四国ツーリング その12 (石鎚スカイライン〜エンド)

  • 2014.08.29 Friday
  • 19:06

旅の最後の観光スポットは、ここ石鎚スカイラインです。



DSCF1533.JPG


途中にある石鎚山の登山口 山荘 兼 お土産屋さんでひと休憩。


DSCF1538.JPG

この場所には 石鎚神社もあります。


DSCF1535.JPG

多くの人は、石鎚山の登山にあたって、ここで道中の安全祈願をしていくそうです。




DSCF1536.JPG

厳密にいうと、ここは石鎚神社の一部であり

『土小屋遥拝殿』と呼ばれる、いわば観光用の社殿なのです。


 


DSCF1539.JPG

そして、その神社の後ろにあるのが、日本三大霊峰の一つ 『石鎚山』であります。





DSCF1540.JPG

ちょっとデジカメでズームしてみます。



DSCF1541.JPG


MAX! 光学30倍ズーム!

DSCF1543.JPG

なんと、あそこにも神社の建物があります!

 

資料画像↓



img1118_09.jpg




0116.jpg

これこそが 石鎚神社の 本丸 頂上社

神職常駐期間 5月1日〜11月3日(朝拝や夕拝が行われ、お守りやお札を頒布している授与所が開かれる)

神社・・・。

というよりは神社が経営する山小屋の形相を呈しており、石鎚神社頂上山荘を併設している。

5月初めから11月3日までは一般登山者の宿泊が可能。神職の宿泊地でもある。






そして、この山頂社のある場所から望む 石鎚山の山頂こそ
霊峰としての真の姿の 石鎚山なのである。



12.jpg

紅葉により彩られる山頂



040d66525362a24c018787cc2254d446_l.jpg

極寒の山頂


d0182522_11221937.jpg

そして御来光・・・。



いつか登りたい山ですね。


DSCF0277.JPG

さあ、山を下ります。



DSCF1549.JPG

眼下に見える山。 その山間に見え隠れする幹線道路。

これが石鎚スカイラインです。



DSCF1549 - コピー.JPG




img_1130.jpg

基本的には 両側に木々が生い茂っているので展望はききませんが

UFOラインとは打って変わって、非常に走り易いワインディングロード。





DSCF1554.JPG



e4052b728389f064a0f08cc8377993cd.jpg

スカイラインの起点まで下って来ました。

ちなみに石鎚スカイラインも、UFOライン(瓶ヶ森林道)と同様に、冬季は通行止め、かつ夏でも夜間も通行制限が掛ります。

観光の際は、ご参考に・・・。


http://grand-touring-japan.travel.coocan.jp/roadofjapan/chushikoku/ishizuchi/index.htm
  • 12月1日3月31日は冬季閉鎖。
  • 夜間通行止時間は下記の通り。
    • 4月1日 - 5月31日: 18時〜7時
    • 6月1日 - 6月30日: 20時〜7時
    • 7月1日 - 7月10日: 20時〜4時
    • 7月11日 - 8月31日: 20時〜7時
    • 9月1日 - 11月30日: 18時〜7時



DSCF1556.JPG

最後の観光スポットを下り終え、後は帰りのフェリーへ向かいます。




DSCF1559.JPG

ここからはフェリーの乗り込み時間に合わせるため
猛ダッシュ! したがって写真がほとんどありません。



DSCF0282.JPG


でも、それで良かったのかもしれません。

終わりゆく旅の寂しさを感じる間もなく

あっという間にフェリーまでたどり着けましたから。



DSCF0284.JPG








DSCF1575.JPG




DSCF1576.JPG




DSCF1577.JPG

さらば 四国!


またいつの日にか。






DSCF1584.JPG




DSCF1586.JPG

さあ、九州 大分に帰りつきました。

夢のような 楽しい3日間が終わりました。


DSCF1590.JPG



タラップの外には、明日からの現実世界が待ち受けています。



役割を果たすため、自分を偽り

顔色をうかがい   ときに人を叱咤しなければならない。



そんな現実が待ち受けていると思うと、気が遠くなります。




DSCF1591.JPG

ライダー一同
『大丈夫だ! さあ、一緒にいこうぜ!』
『しっかり着いて来いよー!』


一斉に走りだす見知らぬライダー達
彼らのの背中は、 私にそう語りかけてくれていました。


なんて暖かい。 なんて心強い・・・。


この旅を経て、私は少しだけ成長出来た気がします。

心を癒してくれた四国の景色達よ

あの日一緒に走り始めたライダー達よ

これから出会うまだ見ぬライダー達よ


見ていてください。 私はきっとやり遂げてみせます






おしまい



SpecialThanks

DSCF1487.JPG

親愛なるタカ坊  本当にありがとう

(また一緒に旅しようね。 これからも一族の絆を深めましょう)






 
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM