四国家族旅行  その6  亀老山公園&大三島寄り道編

  • 2016.02.19 Friday
  • 09:40





四国旅行二泊三日の旅、その内の二日目午後夕方〜三日目帰郷までのレポートになります。





しまなみ海道、来島海峡を楽しんだ後は

本日の宿を取っている 四国の対岸の 本州は広島の尾道へ向かう訳ですが













日が暮れるには少し時間が余っていましたので


DSCF8849.JPG

しまなみ海道の絶景をみる事が出来るという 『亀老山展望所』 へ行ってみる事にしました。

駐車場の脇には 大きな亀のオブジェがありました。


DSCF8848.JPG

亀老 という名称の云われが書かれていました。


shp378-3.jpg


この展望台は、非常に面白い作りをしています。

ご覧の様に 微妙に高低差のある 多面のフロアで形成されており

バリアフリーである上に、様々な角度、方向の展望を楽しむことができるようになっているのです。





DSCF8846.JPG

複雑な構造が解りやすい様に、立体化された案内看板がありました。








DSCF8816.JPG

一番展望のよい場所で記念撮影です。



DSCF8839.JPG


この時 優梨はまだまだヨチヨチ歩き




DSCF8841.JPG



DSCF8830.JPG

一応景色を見せてみると・・・。  しばらくじっと見ていました。

まだ 「きれい」とか「眺めが良い」という概念は無んでしょうけどね。




DSCF8804.JPG



DSCF8835.JPG

こうやって上から眺めると、改めて島々の間を流れる急流に驚かされます。



DSCF8837.JPG


デジカメでズームにすると よく解ります。

 

FUJIFILM コンパクトデジタルカメラ F1000EXR ブラック F FX-F1000EXR B

価格:52,030円
(2016/2/18 13:53時点)
感想(0件)



 

FUJIFILM FinePix F800EXR,F820EXR,F1000EXR デジタルカメラ用 液晶保護フィルムシール「503-0032S」 (透明タイプ)

価格:580円
(2016/2/18 13:53時点)
感想(0件)



DSCF8801.JPG

小柳ルミ子さんの歌で
『瀬戸の花嫁』という歌があります。

瀬戸内海の小島から他の島へお嫁に行く女性の心情と、新生活への決意が歌われているのですが



♪ 瀬戸は日暮れて〜  夕波〜小波〜 ♪
  あなたの島に   お嫁に行くの〜♪
  若いと誰もが 心配するけれど〜
  愛があるから 大丈夫なの
  段々畑と さよならするのよ〜♪ 



とありますが、

この様な波では 落ち着いて  
段々畑とさよならしたり、『愛があるから大丈夫である』等と言っている場合ではなかろう



DSCF8802.JPG


私がもしこの嫁の立場に入れ替わるならば 

♪ はたして無事に〜  渡り着けるかしら〜 ♪

という一文を歌詞に加えるだろう。






必殺、光学30倍!

ここだけ見ると 川の急流の様です。







DSCF8809.JPG



DSCF8876.JPG

もう一カ所寄り道。






しまなみ街道を形成する島々を まとめて芸予諸島(げいよしょとう)と言うそうですが

そんな島々の中で もっとも大きな島  大三島にある道の駅へ。




DSCF8874.JPG


多田羅という名称なので、鉄でも打つのかな? と思っていましたが、ぜんぜん関係なさそうです。


この道の駅の売りは

DSCF8875.JPG

しまなみ街道のサイクリングの中心基地として立地と



DSCF8870.JPG

このしまなみの急流が育む、幻の海の幸  『マハタ』



DSCF8868.JPG


漁捕が少なく市場にはほとんど流通していないため、
知名度は低いもののその味は極めて美味で、食通の間では幻の高級魚と呼ばれています。





DSCF8867.JPG

そんな事を知ってか知らずか、食い入るように見つめる優梨ちゃん



そして、もう一つの見所


DSCF8858.JPG

逆Yの字アーチの美しい 多々羅大橋 の景観!

国内最長の斜張橋であり、世界では第5位。

完成年度当時は世界最大の斜張橋でありフランスのノルマンディー橋とは同形式であること多々羅大橋完成時点で1位2位の関係であったことから、2橋は姉妹縁組を結んでいる



なお、この橋は 『多々羅鳴き龍』という面白い現象が体験出来るそうです。




逆Yの字の橋脚部で大きな音を出すと、

お互いが反響し合い、龍が鳴きながら空に登っていくかの様な音が聞けるそうです。













この現象を動画で紹介している観光サイトがありました。



『食べタインジャーさん  尾道観光スポット』
http://tabetainjya.com/archives/cat_8/post_3562/






さあ、次はいよいよ最終回


つづく


日本ブログ村全国ランキング参戦中!

善良な夫は、けっして夜早く寝ないし、朝は遅く目覚める。
―−− バルザック 「結婚生理学」 −−−

クリック ↓




にほんブログ村

 
コメント
お若いのに 小柳ルミ子の♪瀬戸の花嫁をご存知なんですね(笑)。


私は、レイモンド松屋の歌を思い浮かべました(笑)。


短期間で大分県から四国の愛媛県と高知県を周遊されて
瀬戸内海を渡り、広島県、山口県…
その先、高速道路なのか、周防灘を渡ったのかは
次のブログのお楽しみですね。



今日はバイクショップで 超貴重なオートバイに跨がせて頂いて、エンジンをかけて…
さすがに公道走行は遠慮しました!!


HONDA RC213Vの公道走行可、保安部品装着を 跨がせて頂いて
ウキウキでした。
  • W246
  • 2016/02/21 7:53 PM
>W246さん
いつもコメントありがとうございます^^
RC213Vに跨る体験をされたとは!
あの2000万円以上の日本一高くて速いヤツですね!
まさしく動く不動産レベル。 跨るだけでも股間がヒュンと冷え切ってしまいそうです(笑)

さて、しまなみの帰路の記事ですが、今しばらくお待ちください。 ちょっとしたオチがございます。
  • のびのびノン
  • 2016/02/26 11:30 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM