思い出辿る 秋の国東ソロツーリング

  • 2018.10.29 Monday
  • 23:57

 

 

 

彼岸花が咲くころ、秋の国東半島をぶらりとソロツーリングして参りました。

 

 

 

 

 

 

 

庄内から塚原へ抜ける、お気に入りの県道52号を突っ走り

 

気持ち良すぎて途中の写真無く、一気に国東の入口へワープ^^

 

 

 

 

 

 

 

国東半島の玄関口 山香辺りに入ったところで、珍獣がお出迎え!?

 

 

 

 

 

 

目が死んでるぅ〜。

 

 

バイクですっ転んだり、交通事故に合って

 

あの様な虚ろな目で青空を眺める事にならぬよう、安全運転で参りましょう。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0008.JPG

 

 

まずは 『田染の荘園』へ到着。

 

 

以下 WIKIを引用しつつご紹介

 

 

平安時代あるいは鎌倉時代から集落や水田の位置がほとんど変わらずに残されているそうです。

 

そんな景観、環境を保全するために、現代に入ってもコンクリートの用水路などの大規模な整備は行わず、小川や遊歩道的な農道を設けることにより、田染荘の景観を維持・保存する努力が続けられているそうです。

 

 

そんな地域の努力の甲斐あり「田染荘小崎の農村景観」の名称で国の重要文化的景観として選定されたのでした。

 

 

 

DSC_0018.JPG

 

 

 

そんな有名な観光地なので、国東半島の さぞ秘境的な場所に存在するのだろうというイメージがありますが

 

 

 

 

 

国東半島を横断する主要国道10号線から ちょっと入ればすぐ。 という

 

大変アクセスしやすい 優しい『重要文化的景観』となっております。

 

 

 

 

 

 

DSC_0013.JPG

 

そんな田染荘園の田園風景に 彼岸花が美しく咲き乱れます。

 

 

 

 

DSC_0025.JPG

 

 

 

 

DSC_0030.JPG

 

↑の写真の 奥に見える岩山

 

こちらの岩山は『夕日観音』というお地蔵さまが祭られている場所で

15分ほどのトレッキングで上まで登る事が出来ます。

 

 

 

登った時の様子 『旅人の日記』

 

平成29年 田染荘園ツーリング (荘園 編)

    ↓

http://kingxcat.jugem.jp/?eid=815

 

 

 

 

 

 

今回の写真は、あの岩屋から見下ろした時の

 

 

 

↑この辺から撮影しております。

 

 

 

 

 

 

 

DSCF2391.JPG

 

 

 

 

DSCF2397.JPG

 

 

 

 

DSCF2395.JPG

 

 

おっと、あんなところに展望台の様なものが見えます。

 

ちょっと行ってみます。

 

 

 

 

DSCF2379.JPG

 

田んぼ沿いの道路から、脇道にちょっと上がったところに展望台がありました。

 

先ほどの夕日観音のある岩屋とは違って、こちらはバイクや車で上がれます。

 

 

DSCF2387.JPG

 

ウッドデッキのお洒落な展望台?

 

展望台がぽつんとあるだけで、ちょっとした駐車スペースはありますが、トイレや売店などの類は一切ございません。

 

 

 

DSCF2388.JPG

 

ここからの景観はどうかな・・・。

 

う〜ん。  ちょっと田園から離れているかな。

 

 

ちなみに 一年前の写真を よ〜く見ると

 

 

 

展望台らしきものが見えます。  多分2〜3年前からあったのかな?

 

 

 

 

 

DSCF2371.JPG

 

カメラでアップにするといい感じです。

 

 

 

 

 

 

DSCF2376.JPG

 

ライダーが田園風景の中を走りぬけています。絵になりますね

 

実は私が展望台に上がってきた時、場所を譲ってくれたかの様に下って行った方です。

 

『こんにちは。』と挨拶を交わした程度で、ゆっくりお話はできませんでしたが・・・・。

 

 

DSCF2375.JPG

 

その節はありがとうございました。

 

 

 

 

 

DSCF2374.JPG

 

 

 

DSC_0001.JPG

 

 

さあ、次はどこに行ってみようか。

 

特に目的地を設定していない旅。  

 

 

 

 

 

DSCF2385.JPG

 

 

もう少し彼岸花が見たかったので、スマホで 「国東半島」『花』のキーワードで検索すると

 

長安寺 というお寺がヒットしました。

 

なんでも長安寺は 「花の寺」として有名で、年中四季折々の花が楽しめ、この時期は境内に多くの彼岸花が咲き乱れるという事でした。

 

 

早速向かってみました

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0033.JPG

 

 

境内には、↑ 

ピンクの美しい花が沢山咲いていました 芙蓉(フヨウ)の花らしいです。

 

 

 

DSCF2432.JPG

 

お目当ての彼岸花はあまり多くなく、

 

そのほとんどが 萎れかけておりました。

 

 

 

DSCF2427.JPG

 

しかし、咲き乱れる花以上に多かったのが参拝客!

 

ちょうど観光バスも到着し、社殿の前にはなぜか行列が・・・。

 

 

DSCF2428.JPG

 

今流行の 「ご朱印」が目当ての方々でした。  

 

みんなお参りはそこそこに、我先にご朱印がもらえる列の順を取り合っておりました。

 

仏様の前で、これではまさにリアル蜘蛛の糸 状態・・・。

 

 

 

いくらご朱印ツアーが流行っているとはいえ、もう少し神仏に対して畏敬の念を持ってはいかがだろうか。

 

 

こうなれば、もはや 

ポケモンGOでモンスターをゲットするために徘徊しているコレクターゲーマーとなんら変わりありません。

 

 

 

 

 

 

DSC_0038.JPG

 

私はご朱印は全く興味がござりませんので、お参りを済ませてから騒がしくなった境内を後にして

 

周辺の雰囲気や、美しい花を観賞させていただきました (^_^;)

 

 

 

 

 

DSC_0036.JPG

 

 

 

DSCF2441.JPG

 

 

 

DSCF2442.JPG

 

 

 

 

さて、お次は この長安寺から近い(バイク・車で5〜10分ほど場所ある)

 

天念の方へ向かいます。

 

 

 

 

 

DSCF2412.JPG

 

駐車場から見える岩山。

 

その上の方をよーく見ると・・・。

 

 

 

DSCF2408.JPG

 

石橋が掛けられております。

 

国東独特の文化、山岳修行 峰入りの行われる場所です。  

 

 

 

DSCF2403.JPG

 

無明橋(むみょうばし)と呼ばれており、あの険しい岩山をのぼり、心を無にしてあの橋を渡ることで功徳を得るそうです。

 

実は、この天念寺の無明橋  8年ほど前に登った事があります。

 

大変懐かしい思い出に心を馳せます。

 

 

 

 

『旅人の日記』

国東半島 (無明橋)

 

http://kingxcat.jugem.jp/?eid=119

 

 

 

DSC_0059.JPG

↑友人のKTMにまたがらせてもらっている私

 

 

いやーー。若い(笑)

 

 

 

 

DSC_0012.JPG

 

 ツーリングの途中。

 

ジャケットを脱いで、超普段着&ライディングシューズやブーツで岩山を登ります。

 

 

 

DSC_0013 (2).JPG

 

 若いって素晴らしい!?

 

 

 

 

 

 

DSC_0017.JPG

 

ほぼ垂直な岩場を鎖を頼りに登る箇所もあります。

 

数年前に滑落、死亡事故があったそうで、現在は基本的には関係者以外立ち入り禁止になっているようです。

 

 

 

DSC_0020.JPG

 

 登山の師匠K君、恐怖心皆無の決めポーズ!

 

 

 

 

DSC_0022.JPG

 

 私も負けずに決めポーズ。

(実は内心ビクビク)

 

 

 

DSC_0033 (2).JPG

 

この眺め、そして高度感。

 

私が国東の魅力、岩場の多い低山の登山に目覚めた瞬間でした!

 

 

 

 

DSC_0052.JPG

 

 本当に国東の山は素晴らしい。

 

 

そんな8年前に思いを馳せながら小休止。

 

 

 

 

DSCF2423.JPG

 

 お次は、天念寺から15分程の場所にある  並石ダムへ。

 

 

 

DSCF2415.JPG

 

 

ここではダム湖の向こう側に奇岩の山がお出迎え。

 

まるでぽっかり口を開けた鬼のようです。

 

 

 

 

DSCF2417.JPG

 

 あの岩山、実は『鬼城』という、登山が出来る山なんです。

 

 

 

 

 

 

DSCF2422.JPG

 

あの洞窟には、きっと鬼でも住んでいたという伝説があるのでしょう。

 

 

片道1時間ほどの鎖場のある低山。 いつか登ってみようと思います^^

 

 

 

DSCF2419.JPG

 

あそこには、転がり落ちそうで落ちない 丸い巨石。

 

 

 

 

DSCF2420.JPG

 

 

 

DSCF2421.JPG

 

『落ちない』という事で、受験生辺りに人気にならないかしら?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF2424.JPG

 

ここでは食事も頂きました。
 

 

 

DSCF2425.JPG

 

豊後高田産のそば粉で作られたお蕎麦。

 

のど越しの良い、さっぱりお蕎麦でした。

 

 

 

 

DSCF2457.JPG

 

さて、 国東半島での思い出を辿る旅。

 

最後は、『中山仙境』の岩山を展望台から眺めます。

 

 

DSCF2451.JPG

 

 

 

DSCF3511.JPG

 

ここでの想い出は、超短期 医大に在籍していた頃にお世話になった同僚&先輩達との登山


 

 

 

DSCF3526.JPG

 

私の中で、楽しかった登山のベスト3に入るひと時でした。

 

 

 

 

 

 

DSCF3552.JPG

 

 

 

DSCF2469.JPG

 

 

人は過去に戻る事は出来ない。

 

でも、こうやって思い返す事は出来る。

 

 

想い出は、時に心を癒し、経験は強さを与えてくれる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな『素敵な想い出』を ふっと振り返る時を与えてくれる

 

バイクでのツーリングって そんなきっかけの一つだと思います。

 

 

そんな相棒と これからも冒険(アドベンチャー)して行きたいな。

 

 

 

 

 

 

 

おしまい

 

 

 

 

日本ブログ村全国ランキング参戦中

 

過去は幻影としての刺激を保ちながら、その生命の光と動きを取り戻して現在となる。』

   −−− ボードレール 「ロマン派芸術論-近代生活の画家」 −−−

 

クリック↓

 

 

 


にほんブログ村

 

 

コメント
『六郷満山』良いですねえ。
田染・来縄・伊美・国東・安岐・武蔵
国東半島の両子山から、
放射状に伸びる六つの郷ですね。

ここは『ドカモン・ベルナデッタ』じゃあなくて、
『ポチ君セロー』だろうなあ。

彼岸花が綺麗です(*^^*)
  • Su―吉
  • 2018/11/09 7:43 AM
>SU-吉さん
いつもコメントありがとうございます^^

国東めぐり、大田村や安岐周辺は農道が大変よく整備されていて、おっきいバイクのほうが爽快かもしれません^^
部分的に狭い場所や、苔むした様な脇道もありますが、SU−吉さんのスキルならなんら問題ないと思われますよ!

神仏習合・山岳峰入り・鬼祭る鬼会 など、国東は知れば知るほど面白いばしょですね^^
  • のびのびノン
  • 2018/11/10 12:08 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM