納涼 岳切渓谷  

  • 2017.10.14 Saturday
  • 11:21

 

 

ユーリとの親子デートでございます。

 

 

まだ日中はジリジリした暑さの残る 9月下旬頃のお話じゃ。

 

 

親子三人で避暑地に向けて車を走らせていると・・・。

 

 

 

DSCF7001.JPG

 

 

自宅から出発して、3分。

 

近くので、この様な催しが開催されておりました。

 

 

 

 

DSCF7004.JPG

 

巨大なかぼちゃの群れ。

 

それぞれに ナンバーが付けられておりました。

 

 

 

 

 

 

DSCF7002.JPG

 

 

我々の声を聞き付けてか、公民館の隣に住む方が

わざわざ説明しに来てくれました。

 

 

これらのカボチャは地域興しのために、地区の皆が1年前から栽培に取り組み

最近収穫して、ここに運びこんだそうです。

 

 

DSCF6998.JPG

 

10月上旬に公民館で地域のお祭りを開き

 

そこでカボチャの重量の計測を行って、

誰が育てたカボチャが一番大きいかを競うそうです。

 

 

 

 

 

 

DSCF6994.JPG

 

 

この様な田舎の片隅で、

この様な熱い戦いが 静かに催されていたとは・・・。

 

 

しかし、会場準備のため収穫が少し早かったのか?

何個かはすでに腐敗が進行しておりました

 

 

 

 

 

 

 

重量を競う戦い・・・。  と言うより

 

もはや 祭りまで腐らずに生き残れるか?を賭けたサバイバルデスマッチの様相を呈しておりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF6996.JPG

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7003.JPG

 

ユーリ

『カボチャさん、たいへんねー』

 

 

 

 

 

 

DSCF6772.JPG

 

 

庄内から車を1時間程走らせ、安心院、院内までやってきました。

 

道の駅『院内(いんない)』で小休止です。

 

 

 

DSCF6771.JPG

 

院内は 石橋の町として有名ですが、

 

その石橋の掛る清流には 日本の固有種で特別天然記念物にも指定されているオオサンショウウオの生息地がある事でも有名です。

 

 

 

 

DSCF6764.JPG

 

 

こちらの道の駅の中にある大型水槽の中には、オオサンショウウオが一匹飼育されております。

 

ツーリングなんか寄った時は、大抵は水槽内の石の裏に隠れている事が多く

なかなか姿を拝のが難しいのですが

 

この日は 出血大サービス!?

 

 

全身を観察する事が出来ました。

 

 

 

DSCF6765.JPG

 

頭部のいぼ状の突起からは、

刺激を受けると乳白色の分泌液を出し 敵の攻撃から ほんのり身を守ります

 

この分泌液の匂いが 山椒(サンショウ)の匂いに似ているから この名前が付いたそうです。

 

 

目はほとんど退化しており、動作も緩慢(かんまん)

 

水から動き回って捕食する事はせず、 岩陰に身を隠して 目の前にきた獲物を大きな口でパクリと食べる 待ち構え方式。


 

今ひとつ 生きていく上での努力が感じられません

 

 

人間界でこの様な事をしようものなら、『ニートだ。 プー太郎だ』等とバカにされるは間違いないですが

 

約3000万年前から 進化する事無く その生態・姿を保ち生き残っている事を考えると

 

これはこれで 『勝ち組』という事が言えるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

DSCF6766.JPG

 

いびつな見た目とは裏腹に 手は赤ちゃんの様で可愛かったりします。

 

 

 

ユーリを水槽の前に立たせて記念撮影をしようと思いましたが、さすがに怖かったのかこの世の終わりが来たかのように鳴き叫び全力で拒否されました。

 

 

 

 

DSCF6767.JPG

 

ソフトクリームを与えて、機嫌を直して貰います。

 

 

 

 

 

DSCF6770.JPG

 

 

我々夫婦は、唐揚げ。  院内は一応 宇佐市。

 

 

宇佐と言えば唐揚げも有名です。  

 

中津からあげは 割とニンニク醤油での濃い味付けのイメージで、宇佐の唐揚げはこの様なサッパリ塩唐揚げが多い印象です。

 

 

 

DSCF6773.JPG

 

大人の真似をして、道の駅のパンフレットを眺めるユーリ。

 

 

 

道の駅『院内』からさらに車を20分程走らせ、 やってきたのは・・・。

 

 

DSCF6775.JPG

 

 

 

DSCF6777.JPG

 

大分県の夏の避暑地の定番 『岳切(たっきり)渓谷』でございます。

 

 

 

 

 

DSCF6798.JPG

 

 

延長約2kmにわたって耶馬渓溶岩が造った一枚岩の上を清流が流れており、下流の最奥部には落差27mの大飛の滝があります。

 

水深は足首程度(10〜20cm)と浅いので、大人はサンダルを用意してズボンを捲りあげれば大丈夫。

 

ユーリ位の2歳児も水着を着れば、プール感覚で楽しめます。

 

 

 

 

 

DSCF6795.JPG

 

 

 

DSCF6799.JPG

 

 

基本的に 人より慎重&怖がりなユーリでも、ご覧のように安心してはしゃぎ回ります。

 

 

 

DSCF6808.JPG

 

所々に30〜40cm位のくぼみがあったり、この様な岩場があるので

サポートしてあげましょう。

 

 

 

 

 

DSCF6813.JPG

 

水も凄く綺麗。  

 

オオサンショウウオが住める位で 水質はお墨付き

 

 

DSCF6815.JPG

 

 

 

DSCF6820.JPG

 

渓谷の全体が緑のトンネルで覆われていて、

プールとは違った自然いっぱいの雰囲気も楽しめます

 

 

 

 

 

 

DSCF6846.JPG

 

 

 

DSCF6849.JPG

 

水流で削られてできた窪みで ウォータースライダーごっこ です

 

 

 

DSCF6852.JPG

 

 

 

DSCF6853.JPG

 

 

 

DSCF6867.JPG

 

水遊びを一時間程楽しんだ後は

 

さらにここから車を30分程走らせ、耶馬渓 青の洞門近くまでやってきました。

 

 

 

 

 

 

DSCF6886.JPG

 

最近新しく出来た 手作りハム・ソーセージの専門店 

『耶馬の森』さんへやってきました。

 

 

『耶馬の森』さん HP  ↓

http://www.yabanomori.com/info/index.html

 

 

 

最近出来た・・・。 と言うより、以前は洞門の目の前にあった店舗が

水害で被害にあったため、この場所に新規移転したという訳です

 

 

 

 

DSCF6879.JPG

 

 

広く綺麗なオープンカフェテラス

 

 

 

DSCF6876.JPG

 

商品は店内で真空パックで売られているだけでなく、

 

こちらのテラスで 焼き立て、炙りたてのウィンナー、ホットドックを頂く事が出来ます。

 

 

 

 

DSCF6875.JPG

 

さらに 土日祝日は、 店先にタープが張られ七輪で火が起こされ

炭火で焼いた商品を味わう事も出来ます。

 

 

 

 

DSCF6882.JPG

 

スモークされてほんのり香ばしい香りが付いた 炭火焼ソーセージ

 

 

 

DSCF6883.JPG

 

こちらは 

ボイルされたスモークウィンナーの入った ホットドック

 

 

 

DSCF6885.JPG

 

 

パンも手作りみたいで、もっちり&表面パリパリ

 

 

時折吹き抜ける秋風を感じながら、美味しく頂きました。

 

耶馬渓の主要国道212号線沿いにあり、駐車スペースも充分。

 

 

今回の様に、家族でも楽しめますが

 

秋のバイクツーリングで、テラスで自分の愛車を眺めながら昼食を頂く。   

そんな利用方法にうってつけの場所でした。

 

 

 

 

 

この記事を書いている10月中旬現在。季節はいよいよ秋に突入。

まだまだ  夏〜初秋の記事が溜まってます (-.-)

 

 

 

 

 

 

おしまい

 

 

 

日本ブログ村全国ランキング参戦中!

 

大地は球にして天井にかかり上下なし。大気これを掲ぐ。

   −−− 司馬江漢 「春波楼筆記」 −−−

 

 

 

クリック ↓

 


にほんブログ村

 

 

コメント
ノンさん、お久しぶりです。北海道人ミリアです。
娘さん、愛くるしいですね。是非大きくなったら、ご家族で北海道へいらしてくださいね(・∀・) ミリアがご案内差し上げます☆
私はこの冬休み、またまた九州にお邪魔します。別府→博多→黒川と、三泊四日ですが、満喫する予定です。

では、寒くなってきましたので、お身体に気を付けてくださいね〜。
  • ミリア
  • 2017/10/29 9:36 AM
>ミリアさん
コメントありがとうございます。
ユーリももうすぐ三歳。書きたい記事はたくさんあれど、寝かしつけやらなんやらで、なかなかご紹介出来ません。^^;

北海道、私も奥さんも大好きで、ユーリが就学する前にもう一度旅行に行きたいと考えております!
その時はぜひ御相談させてください。

別府はどちらを観光されるのでしょう?
鉄輪(かんなわ)は以前はすたれたイメージでしたが、最近は蒸し場や足湯等整備され、ゆっくり見て回るのに良い場所になりました。
対照的に黒川は高級志向なイメージです。

黒川周辺の阿蘇〜やまなみは冬季は路面凍結の可能性がありますので、レンタカーを利用する様であれば、スタットレス付きのものででお越しください

冬場であれば、博多はもつ鍋が美味しくてお勧めです。
良い旅を^^
  • のびのびノン
  • 2017/10/30 11:42 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM