従兄弟ツーリング その2 (平戸〜生月島上陸編)

  • 2016.07.09 Saturday
  • 16:14

 

 

 

 

 

さあ、平戸島を駆け抜け、

いよいよ一日目のメイン目的地である『生月島』へ上陸です。

 

平戸を横断するように走る県道19号線を使えば生月島へは、あっという間です。

 

 

 

DSCF1716.JPG

 

平戸の赤い色とは対照的に、こちらはブルーの橋

 

 

 

 

DSCF1717.JPG

 

 

生月大橋 

  • 橋長 - 960m(前後の高架橋を含めると1,332m)
  • 最大支間長 - 400m
  • 幅員 - 6.5m
  • 桁下高 - 31.0m
  • 設計速度 - 40km/h
  • 総工費 - 約45億円

 

 

こちらも平戸大橋同様、架けられた当初は普通車で200円程の有料橋でしたが、

2010年以降は無料化されております。

(けっこう最近まで有料だったんですね)

 

 

 

 

DSCF1722.JPG

 

桁部分のトラス構造が美しい橋です。

 

 

 

DSCF1734.JPG

 

ここでも橋をバックに記念撮影です。

 

生月島に渡ってすぐの場所にある『道の駅生月大橋』の駐車場にて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF1737.JPG

 

そろそろお昼ごはん時でしたので、こちらのお店へ。

 

先程寄った道の駅生月大橋のレジの方にお勧めの食事を尋ねたところ

 

海産の豊富な生月島の名物は、´魚介スープをベースにしたちゃんぽん´´あごだしラーメン´が美味しいとの事。

 

 

 

 

 

DSCF1736.JPG

 

今回は名物魚介スープのちゃんぽんを頂きました。

 

魚介スープといっても、まったく生臭さとか妙な磯の香りがする訳でもない

癖のないサッパリした味

 

それにこの野菜たっぷりの具の盛り具合。

麺も太めで食べごたえがしっかりあり、これでお値段 たしか700円位でしたので大満足^^

 

 

 

DSCF1749.JPG

 

 

お次はこちら。 このストレート過ぎるネーミングセンス

その名も『風の辻ぐるぐる公園』

 

生月島の数少ない観スポット!?

(失礼)

 

DSCF1748.JPG

 

 ここからなら生月島大橋の全景を眺める事ができます。

 

 

 

DSCF1741.JPG

 

先程の道の駅も見えますね。

 

対岸の島が平戸島。 

あの山の中腹辺りに見える海際の道(県道19号)を走ってきた訳です。

 

 

 

そして・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF1745.JPG

 

この一本の風力発電用の風車こそが、この公園のネーミングの由縁

 

 

せっかくなのでコイツもバックに、記念撮影。

 

 

 

 

 

DSCF1764.JPG

 

さあ、生月島の最北端を目指して、海沿いの道を走ります。

 

 

 

 

 

そのままナビに従って向かうと、東側のルートである県道42号で案内されてしまいますが、

 

この島のお勧めルートは、西側のルートの市道  ↑

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF1760.JPG

 

 

信号は一切無し。 

 

走って楽しい、適度なアップダウンのワインディング。

 

それに加えて、左手側には海、その反対は緑あふれる山。 

と、見ても楽しめるルートなのです。

 

 

DSCF1761.JPG

 

 

 

DSCF1776.JPG

 

 

 

DSCF1773.JPG

 

なんか、日本じゃないみたいな光景。

 

 

 

 

 

 

DSCF1770.JPG

 

何往復もしたい位気持ちのいいルートでした。

 

当然帰路もこちらのルートを使う事にしました。

 

 

 

DSCF1800.JPG

 

で、こちらが生月島の最北端にある『大バエ灯台』

 

こちらも生月島の貴重な観光スポット。

 

 

 

 

 

モダンな造りの灯台は、展望台も兼ねており

 

 

DSCF1785.JPG

 

 

そこからは灯台のある岬の全景が360度見渡せます。

 

目の前に広がるのは対馬海峡。

 

 

 

 

 

DSCF1786.JPG

 

力強く迫力あふれる断崖の景観

 

 

 

 

DSCF1787.JPG

 

潮が引いてた為か? 立派な磯が見えます。

 

釣りを嗜むタカ坊とMさんは、しばし釣り談義を楽しんでおりました。

 

 

 

 

DSCF1796.JPG

 

 

おや、あそこだけ岩が切れています。

 

 ひょっとしてあそこから、断崖の下に降りる階段でもあるのかな?

 

 

 

 

 

 

DSCF1797.JPG

 

 

妙に怯えていたタカ坊をしり目に、そっと覗いてみると・・・。

 

 

 

DSCF1798.JPG

 

 

ぎゃーーー  安全柵も何も無く、いきなり断崖絶壁。

 

まるで罠の様に、あそこだけ切れ目がありました。

 

ほんの少し身を乗り出すだけで、かなりのスリルが味わえます

 

 

 

 

DSCF1799.JPG

 

 

 

 

 

DSCF1795.JPG

 

説明看板も設置されていました。

 

あの断崖は、火山活動により形成されたものだそうです。

 

 

 

 

 

DSCF1788.JPG

 

 

 

DSCF1794.JPG

 

 

 

 これで一日目の目的を達しました。

 

 平戸と生月島

 

 家族旅行や車での観光で来ると、ちょっと物足りなさを感じるかもしれませんが

 バイクで走る事を主眼にして訪れるのであれば、十分楽しめる場所でした^^

 

 大バエ灯台の観光を終えて、この時点でまだ15:00時頃

 

 

 旅はまだまだ続きます。

 

 

  

 

 

 

つづく

 

 

本ブログ村全国ランキング参戦中!

 『友情の重要な任務は、友人の幻想を力添えしてやることにある。』

     −−−  シュニッツラー 「アナトール」 −−−

 

 

 

クリック ↓

 

 


にほんブログ村

 

 

 

コメント
いつか行きたい生月島です❗
梅雨が開けたら行こう🎵
  • ケイイチ
  • 2016/07/09 7:47 PM
生月島良いですねえ。
大バエ燈台に向かう、サンセットルートは最高ですねえ。
断崖絶壁百団下の波打ち際に、隠れキリシタンの礼拝所『ダンジク様』『ガスパル様』のどちらだったかがありました。
転げ落ちそうな断崖でした。
また行きたい❗
アゴだしは美味しいですねえ。
  • 浜のおじさんSuー吉
  • 2016/07/11 4:13 PM
>ケイイチさん
コメントありがとうございます。

生月島、佐世保からもうちょい先まで高速が伸びているので(おまけに無料区間)アプローチし易かったですよ^^

梅雨明けが待ち遠しいですね
バイクの調子はどうでしょうか??
  • のびのびノン
  • 2016/07/14 11:08 PM
>SU-吉さん
いつもコメントありがとうございます。

なんと、あの断崖にそんな隠れスポットがあったのですか!!

弾圧され追いやられ、逃げる様に辿りついた長崎、そして生月島。 それでもなお熱い信仰心を持ち続けたキリシタン達に思いを馳せながら、私ももう一度走りたいです。


  • のびのびノン
  • 2016/07/14 11:11 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM