従兄弟ツーリング その4 (諫早〜小浜温泉 編)

  • 2016.08.01 Monday
  • 04:58

 

 

 

二日目は宿泊した諫早市内から15分程走り・・・。

 

 

 

DSCF1884.JPG

 

 

諫早湾干拓堤防道路』へ寄ってみました。

 

 

 

無題4.jpg

 

諫早市高来町と雲仙市吾妻町とを結ぶ広域農道で、2007年(平成19年)12月22日午後5時に開通した。

 

諫早湾干拓事業で構築した潮受堤防上に道路を建設したものである。

 

 

 

DSCF1889.JPG

 

 

全長7kmの道路の丁度中間地点辺りに、パーキングスペースがあります。

 

 

 

 

DSCF1888.JPG

 

ここからの風景をしばし楽しみます。

 

 

 

 

 

DSCF1882.JPG

 

 

雲仙市側の展望では、真っ直ぐ伸びる堤防道路のその先に

雲仙・普賢岳の姿を見る事ができます。

 

 

 

 

DSCF1883.JPG

 

 

右側の青い水面が外海。

 

左側の濁った色の水面が干拓地側。  

 

明らかに水質が違う用に見えるのは、右が海水なのに対し堤防の内側は淡水である上、

堤防を閉門している現在は、湾内の水は滞留し、水質の悪化をきたしているからだそうです。

 

 

 

元々は、諫早湾を干拓する事で農地の拡大を図ったり

 

現存する干拓農地への冠水被害や塩害を防ぐ目的で建設されたのですが・・・。

 

 

諫早湾を主とする漁業者側と、干拓地拡大を目論む農業者側のせめぎ合いに加え、政治的背景も絡み付き

 

干拓工事自体はとん挫。

 

 

 

現在は水門の開閉について司法が介入し、文字通り泥沼の様相を呈している訳です。

 

※泥沼の裁判の現状  ↓ WIKIより転載

 

2014年4月に漁業者(開門派) の申し立てにより佐賀地裁は開門に向けた制裁金間接強制)を命令した。また2014年6月に営農者(閉門派)の申し立てにより長崎地裁も開門時の制裁金を命令した[19]。その結果、開門しなければ漁業者に1日45万円(福岡高裁判決)と、開門すれば営農者に1日49万円(長崎地裁仮処分)という2つの制裁金(間接強制)が確定した国は抗告したが福岡高裁はいずれの決定を支持した[20]。国は許可抗告を行ったが、2015年1月、最高裁判所はいずれの制裁金も有効として棄却し、開門の有無に関わらず制裁金支払いが必要となる状態が確定した。

決定では「審理すべき立場にない」として開門の是非には踏み込まず、「民事訴訟では当事者の主張により審理で判断が分かれることが制度上あり得る」とし、「国が開門について相反する義務を負うことになっても、根拠となる司法判断がある以上、間接強制を決定できる」とした。

 

 

さらに直近の変化として ↓

 

2015年3月24日には佐賀地裁は間接強制決定が奏功せず国が支払う制裁金額が不適当として、漁業者側に支払う間接強制の制裁金を日額90万円(1人当たり2万円)に増額することを決定した

これに対して税務署は「民事の制裁金は課税対象である」として、納税するように指導した。

漁業者代表は、納得できないが一時的に納税することにする。納税の是非を巡っては司法の場で争うとした。2015年2月時点で、2014年7月から漁業者に計1億1790万円が支払われている。

 

 

 

とまあ、 金の成る木ならぬ 金の湧く沼 と化している訳です。

 

 

 

 

 

DSCF1890.JPG

 

そんな不毛な戦いの中で犠牲になり続ける湾内の生物環境

 

 

 

 

 

 

 

DSCF1871.JPG

 

全線7kmに渡ってほぼストレートの干拓道路

 

 

 

 

 

DSCF1875.JPG

 

大人らしく自制心をもって走りましょう(笑)

 

中排気量以上のバイクなら、あっという間に法に触れる速度に達してしまう事でしょう。

 

 

 

 

 

 

干拓道路を抜けて、そのまま南下。

 

雲仙半島をひた走り、温泉地で有名な『小浜』を目指します

 

 

DSCF1891.JPG

 

道中は、石垣で造られた畦が特徴的な畑を数多く見かけます。

 

雲仙岳によりもたらされた水はけのよい火山灰地質に加えて、年間の平均気温は16度と温暖で、一部地域は無霜地帯となっており、年間降水量は2,000mmという好条件

 

長崎県は、北海道に次ぐ全国有数のばれいしょの産地となったのです。

 

ポテトチップ大好きな私にとっては、聖地のようなもんです。

 

 

 

 

 

DSCF1893.JPG

 

 

さあ、湯気の湧きたつ海辺の町 『小浜』に到着です。

 

観光地としては雲仙温泉街や普賢岳に隠れて霞んでしまった印象のあるひなびた温泉街ですが・・・。

 

 

 

 

ここを一躍有名にしたのが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

小浜=オバマ大統領・・・。  

 

いくら街おこしのためとは言え、非常に無理のある気がしますが

 

 

 

我が大分県においても

 

 

 

 

 

こんな事やっちゃってる場所があるので、笑ってもいられません。

 

 

 

 

 

DSCF1894.JPG

 

町営の駐車場にバイクをとめ、少し散策します。

 

別府の鉄輪温泉や、小国の杖立て温泉街の様に、

至る所に温泉蒸気を利用した蒸し釜が設置されていました。

 

 

 

 

DSCF1896.JPG

 

 

 

 

DSCF1897.JPG

 

湧き上がる蒸気と、どんどん上昇する気温から逃れひと時の涼を得るため

 

長崎名物チリンチリンアイスを頂きます。

 

 

 

 

チリンチリンアイスとは

 

 

 

 

 

この様に 長崎県内の観光地や市街地など人通りの多い場所によく出没するアイスの移動販売屋さんの総称であり

 

 

 

味はスタンダードなミルクセーキ味の他に

 

メロンやオレンジ、アップル、桃等の無難な味から  地方限定でカステラ味があったり、チョコ味があったり

 

 

なかなか奥の深いアイスなのです。

 

 

 

 

DSCF1898.JPG

 

共通しているのは、移動販売という特性上のものなのか、

 

ごらんの様に、アイスと言うよりはジェラートである事です。

 

 

 

ソフトクリームや 一般的なアイスと違い 『シャリシャリ』と気持ちの良い食感で食べる事が出来、

多めに水分を含んでいるせいか、喉のも潤してくれるのです。

 

 

DSCF1901.JPG

 

 

こちらは町の中央にある温泉の湧く場所。

 

この町のゆるキャラ『おゆっぴー』 なんか献血のキャラみたいです。

 

 

 

DSCF1904.JPG

 

 

コンコンと湧き出る温泉は、棚湯風の段差を経て適温に冷まされ

 

 

 

DSCF1902.JPG

 

海岸沿いに設置された足湯 『ほっとふっと105』へ注ぎ込まれます。

 

105メートルの長さを誇るほっとふっと105。なぜ中途半端な105メートルの長さにしたのかと言うと、小浜温泉の源泉温度が「105度」。

 

その源泉温度105度に由来して、足湯の長さも105メートルにしたそうです。

 


 

 

 

 

 

 

 

DSCF1905.JPG

 

 

お次は 小浜〜雲仙普賢岳方面へ。

 

 

つづく

 

 

 

 

 

 

 

 

 日本ブログ村全国ランキング参戦中!

 

 『時間の使い方は、そのままいのちの使い方になる。』

   −−− 渡辺和子 ノートルダム清心学園の理事長 −−−

 

 

クリック ↓

 

 


にほんブログ村

 

 

 

 

コメント
諫早湾干拓・・・
Su-吉は漁業派何ですが、
難しい問題があるようですねえ。
海がせき止められて、色が変わっているのを見ると、
何だか悲しくなります。
魚や貝、それらを補食する鳥達や・・・

この目で見てみたい。
走りに行きたいです。
  • 浜のおじさんSu-吉
  • 2016/08/21 5:23 PM
>SU−吉さん
SU-吉さん、この前はご近所プチプチツーに御同行して頂き、ありがとうございました。

ちょっと先になりますが、郷土研究カテゴリーでぜひ記事に書かせて頂きます
(^o^)

SU-吉さんとのツーリングは、その先の様々な歴史の痕跡を感じる素晴らしい旅になりそうですね^^
  • のびのびノン
  • 2016/08/25 3:13 AM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM