秋の耶馬渓紅葉狩り やまくに案山子祭り

  • 2017.12.29 Friday
  • 21:27

 

年が変わる前に 取り急ぎ紅葉の記事だけでも書き上げます。

 

たしか 11月中旬頃のお話

 

 

親子三人で 秋の行楽 

 

紅葉狩りに耶馬渓と 山国も案山子祭りへお出掛けです。

 

 

DSCF7871.JPG

 

前回記事に書いた険道7号線ツーリングの 

祖母傾山系の雄大な紅葉、土呂久林道の包まれる様な紅葉に感動した私は

 

今年の美しい紅葉を ぜひ家族にも楽しんでもらおうと今回のお出掛けを計画したのでした。

 

 

 

 

DSCF7877.JPG

 

 

自宅から車で20分程  九州横断道路の城島〜塚原に到着

 

 

DSCF7889.JPG

 

 

この段階で 道端の紅葉も ご覧の様な美しさ。

 

これは耶馬渓の紅葉も期待できそうです。

 

 

 

 

DSCF7901.JPG

 

さらに車を走らせ 安心院〜院内を経由して

 

1時間半程で耶馬渓に入りました。

 

 

 

 

DSCF7904.JPG

 

見よ! この燃える様な赤

 

ノン

『ユーリよ、これが紅葉だよ』

 

ユーリ

『赤いはっぱーーー  』

 

 

 

 

DSCF7943.JPG

 

紅葉の見頃にジャストミートな耶馬渓の一目八景は平日にも関わらず 

 

ご覧の様な賑わい!

 

 

 

DSCF7940.JPG

 

展望台も大盛況!

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7926.JPG

 

まるでお祭りの様な大変な賑わいに、ユーリも何となくテンション高いです。

 

11月で3歳になったユーリ  指で『三歳〜』も覚えました。

 

我が子の成長は大変喜ばしい事なのですが、

 

公共施設は、場所によっては3歳から入場料が発生する事があり ちょっと残念!? な気もします。

 

 

 

 

 

 

DSCF7934.JPG

 

デジカメのコントラスト強調モードでの撮影ですが、

 

奇岩を彩る紅葉は ご覧の美しさ。

 

 

 

この場所は耶馬日田英彦山国定公園に指定されているため 安易な木々の伐採が行えず

 

何年か前までは延びた草木が奇岩を覆い尽くし、せっかくの景観が台無しになっていたのですが・・・。

 

 

 

DSCF7932.JPG

 

 

その後地元の方々の強い希望や 観光資源として中津市が整備に乗り出し

 

現在ではご覧の様な 中津市を代表する景勝地の名にふさわしい景観を取り戻しております。

 

 

 

DSCF7945.JPG

 

すぐ横を流れる 山国川の支流に架かる橋。

 

 

 

 

DSCF7948.JPG

 

この角度から見る 一目八景の景観もなかなかの美しさなんですよ。

 

 

 

 

DSCF7963.JPG

 

 

DSCF7965.JPG

 

 

DSCF7967.JPG

 

 

 

 

 

 

さあ、耶馬渓の紅葉を楽しんだ後は 

 

中津市の主要国道212号を日田方面へ。

 

 

 

 

DSCF7971.JPG

 

 

DSCF7977.JPG

 

 

耶馬渓から20分程で 道の駅 やまくに  に到着です。

 

 

 

DSCF7904f.jpg

 

道の駅 山国で昼食です。

 

 

 

DSCF7979.JPG

 

マイタケ蕎麦を食べました。

 

つい5年ほど前までは 単品で550円の蕎麦かうどんを注文すれば お総菜が食べ放題だったのですが・・・。

 

 

 

余りに人気が出過ぎたためか、徐々に値上げされていき

 

今現在は760円まで値上げされていました。  

 

まあ、それでもお総菜バイキング食べ放題としては安いと思います

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7985.JPG

 

紅葉シーズン、耶馬渓の紅葉と一緒に楽しみたいのが

 

山国の案山子祭りです。  

 

 

シーズン中(毎年10月下旬〜11月下旬位まで) 道の駅やまくに や 山国の役場、主要な公園やグラウンド、商店街で

 

地域毎にテーマを決めて、案山子が飾られております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0073.JPG

 

 

 

 

 

 

DSC_0077.JPG

 

去年は表情の無い案山子達が怖かったのか、怯えていたユーリですが、

 

今年はご覧の通り。  案山子たちと戯れております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0088.JPGDSC_0089.JPGDSC_0090.JPGDSC_0091.JPG

 

子供と案山子  絶好の被写体ですね^^

 

 

実は 山国町が 案山子祭りの情景を題材にした 写真コンクールを開催しており

 

投稿作品を募集していました。

 

 

 

久々に 私の一眼レフが 砲身が焼きつくほど 火を噴きました。

 

 

 

 

 

 

それでは、投稿作品候補と共に、 今年の案山子祭りをちょっとご紹介

 

 

DSC_0112.JPG

 

『おばあちゃんの縁側』

 

 

 

 

 

DSC_0116.JPG

 

『人も案山子も みんな仲良し』

 

 

 

 

DSC_0126.JPG

 

『お神楽 こわいよ』

 

 

 

 

 

DSC_0135.JPG

 

『一緒にかくれんぼ』

 

 

 

 

 

 

DSC_0144.JPG

 

『神社にお参り』

 

 

 

 

 

DSC_0157.JPG

 

『けんかはやめてよ』

 

 

 

 

 

DSC_0162.JPG

 

『ここを押すと動くんだよ』

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0197.JPG

 

『お手伝い』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0167.JPGDSC_0171.JPG

 

『私にもおかしちょうだい』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF8030.JPG

 

『三人でパシャリ』

 

 

 

ノン

『今度こそ  獲る!!(賞を)』

 

 

 

『あらやだ、素敵』

 

 

 

 

 

そんな感じの 秋の観光でしたとさ^^

 

おしまい

 

 

 

 

日本ブログ村  全国ランキング参戦中!

 

忠告ほど、気前よく人に与えるものはない

   −−− ラ・ロシュフーコー 「道徳的反省」 −−−

 

 

 

クリック ↓

 

 

 


にほんブログ村

 

 

 

 

紅葉狩り林道ツーリグ 後編  (土呂久林道)

  • 2017.12.23 Saturday
  • 03:21

 

 

 

DSCF7239.JPG

 

県道7号線の 大分県と宮崎県の県境にある 『尾平トンネル』

 

ここをくぐれば、いよいよ宮崎県 高千穂入りです。

 

 

 

 

DSCF7241.JPG

 

しかし、今回の目的地は 高千穂ではありません。

 

 

トンネルを抜けて、すぐ脇にみえる こちらの砂利広場。

 

 

 

 

DSCF7243.JPG

 

この広場の奥から繋がる 『土呂久林道』 が 今回のお目当て。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一般的な地図にも ちゃんと表示されている程の 大変整備された林道で

 

 

 

 

 

もちろん反対側まで開通しており

 

高千穂〜熊本を繋ぐ 国道325号まで降りる事が出来ます。

 

 

 

 

G0048110.JPG

 

路面はご覧のように大変フラットで走り易いです。 

 

林業の車の往来も多い様で、よく踏み固められた土質。

 

ガレている様な個所もほとんどありません。

 

(祖母山、古祖母山の登山をする人も、普通に自動車で入ってこれる程です)

 

 

林道起点からものの数百メートル入っただけで、この紅葉!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7833.JPG

 

高千穂側を見下ろせば、 ご覧の様に、一面ススキの絨毯

 

 

 

 

 

DSCF7837.JPG

 

 

毛布みたいに もふもふしてます。

 

 

 

 

 

 

 

今回 紅葉散策でこの林道を選んで大正解!!

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7830.JPG

 

この美しさである!

 

 

まさに紅葉のトンネル。 

 

丁度正午前、真上から日の光を浴びた紅葉のトンネルは、陽の光を透過し

 

より一層鮮やかに輝きます。

 

 

 

 

DSCF7824.JPG

 

その美しさは、まるで教会のステンドグラスの様です。

 

 

 

ここに至るまでの、県道7号線沿いから見た 色付いた雄大な祖母山系の遠景も見事でしたが

 

この林道では、手に届きそうな所いっぱいの まるで囲まれる様な紅葉を楽しむ事が出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は高千穂まで降りず、林道の途中で昼食を摂って 再び7号線を引き返す計画です。

 

この時期は日没も速く、夕方には気温も一気に下がってしまいます。

 

 

 

まだ明るく、暖かいうちに帰宅する。  それが我々のジャスティス!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7760.JPG

 

丁度都合よく、林道の中間地点位に少し開けた場所がありました。

 

眺めもよいので ここで昼食とします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7764.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7766.JPG

 

 

紅葉を愛でながら、外で食べる食事はたいへん美味しく感じます!

 

もちろん食後のコーヒーも。

 

 

 

【送料無料】SOTO アミカススターターキット L L SOD-320SKL【あす楽対応】【SMTB】

価格:5,980円
(2017/12/23 03:15時点)
感想(7件)

 

 

 

【あす楽】 新富士バーナー(SOTO) レギュレーターストーブ ST-310 ストーブ ガスバーナー シングルバーナー キャンプ アウトドア バーベキューコンロ 【送料無料】

価格:5,120円
(2017/12/23 03:16時点)
感想(5件)

 

 

ダグ DUG バックパッカー ケトル DG-0211 【やかん 薬缶 おしゃれ かわいい コーヒー 調理器具 バーベキュー用品 アルミ キャンプ アウトドア 登山 |セール】

価格:2,419円
(2017/12/23 03:16時点)
感想(4件)

 

 

 

キャプテンスタッグ(CAPTAINSTAG) アルミロールテーブル(ブラック) UC-0520 【キャンプ ミニ ロー アウトドア バーベキュー】

価格:2,579円
(2017/12/23 03:18時点)
感想(0件)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食後も、バイク談義やキム兄さんの色々な面白い話を聞いて

 

林道の中でマッタリした時間を過ごします。

 

 

 

 

 

訪れる者も無く、聞こえるのは鳥のさえずりや木々の揺れる音。

 

そして 目に飛び込むこの紅葉の絶景。

 

オフ車に乗ってて良かったと心から思えるひと時でした。

 

 

 

 

 

 

 

G0048115.JPG

 

 

さあ、復路に着きます。

 

往路とは違った視点で見る紅葉は、まるで別の場所を走っているかのように

飽きることはありません。

 

 

 

 

また、正午を少し回り

 

陽のあたる角度も変わったため、紅葉の映え方も違ってきます。

 

 

 

 

G0048164.JPG

 

 

 

 

 

 

 

G0058432.JPG

 

木々の間から見えた、谷の対岸の山の紅葉が 凄く綺麗!

 

 

 

 

 

 

DSCF7776.JPG

 

ちょっと写真では伝わり難いのが悔やまれますが

 

私が生まれて38年。  

 

様々な紅葉の名所に行きましたが、たぶん一番か二番に美しい紅葉でした。

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7783.JPG

 

 

 

DSCF7795.JPG

 

 

 

 

DSCF7802.JPG

 

 

再び紅葉のトンネル。

 

 

今年は紅葉の当たり年。  

軒並み どの紅葉スポットも美しく色づいていた様ですが(しかも長く)

 

 

林道のいう非日常的な場所で全身で感じる紅葉は、

 

観光地化された場所で見るそれとは、まったく異質で別次元の感動を覚えます。

 

 

 

 

もう、ため息が出る程美しい・・・。

 

 

 

 

DSCF7803.JPG

 

 

 

DSCF7812.JPG

 

 

この場を離れるのがもったいないくらいです。

 

後ろ髪を引かれる思いで 7号線に戻ります。

 

 

 

ラフ&ロード RR6052 アタックザック

価格:15,475円
(2017/12/23 03:19時点)
感想(0件)

 

 

 

【SENA・セナ】SMH5 ステレオヘッドセットワイヤレスインカム ユニバーサル シングルパック【国内正規品】

価格:17,712円
(2017/12/23 03:20時点)
感想(1件)

 

 

 

 

 

 

G0130056.JPG

 

7号に出てからも、まだ時間に余裕があったので 少し寄り道。

 

 

 

DSCF7846.JPG

 

県道7号線の魅力は、山々の美しさだけではありません。

 

7号線に沿うように流れる 『奥岳川』

 

 

 

 

 

 

その昔は 上流にある尾平鉱山から流出した鉱山毒 カドミウムにより汚染され

 

真っ赤に変色したその川は、生物が住めない死の川となったそうですが

 

現在は中和作業の甲斐もあり、ご覧の様な美しさが戻っています。

 

 

 

 

 

水が青く見えるのは、不純物が少ない証。

 

 

DSCF7849.JPG

 

 

青い水と対照的な 真っ白い岩や川床

 

こちらも祖母山系の生み出した 花崗岩(新第三紀酸性貫入岩)

 

 

 

DSCF7855.JPG

 

 

DSCF7856.JPG

 

 

 

DSCF7859.JPG

 

その二つが相成り、

この様な不思議で美しい景色を作りだしているのです。

 

 

 

 

 

G0130113.JPG

 

美しいものを見て、全身で感じて 心がまっさらに洗われた様でした。

 

帰路の7号線は 往路より やけに短く感じました。

 

 

 

 

 

 

G0130500.JPG

 

 

『また来年も 紅葉の時期に来ようね!』

 

そんな事を ヘルメット越しにインカムで話しながら 

 

我々の秋の紅葉狩りツーリングは 無事に幕を閉じたのでした。

 

 

 

 

 

DSCF7806.JPG

 

 

 

おしまい

 

 

 

 

日本ブログ村全国ランキング参戦中!

 

人間は地上で楽しむためには、わずかの土くれがあればいいのだ。

地下で休むためにはさらにわずかの土くれがあればいいのだ。』

   −−− ゲーテ −−−

 

 

クリック ↓

 

 

 


にほんブログ村

 

 

 

 

 

案山子達の村

  • 2017.12.18 Monday
  • 16:02

 

 

 

 

DSC_0127.JPG

 

ユーリ  案山子の村に迷い込む

 

 

 

DSC_0091.JPG

 

 

『命!?』

 

 

 

 

紅葉狩り林道ツーリグ 前編  (土呂久林道)

  • 2017.12.13 Wednesday
  • 15:45

 

 

秋のツーリングネタでございます。

 

 

 

 

DSCF7604.JPG

 

 

吐く息が白くなり始めた頃のお話。

 

 

気温が下がってくると、色づいてくるのが紅葉。

 

この日は紅葉を求めて山奥へ行ってみる事にしました。

 

 

早朝から時間が立ち、段々と気温は上がるはずなのに、場所はどんどん郊外へ向かうもんだから

 

逆に冷えてきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7610.JPG

 

道の駅 『きよかわ』で待ち合わせ。

 

こちらの敷地内の公園は、早朝でまだ誰にも踏まれていない落ち葉の絨毯が見事でした。

 

早起きは3文の得  かな?  (^v^)

 

 

 

DSCF7614.JPG

 

文が約30円だから、三文で90円

 

『辛い朝、頑張って起きても90円しか得られないなら、 90円は諦めて、あと10分寝たい。』

 

『いや、逆に300円払ってでも  あと30分寝たい』

 

 という時もある・・・。

 

とうのが本音ですが

 

 

 

 

一日早起きして90円、何かしら利益が得られるのであれば

 

毎日早起きすれば 90円×365日 =  32850円

 

 

 

年間続けることで 32850円の利益となるならば、なんか頑張れる気がしてくるぞ

 

 

 

 

美しい光景を見ながら こんな野暮な事を考えている のびのびノンさんでありました。

 

 

 

 

 

DSCF7623.JPG

 

さて、今回の旅の同伴者は 『キム兄さん』&『アキ姉さん』

 

 

 

 

 

 

DSCF7204.JPG

 

ご存じ  大分県 険道3兄弟(県道6号、7号、8号) の次男

 

 

 

 

 

 

 

県道7号線へ突入であります。

 

 

 

 

 

DSCF7624.JPG

 

 

豊後大野市の竹田(原尻の滝の辺り)〜尾平峠を越えて〜高千穂へ至る道ですが

 

 

ご覧の様な車の離合が困難な狭路である事に加え

 

 

 

 

古祖母山系と傾山系に挟まれた 深い山間を縫うように走る道。

 

右に左にグネグネしており、地図の上では大分〜高千穂へ至る最短ルートの様に見えますが

 

その実体は 

 

知らずに飛び込んだ者を 車酔い地獄と、進めど進めど一向に距離が稼げない恐怖の沼に引きずり込むトラップ

 

 

 

DSCF7630.JPG

 

 

そんな7号線でも、軽量で小型のバイクならヒラヒラと走れる楽しいコースに早変わり

 

(^v^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7637.JPG

 

災害時は容易に孤立してしまいそうな地域。

 

比較的道路の開けた場所には、ご覧のようなヘリポートが設置されております。

 

 

 

 

 

 

DSCF7638.JPG

 

まだまだ長い旅路。

 

集中力を保つために、時折小休止を挟みます。

 

 

 

 

 

DSCF7631.JPG

 

これを見ると、ついついやりたくなるネタ。

 

 

 

 

 

 

DSCF7632.JPG

 

 

アキ姉さんに 車が来ないか見てもらいながらの撮影。

 

専門家の指示のもと、安全には十分配慮して撮影しております。

 

 

 

 

DSCF7634.JPG

 

 

傾山系を望む。

 

 

景色の良さもさることながら、7号線沿いには見所がたくさんあります。

 

 

 

 

 

 

DSCF7639.JPG

 

先程のヘリポートから 少し走った場所にある

 

『健男神社』

 

 

杉の巨木が立ち並び、圧巻の光景が広がります。

 

 

 

 

 

DSCF7642.JPG

 

 

DSCF7644.JPG

 

 

樹齢300年クラスの巨木がゴロゴロ生えており、まさに御神木のインフ状態。

 

 

こうなっては

ありがたいのか、ありがたくないのか良く解りません。

 

 

 

 

DSCF7647.JPG

 

しかし 見上げる巨木は、どれも不思議な枝ぶりをしていて

 

 

とても霊的な力を感じる場所でした。

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7649.JPG

 

 

後でこの神社について いろいろ調べてみたのですが・・・。

 

何やら面白い情報を見つけました。

 

 

 

藤島さんと言う方が、大分の古代王朝存在説について検証したHP

  ↓

https://ugaya.jimdo.com/

 

 

 

そのHPの中に、『祖母山信仰』という 大変ロマンを掻き立てられる記事もありました。

 

https://ugaya.jimdo.com/2013/09/11/%E6%B6%88%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%9F%E7%A5%9E%E3%80%85%E3%81%AE%E7%97%95%E8%B7%A1-%E5%B1%B1%E3%81%AE%E7%A5%9E-%E3%81%A8%E7%A5%96%E6%AF%8D%E5%B1%B1%E4%BF%A1%E4%BB%B0/

 

 

この健男神社も、そんな歴史ドラマの舞台となった場所と思うと

 

また違った印象を受けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7681.JPG

 

さて、そんな神秘的な神社から さらに山奥へ。

 

尾平鉱山や 祖母山系への登山口が見えてきますと

 

 

 

G0017490.JPG

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7673.JPGDSCF7664.JPG

 

 

周囲の山の木々も 一気に色付いてきました

 

DSCF7669.JPG

 

 

DSCF7666.JPG

 

今年の紅葉は、たいへん色が鮮やかに見えます。

 

紅葉の当たり年でしょうか。

 

 

 

 

DSCF7698.JPG

 

 

DSCF7699.JPG

 

黄葉に日が当たると、金色に輝いて見えます。

 

 

 

 

DSCF7701.JPG

 

 

DSCF7696.JPG

 

あの奥に見える山が、祖母山の大障子岩

 

 

 

DSCF7692.JPG

 

見事な岩場です。

 

 

いつかは 尾根を縦走して行ってみたいですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7711.JPG

 

あんまり綺麗なもんだから、ちょっと視界が開けた所を見つけては

 

たびたびバイクを停めて、景色に見入ってしまいます。

 

 

 

 

DSCF7715.JPG

 

 

DSCF7718.JPG

 

 

DSCF7719.JPG

 

DSCF7725.JPG

 

 

 

 

 

DSCF7732.JPG

 

 

さあ、さらに高度を上げていきます。

 

進めば進む程、周囲の木々の色は どんどん色彩豊かに!

 

 

 

 

 

G0037828.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7744.JPG

 

 

さあ、7号線の 大分県と宮崎県(高千穂)中間地点。  

 

尾平トンネルまでやってきました。

 

 

 

 

DSCF7749.JPG

 

 

 

次回は、さらに紅葉を間近で楽しむために

 

林道突入編です!

 

 

 

 

続く

 

 

 

 

 

 

 

 

日本ブログ全国ランキング参戦中!

 

何よりも悪しきは、神にあらざるものを神と認めることなり。』

   −−− テレンティウス −−−

 

 

クリック ↓

 

 


にほんブログ村

 

2017年 三光コスモス園&耶馬渓観光

  • 2017.11.30 Thursday
  • 23:31

 

 

 

家族で秋のお出掛けでごんす。

 

 

 

 

DSCF7410.JPG

 

 

訪れる秋を感じるべく 中津市の三光コスモス園へ行ってきました。

 

ハロウィンを翌日に控えた日だったので、ユーリはジャック・オ・ランタン仕様です。

 

 

DSC_0001.JPG

 

 

 

DSC_0016.JPG

 

去年のコスモス鑑賞の時は、まだ慣れない靴で足取りが怪しかったのに

 

今年はしっかりとした歩調で、コスモス畑の中の畦道を歩きます。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0007.JPG

 

 

数字の概念も解って来たようです。 

 

『ユーリ何歳?』と聞くと

 

『2さーい』と、数字の2を指さします。 

 

(と言っても、もうすぐ3歳なので 次は3も教え込みます)

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0118.JPG

 

 

ノン

『ユーリ、それは何かな?』

 

ユーリ

『タヌキさんねー。 困ったタヌキさんねー。』

 

 

ノン・嫁

『困った!?』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうやら、このタヌキの眉毛を見て、困っているのだろうと感じた様です。

 

中津市の有名な山 『八面山』にちなんで、眉の形を 『八』にしてるんでしょう。

 

 

 

 

DSC_0104.JPG

 

 

DSC_0096.JPG

 

大人も躊躇する様な 高い櫓に躊躇なくチャレンジします。

 

まだ高い所が危ない という概念が薄いのかな??

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0097.JPG

 

ユーリ

『・・・。 (うひょー こりゃ高えわ。)』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0071.JPG

 

 

実は今年のコスモス鑑賞は

 

見ごろに時期から1週間程遅れまして、加えて

 

ここに訪れる3日程前に大型台風の直撃を受けて、ほとんどがなぎ倒されていたのです。

 

 

 

 

ちょっぴり残念なコスモス鑑賞ですが、なるべく花が残っている場所を中心に撮影してみました。

 

 

DSC_0081.JPG

 

 

我が子が よちよちとお花畑の中を遠くに向かって歩く姿は・・・。

 

 

『まって!  遠くに行かないで  涙 』

 

と、なぜか悲しい気持ちになります

     

 

 

想像力が変な方向に豊か過ぎる 親バカです。

 

 

 

DSC_0083.JPG

 

ユーリ

『ぐへへ』

 

 

 

 

DSC_0090.JPG

 

ユーリ

『出戻ってきたでーー  』

 

 

 

 

ノン・嫁

『ギャフン』

 

 

 

 

 

DSC_0044.JPG

 

Nikon D90
2017/10/24 12:02:04
JPEG (8-bit) FINE
レンズ: 18-70mm F/3.5-4.5 G
焦点距離: 70mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: スポット測光
1/1000 秒 - F/5.6
露出補正: +1.0 EV
感度: ISO 400

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0048.JPG

 

 

DSC_0058.JPG

 

 

DSC_0078.JPG

 

レンズ: 18-70mm F/3.5-4.5 G
焦点距離: 70mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: スポット測光
1/1000 秒 - F/5.6
露出補正: +1.0 EV
感度: ISO 400

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0126.JPG

 

 

DSC_0132.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0139.JPG

 

レンズ: 18-70mm F/3.5-4.5 G
焦点距離: 62mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: スポット測光
1/1250 秒 - F/5.6
露出補正: +0.7 EV
感度: ISO 400

 

 

 

 

 

DSC_0145.JPG

 

レンズ: 18-70mm F/3.5-4.5 G
焦点距離: 62mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: スポット測光
1/1250 秒 - F/5.6
露出補正: +0.7 EV
感度: ISO 400

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0147.JPG

 

『今度はこっちのカメラの方向いてよー』

 

 

 

 

 

 

DSC_0150.JPG

 

 

ユーリ

『見せて、見せてー』

 

 

 

 

 

 

コスモス園での撮影会が終わり、中津〜そのまま耶馬渓方面へ移動。

 

 

 

 

青の洞門を車の中なか ずぼら観光(笑)

 

 

DSCF7487.JPG

 

 

以下WIKIより引用ですが

 

諸国遍歴の旅の途中ここに立ち寄った禅海和尚が、断崖絶壁に鎖のみで結ばれた難所で通行人が命を落とすのを見て、トンネルを掘り安全な道を作ろうと思い立ったそうです。

 

托鉢等で頑張って資金を集めて石工たちを雇ってノミだけで30年かけて掘り抜いたといわれていますが・・・。

 

 

 

ここまで聞くと『良い話』ですが

 

 

 

DSCF7491.JPG

 

完成した暁に

 

通行人から人4文、牛馬8文の通行料を徴収したという話が伝わっており、この洞門は日本最古の有料道路ともいわれているそうです。

 

 

 

和尚、なかなかやりますな。

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7496.JPG

 

 

DSCF7462.JPG

 

青の洞門のすぐ脇にあるレストランで昼食を摂りました。

 

その名も 『洞門パティオ』

 

 

 

DSCF7472.JPG

 

大人(中学生以上):1250円  小学生:820円

そして3歳以下は無料!

 

 

 

 

DSCF7474.JPG

 

 

中津観光協会公式HP  『洞門パティオ』紹介ページ

https://www.nakatsuyaba.com/docs/2014020700177/

 

 

 

 

 

DSCF7473.JPG

 

 

DSCF7464.JPG

 

 

割とヘルシーな菜食が多いですが、地元の野菜が使われており

 

地元産の蕎麦や、中津からあげなどのご当地グルメも食べ放題。

 

白玉団子やプリン、ワッフルなどのデザートもあります。

 

 

 

 

 

 

値段との折り合いも良く、耶馬渓グルメのお勧めのスポットです。

 

 

耶馬渓でお腹を満たした後は、山国を経由して玖珠方面に抜けました。

 

 

DSCF7499.JPG

 

この時期は まだ紅葉は色づいていませんでした。

 

紅葉の時期は美しく色づく 『立羽田の景』も この日はまだまだ青々としておりました。

 

 

 

 

DSCF7506.JPG

 

山肌から 力強い奇岩が顔を出しており、

 

水墨画の様な景観を作り出しておりました。

 

 

 

 

DSCF7508.JPG

 

 

 

 

 

玖珠に到着し、高速道路に乗って帰路に着く前に

 

もう一カ所寄り道。

 

 

DSCF7531.JPG

 

円形機関庫のある 『豊後森駅』です。

 

 

平成24年に機関庫及び転車台がそれぞれ「旧豊後森機関庫」及び「旧豊後森機関庫転車台」として国の登録有形文化財に登録されたため、以前の様に機関庫の中に立ち入ることが出来なくなってしまいましたが、敷地内周辺を「豊後森機関庫公園」として整備が進められています。

 

 

 

その一環で、立派なSL車両 国鉄9600形蒸気機関車「29612」号機が機関庫の前にデーンと展示されております。

 

 

 

 

DSCF7518.JPG

 

 

この蒸気機関車は福岡県志免町の公園で展示されていたものですが、公園の改修に伴い志免町では老朽化した蒸気機関車を解体する予定だったそうです。(修復予算の折り合いがつかなかったため)

 

そこで玖珠町が救いの手を差し伸べ、蒸気機関車は修復を受けた後、2015年に豊後森機関庫跡に展示されたという経緯があったそうです。

 

 

 

 

 

DSCF7527.JPG

 

 

そんな命拾いしたSL 『キューロク』さんの前で記念撮影

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7534.JPG

 

丁度 豊後森駅に 『湯布院の森号』が到着しました。

 

 

DSCF7537.JPG

 

ユーリと一緒に手を振っていると、 『ファーン』と汽笛を鳴らしてくれました。

 

 

DSCF7540.JPG

 

 

昔の汽車から現代の特急まで 存分に楽しめた豊後森駅でした^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

秋の行楽ネタは まだまだ続きます。

 

 

 

 

 

 

 

おしまい

 

日本ブログ村全国ランキング参戦中!

 

過去と未来は存在するにあらず、存在したものなり、現在のみが存在す

   −−− クリュシッポス 「断片」 −−−

 

 

クリック  ↓

 


にほんブログ村

 

色彩の山へ

  • 2017.11.25 Saturday
  • 03:55

 

 

 

DSCF7823.JPG

 

 

色彩豊かに染まる山

 

 

 

 

DSCF7802.JPG

 

 

天孫降臨  高千穂へ至る道

 

『土呂久林道』を駆ける

 

 

 

 

 

近日公開

 

 

 

 

 

 

『コスモス畑より愛を込めて』

  • 2017.11.21 Tuesday
  • 01:13

 

 

記事は ようやく秋のネタに突入か?

 

 

近日公開予定

 

 

 

DSC_0138.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0145.JPG

 

小さなオバケの

 

コスモス畑より ハッピーハロウィン 

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM