秘湯&林道経由 玖珠でランチツーリング

  • 2018.10.14 Sunday
  • 23:07

 

 

大きな台風が2、3個過ぎ去り

 

季節はようやく秋に。  ツーリングシーズンの到来です。

 

 

 

とある日 このブログに良くコメントをくださる 大分県郷土・歴史研究家の「SU−吉さん」にお誘いを受けまして

 

グループでツーリングに行ってきました。

 

 

 

目的は玖珠にあるバイカー御用達の食堂「金太郎」さんにお邪魔する事と、 

 

道中 「SU−吉温泉」なる場所に立ち寄ってみる事。

 

当日集合しますと 私以外にも 二名ほど参加者がおりまして

 

 

 

IMG_1809.JPG

 

手前 緑のスーパーシェルパ:Uさん

隣 黒WR250:私

右端 エイプ!:Wさん

奥 セロー250:SU−吉さん

 

という4台編成となりました。

 

 

 

Uさんのご希望で「走りやすい林道があれば走ってみたい」という事で、

 

内心「エイプのWさんは大丈夫かなあ・・・。」と感じつつも 大分県の中部辺りにある 某林道なら 通過するくらいなら大丈夫かな 

 

と思い とりあえずご案内。

 

 

 

 

 

 

 

が、そのような心配は全く無用でした。

 

 

 

 

 

IMG_1813.JPG

 

私が先頭を走って 道案内をしたのですが 二番手を走るWさん(エイプ)は とんでもない走り!

 

 

なんとWさんの正体は スパ直入などで大型〜小型 様々なバイクでスポーツ走行をしたり、レースを楽しまれている凄腕ライダーさん

 

道中の一グネグネ山道も ストレートで離しても、コーナー2、3個ですぐに追い付いてきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1816.JPG

 

 

林道に突入してからも、それは変わらずで

 

Wさん「何回かフロントがぶっ飛びかけたけど、小さい(バイクが)けん、大丈夫^^」

 

と グリグリと超攻撃的な走り!

 

 

 

私は皆さんの写真を撮るために、グループを引き離して先にバイクを止めてカメラを構えるのですが

 

もう本気で走らないとWさんを引き離せませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1818.JPG

 

林道初心者のUさん(スーパーシェルパ)

 

「ドキドキしたけど楽しい〜 (^O^)」と 安全ペースで危なげない走り

 

 

 

IMG_1819.JPG

 

いつもいつも 「林道はだけはご勘弁!」というSu−吉さんも 心配は御無用

 

まったく安定した走りで笑顔で走破  次回はもうチョイ奥地にいっても大丈夫ですね!

 

 

 

 

 

IMG_1827.JPG

 

出口付近で、記念にパシャリ。

 

秋晴れの空に 後ろにそびえる猫耳の由布岳。

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1832.JPG

 

某林道を抜け、湯布院を経由して 玖珠方面へ

 

 

 

IMG_1835.JPG

 

途中、SU−吉さんに先導を交代してもらい、脇道へ逸れます。

 

少し進むと、噂のSU−吉温泉に到着です。

 

 

 

 

 

 

 

  がっ!!

 

 

 

IMG_1843.JPG

 

私「ちょっ www  (笑)  」

 

 

 

 

 

 

IMG_1839.JPG

 

SU−吉さん、これ 温泉ちゃいますやん!!  

 

と思わず関西弁で突っ込みたくなる光景

 

 

 

 

脇道のドン着き(行き止まり)に 突然現れた光景は

 

柵やら注意書きの類は一切なく 道のわきに でっかい穴が開いていて

 

そこに まるで別府の坊主地獄の様に、泥がボコボコと煮沸されています

 

 

 

IMG_1840.JPG

 

これ、ガスとか大丈夫なのだろうか!?

 

遮るものも何もなく、もし間違ってドボンしたら 間違いなくお陀仏ですぜ!

 

 

 

SU−吉温泉なる場所に寄る事を知らされていたUさんは 直前まで温泉に入るかどうか迷っていたそうですが・・・。

 

 

これはもう 温泉という域を逸脱した場所でした。

 

 

 

 

 

動画でその迫力が伝わるでしょうか・・・。

 

 

 

 

詳しい場所なんかは、死人が出ると悪いので控えておきます。

 

 

SU−吉さんの発見したとんでもないスポットを、しばらく成人男性4人で見つめた後

 

 

 

もう一か所、SU−吉さんのお勧めスポットに寄ってみる事に。

 

 

 

IMG_1845.JPG

 

大分県のマイナー駅  「野矢駅」です。

 

こちらは、先ほどのSU−吉温泉と違って、マッタリゆったりの癒しのスポット

 

 

 

 

 

IMG_1847.JPG

 

駅の向かいにある壁にはお地蔵さま。

 

防護フェンスが 丁度お地蔵さまの所だけ 丸く穴が開けられてました^^

 

きれいな生花もお供えされてます。 地元の方に とても大事にされているのでしょうね。

 

 

 

 

 

IMG_1848.JPG

 

もちろん無人駅です

 

駅自体が山奥にあり、幹線道路からも離れているせいか、人工的な音が何もしません。 

 

ゆっくりとした時間が流れている場所でした。

 

 

 

 

IMG_1853.JPG

 

無人ながら、駅舎はきれいに維持管理されていました。

 

 

 

IMG_1852.JPG

 

地元の小学校か子供会のものでしょうか?  

 

かわいい新聞が掲示板に張られておりました。

 

 

 

 

 

IMG_1849.JPG

 

 

 

IMG_1851.JPG

 

なんだか 秘境駅「宗太郎」に良く似た雰囲気のある駅でした。

 

 

 

 

 

 

さて、ひと休憩した所で再出発。   

 

お昼ごはんにはまだ早い時間でしたので、遠回りついでに

 

ここから近い場所にある林道に寄り道してみる事にしました。

 

 

 

 

 

IMG_1854.JPG

 

2年ぶりほど前に走った林道ですが、とても走りやすかった記憶がありました。

 

 

 

 

ところがどっこい

 

 

 

 

IMG_1856.JPG

 

けっこう路面の状況が変わってました。

 

林業のトラックが通れる様にしたためか、部分に拳(こぶし)大サイズの石が敷き詰められておりガレガレ状態

 

 

 

IMG_1858.JPG

 

 

こりゃ、ひどいトコに誘いこんじゃったな ((+_+))  

 

と責任を感じましたが・・・。

 

 

 

IMG_1860.JPG

 

 

皆さん、無事にガレ区間をクリアーで一安心。

 

 

 

 

 

IMG_1867.JPG

 

 

林道って、たった半年や一年(特に台風シーズンを挟むと)でがらりと姿を変えます。

 

まさに林道は生き物ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1871.JPG

 

そんなこんなの林道ツーリングを経て、ちょうどお昼時間時に

 

玖珠の 「金太郎」さんへ 到着!

 

 

 

 

IMG_1872.JPG

 

 

バイカー御用達という事で、たくさんのツーリンググループやチームのステッカーが貼ってありました。

 

何を隠そう、こちらのお店を切り盛りされている若旦那さん、

 

お店自体の知名度と同じくらい、県内外問わず 大カブ主(株主はカブのライダーさんの愛称)としても有名なんです。

 

 

若旦那様のブログ、いつも楽しく拝見しております。

 

  ↓

 

月曜どうでしょう CT110・YD125・R80RT

大分県玖珠町「金太郎」より
月曜日が休み♪どうでしょう!?

 

https://blog.goo.ne.jp/kiyomako-r80

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1874.JPG

 

店内は古民家風、和のクラシカルなイメージ。  

 

キャロルの旧車が土間スペースに飾られておりました

 

 

IMG_1873.JPG

 

 

 

 

IMG_6294.jpg

 

私は 看板料理の 「とろとろ オムライス」を注文。

 

玖珠のお米を使ったチキンライスに、こりゃまた玖珠取れの卵をふんだんに使った こだわりの逸品

 

大変ボリュームがあり、写真では大きさが伝わりにくいのですが、成人男性でも 十分おなかいっぱいになれます。

 

 

 

 

 

以前 玖珠のインスタスポットついて書きましたが

 

旅人の日記

玖珠の切株山へソロツーリング

 

  ↓

 

http://kingxcat.jugem.jp/?eid=876

 

 

 

 

ここ金太郎でも インスタ映えスポット発見!

 

活目せよ!

 

 

 

 

IMG_6295.jpg

 

切株山も様にそびえる 黄金に輝くオムライスの飯テロ!

 

まさにインスタ映えですね^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1877.JPG

 

金太郎さんの店舗の向かいにある 旅館「高田屋」さん

 

実はこの高田屋さんこそが本家であり、食事処として金太郎を始めたそうです

(フェイスブックより)

 

高田屋さんは、ライダー・旅人大歓迎で、雨でもバイクを室内に入れられる様になっているそうです。

 

 

 

 

IMG_1880.JPG

 

本日の目的を終え、帰路に着きます。

 

ですが、解散にはまだもったいない時間。

 

 

 

 

もう一か所寄り道を!

 

 

IMG_1884.JPG

 

本日3本目の林道 「大平林道」です。

 

 

こちらは、大分県の林道で検索をかけるとすぐに出てくる有名な林道。

 

とにかく走りやすい、フラットな林道です。

 

 

 

 

 

 

 

以前訪れた際の記事

 

旅人の日記

WR250Rで大平林道&福貴野の滝

  ↓

 

http://kingxcat.jugem.jp/?eid=800

 

 

 

 

IMG_1886.JPG

 

 

IMG_1888.JPG

 

 

IMG_1891.JPG

 

 

二本目の林道で耐性が付いたせいか?  

 

皆さんリラックスして走り抜けたようでした^^

 

 

 

 

 

 

IMG_1898.JPG

 

短い林道ですが、抜けた先には・・・。

 

 

IMG_1899.JPG

 

本日のツーリングの最後の立ち寄りスポット 「福貴野の滝展望台」

 

 

 

 

IMG_1894.JPG

 

 

今日一日の疲れを癒す絶景かな?  (^O^)

 

紅葉の時期は、もっと素晴らしい景色になりそうですね。

 

 

 

 

IMG_1895.JPG

 

 

 

 

 

 

むむ?

 

 

 

IMG_1897.JPG

 

あんな立派な展望台なのに、訪れる人少なそうです。 

 

こういった面白いものを積極的に観光資源化して 訪れる人が増えると良いですね。

 

 

 

 

IMG_1912.JPG

 

 

結局林道を3本も走って おいしいものも頂けてお腹いっぱい 

 

最後に美しい景色も見れて、大満足なツーリングでした^^

 

 

 

 

おしまい

 

 

 

日本ブログム村 全国ランキング参戦中!

 

われわれが友人に求めるのは、われわれの行動に対する賛意ではなくして理解である。」

   −−− ハイネ 「モーザ宛書簡」 −−−

 

クリック ↓

 

 

 

 


にほんブログ村

 

 

 

家族でお出掛け 七つ森古墳群の彼岸花 (H30年9月)

  • 2018.10.06 Saturday
  • 17:02

 

 

9月下旬のお話。

 

我が家の家の周囲にもチラホラ咲き始めた「彼岸花(ヒガンバナ)」

 

 

 

ユーリと近所を散歩しているときに

 

ユーリ

「赤いお花がいっぱいだーー」

 

と 気にしていた様子でしたので、竹田市にある彼岸花の群生地に連れて行って見ました。

 

 

 

DSCF2355.JPG

 

訪れたのは「七つ森古墳群」です。

 

ちょうど満開の時期に来れました!

 

 

 

 

DSCF2303.JPG

 

 

大分と熊本(阿蘇方面)を繋ぐ 国道57号線沿いという 大変アクセしやすい場所にあります。

 

 

DSCF2301.JPG

 

 

七つ森という名前からして 「古墳は7つあるんだろうなーー」と思っていましたが

 

敷地内には円墳2基と前方後円墳2基の計4基しか残っていないそうです。

 

 

 

 

 

DSC_0151.JPG

 

 

残った古墳4つの内、一番端っこ(西側)の古墳には、とても小さい石棺が入っていて幼児が埋葬されていたそうです。

 

という事は、この場所は 古墳を築けるくらい裕福で身分の高い家族が埋葬されていたのかもしれませんね。

 

 

 

「七人家族なら、サザエさん一家やね」

 

(フネ、波平、サザエ、マスオ、カツオ、ワカメ、タラ)

 

 

 

「ギャフン」

 

 

 

 

 

 

DSCF2316.JPG

 

敷地内に植えられた20万本の彼岸花に驚きと興奮?のユーリ

 

元気に周辺を散策です。

 

 

 

 

DSCF2347.JPG

 

彼岸花には、なぜかアゲハ蝶がよく集まります。

 

不思議に思ってちょっと調べてみたんですが、 アゲハ蝶は ほかの蝶が認識できない「赤色」を感知する事ができるそうです。

 

 

アゲハ蝶にとっては、密を独占状態ですが

 

球根で子孫を増やす彼岸花にとっては、花粉を運ばせる必要もないので、栄養の元である密の吸われ損。 といった所でしょうか。

 

 

 

 

 

 

DSC_0013.JPG

 

レンズ: 18-70mm F/3.5-4.5 G
焦点距離: 70mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: スポット測光
1/500 秒 - F/5
露出補正: +0.3 EV
感度: ISO 400

 

 

 

 

DSC_0023.JPG

 

レンズ: 18-70mm F/3.5-4.5 G
焦点距離: 62mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: スポット測光
1/100 秒 - F/5
露出補正: +0.3  EV
感度: ISO 400

 

 

 

 

 

 

DSC_0033.JPG

 

 

レンズ: 18-70mm F/3.5-4.5 G
焦点距離: 70mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: スポット測光
1/80 秒 - F/5
露出補正: +0.5 EV
感度: ISO 400

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子供と花の写真といえば、プラス補正をガーっと掛けて!ファンシーな感じに仕上げると相場が決まってますが

 

(こんな感じ↓)

 

 

 

DSC_0145.JPG

 

レンズ: 18-70mm F/3.5-4.5 G
焦点距離: 70mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: スポット測光
1/640 秒 - F/5
露出補正: +0.6 EV
感度: ISO 400

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼岸花に関しては、マイナス(アンダー)補正の似合う花。

 

    ↓

 

 

 

 

 

レンズ: 18-70mm F/3.5-4.5 G
焦点距離: 60mm
デジタルイメージプログラム: クローズアップ
測光モード: マルチパターン測光
1/125 秒 - F/4.5
露出補正: -0.6 EV
感度: ISO 600

 

 

 

 

 

 

 

 

子供と彼岸花

 

折り合いの良い、程よい明るさで撮って見ました。

 

 

 

 

 

DSC_0047.JPG

 

 

レンズ: 18-70mm F/3.5-4.5 G
焦点距離: 62mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: スポット測光
1/100 秒 - F/5
露出補正: +0.3 EV
感度: ISO 400

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0067.JPG

 

レンズ: 18-70mm F/3.5-4.5 G
焦点距離: 56mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: スポット測光
1/80 秒 - F/10
露出補正: -0.3 EV
感度: ISO 400

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0110.JPG

 

レンズ: 18-70mm F/3.5-4.5 G
焦点距離: 70mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: スポット測光
1/100 秒 - F/7.1
露出補正: +0.3 EV
感度: ISO 400

 

 

 

DSC_0115.JPG

 

 

レンズ: 18-70mm F/3.5-4.5 G
焦点距離: 48mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: スポット測光
1/80 秒 - F/7.1
露出補正: +0.3 EV
感度: ISO 400

 

 

 

 

 

 

DSC_0116.JPG

 

レンズ: 18-70mm F/3.5-4.5 G
焦点距離: 70mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: スポット測光
1/50 秒 - F/7.1
露出補正: +0.3 EV
感度: ISO 400

 

 

 

 

DSC_0118.JPG

 

レンズ: 18-70mm F/3.5-4.5 G
焦点距離: 70mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: スポット測光
1/40 秒 - F/7.1
露出補正: +0.3 EV
感度: ISO 720

 

 

 

 

 

 

 

 ユーリ

「見せてよー。」

 

DSCF2352.JPG

 

 

 撮影会が終わり、自分の写りをチェックする女優振り。

 

 

 

 

DSCF2354.JPG

 

 彼岸花の鑑賞を楽しんだ後は、この七ツ森古墳のすぐ近くにあるカフェに寄ってみました。

 

 

 

 

IMG_6256.jpg

 

古民家の軒先に、先ほどの彼岸花の様な色のバイクがディスプレイされていました。

 

古民家とバイク、という組み合わせも中々親和性があるんですねー

^ - ^

 

絵になります。

 

 

IMG_6255.jpg

 

 

奥さんも前々から気になっていたカフェらしく、思わぬ寄り道に上機嫌。

 

 

撮影疲れ&お昼寝タイムが近かった小さな女子も、ジュースとケーキと聞いて 元気回復!

 

 

 

 

IMG_6247.jpg

 

クラシカルな店内

 

色々な作家さんや芸術家さんの作品の展示や販売もされていました。

 

 

 

 

IMG_6249.jpg

 

冬は薪ストーブが活躍するそうです。

 

この空間にますます味が出そうですね。

 

 

音楽系にも力を入れている様で、ジャズや軽音の演奏会が定期的に催される様です。

 

 

IMG_6253.jpg

 

店内にディスプレイされていた 可愛い絵本

 

待ち時間も読み聞かせでユーリも退屈しません。

 

 

 

IMG_6252.jpg

 

 

私はアイスコーヒー。

 

湧水白水の滝が近くにあるだけあり、お水が美味しいせいか、コーヒーもとても飲みやすくてサッパリしていました。

 

この日は水出しアイスコーヒーでしたが、10月になると、そろそろホットのコーヒーも恋しい時期になりますね。

 

 

 

IMG_6250.jpg

 

ケーキは季節や時期によって変わります。

 

この時期はバナナケーキわカフェオレ風に仕上げておりました。

 

 

 

 

 

 

 

以上、秋の気配を感じた 家族のお出掛けデイでした。

 

 

 

おしまい

 

 

 

 

日本ブログ村全国ランキング参戦中!

 

「年をとったから遊ばなくなるのではない。遊ばなくなるから年をとるのだ。」

    ーーー バーナード・ショー (アイルランドの劇作家、ノーベル文学賞受賞 / 1856〜1950) −−−

 

 

クリック ↓

 


にほんブログ村

 


にほんブログ村

 

 

 

玖珠の切株山へソロツーリング

  • 2018.09.30 Sunday
  • 08:20

 

 

アフリカツインでソロツーリングでやんす。

 

 

 

なんでも´インスタ映え´スポットがあるらしい ということで

 

今更ながらですが、『玖珠の切株山』へ行ってみる事にしました。

 

 

 

DSCF2161.JPG

 

210号線を淡々と走るのは面白くありません。

 

湯布院から玖珠方面への裏道として有名なコンクリートの道路。

 

言わずと知れた!?日出生台の戦車道です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF2165.JPG

 

 

ZZRなら『ちょっとガーガーするな〜。』『ロード系バイクでは走り難いなー。』と思っていたコンクリート道路も、

 

アフリカツインの足長で柔らか猫足なら快適に走れます。

 

 

マシンの形状はもちろん、サスペンションのセッティング・性格で、こんなにも路面から感じる情報が違うんだな〜と感じました。

 

 

 

 

DSCF2172.JPG

 

日出生台の演習所沿いの道路に入りますと、ダムが見えてきました。

 

 

DSCF2170.JPG

 

 

 

 

DSCF2171.JPG

 

 

深見ダムさん。

 

昭和41年生まれの 52歳なお年頃。

 

ダム自体がほとんど自衛隊演習場内にあるため、防衛施設庁の補助を受けて造られたそうです。

 

 

 

 

DSCF2167.JPG

 

 

 

 

DSCF2168.JPG

 

今年は雨の少ない酷暑。 渇水気味な水位でした。

 

 

 

 

DSCF2169.JPG

 

ダムの保守に使われている重機は自衛隊の車両の様です。

 

建設にあたっての補助だけでなく、メンテナンスも自衛隊の協力を得ているのでしょうか。

 

 

 

 

DSCF2174.JPG

 

 

快適な県道679号〜409号(湯布院〜日出生台〜玖珠)の旅は続きます。

 

 

 

DSCF2175.JPG

 

 

戦車でも見れないかなー。と、演習場の中に眼を凝らします。

 

 

あんまりじっと見てたり、カメラを向けてると

 

他国のスパイの情報収集活動と勘違いされて、当局連行されるんじゃないかしら。

 

そして、行方不明者として極秘裏に処理されて

 

そしていつのまにか、家族や友達、誰の記憶から無くなってしまうなのはないか。

 

そんな心配をしながら、こっそり覗き込みます。

 

 

 

 

 

DSCF2176.JPG

 

『あっ!  砂煙だ!』

 

 

あの先に戦車などの自衛隊車両があるのかな?と観察しますが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF2177.JPG

 

結局砂煙だけで、車両は見えませんでした。

 

私の様な興味本位の輩(やから)から隠すため、道路からは見えない場所で演習してるんでしょうね。

(T . T)

 

 

DSCF2179.JPG

 

 演習場の中をさらに観察すると

 

丘の上に何か見えます。  岩かな? 

 

 

DSCF2180.JPG

 

 多分人工物かな。トーチカっぽい。

 

昔は演習に使っていたのかな??

 

 

 

あまりまじまじ見てると怒られそうなので(実際は多分怒られません)

 

快適な679号〜409号線の旅を続けます。

 

 

DSCF2181.JPG

 

 目の前に面白い形の山が見えてきました。

 

 

DSCF2182.JPG

 

まるでこれから目指す切株山みたいです。

さしずめミニ切株山といった感じ。

 

 

 

走って爽快、見ていて飽きない(運が良ければ戦車にも会えるかも)679号線を抜けると、玖珠に到着です。

 

 

DSCF2186.JPG

 

玖珠町に入ればどこからでも見える切株山

 

あの大きな切株の様な山の上に、目指す公園広場があります。

 

 

DSCF2187.JPG

 

 下からズームで見ると、展望台の様な建物が見えます。

 

 

DSCF2189.JPG

 

 山の向こう側には、こりゃまた玖珠のランドマーク 、ウィンドファームの風車達が見えます。

 

 

DSCF2185.JPG

 

田園の中を走る道から、山の方に上がって行きます。

 

主要国道210号線から、「切株山」の看板に沿って走れば迷うことはありません。

 

(部分的に車では離合が困難な狭路がありますが、ゆっくり走れば大丈夫)

 

 

 

 

DSCF2191.JPG

 

 国道から10分程で山頂の公園に到着です。

 

 

DSCF2192.JPG

 

 山頂の公園は、綺麗に整備されています。

 

 

DSCF2193.JPG

 

 先程の日出生台で見た山や、この切株山は 「メサ地形」と呼ばれる、この玖珠地方で見られる特徴的な地形なのです。

 

ちなみに、我が故郷庄内にも このメサ地形の山がございます。

 

 

 

 

 

旅人の日記  過去記事  『秘境神社 熊群山 登山編』

 

庄内の秘境神社 熊群山へ その1

http://kingxcat.jugem.jp/?eid=592

 

庄内の秘境神社 熊群山へ その2

http://kingxcat.jugem.jp/?eid=593

 

庄内の秘境神社 熊群山へ その3

http://kingxcat.jugem.jp/?eid=594

 

庄内の秘境神社 熊群山へ その4

http://kingxcat.jugem.jp/?eid=595

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF2195.JPG

 

 この切株山には、昔はお城もあったそうです。

 

 

 

 

DSCF2196.JPG

 

外部の侵入を阻む切り立った絶壁に、

 

山頂部は曲輪などの防衛拠点を築きやすい地形。

 

 

 

さぞ強固な山城だったんでしょうね!

 

 

DSCF2197.JPG

 

 小さな小屋がありました。

 

トイレかな??

 

 

 

 

 

DSCF2198.JPG

 

 いえ、絶滅寸前の緑の公衆電話。

 

締め切っているので、多分回線は繋がってないと思われますが、最近なぜか緑の公衆電話見ると嬉しくなります。

 

そのうち「県内の残存するの緑の公衆電話を全部廻るツーリング」なんぞ企画してみようかなー。

 

 

 

 

DSCF2199.JPG

 

 さて、バイクを降りて山頂の広場を散策します。

 

 

DSCF2203.JPG

 

 さすがインスタ映えスポット。

 

よく整備された芝生の広場、そこに置かれた遊具、そのバックに広がる展望

 

すでになんとなくおしゃれ空間が完成しておりますが、

 

これに 「キッチンカー」が加わる事で、おしゃれ度がガツンと高まっております。

 

キッチンカーには そのような魔力があるのです。

(私 個人の感想です)

 

 

 

 

DSCF2208.JPG

 

しかし平日ということもあり、閑散としております。

 

到着した時点では、私一人だけ。

 

今この瞬間、俺だけの切株山!の完成である。

 

 

 

DSCF2207.JPG

 

 写真には写りませんが、沢山の盆トンボ(赤トンボ)が舞っております。

 

 

 

 

 

 

DSCF2206.JPG

 

クスノキの切株だったのか!

 

童話の里と呼ばれる玖珠らしいエピソード

^_^

 

 

 

 

DSCF2209.JPG

 

どこからでも、どの方向でも 展望は抜群!

 

ここはグライダーの発着場として使われるくらい、年通で風が吹くそうです。  

 

秋の気配が漂う風を感じながら、しばし景色を楽しみます。

 

 

 

DSCF2210.JPG

 

 

 

DSCF2211.JPG

 

大きな造成地が作られています。

 

住宅地を作ってるのかな??

 

 

DSCF2212.JPG

 

 デジカメでズーム!

 

どうやら工場の様です。

 

あとでキッチンカーの店員さんに聞いたところ、合板を作る工場が出来るそうです。

 

 

DSCF2219.JPG

 

 デジカメのミニチュアモードで遊んでみました。

 

富士フイルム デジタルカメラ XF10 ブラック XF10-B

新品価格
¥45,772から
(2018/9/30 08:08時点)

 

 

富士フイルム デジタルカメラ XP130 スカイブルー FX-XP130SB

新品価格
¥21,124から
(2018/9/30 08:10時点)

 

 

 

 

 

DSCF2215.JPG

 

 プラモデルのジオラマみたいでしょ

(^ ^)

 

ガンダムとかのプラモデルを置きたくなります。

 

 

 

DSCF2216.JPG

 

 野焼きの煙も、まるで棉(ワタ)みたいに写ります。

 

 

DSCF2224.JPG

 

 あ、あれは!

 

 

デジカメの光学30倍ズーム!

 

 

 

 

 

 

DSCF2226.JPG

 

拡大すると、これまた玖珠を代表する観光地

 

「豊後森駅の円形機関庫」です。

 

 

DSCF2228.JPG

 

玖珠は街中に立派なグラウンド&野球場があります!

 

すごいなー  (^。^)

 

 

DSCF2229.JPG

 

 

お!  グラウンドの横に公園があるぞ。

 

今度 玖珠に家族で遊びに行った時は寄ってみよう。

 

 

 

DSCF2221.JPG

 

 玖珠の町を挟んで 反対側にも  切株山の様なメサ地形の山があります。

 

この切株山と双子みたいにそっくりですね。

 

 

 

DSCF2247.JPG

 

 先ほど この山を下から見上げた時に見えていた展望台。

 

 

 

DSCF2246.JPG

 

展望所  というより これはもう、展望カフェ

 

無人ではありますが、冷暖房が完備されていて、展望側は全面ガラス張り。

 

入るだけでもお金が掛りそうですが、なんと無料!

 

さすが玖珠先輩  太っ腹!

 

 

 

 

 

DSCF2243.JPG

 

 キッチンカーで「豆腐アイス」を買って、景色を眺めながらいただきまーす。

 

 

 

 

  が、しかし!

 

 

 

 

 

DSCF2244.JPG

 

 アイス  カッチカチやでー!

 

 

 

 

 

 

 

 

お客が私一人くらいのため、おそらく朝から開閉されていなかったであろう冷凍庫で、限界まで冷やされたアイスは、もはや石の様な硬度

 

 

 

それを、唯一与えられた このか細いプラスチックのスプーンで食べろというのだから、たまったものではありません。

 

 

展望所は善意で設置されたクーラーで、冷風バリバリに冷えており…。

 

 

何気ない穏やかな日常の中で、突如として与えられた極寒の試練

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この神の与え給うた試練を乗り越えるべく、必死で両手でアイスを包み込むように溶かそうとするのですが…。

 

 

 

だんだんと失われていく手の抹消の感覚。

 

 

 

時折 ミシリと音を立て、しなるプラスチックスプーン。  なんと細い生命線。

 

 

 

 

 

ああ。  だんだんと意識が

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

って、外に出たら良いんじゃん。

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

外で食べたら、あっという間に 良い感じの硬さになったアイスを しっかりやっつけちゃいました♡

 

 

 

 

【アイスクリームスプーン デザートスプーン 業務用 大量】Mozaik アイスクリームスプーン1000個セット【プラスチック カトラリー ケータリング パーティー食器】

価格:1,394円
(2018/9/30 08:13時点)
感想(0件)

 

 

 

スノーピーク(snow peak) チタン 先割れスプーン SCT-004

新品価格
¥842から
(2018/9/30 08:11時点)

 

 

 

DSCF2251.JPG

 

 

 

さて、展望を楽しんだつぎは、いよいよインスタ映え写真を撮ります!

 

 

できるポケットこれからはじめるインスタグラム Instagram 基本&活用ワザ

新品価格
¥1,382から
(2018/9/30 08:16時点)

 

 

DSCF2255.JPG

 

 

見よ、この青空に映える 原色の可愛いブランコ

 

 

目の前に広がる山々の展望というシチュエーションも相まって 「ハイジのブランコ」として有名なのです。

 

 

さぁ、どうやって映え写真を撮ろうかなー、とアングルを考えていますと…。

 

 

 

 

DSCF2264.JPG

 

あつらえた様に、大学生の仲良し女子旅風グループがやってきて、キャッキャッとはしゃぎながら漕いでくれました。

 

素晴らしいシチュエーションおしゃれ女子グループ、そしてキッチンカー

 

今ここに インスタ映え 三種の神器 が揃ったのである。

 

 

 

 

アラフォーなおっさんが、一人でブランコ漕いでる自撮り写真を撮る羽目にならずに済みました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF2263.JPG

 

 

いやー。素晴らしい。 これぞインスタ映え。 ありがとう女子達!

 

 

いいよー!  映えてるよー (^○^)

 

 

 

 

 

 

DSCF2261.JPG

 

 一番左側の子の無茶な漕ぎ方に、ちょっとヒヤヒヤしますた。

 

 

彼女はきっと すごい大物になる

 

 

 

 

切株山でインスタ映え写真を撮る というミッションを無事に完了しました。

 

帰路も210号線は避けて、比較的交通量の少ない道を選んで帰ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

玖珠から院内を経由して安心院、耶馬渓、別府方面へアクセスできる 国道387号線

 

 

 

 

DSCF2280.JPG

 

 途中、道沿いに食堂兼 展望台がありました。

 

 

 

 

DSCF2281.JPG

 

 小休止がてら寄ってみました。

 

 

 

 

 

DSCF2277.JPG

 

 院内、耶馬特有の奇岩が見えます。

 

 

 

 

DSCF2272.JPG

 

まるで中国の水墨画のような風景。

 

秋の紅葉の時期に、ぜひまた訪れたいですね。

 

 

 

 

DSCF2275.JPG

 

 

 

DSCF2283.JPG

 

 祀られた石があります。

 

 

 

 

DSCF2285.JPG

 

 なるほど、ちょうど7つある岩を七福神にかけてあるんですな。

 

 

「弁財天様、ほとんど見えてないお! 」

 

 

 

DSCF2286.JPG

 

 

院内に入ろうかという辺りに、もう一か所 景勝地があります。

 

 

 

 

DSCF2290.JPG

 

 

大分のマチュピチュ として、ちょっと前までは非常にマイナーな立ち寄りスポットだったんですが、

 

今では観光バスが寄る位の有名観光スポットに。

 

 

 

 

DSCF2288.JPG

 

 

うーーん・・・。  まあ、似ていると言われれば・・・。

 

 

 

 

 

DSCF2295.JPG

 

 

オブラートに包んで言わせて頂くと

 

 

今日のツーリングの第一目的が 「玖珠の切株山でインスタ映え写真を撮る」であり、 その目的が果たせたから良かったものの、

 

「大分のマチュピチュを見に行こう」という目的で、最初に来たのがここであった場合、大変にガッカリしていたであろう。 

 

という感想を述べておきます。

 

 

 

 

DSCF2298.JPG

 

 

 

以上。 


 

そんな感じの 秋を感じたツーリングでしたとさ。

 

(インスタもやってるよ。 探してみてね)

 

 

 

 

 

 

 

 

日本ブログ村 全国ランキング参戦中!

 

「好奇心はいつだって、新しい道を教えてくれる」

  ーーー ウォルト・ディズニー(1901〜1966)ーーー

 

 

    ↓クリック

 

 


にほんブログ村

 

 

英彦山近辺のツーリング

  • 2018.09.25 Tuesday
  • 12:59

 

 

ちょっと前のツーリングの記事でござんす。

 

 

酷暑と言われた今年の夏がチラホラと顔を見せ始めた、8月上旬のお話。

 

 

 

DSCF1769.JPG

 

ツーリング先は、少しでも涼しい場所を求めて

 

標高の高い場所を目指してみることにしました。

 

 

 

目的地は、以前から気になっていた『英彦山(ひこさん)』

 

大分県の中津市(耶馬付近)と福岡県(添田町付近)の県境に跨る 

仏教修験の山である。

 

 

 

 

DSCF1770.JPG

 

自宅から出て小一時間、本格的に山中の山道に入る前に

 

道の駅 『やまくに』で小休止です。

 

 

 

DSCF1771.JPG

 

 

夏ということで、売られているご当地野菜コーナーも、

 

なんだかトロカル。

 

 

DSCF1772.JPG

 

昔は600円くらいだった バイキング食べ放題も  

 

最近は人気が出すぎて、若干の値上げ・・・。  ((+_+))

 

 

 

まだお昼には早い時間帯だったので、トイレと水分補給を済ませて

再出発です。

 

 

 

 

 

DSCF1773.JPG

 

山国の中心部から離れ、 三桁国道496号で山に向かって北上開始。

 

 

 

DSCF1775.JPG

 

 

うほっ!   ナビでみても、走り応えのありそうな道・・・。

 

 

 

 

 

DSCF1776.JPG

 

ぐんぐん勾配を登り、高度を上げていきます。 

 

しかしあまり展望は開けず 鬱蒼とした山道を進んでいく感じです。  

 

 

部分的に狭い個所もありますが

 

 

 

無題.jpg

 

(グーグルマップより引用 ↑)

 

国道なだけあって、路面状況は比較的きれいです。

 

これなら どんなカテゴリーのバイクでも大丈夫でしょう。

 

 

 

 

DSCF1777.JPG

 

木々に囲まれた道。

 

直射日光を防いでくれるせいか、あまり暑さを感じずに走れました。

 

 

 

 

G0013951.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF1778.JPG

 

おっと、 道がいつの間にか 国道496号から500号へ変わっていました。

 

途中で曲がった記憶は無かったのに・・・。

 

 

 

G0024000.JPG

 

写真で振り返りつつ、後で確認してみると

 

 

 

無題2.jpg

 

 

丁度県境となる峠付近で

 

福岡県の行橋市方面の北へ下る道が、そのまま国道496号として伸び

 

あたかも直進路の様に西に下る道が 国道500号となった様です。

 

 

 

G0024029.JPG

 

山越えの峠付近なので、それなりに高度は高いはずですが・・・。

 

英彦山方面へ下る道も、残念ながら展望は開けません(-.-)

 

 

 

 

 

 

 

 

目的の英彦山は、とても有名な仏教修験の山

 

 

DSCF1780.JPG

 

私のイメージでは、

 

どーーーん と長ーい参道(石の階段)があって、

 

でーーーん と大きくて立派な社殿がある事を想像していたんですが・・・。

 

 

どうやら この英彦山のいろんな場所に、たくさんのお宮が点在しており

 

それらの集合体が山全体の一つの神社 みたいなイメージかな。

 

 

 

 

国東半島は半島全体が 六郷満山として一つの宗教国家だった様に、

 

ここ英彦山は 山自体が信仰対象であったのでしょう。

 

 

 

 

DSCF1781.JPG

 

そうそう、 英彦山の山中の道は、コーナーの度にご覧の様な番号が付けられていました。

 

100位まで数えてたんですが、途中でどうでもよくなっちゃって、数えるの止めました

(-_-)

 

 

 

 

 

DSCF1782.JPG

 

今回は英彦山周辺がどんなとこなのかの偵察が目的でしたので

 

お宮へお参りには立ち寄りませんでした。

 

(一応、英彦山に向かって、帰路の安全祈願で一礼させて頂きました)

 

 

 

 

 

 

ここからは 来た道を戻っても面白くありません。

 

 

そのまま国道500号を西へ下り

 

 

DSCF1787.JPG

 

 

道の駅 「小石原」で昼食タイム。

 

 

 

DSCF1786.JPG

 

 

 

DSCF1784.JPG

 

正午近くになると、気温も急上昇。 

 

食事は冷房の効いた道の駅内の食堂で、スルスルっと食べられるうどんを頂きました。

 

 

 

 

 

DSCF1785.JPG

 

こちらの道の駅には、食堂だけでなく

 

「小石原焼き」の 様々な窯元が作成した作品の展示・販売しているコーナーも併設されています。

 

 

 

 

 

今まではツーリング先で お土産や、ちょっと欲しいものなど見つけても

 

ZZRは積載量がほぼゼロだったためあきらめていましたが

 

 

アフリカツインは しっかりパニアケース装着済み^^

 

割れ物だろうが、濡れ物だろうが、何でも詰め込めます。

 

 

 

IMG_5366.JPG

 

ここでは、焼酎用のぐい飲みを一つ購入。

 

夏らしく涼しげな色のものを選びました。

 

 

 

それから、この道の駅の近くに 英彦山に縁の深い場所があると聞き

 

そちらにも立ち寄ってみる事にしました。

 

 

 

 

DSCF1788.JPG

 

『行者杉』の森です。

 

 

 

DSCF1791.JPG

 

 

 

DSCF1792.JPG

 

バイクを停めて、森の中の遊歩道を散策。

 

巨木達が照りつける太陽を遮ってくれるせいか、この辺一帯は ちょっと涼しかったです。

 

 

 

 

 

 

 

英彦山との縁が書かれた看板がありました。

 

 

DSCF1793.JPG

 

なるほど、

 

身を清め 命たる木を植樹する事で入山資格を得ていたのですね・・・。

 

それほどに 英彦山は神聖視されていたのですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF1795.JPG

 

 

よく整備された遊歩道の先には

 

 

 

 

 

DSCF1796.JPG

 

もはや デジカメの画角に収まりきらない程に巨大な木々がありました。

 

 

DSCF1797.JPG

 

霊験杉は 行者杉の母    

 

シュッと伸びた姿は、確かにどこか女性らしい感じもします。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF1801.JPG

 

その横に鎮座する 大王杉  

 

 

DSCF1803.JPG

 

先ほどの霊験杉よりも ひと、ふた周りも大きく

 

枝振りも豪快な感じです。

 

 

 

DSCF1804.JPG

 

真下から見上げると、先端の方が霞んで見えます!

 

 

 

 

 

 

さらに その脇には 境界杉 

 

 

DSCF1809.JPG

 

こちらは高さはありませんが、太い幹周りが印象的。

 

 

まさに 緑の巨人達の森!

 

 

 

 

 

 

 

その森の中に、面白いものを見つけました。 ↓

 

 

DSCF1811.JPG

 

 

DSCF1813.JPG

 

今で言う「県境」だった場所のようです。

 

 

 

 

 

DSCF1814.JPG

 

これと同じ様な石碑が 国道500号を隔てて 南側・東側に合計28基有るそうです。

 

昔は、土地=農地 であったり 水源が有ったりで 正に生命に直結する問題。

 

そのため 自分たちの土地の縄張り主張には争い事が多かったそうです。

 

 

 

 

 

DSCF1823.JPG

 

さあ、涼しかった森の中を出て 再び出発です。

 

 

 

 

DSCF1790.JPG

 

なるほど、行者杉の周辺には 沢山の窯元があるんだな。

 

これは散策が楽しそう。

 

 

 

 

 

 

 

 

が、しかし・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


この直後 空模様が急変。  なにせ8月の昼過ぎは大気が不安定。

 

パラパラと雨が降り始めまして、さらに空を見上げるとこちら側に流れてくる真っ黒な雲。

 

クリックすると新しいウィンドウで開きます

 

 

 

 

 

 

 

 

この後は、少々雨に降られながら 高速道路で逃げ帰りましたので

写真はございません。  

 

 

 

 

せっかくパニアケースが付いてるんだから、合羽くらい常備していないとなぁ と後悔しつつも

 

 

 

 

英彦山、小石原の魅力に触れた 楽しいツーリングでしたとさ。

 

 

 

おしまい

 

 

 

 

 

 

 

日本ブログ村 全国ランキング参戦中!

 

『考えは豊かに、見た目は貧しく』

  −−− アンディ・ウォーホル(米国の芸術家/ 1928〜1987)ーーー

 

 

クリック  ↓

 

 

 

 


にほんブログ村

 

 

平成最後の夏の楽しみ方  

  • 2018.09.18 Tuesday
  • 06:20

 

酷夏と言われた暑い夏も過ぎ、朝晩冷え込む秋の気配漂う今日この頃。

 

話は巻き戻り、8月中旬の回想。

 

 

DSCF2028.JPG

 

ご近所ライダーの お転婆ライダーさんご夫婦にお呼ばれ致しまして…。

 

夏の風物詩、流しそうめんを皆で楽しむ事になりました

(^-^)

 

以前のツーリングの時に、「ユーリが流しそうめんを体感したことが無い」と言うお話を覚えてくれていたのです。

 

 

 

 

(お転婆ライダーさんブログより 引用)

 

 なんと、ご自宅の裏庭に生えた竹を  わざわざ切り出して準備をしてくれておりました!

 

 

 

 

(お転婆ライダーさんブログより 引用)

 

 そしてタイチョさんの見事な工作技術で、お箸だけでなく、ユーリ専用のフォークまで手作りで!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お手製のタレを入れる椀と、手作りフォークにユーリは大喜び!

 

 

 

 

IMG_5883.jpg

 

次々の流れてくるソーメンに、ユーリは大興奮!

 

私も、ここまで手作りの本格的なソーメン流しは初めて!

 

こうやって外で楽しむソーメンの味もさることながら、手作りの箸やお椀から香る竹の匂いが、一層美味しさを引き立てます

^_^

 

 

 

 

 

 

この時の面白エピソードは、お転婆ライダーさんが とてもステキな記事にして頂いております

 

   ↓

 

お転婆ライダーさんブログ記事

 

「バイクの日は お転婆娘♪」

      ↓

 

http://otenba-rider.jugem.jp/?eid=1872

 

 

 

 

IMG_5887.jpg

 

 家に帰った後も、しばらくは「次はいつキョンさんと遊ぶのー」「タイチョの家いつ行くのー」とアピールしておりました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

別の日、

 

衣料品店で 夏物の大安売り品を買いに。

(来年用に ちょっと大きめのサイズを)

 

 

 

 

 

 

 

見よ!  ピンクの花付きビキニ。

 

攻めの姿勢のチョイスである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 所変わって

 

 

IMG_5802.JPG

 

 地元の夏祭りに出撃!

 

 

 

IMG_5804.JPG

 

田舎の小さな商店街の、小さな夏祭り。

 

商店街の脇に流れる川の上には盆トンボ(赤トンボ)が無数に舞っておりました。

 

 

 

IMG_5805.JPG

 

 

クレーンに吊り上げられる 巨大な亀のオブジェ。

 

この川には、大昔 人食い亀が住んでいて、川を渡ろうとした人々を襲っていたそうです。

 

この一七夜観音祭は(毎年8月の17日の夜に行われる)、その人食い亀の鎮魂の為のお祭りという起源があるそうです。

 

 

´人食い亀の鎮魂祭り´  こうやって文字にしてみると、改めて なんかすごい祭りだな。 と感じます

 

 

 

 

IMG_5806.JPG

 

普段は閑散とした 田舎の商店街もこの日ばかりは大賑わい!  

 

このド田舎のどこに これだけの人が隠れていたんだ? と思うくらい人々が集まります

 

 

 

 

IMG_5807.JPG

 

 

 

IMG_5808.JPG

 

保育園のお友達とバッタリ!  

 

ハイテンション×ハイテンション = 元気∞(無限大)

 

これぞ 子供のエネルギー方程式

 

 

 

 

IMG_5818.JPG

 

 

 

IMG_5823.JPG

 

3歳にもなると、手先もかなり器用になってきます。

 

スーパーボールすくいにチャレンジ。

 

ちゃんとゲットできました!

 

 

 

 

IMG_5817.JPG

 

 

 

IMG_5810.JPG

 

私は周囲が暗くなりきる前に、花火鑑賞の場所をキープ。

 

 

 

 

IMG_5811.JPG

 

 

 

IMG_5825.JPG

 

かき氷やチョコバナナを買って、準備万端で お嬢様方をお出迎え。

 

 

 

 

IMG_5829.JPG

 

 

 

IMG_5840.JPG

 

 

IMG_5858.JPG

 

ユーリ

『おおーー!!すごいーー』

 

 

 

 

 

今年も満足していただけた様です^^

 

 

 

 

 

 

 

この日のお祭りの戦利品  輪投げゲームでがっぽり。 

     ↓

 

 

IMG_5871.JPG

 

300円でこのボリューム!  

 

なんかマハラジャ風のすごい配色の短刀のおもちゃが 異彩を放っております。

 

(マハラジャがなんなのかよく分かっておりませんが・・・。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また別の日には、自宅で花火を楽しみました。

 

 

 

 

 

 

 

去年までは、花火を持たせるなんて とても出来なかったんですが

 

もうすぐ4歳になるユーリは しっかり花火を持って 楽しんでおりました。

 

 

 

たった一年で こんなにもなって・・・。

 

 

 

子供の成長って 3歳〜4歳の間に コミュニケーション能力(考える力)や 器用さといった運動能力が 飛躍的に伸びてくる時期なんだなと感じました。  

 

 

 

 

 

 

 

 

線香花火の儚さに

 

過ぎ去る夏の侘しさを感じるひと時・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ユーリ

『あっ!  ボトっ落ちた――  ぐへへ (笑)』

 

 

 

私・妻

『ぎゃふん』

 

 

 

ユーリは さすがにまだ 

侘び寂びを理解するには至らなかった様です。  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おしまい

 

 

 

 

 

『ずいぶん敵も持ったけど、妻よ、お前のようなヤツは初めてだ。』

   −−− バイロン −−−

 

 

 

平成最後の夏 久住花公園散策

  • 2018.09.09 Sunday
  • 05:20

 

何をするにも 「平成最後の」がちらついてくる今日この頃。

 

この日も 「平成最後の 夏のくじゅう花公園散策だ」という事で

 

家族でお出かけ

 

 

 

DSCF2159.JPG

 

 

くじゅう花公園に、夏の季節のお花を観賞に行きました。

 

 

出入り口ゲート付近にあった エンドレスでシャボン玉を排出し続けるマシーンに夢中。

 

 

DSCF2152.JPG

 

蚊を叩くかの様に、片っぱしからシャボン玉を叩き潰すユーリ

 

右、左、上、下  あらゆる方向へ飛び散るシャボン玉に対応していく様子は、まるでボクシングのトレーニングみたいでした。

 

 

 

「ユーリ先輩、ナイスファイトでーす!」

 

 

 

DSCF2138.JPG

 

 

バテておとなしくなった所で、記念撮影。

 

無料で記念撮影できる様に、大きなクマさんのぬいぐるみや

 

夏の花でデコレーションされた麦わら帽子、ベンチが置かれていました。

 

こういうサービスはうれしいですね^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さあ、園内を散策しましょうー。

 

 

 

 

DSCF2033.JPG

 

ユーリ

「出発だーー! 出してちょうだい」

 

 

 

 

ノン・嫁

「歩くんだよー!!」

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0004.JPG

 

ユーリ

「ぷう・・・。」

 

 

お嬢様め。

まったく末恐ろしい・・・。

 

 

 

 

DSC_0008.JPG

 

彩りの畑 では ベゴニアやラベンダーが満開!

 

たくさんのインスタ女子が映える写真を狙って 自撮りをしていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回一番期待していた 夏の花の定番「ひまわり」は・・・。

 

 

DSC_0032.JPG

 

この日は薄曇り&すでに15時位という事もあり、みんな一斉にうつむき加減 (涙)

 

 

ひまわりで映える写真を狙う時は、午前中が勝負ですね^^;

 

 

 

DSC_0031.JPG

 

 

ちょっと下から覗き込む様に撮影して、無理やり元気な感じに撮ってみました。

 

 

 

DSC_0045.JPG

 

 

 

DSCF2055.JPG

 

ノン

「ユーリの顔よりおっきいよ!」

 

ユーリ

「ひえー・・・。」

 

 

 

 

DSCF2068.JPG

 

 

ひまわり畑の中には、細い畔道があり、

 

ご覧のように、ひまわりに囲まれた写真を撮る事が出来ます。

 

 

 

 

 

 

DSCF2070.JPG

 

 

 

DSCF2079.JPG

 

 

 

しかしながら、3歳児にとっては きれいなお花を観賞する事よりも

 

 

 

DSC_0052.JPG

 

走り回る事のほうが面白い様です。

 

 

 

 

 

DSC_0053.JPG

 

Nikon D90
2018/08/19 15:49:05
JPEG (8-bit) FINE
レンズ: 18-70mm F/3.5-4.5 G
焦点距離: 48mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: スポット測光
1/1000 秒 - F/5
露出補正: +0.3 EV
感度: ISO 400

 

 

 

 

 

全品送料無料!!【グラニフ】コラボレーションキッズワンピース/きんぎょがにげたドット(五味太郎Aラインショートスリーブワンピース)(ネイビー)【楽ギフ_包装】

価格:3,218円
(2018/9/9 05:05時点)
感想(0件)

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF2101.JPG

 

 

入園早々の シャボン玉マシーンでのシャドウボクシングと、園内ダッシュで疲れたユーリ。

 

吸い込まれる様に、カフェコーナーへ。

 

 

 

DSCF2089.JPG

 

奮発して、イチゴかき氷ソフトクリーム乗せ!

 

 

ノン

「今日のモデル料ですよ。」

 

 

 

 

 

DSC_0073.JPG


レンズ: 18-70mm F/3.5-4.5 G
焦点距離: 65mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: スポット測光
1/320 秒 - F/5
露出補正: +0.3 EV
感度: ISO 400

 

 

 

 

 

 

DSC_0077.JPG

 

 

エネルギー、充電完了!

 

ハート満タン!?

 

 

 

 

 

 

DSC_0083.JPG

 

ケイトウ(鶏頭)の畑。

 

ここからは、写真撮影大会の始まり^^

 

 

 

 

 

 

DSC_0118.JPG


レンズ: 18-70mm F/3.5-4.5 G
焦点距離: 62mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: スポット測光
1/1250 秒 - F/5
露出補正: 0 EV
感度: ISO 400

 

 

 

 

 

 

DSC_0102.JPG

 

急に甘えモードになったり

 

 

全品送料無料!!【グラニフ】コラボレーションキッズワンピース/きんぎょがにげたドット(五味太郎Aラインショートスリーブワンピース)(ネイビー)【楽ギフ_包装】

価格:3,218円
(2018/9/9 05:05時点)
感想(0件)

 

 

全品送料無料!!【グラニフ】コラボレーションTシャツ/きんぎょがにげたきんぎょさん(五味太郎)(ネイビー)【楽ギフ_包装】

価格:2,160円
(2018/9/9 05:08時点)
感想(2件)

 

DSCF2109.JPG

 

 

急に変顔したり・・・。

 

気まぐれなモデルのせいで、撮影大苦戦!?

 

 

 

 

DSCF2122.JPG

 

 

ノン

「ちょっとユーリ、こっち向いてごらーん」

 

ユーリ

「あっちがいいー。」

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0153.JPG

 

レンズ: 18-70mm F/3.5-4.5 G
焦点距離: 70mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: スポット測光
1/2500 秒 - F/5
露出補正: 0 EV
感度: ISO 400

 

 

 

 

 

 

DSC_0145.JPG

 

レンズ: 18-70mm F/3.5-4.5 G
焦点距離: 70mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: スポット測光
1/640 秒 - F/5
露出補正: +0.5 EV
感度: ISO 400

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0155.JPG

 

レンズ: 18-70mm F/3.5-4.5 G
焦点距離: 70mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: スポット測光
1/2500 秒 - F/5
露出補正: 0 EV
感度: ISO 400

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0167.JPG

 

レンズ: 18-70mm F/3.5-4.5 G
焦点距離: 70mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: スポット測光
1/1250 秒 - F/5
露出補正: 0 EV
感度: ISO 400

ホワイトバランス: オート
AFモード: AF-A
シンクロモード: なし

 

 

 

 

DSC_0170.JPG

 

 

 

DSCF2038.JPG

 

久々に一眼カメラを持ち出しましたが、子供の良い表情を撮るのって本当に難しいんだなと思いました。

 

 

 

おしまい

 

 

 

 

 

日本ブログ村 全国ランキング参戦中!


「打たないシュートは、100%外れる」

  −−− ウェイン・グレツキー(カナダのプロアイスホッケー選手) −−−

 

クリック  ↓

 

 

 


にほんブログ村

 

 

 

 

 

ある夏の一日

  • 2018.08.31 Friday
  • 23:45

 

(今回の写真は 全てiPhoneで撮影したものです)

 

 

今年の夏は 猛暑を通り越して酷夏(こくしょ)と呼ばれるほどの気温。

 

必然的にバイクにのる回数も減る訳ですが

 

 

それでもせっかくの休日は どうしても乗りたい気分になる時があります。

 

 

 

そんな時は

 

 

 

近場を 小さいバイクで 『朝駆け(あさがけ)』でございます。

 

気温が上昇する前に、 早朝6時〜9時位の涼しい時間帯にひとっ走りする訳です。

 

 

 

 

早起きの努力さえすれば、真夏でも割と快適な気温の時間帯にツーリングを楽しむことができます。

 

そして なにより

 

 

 

 

 

 

IMG_5642.JPG

 

朝駆けでしか出会えない光景に出合えたりもしちゃいます。

 

 

朝露に濡れる 「キツネのカミソリ」

 

 

IMG_5640.JPG

 

お盆の前後に花をさかせる ヒガンバナ科の野草。

 

 

 

 

 

 

IMG_5646.JPG

 

有名な観光地も、早朝ならば人も疎ら。

 

狭い路地の湯平温泉でも、ゆっくり散策できます。

 

 

 

 

 

IMG_5648.JPG

 

 

 

 

IMG_5650.JPG

 

 

 

 

IMG_5651.JPG

 

 

 

 

IMG_5654.JPG

 

自宅の近くの商店街。

 

お夏祭りの準備が整ってきました。

 

(お祭りの様子は、また後日・・・。)

 

 

 

 

 

さあ、朝駆けの良いところは ツーリングで爽快な気分になれるだけではありません。

 

普段は寝ている時間でバイクを楽しんだあとは、家族と一緒の時間を過ごせます。

 

帰宅する頃に、ようやくエンジンの掛ってきた娘と一緒に、親子のスキンシップを楽しみました。

 

午前中は、家の中でお絵かき

 

 

 

IMG_5663.JPG

 

ユーリ

「パパーー」

 

 

 

 

IMG_5666.JPG

 

ユーリ

「これはママ」

 

 

 

IMG_5668.JPG

 

ユーリ

「じいじー」

 

 

 

IMG_5671.JPG

 

ユーリ

「ばあばでございます。」

 

 

ユーリももうすぐ4歳。  絵もしっかり描ける様になってきました。

 

 

 

 

 

 

IMG_5676.JPG

 

午後からは 近場で水遊び

 

「水の駅おずる」の湧水プールです。

 

 

小さな子供や、水に慣れていない子でも安心して遊べる水深。

 

 

 

 

IMG_5678.JPG

 

 

 

IMG_5683.JPG

 

 

 

IMG_5684.JPG

 

 

これだけ遊んでも、まだまだ15時過ぎ。

 

 

自宅に帰ってからは、ユーリはお昼寝タイム。

 

 

 

IMG_5689.JPG

 

 

そして私は、その間にWRの整備。

 

リンク周りのグリスアップと、サスペンションのセッティングをちょっと変更。

 

今度の休みは、ちょっと林道走って試してみようかな。

 

 

 

IMG_5690.JPG

 

 

 

快適に走れて、時間も有効に使えて、 真夏の朝駆けツーリングは良いこと尽くめですね^^  お勧めです。

 

 

 

子持ちライダーの 平凡な夏一日でした。

 

 

 

 

 

日本ブログ村 全国ランキング参戦中!

 

「できること」が増えるより、「楽しめること」が増えるのがいい人生。

   −−− 斎藤茂太 −−−

 

 

クリック ↓

 

 


にほんブログ村

 

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM