根子岳 御来光&紅葉登山 その2 (H26年10月29日)

  • 2014.11.20 Thursday
  • 00:10
根子岳の御来光登山。

引き続き御来光の朝焼けに照らし出される天狗岳(岩がそそり立っている所)と

雲海の美しさをお楽しみください。




DSCF3225.JPG

突き出た岩が天狗岳。 ロッククライミングの聖地として有名。

K君もいつかはあれに登ってみたい・・。 と言うもんですから。ビックらこきます。

現在も来る日に備えて、ボルダリングのジム(室内で岩登りの練習が出来る場所)で鍛えているそうです。





DSCF3228.JPG

デジカメのポップカラーモードで撮ると、色づいた紅葉を美しく拾い出す事が出来ます。

今回使用した 富士フィルム F1000 EXR ↓







DSCF3240.JPG

天狗岳の後ろに見える盆地は 高森〜南阿蘇 方面。



DSCF3261.JPG



ミニチュア(ジオラマ)モード↓




DSCF3265.JPG


陽が昇るにつれ、周囲は朝焼けの赤色から

次第に透き通った 自然な光に変わっていきます。





DSCF3232.JPG

それにつれて、雲海は その濃度を増していくのでした。

陽の光とそれに照らし出される根子岳山頂周囲の

色彩の移り変わりをお楽しみください。     

  ↓


DSCF3239.JPG



DSCF3241.JPG



DSCF3248.JPG



DSCF3255.JPG



DSCF3258.JPG









DSCF3268.JPG



DSCF3273.JPG



DSCF3274.JPG



DSCF3280.JPG



DSCF3283.JPG


この場を去るのが名残惜しいくらい美しいものを見る事が出来ました。

K君、今回も本当にありがとう。



ミニチュアモード↓


DSCF3286.JPG



DSCF3287.JPG


さあ、完全に陽が昇りきった所で、

今度は気温が上がる前に帰路に着きます。  




DSCF3297.JPG

山中の色付いた木々の美しさや


DSCF3298.JPG

眼下に広がる広大な風景を眺めながら、汗をかかない程度に

ゆっくりゆっくり下っていきます。




DSCF3303.JPG

我々が山の中腹あたりに差し掛かると、朝いちで登り始めた人達とすれ違い始めました。


登りの登山者
『もう下られてるのですか?』
『朝駆け(早朝にサッと登ってサッと下る)ですか?』


我々
『御来光登山でした』
『見事な御来光と雲海でしたよ』


登りの登山者
『うひゃー すごい!』
『夜中からですか!』







こんな会話が繰り返されます。  

私は登山を始めて、このK君から登山のイロハを習っているのですが・・・。
K君にとっては御来光登山や雪中登山はごく当たり前の事であり
(北アルプスの縦走や剱岳制覇を単独でやってのけるプロ)

そんなレベルのK君からご教授頂いている私にとっても、御来光や雪中登山は
そんなに抵抗の無いものとなっています。



しかしまあ、一般?の登山者から見れば

それはもう、かなり深いレベルの経験・登山に見えているのでしょう。




 

【キャラバン (caravan)LEKI レキ(1300259) クオンタム SPD】【トレッキングポール】【送料無料】【レビュー記載で12%OFF】

価格:12,420円
(2014/11/19 22:42時点)
感想(39件)



 

GREGORY - コントゥアー 60 グラファイトグレー [グレゴリー Contour60 Graphite gray バックパック テント泊 縦走用ザック 58L 60L 62L]

価格:31,320円
(2014/11/19 22:46時点)
感想(0件)


 

●イスカ・ゴアテックスライトスパッツ レギュラー

価格:4,752円
(2014/11/19 22:48時点)
感想(12件)





バイクではキム兄さん

登山ではK君 と、

身の回りに この道に長けた人に恵まれているからこそ

私はバイクも登山も いままで大きな事故や怪我をする事無く 楽しめているのです。



この場を借りて、あらためてそんな皆さんにお礼を述べたい次第です。




DSCF3323.JPG
根子岳の紅葉  その奥には久住連山



DSCF3328.JPG
設置された階段を慎重に下るノン


DSCF3331.JPG
難所をスイスイ進むK君




DSCF3334.JPG
根子岳をバックに振りかえるノン

つい1時間半前には、あの矢印の辺りの山頂に居たのです。

無事下り終えて、制した山を眺めながら一息付く時間も 登山をして良かったと思える
至高の時間です。


 

ブラックダイヤモンド ポール BD82299 ウルトラディスタンストレッキングポール【登山用ステッキ】【登山用ストック】【トレッキングストック】【ハイキングステッキ】【登山杖】【スタッフ写真付】【楽ギフ_包装】【RCP】

価格:17,280円
(2014/11/19 22:43時点)
感想(12件)






DSCF3335.JPG
ちなみに、こちらは根子岳の入山・登山届のポスト。
インフラ整備もきちんとされています。

根子岳は複数あった登山ルートが 一昨年の北部九州大豪雨の際に壊れてしまい

現在はこのポストのある正面登り口からだけになっている様です。

(ネットで見る限り他の場所からも登れなくはないのですが、崩落個所があり極めて危険)






DSCF3343.JPG

ちなみに・・・。 帰りは 

K君
『せっかく阿蘇まで来たので、阿蘇のグルメを楽しみましょう。』


と、阿蘇神社のすぐ脇にある パン屋さん 『古木家カフェ』 へ。

ここにはK君お勧めの 阿蘇の赤牛から作られた ベーグルバーガーがあるのです。




DSCF3348.JPG

モダンでオシャンティーな店内。


DSCF3346.JPG

家庭持ちの我々は、まず自分達の食べのもより先に家族へのお土産を探します。

これだけ趣味の事に時間を許してくれる奥さんにせめてもの罪償いです!?




DSCF3349.JPG

こちらが その赤牛のパテで作られた ベーグルバーガー

DSCF3355.JPG

パテの下の卵の中には、トローリとろけるチーズ。

なかなかボリュームがあって美味しかったですよ^^


ちなみに、このあとK君を家に送って、自宅に帰りついたのはPM15時位。
これだけ遊んでもまだまだ15時。これも御来光登山のメリットですね







とまあ、そんな感じで 阿蘇の山々の美しさと 見事な御来光と 雲海

そしてグルメまで いろいろと楽しめた 最高の一日でしたさ。





日本ブログ村全国ランキング参戦中!

『自然に触れることによって「思い通りに扱えない」ことを学ぶ。』
   −−− 安藤忠雄(日本の建築家 / 1941〜)ーーー


クリック↓


にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 九州旅行へ
にほんブログ村  
コメント
人一倍怖がりな自分としては
真っ暗な山の中では腰が抜けて動けないこと必至( *;`ω´)
あれもこれもオバケに見えそう・・・
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM