2020年林道走り染め じゃなくて納めでした。(&RX-125のインプレ)

  • 2020.04.05 Sunday
  • 17:29

 

 

絶賛更新延滞気味の落書き日記帳ブログ。

 

 

 

 

年度も変わる事だし、そろそろ今年の走り染めの記事くらい書いておこう

 

と思って写真を整理していたら・・・。

 

 

去年の「走り納め」の写真が <コンニチハ

 

 

 

 

という事で

 

 

 

 

 

 

S0028014.JPG

 

年号の変わった令和元年の走り納めに相応しいメンバー集合! という事で

 

ご近所ライダーさん達でお手軽に集まっちゃいました。

 

 

 

WR250 私、「のびのびノン」

 

セロー225 庄内のバイク隊の「総大将」

 

 

 

 

 

S0018013.JPG

 

 

そして この方も自宅から半径3キロ以内のご近所さんライダー

 

ご存じ モトブログ 『お転婆ライダー』のお二人

 

http://otenba-rider.jugem.jp/

 

 

 

今話題の RX125(アプリリア)を導入 の 「タイチョさん」

 

KLX125 の「とり天さん」

 

 

 

 

ハヤブサやV−ストで全国を駆け巡るお二人ですが

 

久々に本格的に土の上活動に参戦!  という事で・・・。

 

 

 

 

S0048016.JPG

 

 

ブーツを新調!していました。

  

 

その眩しいほどのピッカッピカのブーツ、 

 

恐縮ですが 本日は汚させて頂きます!?

 

 

 

 

 

S0128024.JPG

 

 

 

 

故郷の森を完全に熟知した セローの「総大将」が案内してくれました。

 

 

私一人でしたら二人をご案内するには力不足かな?と思っていましたので

大変心強うございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF8045.JPG

 

卸したてのブーツ、納車したてのバイクでも

リズムよく付いてくるお二人。  

 

 

さすが熟練のライダーです。

 

 

 

 

 

DSCF8067.JPG

 

 

 

 

DSCF8063.JPG

 

さあ、いよいよ山の中に。  

 

 

 

 

 

DSCF8052.JPG

 

 

とり天さん、扱いなれたKLXで久々のオフロードでもスイスイ。

 

いつもこのKLXで脇道探検をされているだけあります。

 

いろんなアクティビティにもチャレンジされているそうで、

最近は山道をBMXで走った事もあるとか。

 

 

 

 

 

S0538147.JPG

 

軽量・コンパクトでありながら、フルサイズのバリバリのオフロードマシンを

 

秘密兵器として導入していたタイチョさん!

 

元々、全国の様々な未舗装地を駆け巡っただけあり・・・。

 

 

 

 

 

S0548148.JPG

 

なんの危なげもなく、ガンガンついて参ります!

 

 

 

 

 

 

 

 

お二人とも久々の林道ツーリング。 という事で この日は比較的走りやすいコースを選んで走りました。

 

 

しかし、この日は前日の雨も影響して

 

部分的に路面はチュルチュルのドロドロ

 

 

 

 

 

 

DSCF8069.JPG

 

とり天さんが 記念すべき本日初の1コケ! を受賞いたしました。

 

 

 

 

 

 

 

DSCF8071.JPG

 

すかさずリカバリーに入るタイチョさん!  

 

阿吽(あうん)の呼吸です。

 

 

 

 

 

 

S0328073.JPG

 

 

勇ましく 果敢に  とり天さん チュルチュル坂に再チャレンジ!

 

 

 

 

 

S0328074.JPG

 

 

みんな

「勢い付けて、いっけーーー!」

 

 

 

 

 

S0328075.JPGS0328076.JPGS0328078.JPGS0328084.JPGS0328090.JPG

 

 

ヤッター!  

 

 

時に、こうやって皆で力を合わせて乗り越える。

 

これこそ林道遊びの楽しさ・・・。

 

 

 

 

 

最近この感覚を忘れていた気がします。

 

上手くなりたい、速くなりたいと思うばかりで、無我夢中で速い人たちに付いていこうとする日々。

 

 

平均速度ばかりが上がり、 時に限界を超えた挙動を体験し・・・。

 

それは確かに自分の糧になっているのでしょうが、

代わりに何かを失っていた気がしていました。

 

 

 

そう。

 

それが、この走る事の楽しさ。  

 

仲間と笑いながら、障害を楽しむという嬉しさ。

 

 

 

 

 

 

 

私が求めていたのは、速く上手く走る事ではない。

(もちろん 安全に楽しく走るためには、最低限のスキルは必要ですが)

 

 

 

きっと楽しく走る事が好きなんだ!  

 

 

そんな事を思い出した気がしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なーんちゃって、 

 

知らねーけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

S0338097.JPG

 

続いてタイチョさん。

 

 

 

S0338098.JPG

 

 

 

 

 

S0338099.JPGS0338100.JPGS0338102.JPGS0338103.JPGS0338105.JPGS0338107.JPG

 

 

いえーーい!

 

一発クリアー。  今だピッカピカの愛車に土は付かず^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

S0358120.JPG

 

丸太越えもあるよ☆

 

 

 

 

S0368121.JPG

 

そこは総大将が優しくフォロー。

 

これぞ林道紳士の行いです。

 

 

 

 

S0378122.JPG

 

 

 

オフに慣れているタイチョさんのテクニックと、RX-125の軽さが生きる瞬間。

 

勢いで乗り切るのではなく、前タイヤを丸太に当てがってから、エンジンをブブっと吹かせば

 

ヒョイっと越えていきます。

 

フルサイズでフロント21インチ、リア18インチを装備するRX-125

 

最低地上高も本格オフを走れるほど確保されており、この様な丸太越えのシュチュエーションでも、亀の子状態になることなく

 

しっかり乗り越える事ができました。

 

 

 

 

 

 

S0398124.JPG

 

ボッコリと凹んだ窪みも、

 

 

 

S0398128.JPG

 

 

しなやかなサスの動きで舐めるようにクリアー。

 

チープな硬いだけのサスではなく、きちんとオフロードでの使用を想定されていますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

G0055224.JPG

 

フラットな気持ちの良い高速セッション。

 

 

 

 

G0055248.JPG

 

フカフカ土の登りセクション。

 

 

 

 

 

G0055277.JPG

 

 

木々の間を走る森林浴気分の林間セクション

 

 

 

どんなシチュエーションでもRX 125は安定した走りを見せてくれました。

 

日本の林道を走る分には全く問題はありませんね!

 

私も欲しくなりました。

 

 

 

G0055340.JPG

 

 森の中にぽっかり現れたため池。

 

池のほとりで小休止と洒落込みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF8153.JPG

 

 

 

 

DSCF8154.JPG

 

 

 大自然の中でのコーヒータイムもおつなものです。

 

 

 

 

 

S0598158.JPG

 

 

 さて、帰る前にもう一走り。

 

身体もバイクも慣れてきたところで、ちょっとガレガレなチャレンジコースに向かいます。

 

 

 

 賽の河原の如く一面に石の散らばる場所

 

スムーズな操作で、まるで平地のような感覚で走り抜ける総大将!

 

さすがです。

 

 

S0608160.JPGS0618163.JPGS0628165.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さぁ、とり天さん!

 

おっかなびっくりでチャレンジ!

 

 

 

 

S0638167.JPG

 

 

 おっと、いきなり!

 

 

 

 

 

S0638168.JPG

 

 きゃー!がんばってぇー!

 

 

 

 

 

 

 

S0648170.JPG

 

ずこーんっ!

 

左足が車体の下敷きになってしまいました。

 ヒヤリとした瞬間!

 

 

S0658172.JPG

 

 

おっと!

大丈夫なようです。

 

オニュウのオフロードが守ってくれた様です。

 

 

 

 

 

 

 

S0668176.JPG

 

 もしオフロードブーツ無しに硬い岩とバイクの間に脚を挟まれていたら、最悪骨折もあり得ます。

 

 

 やはり林道遊びにはしっかりとした装備が必要ですね!

 

 

 

 

 

 

 

S0688178.JPG

 

さぁ、気を取り直して

再スタート!

 

 

 

 

S0698180.JPG

 

 自信が無いところは、両足をつきながらゆっくり行けば大丈夫!

 

 

 

 

S0708186.JPG

 

 

 

S0728190.JPG

 

タイチョさんとRX 125の組み合わせは

 

ここでも安定した走行!

 

 

 

 

 

S0738192.JPG

 

 

この純正タイヤ、土でも石でも、満遍なくグリップしてくれるようです。

 

かなりオフ寄りのタイヤ(銘柄は忘れましたが)を純正で採用しており、

 

Apriliaのこのバイクに対する考え方が読み取れますね!

 

 

S0748194.JPG

 

タイチョさん、難なくガレガレな地帯突破。

 

 

 

 

 

 

S0788206.JPG

 

 さて、木の間を掻い潜り、アタックポイントへ!

 

 

 

 

 

 

S0818214.JPG

 

 気分はジャングル探検隊!

 

 

 

 

 

 

 

S0838216.JPG

 

 

とり天さん、もう少しの所でちょっと躊躇してしまって

 

坂の途中で止まっちゃいました(・・;)

 

 

 

 

 

S0908231.JPG

 

ここからの再スタートは難しいので、ここでも総大将がリカバリーサポート!

 

とり天さんも後ろからお手伝い。

 

 

 

S0938241.JPG

 

 

左手はそっと添えるだけ・・・。

 

 

 

 

 

S0958248.JPG

 

 

お次のタイチョさんは、

 

 

 

S0958250.JPG

 

 コブに動揺せず、アクセルひと吹かし!

 

 

 

 

 

 

S0958252.JPG

 

 ビュンッ!

 

 

 

 

 

S0958254.JPG

 

 

シュラウドのApriliaの文字がかっこいいぜ!

 

 

 

 

 

G0014795.JPG

 

山あり谷ありではございませんが、

 

そんな感じで山の中を走り回った、2019年の走り納め

 

 

 

 

 

 

 

 

S0438137.JPG

 

 

家の近くに すぐこんなアドベンチャーワールドがあるという幸せ。

 

 

ご近所ライダーな皆で楽しく走り納められましたとさ^^

 

S0468140.JPG

 

 

おしまい。

 

 

 

 

 

 

 

日本ブログ村全国ランキング参戦中!

 

クリック ↓

 

 

 

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

 

 

 

秋の土呂久林道ツーリング 後編

  • 2020.03.21 Saturday
  • 23:25

 

 

 

 

土呂久林道ツーリングの続きでござる。

 

 

 

 

DSCF7431.JPG

 

色付き始めた緑のトンネル。

 

緑の黄色のコントラスト。

 

 

 

 

DSCF7435.JPG

 

ぶっ飛ばすのが好きな方々には先に行ってもらって

 

私は紅葉を愛でながら、ゆっくり後を追います。

 

 

 

DSCF7441.JPG

 

 

 

 

 

DSCF7466.JPG

 

事前に

「きりの良い所でいいので待っててくださいね」「あんまり遅かったらコケてるかもしれないから、見に来てね」という旨の事を伝えておきましたので

 

所々で皆さん待っててくれます。

 

おかげで安心して紅葉を楽しめました。

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7482.JPG

 

 

ここからは、写真を中心に・・・。

 

 

 

 

DSCF7508.JPG

 

紅葉だけでなく

 

ダイナミックな景観も楽しめます。

 

 

 

 

DSCF7468.JPG

 

 

山の向こうに見えるのが、高千穂方面の集落でしょう。

 

 

 

 

 

DSCF7470.JPG

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7443.JPG

 

 景色も良い上に、季節によっては紅葉も楽しめ

 

その上、この様なフラットで走りやすい路面。

 

オフロード 好きには良い所三拍子が揃った、牛丼みたいな場所です。

 

 

DSCF7449.JPG

 

 見よ!

 

この色付き。 

画像の画質調整は最小限にしていますが、それでもこの鮮やかさ。

 

大分県には耶馬渓や、九酔渓やら有名な紅葉スポットは沢山ありますが、そんなのも目じゃないくらいの光景が広がります。

 

(厳密には土呂久は宮崎県ですが)

 

 

 

DSCF7462.JPG

 

 

 

 

DSCF7484.JPG

 

さて、林道を抜けました。

 

お腹が空きましたので昼飯にします。

 

 

 

 

DSCF7497.JPG

 

 林道入口から少し走って、近くのシーズンオフのキャンプ場を目指します。

 

 

DSCF7499.JPG

 

 

DSCF7494.JPG

 

 

 

 

DSCF7495.JPG

 

お湯を沸かして、カップ麺とおにぎり。

 

食後のコーヒー付きです

(^^)

 

 

 

DSCF7496.JPG

 

 

 美しいものを見て、それからお外でご飯。

 

最高ですね。

 

 

DSCF7504.JPG

 

 帰路はのんびり走りながら、今度は皆さんの写真も撮ってみました。

 

 

 

 

 

 

DSCF7519.JPG

 

 記念写真ではい、ピース!

 

 

 

 

 

 

DSCF7521.JPG

 

 

往路と復路で見える景色が違うのも楽しいですね。

 

定期的に走りたくなる快適林道でした

(^。^)

 

 

 

DSCF7523.JPG

 

 

帰りは7号線をのんびり走ります。

 

 

 

 

 

 

DSCF7525.JPG

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7529.JPG

 

 

 

 

DSCF7536.JPG

 

 

 

DSCF7538.JPG

 

 

 

 

以上、2019年秋の紅葉散策林道ツーリングでした。

 

 

 

 

おしまい

 

 

 

 

 

にほんブログ村全国ランキング参戦中!

 

クリック ↓

 

 

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

秋の土呂久林道ツーリング  前編

  • 2020.03.15 Sunday
  • 20:37

 

 

 

秋のツーリング。

 

地元、庄内の先輩ライダー達に誘われて 大分県と宮崎県の高千穂方面の県境にある

 

『土呂久林道』へ紅葉散策がてらツーリングに行くことになりました。

 

 

とても楽しみにしつつ、装備をバックにいっぱい詰めて

 

早朝、集合場所に向かうのでした。

 

 

 

 

 

 

がっ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7359.JPG

 

 

みなさん、トランポやんけーーーー。

 

 

 

 

集合場所から原尻の滝の辺りまでの約40kmの行程は、皆トランポ体制・・・。

 

 

確かに当日までの行程を確認してなかった私も悪いが、

集合したらみんなトランポというプチドッキリ。

 

 

私だけ秋の早朝の冷え込みに震えながらの自走。

 

心も体も冷え込み

 

こんなに寂しく惨めな思いは久々でした。

 

 

 

 

 

 

ここで一つ、トランポというものについての考察。

 

 バイクに乗る人にとって、トランポを持っている人とそうでない人との間には、物理的にも精神的にも壁が出来る気がします。

 

持つものの立場からすれば犹ってない彼は自走だから、遊ぶ所を近場にしてあげよう爿牴拱を乗せてあげるのに迎えに行ってあげよう爐筏い鮖箸辰討れるのですが

 

持てないものの立場からすると、いつもみんなで遠方に行ったりオフロード  コースに行くたびに犁い鮖箸錣擦舛磴Ν爿爐澆鵑瞥イ靴て私に合わせてくれるから迷惑かけちゃう爐箸いα碓佞らの負い目。

 

誰も悪くありません。

両者とも優しく気を使い合っているのです。

 

そしてトランポがあれば、よりパワフルで軽量なレーサーバイクを運用出来ますし、公道を走る必要も無いので専用タイヤも使える訳ですが、自走派はそうは行きません。

そうすれば自ずと、走る(遊ぶ)ステージも違ってくる。

 

それが回数を重ねるたびにどんどん溝を深めてしまうのです。

 

 

どちらが悪いわけでは無い。ジオンも連邦も無い。

全ては善意から始まった事なのです。

 

なんちゃって。

 

知らねーけど。

 

 

 

DSCF7362.JPG

 

 そうそう。それからオフロード  は

 

 

石ころゴロゴロなガレガレなところを

『大丈夫 フラットダートだよ』と言ってみたり

 

まくれ上がる様な劇登りなヒルクライムを 

なんの根拠もなく 『大丈夫、いける、いける』と言ってみたり・・・。

 

 

 

基本的にオフローダーは、

例外なく仲間の苦しむ姿が見たい、嘘つきで意地悪な人が多いのだ。

 

 

 

怪我したら責任取ってくれんのかー!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なーんちゃって、 嘘です。

 

 

 

 

 

みんないい人ですよ^^

 

 

 知らねーけど。

 

 

 

 

 

さて、話は逸れましたが、

 

DSCF7365.JPG

 

 

そんな感じで、県道7号線〜尾平越えツーリングすたーちんぐ( ゚Д゚)

 

 

 

DSCF7367.JPG

 

すでに寒空の下、40km自走した私に先頭を走らせてくれる先輩方。

 

いやー。 本当にお優しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7372.JPG

 

 

 

DSCF7377.JPG

 

 

あの遠方に見える山 祖母山を越えていきます。

 

 

 

DSCF7381.JPG

 

 

 言わずと知れた大分県の険道3兄弟の次男の県道7号線(長男6号、三男8号)

 

 

 

 

DSCF7386.JPG

 

 

もはやお決まりの撮影スポット。

 

災害時用の緊急ヘリポート

 

今更ですが、ヘリが着地する所ではなくて、ロープで吊り上げたり、物資を下ろす場所という事なんでしょうね。

 

そんな7号線の旅。

 

いつもと違うのは…。

 

 

 

 

 

 

DSCF7388.JPG

 

 見つけた脇道、林道に片っ端から突入である。

 

 

 

 

 

G0011792.JPG

 

 

 フラットなまったり林道

 

 

G0011808.JPG

 

 

 

G0011841.JPG

 

 

G0011893.JPG

 

 

 

DSCF7390.JPG

 

 時折開ける視界からは、色付き始めた祖母山系の山々が見えます。

 

 

 

 

 

 

 

G0021978.JPG

 

 

 

DSCF7392.JPG

 

 程よく走って、再び7号線に復帰。

 

 

 

 

 

 

DSCF7394.JPG

 

 

 おっと!?

 

道の脇にこんな立派な石碑が。

普通に道路を走っていると全く気付かない場所に、まるで隠される様に立ってました。

 

 

 

 

 

DSCF7397.JPG

 

 

 どうやら、この7号線の開通を記念した石碑の様です。

 

 

 

 

 

DSCF7396.JPG

 

その石碑の脇には、なんと旧道の痕跡が!

 

 

 

DSCF7400.JPG

 

 昔の人たちはこの山道を歩いて、尾平を越えて高千穂を目指していたのですね。

 

 今もその跡が見れる事に感動しました。

 

 

 

 

DSCF7401.JPG

 

 

さて、舗装された7号線に復帰。

 

 

 

DSCF7408.JPG

 

 林道から出てくると、険道(けんどう)と呼ばれる、このグネグネ狭路の7号線が、大変快適に思えます。

 

 

 

 

 

DSCF7410.JPG

 

 高度を上げていくごとに、周囲の木々が色付きのコントラストを増してきます。

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7419.JPG

 

 

 さぁ、今回のツーリングの目的地

 

尾平峠にある「土呂久林道」の入り口に到着です。

 

 

 

 

 

 

G0032153.JPG

 

 大分県から宮崎の県境にかけて走る林道。

 

そこそこの長さもある上、走りやすいフラットな林道。

 

 

 

 

 

G0032174.JPG

 

 そしてこの林道の一番の売りは

 

 

 

 

 

G0032239.JPG

 

 この美しい景観。

 

頭上一面に広がる緑のトンネル。

 

それが紅葉の時期になると、色鮮やかに色付くという訳です。

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7420.JPG

 

 

 

 

 

DSCF7425.JPG

 

 

 

 

DSCF7427.JPG

 

 「あ、あそこに登れそうな傾斜発見!」

 

「勘弁してください。今日はアタックツーリングじゃなくて紅葉散策ツーリングですよ」

 

 

 

 

 

 

 

G0092611.JPG

 

 

 

後半へ続く

 

 

 

 

 

日本ブロフ村全国ランキング参戦中!

クリック

 ↓

 

 

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

林道ツーリングで森林浴気分

  • 2019.07.07 Sunday
  • 10:55

 

 

今年の初夏〜梅雨入りにかけては、公私ともに少々慌ただしくなりまして

 

中々家族でゆっくりお出掛けの時間がございませぬ・・・。

 

 

 

DSCF5432.JPG

 

それでも たまにはバイクで気分転換。

 

夜勤明けで10時に帰宅 からの

 

近場をソロツーリング。

 

 

 

 

DSCF5436.JPG

 

 

久々のツーリング。

 

ただのオンロードだけでは飽き足らず、ちょっと林道をふらりお散歩

 

 

 

 

DSCF5438.JPG

 

 

 

 

 

 

DSCF5477.JPG

 

 

 

 

 

 

DSCF5465.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF5446.JPG

 

林道の中、バイクのエンジンを止めると、

 

聞こえてくるのは風に揺れる木々のざわめきと 鳥のさえずりだけ

 

 

 

うーん・・・。 癒されるなーー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日々の喧騒から離れて、こうやって森の中で森林浴。

 

心のエネルギーが充電されていく感じが分かります^^

 

 

 

DSCF5448.JPG

 

 

ただのツーリングじゃ勿体ない。

 

 

林道散策&森林浴だけじゃもったいない!?

 

 

 

 

 

 

DSCF5456.JPG

 

 

という事で、バイクを停めてちょっとトレッキング。

 

林道近くの三角点で 外飯!  

 

これで立派な軽登山気分も味わっちゃいました。

 

 

 

ソト(SOTO) アミカス コンパクトストーブ SOD-320 キャンプストーブ OD缶用 シングルバーナー キャンプ ガス バーナー 火力が強い ソロキャンプ ツーリング BBQ 登山アウトドア 収納ケース付き 折り畳み式 防風

新品価格
¥5,169から
(2019/7/7 10:43時点)

 

 

 

キャンプクッカー クッカーセット アルミクッカー アウトドア調理器具セット 登山用鍋 2-3人に適応 BBQ食器 ポータブル キャンピング鍋 収納袋付き

新品価格
¥2,680から
(2019/7/7 10:44時点)

 

 

 

アウトドア チェア 伸縮式 TAKU STORE 折りたたみ椅子 4脚 軽量 480g&耐荷重120kg 釣り キャンプ用品 チェアー

新品価格
¥1,799から
(2019/7/7 10:45時点)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF5453.JPG

 

 

 

 

 

DSCF5471.JPG

 

 

そんな感じのさわやか林道ツーリングな日もあれば・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地元のバイク仲間の先輩達と、アタック系林道ツーリングもありまして・・・。

 

 

 

 

 

あんな壁みたいなトコやら

 

 

 

 

 

こんな石がゴロゴロしてるところをガンガン走るもんだから・・・。

 

冷や汗やらなんやら垂れ流しで、癒されるどころではありません。

 

 

 

 

 

 

ガレ下りでフロントが石に弾かれて、フワッとしたと思ったら、もうコケてました。

恐ろしや。


決定的瞬間をカメラが捉えておりました。


臨場感あるスリップダウンをお楽しみ下さい。

 

  ↓

  ↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガッシャーーン!

 

 

 

 

 

アドレナリン大放出で、ある意味リフレッシュできました!?

 

 

 

 

 

 

 

私 『ああ・・・。  林道っていいなー ハハハ(乾いた笑) 』

 

 

 

 

[アルパインスター] オフロードブーツ TECH7 / テック7 / ホワイトベンテッド / US9 / 201207-20

新品価格
¥56,866から
(2019/7/7 10:51時点)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな感じで森の民を楽しんでおります。

 

 

おしまい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村全国ランキング参戦中!

 

クリック ↓

 

 

 

 

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

 

秘湯&林道経由 玖珠でランチツーリング

  • 2018.10.14 Sunday
  • 23:07

 

 

大きな台風が2、3個過ぎ去り

 

季節はようやく秋に。  ツーリングシーズンの到来です。

 

 

 

とある日 このブログに良くコメントをくださる 大分県郷土・歴史研究家の「SU−吉さん」にお誘いを受けまして

 

グループでツーリングに行ってきました。

 

 

 

目的は玖珠にあるバイカー御用達の食堂「金太郎」さんにお邪魔する事と、 

 

道中 「SU−吉温泉」なる場所に立ち寄ってみる事。

 

当日集合しますと 私以外にも 二名ほど参加者がおりまして

 

 

 

IMG_1809.JPG

 

手前 緑のスーパーシェルパ:Uさん

隣 黒WR250:私

右端 エイプ!:Wさん

奥 セロー250:SU−吉さん

 

という4台編成となりました。

 

 

 

Uさんのご希望で「走りやすい林道があれば走ってみたい」という事で、

 

内心「エイプのWさんは大丈夫かなあ・・・。」と感じつつも 大分県の中部辺りにある 某林道なら 通過するくらいなら大丈夫かな 

 

と思い とりあえずご案内。

 

 

 

 

 

 

 

が、そのような心配は全く無用でした。

 

 

 

 

 

IMG_1813.JPG

 

私が先頭を走って 道案内をしたのですが 二番手を走るWさん(エイプ)は とんでもない走り!

 

 

なんとWさんの正体は スパ直入などで大型〜小型 様々なバイクでスポーツ走行をしたり、レースを楽しまれている凄腕ライダーさん

 

道中の一グネグネ山道も ストレートで離しても、コーナー2、3個ですぐに追い付いてきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1816.JPG

 

 

林道に突入してからも、それは変わらずで

 

Wさん「何回かフロントがぶっ飛びかけたけど、小さい(バイクが)けん、大丈夫^^」

 

と グリグリと超攻撃的な走り!

 

 

 

私は皆さんの写真を撮るために、グループを引き離して先にバイクを止めてカメラを構えるのですが

 

もう本気で走らないとWさんを引き離せませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1818.JPG

 

林道初心者のUさん(スーパーシェルパ)

 

「ドキドキしたけど楽しい〜 (^O^)」と 安全ペースで危なげない走り

 

 

 

IMG_1819.JPG

 

いつもいつも 「林道はだけはご勘弁!」というSu−吉さんも 心配は御無用

 

まったく安定した走りで笑顔で走破  次回はもうチョイ奥地にいっても大丈夫ですね!

 

 

 

 

 

IMG_1827.JPG

 

出口付近で、記念にパシャリ。

 

秋晴れの空に 後ろにそびえる猫耳の由布岳。

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1832.JPG

 

某林道を抜け、湯布院を経由して 玖珠方面へ

 

 

 

IMG_1835.JPG

 

途中、SU−吉さんに先導を交代してもらい、脇道へ逸れます。

 

少し進むと、噂のSU−吉温泉に到着です。

 

 

 

 

 

 

 

  がっ!!

 

 

 

IMG_1843.JPG

 

私「ちょっ www  (笑)  」

 

 

 

 

 

 

IMG_1839.JPG

 

SU−吉さん、これ 温泉ちゃいますやん!!  

 

と思わず関西弁で突っ込みたくなる光景

 

 

 

 

脇道のドン着き(行き止まり)に 突然現れた光景は

 

柵やら注意書きの類は一切なく 道のわきに でっかい穴が開いていて

 

そこに まるで別府の坊主地獄の様に、泥がボコボコと煮沸されています

 

 

 

IMG_1840.JPG

 

これ、ガスとか大丈夫なのだろうか!?

 

遮るものも何もなく、もし間違ってドボンしたら 間違いなくお陀仏ですぜ!

 

 

 

SU−吉温泉なる場所に寄る事を知らされていたUさんは 直前まで温泉に入るかどうか迷っていたそうですが・・・。

 

 

これはもう 温泉という域を逸脱した場所でした。

 

 

 

 

 

動画でその迫力が伝わるでしょうか・・・。

 

 

 

 

詳しい場所なんかは、死人が出ると悪いので控えておきます。

 

 

SU−吉さんの発見したとんでもないスポットを、しばらく成人男性4人で見つめた後

 

 

 

もう一か所、SU−吉さんのお勧めスポットに寄ってみる事に。

 

 

 

IMG_1845.JPG

 

大分県のマイナー駅  「野矢駅」です。

 

こちらは、先ほどのSU−吉温泉と違って、マッタリゆったりの癒しのスポット

 

 

 

 

 

IMG_1847.JPG

 

駅の向かいにある壁にはお地蔵さま。

 

防護フェンスが 丁度お地蔵さまの所だけ 丸く穴が開けられてました^^

 

きれいな生花もお供えされてます。 地元の方に とても大事にされているのでしょうね。

 

 

 

 

 

IMG_1848.JPG

 

もちろん無人駅です

 

駅自体が山奥にあり、幹線道路からも離れているせいか、人工的な音が何もしません。 

 

ゆっくりとした時間が流れている場所でした。

 

 

 

 

IMG_1853.JPG

 

無人ながら、駅舎はきれいに維持管理されていました。

 

 

 

IMG_1852.JPG

 

地元の小学校か子供会のものでしょうか?  

 

かわいい新聞が掲示板に張られておりました。

 

 

 

 

 

IMG_1849.JPG

 

 

 

IMG_1851.JPG

 

なんだか 秘境駅「宗太郎」に良く似た雰囲気のある駅でした。

 

 

 

 

 

 

さて、ひと休憩した所で再出発。   

 

お昼ごはんにはまだ早い時間でしたので、遠回りついでに

 

ここから近い場所にある林道に寄り道してみる事にしました。

 

 

 

 

 

IMG_1854.JPG

 

2年ぶりほど前に走った林道ですが、とても走りやすかった記憶がありました。

 

 

 

 

ところがどっこい

 

 

 

 

IMG_1856.JPG

 

けっこう路面の状況が変わってました。

 

林業のトラックが通れる様にしたためか、部分に拳(こぶし)大サイズの石が敷き詰められておりガレガレ状態

 

 

 

IMG_1858.JPG

 

 

こりゃ、ひどいトコに誘いこんじゃったな ((+_+))  

 

と責任を感じましたが・・・。

 

 

 

IMG_1860.JPG

 

 

皆さん、無事にガレ区間をクリアーで一安心。

 

 

 

 

 

IMG_1867.JPG

 

 

林道って、たった半年や一年(特に台風シーズンを挟むと)でがらりと姿を変えます。

 

まさに林道は生き物ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1871.JPG

 

そんなこんなの林道ツーリングを経て、ちょうどお昼時間時に

 

玖珠の 「金太郎」さんへ 到着!

 

 

 

 

IMG_1872.JPG

 

 

バイカー御用達という事で、たくさんのツーリンググループやチームのステッカーが貼ってありました。

 

何を隠そう、こちらのお店を切り盛りされている若旦那さん、

 

お店自体の知名度と同じくらい、県内外問わず 大カブ主(株主はカブのライダーさんの愛称)としても有名なんです。

 

 

若旦那様のブログ、いつも楽しく拝見しております。

 

  ↓

 

月曜どうでしょう CT110・YD125・R80RT

大分県玖珠町「金太郎」より
月曜日が休み♪どうでしょう!?

 

https://blog.goo.ne.jp/kiyomako-r80

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1874.JPG

 

店内は古民家風、和のクラシカルなイメージ。  

 

キャロルの旧車が土間スペースに飾られておりました

 

 

IMG_1873.JPG

 

 

 

 

IMG_6294.jpg

 

私は 看板料理の 「とろとろ オムライス」を注文。

 

玖珠のお米を使ったチキンライスに、こりゃまた玖珠取れの卵をふんだんに使った こだわりの逸品

 

大変ボリュームがあり、写真では大きさが伝わりにくいのですが、成人男性でも 十分おなかいっぱいになれます。

 

 

 

 

 

以前 玖珠のインスタスポットついて書きましたが

 

旅人の日記

玖珠の切株山へソロツーリング

 

  ↓

 

http://kingxcat.jugem.jp/?eid=876

 

 

 

 

ここ金太郎でも インスタ映えスポット発見!

 

活目せよ!

 

 

 

 

IMG_6295.jpg

 

切株山も様にそびえる 黄金に輝くオムライスの飯テロ!

 

まさにインスタ映えですね^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1877.JPG

 

金太郎さんの店舗の向かいにある 旅館「高田屋」さん

 

実はこの高田屋さんこそが本家であり、食事処として金太郎を始めたそうです

(フェイスブックより)

 

高田屋さんは、ライダー・旅人大歓迎で、雨でもバイクを室内に入れられる様になっているそうです。

 

 

 

 

IMG_1880.JPG

 

本日の目的を終え、帰路に着きます。

 

ですが、解散にはまだもったいない時間。

 

 

 

 

もう一か所寄り道を!

 

 

IMG_1884.JPG

 

本日3本目の林道 「大平林道」です。

 

 

こちらは、大分県の林道で検索をかけるとすぐに出てくる有名な林道。

 

とにかく走りやすい、フラットな林道です。

 

 

 

 

 

 

 

以前訪れた際の記事

 

旅人の日記

WR250Rで大平林道&福貴野の滝

  ↓

 

http://kingxcat.jugem.jp/?eid=800

 

 

 

 

IMG_1886.JPG

 

 

IMG_1888.JPG

 

 

IMG_1891.JPG

 

 

二本目の林道で耐性が付いたせいか?  

 

皆さんリラックスして走り抜けたようでした^^

 

 

 

 

 

 

IMG_1898.JPG

 

短い林道ですが、抜けた先には・・・。

 

 

IMG_1899.JPG

 

本日のツーリングの最後の立ち寄りスポット 「福貴野の滝展望台」

 

 

 

 

IMG_1894.JPG

 

 

今日一日の疲れを癒す絶景かな?  (^O^)

 

紅葉の時期は、もっと素晴らしい景色になりそうですね。

 

 

 

 

IMG_1895.JPG

 

 

 

 

 

 

むむ?

 

 

 

IMG_1897.JPG

 

あんな立派な展望台なのに、訪れる人少なそうです。 

 

こういった面白いものを積極的に観光資源化して 訪れる人が増えると良いですね。

 

 

 

 

IMG_1912.JPG

 

 

結局林道を3本も走って おいしいものも頂けてお腹いっぱい 

 

最後に美しい景色も見れて、大満足なツーリングでした^^

 

 

 

 

おしまい

 

 

 

日本ブログム村 全国ランキング参戦中!

 

われわれが友人に求めるのは、われわれの行動に対する賛意ではなくして理解である。」

   −−− ハイネ 「モーザ宛書簡」 −−−

 

クリック ↓

 

 

 

 


にほんブログ村

 

 

 

庄内の林道遊び (WR250Rで雪山アタック)

  • 2018.02.03 Saturday
  • 22:27

 

遅れまして、今年の林道乗り初めの記事でございます。

 

 

 

 

IMG_1498.JPG

 

 

バイクでの乗り初めの一発目は プロブロガーお転婆ライダーさんとの地元で初詣ツーリングと、割と健全に済ませたのに対して・・・。

 

 

 

 

林道乗り初めは 我が故郷の誇る荒くれバイク軍団との林道ツーなのですから、

 

 

 

 

もう嫌な予感しかしません

 (もちろん 良い意味で)

 

 

 

 

G0089110.JPG

 

割とフレンドリーな シングトラックの林道をトコトコ・・・。

 

いや、 ガンガンにぶっ飛ばします

 

 

 

 

 すると・・・。   

 

 

 

IMG_1510.JPG

 

 

今年は冷え込み厳しい冬  前日に平野部でぱらついた雪は

 

山中では ご覧のようにカッチカチやでーー。  

 

 

 

モフモフに積もった雪ならまだマシ。 

 

ちょっと積もって、ちょっと溶けて  

 

んでもって 朝方の冷え込みで部分的に凍りましたぜ。   

 

 

という最も嫌な路面があちらこちらに。

 

 

 

G0078843.JPG

 

 

 

 

 

 

IMG_1503.JPG

 

 

しかし、みなさん この笑顔である。

 

 

 

 

IMG_1505.JPG

 

 

 隊長

「次は ここ抜けて ○〇方面の林道入ってみよう」

 

と、隊長はちょっとでも雪が積もってそうな場所へ誘導します。  

 

 

そして それを誰も止められない・・・。

 

 

 一同

 「えーーー!  そこまずいですよ! 」 (笑顔)

 

 

 

 

 なんという 予定調和  !

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

G0078951.JPG

 

 

ただでさえガレて 走りにくい林道

 

そこに雪が積もって、路面の状況がまったく見えません。

 

 

いつフロントが跳ね上げられるかわからない 

 

そんな ガラスのハイウェイを走ってるかの様な 38歳の冬

 

 

 

 

 

 

 

 

緊張の連続で疲れてくると、アクセルワーク ブレーキ操作が雑になってきます。 

 

 

そうしますと・・・。

 

 

 

 

 

G0079072.JPG

 

あっという間に ごらんの有様である。

 

 

 

 

G0079075.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1517.JPG

 

先程の半分積雪の林道を抜けて

 

今度は完全に積雪の林道へ

 

 

 

 

IMG_1523.JPG

 

 

積雪はそんなに深くないのですが、 雪の下の土は湿り気を帯び

 

ここ最近の冷え込みでバッチリ凍ってます。

 

 

 

 

 

 

G0099282.JPG

 

 

 

G0099291.JPG

 

 

 

 

IMG_1529.JPG

 

 

皆さんは  トラタイヤを履いてるのでガレ場やウッズは激速なんですが

 

この様な雪&凍土ではとても走り難そうでした。

 

 

 

 

エンデューロ系のタイヤを履いている私は、普段はおいてけぼりを食うのですが・・・。

 

今日は 私が本領発揮 !!

 

 

 

 

 

 

IMG_1533.JPG

 

 

 

やはりバイクはタイヤだなあ・・・。  と改めて痛感致しました。

 

 

 

IMG_1539.JPG

 

 

 

 

今回の雪山ツーリングの様子を動画にしてみました。

 

   ↓

 

https://youtu.be/ba_oUoSpyco

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それはそうと、雪を見ると 妙にテンションが上がるのが九州人。

 

我々とて例外ではなく

 

 

 

IMG_1540.JPG

 

 

 

 

 

 

IMG_1541.JPG

 

 

 

休憩時間は みなさん童心に帰って遊びました。

 

 

 

 

 

 

IMG_1546.JPG

 

ノン

『わーーい』

 

 

私も  魚拓  人拓 で遊びました。

 

 

 

 

 

IMG_1548.JPG

 

 

一年の計は元旦にあり 等と言いますが・・・。

 

今年一年の林道ツーリング、いったいどうなる事やら!?

 

 

 

 

そんな感じの 2018年 林道走り初めでした。

 

 

 

 

 

おしまい

 

 

 

 

 

 

 

 

日本ブログ村 全国ランキング参戦中!

 

『いい加減にホワイト!(いい加減にしろ)』

   −−− ルー大柴 −−−

 

 

 

クリック ↓

 

 


にほんブログ村

 

 

 

 

紅葉狩り林道ツーリグ 後編  (土呂久林道)

  • 2017.12.23 Saturday
  • 03:21

 

 

 

DSCF7239.JPG

 

県道7号線の 大分県と宮崎県の県境にある 『尾平トンネル』

 

ここをくぐれば、いよいよ宮崎県 高千穂入りです。

 

 

 

 

DSCF7241.JPG

 

しかし、今回の目的地は 高千穂ではありません。

 

 

トンネルを抜けて、すぐ脇にみえる こちらの砂利広場。

 

 

 

 

DSCF7243.JPG

 

この広場の奥から繋がる 『土呂久林道』 が 今回のお目当て。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一般的な地図にも ちゃんと表示されている程の 大変整備された林道で

 

 

 

 

 

もちろん反対側まで開通しており

 

高千穂〜熊本を繋ぐ 国道325号まで降りる事が出来ます。

 

 

 

 

G0048110.JPG

 

路面はご覧のように大変フラットで走り易いです。 

 

林業の車の往来も多い様で、よく踏み固められた土質。

 

ガレている様な個所もほとんどありません。

 

(祖母山、古祖母山の登山をする人も、普通に自動車で入ってこれる程です)

 

 

林道起点からものの数百メートル入っただけで、この紅葉!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7833.JPG

 

高千穂側を見下ろせば、 ご覧の様に、一面ススキの絨毯

 

 

 

 

 

DSCF7837.JPG

 

 

毛布みたいに もふもふしてます。

 

 

 

 

 

 

 

今回 紅葉散策でこの林道を選んで大正解!!

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7830.JPG

 

この美しさである!

 

 

まさに紅葉のトンネル。 

 

丁度正午前、真上から日の光を浴びた紅葉のトンネルは、陽の光を透過し

 

より一層鮮やかに輝きます。

 

 

 

 

DSCF7824.JPG

 

その美しさは、まるで教会のステンドグラスの様です。

 

 

 

ここに至るまでの、県道7号線沿いから見た 色付いた雄大な祖母山系の遠景も見事でしたが

 

この林道では、手に届きそうな所いっぱいの まるで囲まれる様な紅葉を楽しむ事が出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は高千穂まで降りず、林道の途中で昼食を摂って 再び7号線を引き返す計画です。

 

この時期は日没も速く、夕方には気温も一気に下がってしまいます。

 

 

 

まだ明るく、暖かいうちに帰宅する。  それが我々のジャスティス!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7760.JPG

 

丁度都合よく、林道の中間地点位に少し開けた場所がありました。

 

眺めもよいので ここで昼食とします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7764.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7766.JPG

 

 

紅葉を愛でながら、外で食べる食事はたいへん美味しく感じます!

 

もちろん食後のコーヒーも。

 

 

 

【送料無料】SOTO アミカススターターキット L L SOD-320SKL【あす楽対応】【SMTB】

価格:5,980円
(2017/12/23 03:15時点)
感想(7件)

 

 

 

【あす楽】 新富士バーナー(SOTO) レギュレーターストーブ ST-310 ストーブ ガスバーナー シングルバーナー キャンプ アウトドア バーベキューコンロ 【送料無料】

価格:5,120円
(2017/12/23 03:16時点)
感想(5件)

 

 

ダグ DUG バックパッカー ケトル DG-0211 【やかん 薬缶 おしゃれ かわいい コーヒー 調理器具 バーベキュー用品 アルミ キャンプ アウトドア 登山 |セール】

価格:2,419円
(2017/12/23 03:16時点)
感想(4件)

 

 

 

キャプテンスタッグ(CAPTAINSTAG) アルミロールテーブル(ブラック) UC-0520 【キャンプ ミニ ロー アウトドア バーベキュー】

価格:2,579円
(2017/12/23 03:18時点)
感想(0件)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食後も、バイク談義やキム兄さんの色々な面白い話を聞いて

 

林道の中でマッタリした時間を過ごします。

 

 

 

 

 

訪れる者も無く、聞こえるのは鳥のさえずりや木々の揺れる音。

 

そして 目に飛び込むこの紅葉の絶景。

 

オフ車に乗ってて良かったと心から思えるひと時でした。

 

 

 

 

 

 

 

G0048115.JPG

 

 

さあ、復路に着きます。

 

往路とは違った視点で見る紅葉は、まるで別の場所を走っているかのように

飽きることはありません。

 

 

 

 

また、正午を少し回り

 

陽のあたる角度も変わったため、紅葉の映え方も違ってきます。

 

 

 

 

G0048164.JPG

 

 

 

 

 

 

 

G0058432.JPG

 

木々の間から見えた、谷の対岸の山の紅葉が 凄く綺麗!

 

 

 

 

 

 

DSCF7776.JPG

 

ちょっと写真では伝わり難いのが悔やまれますが

 

私が生まれて38年。  

 

様々な紅葉の名所に行きましたが、たぶん一番か二番に美しい紅葉でした。

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7783.JPG

 

 

 

DSCF7795.JPG

 

 

 

 

DSCF7802.JPG

 

 

再び紅葉のトンネル。

 

 

今年は紅葉の当たり年。  

軒並み どの紅葉スポットも美しく色づいていた様ですが(しかも長く)

 

 

林道のいう非日常的な場所で全身で感じる紅葉は、

 

観光地化された場所で見るそれとは、まったく異質で別次元の感動を覚えます。

 

 

 

 

もう、ため息が出る程美しい・・・。

 

 

 

 

DSCF7803.JPG

 

 

 

DSCF7812.JPG

 

 

この場を離れるのがもったいないくらいです。

 

後ろ髪を引かれる思いで 7号線に戻ります。

 

 

 

ラフ&ロード RR6052 アタックザック

価格:15,475円
(2017/12/23 03:19時点)
感想(0件)

 

 

 

【SENA・セナ】SMH5 ステレオヘッドセットワイヤレスインカム ユニバーサル シングルパック【国内正規品】

価格:17,712円
(2017/12/23 03:20時点)
感想(1件)

 

 

 

 

 

 

G0130056.JPG

 

7号に出てからも、まだ時間に余裕があったので 少し寄り道。

 

 

 

DSCF7846.JPG

 

県道7号線の魅力は、山々の美しさだけではありません。

 

7号線に沿うように流れる 『奥岳川』

 

 

 

 

 

 

その昔は 上流にある尾平鉱山から流出した鉱山毒 カドミウムにより汚染され

 

真っ赤に変色したその川は、生物が住めない死の川となったそうですが

 

現在は中和作業の甲斐もあり、ご覧の様な美しさが戻っています。

 

 

 

 

 

水が青く見えるのは、不純物が少ない証。

 

 

DSCF7849.JPG

 

 

青い水と対照的な 真っ白い岩や川床

 

こちらも祖母山系の生み出した 花崗岩(新第三紀酸性貫入岩)

 

 

 

DSCF7855.JPG

 

 

DSCF7856.JPG

 

 

 

DSCF7859.JPG

 

その二つが相成り、

この様な不思議で美しい景色を作りだしているのです。

 

 

 

 

 

G0130113.JPG

 

美しいものを見て、全身で感じて 心がまっさらに洗われた様でした。

 

帰路の7号線は 往路より やけに短く感じました。

 

 

 

 

 

 

G0130500.JPG

 

 

『また来年も 紅葉の時期に来ようね!』

 

そんな事を ヘルメット越しにインカムで話しながら 

 

我々の秋の紅葉狩りツーリングは 無事に幕を閉じたのでした。

 

 

 

 

 

DSCF7806.JPG

 

 

 

おしまい

 

 

 

 

日本ブログ村全国ランキング参戦中!

 

人間は地上で楽しむためには、わずかの土くれがあればいいのだ。

地下で休むためにはさらにわずかの土くれがあればいいのだ。』

   −−− ゲーテ −−−

 

 

クリック ↓

 

 

 


にほんブログ村

 

 

 

 

 

紅葉狩り林道ツーリグ 前編  (土呂久林道)

  • 2017.12.13 Wednesday
  • 15:45

 

 

秋のツーリングネタでございます。

 

 

 

 

DSCF7604.JPG

 

 

吐く息が白くなり始めた頃のお話。

 

 

気温が下がってくると、色づいてくるのが紅葉。

 

この日は紅葉を求めて山奥へ行ってみる事にしました。

 

 

早朝から時間が立ち、段々と気温は上がるはずなのに、場所はどんどん郊外へ向かうもんだから

 

逆に冷えてきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7610.JPG

 

道の駅 『きよかわ』で待ち合わせ。

 

こちらの敷地内の公園は、早朝でまだ誰にも踏まれていない落ち葉の絨毯が見事でした。

 

早起きは3文の得  かな?  (^v^)

 

 

 

DSCF7614.JPG

 

文が約30円だから、三文で90円

 

『辛い朝、頑張って起きても90円しか得られないなら、 90円は諦めて、あと10分寝たい。』

 

『いや、逆に300円払ってでも  あと30分寝たい』

 

 という時もある・・・。

 

とうのが本音ですが

 

 

 

 

一日早起きして90円、何かしら利益が得られるのであれば

 

毎日早起きすれば 90円×365日 =  32850円

 

 

 

年間続けることで 32850円の利益となるならば、なんか頑張れる気がしてくるぞ

 

 

 

 

美しい光景を見ながら こんな野暮な事を考えている のびのびノンさんでありました。

 

 

 

 

 

DSCF7623.JPG

 

さて、今回の旅の同伴者は 『キム兄さん』&『アキ姉さん』

 

 

 

 

 

 

DSCF7204.JPG

 

ご存じ  大分県 険道3兄弟(県道6号、7号、8号) の次男

 

 

 

 

 

 

 

県道7号線へ突入であります。

 

 

 

 

 

DSCF7624.JPG

 

 

豊後大野市の竹田(原尻の滝の辺り)〜尾平峠を越えて〜高千穂へ至る道ですが

 

 

ご覧の様な車の離合が困難な狭路である事に加え

 

 

 

 

古祖母山系と傾山系に挟まれた 深い山間を縫うように走る道。

 

右に左にグネグネしており、地図の上では大分〜高千穂へ至る最短ルートの様に見えますが

 

その実体は 

 

知らずに飛び込んだ者を 車酔い地獄と、進めど進めど一向に距離が稼げない恐怖の沼に引きずり込むトラップ

 

 

 

DSCF7630.JPG

 

 

そんな7号線でも、軽量で小型のバイクならヒラヒラと走れる楽しいコースに早変わり

 

(^v^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7637.JPG

 

災害時は容易に孤立してしまいそうな地域。

 

比較的道路の開けた場所には、ご覧のようなヘリポートが設置されております。

 

 

 

 

 

 

DSCF7638.JPG

 

まだまだ長い旅路。

 

集中力を保つために、時折小休止を挟みます。

 

 

 

 

 

DSCF7631.JPG

 

これを見ると、ついついやりたくなるネタ。

 

 

 

 

 

 

DSCF7632.JPG

 

 

アキ姉さんに 車が来ないか見てもらいながらの撮影。

 

専門家の指示のもと、安全には十分配慮して撮影しております。

 

 

 

 

DSCF7634.JPG

 

 

傾山系を望む。

 

 

景色の良さもさることながら、7号線沿いには見所がたくさんあります。

 

 

 

 

 

 

DSCF7639.JPG

 

先程のヘリポートから 少し走った場所にある

 

『健男神社』

 

 

杉の巨木が立ち並び、圧巻の光景が広がります。

 

 

 

 

 

DSCF7642.JPG

 

 

DSCF7644.JPG

 

 

樹齢300年クラスの巨木がゴロゴロ生えており、まさに御神木のインフ状態。

 

 

こうなっては

ありがたいのか、ありがたくないのか良く解りません。

 

 

 

 

DSCF7647.JPG

 

しかし 見上げる巨木は、どれも不思議な枝ぶりをしていて

 

 

とても霊的な力を感じる場所でした。

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7649.JPG

 

 

後でこの神社について いろいろ調べてみたのですが・・・。

 

何やら面白い情報を見つけました。

 

 

 

藤島さんと言う方が、大分の古代王朝存在説について検証したHP

  ↓

https://ugaya.jimdo.com/

 

 

 

そのHPの中に、『祖母山信仰』という 大変ロマンを掻き立てられる記事もありました。

 

https://ugaya.jimdo.com/2013/09/11/%E6%B6%88%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%9F%E7%A5%9E%E3%80%85%E3%81%AE%E7%97%95%E8%B7%A1-%E5%B1%B1%E3%81%AE%E7%A5%9E-%E3%81%A8%E7%A5%96%E6%AF%8D%E5%B1%B1%E4%BF%A1%E4%BB%B0/

 

 

この健男神社も、そんな歴史ドラマの舞台となった場所と思うと

 

また違った印象を受けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7681.JPG

 

さて、そんな神秘的な神社から さらに山奥へ。

 

尾平鉱山や 祖母山系への登山口が見えてきますと

 

 

 

G0017490.JPG

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7673.JPGDSCF7664.JPG

 

 

周囲の山の木々も 一気に色付いてきました

 

DSCF7669.JPG

 

 

DSCF7666.JPG

 

今年の紅葉は、たいへん色が鮮やかに見えます。

 

紅葉の当たり年でしょうか。

 

 

 

 

DSCF7698.JPG

 

 

DSCF7699.JPG

 

黄葉に日が当たると、金色に輝いて見えます。

 

 

 

 

DSCF7701.JPG

 

 

DSCF7696.JPG

 

あの奥に見える山が、祖母山の大障子岩

 

 

 

DSCF7692.JPG

 

見事な岩場です。

 

 

いつかは 尾根を縦走して行ってみたいですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7711.JPG

 

あんまり綺麗なもんだから、ちょっと視界が開けた所を見つけては

 

たびたびバイクを停めて、景色に見入ってしまいます。

 

 

 

 

DSCF7715.JPG

 

 

DSCF7718.JPG

 

 

DSCF7719.JPG

 

DSCF7725.JPG

 

 

 

 

 

DSCF7732.JPG

 

 

さあ、さらに高度を上げていきます。

 

進めば進む程、周囲の木々の色は どんどん色彩豊かに!

 

 

 

 

 

G0037828.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7744.JPG

 

 

さあ、7号線の 大分県と宮崎県(高千穂)中間地点。  

 

尾平トンネルまでやってきました。

 

 

 

 

DSCF7749.JPG

 

 

 

次回は、さらに紅葉を間近で楽しむために

 

林道突入編です!

 

 

 

 

続く

 

 

 

 

 

 

 

 

日本ブログ全国ランキング参戦中!

 

何よりも悪しきは、神にあらざるものを神と認めることなり。』

   −−− テレンティウス −−−

 

 

クリック ↓

 

 


にほんブログ村

 

WR250Rで大平林道&福貴野の滝

  • 2017.03.09 Thursday
  • 00:00

 

 

 

まだ二月の中旬の頃

 

 

 

DSCF3797.JPG

 

 

寒波がようやくひと段落した時を見計らって、

 

ちょいと WR250R で林道散策して参りました。

 

 

 

バイクを15分程走らせ、まずは湯布院へ。

 

 

 

 

DSCF3798.JPG

 

 

 

豊後富士である由布岳は、まだ雪を被っておりました。

 

熊本・大分震災以来、しばらく入山規制が掛っておりました。

 

こうやってズームで下から見上げても、若干山頂付近の岩場の形が変わっているかのように見えます。

 

 

 

 

DSCF3800.JPG

 

 

 

DSCF3808.JPG

 

湯布院の市街地から、郊外に向けて走ります。

 

 

 

DSCF3810.JPG

 

程なくして、日出生台演習場の脇に差し掛かります

 

DSCF3811.JPG

 

県道679号  湯布院と玖珠を繋ぐ快走路ですが

 

途中部分的に路面の舗装がアスファルトではなくコンクリートになっており、(演習場内に移動する戦車などの大型車両の荷重に耐えられる様に)大型バイクなどのオンロードバイクですと、少し走り難い道でもあります。

 

 

そんな県道679号線の脇にある林道入り口

 

 

 

DSCF3809.JPG

 

 

『大平林道』  

 

大分の林道をネットで検索すると、すぐにヒットする程有名でメジャーな林道ですが・・・。

 

距離があまり長く無いのと、非常に走り易く割と単調かも という感想も多かったので

今まで来た事が無かったのです。

 

ここ2〜3カ月、土の上の走行から遠ざかっておりましたので、

肩慣らし&リハビリ気分で走ってみました。

 

 

 

 

 

DSCF3815.JPG

 

 

植林された杉林の中を走ります。

 

 

 

G0050376.JPG

 

鬱蒼としており、展望はありません。

薄暗い中を黙々と走る感じですが、林業の車が割と頻繁に利用するのか

路面は非常に整備されており、本当に走り易いです。

 

 

 

 

G0050375.JPG

 

 

 

DSCF3818.JPG

 

所々に支線の入り口がありますが、明らかに使われていない感じが見て取れますので、道に迷う事は無いでしょう。

 

 

DSCF3819.JPG

 

唯一ガレていた区間も非常に短く

 

 

 

DSCF3820.JPG

 

ガレといっても、この程度。

 

 

 

 

 

 

DSCF3821.JPG

 

日出生台側からの走行ですが、途中二股の分岐が現れます。

 

 

真っ直ぐ行けば  山ノ口林道 となります。

 

 

DSCF3823.JPG

 

 

左側の分岐路は そのまま 大平林道として先に延びます

イメージ的には、こんな感じです

 

 

   ↓

 

 

 

 

 

DSCF3824.JPG

 

大平林道分岐の先は ご覧の通りすぐにゲートにより遮られます。

 

 

ゲート支柱の左側に 『二輪なら通れまっせ』とでも言わんばかりの隙間がありますが、

ゲートが設置されている(しかも閉ざされている)という事は、基本的には進入を禁止しているということなので、この日は素直に引き返します。

 

 

 

DSCF3826.JPG

 

ゲートのすぐ手前の分岐も、すぐにご覧のような廃道となってしまいます。

 

 

 

 

 

DSCF3826.JPG

 

 

 

DSCF3822.JPG

 

戻って、山ノ口林道の方を進みます。

 

 

 

DSCF3828.JPG

 

 

大平林道とは違った感じです。

 

周囲に木々は無く、明るく展望のある林道です。 (といっても、特に見晴らしが良い訳でもない)

 

 

路面の質も 先程の石や砂利メインの質から、赤土の路面となります。

 

 

 

DSCF3829.JPG

 

 

 

DSCF3830.JPG

 

 

ものの2〜3キロ程度で安心院の市道に出てしまいますが・・・。

 

 

DSCF3831.JPG

 

林道の出口のすぐ先には、福貴野の滝の展望所がありました。

 

 

 

 

DSCF3833.JPG

 

布院〜安心院を繋ぐ県道50号線は  大型バイクのツーリング快走路として有名ですが、

 

今回のこの 大平林道〜山ノ口林道は、その県道50号に並走する様に走る(赤い矢印)林道である事が解りました。

 

 

 

 

DSCF3832.JPG

 

 

看板は新しく、最近整備され直した展望台の様です。

 

せっかくなので、ちょっと見て行きましょう。

 

 

DSCF3837.JPG

 

 

 

DSCF3838.JPG

 

駐車場から200〜300m程歩きます

 

 

DSCF3840.JPG

 

到着です。  落差65m

 

一本筋の通った男前な滝です。

(どこか女性的ではありますが・・・。)

 

 

DSCF3841.JPG

 

 

DSCF3842.JPG

 

福貴野の滝へは、この展望台からの展望だけでなく、

別の場所から滝壺まで近寄る事もできます。

 

(そちらの入り口は、もう少し安心院側にあります)

 

TATSUYA’S HOME PAGE様

『大分県観光地いろいろ』 HPより引用

  ↓

http://cya.sakura.ne.jp/tabi/north/fukino.htm

 

 

 

DSCF3843.JPG

 

 

DSCF3846.JPG

 

 

夏場は あの滝壺の裏側に行けるそうです^^

 

涼みに行こうかな!

 

 

 

 

 

 

G0050296.JPG

 

 

帰りは往路を折り返します。

 

短い林道でも、往復走ればそれなりにお腹いっぱい?です。

 

 

 

 

 

湯布院〜安心院方面の間のツーリングルートに、新たな選択肢ができました

(^o^)

 

 

 

 

G0050386.JPG

 

 

 

大平林道 + 山ノ口林道

 

総延長:約7〜8km程(安心院側出口は舗装化進む)

路面状況:非常に走り易い

展望:あんまり良くない

 

 

 

 

 

 

おしまい

 

 

 

 

 

 

日本ブログ村全国ランキング参戦中!

 

『喜びと節度と平穏は、医者に対して扉を閉ざす。』

  −−− ローガウ 「格言詩」 −−−

 

クリック ↓

 

 


にほんブログ村

紅葉ツーリング (2016年 椎葉林道 編)

  • 2016.12.03 Saturday
  • 22:56

 

毎年恒例の櫓組レーシングの 秋の紅葉ツーリング。

 

去年の内大臣林道ツーリングに引き続き

 

旅人の日記『内大臣林道 秋の紅葉ツーリング  (2015年の秋編)

   ↓

http://kingxcat.jugem.jp/?eid=767

 

DSCF3100.JPG

 

 

やって来ました、椎葉村

 

今年も 熊本の山都側の内大臣林道から 椎矢峠を頂点に宮崎側の椎葉村に下る椎葉林道へ

 

総延長30km以上の九州では最長の林道を走る予定でしたが・・・。

 

 

 

熊本の震災や夏の終わりの豪雨によって豪雨によって、

 

熊本側の内大臣林道は路面崩壊との事前情報を加味し

 

今年は宮崎側の椎葉林道を峠まで往復して楽しむ事にしました

 

 

 

 

DSCF3101.JPG

 

 

竹田を経由して南阿蘇〜高森〜椎葉村へ

 

快調なペースで休憩時間含めて2時間ちょいで到着です。

 

 

距離や時間は問題ではありませんが、紅葉の時期の高森〜五ヶ瀬〜椎葉村へ至る村へ至る早朝ルートは気温が低く、

冬用のジャケットの内側にヒートテック、そしてネックウォーマーの完全装備でも寒い位でした。

 

 

 

 

 

DSCF3102.JPG

 

椎葉村のガソリンスタンドで皆さん給油。

 

何とハイオクがありませんでした(汗)  

私のWR250の燃料はハイオク指定ですが、林道内で万が一ガソリンが切れては大変です。

 

背文字通り、背に腹は替えらない状況

仕方なく2L程だけレギュラーガソリンを補給しました。

 

自宅から満タン状態のスタートでここまでの距離約160km 燃費は約30km/1L のWR250(タンク容量7L)

つまりタンク内にハイオク2Lちょい残した状態でそこに2Lのレギュラーガソリン

 

インプレとしては、エンジンの吹け上がりやパワー感に、目立った違いは感じられませんでした。

 

 若干排ガスの匂いが臭くなったかな・・・。  という位でした。

 

 

(ちなみに以前タンク内の残容量がハイオク1L程の状態の時に、2L程のレギュラーを入れた事があったのですが、

  その時は明らかなパワーダウンを感じました)

 

 

DSCF3104.JPG

 

当然の様に『うちはハイオク今無いよ』という 

 

田舎ガソリンスタンドあるある事例

 

この様な僻地に赴く時は、予めある程度設備の整ったガソリンスタンドの位置を把握しておくか、

3L程のガソリン携行缶を準備しておく事を強くお勧め致します。

 

 

 

DSCF3111.JPG

 

 

さあ、椎葉村の市街地から 林道を目指して山の方へ分け入ります

 

 

DSCF3115.JPG

 

 

 

DSCF3113.JPG

 

市街地から15分〜20分程走り、林道入り口に到着です

 

 

 

 

DSCF3138.JPG

 

 

去年のブログ記事でも紹介しましたが、 宮崎県側の椎葉林道は、峠までの道のりは全線を通してフラット

 

ご覧の様な 非常に走り易い路面が15km程続きます。

(モタードでも余裕で走る事ができます。)

 

 

 

DSCF3127.JPG

 

紅葉よりも走るのが好きな人、 かっ飛ばすのが好きなメンバーには先に行ってもらい

 

私は紅葉の写真など撮りながら、まったり走りました。

 

 

 

 

 

 

DSCF3139.JPG

 

 

 

DSCF3148.JPG

 

 

見よ!  この美しさ。

 

紅葉の観光地では味わえない 山の中に分け行った者だけが味わえる臨場感

 

紅葉を見る のではなく  『紅葉に包まれる』と表現するのが良かろうか。

 

 

 

 

DSCF3144.JPG

 

斜陽を浴びた色取り取りの紅葉達は、まるでステンドグラスの様でした。

 

 

 

 

DSCF3177.JPG

 

宮崎県(椎葉村側)と熊本県(山都側)の県境に 峠の頂点があります。

 

『椎矢峠』と書かれた看板の前で記念撮影。  

年々文字が見えにくくなっている気がします。

 

 

DSCF3181.JPG

 

 

 

DSCF3162.JPG

 

キム兄さん、アキ姉さんが用意してくれたバーナーでお湯を沸かして

 

去年同様、絶景を眺めながらのコーヒータイム。

 

 

 

 

DSCF3165.JPG

 

 

その後 各自で準備したおにぎりやサンドイッチで昼食を済ませ

 

 

 

せっかくなので 椎葉村に下る前に、どこまで熊本側(内大臣林道)へ下れるか

行ってみる事にしました。

 

(予めネットで調べた情報によると、椎矢峠の手前5km程の所で、大幅な路面崩壊で不通になっているという事でしたが・・・。)

 

 

GOPR0576.JPG

 

ここからは 私のGOPROをアキ姉さんのヘルメットに装着して

 

その前を私やキム兄さんが走行。

 

 

(黒のザックがキム兄さん 黒赤のザックが私です)

 

 

 

GOPR0621.JPG

 

 

先程のフラットダートとは対照的に、熊本側はいきなりチャレンジング!

 

峠を境に県境があるので、宮崎県と熊本県のこの林道に掛ける予算の違いが見て取れます

 

 

 

所々に土砂崩れの痕跡がありますが・・・。

 

バイク一台分のスペースの先駆者が道を切り開いた痕跡があります。

 

きっと相当な猛者がここを抜けたのでしょう。

 

 

 

 

そんな事を考えながら走っていると・・・。

 

 

 

GOPR0772.JPG

 

 

結構大きな規模の崩落個所に到達しました。

 

越えられなくもありませんが・・・。

 

 

 

 

 

DSCF3183.JPG

 

帰路の事も考えますと、あまり時間を掛けられません。

 

ここはおとなしく引き下がる事にしました。

 

 

 

DSCF3187.JPG

 

 

 

 

 

DSCF3195.JPG

 

同じ道でも、林道は往路と復路で違う表情を見せます。

 

下りでは惰性で突破できたちょいガレ路面も、登りだと少し難易度が上がります

 

 

DSCF3191.JPG

 

アキ姉さんのKLX  無理せず、手押しで 

 

いつも最後尾の守護神を務めてくれているウエキングさんが、そっとリカバリー。

 

しかし アキ姉さんのKLX、LEDライトが凄く明るいです。

HIDみたいに青白くてカッコイイですね。  

 

 

 

GOPR0852.JPG

 

ノンさんの貴重な走行シーン。

 

普段カメラマンを務める事が多いので、自分自身が走ってる絵は新鮮です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アキ姉さんのヘルメットに着けていたGOPROカメラが、衝撃の瞬間を捉えていました。

 

 

 

GOPR0912.JPG

 

一瞬のふらつきの後!

 

 

 

GOPR0919.JPG

 

 

 

GOPR0920.JPG

 

あちゃーー  転倒!  

 

 

幸い極低速域での転倒でした。

 

 

GOPR0922.JPG

 

 

GOPR0925.JPG

 

 

すぐに スッくとバイクを立て直すアキ姉さん。

 

素晴らしいガッツです。

 

 

 

 

 

GOPR0926.JPG

 

お!  

 

後ろのアキ姉さんが見えなくなったので、ノン(私)が心配して戻って来たようですが・・・。

 

 

 

GOPR0927.JPG

 

 

バイクのエンジンを再始動するアキ姉さん

 

 

 

 

GOPR0929.JPG

 

 

その一部始終を写真に収めるノンさん

 

まさにゲスの極み。     

 

(仲間が倒れたら、涙を呑んで写真を撮れ! これが櫓組レーシングの掟なのです)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

引き続き、アキ姉さん視点の段差超えをご覧ください

 

 

 

GOPR0959.JPG

 

 

 

GOPR0964.JPG

 

GOPROはかなり広角なレンズなので、段差の高低差が解り辛いですが、

 

道を塞ぐように、倒木(枝)や土砂が堆積しています。

 

 

 

 

 

GOPR0966.JPG

 

皆が通過したラインを指し示すキム兄さん。

 

 

 

GOPR0968.JPG

 

 

おお!  良い感じ^^

 

 

 

GOPR0969.JPG

 

無事に突破。

 

なかなか臨場感がある画が撮れました。

 

女性でも扱いやすい、軽量かつ足付きの良いKLXの戦闘力の高さを垣間見れた瞬間でした。

 

 

 

GOPR1081.JPG

 

さあ、  峠まで戻れば

 

あとはフラットダートをのんびり下るだけです。

 

 

 

GOPR1207.JPG

 

紅葉を惜しむ様に、ゆっくりまったり下っていきます。

 

 

 

GOPR1292.JPG

 

 

まるで ガルルルとか バイク雑誌のひとコマの様です。

 

 

GOPR1488.JPG

 

 

 

 

GOPR1606.JPG

 

 

 

 

 

DSCF3200.JPG

 

15時前には林道から抜けだし

 

 

DSCF3217.JPG

 

再び2時間程掛けて、南阿蘇を経由して 竹田〜由布市へ帰還。

 

ギリギリ日が暮れるか暮れないか位の17時半位に帰宅しました。

 

しっかり遊んで日が暮れる前には帰る!

キム兄さんのツーリングのタイムスケジュールは、本当にいつも完璧です。

 

 

 

 

 

往復300km位に加えて、林道区間も30km程。

 

ガッツリ走った2016年 秋の紅葉ツーリングとなりました。

 

 

 

 

 

JDSCF3146.JPG

 

おしまい

 

 

 

 

日本ブログ村 全国ランキング参戦中!

 

 

 

猫は魚を食べたがるが、足をぬらすのは嫌がる。』

   −−− ヘイウッド 「警句三百」 −−−

 

 

 

クリック ↓

 


にほんブログ村

 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM