根子岳 御来光&紅葉登山 その1 (H26年10月29日)

  • 2014.11.17 Monday
  • 11:06
スーパーモタードマスターでありながら、登山の師匠でもあるK君


DSCF3137.JPG


こんなK君のお誘いをもらいまして、久々の御来光登山です。

今回登る山は、大観望から観る様が 観音様が横になった姿に見える事で有名な『阿蘇五岳』

                                  



今回は、その顔の部分にあたるギザギザした山  
『根子岳』 へ登るでありんす。






大分市〜根子岳のある高森まで、けっこう距離がありますので

夜中の1時頃には合流して出発。



DSCF3141.JPG

日の出の時間を考えて、AM3時頃には登り始めます。

真夜中の森のなか、ヘッドライトの明かりを頼りに ゆっくりペースで歩みを進めます。

歩調に合わせてユラユラ揺れる明かり だんだんと近くなる星空


(ノンが愛用している ブラックダイヤモンドのヘッドライト ↓)

【ストーム 160ルーメン】IPX-7防水ヘッドライト[BD81085] ブラックダイヤモンドLEDヘッドライト★ ヘッドライト ヘッドランプ【05P13Nov14】

価格:6,156円
(2014/11/17 10:50時点)
感想(48件)




眼下に見えてくる、遠くの夜景(といっても高森周囲には民家も少ないので、国道沿いの街灯の明かりくらい)

こんな夜の姿も楽しめるのがご来光登山の醍醐味ですね。




 

【正規品】【送料無料】LEDLENSER LEDヘッドライト H7R.2 OPT-7298 【GENTOS ジェントス】レッドレンザー

価格:6,642円
(2014/11/17 10:51時点)
感想(133件)




DSCF3144.JPG

疲れないように、汗をかかないように

ゆっくりゆっくり登って ・・・。



DSCF3155.JPG
 

二時間程で山頂です。



 

(写真に写っている、今回我々が使用している装備↓)
 

【エントリーで最大ポイント10倍 11/17 23:59まで】 PRIMUS プリムス P-731721 ライテックトレックケトル&パン [クッカー][ケトル][フライパン][セット]

価格:2,916円
(2014/11/17 10:55時点)
感想(42件)

【レビューを書いて特価】折りたたみ椅子 コンパクトアルミチェアー超軽量!!重量約370g★レジャーチェア 椅子 イス キャンプ アウトドア アルミニウム フォール ディングチェアー 型番 SA00084

価格:1,299円
(2014/11/17 10:54時点)
感想(34件)




大抵ご来光登山は 遮るもののない吹きっさらしの山頂で寒さに耐えながらご来光を待つという事になりますが

幸いにも この日はほとんど無風状態。

岩の陰にベースキャンプを陣取り コーヒーを沸かしつつ暖を取ります。





 

【エントリーで最大ポイント10倍 11/17 23:59まで】 送料無料 PRIMUS プリムス P-153 ウルトラバーナー [自動点火装置付][超小型ガスバーナー][バーナー]

価格:8,456円
(2014/11/17 10:52時点)
感想(52件)



暖をとるのに必需品。 
お湯を沸かしてコーヒーを飲むもよし。
カップラーメン作るもよし。
バイクツーリングとも相性よし!

 

コールマン アウトランダー マイクロストーブ PZ [ 203535 ] [ アウトドア ストーブ ワンバーナー | シングルバーナー ガスバーナー | アウトドア キャンプ 用品 オートキャンプ 用品| バーベキューコンロ・バーベキューグリル BBQ コールマン ]【送料無料】[P10][TX]

価格:4,580円
(2014/11/17 10:53時点)
感想(12件)







DSCF3164.JPG

三脚をすえて夜景や星空の撮影を楽しむK君



DSC_0008.JPG

そうこうしてますと
だんだんと 東側の山の稜線が 色付いてきました。



DSC_0018.JPG

あの辺りから太陽が顔を出すのでしょう。

方角からして、あの山は 祖母山 傾山 系 でしょう。



DSC_0038.JPG

この日のご来光は 天気にも恵まれ 霞も無く 最高の条件です!



DSCF3171.JPG

太陽により一気に温められる大気。 雲の形が 刻一刻と変化していき

様々な表情で楽しませてくれます。




DSC_0078.JPG



DSC_0072.JPG

K君
『さあノンさん、 いよいよご来光ですよ』


そう言っているK君の後ろの景色もすごい!  
奥の山は 久住山系 

そしてその下に広がる波野高原〜産山にかけて
朝霧がたなびき始める・・・・。









DSCF3192.JPG

サッと周囲が明るくなります

ノン
『おお!!』  
パシャっ  パシャっ !



DSCF3219.JPG

見事なご来光!

そして 日が昇るのに合わせて、 どんどん濃度を増す朝霧!





DSC_0039.JPG

若干薄いですが、『雲海』が発生しました!




DSC_0059.JPG
雲海に浮かぶ 祖母山系






DSC_0080.JPG
久住山をバックに 雲海を見つめるK君





DSCF3231.JPG
朝日に照らされる根子岳山頂の標識

そして 濃度が濃くなり、どんどん明瞭となる雲海




DSCF3236.JPG
早朝の飛行機雲とK君






DSCF3258.JPG
雲海を撮影するノン





DSCF3254.JPG

ノン
『ご来光に雲海、コリャすごい!』


本当に感動。 夢中でシャッターを切ります。








DSCF3291.JPG

ご来光の後は、見事な雲海を楽しみます。



DSCF3274.JPG



DSCF3275.JPG

この日楽しめたのは ご来光と雲海だけではありません。







我々が登ったの根子岳山頂は、
あのギザギザしている部分の一番東寄りの端の方。





つまり、振り返れば・・・。







DSCF3221.JPG

朝焼けに照らし出される 根子岳の天狗峰  
そして その後ろの高岳中岳


勿論 この時期なら紅葉も期待できる。 という訳です。


その様子は、 次回へつづく。










日本ブログ村全国ランキング参戦中!

『自然は祖先から譲り受けたものではなく、子孫から借りているのだ。』
    ーーー米国先住民インディアン・ナバホ族のことわざーーー


クリック↓

にほんブログ村 旅行ブログ 九州旅行へ

にほんブログ村 バイクブログへ
 
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM