平成29年 四国ツーリング 其の一(上陸〜沈下橋巡り編)

  • 2017.09.04 Monday
  • 07:34

 

 

世間はゴールデンウィークの余韻もようやく抜けた頃。

 

5月の第二週の土曜日

 

 

 

IMG_0053.JPG

 

大分県の県南エリアの入り口、佐賀関に私は居ました。

 

宿泊ツーリング仕様のシートバックを乗せたWRと一緒に。

 

 

 

☆クーポン配布中☆【あす楽対応】MFK-102 【TANAX】MOTO FIZZ  キャンピングシートバッグ2 CAMPING SEAT BAG2  タナックス  モトフィズ キャンプ ツーリング バックパッカー ツーリング シートバッグ【smtb-k】 ○【バイク用品】

価格:15,373円
(2017/9/4 07:32時点)
感想(8件)

 

 

【MOTOWN】RHM72 ライダーズホルスターバッグ“MINI” ツーリング レッグバッグ ボディバッグ モータウン【バイク用品】

価格:3,670円
(2017/9/4 07:34時点)
感想(2件)

 

 

 

 

 

 

IMG_0054.JPG

 

 

道の駅『佐賀関』で小休止をした後

 

国道197号 九州〜四国を海路で繋ぐ 九四フェリーターミナルに到着であります。

 

 

ここで合流したのは、私のWRの奥に停車した  ブンさん

 

バイクは同じYAMAHAの MT−09 トレーサー です

  https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/mt-09-tracer/

 

 

 

 

 

ブンさんについて 話すと・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と言う事で 大変長くなるので割愛しますが・・・。

 

 

 

 

 

掻い摘んで言うと、

以前 私の車の整備を担当してくれていたメカニック という感じです。

 

 

 

 

 

IMG_0056.JPG

 

 

 

少し年が離れておりますが、

私の様な青二才にも 大変よく接して下さるお方です。

 

 

 

本来であれば 私、ブンさん 、そしてもう一人

 

 

 

熊本に住む従兄弟のタカ坊が参加して、三人で四国を周遊するはずの計画でしたが・・・。

 

集合時間になっても、タカ坊は現れず。

 

 

 

 

 

電話で確認すると

 

 

 

なんと、出発早々 シートに固定していた荷物を落としてしまったとの事。

 

なんでも、荷物を固定していたバンドが切れていたらしい。

 

 

 

 

荷物の中身は、旅の資金や着替えなど。

 

荷物が見つからない限りは旅の参加は難しいく、とりあえず家までの道のりをゆっくり探しながら帰っている状態

 

しかし、荷物が落ちていたのに築いたのは 自宅を出発してすでに30〜40kmを走った時点。

 

 

 

 

DSCF0866.JPG

 

旅は二泊三日を予定していたので、もし今日中に見つかれば 後を追って四国に上陸。

 

夜の宿で合流という作戦に変更しましたが・・・。

 

 

 

この日 結局荷物は見つからず。  

とりあえず交番に届け出て、泣く泣く今回の旅から離脱したのでありました。

 

(ちなみに荷物は、翌日の午前中に警察より電話があり  中身も全て無事で手元に戻ってきたそうです。 どうやら落下した後にすぐに拾われて、届けられていたそうです。正直で優しい方に拾われて良かったね!)

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

IMG_0059.JPG

 

そんなこんなの 想定外の珍事(いや悲劇) を経て、旅のスタート

 

急に仲間が減って、ちょっとしょんぼりしていた気分も

 

フェリーが接岸すると、一気に旅気分モードに!

 

 

 

IMG_0060.JPG

 

 

 

IMG_0062.JPG

 

今回の旅のナビゲートは私。  ブンさんは四国初上陸。

 

 

フェリーに乗っている間に、お互いのインカムのペアリングを済ませておきます。

 

 

 

 

 

 

IMG_0065.JPG

 

 

段々と離れていく九州 佐賀関港

 

 

 

 

1時間程の船旅を経て

 

 

 

 

 

IMG_0063.JPG

 

見えてきたのは 四国の佐多岬

 

 

 

 

DSCF0832.JPG

 

 

空、山、海、そして稜線に並ぶ風力発電の風車。

 

これぞ四国の玄関口の風景^^

 

 

DSCF0831.JPG

 

 

 

IMG_0069.JPG

 

 

上陸後、まずは佐多岬のメロディーラインを軽快に走り抜け

 

 

 

メロディー岬に関しては、以前のツーリング&家族旅行の際の記事でお楽しみください。

 

『旅人の日記』

四国家族旅行 渡航編↓

http://kingxcat.jugem.jp/?eid=755

 

 

四国ツーリング その1(九四フェリー・メロディーライン) ↓

http://kingxcat.jugem.jp/?eid=641

 

 

IMG_0077.JPG

 

その後は、タカ坊を待ってフェリーの便を遅らせた分を取り戻すため

一気に一日目の目的地へ

 

 

 

 

 

 

さらに 宇和島を経由して、四万十方面へ。

 

 

 

 

 

IMG_0080.JPG

 

 

程なくすると、見えて参りました!

 

清流 四万十川   

 

 

 

以下WIKI参照

 

全長196km、流域面積2186km2

四国内で最長の川で、流域面積も吉野川に次ぎ第2位となっている。

 

本流に大規模なダムが建設されていないことから「日本最後の清流」

 

また柿田川・長良川とともに「日本三大清流の一つ」と呼ばれる。

 

 

 

 

 

 

G0032264.JPG

 

 

一日目の目的は、ブンさんの希望で四万十川と、そこに架かる沈下橋を見てみたい と言う事でしたので

 

ここからのルートは川に沿って一本道

 

ブンさんにも前を走ってもらって、四万十川流域のダイナミックな風景、雰囲気を楽しんで頂きました。

 

 

 

 

 

ノン

『次を右です』 『有名な沈下橋がありますので、寄ってみましょう』

 

ブンさん

『了解^^』

 

 

 

 

 

こんな時 インカムがあると本当に便利ですね

 

 

IMG_0085.JPG

 

四万十の沈下橋と言えばこちら!

 

『岩間沈下橋』

 

観光ポスターやパンフレット、テレビCMなどで見かける機会が多く、

最も有名な観光スポットです。   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

が、しかし!!

 

 

 

IMG_0090.JPG

 

図太い轟音を鳴らす川面

 

橋の真ん中辺りは 今にも橋床まで水が届きそうな勢い

 

 

 

ブンさん

『さすが四万十、すごい迫力だね』

 

ノン

『な、なんか 様子が違うんですけど・・・。』

 

 

 

何と 旅の前日までの台風の影響で

 

四万十流域は絶賛 増水中!

 

 

 

 

ちなみに・・・。

 

 

 

DSCF0878.JPG

 

こちらは三年前の タカ坊との四国ツーリングの際のひとコマ

 

 

 

『旅人の日記』

四国ツーリング その2 (沈下橋廻り)

   ↓

http://kingxcat.jugem.jp/?eid=642

 

 

 

 

DSCF0891.JPG

 

 

 

音も無く トロトロと流れる 雄大な四万十

 

そこに凛と立つ沈下橋  これぞ清流の姿

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0097.JPG

 

 

ま、これはこれで・・・。

 

普段見る事が出来ない 四万十の姿を見る事ができました。

 

 

 

 

IMG_0098.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

G0012067.JPG

 

 

丁度出発しようとした時、他の旅人バイカーがやってきました。

 

四万十川の沈下橋って、オフ車が似合う気がします。

 

 

 

 

G0012081.JPG

 

 

GOPROのヘルメットマウントで撮影した 私の目線から見た沈下橋

 

 

 

 

G0012082.JPG

 

 

水量が多く、川面が近いため 迫力満点!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

G0052498.JPG

 

宿に向かうには少時間が早かったので、 もう少し四万十川沿いを走ります。

 

旅行サイト等での情報では ´沈下橋巡りでの四万十川沿いの道は、所々急に狭路になったり、崖際を走ったりと、結構難所が多い´ と言われますが・・・。

 

確かに、所々 ご覧の様な狭路があります

 

しかし、バイクであればスイスイ^^   

 

 

 

 

 

 

 

G0022156.JPG

 

ノン

『あ、あそこにも大きな橋があるいますよ!』

 

ブンさん

『おっ^^  寄ってみよう!』

 

 

 

 

G0022186.JPG

 

 

 

 

 

G0022193.JPG

 

 

G0022197.JPG

 

看板も無い橋ですが、それなりの大きさ。

 

迫力もあります

 

 

 

 

 

IMG_0111.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0112.JPG

 

『かつま橋』

 

後で調べて解ったのですが、先程の岩間沈下橋と並んで

 

四万十の沈下橋のメジャー所だそうで、

 

 

 

IMG_0113.JPG

 

理由はこちら  映画『釣りバカ日誌』のロケ地になった場所だそうです。

 

釣りファンにとっては一度は訪れたい場所と言う事と

 

 

 

 

ご覧のように ↑ 水量が平常時の時に見られる 橋脚部は

 

(高知県西南部、幡多地域公式HP しまんと百笑かんぱに さん より)

http://www.40010.com/archives/1312/

 

四万十川の沈下橋の中で 唯一 3本足の橋脚であるところも、

沈下橋マニアの間でレアキャラ心をくすぐっているそうです。

 

 

 

 

IMG_0107.JPG

 

先程の岩間沈下橋よりも川幅が広く感じられますが

 

それでも川面は、橋床に迫る勢い。

 

 

 

 

IMG_0102.JPG

 

 

IMG_0104.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0114.JPG

 

 

さあ、有名どころの沈下橋の見学も終わり。

 

日が暮れてしまう前に、今度は宿へ向かいます

 

 

G0032214.JPG

 

 

 

 

 

G0062645.JPG

 

四万十川沿いの市道より 岩間橋を望む

 

 

 

 

IMG_0116.JPG

 

そうそう、四国ツーリングの際は、早め目の給油を心がけます。

 

この様な個人運営規模のスタンドが中心で、結構な大きさの町でもスタントが無かったり

場所によってはハイオクが置いて無かったり(品切れ)・・・。

 

四国ツーリングでは 『あるうちに入れとけ!』が鉄則です。

 

(ちなみに我が家では 『おやつはあるうちに食べとけ!』が鉄則です。 後で食べようと思って取っておいた酒のおつまみやお菓子は、7割方 奥さんに食べられています)

 

 

 

IMG_0129.JPG

 

一日目の宿はこちら 『雲の上ホテル』に併設されております

 

ライダーズイン雲の上 

 

 

 

IMG_0130.JPG

 

ここで一句

 

雲の上  トイレの場所は 坂の下

 

 

某バラエティー番組 俳句格付けコーナーの 

屁理屈ばあさんも『特特生』認定の一句が出来ました。

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0119.JPG

 

 

四国に点在する ツーリングライダーの味方 『ライダーズイン』シリーズの形態やシステムについては

 

過去記事ご参照ください    

 

『旅人の日記』↓

四国ツーリング その3 (向弘瀬橋〜 ライダースイン中土佐)

http://kingxcat.jugem.jp/?eid=643

 

 

IMG_0127.JPG

 

寝るだけなら3人で十分な広さですが

 

ライダーズイン雲の上  公式HP 

  ↓

http://kumono-ue.jp/ridersin/

 

 

 

 

IMG_0123.JPG

 

ツーリングって結構荷物積んでたり、インカムやナビ、スマホの充電のためのコンセントの数は限られているので

 

荷物の多い人なら 2人までで考えておいた方が無難です。

 

 

 

 

ちなみに 

このライダーズイン雲の上の 他のライダーズインとは一線を画す最大のメリットは

 

 

 

 

 

 

 

 

同敷地内にある 温泉 スパ施設 『マルシェ・ユスハラ』が100円引きで利用できるのと

 

http://y-marche.jp/cat_onsen/

 

 

(ツーリングの疲れを温泉で癒やせるのは 高ポイントですぜ!)

 

 

 

 

高知・愛媛の主要観光スポットの 中間に位置 場所である事です。

 

順序はどうであるにしろ、ギリギリまで観光して宿に向かい

翌日も 早い段階で 次の観光地に到達できる。

 

まさに地の利有り という訳です。

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0118.JPG

 

 

スケジュール的に 滞りなく一日目終了。

 

 

ビールで乾杯して、翌日に備えます

 

 

☆クーポン配布中☆【あす楽対応】MFK-102 【TANAX】MOTO FIZZ  キャンピングシートバッグ2 CAMPING SEAT BAG2  タナックス  モトフィズ キャンプ ツーリング バックパッカー ツーリング シートバッグ【smtb-k】 ○【バイク用品】

価格:15,373円
(2017/9/4 07:32時点)
感想(8件)

 

続く

 

 

 

 

 

日本ブログ村全国ランキング参戦中!

 

うわべのみの自由の名によって、自由を粉砕することはまったく容易である。

   −−− タゴール 「真理への訴え」 −−−

 

 

クリック ↓

 

 


にほんブログ村

 

 

 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM