春の柳川 川下り編 その1

  • 2014.04.14 Monday
  • 02:01

三月下旬(3月27日)のお話

DSC_00000.JPG

夫婦でプチ旅行を楽しみました。

まだ通勤割引時間帯の内に高速道路に乗って、


DSC_000000.JPG

ちょろっと北上。



DSC_000002.JPG


九州自動車道をぐんぐん進むたびに、周囲の桜の開花度も上がっていきます

DSC_000003.JPG

3月27日の段階の大分市内では、まだまだ桜は開花していませんでしたが

山田SAの敷地内の桜は 丁度満開!

わずか100km程の距離で こんなに差がでるのですね!

  


冒頭で『北上』なんてオーバーに書きましたが




実際は西へ向かう感じで  大分〜熊本へ

今回の旅の目的地は 『熊本県の柳川』です

DSC_000004.JPG

『みやま柳川IC』を降りると、すぐに綺麗な道の駅がお出迎え。

山田SAでしっかり休んでいたので、ここは華麗にスルーして・・・。


DSC_000005.JPG

みやま柳川ICからバイパスを使って、あっという間に柳川市内いり。


目的はもちろん

DSC_000007.JPG

柳川といえば、『川下り』です!


DSC_000008.JPG

街の中は橋だらけ。


そして




ご覧の通り、川・お堀だらけ


前回の柳川体験は 
キム兄さんが企画してくれた 真冬の耐寒ツーリング。 風流な掘りごたつ船で、冬の柳川情緒を楽しみましたが


『柳川の川下りツーリング その1』
http://kingxcat.jugem.jp/?eid=281


『柳川の川下りツーリング その2』

http://kingxcat.jugem.jp/?eid=282

『柳川の川下りツーリング その3』

http://kingxcat.jugem.jp/?eid=283








DSC_0001.JPG

今回は時期的にコタツは無し・・・。


その代わりに






DSC_0003.JPG

桜が満開!  


DSC_000009.JPG

柳川の川下りについては、先ほどご紹介した

前回の柳川観光記事に詳しく書いておりますのでご参照ください。




DSC_00000010.JPG

という事で、今回は さーっと流しながらの御紹介・・・


DSC_0006.JPG

前日が雨という事もあり、川の水が少し濁っていましたが

おかげで水量は多く、ベーシックな柳川が楽しめました。



DSC_0000011.JPG

今回の船頭さんは若くてイケメン!


こういった職業は、何となく職人的な技術を要するので
 親から子に受け継がれる世襲制度と思っていましたが・・・。



船頭さん
『あ、高卒で柳川観光に就職しました(笑)』




ノン・嫁
『ギャフン』






DSC_0000014.JPG


お堀の両岸には桜が咲き乱れております。

これぞ春の柳川の醍醐味


DSC_0000012.JPG


ノン
『ん? あの白いのは何かしら』


船頭さん
『あれは、昨日使ったカッパを干しているんです』
『低い橋をくぐったりするので、船に屋根が着けられませんからね・・・。』


『四季を通じて楽しめる柳川、夜桜や花火等 時間に関係なく夜も風流な柳川』


『ただ、雨の日だけには弱いんです』







『晴れてよかった!』





DSC_0019.JPG




DSC_0020.JPG



桜の花も綺麗ですが





DSCF9538.JPG


柳川といえば


DSCF9539.JPG

柳の木でしょう。

春になり芽吹き始める柳の木   

新緑の柳もなかなか趣がありますね




DSCF9541.JPG

昔の水上城門 




DSCF9542.JPG




DSCF9544.JPG

こういった重要な史跡がしっかり残されていたり



DSCF9550.JPG

普通の民家の壁が白塗り壁だったり

柳川という町全体が、環境保全・雰囲気作りに取り組んでいる感じでした。



DSCF9551.JPG

前日の雨で 若干いつもより水量が多い様で、

橋をくぐる時は、いつも以上にスリルが味わえます。

みんな一斉に頭を下げます









DSC_0014.JPG


無事にくぐり抜けた様です。


ちなみに向こうの船は 流れに逆らって進むルート。

つまり川下り ではなく 川登り  






柳川市内には数々の川下り業者が存在し、
それぞれが違うルートを開拓していたり、
船の上でランチ(もちろん柳川名物 鰻のひつまぶし)を出したり、
20分程度のショートコースがあったりと、

それぞれオリジナリティーのある川下りを展開しているそうです。





DSCF9552.JPG

ちなみに、あちらの独特なファッションセンスの御一団は
かの国の裕福層の方々らしく、異常なテンションで盛り上がっておられました。







DSCF9556.JPG





DSCF9582.JPG


ノン
『何か来るね』



DSCF9583.JPG


『がちょうや。がちょうの一種』



DSCF9584.JPG

ノン
『カモだね』






こんな馬鹿げた会話をしていたものですから、乗船していた他の人々が明らかに笑いをこらえていました。



川下りの船は 貸し切り以外は 基本相席なんですが、
こういった見ず知らずの人たちとの妙な一体感も
柳川川下りの魅力なのではないでしょうか。







つづく





日本ブログ村全国ランキング参戦中!

『誰の言葉にも耳を貸せ 口は誰のためにも開くな』
     −−シェイク・スピアーー (ハムレット代6幕)

クリック ↓



にほんブログ村 旅行ブログ 九州旅行へ
にほんブログ村
 
コメント
柳川といえば・・・野球が強い。

そして・・・柳川鍋!
どじょうー!
どんな味がするんだろうか・・・

雨の日もやることに驚きですね。

ノンさんが写真に夢中で橋桁にぶつかって川に落ちるところまで予想しておきます!(゚∀゚)
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM