梅雨の一日

  • 2018.06.14 Thursday
  • 00:05

 

アフリカツインの慣らし運転、ぜんぜん進まないうちに

 

梅雨時期に突入でございます。

 

 

 

 

という事で  あまりバイクに乗れない日々

 

そんな時は、雨の合間を縫って  近場で楽しめる事に目を向けます。

 

 

 

 

とある日は

 

 

 

 

夕食後に、親子三人で近所を散歩。

 

自宅から歩いて5分ほどの場所に、毎年蛍がたくさん飛び交うスポットがあります。

 

 

 

スマホのカメラなので、殆ど写ってませんが(笑)

 

 

 

 

 

 

接写だと、それなりに綺麗に撮れました。

 

この 黄色とも緑とも言えない微妙な色合い・・・。

 

命の色です。

 

 

3歳になるユーリは、最初は少し怖がっていましたが

 

しばらくして慣れると、「蛍さんきれい〜」

 

と興味深げにみていました。  

 

 

 

こからも、自宅の近くに このような自然が残っていて欲しいものです。

 

 

 

 

 

 

 

また違う日は・・・。

 

 

 

 

雨の日曜日。  ユーリは保育園もお休みの子守Day

 

ガレージライフを楽しみました。

 

ユーリ

『白いバイクさんーー』

 

 

 

 

 

 

3歳児では、まだまだ足つきに難ありです。

 

 

 

 

 

そうそう、 オリジナリティーを出す為に

 

『ステッカーチューン』成るものをしてみました。

 

 

 

 

 

今まではずっと黒系のバイク(車も)ばかり乗ってきましたので

 

白いボディーは絶好のキャンバス。

 

 

 

 

 

和のテイストを盛り込みたい と

 

 

 

漢字を入れてみました。

 

書道の作品のイメージで 銘入り印鑑の替わりに、モンベルのミニステッカーも添えてみました。

 

 

 

 

 

 

 

某通販サイトで  ´漢字  ステッカー´ で検索したら出きました

 

 

白のボディーカラーの  のイメージと

 

バイクの疾走感を表す     

 

 

文字の語呂もいい感じだし

 

サイズも、フォークガードに収まる大きさだったので

 

 

『これ、ちょうどいいじゃん!』 と思って購入

 

 

 

後で調べて分かったんですが、 太平洋戦争時代の駆逐艦の名前であり

 

 

 

 

 

 

 

 

有名なSF飛行機小説の戦闘機の名前でもあったようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

位置に悩みながら 一生懸命ステッカーを貼っていたら・・・。

 

 

 

ユーリ

『ゆうちゃんも、バイクさんにシール貼るう〜』

 

  と、    

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何の躊躇も無く

 

タンクの微妙な位置に 幸運の四葉のクローバー  ♪

 

 

 

ペタリっ!

 

 

 

 

 

そして、 

 

ユーリ

『バイクさんのお顔に お花あげるの』

 

 

 

 

 

耳の辺り?にも 飾ってあげてました・・・。

 

 

 

 

トラコンにABS それらの標準装備のシステムに劣らない、

 

安全運転の為の 心のリミッター という性能を兼ね備えた ステッカーチューンと成りました。

 

 

 

 

そんな感じで、梅雨時期もボチボチ楽しんでおります。

 

 

 

 

日本ブログ村  全国ランキング参戦中!

 

『森の分かれ道では人の通らぬ道を選ぼう。すべてが変わる』

   ーーー フロスト −−−

 

 

  クリック ↓

 

 

 


にほんブログ村

 

 

 

 

 

杖立温泉 (こいのぼり祭り 家族で散策)

  • 2018.06.11 Monday
  • 21:00

 

 

 

 

 

DSCF0629.JPG

 

 

前回はソロツーリングで立ち寄った 「杖立温泉」の鯉のぼり祭り

 

ノン

「ユーリも鯉のぼりの歌を覚えたし、連れていってあげよう」

 

 

という事で、さっそく家族を連れて行きました。

 

 

この様なツーリングで得た情報を生かすという地道な家族サービスが、 

次のツーリング時間の確保に繋がるのです

 

 

 

 

DSCF0683.JPG

 

これ程の数の鯉のぼりを目にするのは初めてのユーリ

 

 

数字は20位までカウントできる様になったので、頑張って数えてましたが・・・。

 

 

ユーリ

「17、18、19、20・・・。」

 

 

 

 

 

「・・・・・。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「いっぱいやん・・・。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

形容しがたいのですが

 

圧倒的大軍を目の前に、戦意が喪失した兵士みたいな顔になってました。

 

 

 

 

 

DSCF0680.JPG

 

 

そんな鯉のぼりの大群

 

よーく見て見ると、中にレアキャラが混じっていました。

 

 

 

DSCF0686.JPG

 

 

鰹(カツオ)の鯉のぼり

 

 

 

 

DSCF0687.JPG

 

手形付き  手作りレインボー

 

 

 

 

 

 

DSCF0689.JPG

 

川の中を本当に泳いでる リアル鯉の滝のぼり

 

 

 

 

 

 

 

皆さんも、杖立鯉のぼり祭りにお越しの際は ぜひレアキャラを探してみてください。

 

 

 

 

 

 

 

DSCF0690.JPG

 

 

 

さあ、ちょっと周辺を散策してみます。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF0693.JPG

 

あらかじめ 百均ショップで買っておいたミニ鯉のぼりを持たせると、

機嫌良くはしゃぎます。

 

こういったおもちゃは、現地で買うと500〜600円は取られます。

 

 

地道な節約が 我が家の活計を支えているのです。

 

 

 

DSCF0697.JPG

 

 

杖立と言えば 路地裏散策

 

ノン

「ユーリ、狭くて 古くて 面白でしょ」

 

 

 

 

ユーリ

「・・・。 面白いなぁ。」

 

 

 

 

 

 

 

ユーリ 3歳にして 路地裏のわびさびを知る。

 

 

 

 

 

 

 

DSCF0698.JPG

 

 

 

DSCF0700.JPG

 

 

路地裏の奥に 小さなお堂があります。

 

 

 

 

 

 

DSCF0703.JPG

 

 

 

 

 

DSCF0704.JPG

 

 

お湯の神様を祀っていて、400年の歴史があるそうです。

 

 

 

 

DSCF0705.JPG

 

昭和45年の写真。  

 

 

 

DSCF0706.JPG

 

住民の方々にとても愛されて、大事にされてきた場所の様です。

 

 

 

 

 

 

DSCF0708.JPG

 

 

お堂の前の階段の手すりが、鉄管でした

 

 

 

DSCF0711.JPG

 

 

路地裏の至る所に、温泉を通す配管が張り巡らされております。

 

 

 

DSCF0712.JPG

 

 

地球の命(地熱)から生まれた温泉を、この温泉街全体に行き渡す配管は

 

さながら人間の身体の動脈の様です。

 

 

DSCF0709.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

迷路の様に入り組んだ路地

 

張り巡らされた配管  所々から噴き出る蒸気

 

私くらいの30歳台のFF(ファイナルファンタジー)経験者なら

 

 

DFgB4a1U0AEbo1A.jpg

 

炭鉱都市 ナルシェを思い浮かべる事でしょう。

 

 

 

 

 

DSCF0713.JPG

 

 いつ来ても、この不思議な雰囲気には癒やされます。

 

 

 

 

 

DSCF0715.JPG

 

 

 

DSCF0717.JPG

 

 

 

DSCF0723.JPG

 

 

「風が、  ・・・来る!」

 

 

 

 

 

 

 

風が吹くと、一斉に鯉のぼりがたなびき始めます。

 

 

 

 

 

 

DSCF0726.JPG

 

一番奥の方にある橋には、願い事の絵馬がたくさん掲げられています。

 

 

 

 

IMG_4045.JPG

 

より強い風が吹くと、この絵馬達が カラン、コロン、と

 

なんとも涼しげな音を鳴らします。

 

 

 

 

 

DSCF0737.JPG

 

 

今年の絵馬は ユーリも一筆入魂!

 

いつもは、ちょっと隠れた場所にぶら下げるのですが

 

今年は堂々と、お地蔵さまの目の前にぶら下げさせて頂きます。

 

 

DSCF0739.JPG

 

 

 

DSCF0738.JPG

 

私の苗字に使われている文字 「の」を 大きく書いたようです。

 

似顔絵は私が書きました。

 

 

 

 

 

それはそうと

 

例年と違う現象が・・・。

 

 

 

DSCF0736.JPG

 

 

奥の橋の辺りに、チャボが徘徊しておりました。

 

大変人懐っこくて、

こちらが余り動かないと コッ  コッ!  って言いながら寄ってきます。

 

 

 

DSCF0734.JPG

 

改めて、近くでマジマジと見ると 鶏(ちゃぼ)って 凛々しくてカッコイイなあ

 

 

 

DSCF0747.JPG

 

 

 

 

 

 

DSCF0746.JPG

 

 

しかし、ユーリは完全にビビリモード

 

私の足にしがみ付いて、少しでも距離を取ろうと、腰のあたりまでよじ登って来る始末。

 

 

仕方なく、鶏さん達の徘徊範囲は 抱っこしてあげました。

 

 

 

 

 

 

鴨(かも)もたくさんいたので、100円で売られている餌をあげましたが・・・。

 

 

DSCF0748.JPG

 

 

完全に無視されました。

 

 

 

 

DSCF0749.JPG

 

 

視線すら合わせてくれませんでした。

 

ニワトリさんとは大違いの塩対応(しょっぱい反応)

 

 

 

 

 

DSCF0755.JPG

 

 

川を泳いでいる鴨は お腹が空いているのか

 

ユーリの投げ込む餌を美味しそうに食べてくれました。

 

 

 

 

 

こうやって触れあっているうちに、だんだん怖さが薄れてきたのか

 

最後には、自らニワトリさんにコンタクトを取ろうとしていました。

 

 

 

 

 

 

 

DSCF0751.JPG

 

恐る恐る近づいて

 

「ニワトリさーーん・・・。」と声をかけるユーリ

 

 

 

 

 

 

DSCF0750.JPG

 

ちゃんと寄って来てくれるニワトリさん。

 

本当に可愛かったです。

 

 

 

 

 

DSCF0759.JPG

 

 

 

DSCF0768.JPG

 

歩道まで垂れ下がっている鯉のぼりがありました。

 

 

 

しかし、ユーリが触ろうとすると・・・。

 

 

 

 

DSCF0775.JPG

 

風が吹いて、 手の届かない高さに上がってしまいます。

 

 

諦めると、風が収まり 再び垂れ下がってきますが

 

ユーリが触ろうとすると、また風で舞い上がってしまいます。

 

 

 

 

まるで、ここの温泉の神様がユーリと遊んでくれている様な偶然。

 

 

 

DSCF0776.JPG

 

(彼女なりの 精いっぱいのジャンプ の図)

 

そのうち、半泣きになって来たので・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF0777.JPG

 

結局、こうなりました (笑)

 

 

 

 

DSCF0780.JPG

 

 

ユーリ

「捕まえたぁ〜  ニッコリ  」

 

 

 

 

DSCF0785.JPG

 

 

 

DSCF0800.JPG

 

 

クリームソーダに 名物の蒸気蒸し杖立プリンで スイーツ〆(締め)

 

 

 

そんな感じの 杖立散策でしたとさ。

 

 

 

 

 

おしまい

 

 

 

 

 

日本ブログ村 全国ランキング参戦中!

 

親が子に対する愛情こそは全く利害を離れた唯一の情緒である。」

   −−− モーム −−−

 

 

 

クリック  ↓

 

 

 


にほんブログ村

 

 

 

 

アフリカツインADV-S  慣らし運転ツーリング (杖立温泉〜八女 編)

  • 2018.06.01 Friday
  • 20:16

 

 

 

DSCF0554.JPG

 

 

 

 

 

 

 

前回までのあらすじ

 

月面より発掘された謎に包まれた機体 

 

 

そのカラーリングから 太古の昔 世界の人口を1/4にまで激減させたと言われる世界大戦『厄祭戦(やくさいせん)の直接の原因となった、ガンダムタイプの機体である事が分った。

 

 

いかなる路面にも対応しうる高い汎用性・走破性を持つその機体は、稼働のために限りある資源であるガソリン(化石燃料と呼ばれる太古の有機物が凝縮された液体)を命の糧とする忌むべき機体であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

大戦の再来を恐れ、再び機体を封印しようとする元老院

 

 

しかしその機体に これからのライダー人生の希望を感じ取ったノンは 元老院の支配のおよばぬ古(いにしえ)の都ショーナイにて、ついに禁断の機体を起動させるのであった。

 

 

今、世界は 再びガンダムによって変わり始める・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

という訳で、 

 

ガンダムの様なカラーリングでちびっ子に大人気の アフリカツインADV−S

 

すれ違った子供の振り返り二度見率は80%、 そして20%程は手まで振ってくれる始末。

 

 

悪魔の様な外観と 漆黒のカラーリングだったZZR1400の時には得られなかった現象。

 

 

 

 

 

そんな微笑ましい変化も感じながらの 慣らしツーリング第二弾!

 

 

 

 

DSCF0559.JPG

 

 

どうせ走るなら 気持ちの良いコース

 

九重〜日田を繋ぐ 『ファームロード Waita(わいた)』へ

 

 

 

DSCF0560.JPG

 

 

九重や久住の道と言えば 『やまなみハイウェイ』や『ミルクロード』が有名ですが

 

この広域農道 『ファームロードWaita』も 負けない位の快走路!

 

 

 

 

 

地図からも

峠や農場の周辺といった、高低差や視界の変化が楽しい道である事が分ります

 

 

 

位置的には やまなみハイウェイから少し離れますが

 

周辺には 九重夢大吊橋や鍋が滝、杖立温泉など、見所たっぷりの寄り道スポットがあります。

 

 

 

 

 

 

展望はあまり良いとは言えませんが、路面も綺麗で

 

コーナーもそんなにタイトな場所は無く、アメリカン等どんなタイプのバイクでも気持ち良く走れるレイアウトです。

 

 

もちろん信号も無く、渋滞とは無縁。

 

 

 

 

そんな場所なので、やはりライダーや四輪の走り屋も多いせいか、至る所に『死亡事故発生箇所』とか『速度取締区間』等の注意喚起の看板が、墓標の様に設置されております。

 

実際 ちょっと油断したら いつの間にか○○km/h出てた! なんて事になる位に走り易いので、十分な自制心を持って走りましょう。

 

 

 

 

DSCF0568.JPG

 

 

途中、杖立方面への観光案内の看板が見えてきます。

 

 

 

 

DSCF0569.JPG

 

 

とにかく様々な路面・シュチュエーションで距離を稼ぎたい 慣らしの旅

 

 

思い付きで、杖立温泉方面へ行ってみる事にしました。

 

 

 

 

 

 

DSCF0579.JPG

 

ちょうど 杖立温泉は『こいのぼり祭り』の期間中でした。

 

風光明媚な温泉街の川の上に、無数の鯉のぼりが 色鮮やかに泳いでおりました。

 

↑ 写真では めざしの様に力無く垂れ下がった鯉のぼりも

 

風が吹き始めると

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF0595.JPG

 

心地よい風を受けながら、皆一方向に向かって泳ぎ始めます

 

ノン

『今日はツーリングで一人で来たけど、今度は家族で来よう!』

と、奥さんにラインで画像を送っておきます。

 

こうすると、自由気ままな一人勝手ソロツーリングに 

 

家族でお出掛け出来そうなスポットに目星を付ける、とい大義名分をかざす事が出来ます^^

 

 

 

 

 

DSCF0629.JPG

 

赤、青、黒やピンク。  色取り取りの鯉のぼり   

 

アドスポのボディーカラーに良く映えます。

 

 

 

 

 

鯉のぼりの時期(5月)という事は、藤の花や新茶の時期だなあ・・・。

 

という事で、このまま杖立〜上津江を経由して 八女まで足を伸ばしてみる事にしました。

 

 

 

 

 

 

上津江〜八女方面を繋ぐ国道442号は 

熊本や福岡方面のライダーが やまなみハイウェイや大観望へ訪れる際によく使われる快走路。

 

 

 

 

 

前傾姿勢のZZRとは違い、腰の伸ばせる乗車姿勢で

 

手首、足首、膝の窮屈さは一切無し。  防風のカウリングも優れているADV-S

 

自宅を出てここまでで既に80km程を走っていますが、まるで近くのコンビニまでしか来ていない感覚

 

 

 

 

 

 

 

このまま快適な442号と走るのが退屈に感じて来るほどです。

 

そこで、あえて442号から逸れて、 

グネグネの峠道を走る事になる 県道57号を迂回して星野村経由で向かって見る事にしました。

 

 

 

DSCF0821.JPG

 

ちなみに、この県道57号〜星野村への道のりは 過去記事を御参照ください

 

 

旅人の日記 『八女ツーリング (頑張れ 星野村 編)

 

http://kingxcat.jugem.jp/?eid=639

 

 

なんと前回は4年前!  しかもZZRで・・・。  ちょっと無茶してました^^;

 

しかしコメント欄では、次はWRで来るでしょう。  と宣言しておきながら、まさかアフリカツインで来る事になるとは。

 

この時は夢にも思って無かったでしょう。 

 

元気にしてますか?  夜半さん!

 

 

 

 

DSCF0828.JPG

 

 

相変わらずの狭路な上に、道の両端は小石や落ち葉の地雷満載

 

 

 

DSCF0832.JPG

 

 

山間部の狭路によくある 雨量交通規制看板!

 

 

ZZRではあれだけ苦戦した狭路&グネグネ道も、アフリカツインならスーイスイ

 

 

 

 

 

DSCF0825.JPG

 

 

もうこの辺りから茶畑がいっぱい。

 

景色を楽しむ余裕もあります。

 

 

DSCF0829.JPG

 

四国の439号(与作)に雰囲気が似ているかな?

 

山間に時折点在する民家。平家の隠れ里みたいです!?

 

 

 

DSCF0840.JPG

 

 

狭路区間さえ抜ければ、とっても走り易い山間部の田舎道をのんびり走れる 

趣ある道へ変貌

 

 

 

 

 

DSCF0836.JPG

 

 

この辺りに来ると 『日本一のシャクナゲ園』という文字を見る様になります。

 

個人のお宅の裏庭もすごーい!

 

村おこしの一環で 村ぐるみでシャクナゲの植樹に取り組んでいるのかな?

 

 

 

 

DSCF0891.JPG

 

せっかくなので、星野村の星の花公園にある『シャクナゲ園』へ寄ってみました。

 

しかし、しゃくなげのシーズンは4月中旬〜5月上旬位まで。  

残念ながら見頃は過ぎておりました。

 

 

そのため600円の入場料が半額の300円になっていました。

 

 

 

『星の花公園』公式HP

 

http://hoshihana.jp/

 

 

 

 

 

DSCF0844.JPG

 

 

 

『天空の庭園』と言われるだけあり、花の美しさに加えて

 

星野村を一望できる展望も見所です。

 

 

 

DSCF0846.JPG

 

星野村の主要部  

 

 

 

 

 

DSCF0852.JPG

 

しゃくなげ園のシーズンは終わっていましたが、 まだ見頃のつつじも植えられていました。

 

お花だけでなく

 

 

 

 

DSCF0859.JPG

 

地元の皆さんが 観光資源のために頑張って作ったぞ!な感じが満載でした。

 

 

 

 

 

DSCF0860.JPG

 

 

 

DSCF0861.JPG

 

なんと、奥に見える東小屋の隣にキリンが!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF0871.JPG

 

近づいてみると、なんと バイソンまで (笑)

 

 

 

DSCF0872.JPG

 

 

たくさんの木彫りの動物が展示されたコーナー

 

 

DSCF0873.JPG

 

どれも完成度が高くて、見応え抜群!

 

しゃくなげが枯れていても、寄った甲斐がありました (笑)

 

 

 

DSCF0874.JPG

 

 

おや まあ、 あのキリン

 

よーく見たら 立派な『ふぐり(き○玉)』付きですか??

 

 

 

 

DSCF0875.JPG

 

いいえ!  なんとスズメバチの巣でした!

 

さすがに すでに空き家。

 

 

 

DSCF0876.JPG

 

 

何となく スターウォーズの建設中の デススターに見えません?

 

 

 

 

 

DSCF0878.JPG

 

 

驚いたのは、その精巧な作りだけでなく

 

ほとんどの作品は ´継ぎ目´が見当たらないんです!

 

 

DSCF0877.JPG

 

 

継ぎ目が目立たない様につくられたのかな?

 

それとも、職人の技術で 一本の木から彫り起こされたのでしょうか!

 

 

 

 

 

DSCF0880.JPG

 

 

圧巻は、このキノコ!

 

一番難易度は低そうですが・・・。

 

 

 

DSCF0882.JPG

 

 

下のベンチとの継ぎ目を見てください!  

木のスジが ベンチの部分からキノコの部分まで繋がっています。

 

 

って事は、 作ったキノコをベンチの上に固定したわけではなく

 

全体を一本の巨木から彫り出したって事ですよね!

 

 

 

 

 

 

 

 

なんか、しゃくなげの花の美しさやら 星野村の景観やらの感動が一気に霞む位のインパクトを、私の心の中に刻みつけてくれました。

 

 

 

DSCF0864.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

G0031657.JPG

 

星野村を後にして さらに30分程走ると、八女市の目的地に到着。

 

 

 

 

 

DSCF0893.JPG

 

巨大な茶畑  『八女中央大茶園』 です。

 

 

 

 

 

 

DSCF0896.JPG

 

 

周囲はお茶の匂いに包まれていました。

 

 

 

 

DSCF0898.JPG

 

コンデジの 『ジオラマモード』がとっても良く似合う風景。

 

 

 

 

 

DSCF0899.JPG

 

バイクで走るのに夢中過ぎて

 

せっかくお茶の本場の八女まで来ておいて、 コンビニで買ったペットボトルの『おーいお茶』を飲みながら八女の茶畑を眺める。という暴挙に及んだ私。

 

 

 

 

 

そのお茶は、いつもより ちょっぴり美味しい気がしました・・・。

 

 

 

 

DSCF0904.JPG

 

 

DSCF0906.JPG

 

 

DSCF0907.JPG

 

 

さあ、思い付きで 寄り道しながら来ちゃったもんだから

 

この時、すでに15時過ぎ・・・。

 

 

 

 

総走行距離はすでに580km程。

 

このまま往路で帰れば、慣らしの第一段階700kmに到達する計算。

 

 

 

ノン

『今ならまだ、今日の内にバイク屋さんでオイル交換出来るな・・・。』

 

 

 

 

 

って事で、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

約130kmをノンストップで復路!

 

しかーーし!  全然疲れないんです。    

 

 

 

これがビックオフカテゴリーバイクの『旅力』か!?

 

V−ストに乗る 愛媛県在住のお転婆ライダーさんのお友達の方が

「四国〜九州はご近所感覚です」と話していた訳が分った気がします・・・。

 

 

 

燃料が続く限りどこまでも走って行けそうです。

 

 

 

 

 

IMG_4121.JPG

 

さて、HONDAドリーム 別府店さんに滑り込んで

総走行距離700kmで 当初の予定通り オイル&フィルター交換!

 

次は2000km程走って 再度交換で慣らし終了予定。

 

思ったよりオイルは汚れてませんでしたが

(表面にメタリックな粉でも浮いてると思ってたけど、普通にちょっと茶色い位でした)

 

交換後は、シフトのタッチが激変!  スコスコと入る様になってきました。

 

次までの1300kmは 回転数5000回転まで解禁なので、ずいぶん走り易くなると思います。

 

もっともっと遠くまで行けそうです^^

 

 

 

 

 

おしまい

 

 

日本ブログ村 全国ランキング参戦中!

 

悪にかけても善にかけても英雄がいる。』

  −−−  ラ・ロシュフーコー 「道徳的反省」 −−−

 

 

 

クリック  ↓

 

 


にほんブログ村

 

 

アフリカツイン アドベンチャースポーツ インプレ

  • 2018.05.23 Wednesday
  • 14:38

 

4月に納車したアフリカツインADV−S  絶賛慣らし作業中!

 

 

 

ただの慣らしツーリングを淡々と記事にしてもアレなんで

 

簡単なインプレでも書いてみようかしら、という事で・・・。

 

 

 

 

まずは車体・装備のご紹介

 

 

 

 

 

 

 

〜澗料

 

 

DSCF0507.JPG

 

 

アフリカツイン30周年記念モデルとして発売された アドベンチャースポーツグレード

 

拡大されたタンク容量と、それに合わせて造形された 大きく張り出た左右シュラウド

 

専用大型スキッドプレートエンジンガードの外観も相まって、オフローダーらしい

 

無骨で迫力ある外観に仕上がっておりますが、

 

 

一番の特徴は初代アフリカツインであるXRV650のカラーリングをイメージした専用カラー。 

 

初代アフリカツインを知っている世代からすれば、このカラーは大変カッコ良く見えるそうですが

それを知らない私世代(30代)からすると

 

フレームは艶白塗装に加えて、スイングアームは明るいシルバーと  まず受ける印象は 驚きの白さ

 

それに乗せられる青、赤、黄色(金リム)の三色は ガンダムしか想像できません(笑)

 

 

 

 

 

 

こればかりは 個人の好みの問題。

 

見慣れてくれば、スポーティーでカッコ良く見えてくるから不思議です・・・・。

 

 

このカラーは30周年記念限定カラーという事なので、あと1年待てば他のカラーが設定されるはずです。

 

どうしてもこのガンダムカラーが嫌い&限定カラーに興味が無い人は、来年度以降を待った方が良いと思われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

▲Εンドプロテクション

 

大型のスクリーンも標準装備されてます。(+純正OP アッパー・ロアディフレクター装備)

 

その防風効果は非常に優れていると言えます。  

 

 

 

 

 

 

175cmの長身でも さすがにスクリーンから頭は はみ出ますが、身体に直接走行風がぶつかること事が無く、風による抵抗は一切感じません。


ディフレクターのお陰か、風の巻き込みもありません。

 

 

 

(画像はイメージです 笑)

 

 

 

猫背気味になり、頭をちょっと低くしてやると ヘルメットに当たる風も完全にシャットアウト


その時の防風力は、以前所有していた メガツアラーZZR1400をも凌駕すると言えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

防風に対して非常に優秀がゆえの弊害もあります。

 

それは『風を切って走ってる感』を感じる事が出来ません。 

 

当然移動する事を主眼に置くのであれば防風は優れているに越したことは無いのですが、


この風を感じない事が想像以上にバイクの『疾走感』を奪ってしまっている事を認識させられました。

 

 

初夏や真夏のツーリングの時は、逆に小さなスクリーンが欲しくなりますし、

 

スタンディングをして、カウルやスクリーンからわざと身体を乗り出して走行風を身体に当ててやる必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビックタンク(タンク容量は24L)

 

見よ この存在感  

 

 

 

 

 

足の当たる場所は絞り込まれているので走っている時や スタンディングで挟み込んでいる時は邪魔になる事はありません。  

 

しかし 上端への膨らみは乗車してからも存在感を意識させられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

慣らし運転で回転数を抑え気味で走って、今のところ平均燃費は20km/L程。

 

満タン時の航続距離は24×20=480kmという事になりますが、

日本のインフラ事情で、これは必要なのかな?と感じます。  

 

 

 

 

抜群の航続距離と引き換えになる弊害としては、タンクの位置がバイクの重心よりも高いため満タンにした状態ですと、停車時の押し引き取り回しが非常に重たくなる上に

タイトなコーナーの切り返しのシーン等では バイクの挙動にも影響してきます。  

 

 

 

 

でもね・・・。  でっかくてカッコイイじゃない!

 

私にとって ビックタンクの存在意義はこの一点に付きます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぁ.好謄⊆り (制御系)

 

スロットルグリップ開度をセンサーで検出し、ECUが駆動信号を送ることでスロットルバルブ開度をモーターにて制御する「スロットル・バイ・ワイヤシステム」を採用。

 

一昔前は、アクセルの付きに対して ダイレクト感が無いとか言われていましたが

このアフリカツインに関しては、まったくそんな感じは無し!  

 

ワイヤースロットルだったZZRやWR250と比べても

少なくとも私のレベルで 操作感に違和感を感じる事はありませんでした

 

そして、このスロットルを電子的に操作する事で受けられる恩恵が

トラクションコントロールや、出力特性コントロール。

 

 

 

2018年モデルのアフリカツインからトルクコントロールの制御がより緻密な7段階となりました。

当然このトラコンはオフロードを走ったりする場合にOFF状態の選択を事も可能となっております。

 

 

 

 

(左側スイッチボックスの裏にあるトリガーでトラコン介入度調整可)

 

 

 

 

スロットル操作に対するスロットルバルブの開度とエンジンブレーキ、トラコンの介入量を切り替えることにより全部で4種類のライディングモードを楽しむ事が出来ます

 

 

 

 

「Tour(ツアー)」  パワー1(大) エンブレ2(中) トラコン6

 

 

 

 

 

 

 

 

「Urban(アーバン)」パワー2(中) エンブレ2(中) トラコン6

 

 

 

 

 

 

 

 

「Gravel(グラベル)」パワー3(小) エンブレ3(小) トラコン6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして全ての値をライダーの好みに合わせた設定可能な「User(ユーザー)」

 

(私はエンブレはガツンと効かせたいので この設定にしてます)

 

 

 

 

 

 

このライディングモードの切り替えによる変化は かなり著明

 

グラベルモードでは 一回り排気量の小さなバイクに乗っているかのような穏やかな出力特性

(悪くいえば、あれ?パワーが出ないぞ。失速しちゃうーーー・・・。という感じ)

 

 

 

 

ツアーモードは逆に元気ビンビン丸! 

ちょっとの手首のスナップでグワンっ!と車体が前に押し出される位のパワー感が得られます

(瞬発的にパワーの欲しいワインディングには向いてますが、長距離走って疲れている時なんかは ちょっと過敏すぎる印象です)

 

 

アーバンモードは その真中位の丁度いい感じの特性です。

 

 

 

 

 

 

その他のユーティリティとして、寒冷時の走行に便利なスポーツグリップヒーター(標準装備だけあって、メーターディスプレイ上にオンオフ状態や現在の効果段階(1〜5)が表示されます。 グリップ径もグリップヒーターである事が解らない位細いですが、効果は抜群!)

 

 

 

 

 

 

携帯電話などの充電に便利なアクセサリーソケットを標準装備

さらにシート下には標準でETCも標準装備されております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、これだけ いたせりつくせりと思いきや ヘルメットホルダーが無かったりします

 

私は納車と同時に、社外品を取り付けました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヂ付き  

 

 

さあ、いよいよアフリカツインを語る上で切り離せない項目です。

 

数多くのアフリカツイン アドスポ購入候補者を 諦めの極地へ叩きこんできた 厳しい現実

 

それが足付き問題

 

 

オフロード走行時の走破性向上に寄与という名目で、最低地上高をベースモデルの250mmから270mmへとさらにアップさせたもんだから たまったもんじゃありません

 

 

 

しかし、私には 両親より与えられし 身長175cm 体重70kgという恵まれた体格がありました。

 

お父様、お母様、本当感謝しております。

 

 

 

 

 

 

 

という訳で、標準的な体格の方にはあまり参考にならないかもしれませんが・・・。

 

 

 

 

 

 

アフリカツインはシートの取り付け位置調整で2段階のシート高を選ぶ事ができます。

 

 

 

まずは標準高

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うぬ・・・。  

175cm  70kgの体格をもってしても、不覚を取りかねません

 

つま先ツンツン バレリーナ状態は回避出来ますが  土踏まずは浮いてます。

 

 

 

 

長距離ツーリング先でちょっと疲れてる時や

 

駐車位置が傾いてたり、路面に凹凸があったりすると 本当にヘタしたらゴロンです。

 

 

 

しかし、停車時に ほんのちょっと腰をずらしてやれば・・・。

 

 

 

片足付きならばベッタリです。

 

力の入らないツンツン両足着きよりは、片足ベッタリの方が絶対安定しています。

 

 

信号等で、狙った位置に腰をずらしながらブレーキをかけて、足を出す。

ちょっとコツと慣れが必要ですが、ぜひともみなさん、この技を身につけてください

 

 

 

 

 

 

 

 

さあ、次は下段固定。  明らかに『低くしましたぜ』という段差が出現

 

1.5〜2cmくらい下がってるでしょうか?

 

 

 

 

跨ってみますと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

確実に上段固定時よりは足裏の設置面が増えました。

 

たったこれだけの違いでも ずいぶん安心感が増します

 

 

 

 

片足付きならば、腰をずらさなくても大丈夫。 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、このアドベンチャースポーツ

 

足付き問題 結論から言わせて貰うと

 

それなりの覚悟はしておいてください。   という事になります。

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに  

専用サスペンションを装備した『LD ローダウン仕様』も準備されております。

 

なんと 驚異の6cmダウン との事!

 

今までは購入してから シートをあんこ抜きしたり 高い社外品のローシートを買ったり

 

さらに高い工賃やお金を払って ローダウンリンクを買ったり、ソフトスプリングに替えたり

 

そんな手間やお金は一切不要。  

それがお値段据え置きで購入できるという神対応も準備されております。

 

 

 

(LD仕様のアフリカツイン)

山口県のHONDAドリームさんのHPより拝借しました

 

http://kuwahara-m.jp/hondadreamyamaguchi/blog/kuwaharablog/2018/04/post_136.html

 

外見上はまったく変わって無い様です。 

(うーん?スイングアームの角度が 少し水平気味?)

 

これなら体格に恵まれない方も、道の駅なんかで豪快にゴロンを回避できるかもしれません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Α‐莠峪兩

 

 

 

 

トップブリッジからニョロリとハンドルクランプがそびえ立っております。

 

 

 

 

お陰で 私の様な長身派の人でも スタンディング時にわざわざ前かがみにならなくても、余裕でハンドルに手が届きます。

 

 

これには ちょっとした弊害もあります。

 

 

 

着席時には少し高すぎる様に感じます

 

私くらいの身長(175cm)であれば、少し腕を下げた形になりますが  

肩の位置が少し低くなると 常にキョンシーの如く腕を上げ続ける羽目になりそうです。

 

しかしこれはつるしの状態での話。

 

ハンドルクランプは社外品もあるようですし、 ほんの少しハンドルを手前に引いて固定すればいくらか改善できると思います。

 

 

 

 

 

全体的な姿勢としては

 

腰も伸ばせて 膝の曲がり角も緩やか

 

非常に楽な体勢で操縦する事が出来、JALのファーストクラス並みの快適な陸の旅が約束される事でしょう。

 

 

 

 

 

П親粟能(オンロード編)

 

 

 

 

DSCF0554.JPG

 

 

さて、慣らしツーリングをしながらの走行インプレ

 

この日も 重たい 燃料タンク満タンは避け タンクの半分まで程の給油で出発です

 

 

 

DSCF0555.JPG

 

まずはブレーキ性能。

 

 

 

フロントはスーパースポーツバイクの様な ダブルディスク のラジアルマウントキャリパー!   

 

オフロードに特化させたバイクとしては ややオーバースペックで、片側ディスクにしてその分車体を軽くして! という声が聞こえてきそうですが

 

車重を考慮すると 必要なのかもしれません。

 

 

制動力は必要にして十分!  ガッツリ効いてくれる分、サスが柔らかいので

ブニョーンとノーズダイブして、フロントタイヤに荷重掛ってますぜ!という感覚が味わえます。

 

 

 

 

 

 

 

まだ試していませんが、ABS(もはや最近のバイクは標準装備が当たり前)は リア側だけスイッチ一つでオフに出来ます。

 

 

わざわざシート下のカプラーやらヒューズやらを細工する必要も無ければ、ABS作動不良の警告灯を常時点灯させてしまう事態にもなりません。

 

リア側のABSをキャンセルすれば、ダートでのターンインでのリアブレーキロックによる向き換えが可能になるのです!

 

 

 

 

 

 

 

エンジン特性は  直列2気筒の998cc  

 

以前乗っていた直列4気筒1400ccのZZRとは畑が違うので比較できませんが

 

普段 頻回に乗っている シングル単気筒のWR250の 地面を蹴る様な鼓動感・トルク感が より一層ぶっとくなった感じです。

 

 

 

 

公式紹介にも

『吸排気系の見直しにより排気音と鼓動感をさらに際立たせる』

とある様に、 前年度までのモデルと比較しても、メーカーが意図的にこの鼓動感を盛っている(売り物にしている)様です。

 

 

 

ハーレーには乗った事無いんですが、たぶんハーレーみたいな感じだと思います。

 

『ううん、知らないけど絶対そう』

 

※自ら話に根拠がない事を前半で表明している癖に「絶対そう」と非合理な決め付けを炸裂させた 当時流行していた大型匿名ネット掲示板で流行した表現である

 

 

また、キャタライザーを分割化することでサイレンサーの小型軽量化を実現しているそうですが、

『え? こんなに音大きくて車検大丈夫?』って位迫力ある音質となっております。

 

 

 

 

 

 

 

さて、最後に バイクの挙動です。

 

 

今回選んだルートは、サスやギアの慣らしにも主眼を置いた

 

ワインディングを程良く織り交ぜたコース

 

 

 

DSCF0559.JPG

 

 

九重から天瀬・日田方面へ接続する快走路『ファームロード わいた』を走りました。

 

 

 

 

DSCF0560.JPG

 

 

 

 

 

 

G0031617.JPG

 

 

 

 

 

 

 

サスペンションは ストローク量を伸長させた専用サスペンションを採用。

 

 

 

 

 

 

オフロード走行時の走破性を向上させる味付けとなっており、オンロードを走り始めて一番に感じる印象は

 

『非常に柔らかい』よく動く足!  という事です。

 

 

 

 

DSCF0563.JPG

 

純正のタイヤはオンロード主体に振ったもの

 

ロードノイズや 変な震動も皆無  

 

 

柔らかい足は 長距離・長時間のライディングの疲労を確実に押さえてくれるしトラクションの掛り具合を感じ易くもあります。

 

大径ホイールは直進安定性にも寄与します。

 

スクリーン等の防風・カウリングの性能も相まって とにかく身体の物理的にも、気持ちの上でも とにかく 『快適・快速』という印象を受けました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホイールサイズは フロント21インチ  リア18インチ

 

これは完全にオフロードの走行に特化したもの。

(オフ寄りタイヤの種類の選択肢が多い & 不整地、障害物を走破する上で もっともバランスがとれている)

 

 

これは走るステージをオンロードよりもオフロードに主眼を置いた選択であり

 

この辺りが よく比較される他メーカーのビックオフ(BMWのGSやSUZUKIのV-スト、YAMAHAのテネレ等)と一線を画す領域と思われます。

 

 

 

 

 

 

DSCF0564.jpg

 

 

 

G0041882.JPG

 

 

ただ、この選択は オンロードのワインディングをハイペースで走る上で

 

必ずしも良い面ばかりではない印象でした。

 

 

大径ホイールの欠点は ワインディングを積極的にリーンして楽しむ場合に クイックさに欠けるのです。

 

車体を引き起こす動きが、非常にもっさりしており、スポーティーさがありません。

 

快適・快速過ぎて 『刺激』が足りないのです。

 

 

 

 

オフロードの走破性と、オンロードの操作性  

バイクとして重要なファクターである 『刺激や爽快感』

 

これらをバランスよく配合しようとすると、GSやVスト等が選択している F19インチ という処方になるのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、このアドスポには 前後サスともプリロード、減衰をフルで調整する事が出来ます。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので、 ´柔サスがらかい事のネガな部分´は この調整で 改善できると思います

 

 

後々、このサス調整による乗り味の変化もインプレできればなと考えております

 

 

 

 

 

 

 

G0031657.JPG

 

 

パワーやオンロードの気持ちよさでは エンジンパワーや足回りのセッティング上Vストやスーパーテレネの方が良いでしょう。

 

所有感、装備、スペックではGSやKTMのアドベンチャーがまさに不動の王者と言えるでしょう。

 

 

 

 

でもね、アフリカツインは あえてそれらのビックオフと土俵を違え(たがえ)ていると思うんです。

 

『そりゃ、オンロードではあなた達に勝てないよ。でもね、いざオフロードを走らせたら、絶対私が勝つんだよ!』というアイデンティティが このバイクにはあります。

 

たとえダートを走ろうが走りまいが、このバイクはあくまでオフロードを主眼に置いた組成なのだ! という事実が ビックオフ というカテゴリーを選んだユーザー心を満足させてくれる事でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_3948.JPG

 

 

 

刺激が無いだの、足付きがどうこうだの、

 

じゃあ、あなたいったい何が良くてこれ買ったの? って思われるかもしれませんが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は、こう思います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『おっきくって カッコイイじゃないか!』

 

 

 

 

 

 

以上、そんな感じの 素人がぱっと感じた オンロードにおいてのインプレでしたとさ。

 

 

 

おしまい

 

 

 

 

 

日本ブログ村全国ランキング参戦中!

 

喜びと節度と平穏は、医者に対して扉を閉ざす

   −−− ローガウ 「格言詩」 −−−

 

 

クリック ↓

 

 

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

 

 

 

ニューマシン 納車!

  • 2018.05.18 Friday
  • 18:27

 

タイトルの通り ZZRとお別れし

 

ついに ニューマシンの納車となりました。

 

 

DSCF0462.JPG

 

 

そんなニューマシンで 初めてのツーリング

 

ZZRとの最後のソロツーリングとなったルートを再び通ります。

 

 

湯布院〜やまなみハイウェイ〜大観望方面へ。

 

 

DSCF0465.JPG

 

(すでに このメータ周りで なんのバイクかお解りでしょうか??)

一応 長い付き合いになりそうなので、しっかり慣らし運転をします。
。毅娃亜腺沓娃娃襭蹐蓮_鹽梢遙械娃娃闇り
  そしてオイルとフィルター交換
△修海ら 回転数を5000まで解禁
 もう2000km程走って、もう一回オイル交換
そして全開解禁
というプランです。

 

 

 

 

 

DSCF0478.JPG

 

 

慣らし運転は距離だけを稼ぐのではなく、 適度なアップダウンやコーナーを交えたコースで

 

エンブレシフトのアップダウンをしっかり行い

 

サスやギアの慣らしもしていきます

 

 

 

 

DSCF0489.JPG

 

 

野焼の後、徐々に緑に色付き始めた阿蘇!

 

新たな生命の芽吹きを感じながら ニューマシンを走らせます。

 

 

ZZRとは まったカテゴリーの違うバイク。

 

バイクのメカニズム的な慣らしだけでなく、 

 

この機体に 私自身を慣れさせる必要もあります。

 

 

 

DSCF0491.JPG

 

 

 

 

 

さあ、ニューバイクお披露目 いつまで引っ張るのー? 

 

  ですって!?

 

  

 

 

DSCF0490.JPG

 

 

 

お待たせしました。

 

私のニューマシンの発表です!

 

    ↓

 

 

    ↓

 

 

    ↓

 

 

    ↓

 

    

    ↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF0494.JPG

 

 

ああー  阿蘇って美しいなあ〜  ・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

失礼、今度こそ発表です!

 

    ↓

 

 

    ↓

 

 

    ↓

 

 

    ↓

 

 

    ↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF0496.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、不意打ちで   どーーーーん!!

 

 

 

DSCF0482.JPG

 

 

ニューマシン 

『アフリカツイン アドベンチャースポーツ』

 

 

メーカー ホンダ エンジンタイプ 水冷4ストロークOHC(ユニカム)4バルブ直列2気筒
モデル名 CRF1000L アフリカツイン エンジン始動方式 セルフ式
タイプ・グレード - 最高出力 95ps/7,500rpm
動力方式 - 最大トルク 10.1kgf・m/6,000rpm
型式 2BL-SD04 車体重量(乾燥重量) -
排気量 998cc 車体重量(装備重量) 230kg
発売開始年 2018年 パワーウエイトレシオ -
燃料消費率 32.0〈2名乗車時〉 全長・全高・全幅 2330mm × 1475mm × 930mm
燃料タンク容量 18.0リットル シート高 870mm
航続可能距離 576.0km(概算値) フロントタイヤサイズ 90/90-21 M/C 54H
燃料供給方式 電子式〈電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)〉 リアタイヤサイズ 150/70R18 M/C70H

 

 

4月2日 正式発売

 

納車整備で1週間程かかり、 この記事が 4月中旬の事を書いていますので

 

たぶん  

大分県では このアドベンチャースポーツと言うグレードの納車第一号です。

 

 

(全国的に見ても バイクの聖地 大観峰に アドスポ乗り入れ第一号と思われます)

 

 

DSCF0507.JPG

 

なお、H30年4月より HONDAの二輪販売網が整備統合され 

400cc以上の大型車はドリーム店(一定基準の整備体制や 店舗条件を満たした販売店)でしか買えなくなりました。


 

と言う事で大分県では唯一のドリーム店 

『ホンダドリーム 西日本オート』でのアドスポ納車正真正銘の一番乗りでした。

 

 

 

 

 

IMG_3594.JPG

 

 

 

 

 

 

 

DSCF0521.JPG

 

 

詳しい装備やら 乗り味やらは 

 

また別の記事で書いて行きたいと思いますが・・・。

 

 

 

DSCF0639.JPG

 

まずは、こいつの本当の性能を試す前に

 

早く慣らし運転を終わらせたくて、極力距離を延ばせる様に 大観望〜阿蘇山周辺を走りまくりました。

 

 

 

登り有り、下り有り、カーブもストレートも適度にあり

 

おまけに走って気持ちいい!

 

慣らし運転にはうってつけのコースです^^

 

 

 

DSCF0641.JPG

 

草千里にやってきました。

 

奥に見える阿蘇山火口からは、モクモクと湯気が立ち上っています。

 

 

 

 

DSCF0642.JPG

 

最近 鹿児島・宮崎の霧島連山やら 硫黄山やら ハワイの火山やら 世界で火山活動が活発化してきている様で

 

阿蘇山も ちょくちょく立ち入り制限が発動します 

 

この日も『あれ? こんなに湯気が立ち上ってたっけ?』って位 モクモクと立ち上っていましたが

 

火山列島日本で 火山を気にし過ぎていてはきりがありません・・・。

 

 

きっと私の新車の納車を祝ってくれているのだ と思う事にしました

 

 

 

 

 

DSCF0651.JPG

 

野焼が終わって 徐々に緑が芽吹き始めた草千里  ↑

 

 

こちらは 三月末日の 野焼直後の 草千里   ↓

 

 

DSCF9791.JPG

 

 

 

 

 

DSCF0643.JPG

 

 

この日は阿蘇山火口までは行きませんでしたが、

 

草千里から見える湯気(噴煙?)は、刻一刻と量や形が変わっていました。

 

 

 

 

 

DSCF0646.JPG

 

この地下に眠るマグマのエネルギー、生きている地球の脈動。

 

そんなものを感じさせる景観です。

 

 

 

 

 

 

 

しばらく草千里でマッタリした後は、再び阿蘇市内まで下りまして

 

 

 

 

 

DSCF0676.JPG

 

 

ZZRのお別れツーリングの時にも寄らせて頂いた 

『鉄板焼まーぼー』さんで昼食。

 

 

 

DSCF9747.JPG

 

 

もちろん 看板メニューの 『阿蘇赤牛とガーリックライス』

 

 

なぜ、今回も昼食をこちらで頂いたかと申しますと

 

 

 

 

DSCF0675.JPG

 

なんと こちらのお店のオーナーさん 

アフリカツインのユーザーだったのです!

 

 

 

 

ZZRでお邪魔した時に、少しお話しまして

 

『実はこのZZRともお別れなんですよ〜』

 

店長

『あらあ・・・。  次は何に乗り換えるの?』

 

 

『アフリカツインに』

 

店長

『おお! 実は私もアフリカツインなんですよ〜 ^^ 納車したらぜひ見せてくださいね!』

 

『おお!  なんという偶然!』

 

 

 

 

なんてやり取りがあったんです。

 

 

 

たまたま立ち寄ったお店の店長がアフリカツイン乗りだった事

 

食後に丁度お客さんが少なくなって、ゆっくりバイクの話が出来た事

 

本当に色々な偶然が引き合わせてくれたのです

 

 

 

 

ZZRとのお別れを ただただ悲しんでした時期に

 

´納車されたら ぜひここの店長に見せに来よう´ という 乗り換えの背中を押してくれたエピソードでした。

 

 

 

 

 

 

DSCF0674.JPG

 

店長のアフリカツインはたしか2017年モデルのプロミネンスレッドですが、 黒にシックにまとめたい という意図で

 

外装を2018年モデルから設定されているマッドブラックの外装一式に換装していました!

 

大型アンダーガードも塗装 タンクも黒色タンクカバーで綺麗に覆ってあります。

 

もともと 赤色の外装だった事は まったく解りません。

 

 

 

他にも ワイドフットペグやラジエターガード、フォグランプに ヘッドライトガード

 

タイヤもオフロード寄りのブロックパターンをチョイス。 等等

 

ラリーテイストと、アーバンテイストが程良く融合した スペシャルな一台に仕上がっておりました!

 

 

 

 

 

 

 

 

私のアフリカツインも、納車に間に合わなかったパーツが届いて、

 

完全体の姿になった後に 再び見せに来ることを約束しました。

 

 

 

DSCF0552.JPG

 

納車&慣らしツーリングの 記念すべき一日目の〆は

 

自宅の近くの神社に こいつの安全運航、無病息災祈願へ寄らせて頂きました

 

 

 

 

DSCF0529.JPG

 

以前も紹介した 馬・牛を祀る神社

 

狛犬 ならぬ 狛馬(コマウマ) & 狛牛(コマウシ) !?

 

 

 

DSCF0530.JPG

 

 

 

DSCF0532.JPG

 

 

この鉄馬とも、これから末永く過ごせる様にお願いしてきました。

 

 

 

 

 

IMG_3839.JPG

 

 

 

IMG_3838.JPG

 

狛犬さん

『ちゃんと私も居るんだぞ〜』

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、ZZRとのお別れを私以上に悲しんでいた

 

 

このお方も・・・。

 

  ↓

 

 

 

IMG_3852.JPG

 

 

どうやら 受け入れてくれた様です。

 

ユーリ

『新しいお馬さん!  白いお馬さ〜ん』

 

 

ノン

『そうだよ、これが連邦の白いやつだよ』

 

 

 

 

 

 

IMG_3876.JPG

 

マイガレージへの収まりも良いです。

 

 

 

 

次回、慣らしツーリングの様子や

 

簡単なインプレ 買い替え動機など書いて行ければな と思っております。

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_4309.JPG

 

 

 

 

おしまい

 

 

日本ブログ村 全国ランキング参戦中!

 

人間が互いに愛情を示し合うところ、神は近くにある。』

   −−− ペスタロッチ 「リーンハルトとゲルトルート」 −−−

 

クリック ↓

 

 

 


にほんブログ村

 

 

 

菜の花満開の長崎鼻 (豊後高田 2018年春のお出掛け)

  • 2018.05.06 Sunday
  • 17:25

 

 

春のお出掛けの続き。

 

豊後高田の昭和の町の町歩きを楽しんだ我々は、そこから車を20分程走らせ

 

 

 

 

DSCF0374.JPG

 

 

国東半島の花の名所『長崎鼻リゾートキャンプ場』へ。

 

長崎鼻リゾート 公式HP ↓

http://www.nagasakibana-oita.jp/

 

 

 

 

 

 

無題f.jpg

 

 

海水浴のできるビーチ、コテージ、シャワー室を備えるキャンプサイト

 

そして、広大な敷地には 春は菜の花 夏はヒマワリ 秋はコスモス が一面咲き誇るお花の楽園

 

 

 

 

この時期は 丁度 菜の花が見頃でした。

 

 

DSCF0385.JPG

 

展望台もあります。

 

 

DSCF0375.JPG

 

 

DSCF0376.JPG

 

見渡す限り 黄色一色の世界

 

 

 

 

 

DSCF0383.JPG

 

ユーリはどーーこだ!?

 

 

 

AWAYTR 子供用 ベレー帽 キッズ 無地 3-8歳

 

 

DSCF0384.JPG

 

背景に見える駐車場には、まだ桜の花が残っていました。

 

満開の菜の花と、桜の花のコラボレーション

 

 

 

DSCF0391.JPG

 

 

 

一通り景観を楽しんだら・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ユーリ撮影会の始まり。

 

ノン

『型遅れの俺のNikonが火を噴くぜ!』

 

 

 

 

DSC_0097.JPG

 

レンズ: 18-70mm F/3.5-4.5 G
焦点距離: 70mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: スポット測光
1/500 秒 - F/8
露出補正: -0.7 EV
感度: ISO 400
仕上がり設定:
ホワイトバランス: オート
AFモード: AF-A

 

 

 

 

帽子 キッズ ベレー帽 帽子 コットン100%ゴム紐つきキッズかわいい春夏リンゴベレー帽(kids木綿赤絵描きおしゃれ頭囲(実寸):〜48cm海外セレブ漫画家ショッピングウおしゃれファッション通販amazon)

 

 

 

 

DSC_0113.JPG

 

レンズ: 18-70mm F/3.5-4.5 G
焦点距離: 70mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: スポット測光
1/640 秒 - F/8
露出補正: -0.7 EV
感度: ISO 400
仕上がり設定:
ホワイトバランス: オート
AFモード: AF-A

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0132.JPG

 

レンズ: 18-70mm F/3.5-4.5 G
焦点距離: 70mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: スポット測光
1/640 秒 - F/7.4
露出補正: -0.7 EV
感度: ISO 400
仕上がり設定:
ホワイトバランス: オート
AFモード: AF-A

 

 

 

 

DSC_0135.JPG

 

レンズ: 18-70mm F/3.5-4.5 G
焦点距離: 70mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: スポット測光
1/2500 秒 - F/8.5
露出補正: -0.7 EV
感度: ISO 400
仕上がり設定:
ホワイトバランス: オート
AFモード: AF-A

 

 

 

 

 

 

DSC_0143.JPG

 

レンズ: 18-70mm F/3.5-4.5 G
焦点距離: 70mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: スポット測光
1/1600 秒 - F/7.0
露出補正: -0.7 EV
感度: ISO 400
仕上がり設定:
ホワイトバランス: オート
AFモード: AF-A

 

 

 

 

 

 

DSCF0398.JPG

 

敷地は大変広く、全部回るとなると さすがに三歳児のユーリはお疲れ。

 

お父さんらしさを発揮します。

 

 

 

 

 

DSCF0402.JPG

 

見よ、この完全リラックスモードの顔

(私からは見えてません)

 

 

『ユーリ、パパはずっと運転もしてるんだから、少し休んだら自分で歩きなさい!』

 

ユーリ

『ヤダーーー』

 

 

『まあまあ、いいじゃないの。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF0403.JPG

 

完全に奥さんを見下す目線。

(私からは見えてません)

 

 

女同士の争いの怖さを垣間見ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF0407.JPG

 

インスタ映えしそうな木枠が設置されていました。

 

さっそく撮影してみましたが、思ったより映えませんでした!?

 

 

 

 

 

 

 

DSCF0445.JPG

 

 

DSCF0429.JPG

 

パパの肩車で少し充電したら、元気が戻った様です。

 

 

撮影会再開^^

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0152.JPG

 

Nikon D90
2018/04/01 17:14:03
JPEG (8-bit) FINE
レンズ: 70-300mm F/4-5.6 G
焦点距離: 300mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: スポット測光
1/1000 秒 - F/6.3
露出補正: -0.7 EV
感度: ISO 400
仕上がり設定:
ホワイトバランス: オート
AFモード: AF-A

 

 

 

 

DSC_0177.JPG

 

レンズ: 70-300mm F/4-5.6 G
焦点距離: 300mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: スポット測光
1/1250 秒 - F/6.3
露出補正: -1.0 EV
感度: ISO 400
仕上がり設定:
ホワイトバランス: オート
AFモード: AF-A

 

 

 

 

 

 

DSC_0189.JPG

 

レンズ: 70-300mm F/4-5.6 G
焦点距離: 300mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: スポット測光
1/800 秒 - F/6.3
露出補正: -1.0 EV
感度: ISO 400
仕上がり設定:
ホワイトバランス: オート
AFモード: AF-A

 

 

 

 

 

 

DSC_0208.JPG

 

レンズ: 70-300mm F/4-5.6 G
焦点距離: 78mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: スポット測光
1/2000 秒 - F/6.0
露出補正: -1.0 EV
感度: ISO 400
仕上がり設定:
ホワイトバランス: オート
AFモード: AF-A

 

 

 

 

菜の花畑を満喫した後は、ビーチを歩いてみました。

 

 

 

DSCF0451.JPG

 

 

砂浜にはあまり興味を持たず すぐに舗装路に逃げ帰るユーリ

 

 

 

 

DSCF0450.JPG

 

ユーリ

『お砂は歩きにくいの』

 

私・妻

『どこの国のお姫様ですか!?』

 

 

まったく末恐ろしい・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_3510.JPG

 

まあ、今日昭和の町の散策や迷路  公園で思いっきり遊んだ後に

 

ここでもたくさん歩きましたので、無理もありません。

 

 

御褒美に 甘〜い スイーツを御馳走してあげます。

 

 

 

 

DSCF0452.JPG

 

菜の花畑の脇に 折りたたみの椅子を出して

 

お花を見ながらの一休み。

 

 

【アウトドアチェア・キャンプ用品】Linkax コンパクトチェア アルミ合金&軽量 専用ケース付き ( 折りたたみ椅子)

新品価格
¥2,899から
(2018/5/6 17:24時点)

 

IMG_3561.JPG

 

 

夕日も色付いてきて 最高のシュチュエーションですね! お嬢様!

 

 

 

 

DSCF0453.JPG

 

 

そんな感じの春のお出掛けでした。

 

 

 

 

 

 

日本ブログ村全国ランキング参戦中!

 

この膝は神以上に屈せず

  −−− ナポレオン −−−

 

クリック  ↓

 

 

 

 


にほんブログ村

 

 

 

 

 

昭和の町散策 (豊後高田 2018年春のお出掛け)

  • 2018.04.30 Monday
  • 18:50

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF0301.JPG

 

 

春のお出掛けでございます。

 

故郷からひと山越えて、別府から高速道路に乗って一気に北上。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無題s.jpg

 

 

 

昭和の雰囲気を今に残す街  豊後高田の 『昭和の町』へやってきました。

 

 

 

 

 

町並みの前に、まず一番気に入ったのが

 

 

DSCF0316.JPG

 

 

ドラえもん とか サザエさん キテレツ大百科 とか 

 

一昔前のアニメに出てくる 絵に描いた様な 『昔の空き地』も忠実に再現!  

 

お約束の 三本土管 が設置されていました。

 

 

まあ、昭和の時代に

この様な場所が当たり前にあったのかの事実確認は別として

 

私の脳内には 『昭和の子供が遊ぶ場所』 と言えば、 三本土管が置かれた空き地だ

 

と刷り込まれております。

 

 

 

 

 

単純な構造がにも関わらず、

なぜか入りたくなる衝動に駆られる不思議な魅力を秘めた土管

 

 

吸引力の変わらないサイクロン土管

 

案の定吸い込まれたノンさんでした。

 

 

 

 

 

現代っ子のユーリも凄い食い付きで遊んでいました。

 

 

 

 

 

 

 

昔の ガソリンスタンド の再現かな?

 

地下に埋葬されたタンクじゃなくて、こういった保存用の器具を使っていたのでしょうか・・・。

 

 

値段の安さにも驚きましたが

 

『現代は1Lが150円位だから、昭和の頃から比べると 今は4倍も値上がりしてるのね』

 

 

ノン

『いや、現代はガソリンの価格の半分が税金だから ガソリン単体の値段は80円位』

『だから、2倍位かな・・・。』

 

 

\侈税 ▲ソリン税(本体税率) ガソリン税(暫定税率)  ぞ暖饑如

 

石油税とガソリン税の二種類が課税されているのは百歩譲って良しとしても、

 

なぜ二種類のガソリン税が課税されているのか??

 

 

しかも、消費税の利率は 石油税、ガソリン税を含めた税金枠にも計上されているという・・・。

 

税金に税金掛けてるって・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな虚しい計算をしても 日本政府の国民搾取体質は変わるはずも無く、真の意味で時間の無駄なので

 

我々は 昭和の雰囲気を楽しむ事に集中します。

 

 

 

 

 

 

こちらはアイス屋さん

 

店先にあるのは 移動式 自転車チリンチリン販売機

 

 

 

 

 

 

ユーリ 自転車に興味深々なお年頃?

 

そういえば、この前 近くの団地で自転車で遊ぶ年上の子供を じーーっと見てたな。

 

4歳になったら 補助輪付き自転車デビューかなあ??

 

 

父の遺伝子を受け継いで、 二輪の乗り物に興味を持つか!?

 

 

 

 

 

ユーリ

『ママー  あそこにソフトクリームあるーー!』

 

『うっ!  通り過ぎようとしたのに、気づいていたか・・・。 』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

薬局もレトロ感満点!

 

売られているのは、現代のお薬です。

 

(赤チンって消毒薬 皆さん知ってる?)

 

 

 

 

 

 

昭和の町の食べ歩きグルメで定番のコロッケ屋さん。

 

私のお勧めは、『キムチコロッケ』 キムチが好きな方はぜひ食べてください!

 

 

 

 

 

 

 

 

女子軍の食欲はとどまる所を知りません。

 

おかず系の次は、甘いスイーツだ と言わんばかりに

今度はこちらのお店に吸い込まれて行きました。

 

 

豊後高田 菓子禅 『高田屋』さん

  ↓

 

http://kasizentakadaya.blogspot.jp/

 

 

 

 

 

 

奥さんのお目当ては 看板メニューの 『イチゴ大福』

 

イチゴの果汁が練り込まれた 可愛らしい大福を想像していたのですが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イチゴが練り込まれた というより  ガッツリと組み込まれておりました!

 

 

甘〜いイチゴのしっかりした食べごたえと、ふっくら生地の大福

 

なんとも不思議な組み合わせでした^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他にも こんなに可愛らしい和菓子が

 

 

 

(公式 フェイスブックページより 拝借)

 https://www.facebook.com/kashizentakadaya/

 

 

 

創作和菓子以外にも

 

 

 

こういった 昔ながらのおやつ等も取りそろえていました。

 

季節によって メニューをどんどん変えている様です。

 

訪れるたびに新しい味を楽しめそうで、

スイーツ食べ歩き好きにはお勧めのお店です。

 

 

 

 

 

 

 

 

食べた分のカロリーの消費を図ります。

 

『路地裏迷路』

 

どうやら最近出来た様です。

 

 

 

 

 

 

 

 

入り口が 飾り気の無い 本物の路地裏です (笑)

 

 

 

 

『さあ、いくぞー!』

 

 

 

 

 

 

 

向こう側が見えるスケスケの壁なので、閉そく感の無い 健全な迷路です。

 

万が一出られなくなったり、子供がはぐれても、 壁の下をくぐれる位の隙間もあります。

 

 

小さなお子様も安心。

 

 

 

 

 

 

 

迷路の途中には、昭和時代の知識を試される パネルクイズが設置されています。

 

 

 

 

クイズのパネル以外にも、

アンティークな昔の看板なんかも設置されていて 飽きる事はありません。

 

 

 

 

 

ゴール!

 

と言っても、何がある訳でもありません。  

 

 

 

 

 

『感動に欠けるゴールだ(笑)』

 

ノン

『マジ 卍(まんじ)』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昼食は、こちらで頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食べ歩きで ちょいちょい食べてたにも関わらず・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

この食い付きである。

 

まったく末恐ろしい。

 

(でも ここのラーメン 本当に美味しかったです。)

 

 

 

 

 

 

さあ、お腹も満たし

 

次の観光スポットに向かう前に、食後のひと運動!

 

 

 

 

 

 

正午も過ぎ、 みるみる気温が上がります。

 

 

さあ、食べ歩きと ラーメン、餃子の分動くぞーー!!

 

 

 

 

 

 

昭和の町に隣接する 豊後高田市の 『中央公園』

 

 

昭和にちなんだ遊具がたくさん。  

 

しかも とっても広くて規模が大きいんです。

 

街歩きのおまけではなく、ここだけをメインでも丸一日遊べそうな程のボリューム。

 

 

豊後高田市  観光HP  『中央公園』のご紹介 

   ↓

 

http://www.city.bungotakada.oita.jp/page/page_01359.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天候も良く、絶好の行楽日和 と言う事もあり

 

公園は まるで ウオーリーを探せ の如く込み合っておりました。

 

 

 

 

 

 

春の行楽は まだ続きます。

 

 

 

 

 

 

つづく

 

 

 

日本ブログ村 全国ランキング参戦中!

 

人間が一人でもおれば、必ず親切にしてやる機会がある。』

     −−− セネカ −−−

 

クリック ↓

 

 


にほんブログ村

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM