家族四人で佐世保旅行 その2 (2019年 初秋)

  • 2019.12.16 Monday
  • 02:00

 

 

DSCF6573.JPG

 

ユーリ

『ヤッホーーー』

 

一日目の午後。 

 

まだまだ時間がありましたので二日目のプランを前倒しにしました。

 

 

 

 

 

 

DSCF6576.JPG

 

先ほどの展望台から見えていた水族館『海きらら』です。

 

 

 

 

DSCF6578.JPG

 

 

水族館を楽しみにしていたユーリ。

 

思わぬ予定変更に大喜び。

 

 

 

 

 

 

DSCF6581.JPG

 

水族館と言えば、薄暗いライティング。

 

2歳の頃はこの薄暗さがよほど怖かったのか

 

先ほどの動物園『山きらら』のペンギン館に次いで、この水族館にも苦い思い出のあるユーリでしたが

 

 

 

 

 

(二年前に訪れたさいのユーリ↓)

 

 

 

 

 

 

今回は違います。

 

 

DSCF6587.JPG

 

 

ご覧の様に、巨大な魚にも恐れることなく楽しめています。

 

 

 

 

 

 

DSCF6591.JPG

 

 

磯の生き物を観察するユーリ

 

 

 

DSCF6596.JPG

 

 

食欲旺盛なクロダイに餌を与えるユーリ

 

 

 

 

 

 

 

水槽の強度を確認するユーリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF6632.JPG

 

 

足元に現れた巨大なエイに 超驚くユーリ

 

 

 

 

 

 

 

DSCF6629.JPG

 

 

とまあ、今回はしっかり水族館を楽しむことができたユーリ。

 

改めてユーリの成長に驚くと共に・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私が今回の旅行で一番感動したのは

 

 

DSCF6615.JPG

 

 

このイルカプールでの出来事。

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2122.JPG

 

 

ブルーに輝くイルカの水槽の前でユーリとキヨが遊んでいると・・・。

 

 

 

DSCF6618.JPG

 

ユーリ

『イルカだぞーー。  食べちゃうぞーー』

 

キヨ

『あうーーーー。 』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF6612.JPG

 

なんと、イルカが赤ちゃんに興味深々の様子で

 

何度も何度も寄ってくるのです。

 

 

 

 

 

 

そして・・・。

 

 

 

 

IMG_2128.JPG

 

イルカ

『ねえねえ、これで遊んだら??』

 

 

 

 

 

IMG_2132.JPG

 

 

さっきまで水面で遊んでいたボールを、二人の前に何度も持ってきてくれるのです。

 

 

 

 

 

IMG_2140.JPG

 

 

偶然かもしれませんが、なんかもう・・・。 勝手に感動しました。

 

種を越えた、幼い命を慈しむ力。

 

そんなものを感じたんです。

 

 

 

 

 

 

IMG_2136.JPG

 

この狭い水槽の中で、彼らが幸せなのかどうかは分かりません・・・。

 

でも、そんな環境であっても

 

この他族を思う行動に、本当に心動かされました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2142.JPG

 

ユーリ

『きれいだなーー・・・。』

 

 

 

 

DSCF6648.JPG

 

そうそう、この海きらら  

 

クラゲの研究育成でも有名な場所なんです。

 

 

 


DSCF6649.JPG

 

 

卵の段階から生体までここで育てるようです。

 

これ程にクラゲの育成に力を入れているのは、ここ九十九島がクラゲにとって天国であるからだそうです。

 

 

 

DSCF6651.JPG

 

島々のおかげで波静かな入り江が多く、

沖合いからは対馬暖流の一部が流れ込みエサもたくさん。

 

このような環境は国内でもめずらしく、多くのクラゲたちを見ることができるそうです。

 

 

 

DSCF6640.JPG

 

 

この海きららでみられるクラゲたちは、この九十九島の海からやってきたり

 

この水族館で生まれて育った子達ばかりだそうです。

 

 

 

DSCF6645.JPG

 

 

 

DSCF6635.JPG

 

そんな楽しい海きらら観光も終わり・・・。

 

 

 

 

 

 

DSCF6661.JPG

 

 

夕暮れの佐世保。

 

宿にチェックインする前に、もう一か所の展望台へ寄ってみました。

 

 

 

 

 

 

IMG_2157.JPG

 

弓張岳展望台です。

 

本日の宿である 弓張の丘ホテルのすぐ近く 徒歩5分 車1分の場所にあります。

 

 

 

 

 

 

 

DSCF6662.JPG

 

 

佐世保の市内側の展望です。

 

 

市内側は石岳展望所よりも、こちらのほうが広く見渡せます。

 

 

DSCF6664.JPG

 

 

軍港には戦艦がたくさん停泊していますね。

 

 

 

 

DSCF6666.JPG

 

小型の空母に、手前は・・・。  

 

 

掃海艦?というやつでしょうか?

 

知らねーけど。

(↑最近ハマってる)

 

 

 

DSCF6670.JPG

 

真ん中のやつは イージス艦かな!  鉄砲がついてます。

 

ユーリ

『戦う船やー!!』

 

 

『専守防衛!』

 

 

 

 

DSCF6671.JPG

 

こちらは 造船の港。  

 

停泊しているのはできたばかりで納車前の船か、修理待ちの船なんでしょうね。

 

知らねーけど。

 

 

 

 

DSCF6677.JPG

 

こちらは九十九島側が見渡せるデッキ

 

 

 

 

DSCF6678.JPG

 

 

すぐ下に見える茶色い屋根が 本日のお宿 弓張りの丘ホテル

 

 

 

 

 

DSCF6682.JPG

 

残念ながら夕焼けの九十九島は見れませんでした。 

 

 

この頃にはさすがにユーリは遊び疲れてクタクタ。

 

キヨもお腹がすいてご機嫌斜め。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2231.JPG

 

↑ 見よ!

 

一気にミルクを飲み干し、すっかりオジサンの様な顔になったキヨ。

 

風呂上がりの一杯を飲んだおやじの顔と完全に一致しておりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お腹を満たした後は・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2236.JPG

 

↑ 見よ!

 

このユーリの寝ぐせを。  服装と言い、手に持ったホウキといい・・・。

 

ほぼサザエさんと一致しております。

 

 

 

 

 

 

昨晩のうちに何があったのかは計り知れぬが、

 

朝起きたら一人の女子が、すっかりサザエさんになっていたのだから驚きです。

 

 

 

 

 

 

 

DSCF6691.JPG

 

さて、大分に向かって出発前に、九十九島の遊覧船に乗るつもりだったのですが・・・。

 

シーパールリゾートがほぼ開園と同時に入ったにも関わらず、すでに団体様のバスが2〜3台。

 

 

某国の団体様が 3便先まで乗船チケットを買っていたため、なんと2時間待ち。

 

残念ながら今回は乗船を見送る事にしました。

 

 

DSCF6694.JPG

 

 

ちょっとショックなユーリでしたが、出航する船に手を振ったら

 

みんな振り返してくれたので、これにはユーリも上機嫌

 

 

 

 

 

 

 

2日目は、鳥栖のアウトレットで買い物をする予定もありましたので、

 

近場で寄り道できるところを急遽考えました。

 

佐世保と鳥栖の間にある 焼き物の里『波佐見』に寄ってみる事にしました。

 

 

 

 

DSCF6735.JPG

 

 

さらば佐世保  港に停泊する巨大な豪華客船。

 

 

 

 

 

 

 

DSCF6737.JPG

 

『ビルみたいな船だね!』

 

 

『たぶん名前はクイーン エリザベス なんとか。  知らねーけど』

 

 

 

 

 

 

DSCF6740.JPG

 

 

 

DSCF6744.JPG

 

 

おっと忘れてはいけない、もう一か所

 

佐世保で寄るべきところ。

 

 

 

DSCF6732.JPG

 

ホテルでしこたま朝食は食べていたんですが、

 

ちょっと早めのブランチ代わりに。

 

 

DSCF6760.JPG

 

言わずと知れた 佐世保バーガー

 

 

 

DSCF6761.JPG

 

 

ブランチというボリュームではありません。

 

 

さして腹も減ってないのに無理やり腹に詰め込む佐世保バーガーではございますが、

 

とっても美味しゅうございました。

 

 

 

 

 

 

 

DSCF6752.JPG

 

 

さて、佐世保を出て高速道路で30分程

 

波佐見に到着しました。

 

 

 

 

DSCF6756.JPG

 

さすが 焼き物の里  いたる所に磁器の焼きものがあります。

 

 

 

 

 

DSCF6757.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さあ、目的のポーセリンパークに到着です。

 

RPGゲームの世界に入り込んだ気分になります。

 

ここに訪れたのは、もう4年前の事

 

旅人の日記 過去記事 

ロマンシング・佐賀 その1(有田ポーセリンパーク編)

http://kingxcat.jugem.jp/?eid=727

 

 

 

ロマンシング・佐賀 その2(有田ポーセリンパーク&有田焼工房編)

http://kingxcat.jugem.jp/?eid=730

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF6784.JPG

 

そんなゴージャスなお城に

 

 

今回は小さなお姫様!?と一緒

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF6766.JPG

 

しかし、ユーリは そんなお城や宮殿なんかより

 

鉄のパイプと鎖だけで構成された、妙にパンチの利いた遊具に夢中です。

 

 

 

 

DSCF6767.JPG

 

 

が、ここで事件が起きました。

 

 

 

 

 

 

 

DSCF6786.JPG

 

ご覧の橋の形状の遊具で、なんと大泣き。  

 

大して高くもないのですが、上まで登って立ち往生

 

押すも引くもできなくなって、この態勢のまま・・・。  

 

面白いやら情けないやらで しばらく様子を見ていましたが、

 

あまりの泣きように心配したのか、

近くを通りかかった見知らぬおばちゃんに「助けてあげなさいな」と言われたので、助けました。

 

 

佐賀の見知らぬおばちゃんに 命を救われたユーリでしたとさ。

 

 

 

 

 

DSCF6769.JPG

 

この様な珍事で 若干不貞腐れたユーリを連れて、

 

施設内にある 焼き物の絵付け体験のできる工房に行きました。

 

 

 

 

 

こちらの施設は 4年前に

   ↓

 

 

  ↑

ユーリの誕生記念の足型のお皿を作りにいった場所でもあります。

 

今回は急遽ではありますが、ちょうどキヨ君の誕生記念の皿も作ろう。 

という事で訪れたという訳です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF6771.JPG

 

今回は 九十九島で遊覧船に乗れず、急遽思いついた案ではありましたが、

 

これでもしキヨが大きくなって

 

キヨ

『姉ちゃんの記念の皿だけあって、俺のはない!』

『グレてやるぜ、こんちくしょう』

 

などと誹り(そしり)を受けることは無くなったので

結果的に良かったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF6772.JPG

 

 

 

DSCF6775.JPG

 

 

 

DSCF6774.JPG

 

 

ユーリ画伯と奥さんの手により、素敵な誕生祝のお皿が描きあがりました。

 

 

 

DSCF6776.JPG

 

ちなみに・・・。

 

 

ユーリ画伯が単独で完成させた作品は

 

  ↓

 

 

DSCF6778.JPG

 

 

んと、ぐい呑みの内側に色を付け、

 

酒を注いだ時に、酒が色ついて見えるという効果を狙った面白い一品を作り上げました。

 

 

 

 

 

後は、帰りに鳥栖でプレミアムアウトレットでショッピングしてから

今回の旅はおしまいです。

 

 

 

 

DSCF6800.JPG

 

帰路も、奥さんはなぜかエコトレーの工場を写真に撮るの巻。

 

 

 

以上

 

エフピコに始まり、エフピコに終わった家族旅行でしたとさ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おしまい

 

 

 

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

 

 

家族四人で佐世保旅行 その1 (2019年 初秋)

  • 2019.12.03 Tuesday
  • 12:06

 

 

 

 

DSCF6373.JPG

 

 

 

家族旅行でござる。

 

目的地は佐世保。 水族館あり、動物園あり、遊覧船あり、グルメあり。

 

子供も大人もハッピーな観光地でございます。

 

 

 

この時ユーリはもうすぐ5歳、そして弟のキヨも9か月が過ぎた頃。

 

奥さんももうすぐ仕事に復帰予定という事で、1泊2日でゆっくり佐世保を回る行程で計画を立てました。

 

 

 

まずは九州自動車道を西進。

 

 

 

 

DSCF6368.JPG

 

 

 

DSCF6374.JPG

 

ユーリはあらかじめレンタルしておいたアニメのDVD(ドラえもん)に夢中。

 

そしてキヨは大変お利口さんに、こちらも夢中(夢の中)

 

 

 

 

DSCF6376.JPG

 

正確には9月26日だったかな?

 

自動車道は鳥栖近辺の朝倉市あたりから、この様な自衛隊の災害救助隊の車両を多く見かけました。

 

8月末の九州地方の集中豪雨に伴う大水害の影響が、一か月たったこの頃もまだ残っていたのです。

 

 

 

 

 

DSCF6382.JPG

 

奥さんに 何か珍しいものがあったら写真撮っておいてね と頼んでいたら・・・。

 

 

 

 

DSCF6384.JPG

 

なぜか、トレー工場のアップ。

 

『なぜこれを!?』

 

奥さん

『なんの建物かなーっと思って・・・。』

 

 

 

 

 

 

あとで調べたら、スーパーや食品店でおなじみの食品用トレーの工場だったようです。

 

 

 

 

DSCF6378.JPG

 

 

そうそう。  こういう写真を期待していたんです。

 

 

 

 

 

 

 

DSCF6385.JPG

 

ハイウェイオアシス 金立で小休止。

 

 

 

 

 

 

DSCF6389.JPG

 

 

ちょうど警察&高速の警備隊が合同で安全運転キャンペーンをしていました。

 

粗品を頂いて上機嫌なユーリ。

 

定番のウェットティッシュに、なぜかカラビナのついた立派な1Lのウォータージャグ(水袋)

 

ツーリングで有効利用させてもらう事にしました。

 

 

 

DSCF6390.JPG

 

別の車両の前でもニッコリ。

 

働く車に興味深々なユーリ

 

 

 

 

 

そうそう、赤ちゃんを連れての旅

 

これが大変役に立ちました!

 

 

 

DSCF6388.JPG

 

今話題の?液体ミルク  

 

お湯が準備できなかったり、プライバシー上授乳が難しい災害の避難所で大変重宝されるのですが、

 

車での移動が中心の今回の旅でも、大変便利でしたよ^^

 

 

赤ちゃんによっては味が気に入らず飲まないパターンもあるそうなので、有事に備えて

 

日頃からちょっと試しに飲ませてみておくのも良いかもしれません。

 

 

 

明治 ほほえみ らくらくミルク 240ml 常温で飲める液体ミルク ×24本 [0か月]

新品価格
¥5,089から
(2019/12/3 11:55時点)

 

 

 

 

 

アイクレオ赤ちゃんミルク お出かけセット 125ml×24本(哺乳瓶ポーチ付き) 常温で飲める液体ミルク [0か月]

新品価格
¥4,763から
(2019/12/3 11:56時点)

 

 

 

 

 

【訳あり】明治ほほえみ らくらくミルク 常温で飲める液体ミルク 0ヵ月から(240mL*15本セット)【meijiAU04】【meijiAU04b】【明治ほほえみ】

価格:3,375円
(2019/12/3 11:57時点)
感想(4件)

 

 

 

 

 

 

 

DSCF6399.JPG

 

 

さあ、目的地が案内標識に出てきました。

 

テンションが上がります

 

 

 

DSCF6415.JPG

 

SA休憩含めて、大分県から約3時間の高速道路の旅を終え

 

 

 

DSCF6419.JPG

 

 

ついに佐世保に到着です。

 

DSCF6421.JPG

 

坂に沿って並ぶ住宅街。

 

この風景を見ると佐世保、長崎に来たんだなーと感じます。

 

 

 

 

DSCF6427.JPG

 

そしてこちらも、佐世保らしい風景。

 

軍港があるので、この様な海上自衛隊の艦船がたくさん停泊しています。

 

 

 

DSCF6434.JPG

 

普通の漁船みたいなタイプの船もあるんですね。

 

詳しくないんですが、偵察・パトロール用とかかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF6436.JPG

 

 

山の上に、今日宿泊するホテルが見えてきました。

 

 

 

 

『あの山の上の建物で今日はみんなで泊まるんだよー』

 

 

ユーリ

『やったー!  お城みたいー!』

 

 

 

DSCF6437.JPG

 

確かにこうやって見るとお城に見えます。

 

子供の感性は素直でいいですね^^

 

 

 

 

 

 

 

DSCF6438.JPG

 

朝8時頃に家を出て、ちょうどお昼時。

 

佐世保中央ICで高速を降りまして、佐世保市街へ。

 

 

 

 

 

DSCF6442.JPG

 

グルメ担当は奥さん。

 

事前に佐世保グルメでしっかりした調べしておいてくれたお店に向かいます。

 

『蜂の家』という 元々はスイーツのお店ですが

 

喫茶・食事コーナーも備えている飲食店にお邪魔しました。

 

 

 

 

ここでは佐世保の定番メニューを頂きました。

 

 

 

DSCF6444.JPG

 

良く煮込まれた柔らか野菜がゴロゴロ入った

 

海軍さんのビーフシチュー

 

 

 

そして

 

 

 

DSCF6445.JPG

 

レモンステーキ

 

お昼からステーキか! と思う事勿れ。  

 

レモンステーキとは、すき焼き肉くらい薄めに切られたステーキ肉に

 

さっぱりレモン風味の味を付けたという 食べ応えよりも味を楽しむタイプの食事なのです。

 

ここ蜂の家さんでは、↑ ご覧の様な生焼けミディアムな状態で運んできてくれて、

 

目の前でステーキソースを掛けてくれます。

 

アツアツに熱せられた鉄板から ソースの煮えたぎるジュワーっという音が響き渡り、

 

自分の好きな焼け具合のタイミングで頂きます。 という訳です。

 

 

 

 

 

 

DSCF6451.JPG

 

さて、お腹を満たしたあとは、造船所の横を通過して・・・。

 

 

 

 

 

 

DSCF6455.JPG

 

倉庫や 台車

 

 

 

DSCF6457.JPG

 

船の部品にクレーン

 

 

 

DSCF6458.JPG

 

組み立てドッグ

 

ユーリ

『でっかーーーい』

 

何もかもが 巨人の国サイズの世界に驚きのユーリ

 

 

 

 

 

 

DSCF6460.JPG

 

今回の旅の観光のメイン

 

『九十九島パールシーリゾート』に到着しました。

 

 

 

水族館だーー!!  とはしゃぐユーリの反応を他所に、まずは素通り

 

この日は 曇り時々雨 降水確率40% という微妙なお天気。

 

雨が降ってない間に、順番を変更して野外の観光スポットを先に持っていく事にしました。

 

 

 

 

 

雨天でも楽しめる水族館・観光船の島めぐり  (ほかにも海軍資料館もあるよ)

 

そして動物園、近くに点在する展望台巡り 

 

佐世保バーガー レモンステーキ 海軍カレーといったグルメもたくさん

 

 

 

 

 

 

雨でも、晴れでも楽しめる。  本当に佐世保は良い所です。

 

 

 

 

 

 

 

DSCF6464.JPG

 

という事で、パールシーリゾートのすぐ近くにある

 

『森きらら』という動物園へ。

 

DSCF6466.JPG

 

ユーリ

『キリンの模様は全部違うんだよ!』

 

ユーリ

『キリンはあんなに首が長くても、首の骨は7個。人間の首の骨の数と同じなんだよ!』

『一つ一つがとても大きくて軽いんだって』

 

 

 

 

と博識を披露するユーリ

 

買ってあげた動物図鑑に付属しいいたDVDを登園時に毎日繰り返し見ているユーリ。

 

自己学習の成果が出ています(笑)

 

 

 

DVD付 新版 動物 (小学館の図鑑 NEO)

新品価格
¥1,874から
(2019/12/3 12:05時点)

 

 

 

 

 

他にも 『ジャコウネズミの行軍』の事や

 

『ピグニーマーモセット』が木の樹皮をはぎ取り、染み出る樹液をため、

 翌日の収穫の準備をするのは人間以外にこの種が唯一である という事など

 

かなりマニアックなことまで覚えていて 驚かされます。

 

 

 

 

DSCF6465.JPG

 

 

 

 

DSCF6469.JPG

 

5歳になりました。 身長も1mを越えました。

 

 

 

DSCF6472.JPG

 

さあ、因縁の『ペンギン館』へ向かいます。

 

同じ ´館´でも ユーリにとっては 『恐怖の館』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF4080.JPG

 

3年ほど前にココを訪れたときは、天井に水があったり

 

そこを得体のしれないペンギンという生物が飛び交う状況に 恐れおののいたユーリ

 

 

 

しかし3年の月日で 成長したのは身長だけではありません。

 

 

 

 

 

DSCF6477.JPG

 

5歳になったユーリはご覧の通り。

 

はしゃぎながらペンギン館を楽しんでおりました。

 

 

 

DSCF6474.JPG

 

 

DSCF6481.JPG

 

 

 

 

 

 

ユーリ

『すげーー あれなにー?』

 

『おお! 』

 

 

DSCF6486.JPG

 

スロープにスプリンクラーで水がまかれています。

 

ペンギン用の滑り台なんですが、 私のような40歳の世代にとっては・・・。

 

『あれは風雲たけし城のステージだよ』 『落ちたら池ポチャ脱落だよ』と 

 

思わずそう教えたくなりました。

 

 

 

 

 

念のためユーリに

 

『よくぞ生き残った、我が精鋭たちよ!』 と言って見ましたが

 

この親父は何を言っているんだ というような不思議そうな顔をされましたので無かったことにしました。

 

 

 

 

 

 

 

DSCF6491.JPG

 

ユーリ

『テナガザル。 時々木から落ちて、骨折するものもいるらしい』

 

 

 

DSCF6493.JPG

 

『あれは?』

 

 

 

DSCF6495.JPG

 

ユーリ

『亀は知らない』

 

『だって動物なんでもDVDに出てないから』

 

 

 

 

小学館の図鑑NEO〔新版〕 動物 DVDつき DVDつき (小学館の図鑑 NEO) [ 三浦 慎悟 ]

価格:2,200円
(2019/12/3 12:04時点)
感想(98件)

 

 

 

DVD付 新版 動物 (小学館の図鑑 NEO)

新品価格
¥1,874から
(2019/12/3 12:05時点)

 

 

 

 

 

いろんな動物を観察し、楽しむユーリ

 

 

 

DSCF6497.JPG

 

 

DSCF6504.JPG

 

 

ユーリ

『ミーヤキャットかわいいー。』

『日向ぼっこで体を温めたり、敵が来ないか見張るんだよ』

 

 

 

と、動物なんでもDVDに出ている動物に関しては、完璧な知識を発揮してくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは 『カエルの展示コーナー』

 

 

DSCF6506.JPG

 

 

 

DSCF6507.JPG

 

 

ここでは カエル大好きな私の方が楽しませてもらいました。

 

 

 

DSCF6509.JPG

 

 

 

 

DSCF6511.JPG

 

 

『ああーー! 』

『一番可愛くて好きなやつーー。』

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF6514.JPG

 

張り付いていて 顔を見せてくれませんでした。

 

 

 

 

 

 

DSCF6523.JPG

 

雨がやんでいる間に、 もう一か所先回り。

 

先ほどの動物園から車で5分の場所にある 『石岳展望台』

 

 

DSCF6525.JPG

 

 

駐車場から5分程 森林浴を楽しみながら向かいます。

 

 

 

 

DSCF6526.JPG

 

 

 

 

DSCF6528.JPG

 

DSCF6543.JPG

 

 

 

 

 

DSCF6530.JPG

 

 

数ある佐世保の展望台の中で一番有名な場所といえるでしょう。

 

映画『ラストサムライ』の冒頭シーンで登場した景観が楽しめます。

 

 

 

 

 

DSCF6531.JPG

 

 

 

西の方角に広がる 九十九島のしまなみ

 

 

 

 

DSCF6532.JPG

 

自然の作った雄大な景観はもちろんですが

 

 

DSCF6535.JPG

 

 

DSCF6536.JPG

 

島々の間を走る 船の姿も楽しめます。

 

 

DSCF6545.JPG

 

 

 

DSCF6546.JPG

 

 

 

 

 

 

次に北東へ目をやると・・・。

 

 

 

 

DSCF6539.JPG

 

 

先ほど通った、造船上と

 

 

DSCF6541.JPG

 

山の上に見える、今日の宿泊地 『弓張りの丘ホテル』

 

 

 

DSCF6562.JPG

 

 

 

ジオラマモードで楽しむ 造船所

 

 

 

 

DSCF6561.JPG

 

 

 

DSCF6552.JPG

 

 

 

お! あれは 

 

 

 

 

 

DSCF6554.JPG

 

 

つい先ほどまで楽しんでいた動物園も見えます。

 

 

 

DSCF6553.JPG

 

 

DSCF6570.JPG

 

ユーリ

『あー!変な船があるよー!』

 

奥さん

『明日はあそこにいくんだよー^^』

 

 

ユーリ

『うひょー』

 

 

 

 

 

 

つづく

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 九州旅行へ
にほんブログ村

 

 

佐世保家族旅行 その2

  • 2017.05.23 Tuesday
  • 16:47

 

 

間が空いてしまいましたが、K君一家との合同家族旅行

 

2日目でありんす。

 

 

 

DSCF4053.JPG

 

 一日目は

九十九島観光&弓張りの丘からの展望を楽しという鉄板コースでしたが

 

 

 

 

DSCF4055.JPG

 

 二日目も同様に、  九十九島と並んで、佐世保観光といえばここ。

 

 というほど有名な場所 「九十九島動植物園」へ行ってまいりました。

 

 

DSCF4059.JPG

 

 生キリンさんに ユーリも大興奮!

 

 

 

 

DSCF4063.JPG

 

そして、割と人見知りなユーリも 

 

二日目ともなれば、K君一家のお嬢ちゃん二人ともすっかり仲良し

 

 

 

 

DSCF4067.JPG

 

姉妹みたいで大変微笑ましい。

 

K君家のお嬢ちゃん(特に長女のモモちゃん)は、大変よくユーリの面倒を見てくれました。

 

うちのユーリも、もし妹や弟ができたら、こんな風に面倒を見てくれるだろうか・・・。

 

 

 

 

 

さて、 佐世保動植物園の最大の目玉は

 

 

 

 

 

  

 比較的最近(2014年)、新設された この 「ペンギン館」

 

 1961年(昭和36年)に開園された長い歴史をもつ動植物園

 

 古めかしい感じのあふれる動植物園の敷地内で、一際異彩を放つ 真新しい建物

 

 

 

 

 

 

 

 

 期待を込めて、さっそく入ってみますと・・・。

 

 

 

 

 

 

 

DSCF4069.JPG

 

 

なんと、

泣く子も黙る ジャパネットタカタの通販で有名な 高田社長がお出迎え!

 

これにはノンさんも大興奮。

 

 

 

 

 

 

そして、畳み掛ける様に表れたのが・・・。

 

 

 

 

DSCF4073.JPG

 

空を飛ぶペンギン!?

 

天井一面ガラス張りのこの空間。  

 

 

 

DSCF4076.JPG

 

 

ペンギンが二階の水槽で自由に泳ぎ回る様を、一回から見上げる事が出来るのです。

 

まるで 旭山動物園の「行動展示」   

 

 

 

水族館のペンギンといえば、ペンキが所々剥げた明らかに作り物の岩の置いてある、濁った池のあるプールで

 

おまけに非常に魚の生臭さと、そこらかしこにまき散らされた白い便の臭気のあふれる環境で飼育されている

 

そんなイメージと相場が決まっておりますが・・・。

 

  

 

ここは違います。

 

 

 

大変清潔感あふれ、天井からはまぶしい光が差し込み

 

 

そして普段は見ることもないほど 生き生きしたペンギンたちの姿を見ることができたのです。

 

 

 

 

 

 

 

DSCF4077.JPG

 

早朝の開園と同時に入っただけありプール内では まだスタッフの方が掃除をしていました。

 

 

 

 

DSCF4080.JPG

 

 

ユーリは 昨日の水族館 海きららに引き続き  ここでも怯えていました。

 

スタッフの皆さんもそんな状況を察してくれていた様で、ガラズ越しに手を振ったり、コミカルな動きをしてくれました。

 

スタッフの心遣いに感謝です。

 

 

 

DSCF4087.JPG

 

 

 

DSCF4078.JPG

 

 

DSCF4079.JPG

 

まさに秘密兵器

 

厚さ6.6cmのアクリル板。 44マグナムでも弾き返せそうです。

 

(といっても44マグナムとやらを実際に撃った事も見た事も無いので、完全な憶測ですが) 

 

 

ちなみに私は、中学の卓球部時代、 

『庄内中卓球部の秘密兵器』と呼ばれておりましたが、最後の最後まで秘密のままにされた経験があります。

  

 

 

 

DSCF4091.JPG

 

建物の二階では、目の前でペンギンの泳ぐ姿を見る事ができますが

 

 

 

DSCF4092.JPG

 

この時、鳥インフルエンザが流行していたため、

 

外から他の野鳥がペンギンに接触するのを防ぐため、全体的に防護ネットが張り巡らされておりました。

 

 

 

DSCF4097.JPG

 

流行りの顔だしパネルでニッコリ。

 

 

 

 

 

 

 

ペンギン館を楽しんだ後は、他の動物も見て回りました。

 

 

 

DSCF4102.JPG

 

猛禽類のコーナー。

 

余り大きくは無いケージの中で、やけにおとなしくしてるんだな・・・。 と思ったら

 

 

DSCF4104.JPG

 

 

 

 

DSCF4105.JPG

 

 

DSCF4108.JPG

 

 

 

 

DSCF4106.JPG

 

 

『もう空を飛ぶ事はできません』  ・・・。

 

サラッと悲しい事が書かれていました。

 

 

 

 

かと思えば

 

 

DSCF4110.JPG

 

 

 

DSCF4111.JPG

 

ノン『見るべき所は、毛に絡まった干し草か・・・。』

 

 

スタッフの遊び心か?なんか面白い事も書かれておりました。

 

 

 

 

DSCF4116.JPG

 

 

みんな大好き レッサーパンダ

 

 

DSCF4117.JPG

 

 

 

DSCF4121.JPG

 

 

ぬいぐるみ見たいにコロコロしていました。

 

 

 

 

 

 

 

DSCF4128.JPG

 

 

動植物園 と言うだけあり、立派な温室もありました。

 

 

 

この中に、私がこの日 一番びっくりした物がありました。

 

 

 

DSCF4125.JPG

 

この木の 赤い丸で示した部分。

 

何やら変わった形の葉っぱが付いておりますが

 

 

 

DSCF4127.JPG

 

なんと、他の木に寄生するシダ一種

 

形もさることながら、虫を溶かして養分に替える食虫植物でもあると言うから驚きです。

 

 

 

 

DSCF4126.JPG

 

 

そういう目で見ると、非常に毒々しく見えます。

 

まるでスーパーマリオの パックンフラワーみたいです。

 

 

 

DSCF4129.JPG

 

バナナの木が凄く大きく育っていて、天井のガラスにまで枝を伸ばしていました。

 

まるでジブリ映画の『ラピュタ』の一幕の様です。

 

 

 

 

 

DSCF4130.JPG

 

 

動物に餌をあげる事も出来ます。

 

 

 

DSCF4133.JPG

 

 

DSCF4136.JPG

 

 

DSCF4138.JPG

 

 

 

DSCF4143.JPG

 

 

DSCF4146.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

猛獣もいました。

 

 

DSCF4149.JPG

 

 

迫力溢れる 百獣の王 『ライオン』 登場!?

 

 

 

DSCF4150.JPG

 

うーーん・・・。  まったり

 

 

 

 

DSCF4157.JPG

 

園の中心には 鳥類用の大きなケージがありました。

 

 

 

 

DSCF4151.JPG

 

 

DSCF4154.JPG

 

アフラック!

 

 

 

 

DSCF4156.JPG

 

白いクジャク!(色素が抜けたアルビノ種でしょう)

 

 

 

 

DSCF4161.JPG

 

さて、帰路に就きますが

 

少し時間がありましたので、ちょっと寄り道。

 

 

 

DSCF4163.JPG

 

子供が遊べそうな場所と言う事で、急遽K君が見つけてくれました。

 

 『どんぐり村』

 

 

dongurimuramap1.jpg

 

 

大分県で言うところの 『ガンジーファーム』と言えば解り易いでしょうか。

 

手作りのパンや乳製品が売られている売店があったり、小動物の餌やりコーナーがあります。

 

 

 

 

 

DSCF4169.JPG

 

 

ここでも子供達は元気いっぱい!

 

 

 

 

 

 

DSC_0132.JPG

 

室内の兎のタッチコーナー。

 

ユーリは怯えて、建物の中にも入ろうとしませんでしたが・・・。

 

 

 

DSC_0140.JPG

 

だんだんと慣れてきました。

 

 

 

 

 

DSC_0154.JPG

 

 

DSCF4175.JPG

 

 

 

普段は親子3人で旅行する事が多かったので、今回初めて他の家族と行動を共にすることで、

ユーリが同年代の子供達とどんな風に接しているのか、普段見る事が出来なかった姿も見る事ができました。

 

 

また一つ、ユーリも大きくなれた旅行でした。

 

 

 

 

 

DSCF4181.JPG

 

 

 

 

K君ご一家もお疲れ様でした ^^

 

 

 

 

 

 

 

おしまい

 

 

 

日本ブログ村全国ランキング参戦中!

 

『一人の父親は、百人の校長にまさる。』

  −−− ハーバート  −−−


クリック↓

 

 


にほんブログ村

 

 

佐世保家族旅行 その1

  • 2017.04.06 Thursday
  • 15:40

 

 

 

 

DSCF3954.JPG

 

 

家族でお出掛けでありんす

 

 

 

 

DSCF3955.JPG

 

奥さんとユーリを車に乗せて、高速道路を西にひた走ります

 

しかし、今回は我々だけではありません。

 

 

DSCF3957.JPG

 

時折 このブログにコメントをくれる『戦友』さんこと、

 

同じ職場の同級生 K君一家もご一緒の 

 

『家族合同佐世保観光旅行』の開幕である!

 

K君一家は 奥さんに娘さん2人(5歳と2歳)の四人編成なのだ

 

 

 

 

 

DSCF3958.JPG

 

佐世保に入ると、さっそく長崎らしい光景がお出迎え

 

坂の町長崎。  

 

ここ佐世保でも山肌の斜面に張り着く様に建てられた家々、

 

 

 

DSCF3963.JPG

 

そして、

 

 

DSCF3964.JPG

 

海軍の軍港に 

 

 

 

 

 

DSCF3971.JPG

 

アメリカ海軍の駐屯基地

 

 

 

DSCF3972.JPG

 

奥さん

『見て! あんなトコに対空砲が! さすが軍港ね!』

 

 

 

ノン

『お、おう』

 

 

 

そのような こ芝居を織り交ぜつつ

 

 


まず我々がやってきたのは

 

 

 

九十九島の遊覧船

 

 

 

 

海きらら という水族館が併設された 

 

佐世保観光の定番スポット『パールシーリゾート』

 

 

 

DSCF3977.JPG

 

K君ご一家、まずは遊覧船と記念撮影

 

 

 

 

 

DSCF3979.JPG

 

我が家のユーリは、

最初こそ一定の距離を保ちながらK君一家の姉妹の様子を伺っていましたが

 

 

DSCF3980.JPG

 

徐々に対象との距離を詰めて行き

 

 

 

 

DSCF3983.JPG

 

一気に仕留める!

 

遊覧船に乗船する事には、すっかり仲良くなっておりました。

 

 

 

 

DSCF4007.JPG

 

 


パールシーリゾートの九十九島遊覧船は非常に快適。  

 

豪華な内装に

 

 

 

 

DSCF3986.JPG

 

甲板も 二層構造で眺めは抜群!

 

 

(雨天でも室内の窓から風景を楽しめます)

 

 

 

 

DSCF3991.JPG

 

 

 

DSCF3998.JPG

 

ユーリ

『うみ!  木!  石! 岩!  』

 

九十九島の風景を構成する物質を的確に言い当てるユーリ

 

天才じゃなかろうか(親バカ)

 

 

 

 

DSCF4009.JPG

 

九十九島クルーズの後は、 隣接する水族館『海きらら』

 

 

K君一家の姉妹は、海の動物に興味深々!

 

 

 

 

DSCF4012.JPG

 


いっぽう我が家のユーリは、終始大泣き・・・。

 

水族館の薄暗い雰囲気や

 

 

DSCF4013.JPG

 


この様な トンネル状の場所を非常に怖がっていました。

 

水が上から落ちてくると思うのでしょうか

 

 

 

 

DSCF4017.JPG

 

 

ライトアップされたクラゲの展示室では、ユーリ完全に戦意喪失

 

部屋に立ち入る事さえできませんでした。 ((+_+))

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF4018.JPG

 

最後にタッチプールコーナー。

 

ここは照明も明るいため、ユーリも安心した様子。

 

 

日光の光で活力を得るようです。 

 

 

DSCF4026.JPG

 

他の子は気持ち悪がって触らないヒトデを 

臆することなく手にとって興味深げに観察

 

何が彼女の『怖い』のツボなのか、いまひとつ解りません・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルのチェックインまで少し時間がありましたので

 

九十九島の展望が楽しめる 『弓張りの丘』の展望台へ立ち寄りました。

 

 

 

 

 

 

DSCF4030.JPG

 

 

ここは私が奥さんにプロポーズした思い出の場所(お恥ずかしい)

   ↓

 

旅人の日記 過去記事

『Would you marry me?』

 

http://kingxcat.jugem.jp/?eid=223

 


 

 

 

 

 

 

DSCF4032.JPG

 

展望台周囲は、公園のようになっており

 

子供たちは美しい景観は二の次で、元気いっぱいに走りまわっておりました!

 

 

 

DSCF4033.JPG

 


ノン・K君

『もう収拾がつかんっww』

 

 

 

 

DSCF4034.JPG

 

 


ここから見る 九十九島の夕焼けは絶景です。

 

 

DSCF4038.JPG

 

 

 

DSCF4035.JPG

 

 

もう少ししたら日の入りで夕焼けの時間でしたが、

3月の佐世保はまだまだ寒く、山頂の展望台はかなり冷え込んでいましたので

今回は早めに退散  

 

 

 

 

 

 

DSCF4028.JPG

 

チェックイン前にホテルの近くのバーガー屋さんで、しっかりグルメも押さえておきました

 

佐世保バーガーショップ『ベルビーチ』さん

 

 

DSCF4051.JPG

 

 

佐世保バーガー  

 

毎回佐世保に来た時は 有名な『ひかり』というお店ばかりだったので、

たまには違うお店で。

 

 

 

パテの味がお店によってまったく違っていて、

こちらのお店のバーガーは甘いマヨネーズたっぷりの

´つゆだく系´のバーガーでした。  

 

もちろん美味しかったですよ^^

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF4053.JPG

(まったりするユーリ)

 

 

という感じで、一日目は終了^^

 

パールシーリゾートのすぐ近くにある 

『ベイサイドホテル&リゾート  フラッグス』さんで宿泊

 

子供がいる家族に嬉しい 広めの和室

 

 

 

各部屋にシャワーもあり、もちろん大きな大浴場・露天も完備。

 

とても良い所でした 

 

 

 

 

 

 

 

つづく

 

日本ブログ村全国ランキング参戦中!

 

主人とはいえ結局は家庭の一奴隷

   −−− メナンドロス 「断片」 −−−

 

 

 

クリック ↓

 

 


にほんブログ村

 

 

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM