向けると、ここでも ユーリ ピシッと 気を付け姿勢!

 

 

 

 

 

 

 

DSCF4345.JPG

 

お次は、昭和の町から 車で 小一時間。  

 

国東半島の海際にある 『長崎鼻キャンプ場』

 

 

 

DSCF4349.JPG

 

海に突き出た岬にあるキャンプ場。

 

その周囲はご覧の通り、菜の花でいっぱい。

 

 

 

DSCF4355.JPG

 

 

一昔前までは、お化けが出そうな閑散としたキャンプ場

(実際に心霊スポットでもあったらしい・・・。)

 

それが ご覧の様に  ↓

 

http://www.showanomachi.com/spots/detail/192

『豊後高田市公式観光サイト』

 

 

 

夏はヒマワリ  春は菜の花  秋はコスモス

 

 

 

季節の花々が咲き乱れるお花畑に大変身。

 

 

DSCF4356.JPG

 

 

DSCF4393.JPG

 

 

美しい景観に  可愛い我が子

 

カメラ魂に火が付いたノンさん。

 

 

 

 

 

 

DSCF4391.JPG

 

ノン

『久々に 俺の一眼が火を噴くぜ!』

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0025.JPG

 

レンズ: 18-70mm F/3.5-4.5 G
焦点距離: 18mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: スポット測光
1/800 秒 - F/5.6
露出補正: +1 EV
感度: ISO 400
ホワイトバランス: オート
AFモード: AF-A

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0033.JPGDSC_0035.JPGDSC_0037.JPGDSC_0039.JPGDSC_0040.JPGDSC_0041.JPGDSC_0043.JPGDSC_0044.JPG

 

レンズ: 18-70mm F/3.5-4.5 G
焦点距離: 70mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: スポット測光
1/250 秒 - F/8
露出補正: 0 EV
感度: ISO 400
ホワイトバランス: オート
AFモード: AF-A

 

 

 

 

 

 

DSC_0057.JPG

 

 

 

 

 

DSC_0086.JPG

 

レンズ: 18-70mm F/3.5-4.5 G
焦点距離: 18mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: スポット測光
1/500 秒 - F/8
露出補正: +1 EV
感度: ISO 400
ホワイトバランス: オート
AFモード: AF-A

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0105.JPGDSC_0107.JPGDSC_0112.JPG

 

レンズ: 18-70mm F/3.5-4.5 G
焦点距離: 70mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: スポット測光
1/100 秒 - F/10
露出補正: 0 EV
感度: ISO 400
ホワイトバランス: オート
AFモード: AF-A

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一通り撮り終えたら、今度は私がユーリと遊びます。

 

 

 

DSC_0136.JPG

 

 

 

 

 

 

DSCF4408.JPG

 

奥さん

『二人とも気を付け!!』

 

 

 

 

 

 

DSCF4409.JPG

 

奥さん

『はい、ポーズ!!』

 

 

 

 

 

DSCF4421.JPG

 

 

春の陽気に誘われた、そんな家族サービスデイでしたとさ。

 

 

 

 

 

日本ブログ村全国ランキング参戦中!

 

ムチを惜しめば子供を損なう。

  −−− バトラー 「諷刺物語詩」 −−−

 

 

 

クリック ↓

 

 


にほんブログ村

佐世保家族旅行 その1

  • 2017.04.06 Thursday
  • 15:40

 

 

 

 

DSCF3954.JPG

 

 

家族でお出掛けでありんす

 

 

 

 

DSCF3955.JPG

 

奥さんとユーリを車に乗せて、高速道路を西にひた走ります

 

しかし、今回は我々だけではありません。

 

 

DSCF3957.JPG

 

時折 このブログにコメントをくれる『戦友』さんこと、

 

同じ職場の同級生 K君一家もご一緒の 

 

『家族合同佐世保観光旅行』の開幕である!

 

K君一家は 奥さんに娘さん2人(5歳と2歳)の四人編成なのだ

 

 

 

 

 

DSCF3958.JPG

 

佐世保に入ると、さっそく長崎らしい光景がお出迎え

 

坂の町長崎。  

 

ここ佐世保でも山肌の斜面に張り着く様に建てられた家々、

 

 

 

DSCF3963.JPG

 

そして、

 

 

DSCF3964.JPG

 

海軍の軍港に 

 

 

 

 

 

DSCF3971.JPG

 

アメリカ海軍の駐屯基地

 

 

 

DSCF3972.JPG

 

奥さん

『見て! あんなトコに対空砲が! さすが軍港ね!』

 

 

 

ノン

『お、おう』

 

 

 

そのような こ芝居を織り交ぜつつ

 

 


まず我々がやってきたのは

 

 

 

九十九島の遊覧船

 

 

 

 

海きらら という水族館が併設された 

 

佐世保観光の定番スポット『パールシーリゾート』

 

 

 

DSCF3977.JPG

 

K君ご一家、まずは遊覧船と記念撮影

 

 

 

 

 

DSCF3979.JPG

 

我が家のユーリは、

最初こそ一定の距離を保ちながらK君一家の姉妹の様子を伺っていましたが

 

 

DSCF3980.JPG

 

徐々に対象との距離を詰めて行き

 

 

 

 

DSCF3983.JPG

 

一気に仕留める!

 

遊覧船に乗船する事には、すっかり仲良くなっておりました。

 

 

 

 

DSCF4007.JPG

 

 


パールシーリゾートの九十九島遊覧船は非常に快適。  

 

豪華な内装に

 

 

 

 

DSCF3986.JPG

 

甲板も 二層構造で眺めは抜群!

 

 

(雨天でも室内の窓から風景を楽しめます)

 

 

 

 

DSCF3991.JPG

 

 

 

DSCF3998.JPG

 

ユーリ

『うみ!  木!  石! 岩!  』

 

九十九島の風景を構成する物質を的確に言い当てるユーリ

 

天才じゃなかろうか(親バカ)

 

 

 

 

DSCF4009.JPG

 

九十九島クルーズの後は、 隣接する水族館『海きらら』

 

 

K君一家の姉妹は、海の動物に興味深々!

 

 

 

 

DSCF4012.JPG

 


いっぽう我が家のユーリは、終始大泣き・・・。

 

水族館の薄暗い雰囲気や

 

 

DSCF4013.JPG

 


この様な トンネル状の場所を非常に怖がっていました。

 

水が上から落ちてくると思うのでしょうか

 

 

 

 

DSCF4017.JPG

 

 

ライトアップされたクラゲの展示室では、ユーリ完全に戦意喪失

 

部屋に立ち入る事さえできませんでした。 ((+_+))

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF4018.JPG

 

最後にタッチプールコーナー。

 

ここは照明も明るいため、ユーリも安心した様子。

 

 

日光の光で活力を得るようです。 

 

 

DSCF4026.JPG

 

他の子は気持ち悪がって触らないヒトデを 

臆することなく手にとって興味深げに観察

 

何が彼女の『怖い』のツボなのか、いまひとつ解りません・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルのチェックインまで少し時間がありましたので

 

九十九島の展望が楽しめる 『弓張りの丘』の展望台へ立ち寄りました。

 

 

 

 

 

 

DSCF4030.JPG

 

 

ここは私が奥さんにプロポーズした思い出の場所(お恥ずかしい)

   ↓

 

旅人の日記 過去記事

『Would you marry me?』

 

http://kingxcat.jugem.jp/?eid=223

 


 

 

 

 

 

 

DSCF4032.JPG

 

展望台周囲は、公園のようになっており

 

子供たちは美しい景観は二の次で、元気いっぱいに走りまわっておりました!

 

 

 

DSCF4033.JPG

 


ノン・K君

『もう収拾がつかんっww』

 

 

 

 

DSCF4034.JPG

 

 


ここから見る 九十九島の夕焼けは絶景です。

 

 

DSCF4038.JPG

 

 

 

DSCF4035.JPG

 

 

もう少ししたら日の入りで夕焼けの時間でしたが、

3月の佐世保はまだまだ寒く、山頂の展望台はかなり冷え込んでいましたので

今回は早めに退散  

 

 

 

 

 

 

DSCF4028.JPG

 

チェックイン前にホテルの近くのバーガー屋さんで、しっかりグルメも押さえておきました

 

佐世保バーガーショップ『ベルビーチ』さん

 

 

DSCF4051.JPG

 

 

佐世保バーガー  

 

毎回佐世保に来た時は 有名な『ひかり』というお店ばかりだったので、

たまには違うお店で。

 

 

 

パテの味がお店によってまったく違っていて、

こちらのお店のバーガーは甘いマヨネーズたっぷりの

´つゆだく系´のバーガーでした。  

 

もちろん美味しかったですよ^^

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF4053.JPG

(まったりするユーリ)

 

 

という感じで、一日目は終了^^

 

パールシーリゾートのすぐ近くにある 

『ベイサイドホテル&リゾート  フラッグス』さんで宿泊

 

子供がいる家族に嬉しい 広めの和室

 

 

 

各部屋にシャワーもあり、もちろん大きな大浴場・露天も完備。

 

とても良い所でした 

 

 

 

 

 

 

 

つづく

 

日本ブログ村全国ランキング参戦中!

 

主人とはいえ結局は家庭の一奴隷

   −−− メナンドロス 「断片」 −−−

 

 

 

クリック ↓

 

 


にほんブログ村

 

 

 

ユーリ初めての雪遊び(&初めてのうどん作り)

  • 2017.03.25 Saturday
  • 22:42

 

 

二月中旬の寒波の時のお話。

 

 

 

 

DSCF3571.JPG

 

ユーリを生まれて初めての『雪遊び』に連れて行ってみました。

 

二歳にして 生まれて初めて降り積もった雪を見たユーリ

 

 

 

DSCF3573.JPG

 

 

この日のために買ったおニューの長靴。

 

積もった雪の上に降り立つと・・・。

 

 

DSCF3576.JPG

 

 

初めての雪を踏む感触   残る足跡

 

辺り一面の白の眩しさに 最初は戸惑っていた様ですが、すぐに慣れてきて

 

『これは楽しいものだ』と認識した様で、周辺の探索を開始しました!

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF3581.JPG

 

駐車場の端っこに雪だるまを発見!

 

 

ノン

『あら、ゆうちゃん  可愛いのがあるね』

 

 

 

 

DSCF3582.JPG

 

 

ユーリ、無言で撤退!

 

相当怖かった様です・・・。

 

 

 

 

DSCF3588.JPG

 

 

しばらく遊ぶと、女子は吸い込まれるように自動販売機のホットへ。

 

 

 

DSCF3599.JPG

 

ノン

『ゆうちゃん、こっちの小さいのは可愛いね』

 

 

 

 

DSCF3610.JPG

 

ユーリ

『イイ子ネーー  イイ子ネー 』

 

小さい分には怖くない様です。

 

 

まるで雪だるまをお人形の様に可愛がろうとしますが、触ると冷たく、壊れてしまう。

 

二歳児はどう感じたのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

DSCF3607.JPG

 

握った雪をパラパラと散らせて見せると、大喜び

 

 

 

 

 

 

 

美しいものを美しいと感じる

 

いつまでも、この無邪気で純粋な心を忘れないで欲しいですね

 

 

 

 

 

 

 

DSCF3613.JPG

 

おっとここにも無邪気で純粋な心を忘れない 37歳が・・・。

 

 

DSCF3615.JPG

 

見よ!  このピュアな笑顔を

 

 

 

 

DSCF3623.JPG

 

ユーリ

『こりゃ、アカンわ。 』

 

 

 

 

DSCF3596.JPG

 

 

そんなこんなの 初めての雪遊びでしたとさ。

 

 

 

 

 

 

 

時は変わり、ユーリの保育園でのひとコマ

 

家族参加でのうどん作り教室

 

 

DSCF3648.JPG

 

奥さん

『さあ、ユーリ  しっかり踏んで生地を伸ばすんですよ』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF3649.JPG

 

ユーリ

『いやーーー』

 

 

ノン・奥さん

『ユーリが伸びたーーーーー!!!』

 

(生地を踏む感触が嫌だったみたいです。)

 

 

 

 

DSCF3645.JPG

 

それでも しばらくすれば慣れてきて

 

うどんのコシを出すために、しっかり踏み踏みをしてくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF3665.JPG

 

生地が仕上がったら 製麺です。  

 

レバーを回して、製麺されたら

 

 

 

DSCF3672.JPG

 

 

 

DSCF3695.JPG

 

あとは、給食室が茹で上げてくれて完成です。

 

 

 

 

 

体験する事全てが、彼女にとっては産まれて初めての事。

 

大切に記録に残してあげたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

おしまい

 

 

日本ブログ村全国ランキング参戦中!

 

過去のほか確かなものなし。』

  −−− キケロ 「断片」 −−−

 

 

 

クリック ↓

 


にほんブログ村

 

 

 

 

日田観光(おおくぼ梅園&豆田の雛祭り)

  • 2017.03.15 Wednesday
  • 16:47

 

 

三月上旬のお話

 

 

 

DSCF3854.JPG

 

 

平日で、私と嫁もお休み。  せっかくなのでユーリも保育園をお休みさせて

 

家族三人、ちょいとお出掛け。  

 

DSCF3856.JPG

 

自宅から15分程車を走らせ 湯布院ICから高速でひとっ走り

 

 

 

 

DSCF3862.JPG

 

 

あっという間に(40分程)日田に到着です。

 

少し小雨が降り始めたので、雨宿りがてら早めの昼食。

 

 

 

 

DSCF3869.JPG

 

 

日田と言えば日田焼きそば

 

という事で、 私が初めて日田焼きそばを食べたお店に行ってみました。

 

親子三人で来るのは初めてです^^

 

 

DSCF3864.JPG

 

子供が2歳にもなると、ある程度大人と一緒のメニューも食べれるようになりますし、

 

子供用の椅子のあるお店であれば、和室が無くても立ち寄る事が出来ます。

 

 

 

ちなみに、『日田焼きそば』で検索すると上位に表示さる 『求福軒』さん

 

和室が2席あるのにくわえて、子供用の椅子、子供用のお皿、フォーク・スプーンの貸出をしてもらえます。

 

 

 

 

DSCF3865.JPG

 

 

日田には多くの焼そばのお店がありますが、それぞれに個性があります。

 

求福軒さんの焼きそばは、シャキシャキのもやしがたくさん入っているのが特徴です。

 

 

 

DSCF3868.JPG

 

 

もちろん、パリパリ麺!  ソースは薄い感じですが、

 

わざと少し焦がしていて、程良い風味がプラスされ 食を増進させてくれます。

 

 

 

 

DSCF3866.JPG

 

奥さんはラーメン。  面白い事に、焼きそばと同じ麺を使っている様です。

 

玉子麺の様な太さと歯触り。  スープは癖の無い味

 

後で調べて分かったのですが、元々はラーメンがメインのお店であったらしいです。

 

 

 

 

DSCF3914.JPG

 

昼食を食べ終えた頃には、雨が上がりました。

 

食後は 日田市街地から少し離れ  『おおくぼ台梅園』へ 梅の花の鑑賞に行きました。

 

 

 

 

 

DSCF3881.JPG

 

 

2月下旬〜3月上旬にかけて約6000本の梅が咲き誇ります。

 

梅の花の時期には「日田おおやま梅まつり」が開催され、駐車場の周辺には露天が立ち並び

 

週末の夜間はライトアップもされるそうです。

 

 

 

 

DSCF3872.JPG

 

 

跳ねまわるユーリ

 

 

日田までの車内と、食事中 ずっと静かにしていましたので、溜まったエネルギーを一気に放出!?

 

食後のひと運動にはピッタリ。

 

 

 

DSCF3873.JPG

 

 

梅の方は、7部〜8部咲きといったところでしょう

 

 

 

 

 

DSCF3878.JPG

 

 

 

DSC_0001.JPG

 

ユーリは花の美しさを楽しむよりも、園内を駆け回って

身体を動かす事の方が楽しかったようです^^;

 

2歳児なのですから当然でしょう。

 

 

 

 

DSC_0040.JPG

 

 

 

DSC_0049.JPG

 

 

 

DSC_0031.JPG

 

 

雨上がり、シットリ濡れる梅の花弁もなかなか趣がありましたぞよ。

 

 

 

 

 

まだ時間がありましたので、

再び日田市街地に戻り、豆田町の散策も楽しみました。

 

 

 

DSCF3919.JPG

 

 

梅が咲く時期は 日田は 『天領日田おひなまつり』が開催されており

 

 

DSCF3920.JPG

 

豆田は雛祭りムード一色

 

非常に華やかです。

 

 

 

DSCF3926.JPG

 

 

天領(昔政治の中枢だった)という名の他に

 

水郷日田としても有名なだけあり、豆田は家々の間にこの様な水路や暗渠が見て取れます

 

 

 

 

DSCF3927.JPG

 

 

そして、さらに有名なのが

 

 

DSCF3928.JPG

 

 

こちら、『日田下駄』  

 

林業が盛んな日田の特産品です。

 

 

 

DSCF3937.JPG

 

それに加えて、このレトロな街並み。

 

 

 

DSCF3931.JPG

 

 

 

DSCF3934.JPG

 

案の定 ユーリは  美しい街並みよりも

 

 

 

 

DSCF3939.JPG

 

この様な小物に興味深々

 

 

 

 

 

DSCF3940.JPG

 

 

一通り歩いたらお疲れモードでグッタリ。

 

 

 

 

DSCF3945.JPG

 

女性陣は糖分補給で エネルギー回復

 

 

 

DSCF3921.JPG

 

さらに日田名物のうなぎのひつまぶし・・・。

 

と言いたいところですが、さすがにお腹いっぱいだったので ひつまぶしのおにぎりを頂きました。

 

 

 

 

日田焼きそば

 

梅園

 

豆田のおひな祭り

 

水郷散策に 鰻のひつまぶし

 

 

 

 

旬の日田をしゃぶり尽くした 親子三人の日田散策でした。

 

 

 

 

 

 

 

おしまい

 

 

 

 

 

日本ブログ村全国ランキング参戦中!

 

神すら過去を革めることをえず。』

   −−−  アリストテレス 「ニコマコス倫理学」 −−−

 

 

クリック  ↓

 

 


にほんブログ村

 

WR250Rで大平林道&福貴野の滝

  • 2017.03.09 Thursday
  • 00:00

 

 

 

まだ二月の中旬の頃

 

 

 

DSCF3797.JPG

 

 

寒波がようやくひと段落した時を見計らって、

 

ちょいと WR250R で林道散策して参りました。

 

 

 

バイクを15分程走らせ、まずは湯布院へ。

 

 

 

 

DSCF3798.JPG

 

 

 

豊後富士である由布岳は、まだ雪を被っておりました。

 

熊本・大分震災以来、しばらく入山規制が掛っておりました。

 

こうやってズームで下から見上げても、若干山頂付近の岩場の形が変わっているかのように見えます。

 

 

 

 

DSCF3800.JPG

 

 

 

DSCF3808.JPG

 

湯布院の市街地から、郊外に向けて走ります。

 

 

 

DSCF3810.JPG

 

程なくして、日出生台演習場の脇に差し掛かります

 

DSCF3811.JPG

 

県道679号  湯布院と玖珠を繋ぐ快走路ですが

 

途中部分的に路面の舗装がアスファルトではなくコンクリートになっており、(演習場内に移動する戦車などの大型車両の荷重に耐えられる様に)大型バイクなどのオンロードバイクですと、少し走り難い道でもあります。

 

 

そんな県道679号線の脇にある林道入り口

 

 

 

DSCF3809.JPG

 

 

『大平林道』  

 

大分の林道をネットで検索すると、すぐにヒットする程有名でメジャーな林道ですが・・・。

 

距離があまり長く無いのと、非常に走り易く割と単調かも という感想も多かったので

今まで来た事が無かったのです。

 

ここ2〜3カ月、土の上の走行から遠ざかっておりましたので、

肩慣らし&リハビリ気分で走ってみました。

 

 

 

 

 

DSCF3815.JPG

 

 

植林された杉林の中を走ります。

 

 

 

G0050376.JPG

 

鬱蒼としており、展望はありません。

薄暗い中を黙々と走る感じですが、林業の車が割と頻繁に利用するのか

路面は非常に整備されており、本当に走り易いです。

 

 

 

 

G0050375.JPG

 

 

 

DSCF3818.JPG

 

所々に支線の入り口がありますが、明らかに使われていない感じが見て取れますので、道に迷う事は無いでしょう。

 

 

DSCF3819.JPG

 

唯一ガレていた区間も非常に短く

 

 

 

DSCF3820.JPG

 

ガレといっても、この程度。

 

 

 

 

 

 

DSCF3821.JPG

 

日出生台側からの走行ですが、途中二股の分岐が現れます。

 

 

真っ直ぐ行けば  山ノ口林道 となります。

 

 

DSCF3823.JPG

 

 

左側の分岐路は そのまま 大平林道として先に延びます

イメージ的には、こんな感じです

 

 

   ↓

 

 

 

 

 

DSCF3824.JPG

 

大平林道分岐の先は ご覧の通りすぐにゲートにより遮られます。

 

 

ゲート支柱の左側に 『二輪なら通れまっせ』とでも言わんばかりの隙間がありますが、

ゲートが設置されている(しかも閉ざされている)という事は、基本的には進入を禁止しているということなので、この日は素直に引き返します。

 

 

 

DSCF3826.JPG

 

ゲートのすぐ手前の分岐も、すぐにご覧のような廃道となってしまいます。

 

 

 

 

 

DSCF3826.JPG

 

 

 

DSCF3822.JPG

 

戻って、山ノ口林道の方を進みます。

 

 

 

DSCF3828.JPG

 

 

大平林道とは違った感じです。

 

周囲に木々は無く、明るく展望のある林道です。 (といっても、特に見晴らしが良い訳でもない)

 

 

路面の質も 先程の石や砂利メインの質から、赤土の路面となります。

 

 

 

DSCF3829.JPG

 

 

 

DSCF3830.JPG

 

 

ものの2〜3キロ程度で安心院の市道に出てしまいますが・・・。

 

 

DSCF3831.JPG

 

林道の出口のすぐ先には、福貴野の滝の展望所がありました。

 

 

 

 

DSCF3833.JPG

 

布院〜安心院を繋ぐ県道50号線は  大型バイクのツーリング快走路として有名ですが、

 

今回のこの 大平林道〜山ノ口林道は、その県道50号に並走する様に走る(赤い矢印)林道である事が解りました。

 

 

 

 

DSCF3832.JPG

 

 

看板は新しく、最近整備され直した展望台の様です。

 

せっかくなので、ちょっと見て行きましょう。

 

 

DSCF3837.JPG

 

 

 

DSCF3838.JPG

 

駐車場から200〜300m程歩きます

 

 

DSCF3840.JPG

 

到着です。  落差65m

 

一本筋の通った男前な滝です。

(どこか女性的ではありますが・・・。)

 

 

DSCF3841.JPG

 

 

DSCF3842.JPG

 

福貴野の滝へは、この展望台からの展望だけでなく、

別の場所から滝壺まで近寄る事もできます。

 

(そちらの入り口は、もう少し安心院側にあります)

 

TATSUYA’S HOME PAGE様

『大分県観光地いろいろ』 HPより引用

  ↓

http://cya.sakura.ne.jp/tabi/north/fukino.htm

 

 

 

DSCF3843.JPG

 

 

DSCF3846.JPG

 

 

夏場は あの滝壺の裏側に行けるそうです^^

 

涼みに行こうかな!

 

 

 

 

 

 

G0050296.JPG

 

 

帰りは往路を折り返します。

 

短い林道でも、往復走ればそれなりにお腹いっぱい?です。

 

 

 

 

 

湯布院〜安心院方面の間のツーリングルートに、新たな選択肢ができました

(^o^)

 

 

 

 

G0050386.JPG

 

 

 

大平林道 + 山ノ口林道

 

総延長:約7〜8km程(安心院側出口は舗装化進む)

路面状況:非常に走り易い

展望:あんまり良くない

 

 

 

 

 

 

おしまい

 

 

 

 

 

 

日本ブログ村全国ランキング参戦中!

 

『喜びと節度と平穏は、医者に対して扉を閉ざす。』

  −−− ローガウ 「格言詩」 −−−

 

クリック ↓

 

 


にほんブログ村

男池周辺のスノートレッキング

  • 2017.02.23 Thursday
  • 22:51

 

 

二月上旬、九州も寒波に見舞われ

 

我が故郷庄内でも、山間部では積雪となりました。

 

 

 

優梨が生まれて以来、久しく登山から離れていましたので、

 

今回の寒波では雪山が恋しくなって参りました。

 

 

 

DSCF3500.JPG

 

ということで、行ってきました。  お山の方へ

 

主要国道から一本脇道に入ると、この有様である。

 

 

 

DSCF3503.JPG

 

 

平成18年式のアウトランダー。  スタットレスタイヤは装備していませんので

 

ゴム式チェーンを着用!

 

積雪する事が稀な九州ではこれで十分。

 

 

 

 

DSCF3504.JPG

 

九州人なら軽くパニックになるレベルの積雪の登り道

 

しかし、こんなの東北の人や道民が見たら 

鼻で笑って、へそで茶が2〜3杯は湧かせるレベルでしょう。

 

 

 

2年前の寒波では、大分市内でも1〜2cm程度の積雪があった際、市内の交通機関、道路は完全麻痺

帰宅困難者を生む自体までに発展しました。

 

 

 

それほどまでに九州人は雪に脆弱な生物なのです。

 

 

 

DSCF3505.JPG

 

アウトランダーの4WDシステムと、ゴム式チェーンの組み合わせはなかなかに強力。

 

積雪の登坂でも この様に停止して記念撮影をした後も、タイヤは空転する事無く再発進できました。

 

 

 

ちなみに、私が仕様しているのは  バイアスロン クイックイージー  

 

   ↓

 

 

>送料無料! 【255/70R15・235/65R17・235/60R18 他】【QE18】 クイックイージータイヤチェーン〜車移動・ジャッキアップ不要!カーメイト バイアスロン 冬[255/70R15・235/70R16・245/70R16・225/65R18・235/60R18・235/65R17・235/55R19・255/65R16]

価格:22,800円
(2017/2/23 22:40時点)
感想(1件)

 

 

>送料無料【235/65R18・255/70R16 他】【QE19】カーメイト(CARMATE) バイアスロンクイックイージータイヤチェーン 〜ジャッキアップ不要! 夏[235R16・255/70R16・235/65R18・265/70R15・235/55R20・235/80R16] 冬[235R16・235/65R18・245/60R18・255/70R16・265/70R15]

価格:22,800円
(2017/2/23 22:41時点)
感想(1件)

 

>タイヤチェーン 非金属 バイアスロン クイックイージー QE10 205/45R17,215/50R15,205/50R16,205/55R15,195/55R16,205/60R15,205/65R14,195/65R15,195/70R14 等 非金属 タイヤチェーン カーメイト

価格:20,700円
(2017/2/23 22:42時点)
感想(1件)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これのインプレは  過去記事をご参照ください。

 

 

アウトランダー雪道でのインプレ『久住連山 雪山チャレンジ』

   ↓

http://kingxcat.jugem.jp/?eid=583

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さあ、いよいよ目的地の 男池に到着です。

 

言わずと知れた湧水で有名な場所。

 

 

DSCF2180.JPG

 

夏場は避暑地として この様に賑わいますが・・・。

 

 

 

DSCF3512.JPG

 

厳寒期は山間部のため積雪・路面凍結で

 

売店も閉鎖され、この様に閑散としております

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF3508.JPG

 

 

この様な時期に 湧水を汲みにくる人もおらず

 

誰もいない駐車場に車を停め、トレッキング装備にチェンジ!

 

 

 

 

DSCF3510.JPG

 

防水製の高いハイカットの登山靴足

 

ゴアテックスの防水スパッツに 薄手の手袋の上に着用する防水手袋

 

そしてトレッキングポール

 

>モンベル MONT-BELL メンズ OUTDRY レイングローブ 1118361 【グローブ 手袋 ウエア 撥水 防水 防風 アウトドア 登山】

価格:7,344円
(2017/2/23 22:43時点)
感想(0件)

 

 

>モンベル:ゴアテックス ライトスパッツ セミロング【mont-bell アウトドア GORE-TEX フットウェア】【あす楽_土曜営業】【あす楽_日曜営業】

価格:4,212円
(2017/2/23 22:45時点)
感想(1件)

 

>モンベル ゲイター 1129429 GORE-TEXライトスパッツロング【ゴアテックスゲイター】【ゴアテックスゲーター】【ゴアテックススパッツ】【ロングスパッツ】【ロングゲイター】【ロングゲーター】【montbell正規取扱店】【RCP】【532P17Sep16】

価格:4,752円
(2017/2/23 22:45時点)
感想(1件)

 

 

 

 

DSCF3509.JPG

 

ガレ場や岩場はありませんので、アイゼンは6本で十分。

 

>モンベル mont-bell スノースパイク6 クイックフィット 1129613【6本爪 アイゼン アンチスノープレート 冬の低山 夏の雪渓歩行 軽量コンパクト クイックフィット】

価格:5,863円
(2017/2/23 22:47時点)
感想(0件)

 

 

>ブラックダイヤモンド ポール BD82328 トレイルトレッキングポール【TRAIL TREKKING POLES】【登山用ステッキ】【トレッキングストック】【登山杖】【スタッフ写真付】【RCP】

価格:11,880円
(2017/2/23 22:49時点)
感想(1件)

 

 

 

 

DSCF3511.JPG

 

男池入口の名物売店 『おいちゃんの家』の前には

 

先駆者の痕跡がありました(笑)  大変美しく仕上げられた雪だるま

 

 

 

 

 

 

 

DSCF2179.JPG

 

夏場はこの様に美しい遊歩道の入り口も

 

 

 

 

DSCF3513.JPG

 

 

今日はご覧の通り、白銀の世界

 

二人分足跡が残っていましたが、 半日前位のものでしょうか

消えかかっていました。

 

 

 

 

 

 

DSCF2155.JPG

 

黒岳山系の原生林の残る遊歩道

 

 

 

DSCF3515.JPG

 

今日は歩道が解らないくらいに雪が積もっています。

 

一歩一歩踏みしめる毎に  ザクッザクッと気持ちの良い音がします。

 

 

 

DSCF3517.JPG

 

男池への遊歩道は、そのまま黒岳・平治岳・大船山への登山口へ接続します。

 

 

 

DSCF3520.JPG

 

 

こちらから 登山口ルートへ。

 

積雪は15cm程度でしょうか。  

 

 

 

 

 

DSCF3526.JPG

 

 

森の中に入ると、風の音は止み

 

静寂の中 チョロチョロと小川の流れる音が響きます

 

 

DSCF3537.JPG

 

汗をかかない様に、ときどき立ち止まり 呼吸を整えます。

 

汗冷えは積雪の登山時には激しく体力を奪ってしまいます。

 

 

身体がポカポカに感じ、それでいて汗をかかない程度のペース&休息が

雪山登山では重要になって来ます。

 

 

 

 

 

 

DSCF3542.JPG

 

 

 

DSCF3549.JPG

 

 

今日の目的地は、男池〜大船山・平治岳へ至る道の途中にある  

 

『ソババッケ』と呼ばれる広場までの予定でしたが・・・。

 

 

 

 

G0020076.JPG

 

 

急に吹雪いてきました。

 

ルートは明瞭であるものの、これから先の天候が読めません。

 

 

G0010055.JPG

 

 

少し様子を見ましたが、結局吹雪が治まる気配が無かったので

 

今日は男池の周遊コースをお散歩する程度で楽しむ事にしました。

 

 

雪山で無理は禁物です。

 

 

 

 

 

DSCF2171.JPG

 

夏場の登山道

 

 

 

 

DSCF3546.JPG

 

 

吹き溜まりになる場所では、積雪は脛のあたりにまで達していました。

 

勾配をラッセルしながら歩きます。

 

 

 

 

 

DSCF3557.JPG

 

 

 

DSCF3553.JPG

 

この日の最高気温は6度程度。

 

それでも男池は、コンコンと蒼い湧水を湛えておりました。

 

 

 

一時間程度のスノートレッキングを楽しんで、帰路につきました。

 

 

 

 

 

 

 

DSCF3561.JPG

 

雪だるまが一人で寂しそうだったので、相棒を作ってやりました。

 

 

 

 

 

 

 

おしまい

 

 

 

日本ブログ村 全国ランキング参戦中!

 

恐怖はつねに無知から発生する。』

   −−−  エマーソン 「アメリカの学者」 −−−

 

 

クリック ↓

 

 


にほんブログ村

 

 

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM