別府 鶴見岳ロープウェイ

  • 2020.01.23 Thursday
  • 15:32

 

去年の年末、ユーリとお出掛けした時のお話。

 

 

 

 

DSCF7833.JPG

 

 

お出掛けと言っても、自宅から車でわずか20分程度の場所。

 

 

『あの山の上に行くんだよ』

 

 

 

ユーリ

『ほえーー。』

 

 

 

DSCF7836.JPG

 

(デジカメ 光学20倍ズーム)

 

『あの山の上に建物が見えるでしょ』

 

ユーリ

『うん。』

 

 

 

 

 

DSCF7837.JPG

 

『その隣に塔が建ってるでしょ』

 

ユーリ

『塔って何?』

 

『電波を送信する建物だよ』

 

ユーリ

『電波って何?』

 

『目に見えない力だよ』

 

 

 

 

ユーリ

『よくわからない。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子供に電波の概念を説明するのは難しいですね。

  

何か良い教え方知ってる人は教えて下さいませ。

 

 

 

 

 

 

 

ユーリ

『山に登るの?お弁当持ってないよ』

 

『ロープウェイだよ!』

 

 

ユーリ

『やったーーーー・・・。』

 

 

 

ユーリ

『ロープウェイって何?』

 

 

 

 

 

 

『お、おう』

 

 

 

 

 

 

 

という事で

 

 

 

 

DSCF7839.JPG

 

 

やってきました。 別府鶴見岳ロープウェイ。

 

ユーリにとって生まれて初めてのロープウェイ

 

私にとって10年ぶり位のロープウェイ。

 

 

 

 

DSCF7842.JPG

 

 

『ユーリ、ちょうどロープウェイが動いてるの見えるよ!』

 

 

 

 

 

 

DSCF7843.JPG

 

 

 

「ほら、すごいよ、見てごらんなさい!」

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7841.JPG

 

 

ユーリ

「そんな事より、早く松ぼっくり拾おうよー!」

 

「ぎゃふん」

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7846.JPG

 

 

記念撮影も済ませて、いよいよ乗り込みます。

 

 

 

 

 

 

DSCF7848.JPG

 

 

 

DSCF7850.JPG

 

 ユーリ

「うわー。高いねー。」

 

ユーリは思ったより怖がったりせず、景色を楽しんでおります。

 

 

 

DSCF7854.JPG

 

 

DSCF7856.JPG

 

 

おもちゃの様に見える別府の街並み。

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7859.JPG

 

「ほら、あそこにパパ達の乗ってきた青い車が見えるよー」

 

ユーリ

「ひやー。。小さいじゃないか!」

 

 

 

DSCF7909.JPG

 

10分程で山頂駅に到着です。

 

 

実は前々日のテレビのニュースで´今季初の霧氷を観測´とあったので

 

山頂は相当寒いと予想しておりましたが・・・。

 

 

 

 

 

 

DSCF7877.JPG

 

 

思ったより寒くなく、霧氷も完全に消失しておりました。

 

 

 

 

DSCF7864.JPG

 

 

日陰に残っていた僅かばかりの雪を集めて、小さな雪玉を作って大喜び。

 

 

 

 

DSCF7869.JPG

 

 

それから でっかい霜柱。

 

まるでガラス細工の様な美しい自然の芸術品を

 

片っ端から踏みつぶすユーリでした。

 

 

 

DSCF7873.JPG

 

 

山頂からの広大な景色。

 

『あっちの方がみんなの家がある方向だよ』

 

 

 

 

DSCF7874.JPG

 

 

ユーリ

『池があるよー!』

 

 

『前にみんなでボートで遊んだ所だ。』

 

 

ユーリ

『小さーーい』

 

 

 

 

 

 

DSCF7875.JPG

 

 

子供の成長と共に、たくさんの思い出の場所が増えていきます。

 

 

そんな我が子の成長

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7879.JPG

(撮影:カメラマン ユーリ)

 

上手に写真も撮れるようになりました。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7884.JPG

 

 

 

『わー。展望台だ! 見るぞ!町を!』

 

 

 

 

 

 

DSCF7885.JPG

 

我が懐かしの第二の故郷ともいえる場所を我が子が眺める。  

 

 

 

時が経つのは早いものです。

 

 

 

 

 

DSCF7887.JPG

 

 

DSCF7889.JPG

 

ユーリ

『あそこだけ木がいっぱいあるの何で?』

 

 

『あそこは南立石公園だよ。大きな公園なんだ。』

 

 

ユーリ

『でも、滑り台とか無いのかな』

 

 

 

『そう。大人向けの公園なんだよ。(大人向けの公園って何だ!?)』

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7891.JPG

 

ユーリ

『おっきい船があるねー』

 

 

『いつかあの船で、皆で旅をしたいね』

 

 

 

 

DSCF7892.JPG

 

ユーリ

『おっきい運動場もあるよ』

 

 

『実相寺グラウンドっていって、有名なサッカー選手も来るんだよ』

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7896.JPG

 

ユーリ

『それより早くてっぺんに行こうよー。』

 

 

『ぎゃふん』

 

 

 

 

 

この子供特有の移り気の速さと、行動力には着いていけない40歳の冬

 

 

 

 

 

DSCF7897.JPG

 

『まってくれーー。  ハアハア。  』

『高所で空気が薄いからーー。』

 

 

ユーリ

『高所ってなにーー  空気が薄いってどういう事ーー??』

 

『説明する余裕ないよーー。』

 

 

 

 

DSCF7906.JPG

 

ユーリ

『じゃあ、ユーリのお店でひと休憩。ジュースをどうぞ。』

 

 

 

 

 

そんなやり取りを経て、山頂ロープウェイ駅から20分程で鶴見岳山頂に到着。

 

 

 

DSCF7898.JPG

 

雲と同じ高さに来たことにユーリも感動

 

 

 

 

DSCF7901.JPG

 

 

ユーリ

『山のてっぺんに到着〜。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7911.JPG

 

ユーリ

『来るときはピンクだったけど、帰るときは青いやつだ』

 

 

 

 

 

霧氷は見れませんでしたが、しっかりロープウェイを楽しめましたとさ。

 

 

 

DSCF7915.JPG

 

 

 

ナイス、ロープウェイ!

 

 

 

 

 

 

おしまい

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 九州旅行へ
にほんブログ村

 

 

 

 

コメント
鶴見岳からの景色は、別府湾が真っ正面で無い所が味噌なのかなあ?
9割以上の人が、
鳴呼もっと別府湾を正面に持ってきてくれ〜❗と思わないかなあ?

それでもいっか、
楽しけりゃ。
ねっ、ユーリちゃん(*^^*)
  • Su―吉
  • 2020/02/11 7:26 AM
>SU−吉さん
さすが、SU-吉さん。 そうなんです。別府市街地から見ても背後の山は鶴見岳ではなく、扇山なんですよね。

今は無き我が母校、別大付属高校(看護科)の校歌にも歌われているのは鶴見岳ではなく扇山だったのを記憶しています。

別府温泉祭り時期の扇山野焼きの光景
流川沿いの桜や、その両岸に泳ぐこいのぼり。
そして、その背後に見えるのは扇山。

別府民にとってのシンボルは、やはり鶴見岳より扇山。だった気がします。
  • のびのびノン
  • 2020/02/20 2:55 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM