2017年 三光コスモス園&耶馬渓観光

  • 2017.11.30 Thursday
  • 23:31

 

 

 

家族で秋のお出掛けでごんす。

 

 

 

 

DSCF7410.JPG

 

 

訪れる秋を感じるべく 中津市の三光コスモス園へ行ってきました。

 

ハロウィンを翌日に控えた日だったので、ユーリはジャック・オ・ランタン仕様です。

 

 

DSC_0001.JPG

 

 

 

DSC_0016.JPG

 

去年のコスモス鑑賞の時は、まだ慣れない靴で足取りが怪しかったのに

 

今年はしっかりとした歩調で、コスモス畑の中の畦道を歩きます。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0007.JPG

 

 

数字の概念も解って来たようです。 

 

『ユーリ何歳?』と聞くと

 

『2さーい』と、数字の2を指さします。 

 

(と言っても、もうすぐ3歳なので 次は3も教え込みます)

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0118.JPG

 

 

ノン

『ユーリ、それは何かな?』

 

ユーリ

『タヌキさんねー。 困ったタヌキさんねー。』

 

 

ノン・嫁

『困った!?』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうやら、このタヌキの眉毛を見て、困っているのだろうと感じた様です。

 

中津市の有名な山 『八面山』にちなんで、眉の形を 『八』にしてるんでしょう。

 

 

 

 

DSC_0104.JPG

 

 

DSC_0096.JPG

 

大人も躊躇する様な 高い櫓に躊躇なくチャレンジします。

 

まだ高い所が危ない という概念が薄いのかな??

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0097.JPG

 

ユーリ

『・・・。 (うひょー こりゃ高えわ。)』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0071.JPG

 

 

実は今年のコスモス鑑賞は

 

見ごろに時期から1週間程遅れまして、加えて

 

ここに訪れる3日程前に大型台風の直撃を受けて、ほとんどがなぎ倒されていたのです。

 

 

 

 

ちょっぴり残念なコスモス鑑賞ですが、なるべく花が残っている場所を中心に撮影してみました。

 

 

DSC_0081.JPG

 

 

我が子が よちよちとお花畑の中を遠くに向かって歩く姿は・・・。

 

 

『まって!  遠くに行かないで  涙 』

 

と、なぜか悲しい気持ちになります

     

 

 

想像力が変な方向に豊か過ぎる 親バカです。

 

 

 

DSC_0083.JPG

 

ユーリ

『ぐへへ』

 

 

 

 

DSC_0090.JPG

 

ユーリ

『出戻ってきたでーー  』

 

 

 

 

ノン・嫁

『ギャフン』

 

 

 

 

 

DSC_0044.JPG

 

Nikon D90
2017/10/24 12:02:04
JPEG (8-bit) FINE
レンズ: 18-70mm F/3.5-4.5 G
焦点距離: 70mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: スポット測光
1/1000 秒 - F/5.6
露出補正: +1.0 EV
感度: ISO 400

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0048.JPG

 

 

DSC_0058.JPG

 

 

DSC_0078.JPG

 

レンズ: 18-70mm F/3.5-4.5 G
焦点距離: 70mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: スポット測光
1/1000 秒 - F/5.6
露出補正: +1.0 EV
感度: ISO 400

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0126.JPG

 

 

DSC_0132.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0139.JPG

 

レンズ: 18-70mm F/3.5-4.5 G
焦点距離: 62mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: スポット測光
1/1250 秒 - F/5.6
露出補正: +0.7 EV
感度: ISO 400

 

 

 

 

 

DSC_0145.JPG

 

レンズ: 18-70mm F/3.5-4.5 G
焦点距離: 62mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: スポット測光
1/1250 秒 - F/5.6
露出補正: +0.7 EV
感度: ISO 400

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0147.JPG

 

『今度はこっちのカメラの方向いてよー』

 

 

 

 

 

 

DSC_0150.JPG

 

 

ユーリ

『見せて、見せてー』

 

 

 

 

 

 

コスモス園での撮影会が終わり、中津〜そのまま耶馬渓方面へ移動。

 

 

 

 

青の洞門を車の中なか ずぼら観光(笑)

 

 

DSCF7487.JPG

 

 

以下WIKIより引用ですが

 

諸国遍歴の旅の途中ここに立ち寄った禅海和尚が、断崖絶壁に鎖のみで結ばれた難所で通行人が命を落とすのを見て、トンネルを掘り安全な道を作ろうと思い立ったそうです。

 

托鉢等で頑張って資金を集めて石工たちを雇ってノミだけで30年かけて掘り抜いたといわれていますが・・・。

 

 

 

ここまで聞くと『良い話』ですが

 

 

 

DSCF7491.JPG

 

完成した暁に

 

通行人から人4文、牛馬8文の通行料を徴収したという話が伝わっており、この洞門は日本最古の有料道路ともいわれているそうです。

 

 

 

和尚、なかなかやりますな。

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7496.JPG

 

 

DSCF7462.JPG

 

青の洞門のすぐ脇にあるレストランで昼食を摂りました。

 

その名も 『洞門パティオ』

 

 

 

DSCF7472.JPG

 

大人(中学生以上):1250円  小学生:820円

そして3歳以下は無料!

 

 

 

 

DSCF7474.JPG

 

 

中津観光協会公式HP  『洞門パティオ』紹介ページ

https://www.nakatsuyaba.com/docs/2014020700177/

 

 

 

 

 

DSCF7473.JPG

 

 

DSCF7464.JPG

 

 

割とヘルシーな菜食が多いですが、地元の野菜が使われており

 

地元産の蕎麦や、中津からあげなどのご当地グルメも食べ放題。

 

白玉団子やプリン、ワッフルなどのデザートもあります。

 

 

 

 

 

 

値段との折り合いも良く、耶馬渓グルメのお勧めのスポットです。

 

 

耶馬渓でお腹を満たした後は、山国を経由して玖珠方面に抜けました。

 

 

DSCF7499.JPG

 

この時期は まだ紅葉は色づいていませんでした。

 

紅葉の時期は美しく色づく 『立羽田の景』も この日はまだまだ青々としておりました。

 

 

 

 

DSCF7506.JPG

 

山肌から 力強い奇岩が顔を出しており、

 

水墨画の様な景観を作り出しておりました。

 

 

 

 

DSCF7508.JPG

 

 

 

 

 

玖珠に到着し、高速道路に乗って帰路に着く前に

 

もう一カ所寄り道。

 

 

DSCF7531.JPG

 

円形機関庫のある 『豊後森駅』です。

 

 

平成24年に機関庫及び転車台がそれぞれ「旧豊後森機関庫」及び「旧豊後森機関庫転車台」として国の登録有形文化財に登録されたため、以前の様に機関庫の中に立ち入ることが出来なくなってしまいましたが、敷地内周辺を「豊後森機関庫公園」として整備が進められています。

 

 

 

その一環で、立派なSL車両 国鉄9600形蒸気機関車「29612」号機が機関庫の前にデーンと展示されております。

 

 

 

 

DSCF7518.JPG

 

 

この蒸気機関車は福岡県志免町の公園で展示されていたものですが、公園の改修に伴い志免町では老朽化した蒸気機関車を解体する予定だったそうです。(修復予算の折り合いがつかなかったため)

 

そこで玖珠町が救いの手を差し伸べ、蒸気機関車は修復を受けた後、2015年に豊後森機関庫跡に展示されたという経緯があったそうです。

 

 

 

 

 

DSCF7527.JPG

 

 

そんな命拾いしたSL 『キューロク』さんの前で記念撮影

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7534.JPG

 

丁度 豊後森駅に 『湯布院の森号』が到着しました。

 

 

DSCF7537.JPG

 

ユーリと一緒に手を振っていると、 『ファーン』と汽笛を鳴らしてくれました。

 

 

DSCF7540.JPG

 

 

昔の汽車から現代の特急まで 存分に楽しめた豊後森駅でした^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

秋の行楽ネタは まだまだ続きます。

 

 

 

 

 

 

 

おしまい

 

日本ブログ村全国ランキング参戦中!

 

過去と未来は存在するにあらず、存在したものなり、現在のみが存在す

   −−− クリュシッポス 「断片」 −−−

 

 

クリック  ↓

 


にほんブログ村

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM