英彦山近辺のツーリング

  • 2018.09.25 Tuesday
  • 12:59

 

 

ちょっと前のツーリングの記事でござんす。

 

 

酷暑と言われた今年の夏がチラホラと顔を見せ始めた、8月上旬のお話。

 

 

 

DSCF1769.JPG

 

ツーリング先は、少しでも涼しい場所を求めて

 

標高の高い場所を目指してみることにしました。

 

 

 

目的地は、以前から気になっていた『英彦山(ひこさん)』

 

大分県の中津市(耶馬付近)と福岡県(添田町付近)の県境に跨る 

仏教修験の山である。

 

 

 

 

DSCF1770.JPG

 

自宅から出て小一時間、本格的に山中の山道に入る前に

 

道の駅 『やまくに』で小休止です。

 

 

 

DSCF1771.JPG

 

 

夏ということで、売られているご当地野菜コーナーも、

 

なんだかトロカル。

 

 

DSCF1772.JPG

 

昔は600円くらいだった バイキング食べ放題も  

 

最近は人気が出すぎて、若干の値上げ・・・。  ((+_+))

 

 

 

まだお昼には早い時間帯だったので、トイレと水分補給を済ませて

再出発です。

 

 

 

 

 

DSCF1773.JPG

 

山国の中心部から離れ、 三桁国道496号で山に向かって北上開始。

 

 

 

DSCF1775.JPG

 

 

うほっ!   ナビでみても、走り応えのありそうな道・・・。

 

 

 

 

 

DSCF1776.JPG

 

ぐんぐん勾配を登り、高度を上げていきます。 

 

しかしあまり展望は開けず 鬱蒼とした山道を進んでいく感じです。  

 

 

部分的に狭い個所もありますが

 

 

 

無題.jpg

 

(グーグルマップより引用 ↑)

 

国道なだけあって、路面状況は比較的きれいです。

 

これなら どんなカテゴリーのバイクでも大丈夫でしょう。

 

 

 

 

DSCF1777.JPG

 

木々に囲まれた道。

 

直射日光を防いでくれるせいか、あまり暑さを感じずに走れました。

 

 

 

 

G0013951.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF1778.JPG

 

おっと、 道がいつの間にか 国道496号から500号へ変わっていました。

 

途中で曲がった記憶は無かったのに・・・。

 

 

 

G0024000.JPG

 

写真で振り返りつつ、後で確認してみると

 

 

 

無題2.jpg

 

 

丁度県境となる峠付近で

 

福岡県の行橋市方面の北へ下る道が、そのまま国道496号として伸び

 

あたかも直進路の様に西に下る道が 国道500号となった様です。

 

 

 

G0024029.JPG

 

山越えの峠付近なので、それなりに高度は高いはずですが・・・。

 

英彦山方面へ下る道も、残念ながら展望は開けません(-.-)

 

 

 

 

 

 

 

 

目的の英彦山は、とても有名な仏教修験の山

 

 

DSCF1780.JPG

 

私のイメージでは、

 

どーーーん と長ーい参道(石の階段)があって、

 

でーーーん と大きくて立派な社殿がある事を想像していたんですが・・・。

 

 

どうやら この英彦山のいろんな場所に、たくさんのお宮が点在しており

 

それらの集合体が山全体の一つの神社 みたいなイメージかな。

 

 

 

 

国東半島は半島全体が 六郷満山として一つの宗教国家だった様に、

 

ここ英彦山は 山自体が信仰対象であったのでしょう。

 

 

 

 

DSCF1781.JPG

 

そうそう、 英彦山の山中の道は、コーナーの度にご覧の様な番号が付けられていました。

 

100位まで数えてたんですが、途中でどうでもよくなっちゃって、数えるの止めました

(-_-)

 

 

 

 

 

DSCF1782.JPG

 

今回は英彦山周辺がどんなとこなのかの偵察が目的でしたので

 

お宮へお参りには立ち寄りませんでした。

 

(一応、英彦山に向かって、帰路の安全祈願で一礼させて頂きました)

 

 

 

 

 

 

ここからは 来た道を戻っても面白くありません。

 

 

そのまま国道500号を西へ下り

 

 

DSCF1787.JPG

 

 

道の駅 「小石原」で昼食タイム。

 

 

 

DSCF1786.JPG

 

 

 

DSCF1784.JPG

 

正午近くになると、気温も急上昇。 

 

食事は冷房の効いた道の駅内の食堂で、スルスルっと食べられるうどんを頂きました。

 

 

 

 

 

DSCF1785.JPG

 

こちらの道の駅には、食堂だけでなく

 

「小石原焼き」の 様々な窯元が作成した作品の展示・販売しているコーナーも併設されています。

 

 

 

 

 

今まではツーリング先で お土産や、ちょっと欲しいものなど見つけても

 

ZZRは積載量がほぼゼロだったためあきらめていましたが

 

 

アフリカツインは しっかりパニアケース装着済み^^

 

割れ物だろうが、濡れ物だろうが、何でも詰め込めます。

 

 

 

IMG_5366.JPG

 

ここでは、焼酎用のぐい飲みを一つ購入。

 

夏らしく涼しげな色のものを選びました。

 

 

 

それから、この道の駅の近くに 英彦山に縁の深い場所があると聞き

 

そちらにも立ち寄ってみる事にしました。

 

 

 

 

DSCF1788.JPG

 

『行者杉』の森です。

 

 

 

DSCF1791.JPG

 

 

 

DSCF1792.JPG

 

バイクを停めて、森の中の遊歩道を散策。

 

巨木達が照りつける太陽を遮ってくれるせいか、この辺一帯は ちょっと涼しかったです。

 

 

 

 

 

 

 

英彦山との縁が書かれた看板がありました。

 

 

DSCF1793.JPG

 

なるほど、

 

身を清め 命たる木を植樹する事で入山資格を得ていたのですね・・・。

 

それほどに 英彦山は神聖視されていたのですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF1795.JPG

 

 

よく整備された遊歩道の先には

 

 

 

 

 

DSCF1796.JPG

 

もはや デジカメの画角に収まりきらない程に巨大な木々がありました。

 

 

DSCF1797.JPG

 

霊験杉は 行者杉の母    

 

シュッと伸びた姿は、確かにどこか女性らしい感じもします。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF1801.JPG

 

その横に鎮座する 大王杉  

 

 

DSCF1803.JPG

 

先ほどの霊験杉よりも ひと、ふた周りも大きく

 

枝振りも豪快な感じです。

 

 

 

DSCF1804.JPG

 

真下から見上げると、先端の方が霞んで見えます!

 

 

 

 

 

 

さらに その脇には 境界杉 

 

 

DSCF1809.JPG

 

こちらは高さはありませんが、太い幹周りが印象的。

 

 

まさに 緑の巨人達の森!

 

 

 

 

 

 

 

その森の中に、面白いものを見つけました。 ↓

 

 

DSCF1811.JPG

 

 

DSCF1813.JPG

 

今で言う「県境」だった場所のようです。

 

 

 

 

 

DSCF1814.JPG

 

これと同じ様な石碑が 国道500号を隔てて 南側・東側に合計28基有るそうです。

 

昔は、土地=農地 であったり 水源が有ったりで 正に生命に直結する問題。

 

そのため 自分たちの土地の縄張り主張には争い事が多かったそうです。

 

 

 

 

 

DSCF1823.JPG

 

さあ、涼しかった森の中を出て 再び出発です。

 

 

 

 

DSCF1790.JPG

 

なるほど、行者杉の周辺には 沢山の窯元があるんだな。

 

これは散策が楽しそう。

 

 

 

 

 

 

 

 

が、しかし・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


この直後 空模様が急変。  なにせ8月の昼過ぎは大気が不安定。

 

パラパラと雨が降り始めまして、さらに空を見上げるとこちら側に流れてくる真っ黒な雲。

 

クリックすると新しいウィンドウで開きます

 

 

 

 

 

 

 

 

この後は、少々雨に降られながら 高速道路で逃げ帰りましたので

写真はございません。  

 

 

 

 

せっかくパニアケースが付いてるんだから、合羽くらい常備していないとなぁ と後悔しつつも

 

 

 

 

英彦山、小石原の魅力に触れた 楽しいツーリングでしたとさ。

 

 

 

おしまい

 

 

 

 

 

 

 

日本ブログ村 全国ランキング参戦中!

 

『考えは豊かに、見た目は貧しく』

  −−− アンディ・ウォーホル(米国の芸術家/ 1928〜1987)ーーー

 

 

クリック  ↓

 

 

 

 


にほんブログ村

 

 

コメント
英彦山の尾根道は、結構なウネウネですよね。
道幅も広くないし、『アフリカツイン』を転がすには、技が要りますね。
でも、ノンさんなら大丈夫。
Su―吉には『セロ吉』位が丁度良いです。
もう、10年以上行っていないなあ。

小石原も良い所ですね。
大雨の爪痕、まだ沢山残っているのかなあ?
小鹿田焼きと小石原焼きは、
どちらがルーツなのかなあ。
ずっとずっと気になっています。
  • Su―吉
  • 2018/10/12 4:33 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM