従兄弟ツーリング その3 (生月島〜佐世保経由〜諫早)

  • 2016.07.14 Thursday
  • 23:05

 

生月島の最北端 大バエ灯台に到達 の目標を果たした我々は

 

本日の宿営地である長崎県『諫早』へ向かいます

 

 

 

DSCF1808.JPG

 

 

帰路も同様に 生月島西側の農免道路を突っ走ります。

 

 

 

 

DSCF1809.JPG

 

海と山の間

 

心が洗われる様な快走路。

 

 

 

DSCF1811.JPG

 

 

 生月島に別れを告げつつ

 

 

 

無題1.jpg

 

諫早を目指して どんどん南下します。

 

道中、面白いものを見つけました

 

 

DSCF1816.JPG

 

 道の駅ですが・・・。

 

 『昆虫の里』 とあります。

 

 

 

DSCF1818.JPG

 

駐車場には 巨大なカブトムシのオブジェ。

 

遠目から見ても非常にリアルです。 少し興味がありますが、急ぐ旅。

 

今回は素通りとなりました。

 

 

 

DSCF1820.JPG

 

この時点で16時過ぎ。

 

ちょっと佐世保に寄り道。  

 

小腹を満たすために佐世保バーガーでおやつ

 

 

DSCF1821.JPG

 

豪華なおやつになりました (^o^)

 

 

バーガーを頬張りながら、これからのルートを三人で考えます。

 

その時の天候や時スケジュール等で臨機応変にルートを替える。

 

そんな旅も楽しいものです。

 

 

 

無題2.jpg

 

本来であれば 大村湾を右回りで。

 

高速道路を主体に諫早へ向かう予定でしたが

この時期の日没は19時過ぎ。  

 

 

まだ若干時間に余裕がありましたので

 

 

無題3.jpg

 

進路を南西の大村湾左回りルートへ変更としました。

 

 

 

 

DSCF1824.JPG

 

 

夕刻ならではのサンセット見物と洒落込みます

 

 

 

DSCF1828.JPG

 

 

各々の相棒バイクを並べて、暮れゆく夕日を眺めます。

 

 

カウルをかすかに朱色に染めて行く夕陽

 

 

日中の蒸し暑さを忘れさせる、時折頬を撫でる風

 

 

今日一日突っ走った疲れも吹き飛ぶ瞬間です。

 

 

 

DSCF1830.JPG

 

ここは 『道の駅 夕陽が丘そとめ』

 

 

DSCF1831.JPG

 

まさに夕陽を眺めるための場所。

 

 

 

DSCF1837.JPG

 

残念ながら雲が多く

 

水平線さんはかくれんぼ

 

 

 

DSCF1843.JPG

 

おや、 あの岩 面白い形してるなあ。

 

まるで人工的に開けられた様でしたが・・・。

 

 

DSCF1846.JPG

 

デジカメで30倍ズームすると、自然にできた穴だと言う事が解ります。

 

 

 

 


DSCF1855.JPG

 

夕陽をバックにカッコ良く決めるはずが、バックにイチャイチャしたカップルが写り込んでおりました。

 

遠近感の関係で、肩の乗りのミニチュアカップルの様です。

 

 

背中に刻まれた『二輪職人』の文字が、若干悲しげに見えます。

 

 

DSCF1842.JPG

 

夕陽が沈みきるのを見送って、再び宿営地の諫早を目指します。

 

 

DSCF1849.JPG

 

 

ここからは日が沈み、夜間の走行になります。

 

6眼のZZRのライトが火を噴くぜ!  と思った矢先!?

 

 

 

 

DSCF1856.JPG

 

タカ坊のTRXのライトが点灯不良に。

 

 

社外品のLEDライトに変更していたのですが・・・。

´かの国´の製品だけあります。

 

幸い、ライト自体の問題ではなく、配線コードの断線が問題だった様で

応急処置で事なきを得ました。

 

しかし、シート下に予備のハロゲン電球を忍ばせていたタカ坊。

なかなか したたかな男です

 

 

 

 

 

 

 

DSCF1857.JPG

 

そんなこんなで、宿に滑り込んだのは20時前位になっちゃいました。

 

いそいそと着替えて、夜の諫早でナイトツーリング

 

大村湾と諫早湾の海の幸を堪能致しました。

 

 

 

 

 

 

そして

 

 

 

 

 

 

 

 


DSCF1858.JPG

 

二日目の開幕です。

 

 

 

 

 

 

無題4.jpg

 

二日目の第一目的地は、諫早湾干拓堤防道路

 

宿をとった諫早市内から20〜30分程度。

 

 

 

 

DSCF1860.JPG

 

干拓地として、開墾された諫早の郊外は 高低差がほとんど無く

 

綺麗に区切られた田んぼが一面に敷き詰められていました。

 

 

 


DSCF1863.JPG

 

 

 

さあ、堤防に入ります。

 

 

 

DSCF1864.JPG

 

 

 

 

DSCF1873.JPG

 

 

DSCF1877.JPG

 

 

 

つづく

 

 

 

日本ブログ村全国ランキング参戦中!

 

言論の自由を呼号するのは、それを濫用しようとする人間のみである。』

   −−− ゲーテ 「格言と反省」 −−−

 

 

 

 

クリック ↓

 

 


にほんブログ村

 

 

 

コメント
カブトムシモニュメントは、
佐伯市直川の『憩いの村森林公園』入口のオオカブトに似ていますねえ。
佐世保バーガー美味しいですね。
つぶして食べるのが通だそうで。
外海の遠藤周作記念館にはまった想い出があります。
諫早湾干拓・・・
Su-吉は、勝手に考えて
○○派です。
従兄ツー、楽しいでしょうねえ。
素敵だ!
  • 浜のおじさんSu-吉
  • 2016/07/17 4:06 AM
>SU-吉さん
コメントありがとうございます^^

カブトのモニュメント、ひょっとして秘境駅と言われた『宗太郎駅』の近くのやつでしょうか?

ちなみに佐世保バーガーで有名な『ハンバーガーひかり』のすぐ裏手にある海上自衛隊佐世保資料館には行かれた事ありますか? 入場無料な上に、そこでしか買えない自衛隊グッズがあったりします。 模型や映像、各種資料の数々・・・。
歴史大好き派には一日いても飽きないパラダイスですよ!

  • のびのびノン
  • 2016/07/22 10:29 PM
その通り!
大分県最南端。
宗太郎駅と直川駅の間。
忘れ去られた、国道10号線沿いにあります。

佐世保の『セイルタワー』は、
一日いても飽きません。
Su-吉の出身地、神奈川県には、
横須賀港がありましたしね。

海自・陸自の両演習に行ったことがあります。
護衛艦の『たかつき』『あきづき』に乗せてもらいました。

陸自の演習は、東富士演習場で。
戦車が大砲を撃った瞬間に、空気がボワッ!っと動きます。

あ〜!
佐世保は楽しい。
また行きたいです。
本土最西端の神崎鼻。
バイク乗りは、端が好き!
ですねえ。
  • 浜のおじさんSu-吉
  • 2016/07/23 6:57 AM
>SU-吉さん
同じ軍港でも、佐世保と横須賀では規模が違うでしょうね!
横須賀程の規模なら、きっとでっかい軍艦がたくさん停泊してるんでしょうね!

端っこには何とも言えぬ魅力がありますよね。
指に乗せたテントウ虫が常に指先を目指す様に、なぜかバイク乗りは岬に引き寄せられていきますよね^^
宗谷岬、納沙布岬、知床岬、バイク乗りなら、いつか制覇してみたいです!

  • のびのびノン
  • 2016/08/01 5:11 AM
はい、是非とも❗
皆、素晴らしい所です。
特に、九州の人が行ったら、
カルチャーショック間違い無しです。
  • 浜のおじさんSuー吉
  • 2016/08/01 6:28 AM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM