八女ツーリング (八女津媛神社編)

  • 2014.06.14 Saturday
  • 09:48


八女ツーリングの続きです。




DSCF0601.JPG

上津江を抜けると、八女市に入ります。

この辺りは 矢部村という場所になります。  

もし間違っていたら、きっと夜半さんがコメントで訂正してくれます。





DSCF0602.JPG

このまま442号線を直進すれば ゴールの八女市内ですが、

今回はちょっと寄り道です。

寄り道・・・。 というより、 今から行く場所こそが 私の今回の旅のメインです。




DSCF0604.JPG

さすが八女市。  こんな山の中から もう茶畑です。




地図記号だと、これです↑

農地として田や畑 の中に大まかに組み込まれるのではなく、独立した記号を与えられている茶畑さん

「日本人ならお茶だろ!」 は伊達ではありません。



記号の形状としては

「田」 「畑・牧草地」辺りと混同されやすく、「名所」においては嫌がらせの様なそっくりさ。


社会科のテストにおいて、全国の小学生諸君を欺き、

恐怖のずんどこに叩き落とした強敵。  それが『茶畑』!!





ノン
『そんな私も、茶畑記号に踊らされた犠牲者のうちの一人なのだよ・・・。』







そんなほろ苦い思い出と共に、

なぜか口の中に広がる、香ばしくもほろ苦い香り・・・。





DSCF0605.JPG

それもそのはず。 もう、あっちこっちにお茶工房が!

ここに訪れたのが五月のお茶の収穫シーズン最盛期。

オーバーな表現ではなく、ほんとにこの辺の地域一帯が茶の香りに包まれているのです。




 




そんな矢部村の少し山奥に、それはひっそりとありました。






DSCF0606.JPG

『八女津媛神社』です。

八女市の名前の由来ともなった八女津媛を祀る神社です。


その歴史は古く、日本最古の古文書『日本書記』にも記されているそうです。


「この地に女神あり、その名を八女津媛といい常に山中にいる。」
                −−日本書記よりーー




縁結び・家内安全・安産祈願の御利益に加えて

すごく癒やしのパワーを発するパワースポットとして名を馳せている場所なのです。








DSCF0607.JPG

神の住まう場所の木々は大きく育つと言います。

ここ八女津媛神社もその御多分に漏れず



DSCF0609.JPG

天然記念物にも指定される程の 見事な杉の木があります。


DSCF0608.JPG

あまりに大きく、広角なレンズを持つデジカメでも全景を写す事ができません。

それほどに立派な杉の木でした。



DSCF0610.JPG







ノン
『おや、ここにも何かあるぞ』



DSCF0614.JPG



DSCF0611.JPG

幸運を呼ぶ湧水とな。

ノン
『ほう、それはあやかりたい。』





DSCF0612.JPG

ノン
『どれ、一口・・・。』






DSCF0613.JPG

ノン
『・・・。  またの機会にしておきましょう。』






DSCF0615.JPG

鳥居をくぐり、階段を登ると



DSCF0616.JPG

社殿が見えてきました。


DSCF0618.JPG



DSCF0617.JPG

伝承をつたえるリレーフがありました。

八女津姫は 八女市の名の由来となっただけでなく、

この神社が 神の窟(いわや) と呼ばれる テラス状の岩屋を有することから
この辺りの地名も「神の窟」と付いている程、地域の方々に古くから親しまれてきた場所の様です。



DSCF0619.JPG

これがその 「神の窟」です

昔はここに八女津媛が座り、神の言葉を受け 村人たちに伝えたのでしょう。


DSCF0620.JPG



DSCF0624.JPG

結構な広さです!

DSCF0622.JPG

壁の部分と 天井の部分の岩質が違います。

黒っぽい大きな岩が、壁の部分の平たい岩の上に乗っかっている感じでしょうか。

御仏の力の成せる奇跡の造形です。



DSCF0626.JPG

『ポチャン・・・。 チャポン・・・。』

周辺に気持ちの良い 雫の垂れる音が響いています。




DSCF0634.JPG

巌の天井の岩から 水が染み出ているのです。

その雫の落ちる場所に、水受けが設置されていました。




DSCF0628.JPG

ここにも 何か看板があります。

ノン
『どれどれ・・・。』


DSCF0629.JPG

なんと、写真にとっても御利益があるとの事!


このブログをご覧のかただけに、今日は特別サービス

幸せのお裾分けです。









では、どうぞ!









DSCF0632.JPG

皆さまの願いが叶いますように。











DSCF0635.JPG

さあ、本日のメインイベントです。

縁結びだけでなく、家内安全、家庭円満にも効果があるという。



DSCF0636.JPG


そして、なにより一番すごいのが
生まれてくる赤ちゃんが、男の子女の子選べるとの事!


ノンがお願いしたのは・・・。   

DSCF0637.JPG

秘密です。

とにもかくにも、元気な子が生まれて来てくれればそれだけで幸せです。



DSCF0639.JPG


木々の生い茂る 矢部村の森の中

そこにひっそりとたたずむ 隠れパワースポット 八女津姫媛神社



少しでもそのお力をお借りしたいものです。




一つの大きな目的を果たし、八女ツーリングはまだまだ続きます







日本ブログム村全国ランキング参戦中!
   『子供には批評よりも 手本が必要である』
      −−ジューベル「パンセ」ーー



クリック↓

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
コメント
矢部村であってますよう!
途中に大きなグランドがあったと思います
そこの河川プールで遊んだり、そのグランドでよくサッカーの試合があったので懐かしいですね

そういえばとさいぬさんもこの神社に行かれていましたが、八女人こと夜半、見たことも聞いたこともないという・・・!?
  • 夜半
  • 2014/06/15 9:24 PM
>夜半さん
河川プール、たしかキャンプ場の看板があったので、その辺りですかね?
神社に行くために 途中から県道57号線へ右折したのですが・・・。
ZZRではかなり走り辛い道でした(汗)

八女津媛神社・・・。 ネットで検索すると、確かにマイナーですが『かなりパワーのある知る人ぞ知る』という場所らしです。
  • のびのびノン
  • 2014/06/16 7:31 AM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 秘境!椎葉村 古の場所を訪ねて(with お転婆ライダー&晴れた日には) その2
    のびのびノン (05/28)
  • 秘境!椎葉村 古の場所を訪ねて(with お転婆ライダー&晴れた日には) その2
    のびのびノン (05/28)
  • 秘境!椎葉村 古の場所を訪ねて(with お転婆ライダー&晴れた日には) その2
    とり天 (05/26)
  • 秘境!椎葉村 古の場所を訪ねて(with お転婆ライダー&晴れた日には) その2
    Su―吉 (05/22)
  • 春の訪れと共に 近状ご報告
    のびのびノン (05/21)
  • 秘境!椎葉村 古の場所を訪ねて(with お転婆ライダー&晴れた日には) その1
    のびのびノン (05/21)
  • ある日の親子会話
    のびのびノン (05/21)
  • 春の訪れと共に 近状ご報告
    ayumi (05/13)
  • 秘境!椎葉村 古の場所を訪ねて(with お転婆ライダー&晴れた日には) その1
    ayumi (05/13)
  • ある日の親子会話
    Suー吉 (04/27)

recent trackback

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM