九州オルレ 別府コース (前編)

  • 2015.03.11 Wednesday
  • 00:36

今年は天候に恵まれず、なかなか登山に行けておりません(T_T)/~~~

そこでお手軽なウォーキングでもしてみようと・・・。



DSCF4242.JPG

大分県は別府市の 志高湖へやって参りました。


ただ湖の湖畔を歩くだけでは面白くありません。

お目当てはこれです。  ↓





DSCF4241.JPG

『九州オルレ 別府コース』 であります。

簡単に言うと ウォーキング以上登山未満

   ちょっと自然に触れながら里山を歩きましょう。 といった感じ




九州オルレ 別府コース 紹介HP
    ↓


http://www.city.beppu.oita.jp/02kankou/01info/07olle/



IMGP8087.jpg



別府の志高湖をスタートし、 林道や里山を11km程歩く オリエンテーリング感覚の周遊コース。

高低差もあまりなく、スタスタ歩けば3時間程で周遊できるお手軽コースらしいです。






道中のルートには

DSCF4245.JPG

ビュースポットや 要所に この馬を模したオブジェが設置されていたり




DSCF4246.JPG

分岐や解り難いルート上には、この矢印のような看板が設置されています。
青は正規ルート  赤は逆走ルート



DSCF4247.JPG

そして ルート上の至る所に


DSCF4248.JPG

ここが オルレのルートである事をしらせるリボンが 随所に設置されています。


志高湖のレストハウスで無料の解り易いマップも貰えますし、迷う事はまずありません。




DSCF4250.JPG

それでは出発!  志高湖の駐車場から、まずは防火帯に沿って歩いていきます。





DSCF4252.JPG

途中で分岐。

DSCF4254.JPG

ルート上には、昔 志高ユートピアにあったリフトの残骸が残っていました。

この志高ユートピアの調査の様子は 私の過去ブログをご参照ください ↓


別府市 志高湖周辺 トレッキング (廃墟 編)
   ↓
http://kingxcat.jugem.jp/?eid=264




船原山 (ロープウェイ山頂駅跡 編)
    ↓
http://kingxcat.jugem.jp/?eid=462



自然に還っていく過程は 儚くも美しい。
廃墟にはそういった魅力があります。

別府の今昔を感じてください。







さて、歩みを進めます。


DSCF4258.JPG

身の丈ほどの藪です。


DSCF4259.JPG

切り口は比較的新しいようです。

オルレのために最近整備されたのでしょう。



DSCF4260.JPG

けもの道を歩く動物になった気分です。




DSCF4262.JPG

次は メタセコイヤ 並木道です
 

『メタセコイヤ』WIKI参照↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%BF%E3%82%BB%E3%82%B3%E3%82%A4%E3%82%A2

モミネズに似て線のように細長く、長さは-3 cm程度、幅は1-2 mm程度で、羽状に対生。秋に赤茶色に紅葉した後、落葉する。樹高は生長すると高さ25-30 m、直径1.5 mになる。雌雄同株で、花期は2-3月。雄花は総状花序、あるいは円錐花序となって枝から垂れ下がる。 結実は多く、秋から冬にかけて無数の種が地表に落ちる。




等間隔に植えられています。  高さも枝ぶりも同じ位。

これだけ綺麗に整列していると美しさを感じます。




DSCF4264.JPG




DSCF4266.JPG

猪の罠がありました。

そこからもう少し進みますと・・・。


DSCF4267.JPG

一旦舗装路に出て、




DSCF4268.JPG

道路を跨いで、反対側の林道へ入って行きます。



DSCF4269.JPG

廃墟となった『志高ユートピア』があります。

見えているのは、カートのコースと ガレージのトタン屋根




DSCF4271.JPG

『ナウな スポーツ!』という心をとらえるキャッチフレーズ

躍動感あふれるカートの絵

商品は24回分割支払いOKな広い心




時代を感じざるを得ません。











DSCF4272.JPG

林道は志高ユートピアの横を通り、奥へ延びます。

軽トラの通った跡があります。




DSCF4275.JPG

しばらく進みますと、携帯電話の電波塔がありました。


DSCF4276.JPG




DSCF4278.JPG

脇にはベンチと簡易灰皿も設置されています。




DSCF4279.JPG

トイレもありました。

近くに他の施設もありませんので、これらはオルレのためだけに新たに設置されたものでしょう。




DSCF4280.JPG

ここからは 鶴見山 と 由布岳 を見る事が出来ます。

鶴見山の山頂付近をズームすると・・・。



DSCF4281.JPG
(×20倍)

ロープウェイの山頂駅がはっきり見えます







 

FinePix F1000EXR [ブラック]

価格:22,100円
(2015/3/11 00:29時点)
感想(0件)




 

FinePix F1000EXR [ブラック]

価格:25,400円
(2015/3/11 00:30時点)
感想(0件)



このカメラ 中でもズームの性能には驚きます。



商品説明にもある様に・・・。 


広角25mmから望遠500mmまで幅広い撮影領域をカバーする、フジノン光学式20倍ズームレンズを搭載。最適な画像処理を行う超解像技術と組み合わせることで、画像劣化しやすいデジタルズーム時にも、さらに2倍の40倍までくっきり美しい画像が得られます。




MAX40倍なら ここまで寄れます ↓

DSCF4282.JPG








こちらは 由布岳の方です ↓

DSCF4284.JPG



DSCF4285.JPG

すっかり雲に覆われています

こうやってズームで見ると、中腹より上には霧氷が出来ている事が解ります。








鉄塔を後にして、2〜300m程進むと






スタートしてから 約3km地点に到着。



DSCF4290.JPG

マップの通り、城島後楽園遊園地が見えます。


さあ、ここでも 光学40倍ズームで遊んでみます。



 

◎◆ 富士フイルム FinePix F1000EXR [レッド] 【デジタルカメラ】

価格:20,714円
(2015/3/11 00:31時点)
感想(0件)




DSCF4292.JPG

ぐぐーーーーっと寄って・・・・。






更に寄れます!

これだけズームすると手ぶれが心配ですが



DSCF4291.JPG

三脚無しの手持ちでも これ↑  ブレなく しっかり撮れます。


観覧車のゴンドラの内、一個が むき出しのイスになっています!

なんともスリルがありそうです。


超倍率じゃないと気づきませんでした。






その横の 可動展望台のような遊具も

40倍ズームで よーく見ると


DSCF4293.JPG

なんと、巨大な白鳥を模したものでした。


 

【メール便のみ送料無料】ハクバ 液晶保護フィルム(FUJIFILM FINEPIX F1000EXR 専用) 【メール便OK】【レターパックOK】

価格:700円
(2015/3/11 00:31時点)
感想(4件)




DSCF4294.JPG

山の中に集落が見えます。

こちらもズームすると



DSCF4295.JPG


あ、あそこは見おぼえがあります。



DSCF4298.JPG

大きな枝垂れ桜が見えます。

『安楽寺』の枝垂れ大桜ですね!  
今年も桜の時期に行ってみたいと思います。









つづく


日本ブログ村全国ランキング参戦中!

『“垣根”は相手が作っているのではなく、自分が作っている。』
       −−− アリストテレス  −−−


クリック↓


にほんブログ村 旅行ブログ 九州旅行へ
にほんブログ村
 
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM