玖珠の切株山へソロツーリング

  • 2018.09.30 Sunday
  • 08:20

 

 

アフリカツインでソロツーリングでやんす。

 

 

 

なんでも´インスタ映え´スポットがあるらしい ということで

 

今更ながらですが、『玖珠の切株山』へ行ってみる事にしました。

 

 

 

DSCF2161.JPG

 

210号線を淡々と走るのは面白くありません。

 

湯布院から玖珠方面への裏道として有名なコンクリートの道路。

 

言わずと知れた!?日出生台の戦車道です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF2165.JPG

 

 

ZZRなら『ちょっとガーガーするな〜。』『ロード系バイクでは走り難いなー。』と思っていたコンクリート道路も、

 

アフリカツインの足長で柔らか猫足なら快適に走れます。

 

 

マシンの形状はもちろん、サスペンションのセッティング・性格で、こんなにも路面から感じる情報が違うんだな〜と感じました。

 

 

 

 

DSCF2172.JPG

 

日出生台の演習所沿いの道路に入りますと、ダムが見えてきました。

 

 

DSCF2170.JPG

 

 

 

 

DSCF2171.JPG

 

 

深見ダムさん。

 

昭和41年生まれの 52歳なお年頃。

 

ダム自体がほとんど自衛隊演習場内にあるため、防衛施設庁の補助を受けて造られたそうです。

 

 

 

 

DSCF2167.JPG

 

 

 

 

DSCF2168.JPG

 

今年は雨の少ない酷暑。 渇水気味な水位でした。

 

 

 

 

DSCF2169.JPG

 

ダムの保守に使われている重機は自衛隊の車両の様です。

 

建設にあたっての補助だけでなく、メンテナンスも自衛隊の協力を得ているのでしょうか。

 

 

 

 

DSCF2174.JPG

 

 

快適な県道679号〜409号(湯布院〜日出生台〜玖珠)の旅は続きます。

 

 

 

DSCF2175.JPG

 

 

戦車でも見れないかなー。と、演習場の中に眼を凝らします。

 

 

あんまりじっと見てたり、カメラを向けてると

 

他国のスパイの情報収集活動と勘違いされて、当局連行されるんじゃないかしら。

 

そして、行方不明者として極秘裏に処理されて

 

そしていつのまにか、家族や友達、誰の記憶から無くなってしまうなのはないか。

 

そんな心配をしながら、こっそり覗き込みます。

 

 

 

 

 

DSCF2176.JPG

 

『あっ!  砂煙だ!』

 

 

あの先に戦車などの自衛隊車両があるのかな?と観察しますが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF2177.JPG

 

結局砂煙だけで、車両は見えませんでした。

 

私の様な興味本位の輩(やから)から隠すため、道路からは見えない場所で演習してるんでしょうね。

(T . T)

 

 

DSCF2179.JPG

 

 演習場の中をさらに観察すると

 

丘の上に何か見えます。  岩かな? 

 

 

DSCF2180.JPG

 

 多分人工物かな。トーチカっぽい。

 

昔は演習に使っていたのかな??

 

 

 

あまりまじまじ見てると怒られそうなので(実際は多分怒られません)

 

快適な679号〜409号線の旅を続けます。

 

 

DSCF2181.JPG

 

 目の前に面白い形の山が見えてきました。

 

 

DSCF2182.JPG

 

まるでこれから目指す切株山みたいです。

さしずめミニ切株山といった感じ。

 

 

 

走って爽快、見ていて飽きない(運が良ければ戦車にも会えるかも)679号線を抜けると、玖珠に到着です。

 

 

DSCF2186.JPG

 

玖珠町に入ればどこからでも見える切株山

 

あの大きな切株の様な山の上に、目指す公園広場があります。

 

 

DSCF2187.JPG

 

 下からズームで見ると、展望台の様な建物が見えます。

 

 

DSCF2189.JPG

 

 山の向こう側には、こりゃまた玖珠のランドマーク 、ウィンドファームの風車達が見えます。

 

 

DSCF2185.JPG

 

田園の中を走る道から、山の方に上がって行きます。

 

主要国道210号線から、「切株山」の看板に沿って走れば迷うことはありません。

 

(部分的に車では離合が困難な狭路がありますが、ゆっくり走れば大丈夫)

 

 

 

 

DSCF2191.JPG

 

 国道から10分程で山頂の公園に到着です。

 

 

DSCF2192.JPG

 

 山頂の公園は、綺麗に整備されています。

 

 

DSCF2193.JPG

 

 先程の日出生台で見た山や、この切株山は 「メサ地形」と呼ばれる、この玖珠地方で見られる特徴的な地形なのです。

 

ちなみに、我が故郷庄内にも このメサ地形の山がございます。

 

 

 

 

 

旅人の日記  過去記事  『秘境神社 熊群山 登山編』

 

庄内の秘境神社 熊群山へ その1

http://kingxcat.jugem.jp/?eid=592

 

庄内の秘境神社 熊群山へ その2

http://kingxcat.jugem.jp/?eid=593

 

庄内の秘境神社 熊群山へ その3

http://kingxcat.jugem.jp/?eid=594

 

庄内の秘境神社 熊群山へ その4

http://kingxcat.jugem.jp/?eid=595

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF2195.JPG

 

 この切株山には、昔はお城もあったそうです。

 

 

 

 

DSCF2196.JPG

 

外部の侵入を阻む切り立った絶壁に、

 

山頂部は曲輪などの防衛拠点を築きやすい地形。

 

 

 

さぞ強固な山城だったんでしょうね!

 

 

DSCF2197.JPG

 

 小さな小屋がありました。

 

トイレかな??

 

 

 

 

 

DSCF2198.JPG

 

 いえ、絶滅寸前の緑の公衆電話。

 

締め切っているので、多分回線は繋がってないと思われますが、最近なぜか緑の公衆電話見ると嬉しくなります。

 

そのうち「県内の残存するの緑の公衆電話を全部廻るツーリング」なんぞ企画してみようかなー。

 

 

 

 

DSCF2199.JPG

 

 さて、バイクを降りて山頂の広場を散策します。

 

 

DSCF2203.JPG

 

 さすがインスタ映えスポット。

 

よく整備された芝生の広場、そこに置かれた遊具、そのバックに広がる展望

 

すでになんとなくおしゃれ空間が完成しておりますが、

 

これに 「キッチンカー」が加わる事で、おしゃれ度がガツンと高まっております。

 

キッチンカーには そのような魔力があるのです。

(私 個人の感想です)

 

 

 

 

DSCF2208.JPG

 

しかし平日ということもあり、閑散としております。

 

到着した時点では、私一人だけ。

 

今この瞬間、俺だけの切株山!の完成である。

 

 

 

DSCF2207.JPG

 

 写真には写りませんが、沢山の盆トンボ(赤トンボ)が舞っております。

 

 

 

 

 

 

DSCF2206.JPG

 

クスノキの切株だったのか!

 

童話の里と呼ばれる玖珠らしいエピソード

^_^

 

 

 

 

DSCF2209.JPG

 

どこからでも、どの方向でも 展望は抜群!

 

ここはグライダーの発着場として使われるくらい、年通で風が吹くそうです。  

 

秋の気配が漂う風を感じながら、しばし景色を楽しみます。

 

 

 

DSCF2210.JPG

 

 

 

DSCF2211.JPG

 

大きな造成地が作られています。

 

住宅地を作ってるのかな??

 

 

DSCF2212.JPG

 

 デジカメでズーム!

 

どうやら工場の様です。

 

あとでキッチンカーの店員さんに聞いたところ、合板を作る工場が出来るそうです。

 

 

DSCF2219.JPG

 

 デジカメのミニチュアモードで遊んでみました。

 

富士フイルム デジタルカメラ XF10 ブラック XF10-B

新品価格
¥45,772から
(2018/9/30 08:08時点)

 

 

富士フイルム デジタルカメラ XP130 スカイブルー FX-XP130SB

新品価格
¥21,124から
(2018/9/30 08:10時点)

 

 

 

 

 

DSCF2215.JPG

 

 プラモデルのジオラマみたいでしょ

(^ ^)

 

ガンダムとかのプラモデルを置きたくなります。

 

 

 

DSCF2216.JPG

 

 野焼きの煙も、まるで棉(ワタ)みたいに写ります。

 

 

DSCF2224.JPG

 

 あ、あれは!

 

 

デジカメの光学30倍ズーム!

 

 

 

 

 

 

DSCF2226.JPG

 

拡大すると、これまた玖珠を代表する観光地

 

「豊後森駅の円形機関庫」です。

 

 

DSCF2228.JPG

 

玖珠は街中に立派なグラウンド&野球場があります!

 

すごいなー  (^。^)

 

 

DSCF2229.JPG

 

 

お!  グラウンドの横に公園があるぞ。

 

今度 玖珠に家族で遊びに行った時は寄ってみよう。

 

 

 

DSCF2221.JPG

 

 玖珠の町を挟んで 反対側にも  切株山の様なメサ地形の山があります。

 

この切株山と双子みたいにそっくりですね。

 

 

 

DSCF2247.JPG

 

 先ほど この山を下から見上げた時に見えていた展望台。

 

 

 

DSCF2246.JPG

 

展望所  というより これはもう、展望カフェ

 

無人ではありますが、冷暖房が完備されていて、展望側は全面ガラス張り。

 

入るだけでもお金が掛りそうですが、なんと無料!

 

さすが玖珠先輩  太っ腹!

 

 

 

 

 

DSCF2243.JPG

 

 キッチンカーで「豆腐アイス」を買って、景色を眺めながらいただきまーす。

 

 

 

 

  が、しかし!

 

 

 

 

 

DSCF2244.JPG

 

 アイス  カッチカチやでー!

 

 

 

 

 

 

 

 

お客が私一人くらいのため、おそらく朝から開閉されていなかったであろう冷凍庫で、限界まで冷やされたアイスは、もはや石の様な硬度

 

 

 

それを、唯一与えられた このか細いプラスチックのスプーンで食べろというのだから、たまったものではありません。

 

 

展望所は善意で設置されたクーラーで、冷風バリバリに冷えており…。

 

 

何気ない穏やかな日常の中で、突如として与えられた極寒の試練

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この神の与え給うた試練を乗り越えるべく、必死で両手でアイスを包み込むように溶かそうとするのですが…。

 

 

 

だんだんと失われていく手の抹消の感覚。

 

 

 

時折 ミシリと音を立て、しなるプラスチックスプーン。  なんと細い生命線。

 

 

 

 

 

ああ。  だんだんと意識が

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

って、外に出たら良いんじゃん。

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

外で食べたら、あっという間に 良い感じの硬さになったアイスを しっかりやっつけちゃいました♡

 

 

 

 

【アイスクリームスプーン デザートスプーン 業務用 大量】Mozaik アイスクリームスプーン1000個セット【プラスチック カトラリー ケータリング パーティー食器】

価格:1,394円
(2018/9/30 08:13時点)
感想(0件)

 

 

 

スノーピーク(snow peak) チタン 先割れスプーン SCT-004

新品価格
¥842から
(2018/9/30 08:11時点)

 

 

 

DSCF2251.JPG

 

 

 

さて、展望を楽しんだつぎは、いよいよインスタ映え写真を撮ります!

 

 

できるポケットこれからはじめるインスタグラム Instagram 基本&活用ワザ

新品価格
¥1,382から
(2018/9/30 08:16時点)

 

 

DSCF2255.JPG

 

 

見よ、この青空に映える 原色の可愛いブランコ

 

 

目の前に広がる山々の展望というシチュエーションも相まって 「ハイジのブランコ」として有名なのです。

 

 

さぁ、どうやって映え写真を撮ろうかなー、とアングルを考えていますと…。

 

 

 

 

DSCF2264.JPG

 

あつらえた様に、大学生の仲良し女子旅風グループがやってきて、キャッキャッとはしゃぎながら漕いでくれました。

 

素晴らしいシチュエーションおしゃれ女子グループ、そしてキッチンカー

 

今ここに インスタ映え 三種の神器 が揃ったのである。

 

 

 

 

アラフォーなおっさんが、一人でブランコ漕いでる自撮り写真を撮る羽目にならずに済みました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF2263.JPG

 

 

いやー。素晴らしい。 これぞインスタ映え。 ありがとう女子達!

 

 

いいよー!  映えてるよー (^○^)

 

 

 

 

 

 

DSCF2261.JPG

 

 一番左側の子の無茶な漕ぎ方に、ちょっとヒヤヒヤしますた。

 

 

彼女はきっと すごい大物になる

 

 

 

 

切株山でインスタ映え写真を撮る というミッションを無事に完了しました。

 

帰路も210号線は避けて、比較的交通量の少ない道を選んで帰ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

玖珠から院内を経由して安心院、耶馬渓、別府方面へアクセスできる 国道387号線

 

 

 

 

DSCF2280.JPG

 

 途中、道沿いに食堂兼 展望台がありました。

 

 

 

 

DSCF2281.JPG

 

 小休止がてら寄ってみました。

 

 

 

 

 

DSCF2277.JPG

 

 院内、耶馬特有の奇岩が見えます。

 

 

 

 

DSCF2272.JPG

 

まるで中国の水墨画のような風景。

 

秋の紅葉の時期に、ぜひまた訪れたいですね。

 

 

 

 

DSCF2275.JPG

 

 

 

DSCF2283.JPG

 

 祀られた石があります。

 

 

 

 

DSCF2285.JPG

 

 なるほど、ちょうど7つある岩を七福神にかけてあるんですな。

 

 

「弁財天様、ほとんど見えてないお! 」

 

 

 

DSCF2286.JPG

 

 

院内に入ろうかという辺りに、もう一か所 景勝地があります。

 

 

 

 

DSCF2290.JPG

 

 

大分のマチュピチュ として、ちょっと前までは非常にマイナーな立ち寄りスポットだったんですが、

 

今では観光バスが寄る位の有名観光スポットに。

 

 

 

 

DSCF2288.JPG

 

 

うーーん・・・。  まあ、似ていると言われれば・・・。

 

 

 

 

 

DSCF2295.JPG

 

 

オブラートに包んで言わせて頂くと

 

 

今日のツーリングの第一目的が 「玖珠の切株山でインスタ映え写真を撮る」であり、 その目的が果たせたから良かったものの、

 

「大分のマチュピチュを見に行こう」という目的で、最初に来たのがここであった場合、大変にガッカリしていたであろう。 

 

という感想を述べておきます。

 

 

 

 

DSCF2298.JPG

 

 

 

以上。 


 

そんな感じの 秋を感じたツーリングでしたとさ。

 

(インスタもやってるよ。 探してみてね)

 

 

 

 

 

 

 

 

日本ブログ村 全国ランキング参戦中!

 

「好奇心はいつだって、新しい道を教えてくれる」

  ーーー ウォルト・ディズニー(1901〜1966)ーーー

 

 

    ↓クリック

 

 


にほんブログ村

 

 

コメント
先日は、ありがとうございました (^o^)丿
玖珠のインスタ映えスポットの紹介どうもです!
演習場のトーチカの場所は、美麗の丘ならぬ、微乳の丘として有名です(嘘
それにしてもデジカメズーム凄いですね!
解像度も高くて(;゚Д゚)ビックリです
> kiyomakoさん
コメントありがとうございます。

いつもブログ拝見しております。su-吉さんにご同行してもらい、素敵な雰囲気の店内でゆっくりのんびりと食事させて頂きました(^^)

トロトロオムライス、それ自体も立派なインスタ映えメニューな美味しそうな外見で、もちろん味も絶品でした!
次は妻や子供を連れてお邪魔したいと思います
(^○^)

いつもデジカメは、サッと取り出せて、サッと撮れるものを選んでます。
今活用しているのは
富士フィルムF1000 4年型落ちですが、愛用品です
  • のびのびノン
  • 2018/10/06 8:36 PM
いやいやいや〜(*^^*)

ノンさんとmakoっちゃん、
トークしてる!
Su―吉嬉しい!
今度、3人で走る!
これ本当!

とろとろオムライス絶品!
でもSu―吉、腹苦しい。
Su―吉専用の、とろとろハーフ欲しい(*^^*)
  • Su―吉
  • 2018/10/12 4:38 PM
>SU-吉さん
コメントありがとうございます。

ぜひご一緒したいですね^^ 平日お休みライダー隊ですね!
小さいバイクで足並み揃えてまいりますか
(^o^)

金太郎さん、SU−吉さんに改めて紹介していただきまして、今度は家族を連れて行ってみたいと思います
  • のびのびノン
  • 2018/10/14 11:25 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM