ZZRにLEDバルブ装着 

  • 2014.11.05 Wednesday
  • 12:26
大きいバイク(ZZR1400)に新たな装備を付けました。


さる宿泊ツーリングに備えて、バイクの視認性(ひいては安全向上)を上げるために、
バルブ(ライトの電球)を明るいものに交換しました。


夜間の視認性が上がる事はもちろん、昼間でもライト点灯が義務付けられている二輪にとっては、
明るいライトでより目立つ事で、危険から身を守れる

という訳です。  



という理由で嫁を説得しました↑




元々威圧感を出すために、左右合わせて六眼という他に無い独特のデザインを持つZZR。

ロービームとハイビーム、そしてポジションランプ
それぞれが独立して埋め込まれています。



よくタランチュラや王蟲の様だと言われます。


つまりバルブを換える際は 左右1個づつ合計2個分の部品代が掛るという事なんです。
(ハイ側とロー側を一気に換えようとしたら、合計4個も!!)




純正がハロゲンのZZRでライトの明るさを求めると理想はHID化する事ですが、HIDは値段がお高い・・・。

 

HIDヘッドライトキット 55W H11/9バルブ 6000K(ブルーホワイト) SOLAM(ソーラム) ZZR1400(06年〜)

価格:61,560円
(2014/11/5 12:24時点)
感想(0件)

JAFIRST Premium HID KAWASAKI ZX14 ZX14R H11/H9 LO/HI 4灯分 雑誌掲載モデル 超低電圧起動バイク専用 6層基盤 35W超薄 PIAA超

価格:49,600円
(2014/11/5 12:25時点)
感想(0件)


と言う事で、今回は

20141003_114939.JPG

LEDライトへの交換にチャレンジです。

最近は高効率、小消費電力、高寿命と言う事で、二輪や四輪問わず
純正で採用される事が増えてきたLEDライト。  

しかし、後付けのバルブとしてはまだまだ未知数な部分が多いパーツ


今回はロー側だけの交換



20141003_114949.JPG

右が今まで付いていた純正形状のハロゲンバルブ(HID風のちょい青白いやつ)

それと比べると、この大きさ!
後ろのギザギザは放熱板です。まるで単気筒の空冷エンジン。

LEDは発光部分は発熱しないのですが、後方の電気回路部が高熱を持つらしく、その対策だそうです。
大きなバルブに至っては、小型のファンが付いているとの事。

ライトの後ろに十分なクリアランスの無い車種には取り付けられないかも・・・。


 

【無料進呈あり】JAFIRST オールインワン バイクLED アメリカCREE製3000LM KAWASAKI ZZR400 2001-2007 BC-ZX400N H4 Hi/Lo一体化 高輝度ヘッドライト 超PIAA 『次世代に先駆けて高い技術の壁を突き破り現実化した、HIDに匹敵するLEDヘッドライトが完成!!』

価格:9,980円
(2014/11/5 12:20時点)
感想(0件)



そういった特徴の商品ですので、

バイクの様な震動の加わる状況に耐えうるのか?
安物HIDの様に、点灯不良やチラ付きが起きないか?
発熱による弊害はないのか?


様々な不安要素がありつつも

ここはひとつ時代の流れに乗って(人柱も兼ねて)

まずはロー側だけLED化しました。






さあ、いざ点灯!




20141003_123050.JPG

おお!相当に青白い!!

明るさ自体はHIDとハロゲンの中間位でしょうか。 しかし確実にハロゲンよりは明るい感じです。

この青白さは、おそらく車検に通りません。
しかし、バイクの車検での点灯検査はハイ側のみ。
今回の交換はロー側なので問題なし。




いままでロー側に付いていたHID風ハロゲンバルブは、ハイ側に取り付けました。






20141003_123059.JPG

見よ! 六眼同時点灯。

夜間の視認性向上はもちろん
これだけ目立てば、昼間でも 四輪からも認識されやすく、無用な危険に巻き込まれるリスクも幾分は軽減できる事でしょう。


もちろん通常のハロゲンバルブに比べれば、お値段は高めですが 
安全を金で買える
と思えば 高い買い物とは思いません。





DSCF2563.JPG

さて、さっそく試走。

天気が良かったので、そのまま 阿蘇(あそ)んできました。



DSCF2562.JPG


湯布院〜水分峠〜瀬の本までの定番コースをゆっくり流します。



DSCF2572.JPG

天気があまりに良かったので

瀬の本の三愛レストハウスから少し先まで足を伸ばします。


DSCF2575.JPG



DSCF2576.JPG

周囲の牧草地にはススキがいっぱい。


DSCF2585.JPG


確か、10月上旬の頃でしたが、

久住、ミルクロードはこの頃からすっかり秋に模様替えです。


DSCF2590.JPG

ちょっと小休止。

ススキの野原をカメラに収めます



DSCF2582.JPG

ススキの黄金の絨毯は
風が吹くと、キラキラ光りながら波打ちます



DSCF2583.JPG

ジオラマモードで撮影してみました。

ミニチュアには見えませんが、ポップで面白い絵になりました。


DSCF2588.JPG



DSCF2584.JPG



DSCF2591.JPG


さて、日が暮れる前に帰ろっと


DSCF2592.JPG


10月の阿蘇・瀬の本は日が暮れると一気に気温が下がります。

10月に入れば、メッシュジャケットにはインナーの防寒対策が必要です。





DSCF2595.JPG








DSCF2617.JPG

おっとストップ

面白いものがあったので、もう一度小休止




DSCF2613.JPG

ガンジー牧場の周辺の道路整備工事が終わっていましたが・・・。

↑面白いものに気づきましたか?







DSCF2610.JPG

なんと、歩道に芝生が敷き詰められています。

景観に配慮してかな?  フカフカして気持ちいい歩き心地でした。








DSCF2618.JPG

この日一日走ってみた感じ、それなりに震動はありましたし、
何度かエンジンのON・OFFもしましたが、
LEDライト自体はまったく問題ありませんでした。

熱問題の方は・・・。
気温が低い時期でもあるので、これが真夏の街乗りといった状況下だとどうなるのかな?



長い目で調子を見ていきたいと思います。



DSCF2611.JPG

小さい秋を見つけに行くつもりが、それなりに大きな秋を満喫できた一日でした。




おしまい

日本ブログ村全国ランキング参戦中!

『Nature has always had more force than education.(自然は、教育よりも大きな力を持つ)』
      −−− ボルテール フランスの哲学者 −−−


クリック↓

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村
 
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM