乗り初め&故郷の氏神様の元へ初詣ツーリング(withお転婆ライダーさん)その2

  • 2018.02.19 Monday
  • 14:14

 

 

 

 

 

 

大将軍神社で 鉄の馬の 今年一年の無病息災(無故障、無転倒、無怪我)をお祈りした我々は

 

次なる目的地へ

 

 

 

 

 

庄内の、より深くへ入って行くのです。

 

人工物や 人の生活の痕跡が疎らになった頃に・・・。

 

 

 

 

苔むした山道に ポツンと鳥居が現われました。

 

 

 

 

 

これこそが、これから目指す 

秘境神社と言われる『熊牟礼神社』の入り口なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 鳥居から、さらにこの様な田舎道を進みます。

 

やはり 田舎の散策には 小型のバイクが適していますね。

 

 

 

 さあ、ここからは徒歩です。

 

隊長さんとキョンさんには、あらかじめ

『運動靴で来てくださいね』

 と伝えておきました。

 

バイクのジャケットを脱ぎ、ここからはトレッキングを楽しみます。

 

 

 

 

 

 

 森の中の空気が心地よいです。

 

 隊長は足の腱が本調子ではありませんので、トラッキングポールを使って貰いました。

 

 

 

 

 この辺りはまだ簡易舗装されており、オフ車のバイクなら余裕なのですが…。

 

 

 

 

 道はいよいよ未舗装の林道へと変貌します。

 

 

 

 

 

 

 つづら折れのシングルトラックの急登林道。

 

オフ車乗りの大好物

 

オフ車乗りでも、それなりの技術がないと苦戦を強いられます。

 

 

この時期は予想通り、落ち葉の絨毯状態で難易度もアップ。

 

 

 

倍率ドン さらに倍!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は 万が一、大切なゲストが転倒で怪我をされては大変!

(/ _ ; )

 

 

 

 初めから徒歩を選択しておいて正解でした。

 

 

 

 

 

ちなみに

2013の頃(5年前)は、この様に比較的フラットで石も無く、モタードでも何とか駆けあがれる程だったのですが…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 バイクを止めた場所から20分程の登り道トレッキングをクリアーすると、

 

勾配が終わります。

 

 

 

 すると…。

 

 

 

 

 

 

 

 この神社の象徴とも言える中割れの鳥居』が現れます。

 

 

 

 

 

 要(かなめ)の部分を失って、とても不安定に見えますが

 

もう何十年も前から、この姿のままここに建ち続けているのです。

 

3年前の熊本大震災で、この庄内でも震度5に見舞われましたが、それでもビクともしておりません。

 

 

 

 

 

 なんとも不思議な力を感じます。

 

 

 

そういった御仏の加護を感じられるのは、ここだけではありません。

 

 

 

 

 

 その割れた鳥居のすぐ先にも

 

 

 

 

 

 何と、巨石を支える木が。

 

決して太くなく、逆にか細い印象を受ける木。

 

その傍らには、数体のお地蔵様が鎮座しておられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

どういった謂れがあるのかは知りませんが・・・。

 

落ちそうで落ちない 転がらない 滑らない というあたり、

お受験等に大変効果がありそうですね!

 

 

 

 

 

 

まだまだあります。  秘境神社の不思議スポット

 

 

 

 

 

 

大岩からさらに少進んだ場所に

 

道の脇から 突如として湧き出る水

 

 

 

 

 

 

盛られた土の壁にブッ刺された塩ビのパイプ。

 

それだけでも若干シュールな絵ですが、そこからコンコンと湧き出る清水

 

 

 

 

 

以前は岩の間から染み出ていたのですが、 一昨年の九州を襲った豪雨の際に

 

土砂崩れで岩々が押し流されたにも関わらず、 流入した土砂をかき分けるかのように湧きだし続ける清水

 

 

 

困難を乗り越える系のご利益があることは間違いないと思われます。

 

 

 

 

 

 

 

さあ、辿りつきました。 ここがその秘境神社?

 

 

いえいえ。 ここはただの管理用の社務所。

 

その建物の裏手に目を向けると・・・。

 

 

 

 

 

隊長さん

『うっ!?』

 

キョンさん

『うわーーー!』

 

 

 

 

 

 

お二人とも期待通りのリアクション ありがとうございます。

 

 

これぞ熊牟礼神社の神髄  急登の石段である。

 

 

 

 

 

壁かと見まごう程の角度。

 

登るものの感覚を惑わす不規則な段差の高さ、

 

同じ形状は2個も無い、ランダムな形状の石

 

 

安全基準など どこ吹く風

 

 

 

そんな 来るものを返り打つかのような存在でありながら

 

登ってくださいと言わんばかりに 垂らされた一本のロープが

 

挑む者の心を打つ一品

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

恐る恐る登り始めるキョンさん

 

しかしキョンさんは思い知る事になる。

 

 

 

 

 

 

この階段の真の難しい所は、上記に記した登り難さではなく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

振り返れば 下に引き込まれる様な錯覚に陥る

 

高度感 なのである

 

 

 

 

 

 

高所恐怖症のものは、おそらく最初の10mで根を上げる事でしょう。

 

 

 

 

この不安定さと高度感の恐怖を克服したもののみが、真の社殿へ辿りつけるのである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この石段に至るまでの林道歩きで、隊長の靭帯のHP(ヒットポイント)は とっくに一桁

 

しかし、隊長  キョンさんにお手本を示すかのように先発して登って行きます。

 

これぞ 真の漢(おとこ)の姿である

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キョンさんも、秘儀 『絶対振り返らない!』で、これを克服!

 

 

私は過去 青春時代の女性への告白失敗時に 別な意味でこの技を発動したことがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この石段を登り終えると・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どっこい 待ってた、 もう一本。

 

 

 

 

 

先程の石段よりも長さは半分程ですが、勾配はこちらの方がきつい感じです。

 

 

 

 

ここから先、私も登る事に集中していたため、社殿に至るまでの写真はありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と言う事で、いきなり 神社を ドン !

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まさに秘境と呼ぶにふさわしい道のりや困難を経て辿りついた場所。

 

 

 

 

その社殿は、古いながらも 緻密な飾り彫りが施されており

 

この神社への信仰の厚さが伺えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで隊長さん、キョンさん一家  そして私の家族も

 

庄内でこの一年、平穏に家内安全で暮らせる様にお願いしてきました。

 

 

 

 

これで隊長さん一家も 改めて身も心も庄内人です!

 

ようこそ 安住と冒険の世界 庄内町へ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さあ、 ノッてきた所で 景気付けの運だめし!   

 

お金を入れて ご自由にお取りくださいなおみくじにチャレンジ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ノン『末吉』  隊長『小吉』  キョンさん『吉』

 

 

凶を除いて 下からの吉を総なめ!   

 

 

 

 

 

 

 

俺達 三人 吉くじ 三銃士 スパルタンX !    

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

慰め合う言葉も無く、無言でおみくじを気にくくり付ける一同。

 

 

 

 

 

 

きっと みんな 無かった事にしたかったのです・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな 庄内を見守る神様の ちょっとしょっぱい洗礼を喰らった

平成30年の成人の日・・・。  

 

 

そう。我々は

 

氏神様

『庄内人らしく、締まっていけよーー!』と、肩を叩かれ、晴れて庄内人としての成人の日を迎えたのだ。

 

 

 

 

 

 

 

登れば下るのが世の摂理。

 

 

下りでは、なんとキョンさん

『紐を使わず 前向いて降りる』という高等技術を発動!

 

 

 

キョンさん

『これが一番怖くないかも!!』

 

ノン

『降り方に正解はありません。 自分が降り易い方法が一番です』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一本目の石段、クリアー!

 

 

 

 

 

二本目の長い石段もクリアー!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

湧き出る清水でひと休憩。

 

 

 

 

 

すると 困難に打ち勝つ系の御利益があったのか

 

 

 

九十九折れのフカフカ林道を 颯爽と下ります。

 

 

 

 

 

 

 

ノン

『次は バイクで上がってみましょうか? ^^』

 

 

隊長さん・キョンさん

『ギャフン』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

秘境神社から無事下山です。

 

 

しかし、この日の庄内旅はまだ続くのである  

  (あと1話あるよ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本ブログ村全国ランキング参戦中!

 

 

『貴方が今、夢中になっているものを大切にしなさい。それは貴方が真に求めているものだから。』

    ーーー エマーソン −−−

 

 

 

クリック ↓

 

 


にほんブログ村

 

 

 

コメント
てか、どこから引っ張ってくるの三銃士とかとかとか(大爆笑)

ノンさんの多彩なボキャにいつも感心します。
わしゃボケてもボキャ貧なもんでw

昨晩から2人でおなかかかえて笑いながら見てます(≧◇≦)!

つづくんかー!!!!って突っ込みながら♪
  • とり天
  • 2018/02/20 5:30 PM
恐ろしや〜‼

此処は、下々の行く所じゃござんせん。

桑原・桑原・・・
  • Suー吉
  • 2018/02/20 8:15 PM
>とり天さん
コメントありがとうございます。

そうなんです、続いちゃいました^^; 次でようやく完結です。険道ツーリングも、これ以上内容の濃いものにしましょう!
  • のびのびノン
  • 2018/02/25 12:19 AM
>SU-吉さん
コメントありがとうございます!

何をおっしゃいますか!SU=吉さん。
SU−吉さんも、もはや立派な庄内人。

庄内人としての成人の儀として、ここをセローで攻略しましょう^^
  • のびのびノン
  • 2018/02/25 12:21 AM
以前、後っちゃんに途中迄連れて行かれましたが、心臓がバクバクして断念。
ゴリラで再挑戦しましたが、パワー不足で急坂を上りきれませんでした。
とほほ・・・(ToT)
  • Su―吉
  • 2018/03/01 6:37 AM
>SU-吉さん
『80% of success is showing up.』
成功の80%は、まずその場に現れること である

ウディ・アレン(米国の映画監督、俳優、脚本家 / 1935〜)
  • のびのびノン
  • 2018/03/06 4:32 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM