ZZR1400 お別れツーリング その2

  • 2018.04.15 Sunday
  • 06:42

 

ZZR1400とのお別れツーリング

 

さよならカウント2と1  一緒に一気に書いちゃいます

       (だって 悲しいんだもの)

 

 

 

カウント2は  ZZRとお別れする事を聞き付けた お転婆ライダーこと

 

キョンさん&タイチョさんが さよならツーリングを企画してくれました

 

 

 

 

 

DSCF9899.JPG

 

今日はみんなおっきいバイク

 

SUZUKIのハイテクで武装した V−ストローム

 

同メーカーのフラッグシップバイク『隼』に並んで

 

くちばしをもった単眼の特徴あるいでたちから『怪鳥』とも呼ばれていますが・・・。

 

 

なんと 御夫婦ペアでV-ストロームに乗られております!

 

まさに オシドリ夫婦 でしょうか (^o^)

 

 

 

 

 

 

 

DSCF9902.JPG

 

(カメラの設定をミスって ダイナミックモードで撮影しちゃった・・・。)

 

 

 

そして、もう一人 同じくV-ストローム乗りの テッシーさんも御同行してくれました。

 

テッシーさんは愛媛在住にも関わらず、大分県はもはやご近所感覚という旅人上級者!

 

キョンさん、タイチョさん夫婦もしかり、

ビックオフというカテゴリーのバイクは 距離感を狂わせる魔力を秘めている様です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF9918.JPG

 

 

そんな 怪鳥3羽に連れられて

 

ZZRも快調に走ります (怪鳥なだけに 快調・・・。)  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_3382.JPG

 

 

走りなれた定番ルートも、

その一瞬一瞬がZZRとの最後の思い出として刻まれていきます。

 

 

 

この日の記事を 『お転婆ライダー』さんのブログでも書いて頂きました

 

 

お転婆ライダーさん

 

「運まかせ 第24号 しつこく阿蘇版爛哀奪疋丱いらはじめようTOURING!瓠

http://otenba-rider.jugem.jp/?eid=1824

 

 

      

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF9925.JPG

 

 

まずは ZZRの雄姿を物理的に残すため撮影会をして頂きました。

 

お転婆ライダーさん推奨の バイク撮影スポットへ

 

 

IMG_3427.JPG

 

久住連山をバックに望む 遮蔽物がまったく無い空間。

 

 

 

IMG_3425.JPG

 

7年間ZZRと一緒でしたが、いつも人の写真ばかり摂って

 

自撮りと言うものをほとんどしなかったため、以外に自分とZZRの写真ってのが無かっただけに

 

この企画は本当に嬉しかったです。

 

 

 

 

IMG_3411.JPG

 

 

超重量級のZZR(力士一人分くらい) あれほどうんざりしていた押し引きの取り回しも

 

この日はなぜか軽く感じました。

 

 

 

 

 

IMG_3407.JPG

 

そこに敷かれた 一本の道は、 新たな未来にテイクアウトする滑走路の様だ・・・。

 

 

 

 

 

 

 

IMG_3428.JPG

 

知らぬ知らぬの間に、かっこいいアングルでいっぱい撮ってくれてました!

 

 

 

全ての画像データは、家のパソコンのメインメモリの中

 

外付けHDの中

 

クラウド保存領域

 

手元のアイフォンのメモリ内

 

あらゆる場所に 複製&永久保存決定です。

 

 

 

 

 

 

 

DSCF9984.JPG

 

 

撮影会を終えて、次のスポットに向かいます。

 

 

 

 

 

IMG_3400.JPG

 

 

 

DSCF0004.JPG

 

 

 

DSCF0011.JPG

 

 

DSCF0016.JPG

 

 

焼き立てホヤホヤ。  

 

野焼で一面真黒の やまなみ〜久住〜阿蘇

 

バイクツーリングの定番 絶景コースを駆け抜けます。

 

 

 

 

DSCF0038.JPG

 

阿蘇市内から  箱石峠を越えながら高森方面へ。

 

 

 

 

 

DSCF0039.JPG

 

 

DSCF0047.JPG

 

 

 

 

 

DSCF0051.JPG

 

 

箱石峠から根子岳を望む

 

(この角度から見る根子岳は初めて)

 

 

 

 

ちなみに、キョンさんタイチョさんから この箱石峠の名前の由来を聞きました。

 

 

 

 

DSCF0053.JPG

 

あの突き出た場所に見える石

 

ズームで見ると・・・。

 

 

DSCF0056.JPG

 

箱の形をした岩があります!

 

あの石こそが 「箱石」 

 

言い伝えでは、この石の間に経文がいれてあり 修験行者が家内安全、牛馬安全を祈祷すると石が開き経文を取り出すことができるという事だそうです。

 

 

 

 

 

DSCF0063.JPG

 

昼食はこちら。 「ケニーズ カフェ」さん

 

以前は茗荷原茶寮というお食事屋さん(バイク好きさん御用達のお店)が高森の廃校となった小学校跡地に移転したもので


オーナーに親交のあったキングことケニー・ロバーツ氏にリスペクトの意味を込めての名前も新たに大幅改装したそうです。

 

 

 

DSCF0066.JPG

 

 

カフェの随所には、キング・ケニーにちなんだ様々なディスプレーが。

 

 

DSCF0067.JPG

 

 

DSCF0068.JPG

 

 

DSCF0069.JPG

 

小学校跡地 と言うだけあり 面白い演出も!

 

歴代校長の名に、ケニー・ロバーツ氏の名前も^^  

 

プレオープンと際は なんと御本人が直接訪れたそうです。

 

 

 

 

 

DSCF0073.JPG

 

 

DSCF0074.JPG

 

様々なバイクに関するディスプレーの中に混じって

 

 

DSCF0072.JPG

 

 

なんと、お転婆ライダーさんが製作した ジオラマがありました。

 

バイク仲間で過ごす楽しい瞬間を切り取ったジオラマ  

凄く精巧に造られてました!

 

ブログの作成も凄いですが、この様なクリエイティブな技術があったり、アイディアが沸く人、本当に尊敬します。

 

 

 

 

 

 

DSCF0076.JPG

 

昼食に頂いたのは ボリューム満点の チキンソテー !

 

ライダーの憩いの場として心を満たしてくれるだけでなく、

お腹までパンパンに満たしてくれます。

 

週末のバイク最盛期には、予約しないといけないくらい大盛況だそうですよ!

 

『ケニーズ カフェ』公式HP  ↓

 

http://www.tkbb.jp/aso-kennys-cafe/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF0077.JPG

 

 

いろんなバイクチームのステッカーがいっぱい (^v^)

 

ネイキット、アメリカン、スーパースポーツ、オフロード、ツアラー 等

 

バイクの種類の壁を越えて、バイク乗り皆が笑顔になれる空間でした

 

 

 

 

お腹を満たした後は、高森から竹田方面に。

 

ツーリングの最後に 原尻の滝に寄りました。

 

 

 

DSCF0078.JPG

 

真夏の清涼やチューリップ祭り 家族で観光 というイメージしかなかったので

 

バイク来ると新鮮な気がします。

 

 

 

 

DSCF0087.JPG

 

キョンさんお勧めのベストスポットで はい、チーズ。

 

 

 

 

 

DSCF0099.JPG

 

 

DSCF0101.JPG

 

 

DSCF0103.JPG

 

 

あんなに遠くにあっても、あれは自分のバイクだ!  って解る。

 

 

 

子供の運動会で、どんなに児童がいっぱいいても あれが我が子だ! とすぐに解る 親の気持ちでしょうか・・・。

 

それがもうすぐ居なくなる。   

 

この時点では まだ信じられない位でした。

 

 

 

 

 

でもこうやって お別れのためのツーリング という 一つの区切りとなるイベントを計画してくれたお陰で

 

失う寂しさ・喪失感を一気に付き付けられるのではなく

 

徐々に、ゆっくりと心が受け入れられる態勢を造る事が出来たと思います。

 

 

 

 

DSCF0114.JPG

 

思い出もしっかり残せて、心の整理も着いた一日

お転婆ライダー キョンさん タイチョさんのお陰です。

 

この場を借りて、本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、  自分でもびっくりするくらい 落ち着いた気持ちで

 

ZZR さよならツーリング ラスト 1

 

 

 

DSCF0157.JPG

 

ガレージから出発するZZRの最後の姿 これも見納め!

 

 

さあ、最後は 俺とお前の二人だけ   

 

 

言葉は無くとも、思いっきり通じ合おうじゃないか!

 

 

 

 

 

DSCF0161.JPG

 

 

豊後富士を眺めながら、

普段は回さない回転域までアクセルをひねって、ホームコースを突っ走ったり

 

 

 

 

DSCF0162.JPG

 

行った事のない道を選んで グイグイ入ってみたり

 

(国東半島方面の快走路  正直 どこをどう走ったか覚えていない)

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF0165.JPG

 

 

DSCF0169.JPG

 

出会い そして 別れの季節である春の訪れを感じながら

 

最後にやってきたのは 宇佐海軍航空隊 所縁の地

 

 

 

 

 

 

DSCF0174.JPG

(国東沖から引き揚げられた 零戦のエンジン)

 

 

 

愛機一つに命をのせて

 

 

 

 

DSCF0182.JPG

 

 

背負ったのは 家族の愛  大切な人の想い

 

 

 

 

DSCF0180.JPG

 

そんな英霊達が 『特攻』という形で 今生の別れ  飛び立った場所

 

 

 

 

 

 

DSCF0186.JPG

 

 

DSCF0195.JPG

 

 

DSCF0202.JPG

 

 

DSCF0206.JPG

 

DSCF0215.JPG

 

DSCF0225.JPG

 

私が今感じている別れの寂しさなど、 

約70年前にここで行われた別れの辛さに比べれば・・・。

 

 

心の整理は着いた と言いながらも

 

そんな事を 自分の心の慰めにしたくて ここに来たのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

主だったイベント達・・・。

 

 

 

平成29年GWのやまなみ・大観峰ツーリング

http://kingxcat.jugem.jp/?eid=809

 

 

平戸・生月島ツーリング (逆順)

http://kingxcat.jugem.jp/?cid=28

 

 

2016年 秋の紅葉ツー (九重〜やまなみハイウェイ周辺)

http://kingxcat.jugem.jp/?eid=794

 

通潤橋ツーリング

http://kingxcat.jugem.jp/?eid=747

 

道の駅小国〜八女  お礼参りツーリング前編・後編

http://kingxcat.jugem.jp/?eid=724

http://kingxcat.jugem.jp/?eid=725

 

熊本 山都町 マイナースポット巡りツーリング

http://kingxcat.jugem.jp/?eid=706

 

従兄弟で山口県ツーリング  全5編

http://kingxcat.jugem.jp/?eid=684

http://kingxcat.jugem.jp/?eid=685

http://kingxcat.jugem.jp/?eid=686

http://kingxcat.jugem.jp/?eid=687

http://kingxcat.jugem.jp/?eid=688

 

八女ツーリング 全4編

http://kingxcat.jugem.jp/?eid=635

http://kingxcat.jugem.jp/?eid=636

http://kingxcat.jugem.jp/?eid=639

http://kingxcat.jugem.jp/?eid=640

 

国東半島ツーリング 前編・後編

http://kingxcat.jugem.jp/?eid=609

http://kingxcat.jugem.jp/?eid=610

 

庄内ライダース 天草ツーリング 前編・後編

http://kingxcat.jugem.jp/?eid=577

http://kingxcat.jugem.jp/?eid=579

 

宮崎県 日向ツーリング (ZZR1400)全二編

http://kingxcat.jugem.jp/?eid=549

http://kingxcat.jugem.jp/?eid=550

 

大観望 コーヒーブレイクミーティング

http://kingxcat.jugem.jp/?eid=495

 

角島(山口県)日帰りツーリング 全3編

http://kingxcat.jugem.jp/?eid=368

http://kingxcat.jugem.jp/?eid=369

http://kingxcat.jugem.jp/?eid=370

 

 

ZZR 納車のときの記事やら パーツインプレやら

http://kingxcat.jugem.jp/?cid=22

 

 

 

 

 

 

 

DSCF9943.JPG

 

7年間、本当にありがとう   そしてお疲れ様  ZZR1400!

 

 

今、 ノンの想いを乗せて take off

 

 

 

 

 

 

おしまい

 

 

 

ZZR1400 お別れツーリング その1

  • 2018.04.06 Friday
  • 23:55

 

ZZR1400との付き合いも はや7年

 

 

 

DSCF9692.JPG

 

訳あって、このガレージからZZRが出撃するのもあと3回となりました。

 

なぜ今回ZZRを手放す事にしたかは、折りをみて書きたいと思います・・・。

 

 

 

と言う事で、ZZRお別れまでのカウントダウンツーリングのカウント3!

 

 

 

 

 

ルートは、ZZRが納車されて 初めて走った道。

 

 

ツーリングの鉄板コース

『やまなみハイウェイ〜久住〜大観望〜阿蘇山』

 

 

DSCF9699.JPG

 

湯布院からは、なんと自衛隊車両の護衛付き!

 

 

 

たぶん状況を察してくれた自衛隊の皆さんが 何かあっては大変だと思ったのでしょう。

 

 

 

 

DSCF9703.JPG

 

 

通信車、指揮者を含む3台が前衛を

 

 

DSCF9706.JPG

 

隊員輸送用の車両が後衛を

 

ガッチリ固めた最強の布陣で 

湯布院〜長者原ビジターセンターまで ほぼ法定速度で完璧に守って頂きました。

 

 

本当にありがとうございました。

 

 

 

 

DSCF9711.JPG

 

 

という訳で、 

長者原ビジターセンターで 自衛隊の皆さん をやり過ごし とお別れし

 

ここからは思い出を噛みしめる様に、ゆっくりまったりと 走りました。

 

 

 

 

 

DSCF9721.JPG

 

 

早春の久住、阿蘇は野焼きも終わり、一面真黒。

 

 

 

 

 

DSCF9723.JPG

 

 

 

DSCF9726.JPG

 

 

四季を通じて阿蘇・大観望・やまなみハイウェイの色んなお顔が楽しめる幸せ。

 

大分県のバイク乗りで本当に良かったと思います。

 

 

DSCF9730.JPG

 

 

DSCF9732.JPG

 

 

春の霞(かすみ)か? PM2.5か?  やや展望が霞んでいますが

 

ツーリングには絶好のシーズン。

 

 

定番の大観望でコーヒータイムを楽しんだ後は、阿蘇市内へ下り

 

 

 

 

DSCF9735.JPG

 

 

バイカーに大人気の、こちらのお店 『鉄板焼き 阿蘇まーぼー』さん

 

名物 『あか牛ガーリックライス』を頂きました。

 

 

 

DSCF9737.JPG

 

 

 

DSCF9736.JPG

 

カウンター席に座れば、目の前でマスターが華麗な手さばきを見せてくれます。 

 

 

 

 

 

DSCF9746.JPG

 

 

DSCF9738.JPG

 

赤牛は もちろんミディアムレアで!

 

 

 

DSCF9748.JPG

 

ガーリックライスと赤牛の組み合わせは、バイクとやまなみハイウェイの組み合わせと同じ位 間違いのないものです。

 

 

 

 

 

DSCF9749.JPG

 

 

お肉の下にはトローリ半熟玉子。   

 

お肉にはワサビを少し添えて食べると、より美味しく頂けます。

 

 

 

 

 

 

実はこちらのマスターもバイク乗り!  

 

食後に出発しようと準備をしておりますと、わざわざ店先まで出向いて頂き

記念写真を撮影してもらいました。

 

その後 少々バイク談義に花を咲かせ

 

こちらのマスターと、ちょっとしたお約束を交わし 次は阿蘇山を目指して走りだします。

 

 

 

 

 

 

 

DSCF9754.JPG

 

 

やまなみハイウェイに続いて、こちらの方も周囲は野焼きで真黒。

 

 

 

 

DSCF9758.JPG

 

 

DSCF9762.JPG

 

 

農耕を生業としてきた日本では、古くから野焼きが行われてきました。

 

野焼き は土壌に蓄積された有機物を減らし草木の育ちやすい環境へリセットする他、灰自体が新芽のための肥料となったり

 

害虫を焼き殺す効果もあるのです。

 

 

 

 

失う事は終わりではない。

 

再生への糧となるのだ・・・。

 

 

 

 

この時期に、再びこのルートを走る事で

 

まるでZZRがその事を私に教えてくれた様な気がしました。

 

 

 

 

 

さらにツーリングは続きます。

 

 

 

 

DSCF9764.JPG

 

米塚山も 真黒けっけ!

 

 

 

 

 

 

DSCF9770.JPG

 

阿蘇山火口へ到着。

 

センターに掲げられた『阿蘇山ロープウェイ』の文字は、ちょっと寂しげ

 

 

 

 

 

 

DSCF9772.JPG

 

 

 

平成30年の2月にほんの一瞬だけ火口までの立ち入り規制が解除されてましたが、
 

結局3月に入り、再び火山性微動が活発となったため入山規制に・・・。

 

 

 

 

 

2018/03/03 3月3日午前8時25分に気象庁福岡管区気象台から、孤立型微動の回数急増により臨時火山情報が発表されましたので、阿蘇火山防災会議協議会では、火口1キロ圏内の立ち入りを規制しています。
2018/02/26 火口周辺の自主規制が解除されます。
平成30年2月28日、午前10時30分に火口見学を再開いたします。
2017/02/07 阿蘇火山防災会議協議会では、中岳火口周辺の状況調査を行いました。(クリックで火口付近の画像にリンクしています)
噴火警戒レベルは1に引き下げられましたが、火口周辺の整備、観光客の安全確保ができるまでは、一次規制(火口周辺の概ね1km範囲内の立ち入りの規制)を継続します。

 

 

 

 

 

 

 

DSCF9773.JPG

 

 

そして、 ロープウェイの建屋、ロープウェイ本体も 震災の爪痕激しく

 

未だにこの有様です。

 

 

 

DSCF9775.JPG

 

 

DSCF9778.JPG

 

 

火口からは、湯気と、風向き次第で 時折硫黄の様な匂いが香ってきます

 

 

 

 

DSCF9780.JPG

 

 

大小様々な噴石が 火口周辺を覆っています。

 

 

 

 

DSCF9784.JPG

 

草千里まで戻って、景観を楽しみます。

 

 

 

 

 

 

DSCF9785.JPG

 

ここからの方が、より火口の様子を伺う事が出来ます。

 

 

 

DSCF9786.JPG

 

 

DSCF9787.JPG

 

 

大地の強大なエネルギーというか、畏怖の様なものを感じます。

 

 

 

DSCF9790.JPG

 

草千里も あと2カ月もすれば 一面緑で覆われる事でしょう。

 

 

 

 

 

DSCF9795.JPG

 

 

DSCF9797.JPG

 

 

DSCF9802.JPG

 

 

 

 

 

 

 

DSCF9840.JPG

 

 

ZZRとの思い出を辿ったソロツーリング。

 

いつもよりたくさん 写真を撮ってやりました。

 

 

 

RSタイチ(アールエスタイチ)バイクジャケット ブラック/ホワイト (サイズ:L) クルーメッシュジャケット RSJ317

新品価格
¥17,278から
(2018/4/6 23:52時点)

 

 

 

RSタイチ(アールエスタイチ)ヒップバッグ ホワイト 容量10L RSB268

新品価格
¥6,906から
(2018/4/6 23:52時点)

 

 

 

IMG_2864.JPG

 

 

IMG_2876.JPG

 

 

DSCF9820.JPG

 

 

 

 

 

 

 

おしまい

 

 

日本ブログ村 全国ランキング参戦中!

 

 

涙は口をきかない悲しみのことばである。

   −−− ヴォルテール 「哲学辞典」 −−−

 

 

 

クリック ↓

 

 


にほんブログ村

 

 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM