険道7号線 高千穂へツーリング

  • 2019.07.03 Wednesday
  • 15:57

 

 

 

 

DSCF5257.JPG

 

 

私が定期的に走りたくなる道。

 

それが 大分県は豊後大野 原尻の滝から宮崎県の高千穂を繋ぐ道 県道7号線。

 

このブログにも何度も登場した いわゆる険道であります。

 

 

DSCF5258.JPG

 

この道の駅『原尻の滝』を基点に 険道7号線に突入であります。

 

 

 

 

DSCF5259.JPG

 

県道7号線といえば、険道・酷道マニア以外にも、祖母・傾山系登山の登山口があるため、

 

ハイカーにとっても馴染みのルートなんです。

 

 

 

 

DSCF5262.JPG

 

 

スタート直後はご覧の通りの大変に走りやすいルート。 

 

あの奥に見える山々がこれから越えていく祖母・傾山系です。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF5266.JPG

 

通称 『尾平越え』 この看板を過ぎたあたりから狭路区間へ突入となります。

 

 

 

DSCF5271.JPG

 

片側一車線の上に右に左にグネグネしている山道は、確かに車ではうんざりするでしょうが、

 

バイクでトコトコ走る分には楽しい道なんですよ。

 

 

 

 

 

 

DSCF5272.JPG

 

必ず止まってしまう、災害時用簡易ヘリポート

 

 

 

 

 

DSCF5274.JPG

 

 

確かに若干開けた場所ではありますが、素人目で見てもこの場所に着陸するにはかなりの技術を要しそうです。

 

それとも、ここの上空でホバリングしながらラペリング(懸垂降下)してけが人を救助したりする場所なのかな?

 

 

 

 

DSCF5276.JPG

 

木々に囲まれた秘境感満点の雰囲気に加えて、大自然の雄大な景色

 

そしてこの様な面白いスポットが随所にあるので、走っていて飽きることはありません。

 

 

 

DSCF5279.JPG

 

 

この場所も、そんなお立ち寄りスポットの中の一つ。

 

 

 

 

DSCF5282.JPG

 

 

 

県道沿いに突如あらわれる立派な鳥居と杉の巨木

 

ただならぬ雰囲気を醸し出しております。

 

 

 

 

DSCF5283.JPG

 

正式名称 『建男霜凝日子麓社』  

 

なんかもう、名前からしてすごい神社・・・。

 

 

 

 

 

 

DSCF5284.JPG

 

祖母山信仰を起源としているだけあり 上宮は祖母山の山頂にあるそうです。

 

そしてこの通称 建男神社は 下宮に当たる場所になります。

 

そして少し離れた場所には論社(なにかしら関係のある兄弟神社みたいなもの)穴森神社があります。

 

 

 

実はこの建男神社や穴森神社、ちょっとオカルトな起源が隠されている神社としても有名なのですが・・・。

 

それはまたいずれ、穴森神社探索編ででもご紹介できればと思っています。

 

 

 

 

DSCF5286.JPG

 

 

入り口からスッと延びる参道の階段。

 

ここからは境内は見えません。  

 

 

運動不足な身体を気遣い、

アキレス腱を伸ばす運動をしながら、この階段を登る覚悟を決めます(笑)

 

 

 

 

とはいっても、階段自体はそんなに急勾配と言うわけでもないので、

ゆっくりしたペースで登ればそんなにきつくはありません。

 

 

 

 

DSCF5291.JPG

 

写真ではこの杉の巨木の迫力が伝わりにくいのが残念。

 

 

DSCF5292.JPG

 

鳥居と比べてみて、この大きさ・・・。

 

お分かり頂けるでしょうか?

 

 

 

 

こんな山奥の神社にも関わらず、きれいに整備された参道(階段)

 

 

 

 

DSCF5294.JPG

 

脇にシャクナゲの花が咲いていました。

 

 

 

DSCF5295.JPG

 

 

 

 

 

 

 

DSCF5296.JPG

 

 

境内の入り口である楼門が見えてきました。 

ここら辺からちょっと階段の勾配がきつくなります。

 

日頃の運動不足がたたり、ヒイヒイ言いながら階段を上っておりますと・・・。

 

『おや、右手に石碑がみえてきたぞ?』

 

 

DSCF5297.JPG

 

ぎゃふん。

 

駐車場がありました(汗) 

 

県道沿いのわき道から車でここまで上がって来れたみたいです・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF5298.JPG

 

階段途中の駐車場からは、ものの数メートルで楼門が見えてきます。

 

 

 

 

 

 

DSCF5300.JPG

 

 

こちらも、大変きれいに維持管理されています

 

 

 

 

 

DSCF5303.JPG

 

社殿自体は、決して大きくはないのですが

 

こちらもとても美しく整備されていました

 

 

 

 

 

 

 

DSCF5311.JPG

 

通称『建男社』の名前が掲げられていました。

 

 

 

この神社の云われについては 前述で少し触れましたが

 

オカルト好きの間では、この神社はもう一つの魅力ある側面を持ち合わせておりまして・・。

 

 

 

 

 

 

DSCF5304.JPG

 

 

その理由の一端が、この他に例を見ない特殊な形をした手水鉢

 

 

部分的に破損してしまっており、 元の形を伺い知る事はできませんが・・・。

 

 

DSCF5306.JPG

 

壊れた破片や、残った形を見る限り

 

鱗をもつ、大蛇か竜のような生物が 神様?の方におぶさっているような彫刻だったと想像できます。

 

 

 

 

DSCF5309.JPG

 

 

この謎の生物を まるで隠すかのように祭る建男神社。

 

そして兄弟神社である 穴森神社に伝わる大蛇の伝承。

 

いつかこの謎に挑んでみたいと思います!?

 

(調査ツーリング部隊の隊員募集中です。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、県道7号線の旅は続きます。

 

 

DSCF5316.JPG

 

 

7号線に沿って流れる 奥岳川

 

その名の通り、祖母・傾山から流れ出た清水を水源とする美しい川です。

 

 

 

 

 

 

 

DSCF5318.JPG

 

秋は紅葉の美しいルートですが

 

この頃は新緑の映える時期でした。 (たしか5月のGW前くらいだったかな?)

 

 

 

DSCF5332.JPG

 

小休止がてら、景色を眺めつつ川の流れる音に耳を澄ませます。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF5320.JPG

 

祖母山のかっこいい岩峰。

 

 

 

 

DSCF5322.JPG

 

 

 

 

 

 

DSCF5325.JPG

 

美しい渓谷

 

 

 

 

 

DSCF5327.JPG

 

 

 

 

 

 

 

DSCF5330.JPG

 

 

DSCF5337.JPG

 

さあ、この尾平鉱山跡のある辺りから、7号線は本性を現します。

 

 

 

 

 

祖母山と傾山の間を通る険道7号。  

 

勾配をひたすら登りながら右に左にグネグネカーブ

 

 

DSCF5335.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF5339.JPG

 

ちょうど峠の頂点にある尾平トンネル。

正式名称:尾平越隧道

 

 

ここが大分県(豊後大野)と宮崎県(高千穂)の県境になっています。

 

 

 

 

 

DSCF5340.JPG

 

 

 

DSCF5344.JPG

 

トンネルの脇には駐車スペースがあります。

 

ここで休憩。

 

 

 

 

DSCF5341.JPG

 

『高千穂の 神(かみーーーーーーーー)  笑』

 

 

 

 

 

DSCF5348.JPG

 

この駐車場は、祖母山系の登山ルートの取り付き口であり

 

 

 

 

 

DSCF5351.JPG

 

高千穂へ下る 『土呂久林道』への接続口でもあるのです。

 

 

土呂久林道ツーリングの様子は 過去記事ご参照ください。

 ↓

紅葉狩り林道ツーリグ 前編  (土呂久林道)

http://kingxcat.jugem.jp/?eid=830

 

紅葉狩り林道ツーリグ 後編  (土呂久林道)

http://kingxcat.jugem.jp/?eid=833

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF5345.JPG

 

昔は凸凹な素掘りだったトンネルも

 

美しく補修・補強されていて、以前のような怖さは無くなっていました。

 

 

 

DSCF5346.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF5354.JPG

 

高千穂方面へ下る前に、ここのランチタイムです。

 

 

 

 

 

 

DSCF5355.JPG

 

この場所は標高が高いせいか、5月に入って ようやく桜が散り始め。

 

ハラハラと舞い散る桜の木の下での外飯も乙なものです。

 

 

 

 

 

DSCF5338.JPG

 

気圧でカップ麺がパンパンです。

 

 

 

 

 

 

DSCF5356.JPG

 

 

お湯が沸くのを待ちながら、脇のせせらぎに目を向けると

 

水面に桜の花びらがユラリユラリ。

 

 

『おお、こりゃまた粋だねーー。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF5358.JPG

 

 

『ん??』

 

 

しかし水面をゆれる桜の花びらの合間から見える、黒い藻のようなもの

 

水の流れでユラユラ揺れてると思ってたのですが、動きが変です・・・。

 

 

 

 

ここで気づいた人は、素晴らしい洞察力

 

 

 

この先は人によっては、ちょっと苦手な画像となります。

 

  ゆっくり画面をスクロールしてみてください・・・。

 

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF5361.JPG

 

 

『ふわ!?』

 

 

 

 

DSCF5362.JPG

 

ぎょえーーーーー  

 

 

全部オタマジャクシやんけーーー。

 

 

 

 

 

 

黒い藻と思われた物体は、

大量のオタマジャクシ(しかもでかい)の集合体だったのです!

 

 

 

 

 

 

DSCF5363.JPG

 

 

おそらく ヒキガエル(田んぼとかじゃなく、山林に住む大きなカエル)の赤ちゃん。

 

ヒキガエル自体も大きくてインパクトのある外見だが、

その赤ちゃんオタマも 中々のインパクトでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

優しい画像で小休止 ↓

 

 

DSCF5369.JPG

 

 

『これが本当の サクラフラペチーノだ』

 

 

 

 

DSCF5343.JPG

 

ご飯がおわったら、今度は宮崎方面に向かって下っていきます。

 

 

 

 

 

DSCF5373.JPG

 

7号線の宮崎側は、比較的よく整備された田舎道ルート。

 

田園風景が心を癒してくれます。

 

 

 

DSCF5377.JPG

 

 

所々は道路の拡張や補修作業も進んでおります。

 

便利なような、ちょっと寂しいような・・・。

 

 

 

 

 

 

 

DSCF5378.JPG

 

ちょっとした名物の 『ヘルメット地蔵』も健在です。

 

 

 

 

 

 

 

DSCF5379.JPG

 

2の矢、3の矢が待機中でございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF5383.JPG

 

 

宮崎側のルートはとても快適で、あっという間に

 

天岩戸神社へ到着。

 

 

 

 

DSCF5417.JPG

 

御朱印フィーバーという事もあり平日にも関わらず、ご覧の通り大盛況

 

仕方ないのでちょっと離れた場所から 本殿に向けて手を合わせまして・・・。

 

 

 

 

 

DSCF5384.JPG

 

先ほどの神社から、徒歩で3分程進みますと

 

天安河原への入り口が見えてきます。

 

 

 

 

DSCF5385.JPG

 

 

こちらはそんなに人がいない様子。

 

 

 

 

 

 

DSCF5386.JPG

 

これは良い柱状節理だ。

 

 

太古より地球の息吹によって築かれた地形。

 

そこに伝わる、古の伝承。

 

 

そりゃもう、

パワーやらエネルギーやらエナジーやら 

 

もうなんでも満タン、ヒタヒタに溢れかえってる事でしょう。

 

 

DSCF5389.JPG

 

 

 

 

 

 

 

DSCF5393.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF5396.JPG

 

神秘的な雰囲気に加えて、この無数の積まれた石達。

 

人によっては、背中にゾワゾワとした力を感じるそうです。

 

 

 

DSCF5400.JPG

 

それは神仏御仏と力というよりは、

 

同じ命を持つ人間の 

 

そんな同志とも言える存在のたくさんの願い、気持ち、思いの強さを感じるからではないでしょうか・・・。

 

 

 

 

DSCF5401.JPG

 

 

そういったものが、形として存在している場所なのかな。と感じました

 

 

 

DSCF5405.JPG

 

 

 

 

 

 

 

DSCF5411.JPG

 

 

 

 

 

DSCF5414.JPG

 

この中の積み石の一つには、私が家族への願い

 

父・母、奥さんの健康、そして二人の子供の無事成長の願いを込めさせてもらいました。

 

 

 

 

DSCF5406.JPG

 

そんな感じの 7号線ツーリングでしたとさ。

 

 

おしまい

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村全国ランキング参戦中!

 

クリック↓

 

 

 

 

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

 

 

 

コメント
大分から宮崎県に抜ける険道。

6号・大崩越え
7号・尾平越え
8号・杉ケ越え
ですね。

7・8・6の順での険道かなあ。
特に、7、8は、
大型だとかなり厳しいですね。
やっぱり、250。
若しくは、原付二種辺りでトコトコが
良いかも。

尾平越えで高千穂に抜けた、
天の安河原すぐ近くに、
ひょんなことから知り合った、
ゲストハウス『いわと』さんがあります。
高千穂の街中(三田井)にも、
ゲストハウス『静穂』さんがあります。

オーナーは、お二人ともライダーです。

  • Su―吉
  • 2019/07/09 7:54 AM
>SU-吉さん
コメントありがとうございます!

ゲストハウス、拝見しました。 雰囲気があって良いですね^^
静穂さんは、なんとバイク用ガレージ完備とは!
(*‘∀‘)

険道3兄弟の中では、私はやはり7号が一番好きですね。
尾平の辺りの、盛者必衰を体現したような雰囲気が、なんとも言えません。
あと、6号線の日之影の辺りも同じような雰囲気を感じます。

SU-吉さんとも、いつかご一緒したいです^^
  • のびのびノン
  • 2019/07/17 6:56 AM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM