仲間とツーリング (櫓組の皆さん&職場の先輩)

  • 2018.07.17 Tuesday
  • 16:12

 

 

いつも仲良くさせていただいている、キム兄さん代表の櫓組(ツーリングやキャンプ好きの集まり)の皆さんと

 

私のアフリカツインのお披露目ツーリング

 

 

 

 

MT−07 XSR900 トレーサーと、皆さん そろってYAMAHA党

 

そんな中に私だけHONDAな組み合わせ。

 

しかし、こうやって並べてみると 改めてアフリカツインのでかさが分かります。

 

 

 

 

 

写真の様に、見事な鉛色の空。 午後からは雨の予報でしたが、

 

それでも私の為に集まってくれた皆さん。  本当にありがとうございました。

 

 

 

10時頃に集合&出発して、2時間ほど経つと案の上 雨が降り始めました。

 

 

 

 

 

 

なので、走っているのはこの2枚だけ・・・。 (;_:)

 

 

皆さん カッパは持ち合わせてませんでしたので

路面が完全に濡れて、水しぶきが上がりだす前に帰りましょうと 早めの解散!

 

 

 

 

しかし、雨が降ると分かっていても私の為に集まってくれる仲間たち

 

バイクが私に与えてくれた、最高の宝物です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして  日を改めまして・・・。

 

 

 

DSCF0993.JPG

 

今度は職場の先輩と お披露目ツーリング

 

実は私のお披露目だけでなく、先輩にとっても お披露目ツーリング

 

今年4月に ビックボーイから レブル500へ華麗なる乗換え  

 

 

 

 

 

シンプルを突き詰めた

 

クール&タフなデザイン!

 

 

 

 

DSCF0994.JPG

 

 

タンクからフェンダーの掛けて、艶消しのマッドな質感で仕上げられております。

 

 

 

 

DSCF0999.JPG

 

低速のトルク感に溢れた 水冷4ストロークDOHC4バルブ2気筒500ccエンジン

 

私のアフリカツインと似た感じの ドコドコとした

 

エンジンの脈動を感じられる 味付け。  

 

 

 

 

 

DSCF1002.JPG

 

 

 

DSCF1011.JPG

 

 

湯布院から日出生台をかすめて、院内へ

 

 

がっちり体系の先輩の乗るレブル、迫力満点!

 

 

DSCF1012.JPG

 

しかし、バイクに乗っていても汗ばむ気候になってきました。

 

 

 

 

DSCF1040.JPG

 

 

 

DSCF1046.JPG

 

 巨石の景観が見事な『仙の岩』の前で小休止。


バイクって走っている分は涼しいのですが、この時 走行風で体表の熱や水分を奪わらる過程で、意外に体力を消耗しているものなんです。


走り終わってバイクを降りた途端に、ガクッと疲れが襲ってる。なんて事も。

 

DSCF1031.JPG

 

 

そんな状態では集中力が削がれ、正確なバイク操作ができなくなり、事故のリスクが増してしまいます。


なので特に夏場のツーリングは、小まめな休息&水分補給がじゅうようになってくるという訳なのです。



 

DSCF1039.JPG

 

 今度は安心院(あじむ)から、耶馬渓まで移動。

 

 

 

 

 

耶馬渓  青の洞門

 

 

 

 ここらで昼ごはんタイム!

 

 

 

IMG_4441.JPG

 

 

地鶏料理で私一押しのお店


『とろろの湯』さんです。


元々は温泉施設だったのですが、そこで提供される地鶏料理で評判に火がつき、耶馬渓のグルメスポットとして有名になりました。



 

IMG_4439.JPG

 


地鶏のタタキ定食。


全く癖のない、まるで馬刺しの様なタタキ肉

酸っぱ過ぎないポン酢はほんのり柚子の香り。


白ごはんか、 炊き込みご飯か選べる上に、おかわりは自由!



お好みで柚子ごしょうの追加もどうぞ。



 詳しい場所やらは わたしの過去記事をご参照頂ければ幸いです。


旅人の日記『耶馬渓  とろろの湯』↓


http://kingxcat.jugem.jp/?eid=656





美味しいものをしっかり頂きました後は、私の買い物に付き合って頂きました。

 

IMG_4443.JPG

 

 行きつけの酒屋さんで 焼酎『耶馬美人』の補充

(^○^)


この夏は、こいつのロック&水割りで頂きマンモス。



 

IMG_4446.JPG

 

 

湯布院〜院内〜安心院〜耶馬渓〜志高湖で解散


という、大分県民バイク乗りの定番コース。


200km弱の程よいショートツーリングを楽しみました。







ちょっと夕方の保育園のお迎えの時間まで間がありましたので、私はさらに寄り道。



 

IMG_4729.JPG

 


『森のごはんやさん』で、挽きたて豆から抽出さらたこだわりのアイスコーヒー

 

IMG_4731.JPG

 

 設置されていたライダー用の雑記帳に、ちょいと書き記させて頂きました。

 

IMG_4734.JPG

 

 

 

木陰でハンモックに揺られながらまったり。


危うくそのまま眠りに落ちかけたので、慌てて帰路に着きました。




おしまい



日本ブログ村全国ランキング参戦中!


『チャレンジして失敗する事を恐れるより、何もしない事を恐れよ。』

---  本田宗一郎  ---  


 

 

 

梅雨の合間の近場ツーリング (産山牧場)

  • 2018.06.26 Tuesday
  • 17:42

 

 

憂鬱な梅雨の真っただ中。

 

今にも雨粒が落ちてきそうな鉛色の空ですが、せっかくのお休み。

 

 

降り出してもすぐに折り返せそうな近場をブラリとツーリング

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_4611.JPG

 

阿蘇方面のツーリングスポットとしては、大観望で霞んでしまっている感のある場所

 

『産山牧場』でございます。

 

そびえ立つ一本の風力発電の風車がトレードマーク

 

 

 

 

 

IMG_4616.JPG

 

本来であれば、緑の牧場の中、一面の青空をバックに スッと伸びる一本の風車が絵になる場所ですが

 

この日は ちょっとアレな感じです・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_4610.JPG

 

阿蘇五岳の根子岳のシルエットも 霞んでますね・・・。

 

 

缶コーヒーを飲みながら休憩していると

 

 

 

 

IMG_4612.JPG

 

なんと、敷地内にヤギがフリーダムな状態で徘徊していました。

 

敷地内と、道路を隔てる様な柵は無いのに お利口さんだ事。

 

 

 

 

 

 

ベンチでマッタリしていると・・・・。

 

 

 

 

IMG_4613.JPG

 

 

ぐいぐい寄ってきました。

 

 

 

 

それどころか  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じで 足を膝の上に突いてきて餌をねだる始末。

 

ヤギさんの脚ってひずめみたいになっていて硬くて鋭いから

 

もしウェアがナイロン生地とかだったら、破れる可能性もあります。

(あまりにビックリしたので 写真に収めていませんが)

 

 

 

 

IMG_4614.JPG

 

 

山岳の岩場で暮らすヤギさんにとって、ベンチや机は絶好の遊び場の様です。

 

 

放し飼いの放免主義のためか、彼らのボディーからはそれなりの臭いがしていたので、

 

適度な距離感で戯れまして

 

 

DSCF1170.JPG

 

 

その後は 産山牧場周辺の牧場道を走って自宅方面へ

 

 

 

 

 

DSCF1160.JPG

 

 

途中面白いものを見つけました。

 

 

 

 

 

IMG_4618.JPG

 

一面にばら撒かれた 巨大なマシュマロ

 

『牧草ロール』

 

中には家畜用の牧草が詰まっております。  

 

ただ保存されているだけでなく

内部で発酵が促進され、より栄養価が高くなるそうです。

 

(豆を納豆みたいにする感じかな?)

 

 

 

DSCF1152.JPG

 

しかし、こんなに無数に、広範囲に転がっているのは初めてお目に掛りました。

 

 

広大な阿蘇の牧草地ならではの光景ですね。

 

 

 

 

DSCF1147.JPG

 

 

 

 

 

 

DSCF1155.JPG

 

 

この牧草ロール、作る機械の種類によって 大きさは様々な様ですが

 

 

こんな感じで作成されるそうです。

 

 

 

 

(YOUTUBE  那須高原ペンションローレルさん より引用)

 

 

 

 

あれ?まだ巻くの?って位グルグル巻くのですね。

 

もしあそこに正座して座ってたら、人間もグルグル巻きにされちゃうのかな??

 

 

 

 

 

 

 

DSCF1161.JPG

 

 

ここにあったロールは、 どれも2mサイズで迫力満点^^

 

 

しばらく この変わった風景を楽しんだ後は

 

 

 

 

 

 

 

DSCF1171.JPG

 

 

再び牧場道を経て、やまなみハイウェイへ

 

その頃には鉛色だった空も青空に変わっていましたので、

 

もう少し寄り道してみる事にしました。

 

 

 

IMG_4402.JPG

 

自宅からバイクで15分程の場所にある 森の中のカフェ

 

『森のごはんや』さんへ。

 

 

 

IMG_4373.JPG

 

 

自分の愛車を眺めながら、豆から抽出されたこだわりのコーヒーを頂きます。

 

 

オーナーさんから、

もっとバイカーさんに来てもらうにはどうしたらいいかな?』と相談を受けまして・・・。

 

とりあえず、バイカーが痕跡を残したり、相互情報共有できる様な

バイカー用の雑記帳を置いたり、訪問記念で愛車との写真アルバムを作ってみてはどうかと具申してみました。

 

近々、さっそく採用してくれるそうです^^

 

 

 

IMG_4378.JPG

 

 

残念ながらハンモックはちょっと湿っていたので、またの機会に。

 

 

 

 

 

IMG_4405.JPG

 

 

 

梅雨の時期は、こんな感じのソロツーリングを楽しんでおりますです。

 

 

 

 

おしまい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本ブログ村全国ランキング参戦中!

 

教育とは、学校で習ったことをすべて忘れた後に残っているものである。』

   −−− アインシュタイン 「教育について」 −−−

 

 

 

クリック  ↓

 


にほんブログ村

 

アフリカツインADV-S  慣らし運転ツーリング (杖立温泉〜八女 編)

  • 2018.06.01 Friday
  • 20:16

 

 

 

DSCF0554.JPG

 

 

 

 

 

 

 

前回までのあらすじ

 

月面より発掘された謎に包まれた機体 

 

 

そのカラーリングから 太古の昔 世界の人口を1/4にまで激減させたと言われる世界大戦『厄祭戦(やくさいせん)の直接の原因となった、ガンダムタイプの機体である事が分った。

 

 

いかなる路面にも対応しうる高い汎用性・走破性を持つその機体は、稼働のために限りある資源であるガソリン(化石燃料と呼ばれる太古の有機物が凝縮された液体)を命の糧とする忌むべき機体であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

大戦の再来を恐れ、再び機体を封印しようとする元老院

 

 

しかしその機体に これからのライダー人生の希望を感じ取ったノンは 元老院の支配のおよばぬ古(いにしえ)の都ショーナイにて、ついに禁断の機体を起動させるのであった。

 

 

今、世界は 再びガンダムによって変わり始める・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

という訳で、 

 

ガンダムの様なカラーリングでちびっ子に大人気の アフリカツインADV−S

 

すれ違った子供の振り返り二度見率は80%、 そして20%程は手まで振ってくれる始末。

 

 

悪魔の様な外観と 漆黒のカラーリングだったZZR1400の時には得られなかった現象。

 

 

 

 

 

そんな微笑ましい変化も感じながらの 慣らしツーリング第二弾!

 

 

 

 

DSCF0559.JPG

 

 

どうせ走るなら 気持ちの良いコース

 

九重〜日田を繋ぐ 『ファームロード Waita(わいた)』へ

 

 

 

DSCF0560.JPG

 

 

九重や久住の道と言えば 『やまなみハイウェイ』や『ミルクロード』が有名ですが

 

この広域農道 『ファームロードWaita』も 負けない位の快走路!

 

 

 

 

 

地図からも

峠や農場の周辺といった、高低差や視界の変化が楽しい道である事が分ります

 

 

 

位置的には やまなみハイウェイから少し離れますが

 

周辺には 九重夢大吊橋や鍋が滝、杖立温泉など、見所たっぷりの寄り道スポットがあります。

 

 

 

 

 

 

展望はあまり良いとは言えませんが、路面も綺麗で

 

コーナーもそんなにタイトな場所は無く、アメリカン等どんなタイプのバイクでも気持ち良く走れるレイアウトです。

 

 

もちろん信号も無く、渋滞とは無縁。

 

 

 

 

そんな場所なので、やはりライダーや四輪の走り屋も多いせいか、至る所に『死亡事故発生箇所』とか『速度取締区間』等の注意喚起の看板が、墓標の様に設置されております。

 

実際 ちょっと油断したら いつの間にか○○km/h出てた! なんて事になる位に走り易いので、十分な自制心を持って走りましょう。

 

 

 

 

DSCF0568.JPG

 

 

途中、杖立方面への観光案内の看板が見えてきます。

 

 

 

 

DSCF0569.JPG

 

 

とにかく様々な路面・シュチュエーションで距離を稼ぎたい 慣らしの旅

 

 

思い付きで、杖立温泉方面へ行ってみる事にしました。

 

 

 

 

 

 

DSCF0579.JPG

 

ちょうど 杖立温泉は『こいのぼり祭り』の期間中でした。

 

風光明媚な温泉街の川の上に、無数の鯉のぼりが 色鮮やかに泳いでおりました。

 

↑ 写真では めざしの様に力無く垂れ下がった鯉のぼりも

 

風が吹き始めると

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF0595.JPG

 

心地よい風を受けながら、皆一方向に向かって泳ぎ始めます

 

ノン

『今日はツーリングで一人で来たけど、今度は家族で来よう!』

と、奥さんにラインで画像を送っておきます。

 

こうすると、自由気ままな一人勝手ソロツーリングに 

 

家族でお出掛け出来そうなスポットに目星を付ける、とい大義名分をかざす事が出来ます^^

 

 

 

 

 

DSCF0629.JPG

 

赤、青、黒やピンク。  色取り取りの鯉のぼり   

 

アドスポのボディーカラーに良く映えます。

 

 

 

 

 

鯉のぼりの時期(5月)という事は、藤の花や新茶の時期だなあ・・・。

 

という事で、このまま杖立〜上津江を経由して 八女まで足を伸ばしてみる事にしました。

 

 

 

 

 

 

上津江〜八女方面を繋ぐ国道442号は 

熊本や福岡方面のライダーが やまなみハイウェイや大観望へ訪れる際によく使われる快走路。

 

 

 

 

 

前傾姿勢のZZRとは違い、腰の伸ばせる乗車姿勢で

 

手首、足首、膝の窮屈さは一切無し。  防風のカウリングも優れているADV-S

 

自宅を出てここまでで既に80km程を走っていますが、まるで近くのコンビニまでしか来ていない感覚

 

 

 

 

 

 

 

このまま快適な442号と走るのが退屈に感じて来るほどです。

 

そこで、あえて442号から逸れて、 

グネグネの峠道を走る事になる 県道57号を迂回して星野村経由で向かって見る事にしました。

 

 

 

DSCF0821.JPG

 

ちなみに、この県道57号〜星野村への道のりは 過去記事を御参照ください

 

 

旅人の日記 『八女ツーリング (頑張れ 星野村 編)

 

http://kingxcat.jugem.jp/?eid=639

 

 

なんと前回は4年前!  しかもZZRで・・・。  ちょっと無茶してました^^;

 

しかしコメント欄では、次はWRで来るでしょう。  と宣言しておきながら、まさかアフリカツインで来る事になるとは。

 

この時は夢にも思って無かったでしょう。 

 

元気にしてますか?  夜半さん!

 

 

 

 

DSCF0828.JPG

 

 

相変わらずの狭路な上に、道の両端は小石や落ち葉の地雷満載

 

 

 

DSCF0832.JPG

 

 

山間部の狭路によくある 雨量交通規制看板!

 

 

ZZRではあれだけ苦戦した狭路&グネグネ道も、アフリカツインならスーイスイ

 

 

 

 

 

DSCF0825.JPG

 

 

もうこの辺りから茶畑がいっぱい。

 

景色を楽しむ余裕もあります。

 

 

DSCF0829.JPG

 

四国の439号(与作)に雰囲気が似ているかな?

 

山間に時折点在する民家。平家の隠れ里みたいです!?

 

 

 

DSCF0840.JPG

 

 

狭路区間さえ抜ければ、とっても走り易い山間部の田舎道をのんびり走れる 

趣ある道へ変貌

 

 

 

 

 

DSCF0836.JPG

 

 

この辺りに来ると 『日本一のシャクナゲ園』という文字を見る様になります。

 

個人のお宅の裏庭もすごーい!

 

村おこしの一環で 村ぐるみでシャクナゲの植樹に取り組んでいるのかな?

 

 

 

 

DSCF0891.JPG

 

せっかくなので、星野村の星の花公園にある『シャクナゲ園』へ寄ってみました。

 

しかし、しゃくなげのシーズンは4月中旬〜5月上旬位まで。  

残念ながら見頃は過ぎておりました。

 

 

そのため600円の入場料が半額の300円になっていました。

 

 

 

『星の花公園』公式HP

 

http://hoshihana.jp/

 

 

 

 

 

DSCF0844.JPG

 

 

 

『天空の庭園』と言われるだけあり、花の美しさに加えて

 

星野村を一望できる展望も見所です。

 

 

 

DSCF0846.JPG

 

星野村の主要部  

 

 

 

 

 

DSCF0852.JPG

 

しゃくなげ園のシーズンは終わっていましたが、 まだ見頃のつつじも植えられていました。

 

お花だけでなく

 

 

 

 

DSCF0859.JPG

 

地元の皆さんが 観光資源のために頑張って作ったぞ!な感じが満載でした。

 

 

 

 

 

DSCF0860.JPG

 

 

 

DSCF0861.JPG

 

なんと、奥に見える東小屋の隣にキリンが!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF0871.JPG

 

近づいてみると、なんと バイソンまで (笑)

 

 

 

DSCF0872.JPG

 

 

たくさんの木彫りの動物が展示されたコーナー

 

 

DSCF0873.JPG

 

どれも完成度が高くて、見応え抜群!

 

しゃくなげが枯れていても、寄った甲斐がありました (笑)

 

 

 

DSCF0874.JPG

 

 

おや まあ、 あのキリン

 

よーく見たら 立派な『ふぐり(き○玉)』付きですか??

 

 

 

 

DSCF0875.JPG

 

いいえ!  なんとスズメバチの巣でした!

 

さすがに すでに空き家。

 

 

 

DSCF0876.JPG

 

 

何となく スターウォーズの建設中の デススターに見えません?

 

 

 

 

 

DSCF0878.JPG

 

 

驚いたのは、その精巧な作りだけでなく

 

ほとんどの作品は ´継ぎ目´が見当たらないんです!

 

 

DSCF0877.JPG

 

 

継ぎ目が目立たない様につくられたのかな?

 

それとも、職人の技術で 一本の木から彫り起こされたのでしょうか!

 

 

 

 

 

DSCF0880.JPG

 

 

圧巻は、このキノコ!

 

一番難易度は低そうですが・・・。

 

 

 

DSCF0882.JPG

 

 

下のベンチとの継ぎ目を見てください!  

木のスジが ベンチの部分からキノコの部分まで繋がっています。

 

 

って事は、 作ったキノコをベンチの上に固定したわけではなく

 

全体を一本の巨木から彫り出したって事ですよね!

 

 

 

 

 

 

 

 

なんか、しゃくなげの花の美しさやら 星野村の景観やらの感動が一気に霞む位のインパクトを、私の心の中に刻みつけてくれました。

 

 

 

DSCF0864.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

G0031657.JPG

 

星野村を後にして さらに30分程走ると、八女市の目的地に到着。

 

 

 

 

 

DSCF0893.JPG

 

巨大な茶畑  『八女中央大茶園』 です。

 

 

 

 

 

 

DSCF0896.JPG

 

 

周囲はお茶の匂いに包まれていました。

 

 

 

 

DSCF0898.JPG

 

コンデジの 『ジオラマモード』がとっても良く似合う風景。

 

 

 

 

 

DSCF0899.JPG

 

バイクで走るのに夢中過ぎて

 

せっかくお茶の本場の八女まで来ておいて、 コンビニで買ったペットボトルの『おーいお茶』を飲みながら八女の茶畑を眺める。という暴挙に及んだ私。

 

 

 

 

 

そのお茶は、いつもより ちょっぴり美味しい気がしました・・・。

 

 

 

 

DSCF0904.JPG

 

 

DSCF0906.JPG

 

 

DSCF0907.JPG

 

 

さあ、思い付きで 寄り道しながら来ちゃったもんだから

 

この時、すでに15時過ぎ・・・。

 

 

 

 

総走行距離はすでに580km程。

 

このまま往路で帰れば、慣らしの第一段階700kmに到達する計算。

 

 

 

ノン

『今ならまだ、今日の内にバイク屋さんでオイル交換出来るな・・・。』

 

 

 

 

 

って事で、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

約130kmをノンストップで復路!

 

しかーーし!  全然疲れないんです。    

 

 

 

これがビックオフカテゴリーバイクの『旅力』か!?

 

V−ストに乗る 愛媛県在住のお転婆ライダーさんのお友達の方が

「四国〜九州はご近所感覚です」と話していた訳が分った気がします・・・。

 

 

 

燃料が続く限りどこまでも走って行けそうです。

 

 

 

 

 

IMG_4121.JPG

 

さて、HONDAドリーム 別府店さんに滑り込んで

総走行距離700kmで 当初の予定通り オイル&フィルター交換!

 

次は2000km程走って 再度交換で慣らし終了予定。

 

思ったよりオイルは汚れてませんでしたが

(表面にメタリックな粉でも浮いてると思ってたけど、普通にちょっと茶色い位でした)

 

交換後は、シフトのタッチが激変!  スコスコと入る様になってきました。

 

次までの1300kmは 回転数5000回転まで解禁なので、ずいぶん走り易くなると思います。

 

もっともっと遠くまで行けそうです^^

 

 

 

 

 

おしまい

 

 

日本ブログ村 全国ランキング参戦中!

 

悪にかけても善にかけても英雄がいる。』

  −−−  ラ・ロシュフーコー 「道徳的反省」 −−−

 

 

 

クリック  ↓

 

 


にほんブログ村

 

 

ニューマシン 納車!

  • 2018.05.18 Friday
  • 18:27

 

タイトルの通り ZZRとお別れし

 

ついに ニューマシンの納車となりました。

 

 

DSCF0462.JPG

 

 

そんなニューマシンで 初めてのツーリング

 

ZZRとの最後のソロツーリングとなったルートを再び通ります。

 

 

湯布院〜やまなみハイウェイ〜大観望方面へ。

 

 

DSCF0465.JPG

 

(すでに このメータ周りで なんのバイクかお解りでしょうか??)

一応 長い付き合いになりそうなので、しっかり慣らし運転をします。
。毅娃亜腺沓娃娃襭蹐蓮_鹽梢遙械娃娃闇り
  そしてオイルとフィルター交換
△修海ら 回転数を5000まで解禁
 もう2000km程走って、もう一回オイル交換
そして全開解禁
というプランです。

 

 

 

 

 

DSCF0478.JPG

 

 

慣らし運転は距離だけを稼ぐのではなく、 適度なアップダウンやコーナーを交えたコースで

 

エンブレシフトのアップダウンをしっかり行い

 

サスやギアの慣らしもしていきます

 

 

 

 

DSCF0489.JPG

 

 

野焼の後、徐々に緑に色付き始めた阿蘇!

 

新たな生命の芽吹きを感じながら ニューマシンを走らせます。

 

 

ZZRとは まったカテゴリーの違うバイク。

 

バイクのメカニズム的な慣らしだけでなく、 

 

この機体に 私自身を慣れさせる必要もあります。

 

 

 

DSCF0491.JPG

 

 

 

 

 

さあ、ニューバイクお披露目 いつまで引っ張るのー? 

 

  ですって!?

 

  

 

 

DSCF0490.JPG

 

 

 

お待たせしました。

 

私のニューマシンの発表です!

 

    ↓

 

 

    ↓

 

 

    ↓

 

 

    ↓

 

    

    ↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF0494.JPG

 

 

ああー  阿蘇って美しいなあ〜  ・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

失礼、今度こそ発表です!

 

    ↓

 

 

    ↓

 

 

    ↓

 

 

    ↓

 

 

    ↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF0496.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、不意打ちで   どーーーーん!!

 

 

 

DSCF0482.JPG

 

 

ニューマシン 

『アフリカツイン アドベンチャースポーツ』

 

 

メーカー ホンダ エンジンタイプ 水冷4ストロークOHC(ユニカム)4バルブ直列2気筒
モデル名 CRF1000L アフリカツイン エンジン始動方式 セルフ式
タイプ・グレード - 最高出力 95ps/7,500rpm
動力方式 - 最大トルク 10.1kgf・m/6,000rpm
型式 2BL-SD04 車体重量(乾燥重量) -
排気量 998cc 車体重量(装備重量) 230kg
発売開始年 2018年 パワーウエイトレシオ -
燃料消費率 32.0〈2名乗車時〉 全長・全高・全幅 2330mm × 1475mm × 930mm
燃料タンク容量 18.0リットル シート高 870mm
航続可能距離 576.0km(概算値) フロントタイヤサイズ 90/90-21 M/C 54H
燃料供給方式 電子式〈電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)〉 リアタイヤサイズ 150/70R18 M/C70H

 

 

4月2日 正式発売

 

納車整備で1週間程かかり、 この記事が 4月中旬の事を書いていますので

 

たぶん  

大分県では このアドベンチャースポーツと言うグレードの納車第一号です。

 

 

(全国的に見ても バイクの聖地 大観峰に アドスポ乗り入れ第一号と思われます)

 

 

DSCF0507.JPG

 

なお、H30年4月より HONDAの二輪販売網が整備統合され 

400cc以上の大型車はドリーム店(一定基準の整備体制や 店舗条件を満たした販売店)でしか買えなくなりました。


 

と言う事で大分県では唯一のドリーム店 

『ホンダドリーム 西日本オート』でのアドスポ納車正真正銘の一番乗りでした。

 

 

 

 

 

IMG_3594.JPG

 

 

 

 

 

 

 

DSCF0521.JPG

 

 

詳しい装備やら 乗り味やらは 

 

また別の記事で書いて行きたいと思いますが・・・。

 

 

 

DSCF0639.JPG

 

まずは、こいつの本当の性能を試す前に

 

早く慣らし運転を終わらせたくて、極力距離を延ばせる様に 大観望〜阿蘇山周辺を走りまくりました。

 

 

 

登り有り、下り有り、カーブもストレートも適度にあり

 

おまけに走って気持ちいい!

 

慣らし運転にはうってつけのコースです^^

 

 

 

DSCF0641.JPG

 

草千里にやってきました。

 

奥に見える阿蘇山火口からは、モクモクと湯気が立ち上っています。

 

 

 

 

DSCF0642.JPG

 

最近 鹿児島・宮崎の霧島連山やら 硫黄山やら ハワイの火山やら 世界で火山活動が活発化してきている様で

 

阿蘇山も ちょくちょく立ち入り制限が発動します 

 

この日も『あれ? こんなに湯気が立ち上ってたっけ?』って位 モクモクと立ち上っていましたが

 

火山列島日本で 火山を気にし過ぎていてはきりがありません・・・。

 

 

きっと私の新車の納車を祝ってくれているのだ と思う事にしました

 

 

 

 

 

DSCF0651.JPG

 

野焼が終わって 徐々に緑が芽吹き始めた草千里  ↑

 

 

こちらは 三月末日の 野焼直後の 草千里   ↓

 

 

DSCF9791.JPG

 

 

 

 

 

DSCF0643.JPG

 

 

この日は阿蘇山火口までは行きませんでしたが、

 

草千里から見える湯気(噴煙?)は、刻一刻と量や形が変わっていました。

 

 

 

 

 

DSCF0646.JPG

 

この地下に眠るマグマのエネルギー、生きている地球の脈動。

 

そんなものを感じさせる景観です。

 

 

 

 

 

 

 

しばらく草千里でマッタリした後は、再び阿蘇市内まで下りまして

 

 

 

 

 

DSCF0676.JPG

 

 

ZZRのお別れツーリングの時にも寄らせて頂いた 

『鉄板焼まーぼー』さんで昼食。

 

 

 

DSCF9747.JPG

 

 

もちろん 看板メニューの 『阿蘇赤牛とガーリックライス』

 

 

なぜ、今回も昼食をこちらで頂いたかと申しますと

 

 

 

 

DSCF0675.JPG

 

なんと こちらのお店のオーナーさん 

アフリカツインのユーザーだったのです!

 

 

 

 

ZZRでお邪魔した時に、少しお話しまして

 

『実はこのZZRともお別れなんですよ〜』

 

店長

『あらあ・・・。  次は何に乗り換えるの?』

 

 

『アフリカツインに』

 

店長

『おお! 実は私もアフリカツインなんですよ〜 ^^ 納車したらぜひ見せてくださいね!』

 

『おお!  なんという偶然!』

 

 

 

 

なんてやり取りがあったんです。

 

 

 

たまたま立ち寄ったお店の店長がアフリカツイン乗りだった事

 

食後に丁度お客さんが少なくなって、ゆっくりバイクの話が出来た事

 

本当に色々な偶然が引き合わせてくれたのです

 

 

 

 

ZZRとのお別れを ただただ悲しんでした時期に

 

´納車されたら ぜひここの店長に見せに来よう´ という 乗り換えの背中を押してくれたエピソードでした。

 

 

 

 

 

 

DSCF0674.JPG

 

店長のアフリカツインはたしか2017年モデルのプロミネンスレッドですが、 黒にシックにまとめたい という意図で

 

外装を2018年モデルから設定されているマッドブラックの外装一式に換装していました!

 

大型アンダーガードも塗装 タンクも黒色タンクカバーで綺麗に覆ってあります。

 

もともと 赤色の外装だった事は まったく解りません。

 

 

 

他にも ワイドフットペグやラジエターガード、フォグランプに ヘッドライトガード

 

タイヤもオフロード寄りのブロックパターンをチョイス。 等等

 

ラリーテイストと、アーバンテイストが程良く融合した スペシャルな一台に仕上がっておりました!

 

 

 

 

 

 

 

 

私のアフリカツインも、納車に間に合わなかったパーツが届いて、

 

完全体の姿になった後に 再び見せに来ることを約束しました。

 

 

 

DSCF0552.JPG

 

納車&慣らしツーリングの 記念すべき一日目の〆は

 

自宅の近くの神社に こいつの安全運航、無病息災祈願へ寄らせて頂きました

 

 

 

 

DSCF0529.JPG

 

以前も紹介した 馬・牛を祀る神社

 

狛犬 ならぬ 狛馬(コマウマ) & 狛牛(コマウシ) !?

 

 

 

DSCF0530.JPG

 

 

 

DSCF0532.JPG

 

 

この鉄馬とも、これから末永く過ごせる様にお願いしてきました。

 

 

 

 

 

IMG_3839.JPG

 

 

 

IMG_3838.JPG

 

狛犬さん

『ちゃんと私も居るんだぞ〜』

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、ZZRとのお別れを私以上に悲しんでいた

 

 

このお方も・・・。

 

  ↓

 

 

 

IMG_3852.JPG

 

 

どうやら 受け入れてくれた様です。

 

ユーリ

『新しいお馬さん!  白いお馬さ〜ん』

 

 

ノン

『そうだよ、これが連邦の白いやつだよ』

 

 

 

 

 

 

IMG_3876.JPG

 

マイガレージへの収まりも良いです。

 

 

 

 

次回、慣らしツーリングの様子や

 

簡単なインプレ 買い替え動機など書いて行ければな と思っております。

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_4309.JPG

 

 

 

 

おしまい

 

 

日本ブログ村 全国ランキング参戦中!

 

人間が互いに愛情を示し合うところ、神は近くにある。』

   −−− ペスタロッチ 「リーンハルトとゲルトルート」 −−−

 

クリック ↓

 

 

 


にほんブログ村

 

 

 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM