日出生台演習場

  • 2015.03.31 Tuesday
  • 00:08



由布市にマイホームを建てて気づいたのですが、毎年3月に入ると

大分県は由布市、湯布院の日出生台演習場に アメリカ海兵隊の実弾射撃演習が行われるのですが・・・。





無題.jpg

演習場と由布市、庄内町の中心部を直線で結ぶと
20km程も距離があるにもかかわらず


大砲の音に合わせて、時折ガラスが微振動する等の影響があるのです。




これはただ事ではないと、実際にどんな事が行われているのか

日出生台まで偵察に行ってきました。




DSCF5297.JPG

湯布院の市街地から演習場に向かう道です。



DSCF5299.JPG

左は歩道のアスファルト。

対して車道は白い コンクリート性です。

バイクで走っても、ガーガーとロードノイズがあり
おまけにガタゴトと走り難い路面です。




DSCF5298.JPG


これは演習場近くの道路は、戦車等の重車両が時折通行するため、高荷重に耐えられるように という事と

アスファルトはタール等の可燃性の物質が使われているため、道路自体が燃えにくくするために、あえてコンクリートが使われているそうです。






DSCF5301.JPG




DSCF5302.JPG


この日も ちょうど実弾演習が行われているためか

演習場入り口や、普段は無人の演習場周囲のコーナーポストに人員が配置されていました。





DSCF5303.JPG

ポスト付近には、演習の情報が公開されておりました。



DSCF5306.JPG

弾着地 の文字が 妙に生々しいです。




DSCF5307.JPG

演習場のすぐ脇を県道が通っております。


DSCF5321.JPG

県道409号線になります。

このまま走れば、湯布院〜玖珠まで抜ける事が出来ます。






DSCF5308.JPG

県道と演習場の間には、壁等の遮蔽物は以外にも一切ありません。

演習場の中を直に見る事が出来ます。




DSCF5309.JPG


演習場の中には、砲撃の目安になるもの? なのか

所々に、あのような赤い旗が掲げられていました。





DSCF5313.JPG

目の前に面白い形の山が見えてきましたが・・・。


DSCF5314.JPG






DSCF5312.JPG


そのすぐ近くには、ご覧のように自衛隊の車両がありました。




DSCF5310.JPG

レーダー?の様です。

板状のものが、弾着地や大砲の音源の方向に向けられていました。



ちょっとネットで検索してみると、あれは

対迫レーダ装置 といわれるもので




DSCF5311.JPG
 

迫撃砲弾をレーダーで観測することにより、敵の迫撃砲の位置を迅速に自動的に測定する。天候に関わらず、迫撃砲砲弾を標定することができる。

生存性を高めるための方法として、操作機器を分割して送受信部本体からケーブルで隔離して操作ができる。

任意に移動させることのできる機動性を有するが、2輪式のトレーラーに搭載されているため自走は不可で、牽引されて移動する。

(上記WIKIより引用)



つまり
アメリカ海兵隊の演習を利用して、日本の自衛隊も 対砲兵レーダーの運用試験や実働訓練をしているという訳な様です。




DSCF5320.JPG





DSCF5318.JPG





DSCF5317.JPG


この様に偵察&情報収集している最中にも

時折 ドーン ズーン    という鈍い音が周囲に響き渡っておりました。




しかし、目視できる範囲にはアメリカ軍の装備車両や、実際に実弾を発射しているものはありませんでした。

世論の反感を買わないために、見えない場所で行っているのでしょう。



DSCF5322.JPG


こんなに走り易く、美しい風景なのに

すぐ隣では実弾演習が行われていると考えると、不思議な気分です。


20kmも離れたにまで響く 大砲の音



DSCF5326.JPG


これは 平和のための代償  といえるのでしょうか。


日本は戦争をしない国。
ならば守ってもらう様な事態に(攻撃される・交戦状態になる)ならないはず。


これに関しては、たくさんの人の数だけ たくさんの意見があると思いますし、この論争に本当の正解は無いと思います。
したがって、ここではあえてこれ以上は掘り下げず、今回のブログ記事を閉めたいと思います。





おしまい






日本ブログ村全国ランキング参戦中!


二人の王は一つの国には住めない。
  −−− サーディー 「ゴレスターン」 −−−

クリック↓


にほんブログ村 バイクブログへ
 
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM