仲間とツーリング (櫓組の皆さん&職場の先輩)

  • 2018.07.17 Tuesday
  • 16:12

 

 

いつも仲良くさせていただいている、キム兄さん代表の櫓組(ツーリングやキャンプ好きの集まり)の皆さんと

 

私のアフリカツインのお披露目ツーリング

 

 

 

 

MT−07 XSR900 トレーサーと、皆さん そろってYAMAHA党

 

そんな中に私だけHONDAな組み合わせ。

 

しかし、こうやって並べてみると 改めてアフリカツインのでかさが分かります。

 

 

 

 

 

写真の様に、見事な鉛色の空。 午後からは雨の予報でしたが、

 

それでも私の為に集まってくれた皆さん。  本当にありがとうございました。

 

 

 

10時頃に集合&出発して、2時間ほど経つと案の上 雨が降り始めました。

 

 

 

 

 

 

なので、走っているのはこの2枚だけ・・・。 (;_:)

 

 

皆さん カッパは持ち合わせてませんでしたので

路面が完全に濡れて、水しぶきが上がりだす前に帰りましょうと 早めの解散!

 

 

 

 

しかし、雨が降ると分かっていても私の為に集まってくれる仲間たち

 

バイクが私に与えてくれた、最高の宝物です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして  日を改めまして・・・。

 

 

 

DSCF0993.JPG

 

今度は職場の先輩と お披露目ツーリング

 

実は私のお披露目だけでなく、先輩にとっても お披露目ツーリング

 

今年4月に ビックボーイから レブル500へ華麗なる乗換え  

 

 

 

 

 

シンプルを突き詰めた

 

クール&タフなデザイン!

 

 

 

 

DSCF0994.JPG

 

 

タンクからフェンダーの掛けて、艶消しのマッドな質感で仕上げられております。

 

 

 

 

DSCF0999.JPG

 

低速のトルク感に溢れた 水冷4ストロークDOHC4バルブ2気筒500ccエンジン

 

私のアフリカツインと似た感じの ドコドコとした

 

エンジンの脈動を感じられる 味付け。  

 

 

 

 

 

DSCF1002.JPG

 

 

 

DSCF1011.JPG

 

 

湯布院から日出生台をかすめて、院内へ

 

 

がっちり体系の先輩の乗るレブル、迫力満点!

 

 

DSCF1012.JPG

 

しかし、バイクに乗っていても汗ばむ気候になってきました。

 

 

 

 

DSCF1040.JPG

 

 

 

DSCF1046.JPG

 

 巨石の景観が見事な『仙の岩』の前で小休止。


バイクって走っている分は涼しいのですが、この時 走行風で体表の熱や水分を奪わらる過程で、意外に体力を消耗しているものなんです。


走り終わってバイクを降りた途端に、ガクッと疲れが襲ってる。なんて事も。

 

DSCF1031.JPG

 

 

そんな状態では集中力が削がれ、正確なバイク操作ができなくなり、事故のリスクが増してしまいます。


なので特に夏場のツーリングは、小まめな休息&水分補給がじゅうようになってくるという訳なのです。



 

DSCF1039.JPG

 

 今度は安心院(あじむ)から、耶馬渓まで移動。

 

 

 

 

 

耶馬渓  青の洞門

 

 

 

 ここらで昼ごはんタイム!

 

 

 

IMG_4441.JPG

 

 

地鶏料理で私一押しのお店


『とろろの湯』さんです。


元々は温泉施設だったのですが、そこで提供される地鶏料理で評判に火がつき、耶馬渓のグルメスポットとして有名になりました。



 

IMG_4439.JPG

 


地鶏のタタキ定食。


全く癖のない、まるで馬刺しの様なタタキ肉

酸っぱ過ぎないポン酢はほんのり柚子の香り。


白ごはんか、 炊き込みご飯か選べる上に、おかわりは自由!



お好みで柚子ごしょうの追加もどうぞ。



 詳しい場所やらは わたしの過去記事をご参照頂ければ幸いです。


旅人の日記『耶馬渓  とろろの湯』↓


http://kingxcat.jugem.jp/?eid=656





美味しいものをしっかり頂きました後は、私の買い物に付き合って頂きました。

 

IMG_4443.JPG

 

 行きつけの酒屋さんで 焼酎『耶馬美人』の補充

(^○^)


この夏は、こいつのロック&水割りで頂きマンモス。



 

IMG_4446.JPG

 

 

湯布院〜院内〜安心院〜耶馬渓〜志高湖で解散


という、大分県民バイク乗りの定番コース。


200km弱の程よいショートツーリングを楽しみました。







ちょっと夕方の保育園のお迎えの時間まで間がありましたので、私はさらに寄り道。



 

IMG_4729.JPG

 


『森のごはんやさん』で、挽きたて豆から抽出さらたこだわりのアイスコーヒー

 

IMG_4731.JPG

 

 設置されていたライダー用の雑記帳に、ちょいと書き記させて頂きました。

 

IMG_4734.JPG

 

 

 

木陰でハンモックに揺られながらまったり。


危うくそのまま眠りに落ちかけたので、慌てて帰路に着きました。




おしまい



日本ブログ村全国ランキング参戦中!


『チャレンジして失敗する事を恐れるより、何もしない事を恐れよ。』

---  本田宗一郎  ---  


 

 

 

家族で神楽女湖の花菖蒲観賞 (平成30年6月)

  • 2018.07.07 Saturday
  • 12:51

 

家族でお出かけの記事でやんす。

 

 

 

ジメジメと鬱陶しい梅雨時期ではございますが、

 

そんな時期だからこそ楽しめる 季節の花を求めて

 

 

DSCF1497.JPG

 

別府市は 志高湖の隣にあります 『神楽女湖』 へお出かけ致しました。

 

この日は幸いにも 梅雨の中休みで好天に恵まれ

 

駐車場から400m程の遊歩道を まったり歩きます

 

 

 

 

 

 

 

DSCF1498.JPG

 

(はしゃぎ過ぎて 転倒の巻)

 

お転婆ユーリ。

 

ただの遊歩道を歩く という行為でさえ 一つのイベントに変えてくれます。

 

 

 

 

 

 

DSCF1504.JPG

 

記念撮影を撮ろうとしても、最近まじめに写ってくれません。

 

一部の方には分かる 『なんちゃってーポーズ』  いよいよ板に着いて来ました

 

 

 

 

 

DSCF1507.JPG

 

普段は志高湖の影に隠れ閑散としている神楽女湖も、この時期ばかりは人だかり。

 

湖畔一面に咲乱れるは 『菖蒲の花』

 

毎年6月下旬頃から満開でございます。

 

 

 

 

 

 

DSCF1509.JPG

 

 

 

DSCF1512.JPG

 

神楽女湖は 湖(みずうみ) とは言いましても 

 

外見上はどちらかというと 沼(ぬま) といったほうが良さそうです。

 

 

 

 

平安時代に 池のほとりに 神楽を舞う巫女が住んでいたという 美しい伝説に由来する湖

 

さしずめ、どこか儚い妖艶さを纏うハナショウブは 

 

そんな美しい巫女の生まれ変わりでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

DSCF1514.JPG

(ユーリ 隠れるの巻)

 

そんなウンチクとは無縁の 巫女が一人…!?

 

ユーリ

『ど~こだ?』

 

 

 

 

 

 

 

 

 答え ↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF1513.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF1518.JPG

 

ユーリ

『あーー!  虫さん おるーー』

 

 

 

 

 

DSCF1511.JPG

 

阿蘇くじゅう国立公園に指定されている湖

 

豊かな自然環境が守られ、美しい木々や花の他に、さまざまな種の 動物や昆虫も楽しむ事が出来ます。

 

 

 

 

DSCF1522.JPG

 

 

 

DSCF1526.JPG

 

 

 

DSCF1523.JPG

 

 

 

DSCF1527.JPG

 

 

 

DSCF1529.JPG

 

ユーリ

『アメンボ、おるなーー』

 

 

 

 

 

DSCF1545.JPG

 

ノン

『ほら、ここにも隠れておるよ』

 

ユーリ

『本当だー』

 

 

【10%OFFセール】【2018年 春夏 新作】コロンビア Columbia パンツ ジョンズ ビュートパンツ メンズ クライミングパンツ イージーパンツ ボトム ブランド ボルダリング アウトドア フェス スポーツ オムニシールド オムニシェイド ストレッチ M L 撥水 UVカット PM4433

価格:8,651円
(2018/7/7 12:51時点)
感想(0件)

 

 

DSCF1543.JPG

 

 

普段は昆虫を嫌うユーリ。 

 

しかしこうやって自然の中、 ありのままの生活を営む昆虫と触れ合う事で

 

この日は そんなに怖がらずに観察していました。

 

 

 

 

 

自然散策は 絶好の課外授業ですね。

 

 

 

 

 

DSCF1558.JPG

 

 

 

DSCF1525.JPG

 

 

 

DSCF1532.JPG

 

引き続き 花を愛でながら 湖畔散策は続きます。

 

 

 

 

DSCF1561.JPG

 

 

ユーリ

『ポーーズ!』

 

 

(モンベル) mont-bell ワイドブリムハット

 

 

 

mont-bell モンベル キャニオンサンダル キッズ 16-21 #1129369 ビーチ サンダル アウトドア 川 海

価格:3,780円
(2018/7/7 12:46時点)
感想(0件)

 

 

 

DSCF1569.JPG

 

 

 

DSCF1575.JPG

 

 

 

DSCF1585.JPG

 

沼の上には、きれいに整備された桟橋が架かっております。

 

ここからも、水生の動植物を観察する事ができます。

 

 

 

 

DSCF1591.JPG

 

おや、水鳥の巣がありますね。

 

ユーリ

『鳥さんの おうちがある〜!』

 

 

 

DSCF1596.JPG

 

 

 

DSCF1598.JPG

 

鴨(かも)でしょうか?  親子で仲良く泳ぎの練習?

 

 

 

 

DSCF1600.JPG

 

ちょっとたどたどしい泳ぎで、一生懸命 親鳥の後ろを追っかけていました。

 

 

 

 

 

 

 

DSCF1603.JPG

 

 

 

 

DSCF1604.JPG

 

色とりどりなのは 花だけではありません。

 

 

緑鮮やかな草で羽を休める 青や赤の美しい トンボ達。 

 

 

 

DSCF1606.JPG

 

 

 

DSCF1607.JPG

 

 

そんな彼らも 真近で観察できました。

 

 

 

 

 

 

DSCF1609.JPG

 

 

草は緑だ 花はきれいだ  虫っていろんな形や色があるんだな

 

我々 大人にとっては当たり前の常識は 彼女にとっては、全て初めての経験

 

 

 

その小さな頭の記憶領域に、どんどん経験値を詰め込んで行くのでしょうね。

 

 

 

 

DSCF1613.JPG

 

 

 

DSCF1614.JPG

 

 

そんな感じの 家族の神楽女湖散策でしたとさ。

 

 

 

 

 

 

 

 

おしまい

 

 

日本ブログ村全国ランキング参戦中!

 

世の中に思ひあれども子をこふる 思ひにまさる…思ひなき哉

   −−− 紀貫之 「貫之集」 −−−

 

 

クリック ↓

 

 

 

 


にほんブログ村

 

 

 

7月中 近日公開

  • 2018.07.01 Sunday
  • 02:01

 

 

 

 

 

咲き誇る花菖蒲    山中の花園へ

 

『家族でお出かけ 神楽女湖の花菖蒲観賞』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

友と集う  友と行く

 

『アフリカツイン お披露目ツーリング』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

秘境へ。  ビックオフローダーの実力を知った旅

 

『九州の秘境 五木村へ with お転婆ライダー様』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いずれも、7月中公開予定!  

 

 

 

 


 

 

梅雨の合間の近場ツーリング (産山牧場)

  • 2018.06.26 Tuesday
  • 17:42

 

 

憂鬱な梅雨の真っただ中。

 

今にも雨粒が落ちてきそうな鉛色の空ですが、せっかくのお休み。

 

 

降り出してもすぐに折り返せそうな近場をブラリとツーリング

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_4611.JPG

 

阿蘇方面のツーリングスポットとしては、大観望で霞んでしまっている感のある場所

 

『産山牧場』でございます。

 

そびえ立つ一本の風力発電の風車がトレードマーク

 

 

 

 

 

IMG_4616.JPG

 

本来であれば、緑の牧場の中、一面の青空をバックに スッと伸びる一本の風車が絵になる場所ですが

 

この日は ちょっとアレな感じです・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_4610.JPG

 

阿蘇五岳の根子岳のシルエットも 霞んでますね・・・。

 

 

缶コーヒーを飲みながら休憩していると

 

 

 

 

IMG_4612.JPG

 

なんと、敷地内にヤギがフリーダムな状態で徘徊していました。

 

敷地内と、道路を隔てる様な柵は無いのに お利口さんだ事。

 

 

 

 

 

 

ベンチでマッタリしていると・・・・。

 

 

 

 

IMG_4613.JPG

 

 

ぐいぐい寄ってきました。

 

 

 

 

それどころか  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じで 足を膝の上に突いてきて餌をねだる始末。

 

ヤギさんの脚ってひずめみたいになっていて硬くて鋭いから

 

もしウェアがナイロン生地とかだったら、破れる可能性もあります。

(あまりにビックリしたので 写真に収めていませんが)

 

 

 

 

IMG_4614.JPG

 

 

山岳の岩場で暮らすヤギさんにとって、ベンチや机は絶好の遊び場の様です。

 

 

放し飼いの放免主義のためか、彼らのボディーからはそれなりの臭いがしていたので、

 

適度な距離感で戯れまして

 

 

DSCF1170.JPG

 

 

その後は 産山牧場周辺の牧場道を走って自宅方面へ

 

 

 

 

 

DSCF1160.JPG

 

 

途中面白いものを見つけました。

 

 

 

 

 

IMG_4618.JPG

 

一面にばら撒かれた 巨大なマシュマロ

 

『牧草ロール』

 

中には家畜用の牧草が詰まっております。  

 

ただ保存されているだけでなく

内部で発酵が促進され、より栄養価が高くなるそうです。

 

(豆を納豆みたいにする感じかな?)

 

 

 

DSCF1152.JPG

 

しかし、こんなに無数に、広範囲に転がっているのは初めてお目に掛りました。

 

 

広大な阿蘇の牧草地ならではの光景ですね。

 

 

 

 

DSCF1147.JPG

 

 

 

 

 

 

DSCF1155.JPG

 

 

この牧草ロール、作る機械の種類によって 大きさは様々な様ですが

 

 

こんな感じで作成されるそうです。

 

 

 

 

(YOUTUBE  那須高原ペンションローレルさん より引用)

 

 

 

 

あれ?まだ巻くの?って位グルグル巻くのですね。

 

もしあそこに正座して座ってたら、人間もグルグル巻きにされちゃうのかな??

 

 

 

 

 

 

 

DSCF1161.JPG

 

 

ここにあったロールは、 どれも2mサイズで迫力満点^^

 

 

しばらく この変わった風景を楽しんだ後は

 

 

 

 

 

 

 

DSCF1171.JPG

 

 

再び牧場道を経て、やまなみハイウェイへ

 

その頃には鉛色だった空も青空に変わっていましたので、

 

もう少し寄り道してみる事にしました。

 

 

 

IMG_4402.JPG

 

自宅からバイクで15分程の場所にある 森の中のカフェ

 

『森のごはんや』さんへ。

 

 

 

IMG_4373.JPG

 

 

自分の愛車を眺めながら、豆から抽出されたこだわりのコーヒーを頂きます。

 

 

オーナーさんから、

もっとバイカーさんに来てもらうにはどうしたらいいかな?』と相談を受けまして・・・。

 

とりあえず、バイカーが痕跡を残したり、相互情報共有できる様な

バイカー用の雑記帳を置いたり、訪問記念で愛車との写真アルバムを作ってみてはどうかと具申してみました。

 

近々、さっそく採用してくれるそうです^^

 

 

 

IMG_4378.JPG

 

 

残念ながらハンモックはちょっと湿っていたので、またの機会に。

 

 

 

 

 

IMG_4405.JPG

 

 

 

梅雨の時期は、こんな感じのソロツーリングを楽しんでおりますです。

 

 

 

 

おしまい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本ブログ村全国ランキング参戦中!

 

教育とは、学校で習ったことをすべて忘れた後に残っているものである。』

   −−− アインシュタイン 「教育について」 −−−

 

 

 

クリック  ↓

 


にほんブログ村

 

雨天はグルメ三昧( スノーポット & 春馬 )

  • 2018.06.20 Wednesday
  • 06:11

 

 

 

 

 

IMG_4651.JPG

 

 

梅雨の真っただ中。

 

今年は梅雨入りのしょっぱなからハイペースでザーザー雨

 

 

 

せっかく雨が上がった日も、いつ雨が降ってもおかしくない様な曇り空

 

 

 

そんな時は、雨が降っても大丈夫なお出掛けプラン。

 

奥さんを誘って、車でドライブであります。

 

 

 

 

 

無題1.jpg

 

 

まずは大分市内から主要国道210号線で由布市方面へ

 

庄内に入ってから 長湯温泉方面に県道30号へ進路変更

 

 

 

 

 

無題2.jpg

 

渋滞知らずの田舎道  田園風景を楽しんだり

 

途中 水の駅おづる を通過したり、県道30号は車でのドライブに最適

 

 

 

 

 

IMG_4654.JPG

 

 

長湯温泉に差し掛かる直前に、右手に看板が見えてきました。

 

「スノーポット」さん

 

 

 

 

 

IMG_4669.JPG

 

白を基調とした洋風のカフェ。

 

気候の良い時期は、店前に広げられたオープンテラスでも食事が出来そうです

 

 

 

 

 

IMG_4667.JPG

 

 

中は割と狭く テーブルは5器程

 

家族で営む 小規模なカフェです。

 

 

 

IMG_4657.JPG

 

 

洋風のお店という事もあり、メニューはパスタやリゾット。

 

 

 

IMG_4658.JPG

 

他にも 丼もの  オムライス、ハンバーグ、チキン南蛮

 

洋食屋さんにありそうなメニューは一通りそろっています。

 

 

 

すぐ近くの長湯温泉を楽しんだ後に ここで昼食と食後のまったりカフェ。

 

単品料理も豊富なので、皆でいろいろシェアし合いながらの女子会等も良さそうですね。

 

 

 

 

 

IMG_4659.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_4660.JPG

 

セットメニューのパンとサラダ。

 

こちらのお店は 店の裏に焼窯を作っていて

 

そこでピザやパンを焼き上げているのです。  

 

 

 

 

 

 

出来たてのピザを楽しめる他

 

 

 

 

IMG_4668.JPG

 

店内ではテイクアウト用のパンも 種類豊富に揃えてあります

 

 

 

IMG_4661.JPG

 

 

奥さんが注文したチキン南蛮。  

 

とても柔らかい鶏肉に 衣にたっぷり浸みこんだ甘いタレ

 

少し甘酸っぱいタルタルソースがとても良く合います。

 

 

 

 

IMG_4662.JPG

 

私は大好きなパスタの カルボナーラ

 

粉チーズと香草が添えてあります。

 

 

 

 

IMG_4663.JPG

 

中には玉子の卵黄。

 

トローリ パスタ麺にからめて頂きまーす。

 

 

 

 

IMG_4664.JPG

 

セットメニューのパンは お腹いっぱいならば

 

お持ち帰りも出来ます。  専用の子袋が用意されていました。

 

 

 

 

IMG_4665.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

別の日

 

 

自宅から車で10分程  由布市内のグルメスポットへ

 

 

 

 

無題3.jpg

 

 

大分市内からも割と近い場所。

 

 

 

 

 

 

無題4.jpg

 

向之原、狭間エリアです。

 

 

 

 

 

 

 

IMG_4702.JPG

 

木々の生い茂る庭の奥に見える古民家

 

 

 

 

 

IMG_4704.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_4699.JPG

 

 

そこを改装して作られた 古民家レストラン 「春馬」さん  

 

 

以前からずっと行きたいと思っていたお店ですが、近くにも関わらずなかなか機会がありませんでした。

 

 

その理由は 営業時間は11:30〜14:00ラストオーダーという短い営業スタイルに加えて

 

席は全部で5席という こざっぱりしたスタイル。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイミングが合わないと、前の人が食べ終わるまでちょっと待つ事になりますが

 

店の前に作られた東小屋でのんびり待たせて貰います

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_4703.JPG

 

 

 

 

待ってい間に 外の開放的な雰囲気を楽しみながら

 

外でメニュー表とにらめっこ。

 

 

 

 

IMG_4705.JPG

 

 

といっても、メニューは全3種というシンプル体系

 

 

 

最近のドコモやらソフトバンクやらの料金体系も これくらいシンプルにしてくれた方が良いぞ。

 

あと、街中のコインパーキングの料金体系も!!

 

 

 

 

 

 

 

そのうち2種類は 限定品で数に限りがございます。

 

 

(この日の我々のお目当ては、ステーキ丼なので慌てません)

 

 

 

IMG_4707.JPG

 

 

順番がきて店内に入ると、冷たく冷えたお茶を用意してくれます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_4708.JPG

 

 

見よ! このステーキ丼のビジュアル。

 

こんもり盛られたご飯を、薄切りされたステーキでコーティング。

 

 

 

それにステーキソースが掛けられております。

 

 

 

お肉は非常に柔らかくて、添えられたワサビと一緒に食べると とっても美味しいのじゃ。

 

 

 

IMG_4711.JPG

 

 

食後のデザートは、場所を変えて・・・。

 

こりゃまた同じく由布市内にある 「菊屋のアウトレット工場」でケーキとコーヒーでスイーツタイム。

 

 

 

 

 

 

 

 

由布市内から一歩たりとも出ない一日でありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おしまい

 

 

 

IMG_4706.JPG

 

ユーリ

「ねこー!  2匹おるー」

 

 

 

IMG_4714.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本ブログ村 全国ランキング参戦中!

 

「30分ぐらいでは何もできないと考えているより、世の中の一番つまらぬ事でも なにかやってる方がマシじゃ。」

     −−−  ゲーテ −−−

 

 

 

クリック↓

 

 


にほんブログ村

 

 

 

梅雨の一日

  • 2018.06.14 Thursday
  • 00:05

 

アフリカツインの慣らし運転、ぜんぜん進まないうちに

 

梅雨時期に突入でございます。

 

 

 

 

という事で  あまりバイクに乗れない日々

 

そんな時は、雨の合間を縫って  近場で楽しめる事に目を向けます。

 

 

 

 

とある日は

 

 

 

 

夕食後に、親子三人で近所を散歩。

 

自宅から歩いて5分ほどの場所に、毎年蛍がたくさん飛び交うスポットがあります。

 

 

 

スマホのカメラなので、殆ど写ってませんが(笑)

 

 

 

 

 

 

接写だと、それなりに綺麗に撮れました。

 

この 黄色とも緑とも言えない微妙な色合い・・・。

 

命の色です。

 

 

3歳になるユーリは、最初は少し怖がっていましたが

 

しばらくして慣れると、「蛍さんきれい〜」

 

と興味深げにみていました。  

 

 

 

こからも、自宅の近くに このような自然が残っていて欲しいものです。

 

 

 

 

 

 

 

また違う日は・・・。

 

 

 

 

雨の日曜日。  ユーリは保育園もお休みの子守Day

 

ガレージライフを楽しみました。

 

ユーリ

『白いバイクさんーー』

 

 

 

 

 

 

3歳児では、まだまだ足つきに難ありです。

 

 

 

 

 

そうそう、 オリジナリティーを出す為に

 

『ステッカーチューン』成るものをしてみました。

 

 

 

 

 

今まではずっと黒系のバイク(車も)ばかり乗ってきましたので

 

白いボディーは絶好のキャンバス。

 

 

 

 

 

和のテイストを盛り込みたい と

 

 

 

漢字を入れてみました。

 

書道の作品のイメージで 銘入り印鑑の替わりに、モンベルのミニステッカーも添えてみました。

 

 

 

 

 

 

 

某通販サイトで  ´漢字  ステッカー´ で検索したら出きました

 

 

白のボディーカラーの  のイメージと

 

バイクの疾走感を表す     

 

 

文字の語呂もいい感じだし

 

サイズも、フォークガードに収まる大きさだったので

 

 

『これ、ちょうどいいじゃん!』 と思って購入

 

 

 

後で調べて分かったんですが、 太平洋戦争時代の駆逐艦の名前であり

 

 

 

 

 

 

 

 

有名なSF飛行機小説の戦闘機の名前でもあったようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

位置に悩みながら 一生懸命ステッカーを貼っていたら・・・。

 

 

 

ユーリ

『ゆうちゃんも、バイクさんにシール貼るう〜』

 

  と、    

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何の躊躇も無く

 

タンクの微妙な位置に 幸運の四葉のクローバー  ♪

 

 

 

ペタリっ!

 

 

 

 

 

そして、 

 

ユーリ

『バイクさんのお顔に お花あげるの』

 

 

 

 

 

耳の辺り?にも 飾ってあげてました・・・。

 

 

 

 

トラコンにABS それらの標準装備のシステムに劣らない、

 

安全運転の為の 心のリミッター という性能を兼ね備えた ステッカーチューンと成りました。

 

 

 

 

そんな感じで、梅雨時期もボチボチ楽しんでおります。

 

 

 

 

日本ブログ村  全国ランキング参戦中!

 

『森の分かれ道では人の通らぬ道を選ぼう。すべてが変わる』

   ーーー フロスト −−−

 

 

  クリック ↓

 

 

 


にほんブログ村

 

 

 

 

 

杖立温泉 (こいのぼり祭り 家族で散策)

  • 2018.06.11 Monday
  • 21:00

 

 

 

 

 

DSCF0629.JPG

 

 

前回はソロツーリングで立ち寄った 「杖立温泉」の鯉のぼり祭り

 

ノン

「ユーリも鯉のぼりの歌を覚えたし、連れていってあげよう」

 

 

という事で、さっそく家族を連れて行きました。

 

 

この様なツーリングで得た情報を生かすという地道な家族サービスが、 

次のツーリング時間の確保に繋がるのです

 

 

 

 

DSCF0683.JPG

 

これ程の数の鯉のぼりを目にするのは初めてのユーリ

 

 

数字は20位までカウントできる様になったので、頑張って数えてましたが・・・。

 

 

ユーリ

「17、18、19、20・・・。」

 

 

 

 

 

「・・・・・。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「いっぱいやん・・・。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

形容しがたいのですが

 

圧倒的大軍を目の前に、戦意が喪失した兵士みたいな顔になってました。

 

 

 

 

 

DSCF0680.JPG

 

 

そんな鯉のぼりの大群

 

よーく見て見ると、中にレアキャラが混じっていました。

 

 

 

DSCF0686.JPG

 

 

鰹(カツオ)の鯉のぼり

 

 

 

 

DSCF0687.JPG

 

手形付き  手作りレインボー

 

 

 

 

 

 

DSCF0689.JPG

 

川の中を本当に泳いでる リアル鯉の滝のぼり

 

 

 

 

 

 

 

皆さんも、杖立鯉のぼり祭りにお越しの際は ぜひレアキャラを探してみてください。

 

 

 

 

 

 

 

DSCF0690.JPG

 

 

 

さあ、ちょっと周辺を散策してみます。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF0693.JPG

 

あらかじめ 百均ショップで買っておいたミニ鯉のぼりを持たせると、

機嫌良くはしゃぎます。

 

こういったおもちゃは、現地で買うと500〜600円は取られます。

 

 

地道な節約が 我が家の活計を支えているのです。

 

 

 

DSCF0697.JPG

 

 

杖立と言えば 路地裏散策

 

ノン

「ユーリ、狭くて 古くて 面白でしょ」

 

 

 

 

ユーリ

「・・・。 面白いなぁ。」

 

 

 

 

 

 

 

ユーリ 3歳にして 路地裏のわびさびを知る。

 

 

 

 

 

 

 

DSCF0698.JPG

 

 

 

DSCF0700.JPG

 

 

路地裏の奥に 小さなお堂があります。

 

 

 

 

 

 

DSCF0703.JPG

 

 

 

 

 

DSCF0704.JPG

 

 

お湯の神様を祀っていて、400年の歴史があるそうです。

 

 

 

 

DSCF0705.JPG

 

昭和45年の写真。  

 

 

 

DSCF0706.JPG

 

住民の方々にとても愛されて、大事にされてきた場所の様です。

 

 

 

 

 

 

DSCF0708.JPG

 

 

お堂の前の階段の手すりが、鉄管でした

 

 

 

DSCF0711.JPG

 

 

路地裏の至る所に、温泉を通す配管が張り巡らされております。

 

 

 

DSCF0712.JPG

 

 

地球の命(地熱)から生まれた温泉を、この温泉街全体に行き渡す配管は

 

さながら人間の身体の動脈の様です。

 

 

DSCF0709.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

迷路の様に入り組んだ路地

 

張り巡らされた配管  所々から噴き出る蒸気

 

私くらいの30歳台のFF(ファイナルファンタジー)経験者なら

 

 

DFgB4a1U0AEbo1A.jpg

 

炭鉱都市 ナルシェを思い浮かべる事でしょう。

 

 

 

 

 

DSCF0713.JPG

 

 いつ来ても、この不思議な雰囲気には癒やされます。

 

 

 

 

 

DSCF0715.JPG

 

 

 

DSCF0717.JPG

 

 

 

DSCF0723.JPG

 

 

「風が、  ・・・来る!」

 

 

 

 

 

 

 

風が吹くと、一斉に鯉のぼりがたなびき始めます。

 

 

 

 

 

 

DSCF0726.JPG

 

一番奥の方にある橋には、願い事の絵馬がたくさん掲げられています。

 

 

 

 

IMG_4045.JPG

 

より強い風が吹くと、この絵馬達が カラン、コロン、と

 

なんとも涼しげな音を鳴らします。

 

 

 

 

 

DSCF0737.JPG

 

 

今年の絵馬は ユーリも一筆入魂!

 

いつもは、ちょっと隠れた場所にぶら下げるのですが

 

今年は堂々と、お地蔵さまの目の前にぶら下げさせて頂きます。

 

 

DSCF0739.JPG

 

 

 

DSCF0738.JPG

 

私の苗字に使われている文字 「の」を 大きく書いたようです。

 

似顔絵は私が書きました。

 

 

 

 

 

それはそうと

 

例年と違う現象が・・・。

 

 

 

DSCF0736.JPG

 

 

奥の橋の辺りに、チャボが徘徊しておりました。

 

大変人懐っこくて、

こちらが余り動かないと コッ  コッ!  って言いながら寄ってきます。

 

 

 

DSCF0734.JPG

 

改めて、近くでマジマジと見ると 鶏(ちゃぼ)って 凛々しくてカッコイイなあ

 

 

 

DSCF0747.JPG

 

 

 

 

 

 

DSCF0746.JPG

 

 

しかし、ユーリは完全にビビリモード

 

私の足にしがみ付いて、少しでも距離を取ろうと、腰のあたりまでよじ登って来る始末。

 

 

仕方なく、鶏さん達の徘徊範囲は 抱っこしてあげました。

 

 

 

 

 

 

鴨(かも)もたくさんいたので、100円で売られている餌をあげましたが・・・。

 

 

DSCF0748.JPG

 

 

完全に無視されました。

 

 

 

 

DSCF0749.JPG

 

 

視線すら合わせてくれませんでした。

 

ニワトリさんとは大違いの塩対応(しょっぱい反応)

 

 

 

 

 

DSCF0755.JPG

 

 

川を泳いでいる鴨は お腹が空いているのか

 

ユーリの投げ込む餌を美味しそうに食べてくれました。

 

 

 

 

 

こうやって触れあっているうちに、だんだん怖さが薄れてきたのか

 

最後には、自らニワトリさんにコンタクトを取ろうとしていました。

 

 

 

 

 

 

 

DSCF0751.JPG

 

恐る恐る近づいて

 

「ニワトリさーーん・・・。」と声をかけるユーリ

 

 

 

 

 

 

DSCF0750.JPG

 

ちゃんと寄って来てくれるニワトリさん。

 

本当に可愛かったです。

 

 

 

 

 

DSCF0759.JPG

 

 

 

DSCF0768.JPG

 

歩道まで垂れ下がっている鯉のぼりがありました。

 

 

 

しかし、ユーリが触ろうとすると・・・。

 

 

 

 

DSCF0775.JPG

 

風が吹いて、 手の届かない高さに上がってしまいます。

 

 

諦めると、風が収まり 再び垂れ下がってきますが

 

ユーリが触ろうとすると、また風で舞い上がってしまいます。

 

 

 

 

まるで、ここの温泉の神様がユーリと遊んでくれている様な偶然。

 

 

 

DSCF0776.JPG

 

(彼女なりの 精いっぱいのジャンプ の図)

 

そのうち、半泣きになって来たので・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF0777.JPG

 

結局、こうなりました (笑)

 

 

 

 

DSCF0780.JPG

 

 

ユーリ

「捕まえたぁ〜  ニッコリ  」

 

 

 

 

DSCF0785.JPG

 

 

 

DSCF0800.JPG

 

 

クリームソーダに 名物の蒸気蒸し杖立プリンで スイーツ〆(締め)

 

 

 

そんな感じの 杖立散策でしたとさ。

 

 

 

 

 

おしまい

 

 

 

 

 

日本ブログ村 全国ランキング参戦中!

 

親が子に対する愛情こそは全く利害を離れた唯一の情緒である。」

   −−− モーム −−−

 

 

 

クリック  ↓

 

 

 


にほんブログ村

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM