ラクテンチ☆DE★デート (2019)

  • 2020.04.15 Wednesday
  • 15:59

 

 

そう、あれはまだコロナウイルスなんて言葉すら耳にしなかった頃のお話・・・。

 

 

 

DSCF7649.JPG

 

ユーリも5歳になり、そろそろ乗り物の身長乗車制限も無く遊べるだろうと思いまして

 

別府にあるラクテンチに連れて行ってみました。

 

 

 

ユーリにとっては初めてのラクテンチ。

 

私は20年ぶり位のラクテンチ。

 

 

 

 

 

 

 

駐車場で、我が家と同じスペーシアギアの色違いと隣り合わせ。

 

ユーリはこの偶然にいたく感動したご様子。

 

記念にパチリ。

 

 

 

 

 

ラクテンチと言えば、これ、

 

ケーブルカー

 

 

DSCF7545.JPG

 

 

乗り込む時に、なぜか見知らぬイケメン赤ちゃんに熱視線を送られ、

 

ちょっと怯むユーリ。

 

 

 

DSCF7547.JPG

 

このケーブルカー、ラクテンチのアトラクションの一つという訳ではなく、

 

正式には『別府 ラクテンチケーブル線』という公共機関の様な位置づけの乗り物であり

 

ラクテンチの山頂側の乙原の住民とその関係者(住民同行の来客等)は運賃のみでの乗車することができて、

 

本来の鉄道としての役割も担っていそうなんです。

 

 

 

 

 

DSCF7551.JPG

 

ラクテンチって、このケーブルカーに乗るって儀式が良いんですよね。

 

ケーブルカーが高度を上げるほどに

 

 

DSCF7553.JPG

 

ご覧のような別府の街並みを楽しむことができますし、

 

なんだか都会の喧騒やら、

 

辛い現実世界からどんどん離れて、

 

楽しいことだけのユートピアに行くって感じで…。

 

 

DSCF7554.JPG

 

 「ほらユーリ、車で走って来た道があんなに小さいよ」

 

ユーリ

「わーお!」

 

 

 

DSCF7556.JPG

 

山頂のケーブル駅に到着。

 

さっそく面白いものを発見。

 

 

 

 

 

 

DSCF7557.JPG

 

20年前は無かったなー。

 

幸せカップル相手に 石ころを100円で売る商売

 

 

 

DSCF7560.JPG

 

狙うはどす黒く濁った水の溜まったハート。

 

汚いのう。汚いのう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラクテンチの入り口をくぐり、最初にお目見えするのがこちら。

 

 

DSCF7567.JPG

 

夜の歓楽街よろしく、客を呼び込むおじさんのダミ声と、

 

そのギャップが激しい、可愛いお尻のアヒル達

 

 ラクテンチ名物、アヒル競争

 

 

DSCF7563.JPG

 

ダミ声おじさんが客を呼び込み、可愛いお姉さんのいる店内に誘う。

 

これと全く同じ光景が、別府の駅前から竹瓦温泉周辺の飲み屋街で繰り広げられております。

 

 

まさにラクテンチは別府の縮図なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_3105.JPG

 

 一番早そうなアヒル賭けたら、後は応援するだけ!

 

 

 

IMG_3106.JPG

 

 

 さぁ、各羽(かくば)一斉に綺麗なスタートを切りました!

 

 

 

 

IMG_3108.JPG

 

 可愛くよちよちお尻をフリフリのまったりレース。

 

 

 

IMG_3109.JPG

 

 

なんて思って見ていると

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_3110.JPG

 

 

餌が見えてくると、動きが一気に野生じみてきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_3111.JPG

 

 

弱肉強食

 

早くたどり着けたものだけが、美味しい餌にありつけるのです。

 

 

 

ちなみに我が家のルール その4に

 

「いつまでもあると思うな。オヤツはあるうちに食え」というものがあります。

 

 

 

 

IMG_3112.JPG

 

 

矢印の少年。万馬券を当てたようです。  

 

まるで絵に描いた様なガッツポーズ。

 

私はこのような美しいガッツポーズを久々に拝謁しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7568.JPG

 

アヒルの競争で、野生の掟を学んだ後は…。

 

いよいよ遊具コーナー。

 

解き放たれた5歳児の好奇心は留まる事を知りません。

 

いかなる制止の言葉も、もはや彼女には届かないのです。

 

 

 

 

 

DSCF7569.JPG

 

こりゃー!

 

こけちゃうぞ!ゆっくり歩きなさい!

 

 

すると

 

 

 

 

DSCF7573.JPG

 

 

目の前を轟音をたてて走り抜ける

 

ジェットコースター!

 

 

 

 

 

 

IMG_3119.JPG

 

 

 

 

DSCF7571.JPG

 

 一気に黙るユーリ。

 

あまりの恐怖に足がすくんだ様です。

 

 

DSCF7576.JPG

 

 

さぁ、気を取り直して園内を散策します。

 

ユーリ

「シマウマだーー・・・。   偽物だ。」

 

 

 

DSCF7577.JPG

 

ユーリ

「偽物だ。 小さいなぁ」

 

 

 

 

 

 

DSCF7579.JPG

 

激痩せしたカバと記念にパシャリ。

 

すべてが微妙なサイズ感のFRP製の動物達。

 

せめて本物のサイズを再現してほしかったぞ。 

 

 

 

 

 

 

DSCF7580.JPG

 

ユーリ

「あれなら動きそう!」

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7581.JPG

 

ユーリ

「動かないよ!」

 

「そりゃ、お金入れなきゃ。 機械も人もお金がなきゃ動かないんだよ」

 

 

ユーリ

「そうなのか・・。」

 

 

 

 

釈然としないユーリの表情が印象的である

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7586.JPG

 

そんなに動くものが良いのなら、 本物の鳥と触れ合える鳥舎のコーナーへ。

 

 

カモやニワトリ、烏骨鶏、そしてクジャク

 

さらに

 

 

 

 

DSCF7587.JPG

 

なんとフラミンゴまで。  

 

「えっ! こんなのと触れ合ってもいいの??」

 

 

フラミンゴと言えば、アフリカやら、南米やら、

 

とにかくまあ、遠く離れた外国の鳥である。

 

 

素人的に考えても、ワシントン条約やら国際保護法的な、なにか法律で飼育や触れ合いが制限されてそうなイメージですが・・・。

 

 

 

 

そんなフラミンゴにさえ、普通に触れ合えて

 

パンの耳を食べさせる事が出来る場所。

 

それがラクテンチなのです。

 

 

 

 

 

DSCF7582.JPG

 

ここでもビビリのユーリ

 

クジャクとのツーショットを狙いましたが…。

 

この距離が優梨の最大の頑張りでした。

 

 

DSCF7594.JPG

 

 

さあ、いよいよ乗り物券を購入して遊具で遊びます。

 

 

先ほどのジェットコースターの迫力に思わずビビりあがったユーリでしたが・・・。

 

 

 

 

DSCF7597.JPG

 

まずはメリーゴーラウンドでリハビリ。

 

乗り物に対する恐怖心が薄れたところで、様々な乗り物を楽しみます。

 

 

 

 

DSCF7599.JPG

 

「ジャンプライド」なるアトラクション。

 

なんと、まさかの実車!

 

 

ホンダのダックスです。 いったい何台集めたのよー!

 

 

 

 

 

 

DSCF7620.JPG

 

 

出走前に、燃料コックの開閉確認とキャブの調整に余念のないユーリ。

(ウソ)

 

 

 

 

DSCF7622.JPG

 

かっこいいポーズして とリクエストしたら、

 

なぜかヤンキー兄ちゃん風になったユーリ。

 

 

 

 

 

 

DSCF7602.JPG

 

お昼ご飯は、ママの手作り弁当です。 

 

遠足気分でいただきまーす。

 

ママが早起きして作ってくれました。 可愛い上にユーリの大好きなものばかり。

 

大喜びで食べていました。

 

 

 

 

 

 

DSCF7604.JPG

 

さあ、 お弁当でエネルギー充電したら

 

ちょっと迫力ある乗り物にもチャレンジです。

 

 

 

 

DSCF7605.JPG

 

 

「ウォーターパレード」

 

水路の中を、アシカだかオットセイだかの乗り物に乗って進むアトラクション。

 

 

 

DSCF7606.JPG

 

役者志望の皆さん、刮目せよ! 

 

これが 不安におののくリアルな表情である。

 

 

 

 

 

 

DSCF7608.JPG

 

高所にせり上げられるユーリ。

 

 

 

 

 

DSCF7612.JPG

 

5歳児とは思えぬ、地鳴りのような悲鳴を上げるユーリ。

 

 

 

 

DSCF7613.JPG

 

ユーリ

「ぎゃっ! 」

 

落下の瞬間。

 

 

 

 

 

DSCF7614.JPG

 

 終わった後は、この笑顔です。

 

 

 

DSCF7616.JPG

 

 

 

 

自信をつけたユーリ。

 

ジェットコースターは無理でしたが、高所系アトラクションにもチャレンジ。

 

 

 

 

 

「サイクルモノレール」

 

園内の上空を空中散歩。 レールの高さは4m位と

 

中々の迫力。

 

 

 

 

 

特に別府の町側は 高低差のある場所を通るので迫力満点

 

 

高所があまり得意じゃない私にとっては、結構怖かったです。

 

 

 

「パパは高いとこ怖いよー!」

 

 

 

 

 

ユーリ

「私が漕いであげる!」

 

たくましくなったものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_3187.JPG

 

 

 そんなこんなでラクテンチを楽しみ切ったユーリ。

 

 

もう少し大きくなったら、

もっともっといろんなアトラクションにチャレンジできるかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7638.JPG

 

帰りもケーブルカーで。

 

景色を楽しみながら、現実世界に戻っていきます。

 

ちょっとセンチメンタル。

 

 

 

 

DSCF7646.JPG

 

 

 

DSCF7647.JPG

 

でも、楽しかったです

 

^_^

 

 

 

おしまい

 

 

 

日本ブログ村全国ランキング参戦中!

クリック↓

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 九州旅行へ
にほんブログ村

 

 

別府 鶴見岳ロープウェイ

  • 2020.01.23 Thursday
  • 15:32

 

去年の年末、ユーリとお出掛けした時のお話。

 

 

 

 

DSCF7833.JPG

 

 

お出掛けと言っても、自宅から車でわずか20分程度の場所。

 

 

『あの山の上に行くんだよ』

 

 

 

ユーリ

『ほえーー。』

 

 

 

DSCF7836.JPG

 

(デジカメ 光学20倍ズーム)

 

『あの山の上に建物が見えるでしょ』

 

ユーリ

『うん。』

 

 

 

 

 

DSCF7837.JPG

 

『その隣に塔が建ってるでしょ』

 

ユーリ

『塔って何?』

 

『電波を送信する建物だよ』

 

ユーリ

『電波って何?』

 

『目に見えない力だよ』

 

 

 

 

ユーリ

『よくわからない。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子供に電波の概念を説明するのは難しいですね。

  

何か良い教え方知ってる人は教えて下さいませ。

 

 

 

 

 

 

 

ユーリ

『山に登るの?お弁当持ってないよ』

 

『ロープウェイだよ!』

 

 

ユーリ

『やったーーーー・・・。』

 

 

 

ユーリ

『ロープウェイって何?』

 

 

 

 

 

 

『お、おう』

 

 

 

 

 

 

 

という事で

 

 

 

 

DSCF7839.JPG

 

 

やってきました。 別府鶴見岳ロープウェイ。

 

ユーリにとって生まれて初めてのロープウェイ

 

私にとって10年ぶり位のロープウェイ。

 

 

 

 

DSCF7842.JPG

 

 

『ユーリ、ちょうどロープウェイが動いてるの見えるよ!』

 

 

 

 

 

 

DSCF7843.JPG

 

 

 

「ほら、すごいよ、見てごらんなさい!」

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7841.JPG

 

 

ユーリ

「そんな事より、早く松ぼっくり拾おうよー!」

 

「ぎゃふん」

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7846.JPG

 

 

記念撮影も済ませて、いよいよ乗り込みます。

 

 

 

 

 

 

DSCF7848.JPG

 

 

 

DSCF7850.JPG

 

 ユーリ

「うわー。高いねー。」

 

ユーリは思ったより怖がったりせず、景色を楽しんでおります。

 

 

 

DSCF7854.JPG

 

 

DSCF7856.JPG

 

 

おもちゃの様に見える別府の街並み。

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7859.JPG

 

「ほら、あそこにパパ達の乗ってきた青い車が見えるよー」

 

ユーリ

「ひやー。。小さいじゃないか!」

 

 

 

DSCF7909.JPG

 

10分程で山頂駅に到着です。

 

 

実は前々日のテレビのニュースで´今季初の霧氷を観測´とあったので

 

山頂は相当寒いと予想しておりましたが・・・。

 

 

 

 

 

 

DSCF7877.JPG

 

 

思ったより寒くなく、霧氷も完全に消失しておりました。

 

 

 

 

DSCF7864.JPG

 

 

日陰に残っていた僅かばかりの雪を集めて、小さな雪玉を作って大喜び。

 

 

 

 

DSCF7869.JPG

 

 

それから でっかい霜柱。

 

まるでガラス細工の様な美しい自然の芸術品を

 

片っ端から踏みつぶすユーリでした。

 

 

 

DSCF7873.JPG

 

 

山頂からの広大な景色。

 

『あっちの方がみんなの家がある方向だよ』

 

 

 

 

DSCF7874.JPG

 

 

ユーリ

『池があるよー!』

 

 

『前にみんなでボートで遊んだ所だ。』

 

 

ユーリ

『小さーーい』

 

 

 

 

 

 

DSCF7875.JPG

 

 

子供の成長と共に、たくさんの思い出の場所が増えていきます。

 

 

そんな我が子の成長

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7879.JPG

(撮影:カメラマン ユーリ)

 

上手に写真も撮れるようになりました。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7884.JPG

 

 

 

『わー。展望台だ! 見るぞ!町を!』

 

 

 

 

 

 

DSCF7885.JPG

 

我が懐かしの第二の故郷ともいえる場所を我が子が眺める。  

 

 

 

時が経つのは早いものです。

 

 

 

 

 

DSCF7887.JPG

 

 

DSCF7889.JPG

 

ユーリ

『あそこだけ木がいっぱいあるの何で?』

 

 

『あそこは南立石公園だよ。大きな公園なんだ。』

 

 

ユーリ

『でも、滑り台とか無いのかな』

 

 

 

『そう。大人向けの公園なんだよ。(大人向けの公園って何だ!?)』

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7891.JPG

 

ユーリ

『おっきい船があるねー』

 

 

『いつかあの船で、皆で旅をしたいね』

 

 

 

 

DSCF7892.JPG

 

ユーリ

『おっきい運動場もあるよ』

 

 

『実相寺グラウンドっていって、有名なサッカー選手も来るんだよ』

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7896.JPG

 

ユーリ

『それより早くてっぺんに行こうよー。』

 

 

『ぎゃふん』

 

 

 

 

 

この子供特有の移り気の速さと、行動力には着いていけない40歳の冬

 

 

 

 

 

DSCF7897.JPG

 

『まってくれーー。  ハアハア。  』

『高所で空気が薄いからーー。』

 

 

ユーリ

『高所ってなにーー  空気が薄いってどういう事ーー??』

 

『説明する余裕ないよーー。』

 

 

 

 

DSCF7906.JPG

 

ユーリ

『じゃあ、ユーリのお店でひと休憩。ジュースをどうぞ。』

 

 

 

 

 

そんなやり取りを経て、山頂ロープウェイ駅から20分程で鶴見岳山頂に到着。

 

 

 

DSCF7898.JPG

 

雲と同じ高さに来たことにユーリも感動

 

 

 

 

DSCF7901.JPG

 

 

ユーリ

『山のてっぺんに到着〜。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7911.JPG

 

ユーリ

『来るときはピンクだったけど、帰るときは青いやつだ』

 

 

 

 

 

霧氷は見れませんでしたが、しっかりロープウェイを楽しめましたとさ。

 

 

 

DSCF7915.JPG

 

 

 

ナイス、ロープウェイ!

 

 

 

 

 

 

おしまい

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 九州旅行へ
にほんブログ村

 

 

 

 

秋のお出かけ 

  • 2019.10.30 Wednesday
  • 22:47

 

 

ちょっとバイクネタから離れまして

 

秋のお出かけです。

 

 

 

 

IMG_1975.JPG

 

自宅から車で小一時間。

 

竹田市にある 『竹の子ひろば』へ ユーリと共に遊びに行きました。

 

公園の隣に隣接している総合文化公園 グランツたけた では

何かイベントが行われている様でした。

 

 

パパはとても気になりましたが、ユーリは公園へ一目散。

 

 

 

IMG_1976.JPG

 

 

どんなイベントだろうが、たとえ現金がバラまかれていようが

 

この遊具を目の前にしたユーリにとっては、クソ程のどうでも良い事なのです。

 

 

 

 

 

IMG_1977.JPG

 

もうすぐ5歳を迎えるユーリ。

 

数年前までは怯え竦んで(すくんで)いたユーリでしたが

結構チャレンジングな遊具でも遊べる様になりました。

 

 

 

IMG_1980.JPG

 

 

 

 

 

IMG_1982.JPG

 

 

 

 

 

 

IMG_2005.JPG

 

 

トランポリンコーナーでは、知らない間に年下の子と手を繋いでいました。

 

 

IMG_2006.JPG

 

 

弟であるキヨ君も順調に9か月が経過し

(と言っても3か月早い早産だったので、実質6か月位)

 

そんな弟の姿に刺激を受けて、すっかりお姉さん風を吹かせ始めました。

 

 

そんなお姉さん風も 時々風速40m超えの暴風になる事があり

 

公園やショッピングのお店等で 年下の子を見掛けると

 

「お姉ちゃんに任せときな!」とばかりに

 

この様に片っ端から面倒を見ようとするのです。

 

 

これぞ 無差別親切テロ

 

 

 

IMG_2007.JPG

 

一通り公園で遊んだ後は、今度はパパに付き合ってもらう事にしました。

 

先ほどのグランツ竹田で行われていたイベントを覗いてみました。

 

 

IMG_1994.JPG

 

 

「ベジ食べる(ベジタブル)フェス」

 

竹田市、豊後大野で生産された野菜を広く広めようと

 

地産地消なマルシェの出店や 食育体験などのイベントが催されていました。

 

 

 

 

IMG_2009.JPG

 

野菜嫌いなユーリにはうってつけのイベント!?

 

 

マルシェで買った昼食を頂きます。

 

 

 

 

IMG_2015.JPG

 

 

 

 

IMG_2017.JPG

 

 

野菜たくさんのジプシー風カレー。

 

 

 

 

 

ちなみに・・・。  やはり野菜入りのカレー。

 

公園で遊びまくってお腹が減っているはずなのに

 

「敵国の施しを受ける位ならば、死んだほうがマシである」

 

頑なに食べることを拒んだユーリ。

 

 

 

 

 

 

IMG_2020.JPG

 

 

それならば、食べずとも 野菜に触れ合い 苦手心を克服しようと

 

ワークショップ「ベジタブルボックス」の作成にチャレンジ。

 

 

 

 

IMG_2024.JPG

 

ユーリ師匠作

 

 

 

 

 

DSCF6343.JPG

 

 公園の後は、そこから来るまで15分ほど。

 

七ツ森古墳群へ彼岸花の鑑賞へ行きました。

 

 

 

DSCF6346.JPG

 

 

 

残念ながら、見頃のピークはやや過ぎており

 

数日前の台風の影響で、全体的に傾いておりました。

 

 

DSCF6352.JPG

 

 

 

 デジカメのエフェクト効果で、なんとか綺麗に見せるの巻。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF6355_01.JPG

 

 

 

 

 

 

 

ユーリに綺麗な花を見せたくて、別の日に

 

家族を連れ出して再度お出掛け。

 

 

毎年恒例になっている 中津市 三光のコスモス祭り です。

 

 

DSCF6904.JPG

 

 

高速道路は大分から北九州まで前線開通して、

 

中津までのアクセスも随分楽になりました。

 

 

DSCF6905.JPG

 

 

 

 

DSCF6910.JPG

 

 

中津ICから下道へ。  

 

程なくして「道の駅 中津」が見えてきます。

 

道の駅の敷地内に「春夏秋冬」というJAの産地直売所や、カフェ、食堂も併設されています。

 

 

 

 

DSCF6912.JPG

 

 

 

ちょっと寄ってみました。

 

 

DSCF6913.JPG

 

面白いイベントをやっていました。

 

 

簡易プールの上にフワフワと浮かべられた大きな透明の風船。

 

子供ならこの中に入って遊べる という訳です。

 

 

 

ユーリ

「あれ、やってみたーーい」

 

 

 

 

 

DSCF6914.JPG

 

止水ジッパーを開けて、ユーリを投入します。

 

 

 

 

DSCF6916.JPG

 

 

 

 

 

DSCF6917.JPG

 

ブロアー(送風機)で中を空気で満たします。

 

(音が大きいので耳を塞いでいるユーリ)

 

 

 

 

 

DSCF6920.JPG

 

ボールの中で立ち上がろうとしても、クルクル回ってしまう為

 

なかなか上手くいかない様ですが・・・。

 

 

 

DSCF6922.JPG

 

外から見ていると まるでハムスターの回転遊具の様で面白いです。

 

 

やってる本人もそれが面白いみたいで 大笑いしながら転がり回ります。

 

 

 

 

DSCF6925.JPG

 

完全に密閉されているみたいなので、

 

あんまりはしゃぐと酸欠にならないのかしら??

 

 

 

 

 

DSCF6928.JPG

 

その辺の事も加味してなのか、15分程で 「ユーリ回収」です。

 

 

 

 

DSCF6930.JPG

 

 

 

DSCF6931.JPG

 

 

 

完全に出し尽くした感いっぱいのユーリ。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF6941.JPG

 

2019年の 三光コスモス祭りも大盛況!

 

令和一発目という事もあり、

コスモスも例年以上頑張ってにきれいに咲いてくれたのかな?^^

 

 

DSCF6944.JPG

 

 

 

DSCF6947.JPG

 

 

この日は土曜日 という事もあり大賑わい。

 

前の週の連休が台風のせいでつぶれた事もあってか、

 

県外ナンバーの車も多く詰めかけていました。

 

 

DSCF6948.JPG

 

 

 

DSCF6951.JPG

 

 

 

DSCF6953.JPG

 

 

 

DSCF6986.JPG

 

 

 

DSCF6980.JPG

 

 

「久々に俺の一眼が火を噴くぜ!」

 

 

DSCF6966.JPG

 

 

 

「砲身が焼き付くまで打ちまくってやる!」

 

 

 

 

DSC_0004.JPG

 

露出
絞り値: f/5.6
シャッタースピード: 1/2500秒
露出モード: 絞り優先オート
露出補正: +0.5段
露出調節:
測光モード: スポット測光
ISO感度設定: オート (ISO 400)

 

 

 

 

 

DSC_0013.JPG

 

露出
絞り値: f/5.6
シャッタースピード: 1/3200秒
露出モード: 絞り優先オート
露出補正: +0.5段
露出調節:
測光モード: スポット測光
ISO感度設定: オート (ISO 400)

 

 

DSC_0045.JPG

 

 

露出
絞り値: f/13
シャッタースピード: 1/500秒
露出モード: 絞り優先オート
露出補正: 0段
露出調節:
測光モード: スポット測光
ISO感度設定: オート (ISO 400)

 

 

 

 

 

DSC_0081.JPG

 

露出
絞り値: f/8
シャッタースピード: 1/1000秒
露出モード: 絞り優先オート
露出補正: +1段
露出調節:
測光モード: スポット測光
ISO感度設定: オート (ISO 400)

 

 

 

 

DSC_0107.JPG

 

 

露出
絞り値: f/5.6
シャッタースピード: 1/2000秒
露出モード: 絞り優先オート
露出補正: 0段
露出調節:
測光モード: スポット測光
ISO感度設定: オート (ISO 400)

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0149.JPG

 

露出
絞り値: f/5.6
シャッタースピード: 1/2500秒
露出モード: 絞り優先オート
露出補正: +1段
露出調節:
測光モード: スポット測光
ISO感度設定: オート (ISO 400)

 

 

 

 

DSC_0183.JPG

 

ユーリ

「ママーー お花の妖精拾ってきたでー。  飼っていいー?」

 

 

 

 

 

私・妻

「ぎゃふん」

 

 

 

 

 

 

 

そんな感じの 秋の行楽 第一弾でしたとさ。

 

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 九州旅行へ
にほんブログ村

 

 

久住花公園散策 (令和元年 たぶん6月頃)

  • 2019.08.30 Friday
  • 00:39

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF5791.JPG

 

 

家族で久住花公園へ行ってきました

(^^)

 

入口の広場に設置してあった「シャボン玉製造機」

 

 に興味深々のユーリ。

 

 

 

 

DSCF5792.JPG

 

 

 片っ端からシャボン玉を潰しにかかりました。

 

 

  放って置いたら、1時間で2時間でもこの生産性の無い作業をつづけそうです。

 

 

 

 

DSCF5793.JPG

 

 

 ノン

「そこまでだ、ユーリ!」

 

 

 

 

 

 

 

DSCF5800.JPG

 

キヨ君はほとんど首が座ってきましたが、

この時はまだ抱っこ紐デビューはしていませんでした。

 

 

花公園は車椅子でも回れる様にバリアフリー設計のため

 

ベビーカーでも大丈夫。

 

 

 

 

 

 

 

DSCF5804.JPG

 

 

バラ園が見頃を迎えていました。

 

 

 

 

 

DSCF5807.JPG

 

 

以前はこのようなバラのガーデンはなかったのですが、

 

季節に応じて見頃の花が変わる上に、ちょいちょいレイアウトにも変化がある様です。

 

 

 

 

 

 

DSCF5811.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF5812.JPG

 

 

 

 

 

 

 

DSCF5816.JPG

 

こちらは 花公園の敷地内にある宿泊施設 

 

『花と星』です。

 

 

公式HP↓

 

http://www.kujuhanakoen.com/index.html

 

 

今流行りの「グランピング」が楽しめる施設。

 

 

グランピングとは 何ぞや?と調べていると

 

「日本グランピング協会」なるものが存在し、

 

そこのグランピングの説明文が なんだか無駄にカッコよかったお!

 

 ↓ 以下 日本グランピング協会HPより 引用

 

近年、アウトドア愛好家の間では快適さを兼ね備えた新しい体験型旅行が注目されています。それが雑誌やテレビなどですっかりおなじみになったGlamping(グランピング)です。

これはグラマラス(魅惑的な)とキャンピングを掛け合わせた造語で、テント設営や食事の準備などの煩わしさから旅行者を解放した「良い所取りの自然体験」に与えられた名称です。

 

 

世界を席巻するこの新しい流れは、もはや止めることはできません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

美しい花々に囲まれた花公園の園内という非日常空間に宿泊できるのです。

 

おまけに久住というロケーション。

 

夏は高地で涼しく、夜は満点の星空を仰ぎ見る事ができるでしょう。

 

 

 

 

 

 

DSCF5817.JPG

 

 

テントサイト利用料金

平日10,000円 日祝前日12,000円(税別)
 ※星サイト(デッキ、テーブル付・3棟)・花サイト(デッキ、ハンモック付・4棟)


⊇蒜駑繕(1泊2食事、花公園入園2日間)

大人1名(中学生以上) 平日5,800円 日祝前日6,800円(税別)
 小人1名(5歳〜小学性)平日3,600円 日祝前日4,200円(税別)
 幼児(5歳以下)添い寝の場合無料(食事なし)。

※入浴施設はございません。近隣の温泉施設をご利用下さい。
※なお炊事棟・タオルはございません。お問い合わせ下さい。

トータルで16000円〜約20000円程。  それなりにお値段は張りますが

 

豪華なテントで食事付き。

 

手ぶらでキャンプ気分が味わえる。

 

これこそまさに、新世代キャンプ!

 

 

 

この新しいながれは、もはや止められない

 

 

 

 

 

 

 

DSCF5819.JPG

 

 

園内には沢山の花々が咲き乱れます。

 

が、しかし

 

草花に興味が無い私は、名前の紹介 の類のプレートがなければ全く分からず。

 

 

 

 

DSCF5822.JPG

 

 

 ユーリ

「何のお花?」

 

 

ノン

「多分、スイートピーか、ポピー…。」

 

 

 

 

DSCF5823.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF5824.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF5832.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF5836.JPG

 

お花畑を縦横無尽に駆け回るユーリ

 

この新しい流れは、もはや止められません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF5839.JPG

 

 ユーリ

「こっちのお花もきれい!何てお花?」

 

 

 ノン

「多分スイートピーか、ポピー。」

 

 

 

DSCF5848.JPG

 

 

 

公園とかに植えられてる花は

 

スイートピーかポピーと言えば大体合っている確率が高い気がします。

 

 

 

 

 

 

 

DSCF5853.JPG

 

 

 

 

 

DSCF5858.JPG

 

 

 

 

 

 

 

DSCF5867.JPG

 

 

ノン

「クマさんと写真撮ってあげる」

 

 

ユーリ

「恥ずかしー。」

 

 

 

 最近写真を撮られる事に恥じらいを覚えてきたユーリ。

 

写真を撮る人にとって、風景画やモノクロ、動体やポートレートと様々なシーンの中で一番難しいと言われる「子供の生き生きした顔、姿」

 

 

フレーミング(構図)のセンスに、瞬間を切り抜く洞察力、それに加えて「子供の機嫌をとる!」という最も難しい技術を総動員させる必要があるからなのでしょう。

 

(お金払って、注文通りのポーズや表情をくれるモデルさんとは違う)

 

 

 

 

 

 

DSCF5869.JPG

 

 「後でソフトクリームあげるからニッコリしなさいね。」と言って撮影した、限りなく不自然な笑顔の一枚。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 花公園散策を終えた我々は

 

 

 

IMG_0508.JPG

 

 

帰りにガンジーファームにも寄ってみました。

 

赤ヘルのビートル号に乗りました。

 

ただ園内を周遊するだけと思ってましたが、何とガンジー牛の牛舎内を見学できる特典付きでした。 

 

 

IMG_0499.JPG

 

 白黒のホルスタインに対して、茶色と白の模様のガンジー牛。

 

 

普通の牛よりひとまわり程小さく、大変愛嬌があり人懐っこい温厚な牛さんでした。

 

 

 

 

IMG_0498.JPG

 

 手を出すと、ぺろぺろ舐めてくれたよ。

 

 

 

 そんな感じの初夏の家族行楽でしたとさ。

 (^^)

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0505.JPG

 

 

おしまい

 

 

 

 

 

にほんブログ村全国ランキング参戦中!

 

クリック ↓

 

 

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 九州旅行へ
にほんブログ村

 

 

家族でお出掛け 七つ森古墳群の彼岸花 (H30年9月)

  • 2018.10.06 Saturday
  • 17:02

 

 

9月下旬のお話。

 

我が家の家の周囲にもチラホラ咲き始めた「彼岸花(ヒガンバナ)」

 

 

 

ユーリと近所を散歩しているときに

 

ユーリ

「赤いお花がいっぱいだーー」

 

と 気にしていた様子でしたので、竹田市にある彼岸花の群生地に連れて行って見ました。

 

 

 

DSCF2355.JPG

 

訪れたのは「七つ森古墳群」です。

 

ちょうど満開の時期に来れました!

 

 

 

 

DSCF2303.JPG

 

 

大分と熊本(阿蘇方面)を繋ぐ 国道57号線沿いという 大変アクセしやすい場所にあります。

 

 

DSCF2301.JPG

 

 

七つ森という名前からして 「古墳は7つあるんだろうなーー」と思っていましたが

 

敷地内には円墳2基と前方後円墳2基の計4基しか残っていないそうです。

 

 

 

 

 

DSC_0151.JPG

 

 

残った古墳4つの内、一番端っこ(西側)の古墳には、とても小さい石棺が入っていて幼児が埋葬されていたそうです。

 

という事は、この場所は 古墳を築けるくらい裕福で身分の高い家族が埋葬されていたのかもしれませんね。

 

 

 

「七人家族なら、サザエさん一家やね」

 

(フネ、波平、サザエ、マスオ、カツオ、ワカメ、タラ)

 

 

 

「ギャフン」

 

 

 

 

 

 

DSCF2316.JPG

 

敷地内に植えられた20万本の彼岸花に驚きと興奮?のユーリ

 

元気に周辺を散策です。

 

 

 

 

DSCF2347.JPG

 

彼岸花には、なぜかアゲハ蝶がよく集まります。

 

不思議に思ってちょっと調べてみたんですが、 アゲハ蝶は ほかの蝶が認識できない「赤色」を感知する事ができるそうです。

 

 

アゲハ蝶にとっては、密を独占状態ですが

 

球根で子孫を増やす彼岸花にとっては、花粉を運ばせる必要もないので、栄養の元である密の吸われ損。 といった所でしょうか。

 

 

 

 

 

 

DSC_0013.JPG

 

レンズ: 18-70mm F/3.5-4.5 G
焦点距離: 70mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: スポット測光
1/500 秒 - F/5
露出補正: +0.3 EV
感度: ISO 400

 

 

 

 

DSC_0023.JPG

 

レンズ: 18-70mm F/3.5-4.5 G
焦点距離: 62mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: スポット測光
1/100 秒 - F/5
露出補正: +0.3  EV
感度: ISO 400

 

 

 

 

 

 

DSC_0033.JPG

 

 

レンズ: 18-70mm F/3.5-4.5 G
焦点距離: 70mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: スポット測光
1/80 秒 - F/5
露出補正: +0.5 EV
感度: ISO 400

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子供と花の写真といえば、プラス補正をガーっと掛けて!ファンシーな感じに仕上げると相場が決まってますが

 

(こんな感じ↓)

 

 

 

DSC_0145.JPG

 

レンズ: 18-70mm F/3.5-4.5 G
焦点距離: 70mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: スポット測光
1/640 秒 - F/5
露出補正: +0.6 EV
感度: ISO 400

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼岸花に関しては、マイナス(アンダー)補正の似合う花。

 

    ↓

 

 

 

 

 

レンズ: 18-70mm F/3.5-4.5 G
焦点距離: 60mm
デジタルイメージプログラム: クローズアップ
測光モード: マルチパターン測光
1/125 秒 - F/4.5
露出補正: -0.6 EV
感度: ISO 600

 

 

 

 

 

 

 

 

子供と彼岸花

 

折り合いの良い、程よい明るさで撮って見ました。

 

 

 

 

 

DSC_0047.JPG

 

 

レンズ: 18-70mm F/3.5-4.5 G
焦点距離: 62mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: スポット測光
1/100 秒 - F/5
露出補正: +0.3 EV
感度: ISO 400

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0067.JPG

 

レンズ: 18-70mm F/3.5-4.5 G
焦点距離: 56mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: スポット測光
1/80 秒 - F/10
露出補正: -0.3 EV
感度: ISO 400

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0110.JPG

 

レンズ: 18-70mm F/3.5-4.5 G
焦点距離: 70mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: スポット測光
1/100 秒 - F/7.1
露出補正: +0.3 EV
感度: ISO 400

 

 

 

DSC_0115.JPG

 

 

レンズ: 18-70mm F/3.5-4.5 G
焦点距離: 48mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: スポット測光
1/80 秒 - F/7.1
露出補正: +0.3 EV
感度: ISO 400

 

 

 

 

 

 

DSC_0116.JPG

 

レンズ: 18-70mm F/3.5-4.5 G
焦点距離: 70mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: スポット測光
1/50 秒 - F/7.1
露出補正: +0.3 EV
感度: ISO 400

 

 

 

 

DSC_0118.JPG

 

レンズ: 18-70mm F/3.5-4.5 G
焦点距離: 70mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: スポット測光
1/40 秒 - F/7.1
露出補正: +0.3 EV
感度: ISO 720

 

 

 

 

 

 

 

 ユーリ

「見せてよー。」

 

DSCF2352.JPG

 

 

 撮影会が終わり、自分の写りをチェックする女優振り。

 

 

 

 

DSCF2354.JPG

 

 彼岸花の鑑賞を楽しんだ後は、この七ツ森古墳のすぐ近くにあるカフェに寄ってみました。

 

 

 

 

IMG_6256.jpg

 

古民家の軒先に、先ほどの彼岸花の様な色のバイクがディスプレイされていました。

 

古民家とバイク、という組み合わせも中々親和性があるんですねー

^ - ^

 

絵になります。

 

 

IMG_6255.jpg

 

 

奥さんも前々から気になっていたカフェらしく、思わぬ寄り道に上機嫌。

 

 

撮影疲れ&お昼寝タイムが近かった小さな女子も、ジュースとケーキと聞いて 元気回復!

 

 

 

 

IMG_6247.jpg

 

クラシカルな店内

 

色々な作家さんや芸術家さんの作品の展示や販売もされていました。

 

 

 

 

IMG_6249.jpg

 

冬は薪ストーブが活躍するそうです。

 

この空間にますます味が出そうですね。

 

 

音楽系にも力を入れている様で、ジャズや軽音の演奏会が定期的に催される様です。

 

 

IMG_6253.jpg

 

店内にディスプレイされていた 可愛い絵本

 

待ち時間も読み聞かせでユーリも退屈しません。

 

 

 

IMG_6252.jpg

 

 

私はアイスコーヒー。

 

湧水白水の滝が近くにあるだけあり、お水が美味しいせいか、コーヒーもとても飲みやすくてサッパリしていました。

 

この日は水出しアイスコーヒーでしたが、10月になると、そろそろホットのコーヒーも恋しい時期になりますね。

 

 

 

IMG_6250.jpg

 

ケーキは季節や時期によって変わります。

 

この時期はバナナケーキわカフェオレ風に仕上げておりました。

 

 

 

 

 

 

 

以上、秋の気配を感じた 家族のお出掛けデイでした。

 

 

 

おしまい

 

 

 

 

日本ブログ村全国ランキング参戦中!

 

「年をとったから遊ばなくなるのではない。遊ばなくなるから年をとるのだ。」

    ーーー バーナード・ショー (アイルランドの劇作家、ノーベル文学賞受賞 / 1856〜1950) −−−

 

 

クリック ↓

 


にほんブログ村

 


にほんブログ村

 

 

 

平成最後の夏 久住花公園散策

  • 2018.09.09 Sunday
  • 05:20

 

何をするにも 「平成最後の」がちらついてくる今日この頃。

 

この日も 「平成最後の 夏のくじゅう花公園散策だ」という事で

 

家族でお出かけ

 

 

 

DSCF2159.JPG

 

 

くじゅう花公園に、夏の季節のお花を観賞に行きました。

 

 

出入り口ゲート付近にあった エンドレスでシャボン玉を排出し続けるマシーンに夢中。

 

 

DSCF2152.JPG

 

蚊を叩くかの様に、片っぱしからシャボン玉を叩き潰すユーリ

 

右、左、上、下  あらゆる方向へ飛び散るシャボン玉に対応していく様子は、まるでボクシングのトレーニングみたいでした。

 

 

 

「ユーリ先輩、ナイスファイトでーす!」

 

 

 

DSCF2138.JPG

 

 

バテておとなしくなった所で、記念撮影。

 

無料で記念撮影できる様に、大きなクマさんのぬいぐるみや

 

夏の花でデコレーションされた麦わら帽子、ベンチが置かれていました。

 

こういうサービスはうれしいですね^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さあ、園内を散策しましょうー。

 

 

 

 

DSCF2033.JPG

 

ユーリ

「出発だーー! 出してちょうだい」

 

 

 

 

ノン・嫁

「歩くんだよー!!」

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0004.JPG

 

ユーリ

「ぷう・・・。」

 

 

お嬢様め。

まったく末恐ろしい・・・。

 

 

 

 

DSC_0008.JPG

 

彩りの畑 では ベゴニアやラベンダーが満開!

 

たくさんのインスタ女子が映える写真を狙って 自撮りをしていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回一番期待していた 夏の花の定番「ひまわり」は・・・。

 

 

DSC_0032.JPG

 

この日は薄曇り&すでに15時位という事もあり、みんな一斉にうつむき加減 (涙)

 

 

ひまわりで映える写真を狙う時は、午前中が勝負ですね^^;

 

 

 

DSC_0031.JPG

 

 

ちょっと下から覗き込む様に撮影して、無理やり元気な感じに撮ってみました。

 

 

 

DSC_0045.JPG

 

 

 

DSCF2055.JPG

 

ノン

「ユーリの顔よりおっきいよ!」

 

ユーリ

「ひえー・・・。」

 

 

 

 

DSCF2068.JPG

 

 

ひまわり畑の中には、細い畔道があり、

 

ご覧のように、ひまわりに囲まれた写真を撮る事が出来ます。

 

 

 

 

 

 

DSCF2070.JPG

 

 

 

DSCF2079.JPG

 

 

 

しかしながら、3歳児にとっては きれいなお花を観賞する事よりも

 

 

 

DSC_0052.JPG

 

走り回る事のほうが面白い様です。

 

 

 

 

 

DSC_0053.JPG

 

Nikon D90
2018/08/19 15:49:05
JPEG (8-bit) FINE
レンズ: 18-70mm F/3.5-4.5 G
焦点距離: 48mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: スポット測光
1/1000 秒 - F/5
露出補正: +0.3 EV
感度: ISO 400

 

 

 

 

 

全品送料無料!!【グラニフ】コラボレーションキッズワンピース/きんぎょがにげたドット(五味太郎Aラインショートスリーブワンピース)(ネイビー)【楽ギフ_包装】

価格:3,218円
(2018/9/9 05:05時点)
感想(0件)

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF2101.JPG

 

 

入園早々の シャボン玉マシーンでのシャドウボクシングと、園内ダッシュで疲れたユーリ。

 

吸い込まれる様に、カフェコーナーへ。

 

 

 

DSCF2089.JPG

 

奮発して、イチゴかき氷ソフトクリーム乗せ!

 

 

ノン

「今日のモデル料ですよ。」

 

 

 

 

 

DSC_0073.JPG


レンズ: 18-70mm F/3.5-4.5 G
焦点距離: 65mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: スポット測光
1/320 秒 - F/5
露出補正: +0.3 EV
感度: ISO 400

 

 

 

 

 

 

DSC_0077.JPG

 

 

エネルギー、充電完了!

 

ハート満タン!?

 

 

 

 

 

 

DSC_0083.JPG

 

ケイトウ(鶏頭)の畑。

 

ここからは、写真撮影大会の始まり^^

 

 

 

 

 

 

DSC_0118.JPG


レンズ: 18-70mm F/3.5-4.5 G
焦点距離: 62mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: スポット測光
1/1250 秒 - F/5
露出補正: 0 EV
感度: ISO 400

 

 

 

 

 

 

DSC_0102.JPG

 

急に甘えモードになったり

 

 

全品送料無料!!【グラニフ】コラボレーションキッズワンピース/きんぎょがにげたドット(五味太郎Aラインショートスリーブワンピース)(ネイビー)【楽ギフ_包装】

価格:3,218円
(2018/9/9 05:05時点)
感想(0件)

 

 

全品送料無料!!【グラニフ】コラボレーションTシャツ/きんぎょがにげたきんぎょさん(五味太郎)(ネイビー)【楽ギフ_包装】

価格:2,160円
(2018/9/9 05:08時点)
感想(2件)

 

DSCF2109.JPG

 

 

急に変顔したり・・・。

 

気まぐれなモデルのせいで、撮影大苦戦!?

 

 

 

 

DSCF2122.JPG

 

 

ノン

「ちょっとユーリ、こっち向いてごらーん」

 

ユーリ

「あっちがいいー。」

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0153.JPG

 

レンズ: 18-70mm F/3.5-4.5 G
焦点距離: 70mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: スポット測光
1/2500 秒 - F/5
露出補正: 0 EV
感度: ISO 400

 

 

 

 

 

 

DSC_0145.JPG

 

レンズ: 18-70mm F/3.5-4.5 G
焦点距離: 70mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: スポット測光
1/640 秒 - F/5
露出補正: +0.5 EV
感度: ISO 400

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0155.JPG

 

レンズ: 18-70mm F/3.5-4.5 G
焦点距離: 70mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: スポット測光
1/2500 秒 - F/5
露出補正: 0 EV
感度: ISO 400

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0167.JPG

 

レンズ: 18-70mm F/3.5-4.5 G
焦点距離: 70mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: スポット測光
1/1250 秒 - F/5
露出補正: 0 EV
感度: ISO 400

ホワイトバランス: オート
AFモード: AF-A
シンクロモード: なし

 

 

 

 

DSC_0170.JPG

 

 

 

DSCF2038.JPG

 

久々に一眼カメラを持ち出しましたが、子供の良い表情を撮るのって本当に難しいんだなと思いました。

 

 

 

おしまい

 

 

 

 

 

日本ブログ村 全国ランキング参戦中!


「打たないシュートは、100%外れる」

  −−− ウェイン・グレツキー(カナダのプロアイスホッケー選手) −−−

 

クリック  ↓

 

 

 


にほんブログ村

 

 

 

 

 

家族で神楽女湖の花菖蒲観賞 (平成30年6月)

  • 2018.07.07 Saturday
  • 12:51

 

家族でお出かけの記事でやんす。

 

 

 

ジメジメと鬱陶しい梅雨時期ではございますが、

 

そんな時期だからこそ楽しめる 季節の花を求めて

 

 

DSCF1497.JPG

 

別府市は 志高湖の隣にあります 『神楽女湖』 へお出かけ致しました。

 

この日は幸いにも 梅雨の中休みで好天に恵まれ

 

駐車場から400m程の遊歩道を まったり歩きます

 

 

 

 

 

 

 

DSCF1498.JPG

 

(はしゃぎ過ぎて 転倒の巻)

 

お転婆ユーリ。

 

ただの遊歩道を歩く という行為でさえ 一つのイベントに変えてくれます。

 

 

 

 

 

 

DSCF1504.JPG

 

記念撮影を撮ろうとしても、最近まじめに写ってくれません。

 

一部の方には分かる 『なんちゃってーポーズ』  いよいよ板に着いて来ました

 

 

 

 

 

DSCF1507.JPG

 

普段は志高湖の影に隠れ閑散としている神楽女湖も、この時期ばかりは人だかり。

 

湖畔一面に咲乱れるは 『菖蒲の花』

 

毎年6月下旬頃から満開でございます。

 

 

 

 

 

 

DSCF1509.JPG

 

 

 

DSCF1512.JPG

 

神楽女湖は 湖(みずうみ) とは言いましても 

 

外見上はどちらかというと 沼(ぬま) といったほうが良さそうです。

 

 

 

 

平安時代に 池のほとりに 神楽を舞う巫女が住んでいたという 美しい伝説に由来する湖

 

さしずめ、どこか儚い妖艶さを纏うハナショウブは 

 

そんな美しい巫女の生まれ変わりでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

DSCF1514.JPG

(ユーリ 隠れるの巻)

 

そんなウンチクとは無縁の 巫女が一人…!?

 

ユーリ

『ど~こだ?』

 

 

 

 

 

 

 

 

 答え ↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF1513.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF1518.JPG

 

ユーリ

『あーー!  虫さん おるーー』

 

 

 

 

 

DSCF1511.JPG

 

阿蘇くじゅう国立公園に指定されている湖

 

豊かな自然環境が守られ、美しい木々や花の他に、さまざまな種の 動物や昆虫も楽しむ事が出来ます。

 

 

 

 

DSCF1522.JPG

 

 

 

DSCF1526.JPG

 

 

 

DSCF1523.JPG

 

 

 

DSCF1527.JPG

 

 

 

DSCF1529.JPG

 

ユーリ

『アメンボ、おるなーー』

 

 

 

 

 

DSCF1545.JPG

 

ノン

『ほら、ここにも隠れておるよ』

 

ユーリ

『本当だー』

 

 

【10%OFFセール】【2018年 春夏 新作】コロンビア Columbia パンツ ジョンズ ビュートパンツ メンズ クライミングパンツ イージーパンツ ボトム ブランド ボルダリング アウトドア フェス スポーツ オムニシールド オムニシェイド ストレッチ M L 撥水 UVカット PM4433

価格:8,651円
(2018/7/7 12:51時点)
感想(0件)

 

 

DSCF1543.JPG

 

 

普段は昆虫を嫌うユーリ。 

 

しかしこうやって自然の中、 ありのままの生活を営む昆虫と触れ合う事で

 

この日は そんなに怖がらずに観察していました。

 

 

 

 

 

自然散策は 絶好の課外授業ですね。

 

 

 

 

 

DSCF1558.JPG

 

 

 

DSCF1525.JPG

 

 

 

DSCF1532.JPG

 

引き続き 花を愛でながら 湖畔散策は続きます。

 

 

 

 

DSCF1561.JPG

 

 

ユーリ

『ポーーズ!』

 

 

(モンベル) mont-bell ワイドブリムハット

 

 

 

mont-bell モンベル キャニオンサンダル キッズ 16-21 #1129369 ビーチ サンダル アウトドア 川 海

価格:3,780円
(2018/7/7 12:46時点)
感想(0件)

 

 

 

DSCF1569.JPG

 

 

 

DSCF1575.JPG

 

 

 

DSCF1585.JPG

 

沼の上には、きれいに整備された桟橋が架かっております。

 

ここからも、水生の動植物を観察する事ができます。

 

 

 

 

DSCF1591.JPG

 

おや、水鳥の巣がありますね。

 

ユーリ

『鳥さんの おうちがある〜!』

 

 

 

DSCF1596.JPG

 

 

 

DSCF1598.JPG

 

鴨(かも)でしょうか?  親子で仲良く泳ぎの練習?

 

 

 

 

DSCF1600.JPG

 

ちょっとたどたどしい泳ぎで、一生懸命 親鳥の後ろを追っかけていました。

 

 

 

 

 

 

 

DSCF1603.JPG

 

 

 

 

DSCF1604.JPG

 

色とりどりなのは 花だけではありません。

 

 

緑鮮やかな草で羽を休める 青や赤の美しい トンボ達。 

 

 

 

DSCF1606.JPG

 

 

 

DSCF1607.JPG

 

 

そんな彼らも 真近で観察できました。

 

 

 

 

 

 

DSCF1609.JPG

 

 

草は緑だ 花はきれいだ  虫っていろんな形や色があるんだな

 

我々 大人にとっては当たり前の常識は 彼女にとっては、全て初めての経験

 

 

 

その小さな頭の記憶領域に、どんどん経験値を詰め込んで行くのでしょうね。

 

 

 

 

DSCF1613.JPG

 

 

 

DSCF1614.JPG

 

 

そんな感じの 家族の神楽女湖散策でしたとさ。

 

 

 

 

 

 

 

 

おしまい

 

 

日本ブログ村全国ランキング参戦中!

 

世の中に思ひあれども子をこふる 思ひにまさる…思ひなき哉

   −−− 紀貫之 「貫之集」 −−−

 

 

クリック ↓

 

 

 

 


にほんブログ村

 

 

 

杖立温泉 (こいのぼり祭り 家族で散策)

  • 2018.06.11 Monday
  • 21:00

 

 

 

 

 

DSCF0629.JPG

 

 

前回はソロツーリングで立ち寄った 「杖立温泉」の鯉のぼり祭り

 

ノン

「ユーリも鯉のぼりの歌を覚えたし、連れていってあげよう」

 

 

という事で、さっそく家族を連れて行きました。

 

 

この様なツーリングで得た情報を生かすという地道な家族サービスが、 

次のツーリング時間の確保に繋がるのです

 

 

 

 

DSCF0683.JPG

 

これ程の数の鯉のぼりを目にするのは初めてのユーリ

 

 

数字は20位までカウントできる様になったので、頑張って数えてましたが・・・。

 

 

ユーリ

「17、18、19、20・・・。」

 

 

 

 

 

「・・・・・。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「いっぱいやん・・・。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

形容しがたいのですが

 

圧倒的大軍を目の前に、戦意が喪失した兵士みたいな顔になってました。

 

 

 

 

 

DSCF0680.JPG

 

 

そんな鯉のぼりの大群

 

よーく見て見ると、中にレアキャラが混じっていました。

 

 

 

DSCF0686.JPG

 

 

鰹(カツオ)の鯉のぼり

 

 

 

 

DSCF0687.JPG

 

手形付き  手作りレインボー

 

 

 

 

 

 

DSCF0689.JPG

 

川の中を本当に泳いでる リアル鯉の滝のぼり

 

 

 

 

 

 

 

皆さんも、杖立鯉のぼり祭りにお越しの際は ぜひレアキャラを探してみてください。

 

 

 

 

 

 

 

DSCF0690.JPG

 

 

 

さあ、ちょっと周辺を散策してみます。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF0693.JPG

 

あらかじめ 百均ショップで買っておいたミニ鯉のぼりを持たせると、

機嫌良くはしゃぎます。

 

こういったおもちゃは、現地で買うと500〜600円は取られます。

 

 

地道な節約が 我が家の活計を支えているのです。

 

 

 

DSCF0697.JPG

 

 

杖立と言えば 路地裏散策

 

ノン

「ユーリ、狭くて 古くて 面白でしょ」

 

 

 

 

ユーリ

「・・・。 面白いなぁ。」

 

 

 

 

 

 

 

ユーリ 3歳にして 路地裏のわびさびを知る。

 

 

 

 

 

 

 

DSCF0698.JPG

 

 

 

DSCF0700.JPG

 

 

路地裏の奥に 小さなお堂があります。

 

 

 

 

 

 

DSCF0703.JPG

 

 

 

 

 

DSCF0704.JPG

 

 

お湯の神様を祀っていて、400年の歴史があるそうです。

 

 

 

 

DSCF0705.JPG

 

昭和45年の写真。  

 

 

 

DSCF0706.JPG

 

住民の方々にとても愛されて、大事にされてきた場所の様です。

 

 

 

 

 

 

DSCF0708.JPG

 

 

お堂の前の階段の手すりが、鉄管でした

 

 

 

DSCF0711.JPG

 

 

路地裏の至る所に、温泉を通す配管が張り巡らされております。

 

 

 

DSCF0712.JPG

 

 

地球の命(地熱)から生まれた温泉を、この温泉街全体に行き渡す配管は

 

さながら人間の身体の動脈の様です。

 

 

DSCF0709.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

迷路の様に入り組んだ路地

 

張り巡らされた配管  所々から噴き出る蒸気

 

私くらいの30歳台のFF(ファイナルファンタジー)経験者なら

 

 

DFgB4a1U0AEbo1A.jpg

 

炭鉱都市 ナルシェを思い浮かべる事でしょう。

 

 

 

 

 

DSCF0713.JPG

 

 いつ来ても、この不思議な雰囲気には癒やされます。

 

 

 

 

 

DSCF0715.JPG

 

 

 

DSCF0717.JPG

 

 

 

DSCF0723.JPG

 

 

「風が、  ・・・来る!」

 

 

 

 

 

 

 

風が吹くと、一斉に鯉のぼりがたなびき始めます。

 

 

 

 

 

 

DSCF0726.JPG

 

一番奥の方にある橋には、願い事の絵馬がたくさん掲げられています。

 

 

 

 

IMG_4045.JPG

 

より強い風が吹くと、この絵馬達が カラン、コロン、と

 

なんとも涼しげな音を鳴らします。

 

 

 

 

 

DSCF0737.JPG

 

 

今年の絵馬は ユーリも一筆入魂!

 

いつもは、ちょっと隠れた場所にぶら下げるのですが

 

今年は堂々と、お地蔵さまの目の前にぶら下げさせて頂きます。

 

 

DSCF0739.JPG

 

 

 

DSCF0738.JPG

 

私の苗字に使われている文字 「の」を 大きく書いたようです。

 

似顔絵は私が書きました。

 

 

 

 

 

それはそうと

 

例年と違う現象が・・・。

 

 

 

DSCF0736.JPG

 

 

奥の橋の辺りに、チャボが徘徊しておりました。

 

大変人懐っこくて、

こちらが余り動かないと コッ  コッ!  って言いながら寄ってきます。

 

 

 

DSCF0734.JPG

 

改めて、近くでマジマジと見ると 鶏(ちゃぼ)って 凛々しくてカッコイイなあ

 

 

 

DSCF0747.JPG

 

 

 

 

 

 

DSCF0746.JPG

 

 

しかし、ユーリは完全にビビリモード

 

私の足にしがみ付いて、少しでも距離を取ろうと、腰のあたりまでよじ登って来る始末。

 

 

仕方なく、鶏さん達の徘徊範囲は 抱っこしてあげました。

 

 

 

 

 

 

鴨(かも)もたくさんいたので、100円で売られている餌をあげましたが・・・。

 

 

DSCF0748.JPG

 

 

完全に無視されました。

 

 

 

 

DSCF0749.JPG

 

 

視線すら合わせてくれませんでした。

 

ニワトリさんとは大違いの塩対応(しょっぱい反応)

 

 

 

 

 

DSCF0755.JPG

 

 

川を泳いでいる鴨は お腹が空いているのか

 

ユーリの投げ込む餌を美味しそうに食べてくれました。

 

 

 

 

 

こうやって触れあっているうちに、だんだん怖さが薄れてきたのか

 

最後には、自らニワトリさんにコンタクトを取ろうとしていました。

 

 

 

 

 

 

 

DSCF0751.JPG

 

恐る恐る近づいて

 

「ニワトリさーーん・・・。」と声をかけるユーリ

 

 

 

 

 

 

DSCF0750.JPG

 

ちゃんと寄って来てくれるニワトリさん。

 

本当に可愛かったです。

 

 

 

 

 

DSCF0759.JPG

 

 

 

DSCF0768.JPG

 

歩道まで垂れ下がっている鯉のぼりがありました。

 

 

 

しかし、ユーリが触ろうとすると・・・。

 

 

 

 

DSCF0775.JPG

 

風が吹いて、 手の届かない高さに上がってしまいます。

 

 

諦めると、風が収まり 再び垂れ下がってきますが

 

ユーリが触ろうとすると、また風で舞い上がってしまいます。

 

 

 

 

まるで、ここの温泉の神様がユーリと遊んでくれている様な偶然。

 

 

 

DSCF0776.JPG

 

(彼女なりの 精いっぱいのジャンプ の図)

 

そのうち、半泣きになって来たので・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF0777.JPG

 

結局、こうなりました (笑)

 

 

 

 

DSCF0780.JPG

 

 

ユーリ

「捕まえたぁ〜  ニッコリ  」

 

 

 

 

DSCF0785.JPG

 

 

 

DSCF0800.JPG

 

 

クリームソーダに 名物の蒸気蒸し杖立プリンで スイーツ〆(締め)

 

 

 

そんな感じの 杖立散策でしたとさ。

 

 

 

 

 

おしまい

 

 

 

 

 

日本ブログ村 全国ランキング参戦中!

 

親が子に対する愛情こそは全く利害を離れた唯一の情緒である。」

   −−− モーム −−−

 

 

 

クリック  ↓

 

 

 


にほんブログ村

 

 

 

 

菜の花満開の長崎鼻 (豊後高田 2018年春のお出掛け)

  • 2018.05.06 Sunday
  • 17:25

 

 

春のお出掛けの続き。

 

豊後高田の昭和の町の町歩きを楽しんだ我々は、そこから車を20分程走らせ

 

 

 

 

DSCF0374.JPG

 

 

国東半島の花の名所『長崎鼻リゾートキャンプ場』へ。

 

長崎鼻リゾート 公式HP ↓

http://www.nagasakibana-oita.jp/

 

 

 

 

 

 

無題f.jpg

 

 

海水浴のできるビーチ、コテージ、シャワー室を備えるキャンプサイト

 

そして、広大な敷地には 春は菜の花 夏はヒマワリ 秋はコスモス が一面咲き誇るお花の楽園

 

 

 

 

この時期は 丁度 菜の花が見頃でした。

 

 

DSCF0385.JPG

 

展望台もあります。

 

 

DSCF0375.JPG

 

 

DSCF0376.JPG

 

見渡す限り 黄色一色の世界

 

 

 

 

 

DSCF0383.JPG

 

ユーリはどーーこだ!?

 

 

 

AWAYTR 子供用 ベレー帽 キッズ 無地 3-8歳

 

 

DSCF0384.JPG

 

背景に見える駐車場には、まだ桜の花が残っていました。

 

満開の菜の花と、桜の花のコラボレーション

 

 

 

DSCF0391.JPG

 

 

 

一通り景観を楽しんだら・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ユーリ撮影会の始まり。

 

ノン

『型遅れの俺のNikonが火を噴くぜ!』

 

 

 

 

DSC_0097.JPG

 

レンズ: 18-70mm F/3.5-4.5 G
焦点距離: 70mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: スポット測光
1/500 秒 - F/8
露出補正: -0.7 EV
感度: ISO 400
仕上がり設定:
ホワイトバランス: オート
AFモード: AF-A

 

 

 

 

帽子 キッズ ベレー帽 帽子 コットン100%ゴム紐つきキッズかわいい春夏リンゴベレー帽(kids木綿赤絵描きおしゃれ頭囲(実寸):〜48cm海外セレブ漫画家ショッピングウおしゃれファッション通販amazon)

 

 

 

 

DSC_0113.JPG

 

レンズ: 18-70mm F/3.5-4.5 G
焦点距離: 70mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: スポット測光
1/640 秒 - F/8
露出補正: -0.7 EV
感度: ISO 400
仕上がり設定:
ホワイトバランス: オート
AFモード: AF-A

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0132.JPG

 

レンズ: 18-70mm F/3.5-4.5 G
焦点距離: 70mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: スポット測光
1/640 秒 - F/7.4
露出補正: -0.7 EV
感度: ISO 400
仕上がり設定:
ホワイトバランス: オート
AFモード: AF-A

 

 

 

 

DSC_0135.JPG

 

レンズ: 18-70mm F/3.5-4.5 G
焦点距離: 70mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: スポット測光
1/2500 秒 - F/8.5
露出補正: -0.7 EV
感度: ISO 400
仕上がり設定:
ホワイトバランス: オート
AFモード: AF-A

 

 

 

 

 

 

DSC_0143.JPG

 

レンズ: 18-70mm F/3.5-4.5 G
焦点距離: 70mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: スポット測光
1/1600 秒 - F/7.0
露出補正: -0.7 EV
感度: ISO 400
仕上がり設定:
ホワイトバランス: オート
AFモード: AF-A

 

 

 

 

 

 

DSCF0398.JPG

 

敷地は大変広く、全部回るとなると さすがに三歳児のユーリはお疲れ。

 

お父さんらしさを発揮します。

 

 

 

 

 

DSCF0402.JPG

 

見よ、この完全リラックスモードの顔

(私からは見えてません)

 

 

『ユーリ、パパはずっと運転もしてるんだから、少し休んだら自分で歩きなさい!』

 

ユーリ

『ヤダーーー』

 

 

『まあまあ、いいじゃないの。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF0403.JPG

 

完全に奥さんを見下す目線。

(私からは見えてません)

 

 

女同士の争いの怖さを垣間見ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF0407.JPG

 

インスタ映えしそうな木枠が設置されていました。

 

さっそく撮影してみましたが、思ったより映えませんでした!?

 

 

 

 

 

 

 

DSCF0445.JPG

 

 

DSCF0429.JPG

 

パパの肩車で少し充電したら、元気が戻った様です。

 

 

撮影会再開^^

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0152.JPG

 

Nikon D90
2018/04/01 17:14:03
JPEG (8-bit) FINE
レンズ: 70-300mm F/4-5.6 G
焦点距離: 300mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: スポット測光
1/1000 秒 - F/6.3
露出補正: -0.7 EV
感度: ISO 400
仕上がり設定:
ホワイトバランス: オート
AFモード: AF-A

 

 

 

 

DSC_0177.JPG

 

レンズ: 70-300mm F/4-5.6 G
焦点距離: 300mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: スポット測光
1/1250 秒 - F/6.3
露出補正: -1.0 EV
感度: ISO 400
仕上がり設定:
ホワイトバランス: オート
AFモード: AF-A

 

 

 

 

 

 

DSC_0189.JPG

 

レンズ: 70-300mm F/4-5.6 G
焦点距離: 300mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: スポット測光
1/800 秒 - F/6.3
露出補正: -1.0 EV
感度: ISO 400
仕上がり設定:
ホワイトバランス: オート
AFモード: AF-A

 

 

 

 

 

 

DSC_0208.JPG

 

レンズ: 70-300mm F/4-5.6 G
焦点距離: 78mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: スポット測光
1/2000 秒 - F/6.0
露出補正: -1.0 EV
感度: ISO 400
仕上がり設定:
ホワイトバランス: オート
AFモード: AF-A

 

 

 

 

菜の花畑を満喫した後は、ビーチを歩いてみました。

 

 

 

DSCF0451.JPG

 

 

砂浜にはあまり興味を持たず すぐに舗装路に逃げ帰るユーリ

 

 

 

 

DSCF0450.JPG

 

ユーリ

『お砂は歩きにくいの』

 

私・妻

『どこの国のお姫様ですか!?』

 

 

まったく末恐ろしい・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_3510.JPG

 

まあ、今日昭和の町の散策や迷路  公園で思いっきり遊んだ後に

 

ここでもたくさん歩きましたので、無理もありません。

 

 

御褒美に 甘〜い スイーツを御馳走してあげます。

 

 

 

 

DSCF0452.JPG

 

菜の花畑の脇に 折りたたみの椅子を出して

 

お花を見ながらの一休み。

 

 

【アウトドアチェア・キャンプ用品】Linkax コンパクトチェア アルミ合金&軽量 専用ケース付き ( 折りたたみ椅子)

新品価格
¥2,899から
(2018/5/6 17:24時点)

 

IMG_3561.JPG

 

 

夕日も色付いてきて 最高のシュチュエーションですね! お嬢様!

 

 

 

 

DSCF0453.JPG

 

 

そんな感じの春のお出掛けでした。

 

 

 

 

 

 

日本ブログ村全国ランキング参戦中!

 

この膝は神以上に屈せず

  −−− ナポレオン −−−

 

クリック  ↓

 

 

 

 


にほんブログ村

 

 

 

 

 

昭和の町散策 (豊後高田 2018年春のお出掛け)

  • 2018.04.30 Monday
  • 18:50

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF0301.JPG

 

 

春のお出掛けでございます。

 

故郷からひと山越えて、別府から高速道路に乗って一気に北上。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無題s.jpg

 

 

 

昭和の雰囲気を今に残す街  豊後高田の 『昭和の町』へやってきました。

 

 

 

 

 

町並みの前に、まず一番気に入ったのが

 

 

DSCF0316.JPG

 

 

ドラえもん とか サザエさん キテレツ大百科 とか 

 

一昔前のアニメに出てくる 絵に描いた様な 『昔の空き地』も忠実に再現!  

 

お約束の 三本土管 が設置されていました。

 

 

まあ、昭和の時代に

この様な場所が当たり前にあったのかの事実確認は別として

 

私の脳内には 『昭和の子供が遊ぶ場所』 と言えば、 三本土管が置かれた空き地だ

 

と刷り込まれております。

 

 

 

 

 

単純な構造がにも関わらず、

なぜか入りたくなる衝動に駆られる不思議な魅力を秘めた土管

 

 

吸引力の変わらないサイクロン土管

 

案の定吸い込まれたノンさんでした。

 

 

 

 

 

現代っ子のユーリも凄い食い付きで遊んでいました。

 

 

 

 

 

 

 

昔の ガソリンスタンド の再現かな?

 

地下に埋葬されたタンクじゃなくて、こういった保存用の器具を使っていたのでしょうか・・・。

 

 

値段の安さにも驚きましたが

 

『現代は1Lが150円位だから、昭和の頃から比べると 今は4倍も値上がりしてるのね』

 

 

ノン

『いや、現代はガソリンの価格の半分が税金だから ガソリン単体の値段は80円位』

『だから、2倍位かな・・・。』

 

 

\侈税 ▲ソリン税(本体税率) ガソリン税(暫定税率)  ぞ暖饑如

 

石油税とガソリン税の二種類が課税されているのは百歩譲って良しとしても、

 

なぜ二種類のガソリン税が課税されているのか??

 

 

しかも、消費税の利率は 石油税、ガソリン税を含めた税金枠にも計上されているという・・・。

 

税金に税金掛けてるって・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな虚しい計算をしても 日本政府の国民搾取体質は変わるはずも無く、真の意味で時間の無駄なので

 

我々は 昭和の雰囲気を楽しむ事に集中します。

 

 

 

 

 

 

こちらはアイス屋さん

 

店先にあるのは 移動式 自転車チリンチリン販売機

 

 

 

 

 

 

ユーリ 自転車に興味深々なお年頃?

 

そういえば、この前 近くの団地で自転車で遊ぶ年上の子供を じーーっと見てたな。

 

4歳になったら 補助輪付き自転車デビューかなあ??

 

 

父の遺伝子を受け継いで、 二輪の乗り物に興味を持つか!?

 

 

 

 

 

ユーリ

『ママー  あそこにソフトクリームあるーー!』

 

『うっ!  通り過ぎようとしたのに、気づいていたか・・・。 』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

薬局もレトロ感満点!

 

売られているのは、現代のお薬です。

 

(赤チンって消毒薬 皆さん知ってる?)

 

 

 

 

 

 

昭和の町の食べ歩きグルメで定番のコロッケ屋さん。

 

私のお勧めは、『キムチコロッケ』 キムチが好きな方はぜひ食べてください!

 

 

 

 

 

 

 

 

女子軍の食欲はとどまる所を知りません。

 

おかず系の次は、甘いスイーツだ と言わんばかりに

今度はこちらのお店に吸い込まれて行きました。

 

 

豊後高田 菓子禅 『高田屋』さん

  ↓

 

http://kasizentakadaya.blogspot.jp/

 

 

 

 

 

 

奥さんのお目当ては 看板メニューの 『イチゴ大福』

 

イチゴの果汁が練り込まれた 可愛らしい大福を想像していたのですが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イチゴが練り込まれた というより  ガッツリと組み込まれておりました!

 

 

甘〜いイチゴのしっかりした食べごたえと、ふっくら生地の大福

 

なんとも不思議な組み合わせでした^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他にも こんなに可愛らしい和菓子が

 

 

 

(公式 フェイスブックページより 拝借)

 https://www.facebook.com/kashizentakadaya/

 

 

 

創作和菓子以外にも

 

 

 

こういった 昔ながらのおやつ等も取りそろえていました。

 

季節によって メニューをどんどん変えている様です。

 

訪れるたびに新しい味を楽しめそうで、

スイーツ食べ歩き好きにはお勧めのお店です。

 

 

 

 

 

 

 

 

食べた分のカロリーの消費を図ります。

 

『路地裏迷路』

 

どうやら最近出来た様です。

 

 

 

 

 

 

 

 

入り口が 飾り気の無い 本物の路地裏です (笑)

 

 

 

 

『さあ、いくぞー!』

 

 

 

 

 

 

 

向こう側が見えるスケスケの壁なので、閉そく感の無い 健全な迷路です。

 

万が一出られなくなったり、子供がはぐれても、 壁の下をくぐれる位の隙間もあります。

 

 

小さなお子様も安心。

 

 

 

 

 

 

 

迷路の途中には、昭和時代の知識を試される パネルクイズが設置されています。

 

 

 

 

クイズのパネル以外にも、

アンティークな昔の看板なんかも設置されていて 飽きる事はありません。

 

 

 

 

 

ゴール!

 

と言っても、何がある訳でもありません。  

 

 

 

 

 

『感動に欠けるゴールだ(笑)』

 

ノン

『マジ 卍(まんじ)』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昼食は、こちらで頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食べ歩きで ちょいちょい食べてたにも関わらず・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

この食い付きである。

 

まったく末恐ろしい。

 

(でも ここのラーメン 本当に美味しかったです。)

 

 

 

 

 

 

さあ、お腹も満たし

 

次の観光スポットに向かう前に、食後のひと運動!

 

 

 

 

 

 

正午も過ぎ、 みるみる気温が上がります。

 

 

さあ、食べ歩きと ラーメン、餃子の分動くぞーー!!

 

 

 

 

 

 

昭和の町に隣接する 豊後高田市の 『中央公園』

 

 

昭和にちなんだ遊具がたくさん。  

 

しかも とっても広くて規模が大きいんです。

 

街歩きのおまけではなく、ここだけをメインでも丸一日遊べそうな程のボリューム。

 

 

豊後高田市  観光HP  『中央公園』のご紹介 

   ↓

 

http://www.city.bungotakada.oita.jp/page/page_01359.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天候も良く、絶好の行楽日和 と言う事もあり

 

公園は まるで ウオーリーを探せ の如く込み合っておりました。

 

 

 

 

 

 

春の行楽は まだ続きます。

 

 

 

 

 

 

つづく

 

 

 

日本ブログ村 全国ランキング参戦中!

 

人間が一人でもおれば、必ず親切にしてやる機会がある。』

     −−− セネカ −−−

 

クリック ↓

 

 


にほんブログ村

 

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM