家族四人で佐世保旅行 その2 (2019年 初秋)

  • 2019.12.16 Monday
  • 02:00

 

 

DSCF6573.JPG

 

ユーリ

『ヤッホーーー』

 

一日目の午後。 

 

まだまだ時間がありましたので二日目のプランを前倒しにしました。

 

 

 

 

 

 

DSCF6576.JPG

 

先ほどの展望台から見えていた水族館『海きらら』です。

 

 

 

 

DSCF6578.JPG

 

 

水族館を楽しみにしていたユーリ。

 

思わぬ予定変更に大喜び。

 

 

 

 

 

 

DSCF6581.JPG

 

水族館と言えば、薄暗いライティング。

 

2歳の頃はこの薄暗さがよほど怖かったのか

 

先ほどの動物園『山きらら』のペンギン館に次いで、この水族館にも苦い思い出のあるユーリでしたが

 

 

 

 

 

(二年前に訪れたさいのユーリ↓)

 

 

 

 

 

 

今回は違います。

 

 

DSCF6587.JPG

 

 

ご覧の様に、巨大な魚にも恐れることなく楽しめています。

 

 

 

 

 

 

DSCF6591.JPG

 

 

磯の生き物を観察するユーリ

 

 

 

DSCF6596.JPG

 

 

食欲旺盛なクロダイに餌を与えるユーリ

 

 

 

 

 

 

 

水槽の強度を確認するユーリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF6632.JPG

 

 

足元に現れた巨大なエイに 超驚くユーリ

 

 

 

 

 

 

 

DSCF6629.JPG

 

 

とまあ、今回はしっかり水族館を楽しむことができたユーリ。

 

改めてユーリの成長に驚くと共に・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私が今回の旅行で一番感動したのは

 

 

DSCF6615.JPG

 

 

このイルカプールでの出来事。

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2122.JPG

 

 

ブルーに輝くイルカの水槽の前でユーリとキヨが遊んでいると・・・。

 

 

 

DSCF6618.JPG

 

ユーリ

『イルカだぞーー。  食べちゃうぞーー』

 

キヨ

『あうーーーー。 』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF6612.JPG

 

なんと、イルカが赤ちゃんに興味深々の様子で

 

何度も何度も寄ってくるのです。

 

 

 

 

 

 

そして・・・。

 

 

 

 

IMG_2128.JPG

 

イルカ

『ねえねえ、これで遊んだら??』

 

 

 

 

 

IMG_2132.JPG

 

 

さっきまで水面で遊んでいたボールを、二人の前に何度も持ってきてくれるのです。

 

 

 

 

 

IMG_2140.JPG

 

 

偶然かもしれませんが、なんかもう・・・。 勝手に感動しました。

 

種を越えた、幼い命を慈しむ力。

 

そんなものを感じたんです。

 

 

 

 

 

 

IMG_2136.JPG

 

この狭い水槽の中で、彼らが幸せなのかどうかは分かりません・・・。

 

でも、そんな環境であっても

 

この他族を思う行動に、本当に心動かされました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2142.JPG

 

ユーリ

『きれいだなーー・・・。』

 

 

 

 

DSCF6648.JPG

 

そうそう、この海きらら  

 

クラゲの研究育成でも有名な場所なんです。

 

 

 


DSCF6649.JPG

 

 

卵の段階から生体までここで育てるようです。

 

これ程にクラゲの育成に力を入れているのは、ここ九十九島がクラゲにとって天国であるからだそうです。

 

 

 

DSCF6651.JPG

 

島々のおかげで波静かな入り江が多く、

沖合いからは対馬暖流の一部が流れ込みエサもたくさん。

 

このような環境は国内でもめずらしく、多くのクラゲたちを見ることができるそうです。

 

 

 

DSCF6640.JPG

 

 

この海きららでみられるクラゲたちは、この九十九島の海からやってきたり

 

この水族館で生まれて育った子達ばかりだそうです。

 

 

 

DSCF6645.JPG

 

 

 

DSCF6635.JPG

 

そんな楽しい海きらら観光も終わり・・・。

 

 

 

 

 

 

DSCF6661.JPG

 

 

夕暮れの佐世保。

 

宿にチェックインする前に、もう一か所の展望台へ寄ってみました。

 

 

 

 

 

 

IMG_2157.JPG

 

弓張岳展望台です。

 

本日の宿である 弓張の丘ホテルのすぐ近く 徒歩5分 車1分の場所にあります。

 

 

 

 

 

 

 

DSCF6662.JPG

 

 

佐世保の市内側の展望です。

 

 

市内側は石岳展望所よりも、こちらのほうが広く見渡せます。

 

 

DSCF6664.JPG

 

 

軍港には戦艦がたくさん停泊していますね。

 

 

 

 

DSCF6666.JPG

 

小型の空母に、手前は・・・。  

 

 

掃海艦?というやつでしょうか?

 

知らねーけど。

(↑最近ハマってる)

 

 

 

DSCF6670.JPG

 

真ん中のやつは イージス艦かな!  鉄砲がついてます。

 

ユーリ

『戦う船やー!!』

 

 

『専守防衛!』

 

 

 

 

DSCF6671.JPG

 

こちらは 造船の港。  

 

停泊しているのはできたばかりで納車前の船か、修理待ちの船なんでしょうね。

 

知らねーけど。

 

 

 

 

DSCF6677.JPG

 

こちらは九十九島側が見渡せるデッキ

 

 

 

 

DSCF6678.JPG

 

 

すぐ下に見える茶色い屋根が 本日のお宿 弓張りの丘ホテル

 

 

 

 

 

DSCF6682.JPG

 

残念ながら夕焼けの九十九島は見れませんでした。 

 

 

この頃にはさすがにユーリは遊び疲れてクタクタ。

 

キヨもお腹がすいてご機嫌斜め。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2231.JPG

 

↑ 見よ!

 

一気にミルクを飲み干し、すっかりオジサンの様な顔になったキヨ。

 

風呂上がりの一杯を飲んだおやじの顔と完全に一致しておりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お腹を満たした後は・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2236.JPG

 

↑ 見よ!

 

このユーリの寝ぐせを。  服装と言い、手に持ったホウキといい・・・。

 

ほぼサザエさんと一致しております。

 

 

 

 

 

 

昨晩のうちに何があったのかは計り知れぬが、

 

朝起きたら一人の女子が、すっかりサザエさんになっていたのだから驚きです。

 

 

 

 

 

 

 

DSCF6691.JPG

 

さて、大分に向かって出発前に、九十九島の遊覧船に乗るつもりだったのですが・・・。

 

シーパールリゾートがほぼ開園と同時に入ったにも関わらず、すでに団体様のバスが2〜3台。

 

 

某国の団体様が 3便先まで乗船チケットを買っていたため、なんと2時間待ち。

 

残念ながら今回は乗船を見送る事にしました。

 

 

DSCF6694.JPG

 

 

ちょっとショックなユーリでしたが、出航する船に手を振ったら

 

みんな振り返してくれたので、これにはユーリも上機嫌

 

 

 

 

 

 

 

2日目は、鳥栖のアウトレットで買い物をする予定もありましたので、

 

近場で寄り道できるところを急遽考えました。

 

佐世保と鳥栖の間にある 焼き物の里『波佐見』に寄ってみる事にしました。

 

 

 

 

DSCF6735.JPG

 

 

さらば佐世保  港に停泊する巨大な豪華客船。

 

 

 

 

 

 

 

DSCF6737.JPG

 

『ビルみたいな船だね!』

 

 

『たぶん名前はクイーン エリザベス なんとか。  知らねーけど』

 

 

 

 

 

 

DSCF6740.JPG

 

 

 

DSCF6744.JPG

 

 

おっと忘れてはいけない、もう一か所

 

佐世保で寄るべきところ。

 

 

 

DSCF6732.JPG

 

ホテルでしこたま朝食は食べていたんですが、

 

ちょっと早めのブランチ代わりに。

 

 

DSCF6760.JPG

 

言わずと知れた 佐世保バーガー

 

 

 

DSCF6761.JPG

 

 

ブランチというボリュームではありません。

 

 

さして腹も減ってないのに無理やり腹に詰め込む佐世保バーガーではございますが、

 

とっても美味しゅうございました。

 

 

 

 

 

 

 

DSCF6752.JPG

 

 

さて、佐世保を出て高速道路で30分程

 

波佐見に到着しました。

 

 

 

 

DSCF6756.JPG

 

さすが 焼き物の里  いたる所に磁器の焼きものがあります。

 

 

 

 

 

DSCF6757.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さあ、目的のポーセリンパークに到着です。

 

RPGゲームの世界に入り込んだ気分になります。

 

ここに訪れたのは、もう4年前の事

 

旅人の日記 過去記事 

ロマンシング・佐賀 その1(有田ポーセリンパーク編)

http://kingxcat.jugem.jp/?eid=727

 

 

 

ロマンシング・佐賀 その2(有田ポーセリンパーク&有田焼工房編)

http://kingxcat.jugem.jp/?eid=730

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF6784.JPG

 

そんなゴージャスなお城に

 

 

今回は小さなお姫様!?と一緒

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF6766.JPG

 

しかし、ユーリは そんなお城や宮殿なんかより

 

鉄のパイプと鎖だけで構成された、妙にパンチの利いた遊具に夢中です。

 

 

 

 

DSCF6767.JPG

 

 

が、ここで事件が起きました。

 

 

 

 

 

 

 

DSCF6786.JPG

 

ご覧の橋の形状の遊具で、なんと大泣き。  

 

大して高くもないのですが、上まで登って立ち往生

 

押すも引くもできなくなって、この態勢のまま・・・。  

 

面白いやら情けないやらで しばらく様子を見ていましたが、

 

あまりの泣きように心配したのか、

近くを通りかかった見知らぬおばちゃんに「助けてあげなさいな」と言われたので、助けました。

 

 

佐賀の見知らぬおばちゃんに 命を救われたユーリでしたとさ。

 

 

 

 

 

DSCF6769.JPG

 

この様な珍事で 若干不貞腐れたユーリを連れて、

 

施設内にある 焼き物の絵付け体験のできる工房に行きました。

 

 

 

 

 

こちらの施設は 4年前に

   ↓

 

 

  ↑

ユーリの誕生記念の足型のお皿を作りにいった場所でもあります。

 

今回は急遽ではありますが、ちょうどキヨ君の誕生記念の皿も作ろう。 

という事で訪れたという訳です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF6771.JPG

 

今回は 九十九島で遊覧船に乗れず、急遽思いついた案ではありましたが、

 

これでもしキヨが大きくなって

 

キヨ

『姉ちゃんの記念の皿だけあって、俺のはない!』

『グレてやるぜ、こんちくしょう』

 

などと誹り(そしり)を受けることは無くなったので

結果的に良かったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF6772.JPG

 

 

 

DSCF6775.JPG

 

 

 

DSCF6774.JPG

 

 

ユーリ画伯と奥さんの手により、素敵な誕生祝のお皿が描きあがりました。

 

 

 

DSCF6776.JPG

 

ちなみに・・・。

 

 

ユーリ画伯が単独で完成させた作品は

 

  ↓

 

 

DSCF6778.JPG

 

 

んと、ぐい呑みの内側に色を付け、

 

酒を注いだ時に、酒が色ついて見えるという効果を狙った面白い一品を作り上げました。

 

 

 

 

 

後は、帰りに鳥栖でプレミアムアウトレットでショッピングしてから

今回の旅はおしまいです。

 

 

 

 

DSCF6800.JPG

 

帰路も、奥さんはなぜかエコトレーの工場を写真に撮るの巻。

 

 

 

以上

 

エフピコに始まり、エフピコに終わった家族旅行でしたとさ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おしまい

 

 

 

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

 

 

コメント
水槽の前で見つめあう2人の写真
永久保存級の良い写真ですね、後イルカとのスリーショットも! イルカには能力あるみたいですね。
サザエさんには 笑いました。
  • 愛知県民
  • 2019/12/17 8:52 AM
>愛知県民さん。
コメントありがとうございます。

生まれ変わったら野生のイルカになりたい。
海原を仲間と共に自由に泳ぎ、時々やってくる観光艇と戯れたり、船の上から子供や若いお姉さんにキャーキャー言われる。そんな生活がしたい。そう思いました。

そんな邪な思いを抱く私は、生まれ変われても、せいぜいクラゲが良いところでしょう。

フンガ フッフ。 
  • のびのびノン
  • 2020/01/16 4:52 AM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM