熊本城 忍者現る! 

  • 2013.10.31 Thursday
  • 13:14

 
熊本市内に宿泊した我々の二日目の観光地は・・・。


2013-10-02_14704.JPG

地価の高そうな熊本市内にある

だだっ広い公園のど真ん中にある建物・・・。





2013-10-02_14707.JPG



2013-10-02_14711.JPG

ご存じ 『熊本城』 であります。


以下、ちょいちょいWikiより説明抜粋。



加藤清正により築かれた。日本三名城の一つとされる。

元々土木関係の工事に定評のあった清正。
そんな彼のアイディアを随所に盛り込まれて作られた城である。

たとえば「清正流(せいしょうりゅう)」と呼ばれる石垣の上に御殿、大小天守、五階櫓などが詰め込んだように建てられ、一大名の城としては「日本一」であるとの評価がある。









2013-10-02_14713.JPG



面白い雑学トリビア


その1

ある櫓の柱が腐ってしまった。
交換のため櫓の解体をしたところ、「この柱はどこそこの池に替えの木材を沈めている」と書いてあり、指定の池を調べたところ、木材が出てきて驚いたとの逸話がある。




その2

熊本城は「銀杏城」とも呼ばれている。
名前の由来は城内に植えられた
銀杏(いちょう)の木である。
これは、篭城戦になった時の食料確保のため、築城時に加藤清正がこの銀杏を植えたという。
朝鮮出兵での蔚山城籠城戦で食料不足に苦しんだ経験を生かしているといわれている

が、この銀杏の大木は雄木なので実はならない




その3

また、清正は「この銀杏の木が天守と同じ高さになった時にこの城で兵乱が起こるだろう。」とつぶやいたという言い伝えがある。
明治時代、清正が植えた銀杏の木は天守とほぼ同じ高さになっていたが、明治10年。
この時に
西南戦争が起こり、熊本の城下が戦場となった。



その4

銀杏の食糧作戦は失敗だが、水においては大丈夫だった。
朝鮮出兵における蔚山城籠城戦で、特に水で苦労したことから、城内に120箇所の井戸を掘り、籠城に備えている。
どの井戸も規模が大きくて深く、しかも水量が豊かであった。これらは
江戸時代を通じ、そして西南戦争で官軍が籠城した際にも使われ、官軍の勝因の一つとなった。

















日本一美しい城とも言われる、白と黒のツートン配色の美しさ。



2013-10-02_14717.JPG


博物館大好き、歴史建造物大好きノンさんもテンションは自然とMAX

















ちなみに、白黒のツートンと言えば






こういったモノを想像しがちですが・・・。





2013-10-02_14712.JPG

そういった目線で眺めると、 
なんだか警察関連の建物に見えてくるから不思議です。

これで瓦の真中に 金色の桜の様な形のアレが付いてたら、 もう完璧に・・・。






『ああ・・・。我々の血税でこんな豪華な庁舎を建てやがって』

『妊婦や子供に悪影響を与えるレベルの違法電波を人体に浴びせる 違法な取り締まりでヤクザ同然の強引さで我々から搾取した金を、こんな事に使いやがって』




と、なんだか無性に腹が立ってきたので











ネコ好きなノンさんは




こちらを思い浮かべる事によって

国家の犬に対するイライラを忘れ去る事に成功した。











2013-10-02_14720.JPG

うん。あの瓦から屋根にかけての曲線は

明らかにタキシード柄ネコのおでこを再現してるものだ。





2013-10-02_14723.JPG









さっそく城内にin!

内部は歴史の深さや 戦国文化の重みなど






一切感じられない セメント製の現代風!




熊本城にかかわる様々な資料が展示されておりましたが、資料コーナーは熱中して熟読していたので 写真は無し。











ただし、城内のある場所に、こんな隠しハートがあります。
御来場した際は、ぜひ探してみてください。

(けっこう簡単にわかります)


2013-10-02_14724.JPG



2013-10-02_14725.JPG

触ると御利益があるそうです。






2013-10-02_14729.JPG

天守閣からの眺めは格別。

市内を我が手中に治めたかのごとく
殿様気分が味わえます


2013-10-02_14728.JPG


ちょっとデジカメの望遠ズーム機能で遊んでみます。









2013-10-02_14726.JPG

堀の向こうの白い点は なんと結婚式前撮りのカップルでした。




2013-10-02_14732.JPG

反対側、正面城内では

なんか、かたまって座ってる一団がいます。



ズームすると・・・。




2013-10-02_14734.JPG


女子中学生が スケッチ中でした。
美術の授業でしょうか?





『貴様、スカートの中を狙ってるな!?エッチ、スケッチってか!』


ノン
『ち、ちがうお! (汗)』










『心配せんでも、あのお年頃は中にはちゃんと短パン履いてるのよー♪』




ノン
『うむう・・。男子の夢を打ち砕きおって!』




2013-10-02_14741.JPG

そんな世間の男子の夢はおいといて、



この日は城内のあちこちで写生大会がされており



2013-10-02_14740.JPG

気持ちの良い秋晴れの空の元

たくさんの学生が スケッチを楽しんでおりました。











光学32倍ズームならば、ここまで寄れます 

    ↓





描いてる絵まで見れそう。









ノン愛用のコンデジ ↓

ちょっとAFはおバカさんですが

色合いはコントラストが強めで
非常に鮮やかに撮れます。

FinePix F600EXR [レッド]

価格:24,800円
(2013/10/31 13:09時点)
感想(0件)



FinePix F600EXR [シャンパンゴールド]

価格:31,000円
(2013/10/31 13:10時点)
感想(0件)



《新品アクセサリー》 FUJIFILM(フジフイルム) 充電式バッテリー NP-50対応機種:X10、FinePix F600EXR、F550EXR、F300EXR、F200EXR、F100fd、F80EXR、F70EXR、F60fd、F50fd、REAL 3D W3 等

価格:4,200円
(2013/10/31 13:10時点)
感想(2件)



【送料無料】富士フイルム ソフトケース ブラック F SC-D30BK [SCD30BK]

価格:3,140円
(2013/10/31 13:10時点)
感想(3件)



[スマホ限定エントリーでポイント10倍!11/1 9:59まで]税込特価■E-7110 エツミ プロ用ガードフィルム AR (フジ_F600/F550EXR専用)

価格:1,120円
(2013/10/31 13:11時点)
感想(0件)






市内にも目を向けます。













ノン
『でたでた。クマもん』




【送料無料】富士フイルム ソフトケース ブラック F SC-D30BK [SCD30BK]

価格:3,140円
(2013/10/31 13:13時点)
感想(3件)



富士フイルム FinePix F600EXR シャンパンゴールド【送料無料】【激安】

価格:33,798円
(2013/10/31 13:13時点)
感想(0件)



FUJIFILM(富士フイルム) デジタルカメラ FinePix F600EXR レッド FX-F600EXR R

価格:28,276円
(2013/10/31 13:14時点)
感想(0件)





2013-10-02_14748.JPG

こんなモノもありました。


2013-10-02_14749.JPG

正面はなかなか精巧に作られた鎧の形状。

顔をはめるだけで、お手軽に鎧武者気分です。










2013-10-02_14752.JPG


嫁は お城を眺めながら

お抹茶を堪能されておりました。







2013-10-02_14755.JPG

一通り熊本城を楽しんで、大満足のノン


悔やまれるのは、同敷地内に建設されていいる 『市立科学博物館』が現在改装中だった事です(なんと来年の秋までの長期改装) 














さて、昼食に行きましょう。

と、熊本城を去る時に  

それは現れました!



2013-10-02_14758.JPG

石垣の真中あたり・・・。 

ご覧いただけただろうか?





2013-10-02_14759.JPG

清正は特に石垣造りを得意とし、熊本城では、始め緩やかな勾配のものが上部に行くにしたがって垂直に近くなる「武者返し」と呼ばれる形状の石垣を多用している。
難攻不落と呼ばれた
蔚山倭城(うるさんわじょう)に使用した築城技術を元にしたものである。

そんな堅固な石垣を、もろともせずに移動する 謎の人物



2013-10-02_14763.JPG


ざわつく周囲の観光客!


2013-10-02_14762.JPG

外人
『ワオ!  ニンジャ!?』


『So COOL !』





2013-10-02_14760.JPG

そう、彼そこ、現代によみがえった忍者・・・。


石垣に生えた雑草をモクモクとむしり取る
熊本市の嘱託清掃員という名の 忍者 である・・・。









つづく








日本ブログ村全国ランキング参戦中!
日本一美しいと称される城
それが熊本城である?

はい (クリック)
 ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 九州旅行へ
コメント
ノンさん おはようございます
お久しぶりです。ミリアです(^o^)丿
風邪などひいていませんか?
北海道はストーブをガンガン焚いて、部屋はぽかぽかですが、外はさむーっです。

熊本城の記事を見て、思わずコメントしてしまいました。
私もこのお城に冬と夏に行きましたが、ホント素敵なお城でした。また行きたいです。そして、いきなりだんごをまた食べたいなぁって思っています(*^^)

この冬休みも九州へ行こうと考えています。

九州、どっぷりハマってしまいました。

では また〜(^o^)丿
  • ミリア
  • 2013/11/04 8:01 AM
>ミリアさん
コメントありがとうございます。
そして、御無沙汰しております。

私も今年に入り、熊本の『天草方面』や『南阿蘇方面』に訪れる機会がありまして、改めて熊本の魅力を再発見している次第です。

間もなく記事にする予定ですが 南阿蘇の俵山や通潤橋もなかなか必見の観光スポットですよ!

いらっしゃる具体的な時期や場所等わかりましたら、お伝えください。微力ながらアドバイスやプランニングなど可能な限りお手伝いしたいと思います!
  • のびのびノン
  • 2013/11/05 3:08 AM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM