大分県 農業文化公園

  • 2018.04.04 Wednesday
  • 00:04

 

 

まだ本格的な春の訪れるちょっと前

 

親子で 大分県は杵築市にある 『農業文化公園』へ 行って参りました。

 

 

 

 

DSCF9540.JPG

 

 

こちらは 広大な敷地内に トレッキングコースや、大きな池、公園遊具

 

そしてキャンプ場を備える 大型野外施設です

 

農業文化公園  公式HP ↓

http://oita-agri-park.or.jp/

 

 

DSCF9541.JPG

 

 

正面ゲートをくぐると・・・。

 

 

 

 

これ 何いい!!?

 

 

 

 

 

 

 

 

なんだか良く解らな物体がお出迎え。

 

 

 

それはさておき、だだっ広い芝生広場の向こう側には

 

 

 

DSCF9542.JPG

 

 

子供が狂喜乱舞の 大型遊具がいっぱい

 

 

 

 

DSCF9544.JPG

 

 

 

DSCF9584.JPG

 

まさに子供のパラダイス!

 

 

 

DSCF9550.JPG

 

思いっきり遊ぶユーリ!

 

遊具の対象年齢的に ちょっと3歳のユーリには早いかな? と思っていましたが・・・。

 

 

 

DSCF9547.JPG

 

『少し難しいかな??』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF9548.JPG

 

 

おお!  頑張ってチャレンジしています

 

挑戦は子供を育てる!

 

 

 

DSCF9556.JPG

 

ユーリ

『いえーーい!』

 

 

 

 

DSCF9561.JPG

 

あんなに怖がりだったユーリが、果敢に色んな遊具にチャレンジしていきます

 

 

親としては 嬉しいかぎり。   

 

 

DSCF9572.JPG

 

 

小さな身体で懸命に大きな障害に挑む姿は

 

親なら感動確実

 

 

 

 

 

 

 

DSCF9609.JPG

 

親も(ノン)本気で遊びます

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF9610.JPG

 

子供の残酷な一面を見ました・・・。

 

 

 

 

DSCF9611.JPG

 

ご覧ください

 

 

これが さっきまで 子の成長に感動していた 親の姿です。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF9586.JPG

 

我が子のチャレンジに感化された親のご乱心です。

 

 

 

 

 

DSCF9587.JPG

 

 

前日の雨で、ターザンロープの下はぬかるんだ泥地獄。

 

この遊具に関しては難易度が、一気に大人向けに上がっておりました。

 

 

 

 

無事にクリアー!!  と思ったら

 

 

 

DSCF9588.JPG

 

ロープから手を離すタイミングを逸したノンさん・・・。

 

再び泥沼地獄の上に戻されました。

 

 

 

 

 

 

 

広い敷地を有するこの施設には レンタルサイクルもあります。

 

 

IMG_2538.JPG

 

 

中でも面白いのは 子供との二人乗りが楽しめる『ペアバイク』

 

二時間乗り放題で310円

 

 

 

 

IMG_2553.JPG

 

 

緊張のユーリ   

 

 

ノン

『こりゃ、バイクのタンデムの夢は遠いな』

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2540.JPG

 

大きな池に架かる吊り橋

 

 

 

 

IMG_2544.JPG

 

 

湖畔の雰囲気の良いトレッキングコース

 

 

 

 

 

 

IMG_2581.JPG

 

食事も摂れる喫茶コーナーもあります。

 

 

 

 

IMG_2555.JPG

 

 

椅子と机がたくさん設置されているので、注文をしていない人も利用できます。

 

この日は奥さんが準備してくれていたお弁当を食べましたが

 

 

 

IMG_2554.JPG

 

 

喫茶コーナーのメニューは 子供も喜びそうなものが中心。

 

手ぶらで来ても、食事の心配なく 一日中遊べます。

 

 

 

 

DSCF9576.JPG

 

 

雨が降っても大丈夫。

 

屋内の喫茶コーナーのすぐ横には、ご覧の様な 広いキッズスペースがあります。

 

木で造られた 様々な遊具があります。

 

 

 

 

IMG_2567.JPG

 

 

IMG_2564.JPG

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2575.JPG

 

 

また、四季折々の花や イベントも楽しめます。

 

 

この時期は 椿の花祭りが開催されていました。   

 

 

 

IMG_2574.JPG

 

 

IMG_2577.JPG

 

 

IMG_2573.JPG

 

 

IMG_2572.JPG

 

 

 

正面玄関側の施設を楽しんだ後は、一旦車に戻って

 

 

 

 

 

 

今度は池を挟んで 反対側の 東ゲート側へ行ってみます

 

 

(池を周遊するトレッキングロードでも移動できますが、 

距離的に1km以上あるため、小さい子には辛いので 車での移動をお勧めします)

 


 

 

東ゲート側にある遊具は、正面ゲート側の遊具と比較すると

ちょっと高学年向けかな?

 

 

 

 

IMG_2614.JPG

 

 

と言っても三歳のユーリでも 十分楽しめました

 

 

 

 

 

IMG_2619.JPG

 

 

IMG_2621.JPG

 

 

IMG_2603.JPG

 

こちらの一本橋は、迫力 スリル満点

 

 

IMG_2605.JPG

 

 

IMG_2608.JPG

 

 

IMG_2632.JPG

 

 

IMG_2811.JPG

 

再びご乱心の 成人男性が約一名

 

 

 

 

 

IMG_2810.JPG

 

 

ノン

『うひーー 出してくれーー (^<^)』

 

 

大人も充分楽しめました。

 

 

 

それから 東ゲート側には オートキャンプ場もあります

 

 

 

これこそが、この農業文化公園の神髄と言っても過言ではありまあせん。

 

 

 

IMG_2638.JPG

 

美しく区切られた区画。

 

 

 

 

IMG_2639.JPG

 

 

各区画に木製の椅子と机が備え付けられており

 

車の駐車スペースや 焚き火台を置く場所は煉瓦が敷かれてあります。

 

 

 

 

 

IMG_2640.JPG

 

共同炊事場は清潔そのもの!

 

 

 

 

 

IMG_2641.JPG

 

温泉はありませんが、コインで使えるシャワーや ランドリーもあります。

 

 

 

 

 

IMG_2642.JPG

 

 

農業文化公園 オートキャンプ場 ↓

http://oita-agri-park.or.jp/stay/#menu1

 

管理等では

紙コップや皿  木炭 薪 着火剤といった消耗品の販売はもちろん

 

タープやテント等のキャンプ用品もレンタル可!

 

少し高めですが、非常に美しいコテージもあります。

 

 

 

 

 

大変人気のキャンプ場らしく、ゴールデンウィークや年末年始、夏休みシーズン等の最盛期の週末は 2か月前から予約でいっぱいになるそうです

 

 

 

 

 

IMG_26211.JPG

 

今までは 農業文化公園のイメージは、

大金をかけて整備したにも関わらず、大失敗でほとんど人も来ず。

 

有料だった入場料もいつしか無料に。  

 

それでも立地的に(杵築市の山奥)厳しく、余り訪れる人もいない  

というイメージでしたが

 

 

´家族連れ´という視点から見ると、非常に魅力あふれる場所である と言う事が再認識出来ました。

 

 

 

 

 

そんなこんなの 農業文化公園散策でしたとさ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PS:  この日 なんと公園に デジカメを忘れてしましました。

 

 

公園の管理事務所にTELしてみたところ、なんと親切な人が届くていてくれたとの事。

  

後日私がソロツーリングがてら、受け取りに行きました。

 

世の中まだまだ捨てたものではありません。

 

 

IMG_2721.JPG

 

 

故障もなく、正常に作動してくれましたが・・・。

 

 

 

IMG_2722.JPG

 

 

保存されていた最後の写真が これ

 

大の大人が 子供の遊具で満面の笑みで遊んでいる所でした。

 

 

拾った人が もしこれを見ていたら と思うと 恥ずかしくて堪りません ((+_+))

 

 

 

 

FUJIFILM コンパクトデジタルカメラ F1000EXR ブラック F FX-F1000EXR B

中古価格
¥23,980から
(2018/4/4 00:01時点)

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF9690.JPG

 

しかし、忘れ物を取りに行ったお陰で 面白いものが見れました。

 

 

豊後富士と呼ばれる由布岳を正面から見ると、ご覧の様な感じでしたが

 

 

 

 

 

DSCF9642.JPG

 

日陰となる裏側は、一面 真っ白

 

 

 

 

 

DSCF9646.JPG

 

さっそく、回収したデジカメでズームすると

 

 

 

DSCF9648.JPG

 

 

DSCF9649.JPG

 

 

DSCF9650.JPG

 

 

見事な霧氷が見えました。

 

 

 

DSCF9652.JPG

 

 

DSCF9659.JPG

 

 

DSCF9660.JPG

 

 

DSCF9663.JPG

 

 

DSCF9683.JPG

 

 

 

損して得した一日でした ^^

 

 

 

 

おしまい

 

 

日本ブログ村全国ランキング参戦中!

 

よき良心は、やわらかい枕である

  −−− レイ 「イギリスのことわざ」 −−−

 

 

 

クリック ↓

 

 


にほんブログ村

 

 

 

別府観光 鉄輪の温泉街散策 後編

  • 2018.03.21 Wednesday
  • 00:05

 

 

鉄輪の 路地裏散策は続きます。

 

 

DSCF8948.JPG

 

鉄輪という広くは無いエリアの中に、この様な立ち寄り温泉が無数にあります。

 

鉄輪の温泉、旅館組合が管理している共同温泉で 無料〜100円という破格の値段で 正真正銘の別府温泉が楽しめると言う訳です。

 

『鉄輪 旅館組合』 立ち寄り温泉 紹介ページ 

   ↓

http://www.kannawaryokan.com/sotoyu.html

 

 

 

 

 

DSCF8949.JPG

 

 

一日ではとても全部入りきれるものではありません。

 

前回記事 『別府観光 鉄輪の温泉街散策 前編』

http://kingxcat.jugem.jp/?eid=845

 

で、SU-吉さんがコメントしている様に、

入湯貸間 とよばれる 素泊まりの旅館・民宿が温泉の数以上に無数にあります。

 

そのような場所に連泊して、自分のお気に入りの温泉を探しながら湯治をする

と言うのが昔ながらの鉄輪湯治スタイルの様です。

 

 

 

 

DSCF8947.JPG

 

 

さあ、脇道から 本通りにいったん戻ります。

 

 

 

 

DSCF8952.JPG

 

 

 

DSCF8953.JPG

 

鉄輪の代名詞『ヤングセンター』 温泉の合間にお芝居を楽しむ芝居劇場です。

 

ヤング劇場 公式HP ↓

http://www.youngcenter.jp/

 

 

もちろん 素泊まりできる貸間や 劇を観覧した人は無料で入れる温泉も備えております。

 

 

 

そこから少し坂を登ると・・・。

 

 

DSCF8957.JPG

 

鉄輪観光の有名スポット 地獄蒸し工房に到着です。

 

鉄輪観光や旅番組などでTVの取材・収録があると たいてい登場するメジャースポットです。

 

 

別府市 公式観光HPより

 

『地獄蒸し工房  鉄輪(かんなわ)』の紹介

 ↓

http://www.gokuraku-jigoku-beppu.com/entries/jigokumushikobo-kannawa

 

 

 

 

 

 

場所的には、鉄輪路地裏散策温泉地獄の中間に位置しており、抜群のロケーション。

 

徒歩で両方が楽しめる範囲内です

 

 

 

 

 

DSCF8959.JPG

 

 

 

DSCF8960.JPG

 

もちろん 名物 地獄蒸しで 食事も楽しむ事が出来ます。

 

 

 

DSCF8957h.jpg

 

ユーリ

『湯気がいっぱーーい ^^ 』

 

 

ユーリもそれなりに楽しめております。

 

モンベル リバーシブルダウンパーカ Kid's 100-120 マジェンタ×スペアミント(MG/SM) 110

新品価格
¥7,452から
(2018/3/21 07:50時点)

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF8966.JPG

 

同施設には隣接する無料足湯の建物もあります。

 

立ち寄り湯、とまではいかなくても 足湯だけでも温泉気分が楽しめます。

 

地獄観光や 鉄輪路地裏散策で疲れた足を、こちらで癒やしてみてはどうでしょう。

 

 

 

 

DSCF8972.JPG

 

ユーリ 3才にして 温泉のまったり感を知る

 

 

こちらの足湯のは 面白いものがあります。

 

 

 

IMG_1430.JPG

 

なんと、足湯ならぬ 足蒸し湯。  温泉の蒸気を利用しているようです。

 

さっそくノンさんがチャレンジ。

 

 

 

 

IMG_1408.JPG

 

まず、備え付けられた椅子に座って、 ズボンを膝くらいまで捲りあげます。

 

 

そして 蓋を開けると

 

IMG_1409.JPG

 

足を突っ込む穴から 蒸気がモワっと立ち上ります。

 

中はどうなっているか解らないので、

足を入れる際は よくバラエティー番組でお馴染みの

 

『箱の中身はなんだろな?』ゲームの様な ドキドキ感があります。

 

 

友人と来た際は 足を突っ込んだ瞬間「ああーーー! なんか噛んだ!」とか「もじゃもじゃしてるーーー」等というベタな展開が頻発されることが予想されます。

 

 

 

 

 

IMG_1410.JPG

 

足を突っ込みましたら、 蒸気が逃げない様に

 

 

 

 

IMG_1411.JPG

 

 

備え付けられている、専用の蓋を上にかぶせます。

 

 

 

IMG_1473.JPG

 

調理で使う地獄蒸しとは違い、人体を温めるために かなり低い温度に調整されていると思われる蒸気が使われている様です。

 

基本ぬるめの蒸気が足を撫でますが、時折 「おっ!」と言う感じの熱めの蒸気が当たる事があります。

 

10〜15分と、かなりじっくり座る事で ホカホカ効果が出てきます。

 

 

 

 

DSCF8978.JPG

 

さあ、 駐車場までの帰り路も わざと路地裏を通りながら遠回り。

 

 

 

 

DSCF8980.JPG

 

 

DSCF8982.JPG

 

蒸気の湧きあがる側溝を見つけるたびに お股に当てるユーリ

 

紙パンツが おしっこのせいなのか、蒸気のせいなのか かなりモッコリ。

 

ミツバチハッチ状態です。

 

 

 

 

DSCF8985.JPG

 

 

DSCF8988.JPG

 

 

DSCF8990.JPG

 

 

DSCF8996.JPG

 

ひと際 蒸気の激しい一帯に差し掛かりました。

 

ノン

「おお! ユーリ 湯気すごいぞ!」

 

 

 

 

 

 

DSCF9002.JPG

 

 

 

 

 

 

DSCF9004.JPG

 

どうやらこの辺りには源泉の湧き口があり、 

ここから各旅館や御自宅、共同風呂等へ温泉水を送っている様なのです。

 

 

 

(コロンビア)Columbia クリフハンガーIIフーディー PM5252-F14 497 Inkling M

新品価格
¥18,954から
(2018/3/21 07:52時点)

 

 

 

 

 

 

 

DSCF9019.JPG

 

ここに流れる川からも モクモクと湯気が立ち上っております。

 

 

 

 

 

DSCF9018.JPG

 

 

「余った温泉」が川に流れ とは、なんだか勿体ない というか 贅沢な話です。

 

グッピーもテラピア外来種だった様な・・・。

 

 

 

 

 

 

DSCF9015.JPG

 

温泉を汲みあげたり、温度を調整したり 一時的にためておくためのタンク施設

 

無数に走る鉄管は 温泉成分がバリバリに付着しています。

 

 

 

DSCF9010.JPG

 

 

なんだか 化学工場プラントみたいで 無骨なカッコ良さがあります。

 

 

DSCF9017.JPG

 

 

DSCF9022.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF9021.JPG

 

昔ながらの温度調整方法を再現した施設もありました。

 

 

 

DSCF9020.JPG

 

 

DSCF9027.JPG

 

 

サーーサーーーという心地よい音と共に、一帯に立ち込める湯気。

 

この方法でしか出せない雰囲気も良い所ですね。

 

 

DSCF9029.JPG

 

 

 

 

 

DSCF9034.JPG

 

しかし、近くに停車していた車は悲惨な事に(涙)

 

温泉の硫成分にやられるのでしょうね・・・。

 

 

DSCF9036.JPG

 

雪国では、融雪剤(塩化カルシウム)の影響で車が痛むのが早いと聞きますが

 

ここ別府では 温泉による影響が強いのです。  

 

車だけに限らず 外気に晒されるエアコンの室外機や給湯機

 

室内でも 他の地域に比べて電化製品の寿命が短いと聞きます。

 

 

 

DSCF9033.JPG

 

 

それくらい 大気中に温泉成分が充満している地域。

 

長期的にモニタリングすると 

人体にも良かろうが悪かろうが 何かしらの影響がありそうですね

 

 

 

 

 

 

 

ボソっ

<別府の病院に勤務してる時に 看護研究で統計とってみたら良かったなーー・・・。

 

 

 

 

 

 

DSCF9035.JPG

 

運命に抗う(あらがう)者あれば

 

(この蒸気漂う至近距離では もう何をしても無駄な気もします・・・。)

 

 

 

DSCF9037.JPG

 

その恵みを享受する者あり

 

(側溝の蓋が温泉水や地熱で暖かく、天然の床暖房状態)

 

 

 

 

 

 

DSCF9048.JPG

 

ユーリ

「そして タヌキ。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鉄輪温泉街の街ブラ 散策は

 

 

古き良き時代と 時間の経過による 鉄輪の今昔

 

 

地球の脈動 マグマによる地熱・温泉  その恵み、圧倒的なエネルギーや自然の偉大さ

 

 

 

そしてタヌキが小児に与えるインパクト

 

 

そんなものを体感できた一日でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

追伸

 

IMG_1393.JPG

 

別府でラーメンな気分の時は、ここ!

 

ノンさん大好き  「大分ラーメン 十八番」

 

 

IMG_1392.JPG

 

焦がしチャーシューたっぷりの 十八番チャーシュー麺 (^o^)

(ピリカラ高菜に 味もやしは食べ放題)

 

 

ごっつあんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1398.jpg

 

そんな感じの 別府(鉄輪)観光でしたとさ。

 

 

 

 

おしまい

 

 

 

日本ブログ村全国ランキング参戦中!

 

エジプトはナイルの賜物、別府は温泉の賜物

  −−−  ヘロドトスと のびのびノンさん −−−

 

 

クリック  ↓

 


にほんブログ村

 

 

 

別府観光 鉄輪の温泉街散策 前編

  • 2018.03.16 Friday
  • 00:05

 

 

家族で お出掛けでござる

 

 

 

 

無題.jpg

 

 

場所は この辺でござる

 

 

 

無題1.jpg

 

別府の観光名所として有名な 『鉄輪(かんなわ)温泉街』

 

 

 

 

 

 

 

無題2.jpg

 

 

青春時代?の10年間を過ごした別府。

 

今さらながら、ゆっくりと鉄輪(かんなわ)温泉街を 

 

街ブラ散策してみる事にしました。

 

 

DSCF8855.JPG

 

 

昔は古臭い 暗いイメージの温泉街 という記憶しかなかった場所ですが・・・。

 

 

観光に力を入れる別府市によって、昔ながらの温泉街情緒を残しつつ

 

それでいて 観光としての街ブラも楽しい 魅力溢れる観光地への変貌していました!

 

 


 

個人的には 湯布院の街ブラに勝るとも劣らぬ面白さを秘めていると感じています。

 

 

今回は そんな鉄輪温泉街の魅力を少しでもお伝えできればと思っております。

 

 

 

 

 

DSCF8850.JPG

 

市営の無料駐車場に車を停めて、目の前の道路がいきなりこんな感じです。

 

さすが湯量が全国No1の別府市。 

 

その辺の下水道やら側溝から湯気がわんさか立ち上っています。

 

 

 

 

ユーリ、初めての『湯煙』に最接近!

 

 

 

DSCF8851.JPG

 

ユーリ

『あ”ーーーー!!  いやーーーーー!!』

 

 

ノン

『ちょっと、ユーリ 大丈夫よ(笑)』

 

 

 

 

DSCF8852.JPG

 

ユーリ

危なーーーーーい!!  あ”ーーー   』

 

 

大変な危険を感じた様で、全力で蒸気との接触を拒んでおりました。

 

 

 

 

たぶん ユーリの頭の中は  こんな感じ  ↓

 

 

 

 

 

蒸気にあたるとダメージを受けると思っていた様です。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF8856.JPG

 

気を取り直して、鉄輪のメイン通りを歩きます。

 

 

 

 

DSCF8859.JPG

 

タヌキの置物を発見。

 

これに興味を示すユーリ。

 

 

 

DSCF8861.JPG

 

ユーリ

『ゆうちゃんもタヌキーー』

 

ノン・嫁

『お、おう・・・。』

 

 

 

モンベル リバーシブルダウンパーカ Kid's 100-120 マジェンタ×スペアミント(MG/SM) 110

新品価格
¥7,452から
(2018/3/21 08:02時点)

 

 

 

 

 

 

DSCF8866.JPG

 

 

さあ、メインの通りから 脇道へ入ります。

 

この脇道こそが 鉄輪温泉が散策の醍醐味

 

 

DSCF8869.JPG

 

 

昔ながらの情緒ある温泉街の面影と

 

 

 

 

DSCF8870.JPG

 

 

街ブラの観光名所として近代化された場所

 

お洒落な ギャラリーや カフェが バランス良く点在しております。

 

 

 

 

DSCF8873.JPG

 

以前の 古いだけの鉄輪では きっと観光客はガッカリしていたかもしれません。

 

しかし この現代の鉄輪なら  

海外の観光客や、観光に目の肥えた女子旅の女性達でも楽しめるのではないでしょうか。

 

 

 

 

DSCF8875.JPG

 

 

お!  

 

こちらのカフェの軒先には 温泉の蒸気を利用した 蒸し器が置いてあります。

 

温泉玉子か 野菜でも蒸しているのかな? と思ったら なにやら甘い匂い・・・。

 

 

 

 

吸い込まれる様に近づく 我が家の女子たち

 

 

 

 

DSCF8876.JPG

 

 

すると、お店の方が小窓から顔を出し

 

『良かったらどうぞ』と、 中のものを少し分けてくれました。

 

 

 

 

 

DSCF8880.JPG

 

中に入っていたのは、なんと ふっくらフワフワのシフォンケーキ

 

 

蒸気の地獄蒸しと言えば、大抵は 野菜とか芋とか玉子みたいな 御飯のおかずを想像しがちですが

 

この様なスイーツも蒸し上げる事ができるのですね!

 

 

 

このカフェでは、オリジナルメニューとして 

 

温泉の蒸気で蒸しあげた独特の風味のあるシフォンをお出ししているのだとか。

 

これがもう、本当にふんわりしてて美味しいんです。

 

 

子供の味覚は素直です。 ユーリのこのむしゃぶり付き様  ^^

 

 

 

DSCF8877.JPG

 

カフェ『アルテノイエ』さん 本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

DSCF8882.JPG

 

 

路地にはたくさんの湯治宿が軒を連ねています。

 

 

 

 

 

DSCF8890.JPG

 

 

所々に この様な温泉にまつわる史跡も残されています。

 

この小さな円形の小屋は・・・。

 

 

DSCF8891.JPG

 

 

湯温が低く、入浴に適さなかった場所を利用して造られた洗濯場だそうです。

 

 

 

DSCF8892.JPG

 

 

保存状態も良く、当時ここにたくさんのご婦人や女中が集まって

 

職場や家庭のグチでもしゃべりながら洗濯していた風景が目に浮かびます。

 

 

 

 

DSCF8895.JPG

 

 

こちらは 飲む温泉 『飲泉』の跡  ↓

 

 

 

DSCF8894.JPG

 

 

 

扉は閉鎖されていましたが、煉瓦が昔を感じさせます。

 

 

 

 

 

 

 

DSCF8933.JPG

 

こちらは 蒸し湯の跡  ↑  ↓

 

 

 

DSCF8934.JPG

 

 

説明文では、『蒸し釜が一つで 男女混浴だった』と書かれていました。

 

どのように使っていたのか、ちょっと想像しにくいですが・・・。

 

真中に窯を置いて、熱して出てきた蒸気をこの空間に貯めて 

露天サウナの様にしていたのでしょうか?

 

 

 

 

 

別府では 大地の恵みをただ温泉としてお湯に浸かるだけでなく

 

飲んだり 洗濯に使ったり サウナに使ったり  料理に使ったり

 

生活の中で様々なものに活用されていたのですね。

 

 

 

 

 

DSCF8902.JPG

 

 

温泉街の情緒、雰囲気を楽しめるだけでなく

 

このような史跡を見て回る事もできるのが鉄輪観光なのです。

 

 

 

 

 

 

 

DSCF8886.JPG

 

ユーリ、猫ちゃん発見!

 

 

 

 

DSCF8887.JPG

 

一定の距離を保ち、誘われる様に着いていきます・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF8888.JPG

 

 

 

DSCF8889.JPG

 

ユーリ

『行っちゃったーー。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF8910.JPG

 

 ユーリ

 『あーー!  またタヌキー ^^ 』

 

 

 

 

DSCF8912.JPG

 

なぜか タヌキの置物に大変興味を示すユーリ

 

前世はタヌキか 茶釜だったのかもしれません。

 

 

 

 

DSCF8915.JPG

 

下水道から湧き出る蒸気。

 

ユーリにとっては難関かな? と思っていたら

 

 

 

 

DSCF8918.JPG

 

 

ひとたび危険なものではない と分かれば

 

面白がって 積極的に お股に蒸気を当てていました

 

 

 

DSCF8920.JPG

 

 ユーリ

 「おおおーーーーー!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF8921.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF8935.JPG

 

 

面白いものを見つけました。

 

 

 

DSCF8941.JPG

 

なるほど、自分の身体の悪い場所にお湯をかけると良いのですね。

 

 

ちなみに、私は腰に(仕事柄、腰痛に悩まされています)掛けさせて頂きました。

 

 

DSCF8942.JPG

 

ユーリは まずは頭に

 

頭が良くなりますように&髪の毛が伸びます様に(これ重要)

 

 

 

 

DSCF8945.JPG

 

それから お股にも・・・。

 

ノン・嫁

『はやくオムツが外れますよーに』

 

ユーリ

『うぐぐ・・・。』

 

 

 

 

DSCF8937.JPG

 

 

そんなこんなで、鉄輪散策は続きます。

 

 

 

DSCF8938.JPG

 

 

 

DSCF8908.JPG

 

 

 

DSCF8930.JPG

 

 

 

後半に続く

 

 

 

 

日本ブログ村全国ランキング参戦中!

 

『親のセブンライト!(親の七光)』

  −−− ルー大柴 −−−

 

クリック ↓

 

 

 


にほんブログ村

 

 

 

 

秋の耶馬渓紅葉狩り やまくに案山子祭り

  • 2017.12.29 Friday
  • 21:27

 

年が変わる前に 取り急ぎ紅葉の記事だけでも書き上げます。

 

たしか 11月中旬頃のお話

 

 

親子三人で 秋の行楽 

 

紅葉狩りに耶馬渓と 山国も案山子祭りへお出掛けです。

 

 

DSCF7871.JPG

 

前回記事に書いた険道7号線ツーリングの 

祖母傾山系の雄大な紅葉、土呂久林道の包まれる様な紅葉に感動した私は

 

今年の美しい紅葉を ぜひ家族にも楽しんでもらおうと今回のお出掛けを計画したのでした。

 

 

 

 

DSCF7877.JPG

 

 

自宅から車で20分程  九州横断道路の城島〜塚原に到着

 

 

DSCF7889.JPG

 

 

この段階で 道端の紅葉も ご覧の様な美しさ。

 

これは耶馬渓の紅葉も期待できそうです。

 

 

 

 

DSCF7901.JPG

 

さらに車を走らせ 安心院〜院内を経由して

 

1時間半程で耶馬渓に入りました。

 

 

 

 

DSCF7904.JPG

 

見よ! この燃える様な赤

 

ノン

『ユーリよ、これが紅葉だよ』

 

ユーリ

『赤いはっぱーーー  』

 

 

 

 

DSCF7943.JPG

 

紅葉の見頃にジャストミートな耶馬渓の一目八景は平日にも関わらず 

 

ご覧の様な賑わい!

 

 

 

DSCF7940.JPG

 

展望台も大盛況!

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7926.JPG

 

まるでお祭りの様な大変な賑わいに、ユーリも何となくテンション高いです。

 

11月で3歳になったユーリ  指で『三歳〜』も覚えました。

 

我が子の成長は大変喜ばしい事なのですが、

 

公共施設は、場所によっては3歳から入場料が発生する事があり ちょっと残念!? な気もします。

 

 

 

 

 

 

DSCF7934.JPG

 

デジカメのコントラスト強調モードでの撮影ですが、

 

奇岩を彩る紅葉は ご覧の美しさ。

 

 

 

この場所は耶馬日田英彦山国定公園に指定されているため 安易な木々の伐採が行えず

 

何年か前までは延びた草木が奇岩を覆い尽くし、せっかくの景観が台無しになっていたのですが・・・。

 

 

 

DSCF7932.JPG

 

 

その後地元の方々の強い希望や 観光資源として中津市が整備に乗り出し

 

現在ではご覧の様な 中津市を代表する景勝地の名にふさわしい景観を取り戻しております。

 

 

 

DSCF7945.JPG

 

すぐ横を流れる 山国川の支流に架かる橋。

 

 

 

 

DSCF7948.JPG

 

この角度から見る 一目八景の景観もなかなかの美しさなんですよ。

 

 

 

 

DSCF7963.JPG

 

 

DSCF7965.JPG

 

 

DSCF7967.JPG

 

 

 

 

 

 

さあ、耶馬渓の紅葉を楽しんだ後は 

 

中津市の主要国道212号を日田方面へ。

 

 

 

 

DSCF7971.JPG

 

 

DSCF7977.JPG

 

 

耶馬渓から20分程で 道の駅 やまくに  に到着です。

 

 

 

DSCF7904f.jpg

 

道の駅 山国で昼食です。

 

 

 

DSCF7979.JPG

 

マイタケ蕎麦を食べました。

 

つい5年ほど前までは 単品で550円の蕎麦かうどんを注文すれば お総菜が食べ放題だったのですが・・・。

 

 

 

余りに人気が出過ぎたためか、徐々に値上げされていき

 

今現在は760円まで値上げされていました。  

 

まあ、それでもお総菜バイキング食べ放題としては安いと思います

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7985.JPG

 

紅葉シーズン、耶馬渓の紅葉と一緒に楽しみたいのが

 

山国の案山子祭りです。  

 

 

シーズン中(毎年10月下旬〜11月下旬位まで) 道の駅やまくに や 山国の役場、主要な公園やグラウンド、商店街で

 

地域毎にテーマを決めて、案山子が飾られております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0073.JPG

 

 

 

 

 

 

DSC_0077.JPG

 

去年は表情の無い案山子達が怖かったのか、怯えていたユーリですが、

 

今年はご覧の通り。  案山子たちと戯れております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0088.JPGDSC_0089.JPGDSC_0090.JPGDSC_0091.JPG

 

子供と案山子  絶好の被写体ですね^^

 

 

実は 山国町が 案山子祭りの情景を題材にした 写真コンクールを開催しており

 

投稿作品を募集していました。

 

 

 

久々に 私の一眼レフが 砲身が焼きつくほど 火を噴きました。

 

 

 

 

 

 

それでは、投稿作品候補と共に、 今年の案山子祭りをちょっとご紹介

 

 

DSC_0112.JPG

 

『おばあちゃんの縁側』

 

 

 

 

 

DSC_0116.JPG

 

『人も案山子も みんな仲良し』

 

 

 

 

DSC_0126.JPG

 

『お神楽 こわいよ』

 

 

 

 

 

DSC_0135.JPG

 

『一緒にかくれんぼ』

 

 

 

 

 

 

DSC_0144.JPG

 

『神社にお参り』

 

 

 

 

 

DSC_0157.JPG

 

『けんかはやめてよ』

 

 

 

 

 

DSC_0162.JPG

 

『ここを押すと動くんだよ』

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0197.JPG

 

『お手伝い』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0167.JPGDSC_0171.JPG

 

『私にもおかしちょうだい』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF8030.JPG

 

『三人でパシャリ』

 

 

 

ノン

『今度こそ  獲る!!(賞を)』

 

 

 

『あらやだ、素敵』

 

 

 

 

 

そんな感じの 秋の観光でしたとさ^^

 

おしまい

 

 

 

 

日本ブログ村  全国ランキング参戦中!

 

忠告ほど、気前よく人に与えるものはない

   −−− ラ・ロシュフーコー 「道徳的反省」 −−−

 

 

 

クリック ↓

 

 

 


にほんブログ村

 

 

 

 

2017年 三光コスモス園&耶馬渓観光

  • 2017.11.30 Thursday
  • 23:31

 

 

 

家族で秋のお出掛けでごんす。

 

 

 

 

DSCF7410.JPG

 

 

訪れる秋を感じるべく 中津市の三光コスモス園へ行ってきました。

 

ハロウィンを翌日に控えた日だったので、ユーリはジャック・オ・ランタン仕様です。

 

 

DSC_0001.JPG

 

 

 

DSC_0016.JPG

 

去年のコスモス鑑賞の時は、まだ慣れない靴で足取りが怪しかったのに

 

今年はしっかりとした歩調で、コスモス畑の中の畦道を歩きます。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0007.JPG

 

 

数字の概念も解って来たようです。 

 

『ユーリ何歳?』と聞くと

 

『2さーい』と、数字の2を指さします。 

 

(と言っても、もうすぐ3歳なので 次は3も教え込みます)

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0118.JPG

 

 

ノン

『ユーリ、それは何かな?』

 

ユーリ

『タヌキさんねー。 困ったタヌキさんねー。』

 

 

ノン・嫁

『困った!?』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうやら、このタヌキの眉毛を見て、困っているのだろうと感じた様です。

 

中津市の有名な山 『八面山』にちなんで、眉の形を 『八』にしてるんでしょう。

 

 

 

 

DSC_0104.JPG

 

 

DSC_0096.JPG

 

大人も躊躇する様な 高い櫓に躊躇なくチャレンジします。

 

まだ高い所が危ない という概念が薄いのかな??

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0097.JPG

 

ユーリ

『・・・。 (うひょー こりゃ高えわ。)』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0071.JPG

 

 

実は今年のコスモス鑑賞は

 

見ごろに時期から1週間程遅れまして、加えて

 

ここに訪れる3日程前に大型台風の直撃を受けて、ほとんどがなぎ倒されていたのです。

 

 

 

 

ちょっぴり残念なコスモス鑑賞ですが、なるべく花が残っている場所を中心に撮影してみました。

 

 

DSC_0081.JPG

 

 

我が子が よちよちとお花畑の中を遠くに向かって歩く姿は・・・。

 

 

『まって!  遠くに行かないで  涙 』

 

と、なぜか悲しい気持ちになります

     

 

 

想像力が変な方向に豊か過ぎる 親バカです。

 

 

 

DSC_0083.JPG

 

ユーリ

『ぐへへ』

 

 

 

 

DSC_0090.JPG

 

ユーリ

『出戻ってきたでーー  』

 

 

 

 

ノン・嫁

『ギャフン』

 

 

 

 

 

DSC_0044.JPG

 

Nikon D90
2017/10/24 12:02:04
JPEG (8-bit) FINE
レンズ: 18-70mm F/3.5-4.5 G
焦点距離: 70mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: スポット測光
1/1000 秒 - F/5.6
露出補正: +1.0 EV
感度: ISO 400

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0048.JPG

 

 

DSC_0058.JPG

 

 

DSC_0078.JPG

 

レンズ: 18-70mm F/3.5-4.5 G
焦点距離: 70mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: スポット測光
1/1000 秒 - F/5.6
露出補正: +1.0 EV
感度: ISO 400

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0126.JPG

 

 

DSC_0132.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0139.JPG

 

レンズ: 18-70mm F/3.5-4.5 G
焦点距離: 62mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: スポット測光
1/1250 秒 - F/5.6
露出補正: +0.7 EV
感度: ISO 400

 

 

 

 

 

DSC_0145.JPG

 

レンズ: 18-70mm F/3.5-4.5 G
焦点距離: 62mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: スポット測光
1/1250 秒 - F/5.6
露出補正: +0.7 EV
感度: ISO 400

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0147.JPG

 

『今度はこっちのカメラの方向いてよー』

 

 

 

 

 

 

DSC_0150.JPG

 

 

ユーリ

『見せて、見せてー』

 

 

 

 

 

 

コスモス園での撮影会が終わり、中津〜そのまま耶馬渓方面へ移動。

 

 

 

 

青の洞門を車の中なか ずぼら観光(笑)

 

 

DSCF7487.JPG

 

 

以下WIKIより引用ですが

 

諸国遍歴の旅の途中ここに立ち寄った禅海和尚が、断崖絶壁に鎖のみで結ばれた難所で通行人が命を落とすのを見て、トンネルを掘り安全な道を作ろうと思い立ったそうです。

 

托鉢等で頑張って資金を集めて石工たちを雇ってノミだけで30年かけて掘り抜いたといわれていますが・・・。

 

 

 

ここまで聞くと『良い話』ですが

 

 

 

DSCF7491.JPG

 

完成した暁に

 

通行人から人4文、牛馬8文の通行料を徴収したという話が伝わっており、この洞門は日本最古の有料道路ともいわれているそうです。

 

 

 

和尚、なかなかやりますな。

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7496.JPG

 

 

DSCF7462.JPG

 

青の洞門のすぐ脇にあるレストランで昼食を摂りました。

 

その名も 『洞門パティオ』

 

 

 

DSCF7472.JPG

 

大人(中学生以上):1250円  小学生:820円

そして3歳以下は無料!

 

 

 

 

DSCF7474.JPG

 

 

中津観光協会公式HP  『洞門パティオ』紹介ページ

https://www.nakatsuyaba.com/docs/2014020700177/

 

 

 

 

 

DSCF7473.JPG

 

 

DSCF7464.JPG

 

 

割とヘルシーな菜食が多いですが、地元の野菜が使われており

 

地元産の蕎麦や、中津からあげなどのご当地グルメも食べ放題。

 

白玉団子やプリン、ワッフルなどのデザートもあります。

 

 

 

 

 

 

値段との折り合いも良く、耶馬渓グルメのお勧めのスポットです。

 

 

耶馬渓でお腹を満たした後は、山国を経由して玖珠方面に抜けました。

 

 

DSCF7499.JPG

 

この時期は まだ紅葉は色づいていませんでした。

 

紅葉の時期は美しく色づく 『立羽田の景』も この日はまだまだ青々としておりました。

 

 

 

 

DSCF7506.JPG

 

山肌から 力強い奇岩が顔を出しており、

 

水墨画の様な景観を作り出しておりました。

 

 

 

 

DSCF7508.JPG

 

 

 

 

 

玖珠に到着し、高速道路に乗って帰路に着く前に

 

もう一カ所寄り道。

 

 

DSCF7531.JPG

 

円形機関庫のある 『豊後森駅』です。

 

 

平成24年に機関庫及び転車台がそれぞれ「旧豊後森機関庫」及び「旧豊後森機関庫転車台」として国の登録有形文化財に登録されたため、以前の様に機関庫の中に立ち入ることが出来なくなってしまいましたが、敷地内周辺を「豊後森機関庫公園」として整備が進められています。

 

 

 

その一環で、立派なSL車両 国鉄9600形蒸気機関車「29612」号機が機関庫の前にデーンと展示されております。

 

 

 

 

DSCF7518.JPG

 

 

この蒸気機関車は福岡県志免町の公園で展示されていたものですが、公園の改修に伴い志免町では老朽化した蒸気機関車を解体する予定だったそうです。(修復予算の折り合いがつかなかったため)

 

そこで玖珠町が救いの手を差し伸べ、蒸気機関車は修復を受けた後、2015年に豊後森機関庫跡に展示されたという経緯があったそうです。

 

 

 

 

 

DSCF7527.JPG

 

 

そんな命拾いしたSL 『キューロク』さんの前で記念撮影

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7534.JPG

 

丁度 豊後森駅に 『湯布院の森号』が到着しました。

 

 

DSCF7537.JPG

 

ユーリと一緒に手を振っていると、 『ファーン』と汽笛を鳴らしてくれました。

 

 

DSCF7540.JPG

 

 

昔の汽車から現代の特急まで 存分に楽しめた豊後森駅でした^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

秋の行楽ネタは まだまだ続きます。

 

 

 

 

 

 

 

おしまい

 

日本ブログ村全国ランキング参戦中!

 

過去と未来は存在するにあらず、存在したものなり、現在のみが存在す

   −−− クリュシッポス 「断片」 −−−

 

 

クリック  ↓

 


にほんブログ村

 

慈恩の滝〜日田観光

  • 2017.11.20 Monday
  • 00:05

 

 

夏の記事が まだ残ってました。

 

若干暑さが和らぎ、秋の気配が見えかけた頃

 

 

 

 

家族三人で日田方面へお出掛けしました。

 

 

 

 

大分県〜久留米まで、九州を縦走する 国道210号線

 

大分〜湯布院〜九重〜玖珠を過ぎたあたりに

 

 

 

 

 

DSCF7049.JPG

 

 

国道沿いに 新たに新設された道の駅に寄ってみました。

 

道の駅 『慈恩の滝くす』です。

 

 

 

 

DSCF7051.JPG

 

去年(2016年)の夏くらいに開設されたのですが、立ち寄ったのは初めてです。

 

 

地元の農産物を売る売店コーナーと

 

 

 

 

DSCF7052.JPG

 

 

玖珠や日田、天ケ瀬温泉等の近隣の観光地の情報を提供してくれる インフォメーションコーナーもあります。

 

それから、写真は撮り忘れましたが

 

施設周囲は完全バリアフリーな作りで、こちらの道の駅のすぐ下にある慈恩の滝まで、車椅子や杖の方でも大丈夫な様に、スロープが完備されておりました。

 

 

 

 

DSCF7007.JPG

 

 

この日は雨の翌日と言う事もあり、滝は水量が多く

 

いつも以上に迫力のある轟音をとどろかせておりました。

 

 

(まずは遠目に 相手の出方を伺うユーリ)

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7011.JPG

 

慈恩の滝の売りは、迫力ある二段の滝壺

 

 

 

 

DSCF7013.JPG

 

そして、こちら。  

 

滝の裏をくぐれる 裏見の滝という所であります。

 

さすがに冬場はご遠慮したい所ですが、夏は絶好の納涼スポットとして人気があります。

 

 

 

 

 

DSCF7014.JPG

 

 

 

しばらく遠くから鑑賞して、ユーリも慣れてきたので

 

我々もくぐってみる事にしました!

 

 

 

 

 

DSCF7015.JPG

 

 

もうこの辺りから霧状のしぶきの洗礼を受けます。

 

マイナスイオンいっぱい  湿気もいっぱいで髪型チュルチュルです。

 

 

 

 

 

DSCF7018.JPG

 

 

 

 

 

DSCF7020.JPG

 

 

滝の裏は 会話が聞こえないくらいの 迫力の轟音。

 

 

さすがにユーリも涙目。  早々に退散です。  たいへんよく頑張りましたね

 

 

 

 

 

DSCF7006.JPG

 

頑張った女子にご褒美です。  

 

滝のすぐ横には、小さなカフェがあります。

 

 

 

 

 

DSCF7032.JPG

 

 

 

 

DSCF7048.JPG

 

 

アイスクリーム一つで機嫌を治してくれる。

 

まだまだ誤魔化しの効く年齢ですが・・・。  

 

あと10年もすれば口で言い負かされるようになるのでしょう・・・。

 

 

 

 

 

 

ユーリの目は、明らかに

『ひでー目にあったわ・・・。』  という目でした。

 

 

 

 

 

DSCF7028.JPG

 

 

スイーツを食べていたら、丁度 スイーツ列車 『或る列車』が走ってきました。

 

我々もあの列車を追うように、国道210号線を さらに西へ向かいます

 

 

 

 

DSCF7057.JPG

 

到着しましたのは 日田の 『鮎やな場』

 

日田の町沿いに流れる三隈川に作られた、鮎を捕えるために設置された罠

 

 

 

そこで獲れたての鮎の 塩焼きや天ぷら 鮎コクや鮎御飯が頂けるのです。

 

 

名物料理を川の流れる音を聞きながら、涼や趣を楽しむ食事処となっております。

 

 

 

DSCF7054.JPG

 

しかも2016年度からは、やな場に併設された食事処が新たに新設

 

冷暖房完備の建物が出来ておりました。

 

 

 

 

DSCF7059.JPG

 

 

定番メニューの鮎の塩焼きと、ほぐした鮎の身を混ぜ込んだ 鮎飯

 

そして

 

 

 

DSCF7061.JPG

 

小ぶりの鮎をからりと揚げた 鮎の天ぷら

 

骨までからりと揚げているので、ししゃもの様な感覚で 肉厚な鮎を頂けます。

 

 

 

 

 

 

DSCF7062.JPG

 

 

お腹がいっぱいになったら、鮎やな場のすぐ隣にある公園でひと運動。

 

 

 

 

DSCF7063.JPG

 

 

 

解き放たれたユーリを、もう誰も止める事は出来ません。

 

本能の赴くままに、一切の危険を顧みず駆け回ります。

 

 

 

 

目の離せないお年頃でもあります。

 

 

 

 

 

 

DSCF7069.JPG

 

 

 

子供とのお出掛けは、単純に観光地やショッピングだけではいけません。

 

この様に 公園などの遊具のある場所でしっかり遊べる時間を取って

ガス抜きしてあげる事も大事なのです。

 

 

 

 

 

 

DSCF7071.JPG

 

公園でしっかり身体を動かしてユーリの気分転換を終えた後

 

豆田町を町歩き観光しました。

 

 

DSCF7072.JPG

 

いつものレトロ感溢れる街並みを散策していますと

 

 

DSCF7112.JPG

 

面白いものを見つけました。  

 

 

 

DSCF7113.JPG

 

昔 歯科として営業していた 

船津さんの歯科医院兼住居跡を見学出来るそうです

(無料で!)

 

 

DSCF7098.JPG

 

住居部分は、昔の日本家屋と大正辺りの住居の特徴を色濃く残した作りになっておりました。

 

保存状態は大変よく、 行った事も無いのに『まるで高級料亭みたいだねー!』等と夫婦で驚きました。

 

 

 

DSCF7106.JPG

 

 

DSCF7079.JPG

 

 

こちらの部屋は 歯科として治療をしていたスペース。

 

治療に使われた器具が展示されておりました。

 

 

 

DSCF7075.JPG

 

 

DSCF7077.JPG

 

 

大変懐かしい光景。   私が今年38歳。

 

子供の頃私も、これと似たような治療台で治療を受けた記憶がありますので、

 

約30年前位まで現役だった一品と思われます。

 

 

 

 

 

DSCF7085.JPG

 

 

DSCF7095.JPG

 

 

DSCF7088.JPG

 

 

DSCF7076.JPG

 

 

歯科治療とは関係ないのですが、灯油ストーブも懐かしいものが展示されてました。

 

たしか小学校の時に、冬場に似たようなものが教室の端に設置されてた記憶があります。

 

 

 

 

 

豆田町と言えば、江戸〜明治にかけての政所で

 

その時代の建物が多く残るイメージでしたが、 この様に昭和中期の面影を色濃く残す場所もあったりします。

 

 

 

 

 

DSCF7115.JPG

 

 

DSCF7116.JPG

 

 

約1時間半程 豆田町観光を済ませた後に帰路に就きます。

 

 

 

 

 

 

DSCF7118.JPG

 

おっと、帰る前に、こちらでお買い物です。

 

 

日田市内にあるコロッ専門店『小判コロッケ』さん。

 

 

 

 

日田で 何か食べよう! と思えば 日田焼きソバ鮎料理が真っ先に上がりますが

 

 

こちらのコロッケも 

そこに名を連ねてもおかしくないくらい美味しいお味。

 

 

 

DSCF7120.JPG

 

様々な種類のコロッケに加えて

 

 

 

DSCF7121.JPG

 

日田焼きそばならぬ、日田ホルモン焼きうどん もございました

 

 

 

 

DSCF7127.JPG

 

 

DSCF7128.JPG

 

 

DSCF7122.JPG

 

お肉屋さん直営だけあり、焼うどんに使われているホルモンも

 

大変美味しゅうございました。

 

 

 

日田にお越しの際は 『小判コロッケ』さん、ぜご賞味あれ。

 

 

 

 

 

 

おしまい

 

 

日本ブログ村全国ランキング参戦中!

 

「なぜ美人はいつもつまらぬ男と結婚するんだろう?」「賢い男は美人と結婚しないからさ」』

     −−−  サマセット・モーム 「呪われた男」 −−−

 

クリック ↓

 


にほんブログ村

 

 

 

納涼 岳切渓谷  

  • 2017.10.14 Saturday
  • 11:21

 

 

ユーリとの親子デートでございます。

 

 

まだ日中はジリジリした暑さの残る 9月下旬頃のお話じゃ。

 

 

親子三人で避暑地に向けて車を走らせていると・・・。

 

 

 

DSCF7001.JPG

 

 

自宅から出発して、3分。

 

近くので、この様な催しが開催されておりました。

 

 

 

 

DSCF7004.JPG

 

巨大なかぼちゃの群れ。

 

それぞれに ナンバーが付けられておりました。

 

 

 

 

 

 

DSCF7002.JPG

 

 

我々の声を聞き付けてか、公民館の隣に住む方が

わざわざ説明しに来てくれました。

 

 

これらのカボチャは地域興しのために、地区の皆が1年前から栽培に取り組み

最近収穫して、ここに運びこんだそうです。

 

 

DSCF6998.JPG

 

10月上旬に公民館で地域のお祭りを開き

 

そこでカボチャの重量の計測を行って、

誰が育てたカボチャが一番大きいかを競うそうです。

 

 

 

 

 

 

DSCF6994.JPG

 

 

この様な田舎の片隅で、

この様な熱い戦いが 静かに催されていたとは・・・。

 

 

しかし、会場準備のため収穫が少し早かったのか?

何個かはすでに腐敗が進行しておりました

 

 

 

 

 

 

 

重量を競う戦い・・・。  と言うより

 

もはや 祭りまで腐らずに生き残れるか?を賭けたサバイバルデスマッチの様相を呈しておりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF6996.JPG

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7003.JPG

 

ユーリ

『カボチャさん、たいへんねー』

 

 

 

 

 

 

DSCF6772.JPG

 

 

庄内から車を1時間程走らせ、安心院、院内までやってきました。

 

道の駅『院内(いんない)』で小休止です。

 

 

 

DSCF6771.JPG

 

院内は 石橋の町として有名ですが、

 

その石橋の掛る清流には 日本の固有種で特別天然記念物にも指定されているオオサンショウウオの生息地がある事でも有名です。

 

 

 

 

DSCF6764.JPG

 

 

こちらの道の駅の中にある大型水槽の中には、オオサンショウウオが一匹飼育されております。

 

ツーリングなんか寄った時は、大抵は水槽内の石の裏に隠れている事が多く

なかなか姿を拝のが難しいのですが

 

この日は 出血大サービス!?

 

 

全身を観察する事が出来ました。

 

 

 

DSCF6765.JPG

 

頭部のいぼ状の突起からは、

刺激を受けると乳白色の分泌液を出し 敵の攻撃から ほんのり身を守ります

 

この分泌液の匂いが 山椒(サンショウ)の匂いに似ているから この名前が付いたそうです。

 

 

目はほとんど退化しており、動作も緩慢(かんまん)

 

水から動き回って捕食する事はせず、 岩陰に身を隠して 目の前にきた獲物を大きな口でパクリと食べる 待ち構え方式。


 

今ひとつ 生きていく上での努力が感じられません

 

 

人間界でこの様な事をしようものなら、『ニートだ。 プー太郎だ』等とバカにされるは間違いないですが

 

約3000万年前から 進化する事無く その生態・姿を保ち生き残っている事を考えると

 

これはこれで 『勝ち組』という事が言えるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

DSCF6766.JPG

 

いびつな見た目とは裏腹に 手は赤ちゃんの様で可愛かったりします。

 

 

 

ユーリを水槽の前に立たせて記念撮影をしようと思いましたが、さすがに怖かったのかこの世の終わりが来たかのように鳴き叫び全力で拒否されました。

 

 

 

 

DSCF6767.JPG

 

ソフトクリームを与えて、機嫌を直して貰います。

 

 

 

 

 

DSCF6770.JPG

 

 

我々夫婦は、唐揚げ。  院内は一応 宇佐市。

 

 

宇佐と言えば唐揚げも有名です。  

 

中津からあげは 割とニンニク醤油での濃い味付けのイメージで、宇佐の唐揚げはこの様なサッパリ塩唐揚げが多い印象です。

 

 

 

DSCF6773.JPG

 

大人の真似をして、道の駅のパンフレットを眺めるユーリ。

 

 

 

道の駅『院内』からさらに車を20分程走らせ、 やってきたのは・・・。

 

 

DSCF6775.JPG

 

 

 

DSCF6777.JPG

 

大分県の夏の避暑地の定番 『岳切(たっきり)渓谷』でございます。

 

 

 

 

 

DSCF6798.JPG

 

 

延長約2kmにわたって耶馬渓溶岩が造った一枚岩の上を清流が流れており、下流の最奥部には落差27mの大飛の滝があります。

 

水深は足首程度(10〜20cm)と浅いので、大人はサンダルを用意してズボンを捲りあげれば大丈夫。

 

ユーリ位の2歳児も水着を着れば、プール感覚で楽しめます。

 

 

 

 

 

DSCF6795.JPG

 

 

 

DSCF6799.JPG

 

 

基本的に 人より慎重&怖がりなユーリでも、ご覧のように安心してはしゃぎ回ります。

 

 

 

DSCF6808.JPG

 

所々に30〜40cm位のくぼみがあったり、この様な岩場があるので

サポートしてあげましょう。

 

 

 

 

 

DSCF6813.JPG

 

水も凄く綺麗。  

 

オオサンショウウオが住める位で 水質はお墨付き

 

 

DSCF6815.JPG

 

 

 

DSCF6820.JPG

 

渓谷の全体が緑のトンネルで覆われていて、

プールとは違った自然いっぱいの雰囲気も楽しめます

 

 

 

 

 

 

DSCF6846.JPG

 

 

 

DSCF6849.JPG

 

水流で削られてできた窪みで ウォータースライダーごっこ です

 

 

 

DSCF6852.JPG

 

 

 

DSCF6853.JPG

 

 

 

DSCF6867.JPG

 

水遊びを一時間程楽しんだ後は

 

さらにここから車を30分程走らせ、耶馬渓 青の洞門近くまでやってきました。

 

 

 

 

 

 

DSCF6886.JPG

 

最近新しく出来た 手作りハム・ソーセージの専門店 

『耶馬の森』さんへやってきました。

 

 

『耶馬の森』さん HP  ↓

http://www.yabanomori.com/info/index.html

 

 

 

最近出来た・・・。 と言うより、以前は洞門の目の前にあった店舗が

水害で被害にあったため、この場所に新規移転したという訳です

 

 

 

 

DSCF6879.JPG

 

 

広く綺麗なオープンカフェテラス

 

 

 

DSCF6876.JPG

 

商品は店内で真空パックで売られているだけでなく、

 

こちらのテラスで 焼き立て、炙りたてのウィンナー、ホットドックを頂く事が出来ます。

 

 

 

 

DSCF6875.JPG

 

さらに 土日祝日は、 店先にタープが張られ七輪で火が起こされ

炭火で焼いた商品を味わう事も出来ます。

 

 

 

 

DSCF6882.JPG

 

スモークされてほんのり香ばしい香りが付いた 炭火焼ソーセージ

 

 

 

DSCF6883.JPG

 

こちらは 

ボイルされたスモークウィンナーの入った ホットドック

 

 

 

DSCF6885.JPG

 

 

パンも手作りみたいで、もっちり&表面パリパリ

 

 

時折吹き抜ける秋風を感じながら、美味しく頂きました。

 

耶馬渓の主要国道212号線沿いにあり、駐車スペースも充分。

 

 

今回の様に、家族でも楽しめますが

 

秋のバイクツーリングで、テラスで自分の愛車を眺めながら昼食を頂く。   

そんな利用方法にうってつけの場所でした。

 

 

 

 

 

この記事を書いている10月中旬現在。季節はいよいよ秋に突入。

まだまだ  夏〜初秋の記事が溜まってます (-.-)

 

 

 

 

 

 

おしまい

 

 

 

日本ブログ村全国ランキング参戦中!

 

大地は球にして天井にかかり上下なし。大気これを掲ぐ。

   −−− 司馬江漢 「春波楼筆記」 −−−

 

 

 

クリック ↓

 


にほんブログ村

 

 

ただひっそりと

  • 2017.06.06 Tuesday
  • 16:31

 

 

仕事帰りに・・・。

 

 

 

securedownload00012.JPG

 

 

ほんの少し遠回りすると、こんな場所を見つけました。

 

 

 

securedownload00013.JPG

 

 

 

 

securedownload00011.JPG

 

小さなお堂の周りに、無数のお地蔵さま。

 

 

どんな云われがあるのか

 

どんな歴史を歩んだ場所なのか・・・。

 

 

 

どことなく神秘的な雰囲気が、そんな想像を掻き立てる。

 

 

securedownload00014.JPG

 

自宅からバイクで5〜10分程の場所

 

この土地に生まれ育って、 再びここに戻って来て2年

 

まだまだ知らない場所がたくさんあるんだなあ・・・。

 

 

 

 

 

 

おしまい

 

日本ブログ村全国ランキング参戦中

 

すべての信仰にある特徴は、不信仰をしりぞける点である。』

   −−− ヤスペルス 「マルクス批判」 −−−

 

 

 

クリック↓

 


にほんブログ村

 

 

桜見物にお出掛け(道の駅きよかわ&庄内の隠れ桜の園)

  • 2017.04.24 Monday
  • 22:10

 

 

引き続き季節ネタを先に消化です。

 

前回の菜の花に引き続いて、今回も春の花を見物に。

 

 

 

DSCF4456.JPG

 

家から見える大将軍神社のお山の山肌は

 

カビた饅頭見たいに所々に白くてモワっとしたものが見えます

(表現が汚くてスイマセン)

 

 

 

DSCF4460.JPG

 

 

山桜が開花しております。

 

こんなに山桜が植わっていたのですね。

 

 

 

 

 

 

DSCF4459.JPG

 

 

この山が所々白く色ずく頃が、大分県の各地の桜も順次開花の目印。

 

ノン
『今年も大将軍の山桜が咲き始めたよ。 清川に桜を見に行ってみよう』

 

奥さん

『おお!』

 

 

さしずめ我が家の標本木ってなもんである。

 

 

 

 

 

 

DSCF4501.JPG

 

我が家から車を1時間程走らせ、 

豊後竹田市の『道の駅きよかわ』に到着。

 

 

 

DSCF4508.JPG

 

売店やお土産コーナーの他に、近くにある霊山『御嶽山』発祥とする 御嶽流神楽の神楽殿も併設されています。

 

 

ちなみに、去年の様子  ↓

 

『豊後大野〜竹田 花見ドライブ』

http://kingxcat.jugem.jp/?eid=769

 

  

去年は 道の駅グルメの紹介&近くにある御嶽山の桜並木へ行きました。

 

 

 

 

DSC_0101.JPG

 

今年はユーリも一緒^^

 

必然的にユーリと桜の撮影会になっちゃいました  (・o・)

 

 

DSCF4481.JPG

 

ところがどっこい、同敷地内の公園。  

 

遊具が目に入ったユーリは、桜なんぞお構い無しにそちらにまっしぐら!

 

 

 

 

DSC_0006.JPG

 

2歳半になりました。

 

わざと難しいルートに挑む。  

 

日に日に出来る事が増えて行き、成長を実感しますが

 

 

 

DSC_0009.JPG

 

まだまだ 手助けが必要。  

 

なまじ色んな事を自分でやろうとするため、益々目が離せません

 

 

 

 

DSC_0015.JPG

 

 

DSC_0024.JPG

 

 

 

DSC_0045.JPG

 

 

 

DSC_0071.JPG

 

 

 

 

DSC_0077.JPG

 

ノン

『ゆうちゃん、ピースは?』

 

ユーリ

『う・・・。』

 

 

一生懸命 ピースの二本指を立てようとします。

 

 

 

 

 

 

 

DSCF4511.JPG

 

さて、ここで昼食を済ませ  お次は原尻の滝・・・。

 

と言いたい所でしたが、そちらはチューリップフェスタの真っ最中。

 

滝の駐車場には自家用車の乗り入れが出来ず、近くの中学校の臨時駐車場からシャトルバスに乗る事を余儀なくされるため、今回はパス

 

 

 

 

DSCF4514.JPG

 

代わりに竹田市内の商店街を街ブラしてみる事にしました。

 

 

DSCF4515.JPG

 

とある商店の壁に、岡城址までの地図。  面白いアイディアです^^

 

 

 

DSCF4518.JPG

 

奥さんが見ている冊子は  ↓

 

『ぶらり ひとつま味(み)』という商店街活性化の取り組みのパンフレット

 

https://www.taketan.jp/spots/detail/741

 

“ちょこちょこつまんで、まち歩き”の合言葉とともにクーポン片手に楽しく町を散策していただけます。

 

 

 

 

食べもの屋さんの一口メニューだけでなく

 

 

 

DSCF4517.JPG

 

↑ このような押し花体験や、駄菓子屋さんの詰め合わせプレゼント等もあるのです。

 

 

 

DSCF4516.JPG

 

 

しかしながら、日曜日のも関わらず 私たち以外のお客さんは見当たらず・・・。

 

少し寂しい感じもしましたが

 

 

DSCF4519.JPG

 

 

老舗の和菓子屋さんで 竹田の銘菓 『荒城の月』を頂いたり

 

 

DSCF4521.JPG

 

 

 

DSCF4522.JPG

 

ミニソフトクリームを食べたりして楽しみました。

 

 

 

 

という感じで、春の豊後竹田を堪能した後は

 

 

 

 

DSC_0147.JPG

 

帰宅前に、家から車で10分の

 

庄内の隠れた桜の名所に寄ってみました。  今年も見事な桜並木!

 

 

 

 

DSC_0149.JPG

 

 

DSC_0117.JPG

 

 

毎年ここはハズレがありません。

 

見事な桜を鑑賞できます。

 

 

 

 

 

 

DSC_0120.JPG

 

 

DSC_0127.JPG

 

 

DSC_0165.JPG

 

 

 

DSC_0154.JPG

 

な、なんと  キョンさん夫妻に遭遇!

(人見知りユーリ、思いっきり隠れるの図)

 

 

『お転婆ライダー とり天さん』

 

ブログのプロによる 紹介です。 ↓

 

『ゆふの可愛い妖精さん』

http://otenba-rider.jugem.jp/?eid=1710

 

 

 

大型バイク『ハヤブサ』のライダー夫婦として、全国あらゆるところを駆け回り

そのブログの面白さ、写真の美しさ、仲間の多さ、

全国のバイク乗りのブロガーで知らない人はいないと言えるほどのお方です。

 

 

案の定、同じ公園を紹介している記事なのですが、

私とは比べ物にならない美しい写真、 そしてアングル。

 

この隠れ公園の魅力を 余すことなく伝えて頂いております。

 

 

そして、一家そろってキョンさんのブログに登場させて頂き大変光栄です。

 

 

そんなお方が、今年より我が一家のご近所さんになりました!

 

 

 

 

 

 

 

これからもちょくちょく絡ませて頂き、はやくユーリにもキョンさん&タイチョさんを覚えさせなければ

(^o^)

 

 

 

 

DSCF4545.JPG

 

 

桜を見上げるよりも、

 

 

DSCF4553.JPG

 

地面のお絵描きに夢中のユーリ。

 

『花より遊び』な2歳半でしたとさ。

 

 

 

 

DSCF4579.JPG

 

 

おしまい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PS:後日バイクでも訪れて記念撮影。

 

 

 

DSCF4591.JPG

 

 

 

DSCF4602.JPG

 

家族で出掛けた先に絶景を見つけて、後日愛車を入れて写真を撮りたくなる

 

´バイク乗りあるある´  ネタとなりました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本ブログ村全国ランキング参戦中!

 

 

チューリップは魂のない花であるが、バラとユリは魂をもっているように見える。』

    −−− ジューベル 「パンセ」 −−−

 

クリック  ↓

 

 


にほんブログ村

 

 

春の国東観光 (昭和の町&長崎鼻の菜の花)

  • 2017.04.17 Monday
  • 11:47

 

K君一家との佐世保旅行の途中ではありますが、

 

ここで割込み、季節ネタを先に消化。

 

 

 

4月初旬のとある日

 

生温かい降水確率10%の薄曇りの中、春を感じましょうと、家族でお出掛け。

 

 

 

 

初めて  最近新設された 由布岳スマートIC を利用してみる事にしました。

 

 

 

元々あった由布岳SAにETC専用出入り口を設置し、

それを既存の道路地形に無理やり接続したせいか、 IC出入り口は非常に混沌とした状態に。

 

 

DSCF4296.JPG

 

こうなればもう田舎から上京してきて 様々な会社の電車が相互乗り入れしている地下鉄にうろたえる若者状態。

 

我々以外も同じ様で、 

入り口周辺の道路でウロウロ徘徊している車や、入り口直前で路肩に寄せて駐車している車がちらほら・・・。

 

 

 

 

 

 

DSCF4297.JPG

 

最大の要因は たぶんこれ。

 

車両の進行方向は、大分→鳥栖方面に向かって 高速道路の上り車線に沿うように入口へ。  

 

しかし、行き先の看板は逆の →大分方面への下り車線方面を示しています

 

なまじ土地勘がある人間にとっては

『進行方向は上り方面なのに、本当に大丈夫なのか!?』と不安に陥ります

 

 

DSCF4299.JPG

 

看板はしつこいくらい 『こっちが大分・北九州方面ですぜ』と示しているので、

意を決してゲートを通過すると・・・。

 

 

ゲートをくぐってすぐに左に大きく転回させられ、

無事に由布岳SAの下り側に入る事ができたのです。

 

 

 

 

DSCF4301.JPG

 

由布岳SAでは高級外車がズラリ。  どうやら愛好家の集まりがあった様ですが・・・。

 

まさか雨が降るとは思っていなかったでしょう。

(だって雨マーク無しの降水確率10%だったから)

 

 

 

その後は高速道路で快適にドライブ

 

 

DSCF4307.JPG

 

あっという間に  

大分のユナイテッド・ステイツ 『宇佐(USA)』に到着しました。

 

 

 

まだ小雨がパラついていましたので、先に早めの昼食を。

 

宇佐に来た時はここと決めています。

 

 

クリックすると新しいウィンドウで開きます

 

天ぷらの専門店『天ぺい』さん

 

外観画像&詳細情報は ↓ グルメサイト ヒトサラさんより引用

『ヒトサラ』

http://hitosara.com/tlog_44000531/

 

 

 

 

 

DSCF4310.JPG

 

天ぺい定食を頼んだ奥さん

 

2品ずつ、揚げたてサクサクの天ぷらが、小さなバットに乗せられてやって来ます。

白身魚にエビ、かぼちゃや玉ねぎ、他季節の野菜など  計7〜8品程が運ばれてきます。

 

 

 

 

 

DSCF4313.JPG

 

いっぽう私は 手ぺい丼

 

エビはアレルギーなので、エビ天の代わりにイカ天をのせてもらいました^^

こちらももちろん揚げたてのサックリ衣に甘辛いタレ。

 

次回もこれにしようかな (^o^)

 

 

 

 

食後、まだ少し雨が降っていたので 屋内で楽しめる施設で時間つぶし

 

 

DSCF4315.JPG

 

宇佐の県立博物館

博物館内部は撮影禁止だったので、入り口で記念撮影。

 

ノン

『ゆうちゃん、気を付け!!』というと

 

帽子を取って、びしっと気を付けのポーズ。  なぜか顔も真顔になります(笑)

 

 

 

博物館内は薄暗く、案の定ユーリは怯えてしまいます。

 

あまりゆっくり展示物を見れませんでしたが、 15分程で雨が上がり

 

 

DSCF4323.JPG

 

早めに博物館を切り上げて、 当初の予定通り 『昭和の町』へ移動

 

途中で並走したバスも、何となくレトロチック

 

 

 

 

助手席の奥さんに

『なんか昭和らしい風景があったら、写真撮っておいてね』とお願いし

 

 

 

DSCF4327.JPG

 

こういった写真を期待していましたが、

 

『昭和レトロっぽいのが撮れたよ』という言葉を信じて

 

後で確認すると・・・。

 

 

 

DSCF4324.JPG

 

なぜか この一枚と・・・。

 

 

 

DSCF4325.JPG

 

さらに、この看板部分のズームを もう一枚・・・。

 

 

決して歴史があるという感じではなく、何となく 古い感じの店舗の景観

 

いったい何が 奥さんにとっての昭和レトロなのか、基準が良く解りません。

 

 

 

怖いのは 彼女の中ではこの程度の古さがレトロの部類に選別されている事です。

 

 

少し考察してみましたが、この様な風景は、庄内の商店街では日常茶飯事、当たり前の様な景観

 

 

つまり 彼女にとっては、庄内は 狙っている訳でもないのに昭和の町の様な 『レトロ感・古臭さ』を感じているのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF4334.JPG

 

昭和の町の商店街散策

 

女性陣はお買いものに夢中。  2歳でも心はレディー

 

 

 

DSCF4333.JPG

 

その姿は、 満足げな顔は   バーゲンの戦利品を抱えて店を出る女子


ユーリ

『ふーー  いいもの買えたわ』

 

DSCF4331.JPG

 

 

 

 

 

DSCF4338.JPG

 

買い物、散策に疲れは女子の足は、自然と甘いものを求め

 

吸い込まれる様に  オシャンティーなカフェへ。

 

 

 

 

DSCF4336.JPG

 

ギターの生演奏が響く店内で、ソフトクリームにむしゃぶり付いていました。

 

 

 

古風な外観の店舗の前で 記念にパシャリ

 

DSCF4340.JPG

 

カメラを向けると、ここでも ユーリ ピシッと 気を付け姿勢!

 

 

 

 

 

 

 

DSCF4345.JPG

 

お次は、昭和の町から 車で 小一時間。  

 

国東半島の海際にある 『長崎鼻キャンプ場』

 

 

 

DSCF4349.JPG

 

海に突き出た岬にあるキャンプ場。

 

その周囲はご覧の通り、菜の花でいっぱい。

 

 

 

DSCF4355.JPG

 

 

一昔前までは、お化けが出そうな閑散としたキャンプ場

(実際に心霊スポットでもあったらしい・・・。)

 

それが ご覧の様に  ↓

 

http://www.showanomachi.com/spots/detail/192

『豊後高田市公式観光サイト』

 

 

 

夏はヒマワリ  春は菜の花  秋はコスモス

 

 

 

季節の花々が咲き乱れるお花畑に大変身。

 

 

DSCF4356.JPG

 

 

DSCF4393.JPG

 

 

美しい景観に  可愛い我が子

 

カメラ魂に火が付いたノンさん。

 

 

 

 

 

 

DSCF4391.JPG

 

ノン

『久々に 俺の一眼が火を噴くぜ!』

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0025.JPG

 

レンズ: 18-70mm F/3.5-4.5 G
焦点距離: 18mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: スポット測光
1/800 秒 - F/5.6
露出補正: +1 EV
感度: ISO 400
ホワイトバランス: オート
AFモード: AF-A

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0033.JPGDSC_0035.JPGDSC_0037.JPGDSC_0039.JPGDSC_0040.JPGDSC_0041.JPGDSC_0043.JPGDSC_0044.JPG

 

レンズ: 18-70mm F/3.5-4.5 G
焦点距離: 70mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: スポット測光
1/250 秒 - F/8
露出補正: 0 EV
感度: ISO 400
ホワイトバランス: オート
AFモード: AF-A

 

 

 

 

 

 

DSC_0057.JPG

 

 

 

 

 

DSC_0086.JPG

 

レンズ: 18-70mm F/3.5-4.5 G
焦点距離: 18mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: スポット測光
1/500 秒 - F/8
露出補正: +1 EV
感度: ISO 400
ホワイトバランス: オート
AFモード: AF-A

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0105.JPGDSC_0107.JPGDSC_0112.JPG

 

レンズ: 18-70mm F/3.5-4.5 G
焦点距離: 70mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: スポット測光
1/100 秒 - F/10
露出補正: 0 EV
感度: ISO 400
ホワイトバランス: オート
AFモード: AF-A

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一通り撮り終えたら、今度は私がユーリと遊びます。

 

 

 

DSC_0136.JPG

 

 

 

 

 

 

DSCF4408.JPG

 

奥さん

『二人とも気を付け!!』

 

 

 

 

 

 

DSCF4409.JPG

 

奥さん

『はい、ポーズ!!』

 

 

 

 

 

DSCF4421.JPG

 

 

春の陽気に誘われた、そんな家族サービスデイでしたとさ。

 

 

 

 

 

日本ブログ村全国ランキング参戦中!

 

ムチを惜しめば子供を損なう。

  −−− バトラー 「諷刺物語詩」 −−−

 

 

 

クリック ↓

 

 


にほんブログ村

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM